ドラマ映画のあらすじ

「ウーマン・ハンティング 殺戮の森」のネタバレあらすじ結末

ウーマン・ハンティング 殺戮の森の紹介:2011年日本映画。弁護士の卵の女性が、親友から金儲けができる携帯ゲームでマイナスポイントとなり現金を要求されたという相談を受け、ゲーム会社の乗り込もうとしたことから、森でのサバイバルゲームに参加させられると言うエロチックアクション映画です。
監督:植田中 出演者:仁科百華(恭子)、吉田優華(ゆかり)、岸本尚子(アーミースタルの女)、松田温子、鄭美奈、猪野由梨佳、平山久能 ほか

「悲しみよこんにちは」のネタバレあらすじ結末

悲しみよこんにちはの紹介:1957年イギリス,アメリカ映画。フランスの女流作家フランソワーズ・サガンの小説を映像化した作品。思春期の少女の心の機微を鮮やかに描き出した青春映画です。セシールを演じたジーン・セバーグの短いショートカットスタイルはセシルカットと呼ばれて流行しました。
監督:オットー・プレミンジャー  出演者:ジーン・セバーグ(セシール)、デヴィッド・ニーブン(レイモン)、デボラ・カー(アンヌ)、ミレーヌ・ドモンジョ(エルザ)、ジョフリー・ホーン(フィリップ)、ほか

「モリーズ・ゲーム」のネタバレあらすじ結末

モリーズ・ゲームの紹介:2017年アメリカ映画。世界中だれもが知るハリウッドスターや映画監督、一流スポーツ選手、ミュージシャン、そして大物実業家までもが顧客リストに並ぶ、秘密のポーカールームが実在した。オーナーはなんの後ろ盾もない26歳の独身女性、モリー・ブルーム。しかし、栄華を極めた末、違法なゲームを主催した容疑でFBIより逮捕されることとなる。そのモリー・ブルームが2014年に刊行したベストセラー回顧録をベースに、これまで自伝で語られることのなかった父親との複雑な関係などを織り交ぜ、セレブたちを虜にしたスリリングな駆け引きの舞台と裏側を描く。
監督:アーロン・ソーキン 出演:ジェシカ・チャステイン(モリー・ブルーム)、イドリス・エルバ(チャーリー・ジャフィー)、 ケヴィン・コスナー(モリーの父)、マイケル・セラ(プレイヤーX)、ジェレミー・ストロング(ディーン・ギース)、クリス・オダウド(ダグラス・ダウニー)、ビル・キャンプ(ハーラン)、ブライアン・ダーシー・ジェームズ(ブラッド)ほか

「スリーピングボイス 沈黙の叫び」のネタバレあらすじ結末

スリーピング・ボイス ~沈黙の叫び~の紹介:2011年スペイン映画。1940年、独裁政権下のスペイン・マドリード。反政府主義者の妻や恋人達が、次々と刑務所に収監されていた。夫の活動に加担したとされ、死刑を言い渡されたオルテンシア。そしてその妹ペピータの視点から、女性にとっての「戦争」が描かれる。ドゥルセ・チャコンの同名小説を読んで感銘を受けたベニト・サンブラノ監督が、6年もの歳月をかけて完成させた。姉妹を演じたスペインの実力派女優、マリア・レオンとインマ・クエスタの凛とした美貌にも注目。
監督:ベニト・サンブラノ 出演者:マリア・レオン(ぺピータ)、インマ・クエスタ(オルテンシア)、ダニエル・オルギン(フェリペ)、マルク・クロテット(パウリーノ)、スシ・サンチェス(ソル)、アナ・ワヘネル(メルセデス)、ミリアム・ギャレロ(ドナ)ほか

