ドラマ映画のあらすじ

「女は二度生まれる」のネタバレあらすじ結末

女は二度生まれるの紹介:1961年日本映画。川島雄三が大映で撮った作品の1つで、完成度の高い佳作。川島版『西鶴一代女』とも言うべき内容で、ある不見転(みずてん)芸者の暮らしぶりを男性関係を軸にしながら描いている。若尾文子がはまり役で美しい。
監督:川島雄三 出演:若尾文子(小えん)、山村聡(筒井清正)、山茶花究(矢島賢造)、フランキー堺(野崎文夫)、藤巻潤(牧純一郎)、山岡久乃(筒井圭子)、江波杏子(山脇里子)、中条静夫(田中)、上田吉二郎(猪谷先生)、高野通子(筒井敏子)、ほか

「豚と軍艦」のネタバレあらすじ結末

豚と軍艦の紹介:1961年日本映画。今村昌平の「重喜劇」の代表作。米軍に寄生して生きる日本人ヤクザと彼らに飼育される豚たちの姿を通して、欲深い人間たちの愚かしさや可笑しさを鮮やかに描いている。出演者はいつもの今村組のメンバー。
監督:今村昌平 出演:長門裕之(欣太)、吉村実子(春子)、三島雅夫(日森)、丹波哲郎(鉄次)、大坂志郎(星野)、加藤武(大八)、小沢昭一(軍治)、南田洋子(勝代)、佐藤英夫(菊夫)、東野英治郎(貫市)、ほか

「再会の夏」のネタバレあらすじ結末

再会の夏の紹介:2018年フランス, ベルギー映画。ある事件で収監された主人を頑なに待ち続ける黒い犬。主人公ジャックはなぜ捕まったのか、犬はなぜ待ち続けるのか。その答えが少しずつジャックにより語られていきます。戦争の苦い体験が犬と共に描かれています。
監督:ジャン・ベッケル 出演:フランソワ・クリュゼ(ランティエ少佐)、ニコラ・デュヴォシェル(ジャック・モルラック)、ソフィー・ヴェルベーク(ヴァランティーヌ)、ジャン=カンタン・シャトラン、パトリック・デカン、ほか

「ボブという名の猫2 幸せのギフト」のネタバレあらすじ結末

ボブという名の猫2 幸せのギフトの紹介:2020年イギリス映画。実話を基に孤独な元ホームレスの青年と猫との絆を描いたジェームズ・ボーエンのノンフィクション「ボブという名のストリート・キャット」を映画化した『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』の続編となるヒューマンドラマです。ストリートミュージシャンからベストセラー作家となった主人公と相棒の猫が過ごしたクリスマスの思い出を振り返っていきます。
監督:チャールズ・マーティン・スミス 出演者:ルーク・トレッダウェイ(ジェームズ・ボーエン)、ボブ(ボブ)、クリスティーナ・トンテリ=ヤング(ビー・チャン)、ファルダット・シャーマ(ムーディー)、アンナ・ウィルソン=ジョーンズ(アラベラ)、ティム・プレスター(レオン)、ステファン・マコール(マーク)、デイジー・バッジャー(ベッキー先生)、ニーナ・ワディア(アニカ)、ケリン・ジョーンズ(ミック)、ステアン・レース(ベン)、ジェラルド・ミラー(イアン)、シーナ・バッテッサ(ジェーン)、ポピー・ロー(デニス)、ペプター・ルンクーセ(ルース)、ジョアン・ゾリアン(アイリーン)、ルイーザ・コアー(メイジー)、ジャクリーン・ウィルソン(本人役)ほか

「浜の朝日の嘘つきどもと」のネタバレあらすじ結末

浜の朝日の嘘つきどもとの紹介:2021年日本映画。福島県南相馬市に実在する映画館「朝日座」を舞台に、福島中央テレビ開局50周年記念オリジナルドラマとして2020年に放映されたヒューマンドラマ「浜の朝日の嘘つきどもと」。本作はテレビドラマ版の前日譚となる劇場版作品として製作され、経営が傾いた「朝日座」を存続させるべく奮闘する一人の女性の姿を描いていきます。
監督:タナダユキ 出演者:高畑充希(茂木莉子/浜野あさひ)、柳家喬太郎(森田保造)、大久保佳代子(田中茉莉子)、甲本雅裕(岡本貞雄)、佐野弘樹(チャン・グオック・バオ)、神尾佑(市川和雄)、竹原ピストル(川島健二)、光石研(浜野巳喜男)、吉行和子(松山秀子)ほか

