ドラマ映画のあらすじ

「Winny」のネタバレあらすじ結末

Winnyの紹介:2022年日本映画。2002年にネット上に公開され、200万人以上のユーザーが利用していたファイル共有ソフト「Winny」が著作権侵害を蔓延させるものと判断され、開発者である金子勇が逮捕されることになりました。彼の無罪を主張する長きに渡る戦いを畫いた作品です。
監督:松本優作 出演:東出昌大(金子勇)、三浦貴大(壇俊光)、渡辺いっけい(北村文也)、吉田羊(金子勇)、吹越満(秋田真志)、吉岡秀隆(仙波敏郎)、皆川猿時、和田正人、木竜麻生、池田大、金子大地、阿部進之介、渋川清彦、田村泰二郎、ほか

「aftersun/アフターサン」のネタバレあらすじ結末

aftersun/アフターサンの紹介:2022年イギリス, アメリカ映画。11歳の少女ソフィは父カラムとトルコのリゾート地にやってきた。間もなく31歳を迎える男性として生きづらさを抱えながらも、ソフィへの愛情を見せるカラム。父娘でビデオカメラを互いに向け合い、ふたりきりで過ごした夏休み。20年後。カラムと同じ年になったソフィは、ビデオテープの映像から記憶を手繰り寄せ、当時気付くことがなかった父の一面を見出していく。フィクションでありながら、ウェルズ監督のパーソナルな自叙伝の要素も多く盛り込まれている本作。全編に散りばめられた家庭用小型ビデオカメラ「miniDV」やポラロイドといった90年代のアイテムやファッション、そして物語を彩るヒットソングの数々もみどころ。
監督:シャーロット・ウェルズ 出演:ポール・メスカル(カラム)、フランキー・コリオ(ソフィ)、セリア・ロールソン・ホール(現在のソフィ)ほか

「パッション(1982年)」のネタバレあらすじ結末

パッションの紹介:1982年スイス, フランス映画。ビデオ撮影で名作絵画(『夜警』、『裸のマハ』他)を活人画として再現する映画を製作中のポーランド人監督。しかしストーリーのない映画の撮影は難航する。監督は工場労働者の若い女、工場主の妻の二人と付き合っている。『勝手に逃げろ/人生』で商業映画に復帰したゴダールが、彼の初期作品を支えた撮影監督ラウル・クタールと再び組み、「光の具合がよくない」と嘆く劇中の監督とは違い、美しい映画を完成させた。監督を演じるのは、アンジェイ・ワイダ監督『大理石の男』に主演したイェジー・ラジヴィオヴィッチ。撮影当時、やがてポーランド民主化を担うことになる独立自主管理労働組合「連帯」への政府の弾圧が強まり、それがこの映画の時代背景となっています。
監督:ジャン=リュック・ゴダール 出演者:イザベル・ユペール(イザベル)、ミシェル・ピコリ(ミシェル)、ハンナ・シグラ(ハンナ)、イェジー・ラジヴィオヴィッチ(ジェルジー)、ラズロ・サボ(ラズロ)、ミリアム・ルーセル(ミシェルの姪)ほか

「ウーマン・トーキング 私たちの選択」のネタバレあらすじ結末

ウーマン・トーキング 私たちの選択の紹介:2022年アメリカ映画。南米ボリビア、キリスト教徒による自給自足社会の村があります。女性たちは字の読み書きも教えられず、長年男性に性的虐待を受けてきました。ある日、村の男たちが2日間だけいなくなることになります。女性たちは会議を開き、村を出ていくか、男たちを許すか、男たちと戦うかの重要な決断をすることになります。過酷な状況下にある女性たちの悩みと選択を描いた映画です。
監督:サラ・ポーリー 出演:ルーニー・マーラ(オーナ・フリーセン)、クレア・フォイ(サロメ・フリーセン)、ジェシー・バックリー(マリチェ・ローウェン)、ジュディス・アイヴィ(アガタ・フリーセン)、ベン・ウィショー(オーガスト・エップ)、フランシス・マクドーマンド(スカーフェイス・ヤンツ)、ほか