「蜘蛛女のキス」のネタバレあらすじ結末

蜘蛛女のキスの紹介:1985年ブラジル,アメリカ映画。刑務所で同房となったホモのモリーナと政治犯のヴァレンティン。モリーナが語る恋愛映画にうんざりするヴァレンティンでしたが、いつしか2人は打ち解けあっていきます。マヌエル・プイグが1976年に発表した同名の小説を元にしています。映画化以外に、舞台化やミュージカル化にもなっています。主演のウィリアム・ハートは、第58回アカデミー賞の主演男優賞など数々の賞に輝きます。
監督:ヘクトール・バベンコ 出演:ウィリアム・ハート(ルイス・モリーナ)、ラウル・ジュリア(ヴァレンティン・アレグイ)、ソニア・プラガ(レニ、マルタ、蜘蛛女)、ホセ・レーゴイ(刑務所長)、ミルトン・ゴンサルヴェス(秘密警察の警官)ほか

「リトル・ランナー」のネタバレあらすじ結末

リトル・ランナーの紹介:2004年カナダ映画。戦争で父を亡くした14歳の少年ラルフ・ウォーカーは、昏睡状態の母を目覚めさせるため「奇跡」を起こすべく、ボストンマラソン優勝を目指し走り始める…。校長先生にも目を付けられるほどの悪ガキだった主人公が成長していく様、笑いあり驚きありのストーリー展開は、単なる感動映画とは一線を画しているともいえる。尚、「リトル・ダンサー」とタイトルが似ているが関連作ではない。
監督:マイケル・マッゴーワン 出演者:アダム・ブッチャー(ラルフ・ウォーカー)、キャンベル・スコット(ヒバート神父)、ゴードン・ピンセント(フィッツパトリック神父)、ジェニファー・ティリー(アリス看護婦)、タマラ・ホープ(クレア・コリンズ)、ショーナ・マクドナルド(エマ・ウォーカー)、ほか

「2days トゥー・デイズ」のネタバレあらすじ結末

2 days トゥー・デイズの紹介:1996年アメリカ映画。ロサンゼルスで起きたある1件の殺人事件をきっかけに、まったく違う環境に置かれていた10人の男女の人生が交錯していく2日間を描いた群像劇。
監督:ジョン・ハーツフェルド 出演:ジェームズ・スペイダー、ダニー・アイエロ、エリック・ストルツ、ジェフ・ダニエルズ、テリー・ハッチャー、マーシャ・メイソン、ポール・マザースキー、シャーリーズ・セロン、グレッグ・クラットウェル、グレン・ヘドリー、ピーター・ホートン、キース・キャラダイン、ほか

「六月の蛇」のネタバレあらすじ結末

六月の蛇の紹介:2002年日本映画。セックスレスに陥った夫婦の妻が、人知れず性的欲求を満たしているとことを、自身がカウンセリングした男に盗撮されたことをきっかけに、その男の手によって内に秘めた欲求に目覚めていくエロティック・スリラー。
監督:塚本晋也 出演者:黒沢あすか(辰己りん子)、神足裕司(辰己重彦)、塚本晋也(飴口道郎)、寺島進(若い警官)、不破万作八(百屋店主)、田口トモロヲ(アダルト雑誌編集長)

「バード」のネタバレあらすじ結末

バードの紹介:1988年アメリカ映画。才能がありながらも酒とクスリに溺れて早逝した伝説のジャズサックス奏者チャーリー・パーカー(通称バード)と、彼を支えた妻を描く。
監督:クリント・イーストウッド 出演:フォレスト・ウィテカー(チャーリー・“ヤードバード”・パーカー)、ダイアン・ヴェノーラ(チャン・リチャードソン・パーカー)、マイケル・ゼルニカー、サミュエル・E・ライト、キース・デヴィッド、ほか

