ドラマ映画のあらすじ

「セカイイチオイシイ水 マロンパティの涙」のネタバレあらすじ結末

セカイイチオイシイ水 ~マロンパティの涙~の紹介:2019年日本映画。9年もの歳月をかけて完成したフィリピン水道建設プロジェクト。これに纏わる感動の実話を映画化した作品です。反日感情など幾多の困難を乗り越え、フィリピンに水道を建設したボランティアたちの話を描いています。
監督:目黒啓太 出演:辻美優(清(水明日香)、赤井英和(岩田公彦)、前川泰之(溝口)、新井裕介(田中努)、花房里枝(西川瞳)、岡千絵(清水智恵子)、橋本マナミ(倉持沙織)、蝶野正洋(店長)、角田信朗(角野)、篠原信一(篠川)、森次晃嗣(横井会長)、ミエル・エスピノーザ(アミー)、張天翔(ワン社長)、亀田大毅(ボランティア)、ほか

「バビロン」のネタバレあらすじ結末

バビロンの紹介:2022年アメリカ映画。1920年代のハリウッド。サイレント映画の大スター、ジャック・コンラッドは映画業界の豪華なパーティの主役として毎晩酒に溺れている。一方、大スターを夢見る新人女優ネリー・ラロイと映画製作を夢見る青年マニー・トレスは運命的な出会いを果たし、心を通わせていく。恐れ知らずで貪欲なネリーは魅力的な輝きで周囲を魅了し、スターへの道を一気に駆け上がっていく。マニーもまたジャックの付き人として映画界の一歩を踏み出していた。しかしサイレント映画からトーキー映画へと移り変わる激動の時代がやってきて、大きな波となりそれぞれの運命を巻き込んでいく。果たして3人が迎える運命とは…。ゴールデングローブ賞では主要5部門にノミネートし、作曲賞を受賞した。
監督:デイミアン・チャゼル 出演:ブラッド・ピット(ジャック・コンラッド)、マーゴット・ロビー(ネリー・ラロイ)、ディエゴ・カルバ(マニー・トレス)、ジーン・スマート(エリノア・セント・ジョン)、ジョヴァン・アデポ(シドニー・パーマー)、リー・ジュン・リー(レディ・フェイ・ジュー)、P・J・バーン(マックス)、ルーカス・ハース(ジョージ・マン)、オリヴィア・ハミルトン(ルース・アドラー)、トビー・マグワイア(ジェームズ・マッケイ)、マックス・ミンゲラ(アーヴィン・タルバーグ)、ローリー・スコーヴェル(ザ・カウント)、キャサリン・ウォーターストン(エステル)、フリー(ボブ・レヴィン)、ジェフ・ガーリン(ドン・ワラック)、エリック・ロバーツ(ロバート・ロイ)、イーサン・サブリー(ウィルソン)、サマラ・ウィーヴィング(コンスタンス・ムーア)、オリヴィア・ワイルド(イナ)ほか

「エゴイスト」のネタバレあらすじ結末

エゴイストの紹介:2022年日本映画。2020年に亡くなったエッセイスト・高山真の自伝的小説『エゴイスト』が映画化された。監督は『ハナレイ・ベイ』『Pure Japanese』の松永大司。また映画やテレビドラマの脚本だけでなく小説やエッセイなどで活躍する狗飼恭子も脚本をつとめた。主人公・雑誌編集者の浩輔に2021年『孤狼の血 LEVEL2』で第45回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞した鈴木亮平。その若き恋人・龍太を『THE LEGEND&BUTTERFLY』(2023年)で明智光秀役に抜擢された宮沢氷魚が繊細に演じている。
監督・脚本: 松永大司 脚本:狗飼恭子 出演:鈴木亮平(斉藤浩輔)、宮沢氷魚(中村龍太)、阿川佐和子(中村妙子)、中村優子(斉藤しず子)、和田庵(中学時代の浩輔)、ドリアン・ロロブリジータ(浩輔の友人)、柄本明(斉藤義夫)ほか