「スペシャルズ!」のネタバレあらすじ結末

スペシャルズ! ~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~の紹介:2019年フランス映画。障害者支援センターの設立や自閉症の若者の支援に携わってきた福祉活動家ステファン・ベナムや障害者支援などに携わってきたダーウド・タトウの実話を基にしたヒューマンドラマです。フランスを舞台に、無許可や資金難などの困難に直面しながらも自閉症の子供たちを支援するために奔走する二人の男を描きます。
監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ 出演者:ヴァンサン・カッセル(ブリュノ・アロシュ)、レダ・カテブ(マリク)、ブライアン・ミヤルンダマ(ディラン)、エレーヌ・ヴァンサン(エレーヌ・デュボワ)、バンジャマン・ルシュール(ジョゼフ・デュボワ)、マルコ・ロカテッリ(ヴァランタン)、アルバン・イヴァノフ(メナヘム)、クリスチャン・ベネデッティ(アルベール・フラチ)、カトリーヌ・ムシェ(ロサン医師)、フレデリック・ピエロ(社会問題監督局(IGAS)調査官)、スリアン・ブラヒム(IGAS調査官)、リナ・クードリ(リュディヴィヌ)、アロイーズ・ソヴァージュ(シレル)、ピエール・ディオ(マルケチ)ほか

「孤狼の血 LEVEL2」のネタバレあらすじ結末

孤狼の血 LEVEL2の紹介:2021年日本映画。柚月裕子の小説『孤狼の血』シリーズを映画化し、日本アカデミー賞をはじめ数々の映画賞を受賞した『孤狼の血』(2018年)の続編です。本作は原作では描かれていないオリジナルストーリーとなり、前作同様の広島の架空の町「呉原市」を舞台に、前作主人公の遺志を継いで地元の裏社会を仕切っていた刑事が最凶の“悪魔”の出所をきっかけに壮絶な抗争に巻き込まれていく姿を描きます。前作に引き続いて白石和彌監督がメガホンを執り、前作では助演だった松坂桃李が主演を務め、敵役として鈴木亮平が参戦します。
監督:白石和彌 出演者:松坂桃李(日岡秀一)、鈴木亮平(上林成浩)、村上虹郎(近田幸太(チンタ))、西野七瀬(近田真緒)、音尾琢真(吉田滋)、早乙女太一(花田優)、渋川清彦(天木幸男)、毎熊克哉(佐伯昌利)、筧美和子(神原千晶)、青柳翔(神原憲一)、斎藤工(橘優馬)、中村梅雀(瀬島孝之)、滝藤賢一(嵯峨大輔)、矢島健一(友竹啓二)、さいねい龍二(菊地)、沖原一生(有原)、三宅弘城(中神悟)、JAY(石原)、安竜うらら(角谷華英)、小栗基裕(戸倉毅)、杉田雷麟(柳島)、播戸竜二(賭場で勝負する男)、宮崎美子(瀬島百合子)、吉田鋼太郎(綿船陽三)、寺島進(角谷洋二)、宇梶剛士(溝口明)、江口洋介(一ノ瀬守孝)、かたせ梨乃(五十子環)、中村獅童(高坂隆文)ほか

「ライフ・ウィズ・ミュージック」のネタバレあらすじ結末

ライフ・ウィズ・ミュージックの紹介:2021年アメリカ映画。シンガーソングライターのシーアが監督、原案、脚本、製作を務め、自らの実体験を元に作り上げたミュージカル映画です。薬物やアルコールに苦しむ人々の話などが含まれていて、ゴールデングローブ賞にノミネートされるなど高評価を得ました。
監督:シーア 出演:ケイト・ハドソン(ズー)、マディ・ジーグラー(ミュージック)、レスリー・オドム・Jr.(エボ)、メアリー・ケイ・プレイス(ミリー)、ベト・カルビロ(フェリックス)、ヘクター・エリゾンド(ジョージ)、ほか

「クレッシェンド 音楽の架け橋」のネタバレあらすじ結末

クレッシェンド 音楽の架け橋の紹介:2019年ドイツ映画。実在するユダヤとアラブの混成管弦楽団に着想を得て製作された音楽映画です。絶え間なく紛争を繰り広げるパレスチナとイスラエル、それぞれの若者たちがオーケストラ楽団を結成し、互いの境遇を乗り越えて活動していく姿を描きます。
監督:ドロール・ザハヴィ 出演者:ペーター・ジモニシェック(エドゥアルト・スポルク)、ダニエル・ドンスコイ(ロン・カミネル)、サブリナ・アマリ(レイラ)、メディ・メスカル(オマル)、ビビアナ・ベグロー(カルラ・デ・フリーズ)、イーヤン・ピンコヴィッチ(シーラ・ハレヴィ)、ヒサーム・オマリ(ジュセフ)、ゲッツ・オットー(ベルマン)ほか