「ちひろさん」のネタバレあらすじ結末

ちひろさんの紹介:2022年日本映画。『ショムニ』などの安田弘之の同名漫画を映画化した作品です。元風俗嬢という過去を持つ主人公が流れ着いた海辺の町の弁当屋で働くうちに、様々な事情を抱えた人々を癒やしていく物語です。
監督:今泉力哉 出演者:有村架純(ちひろ/古澤綾)、豊嶋花(瀬尾久仁子/オカジ)、嶋田鉄太(佐竹マコト)、van(バジル)、若葉竜也(谷口)、佐久間由衣(ヒトミ)、長澤樹(宇部千夏/べっちん)、市川実和子(チヒロ)、鈴木慶一(浮浪者のおじさん)、根岸季衣(永井)、平田満(尾藤)、リリー・フランキー(内海)、風吹ジュン(尾藤多恵)、奈良澪(幼少期のちひろ)、占部房子(瀬尾みつ子)、斉藤陽一郎(瀬尾徹)、太田結乃(瀬尾亜紀)、芹澤興人(寺尾)、南琴奈(沙都子)、伊礼姫奈(美晴)、滝澤エリカ(まな)、新井洸聖(男子生徒)、浅川蓮(男子生徒)、佐々木詩音(男子生徒)、大迫茂生(シゲ)、大宮将司(大宮)、廣瀬祐樹、細川佳央(細川)、飯田芳(飯田)、岡部成司(ラーメン屋の客)、嶺豪一(ラーメン屋店員)、木村知貴(農夫)、宮本琉成、海津陽、智崎凱斗、佐藤尊、鈴木雄大、7A(母親役)、芝博文(父親役)、金野雄斗(祐一)、武田知久(圭介)、内堀太郎(金魚すくい屋)、安田茉央(看護師)ほか

「ザ・ホエール」のネタバレあらすじ結末

ザ・ホエールの紹介:2022年アメリカ映画。劇作家サミュエル・D・ハンターが2012年に発表した同名舞台劇を『ブラック・スワン』のダーレン・アロノフスキー監督が映画化した作品です。家族を捨て、極度の肥満に陥った男が自らの死期を悟り、疎遠になっていた娘と寄りを戻そうとするのですが・・・。主演のブレンダン・フレイザーは本作で第95回アカデミー主演男優賞を受賞しています。
監督:ダーレン・アロノフスキー 出演者:ブレンダン・フレイザー(チャーリー)、セイディー・シンク(エリー)、ジェシー・シンク(子供の頃のエリー)、ホン・チャウ(リズ)、サマンサ・モートン(メアリー)、タイ・シンプキンス(トーマス)、サティア・スリードハラン(ダン)ほか

「オーバーナイトウォーク」のネタバレあらすじ結末

オーバーナイトウォークの紹介:2019年日本映画。映画「予定は未定」で優秀作品賞を受賞した磯部鉄平監督の作品。無名の女優・さくらは、ヌードの仕事のオファーを受けていた。しかし彼氏から反対され、どうするか悩んでいる。そんな時に姉の百合子が訪ねてきて…。
監督:磯部鉄平 出演者:高田怜子、屋敷紘子、安楽涼、細川博司、佐々木仁、井上勝馬、後藤紗亜弥、土屋詩織、竹田哲朗、小橋秀行、ほか