「肉体のすきま風」のネタバレあらすじ結末

肉体のすきま風の紹介:1961年アメリカ映画。厳格な牧師の娘として宗教と家庭に縛られて育った女性が、恋愛を通じて自己との葛藤に苦しみ、悲劇的な結末を迎えるまでを描く。ゴールデン・グローブ女優賞受賞作。
監督:ピーター・グレンヴィル 出演:ジェラルディン・ペイジ、ローレンス・ハーヴェイ、リタ・モレノ、ジョン・マッキンタイア、パメラ・ティフィン、ウナ・マーケル、ほか

「ワッフル・ストリート」のネタバレあらすじ結末

ワッフル・ストリートの紹介:2015年アメリカ映画。エリート街道まっしぐらの金融マンがいきなりクビになり、ワッフルのチェーン店で働くことになった実話を元にした物語。ネルムス兄弟が監督を務めています。
監督:エショム・ネルムス、イアン・ネルムス 出演:ジェームズ・ラファティ(ジミー・アダムス)、ダニー・グローヴァー(エドワード・コリンズ)、ジュリー・ゴンザロ(ベッキー・アダムス)、デイル・ディッキー(キャシー)、マーシャル・ベル(ドレーク)、シラ・アガベイル(マヌエル)、アダム・ジョンソン(マシュー)、ほか

「二度とさよならは言わない」のネタバレあらすじ結末

二度とさよならは言わないの紹介:2015年コロンビア 映画。キューバで離婚した両親に親権を争われその中で板挟みになる少女が主人公です。どちらとも問題があり父の暴力にも耐えながら最後に彼女の行く末に目が離せませんでした。
監督:セルヒオ・カブレラ 出演:ヨイマ・バルデス(エバ), アベル・ロドリゲス(マヌエル), スコット・クレヴァードン(ダン), タイミ・アルバリーニョ(アリーナ), フェリックス・アンテケラ(アルマンド)他

「こころに剣士を」のネタバレあらすじ結末

こころに剣士をの紹介:2015年フィンランド,エストニア,ドイツ映画。元フェンシング選手と教え子達の絆を描くヒューマン・ドラマ。第二次世界大戦後、ソ連支配下のエストニア。元フェンシング選手のエンデルはソ連の秘密警察から追われていた。小さな町に身を潜めた彼は、圧政の下で希望も無く生きる子ども達と出会う。新しく創設したフェンシング部で次第に心を通わせるエンデルと子ども達。しかし秘密警察の手は確実にエンデルに迫っていた。伝説のフェンシング選手エンデル・ネリスの実話を基にした感動作。
監督:クラウス・ハロ 出演者:マルト・アヴァンディ(エンデル)、ウルスラ・ラタセップ(カドリ)、レンビット・ウルフサク(ヤーンの祖父)、リーサ・コッペル(マルタ)、ヨーナス・コッフ(ヤーン)ほか

「シャチの見える灯台」のネタバレあらすじ結末

シャチの見える灯台の紹介:2016年アルゼンチン、スペイン映画。シャチを観察している仕事をしている男の元に、自閉症の息子とその母がやってきてシャチによる息子の治療がはじまりました。その中で母と男が心を通わせていく様も必見です。シャチは実際の野生のシャチです。
マリベル・ベルドゥ(ローラ)、ホアキン・フリエル(ベト)、ホアキン・ラパリーニ(トリスタン)、アナ・セレンターノ(マルセラ)、シロ・ミロ(マノロ)、ほか

「不倫する肉体」のネタバレあらすじ結末

不倫する肉体の紹介:2014年メキシコ映画。メキシコ発のラブストーリーです。幼い息子を持つ孤独なシングルマザーと、同じビルで働く妻帯者の労働者が惹かれ合い、互いの複雑な家庭環境も絡み合いながらも二人は禁断の愛へと溺れていきます。
監督:エルネスト・コントレラス 出演者:イレーナ・アスエラ(ピナ)、ホセ・マリア・ヤスピク(イゴール)、セシリア・スアレス(フローラ)、マルガリータ・サンス(マリア)、ヘイデン・メインバーグ(ロレンソ)ほか

1 2 3 4 5 6 94
TOP↑