「そして、バトンは渡された」のネタバレあらすじ結末

そして、バトンは渡されたの紹介:2021年日本映画。2019年の本屋大賞、TBS『王様のブランチ』ブランチBOOK大賞2018、紀伊國屋書店・キノベス!2019大賞などを受賞した、瀬尾まいこ原作の同名小説を映画化した作品です。3人の父親、2人の母親と血の繋がりのない親の間を「リレー」されてきた主人公の若い女性の成長を描きます。
監督:前田哲 出演者:永野芽郁(森宮優子)、田中圭(森宮壮介)、岡田健史(早瀬賢人)、稲垣来泉(みぃたん)、朝比奈彩(美人先生)、安藤裕子(水戸香織)、戸田菜穂(早瀬の母)、木野花(家政婦の吉見さん)、萩原みのり(優子の友人)、中井千聖(優子の友人)、石原さとみ(田中梨花)、大森南朋(水戸秀平)、市村正親(泉ヶ原茂雄)ほか

「マイ・ダディ」のネタバレあらすじ結末

マイ・ダディの紹介:2021年日本映画。映像作家・金井純一が映像クリエイター支援プログラム「TSUTAYA CREATOR’S PROGRAM FILM 2016」で準グランプリを受賞した『ファインディング・ダディ』を自ら監督・脚本を務めて映画化したヒューマンドラマです。本作が役者生活25年目にして映画初主演となるムロツヨシが主人公を演じ、病に侵された愛する娘を救うために奮闘する父親の姿を喜怒哀楽を織り交ぜて描きます。
監督:金井純一 出演者:ムロツヨシ(御堂一男)、奈緒(御堂江津子)、毎熊克哉(ヒロ)、中田乃愛(御堂ひかり)、臼田あさ美(橋本久美子)、徳井健太(青木雄一郎)、永野宗典(米山靖之)、小栗旬(長崎亮太)、光石研(チューさん)ほか

「189(イチハチキュー)」のネタバレあらすじ結末

189(イチハチキュー)の紹介:2021年日本映画。児童相談所の虐待対応ダイヤル「189」(イチハヤク)を舞台に、実際にあった事件を基に映画化された社会派ヒューマンドラマです。幼い命を救うために奔走する新米の児童福祉司や弁護士の姿を描きます。
監督:加門幾生 出演者:中山優馬(坂本大河)、夏菜(秋庭詩音)、前川泰之(安川信弘)、灯敦生(増田典子)、平泉成(坂本清)、菅原大吉(佐々木茂雄)、福島マリコ(冨樫恵子)、矢柴俊博(中井俊彦)、赤間麻里子(椎名かおり)、寺西拓人(木村来夢)、太田結乃(増田星羅)、滝川広志(青島守)、吉沢悠(増田勝一)ほか

「空白」のネタバレあらすじ結末

空白の紹介:2021年日本映画。万引き未遂事件を起こして逃走した女子中学生が交通事故で死亡。中学生の父親は彼女の身の潔白を証明しようと、娘が万引きしたとされるスーパーの店長をはじめとした関係者を相手取っていくうちに暴走していく姿を描いた作品です。2010年公開の『台風一家』以来7年ぶりの主演となる古田新太が主人公の父親を演じます。
監督:田恵輔 出演者:古田新太(添田充)、松坂桃李(青柳直人)、田畑智子(松本翔子)、藤原季節(野木龍馬)、趣里(今井若菜)、伊東蒼(添田花音)、片岡礼子(中山緑)、寺島しのぶ(草加部麻子)ほか

「ナイト・オン・ザ・プラネット」のネタバレあらすじ結末

ナイト・オン・ザ・プラネットの紹介:1991年アメリカ映画。5つの都市を舞台に、タクシードライバーたちに起こった出来事を描いています。それぞれの国にそれぞれの人の人生があるということを、タクシードライバー目線で描いているのが面白い。ウィノナ・ライダーら豪華キャストも魅力的です。
監督:ジム・ジャームッシュ 出演:ウィノナ・ライダー(コーキー)、ジーナ・ローランズ(ヴィクトリア)、アーミン・ミューラー=スタール(ヘルムート)、ジャンカルロ・エスポジート(ヨーヨー)、ロベルト・ベニーニ(ジーノ)、パオロ・ボナチェリ(神父)、マッティ・ペロンパー(ミカ)、トミ・サルミラ(アキ)、ほか

「佐々木、イン、マイマイン」のネタバレあらすじ結末

佐々木、イン、マイマインの紹介:2020年日本映画。高校時代に人気者だった佐々木。そんな彼を皆がはやし立て、佐々木は裸になり踊りだす。楽しかった思い出も、やがて大人になり忘れてしまい、毎日を目的もなく過ごして年を取った主人公・石井が日々に足掻いていると、佐々木からの一報が入ります…。
監督:内山拓也 出演:藤原季節(石井悠二)、細川岳(佐々木)、萩原みのり(ユキ)、遊屋慎太郎(多田)、森優作(木村)、小西桜子(一ノ瀬)、河合優実(苗村)、井口理(吉村)、鈴木卓爾(佐々木正和)、村上虹郎(須藤)、ほか

1 2 3 4 5 6 185

キーワードから探す

TOP↑