「AIR/エア」のネタバレあらすじ結末

AIR/エアの紹介:2023年アメリカ映画。経営難だったナイキがマイケル・ジョーダンと契約をし、大人気シューズ「エアジョーダン」を完成させるまでの秘話を、マット・デイモン、ベン・アフレックのコンビで作り上げた作品。信念を持ち、諦めず進んでいく主人公ソニー・ヴァッカロの姿に注目です。
監督:ベン・アフレック 出演:マット・デイモン(ソニー・ヴァッカロ)、ベン・アフレック(フィル・ナイト)、ジェイソン・ベイトマン(ロブ・ストラッサー)、クリス・メッシーナ(デヴィッド)、マーロン・ウェイアンズ(ジョージ)、クリス・タッカー(ハワード)、ヴィオラ・デイヴィス(デロリス・ジョーダン)、ほか

「ハード・プレイ」のネタバレあらすじ結末

ハード・プレイの紹介:1992年アメリカ映画。ビリーは賭けストリートバスケットボールで稼ぎながら恋人のグローリアと共に借金取りから逃げる生活をしている。2 on 2(二人組で得点を争うバスケットボールの試合)の名プレイヤーであるシドニーが、バスケットボールは自分たち黒人のスポーツという人種偏見を乗り越えて、白人のビリーと組んで一獲千金を狙う。監督・脚本は、マイナーリーグの野球選手だった経験を生かした『さよならゲーム』が最も名高いロン・シェルトン。
監督:ロン・シェルトン 出演者:ウェズリー・スナイプス(シドニー・ディーン), ウディ・ハレルソン(ビリー・ホイル), ロージー・ペレス(グローリア・クレメンテ)、ティラ・フェレル(ロンダ・ディーン)ほか

「酒とバラの日々」のネタバレあらすじ結末

酒とバラの日々の紹介:1962年アメリカ映画。仕事の憂さを酒でまぎらわせる男。彼に酒の味を教わった女。恋に落ちて結婚した二人はやがてアルコールの海に沈んでいく。脚本のJ・P・ミラーのエミー賞にノミネートされた同名のテレビドラマ脚本を原作とする。ジョニー・マーサー作詞・ヘンリー・マンシー二作曲のテーマ曲「酒とバラの日々」はアカデミー賞主題歌賞を受賞。やはりブレイク・エドワーズ監督の『ティファニーで朝食を』で歌われた「ムーンリバー」に続いて、マーサ―とマンシーニは2年連続で同賞を受賞した。ジャック・レモンとリー・レミックもそれぞれアカデミー賞主演男優賞、主演女優賞にノミネートされた。
監督:ブレイク・エドワーズ 出演者:ジャック・レモン(ジョー・クレイ)、リー・レミック(カーステン)、チャールズ・ビックフォード(エリス・アーネセン)、ジャック・クラグマン(ジム・ハンガーフォード)ほか

「アルマゲドン・タイム ある日々の肖像」のネタバレあらすじ結末

アルマゲドン・タイム ある日々の肖像の紹介:2022年アメリカ映画。1980年のニューヨーク。公立学校に通うユダヤ系アメリカ人のポールは芸術家志望で、お祖父さんのアーロンが彼の理解者だった。ポールは新学期に黒人のジョニーと友だちになる。先生にとって問題児の二人。だが一つの事件をきっかけに二人はアメリカ社会の不公平に直面することになる。『リトル・オデッサ』、『アド・アストラ』等のジェームズ・グレイ監督が100パーセント自身や家族を投影させていると語る自伝的作品。ジェシカ・チャスティン演じるマリアン・トランプはドナルド・トランプ氏のお姉さんです。
監督:ジェームズ・グレイ 出演者:アン・ハサウェイ(エスター・グラフ)、ジェレミー・ストロング(アーヴィング・グラフ)、バンクス・レペタ(ポール・グラフ)、ジェイリン・ウェッブ(ジョニー・デイヴィス)、アンソニー・ホプキンス(アーロン・ラビノウィッツ)、ライアン・セル(テッド・グラフ)、ジョン・ディール(フレッド・トランプ)、ジェシカ・チャスティン(マリアン・トランプ)ほか

「帰れない山」のネタバレあらすじ結末

帰れない山の紹介:2022年イタリア, ベルギー, フランス映画。都会育ちの少年ピエトロは山を愛する両親とアルプスの山間にある小さな村グラーナでヴァカンスを過ごし、牛飼いのブルーノと出会う。同い年で「この村最後の子ども」と言われるブルーノはピエトロとは対照的な性格だったが、二人はすぐに親友となった。やがて思春期のピエトロは父親に反抗し、家族や山からも距離を置いてしまう。20年後、父の訃報を受け村に戻ったピエトロはブルーノと再会を果たした。本物の親子さながらにブルーノと自分の父親が一緒に時を過ごしていたことを知ったピエトロは、自分の知らない父の姿を聞かされ自分の人生とも向き合い始める…。原作はパオロ・コニェッティの同名小説。カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞したほか、ダヴィド・ディ・ドナテッロ賞では作品賞を含む4部門で受賞を果たした。
監督:フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン、シャルロッテ・ファンデルメールシュ 出演:ルカ・マリネッリ(ピエトロ)、アレッサンドロ・ボルギ(ブルーノ)、フィリッポ・ティーミ(ジョヴァンニ)、エレナ・リエッティ(フランチェスカ)、クリスティアーノ・サッセッラ(幼少期のブルーノ)、ルーポ・バルビエロ(幼少期のピエトロ)、アンドレア・パルマ(10代のピエトロ)、フランチェスコ・パロンベッリ(10代のブルーノ)、エリザベッタ・マッズッロ(ラーラ)、スラクシャ・パンタ(アスミ)ほか

「EO イーオー」のネタバレあらすじ結末

EO イーオーの紹介:2022年ポーランド, イタリア映画。監督・脚本家として長年活躍している1938年生まれのイエジー・スコリモフスキ監督。2016年にヴェネチア国際映画祭で生涯功労金獅子賞を受賞した監督の最新作は、図らずも放浪することとなった一頭のロバが主人公の現代の寓話。ロベール・ブレッソン監督『バルタザールどこへ行く』(1966年)にインスパイアされたと監督は語っている。ポーランドの有名俳優、マテウシュ・コシチュキェビチやフランスを代表する俳優、イザベル・ユペールが出演している。
監督: イエジー・スコリモフスキ 出演:サンドラ・ジマルスカ(カサンドラ)、ロレンツォ・ズルゾロ(ヴィトー)、マテウシュ・コシチュキェビチ(マテオ)、イザベル・ユペール(伯爵夫人)、ほか

「銀河鉄道の父」のネタバレあらすじ結末

銀河鉄道の父の紹介:2023年日本映画。第158回直木賞を受賞した門井慶喜の同名長編小説を映画化した歴史ドラマです。伝説の文学者・宮沢賢治の没後90年目にあたる2023年に公開された本作は賢治の父・宮沢政次郎の目を通して、息子をはじめとする家族の姿を描いた作品です。
監督:成島出 出演者:役所広司(宮沢政次郎)、菅田将暉(宮沢賢治)、森七菜(宮沢トシ)、豊田裕大(宮沢清六)、坂井真紀(宮沢イチ)、田中泯(宮沢喜助)、池谷のぶえ、水澤紳吾、益岡徹、ほか

「パリタクシー」のネタバレあらすじ結末

パリタクシーの紹介:2022年フランス映画。日々ギリギリの暮らしをしてイライラしながら過ごしているタクシードライバーのシャルルが、配車の依頼をされて出会った92歳のマドレーヌ。彼女の過去を知り、人柄を知ることで、心を開いて過ごす施設までの道中を描いた話です。
監督:クリスチャン・カリオン 出演:リーヌ・ルノー(マドレーヌ)、ダニー・ブーン(シャルル)、アリス・イザーズ、ジェレミー・ラウールト、グウェンドリーヌ・アモン、ジュリー・デラルム、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 199

キーワードから探す

TOP↑