「対峙」のネタバレあらすじ結末

対峙の紹介:2021年アメリカ映画。アメリカのとある高校にて、生徒による銃乱射事件が勃発。多くの生徒が無残に殺され、犯人の少年も自ら命を絶った。それから6年が経ち、いまだ息子の死を受け入れられないジェイとゲイルの夫妻は、加害者の両親リチャードとリンダに会って話すことに。教会の奥の小さな部屋で立会人はおらずたった4人で会話はスタートした。「お元気ですか?」とぎこちなく挨拶が交わされたのち、遂にゲイルの「息子さんについて何もかもは話してください」という言葉を合図に、4人の対話が展開される。ほぼ全編、密室の4人だけで繰り広げられる緊迫感に満ちた会話によって、英国アカデミー賞をはじめ各国の映画賞81部門でノミネートを果たし、43の映画賞を受賞。被害者と加害者の対話というセンシティブなテーマを臨場感とともに描き、人間の複雑さと脆さを表現した作品。
監督:フラン・クランツ 出演:リード・バーニー(リチャード)、アン・ダウド(リンダ)、マーサ・プリンプトン(ゲイル)、ミッシェル・N・カーター(ケンドラ)、ブリーダ・ウール(ジュディ)、ケージェン・オルブライト(アンソニー)ほか

「やがて海へと届く」のネタバレあらすじ結末

やがて海へと届くの紹介:2022年日本映画。彩瀬まるによる同名小説を原作に映像化した作品。東日本大震災の前日にいなくなってしまった親友の行方を探す主人公の真奈の心境を描く。失ったことを認める事が難しい真奈の気持ちが、痛いほど伝わってきます。
監督:中川龍太郎 出演:岸井ゆきの(湖谷真奈)、浜辺美波(卯木すみれ)、杉野遥亮(遠野敦)、中崎敏(国木田聡一)、鶴田真由(卯木志都香)、中嶋朋子(伊藤祥栄)、新谷ゆづみ(伊藤羽純)、光石研(楢原文徳)、ほか

「スープ ~生まれ変わりの物語~」のネタバレあらすじ結末

スープ ~生まれ変わりの物語~の紹介:2012年日本映画。不思議現象の研究家でSF作家の森田健が前世を記憶する人が多く暮らしているとされる中国奥地の村を取材して執筆した「生まれ変わりの村」をベースとするファンタジー映画です。「仮面ライダージオウ」「TRICK」などの生瀬勝久が自身初となる単独主演を務め、事故死してあの世に行った主人公と現世に残された娘を通じて描かれる家族の絆や死生観などが描かれていきます。
監督:大塚祐吉 出演者:生瀬勝久(渋谷健一)、小西真奈美(綾瀬由美)、刈谷友衣子(渋谷美加(中学生時代))、伊藤歩(渋谷美加(成人後))、野村周平(三上直行)、広瀬アリス(美崎瞳)、橋本愛(西村千秋)、大後寿々花(矢野歩)、伊藤大征(石塚唯人)、田﨑アヤカ(星野千春)、みやなおこ(千春の母)、山口香緒里(美加の母)、市川月乃助(白川)、入江雅人(三上直行の父)、堀内敬子(三上直行の母)、凜華せら(後藤未来)、堀部圭亮(モリタ)、池田鉄洋(ボランティアの女につっかかる死者)、谷村美月(ボランティアの女)、山口紗弥加(花屋店主)、羽野晶紀(石田の母)、古田新太(近藤一)、松方弘樹(石田努)、塩屋俊(デザイン会社の社長)、黒坂真美(美加が万引きした服屋の店長)、蒼あんな(石田の取り巻き)、蒼れいな(石田の取り巻き)、小松利昌(美加にお祈りしようとした男)、六角慎司(三上直行の担任)ほか

「知らない、ふたり」のネタバレあらすじ結末

知らない、ふたりの紹介:2015年年日本映画。靴職人見習いの韓国人青年や日本語学校の講師ら7人の男女の揺れ動く気持ちを描いた恋愛群像劇です。監督・脚本を『愛なんだ』『あの頃。』などを手がけ、漫画『からかい上手の高木さん』実写版の監督に決定している今泉力哉、当時韓国のアイドルグループ「NU’EST」のメンバーだったレンが主演を務め、同じく「NU’EST」メンバーのファン・ミニョンとJR、『仮面ライダービルド』などの芹澤興人などが共演しています。
監督:今泉力哉 出演者:レン(キム・レオン)、青柳文子(小風秋子)、ファン・ミニョン(ナム・サンス)、韓英恵(ハン・ソナ)、JR(ユ・ジウ)、芹澤興人(荒川巳喜男)、木南晴夏(幸田加奈子)ほか

「仕掛人・藤枝梅安」のネタバレあらすじ結末

仕掛人・藤枝梅安の紹介:2022年日本映画。小説家・池波正太郎の生誕100周年を記念し、代表作のひとつであり過去に数度も映像化され『必殺シリーズ』の原点ともなった時代小説『仕掛人・藤枝梅安』を二部作として新たに映像化。本作は第1部となります。メガホンを執るのは『星になった少年』の河毛俊作、表の顔は腕利きの鍼医者、裏の顔は悪人を密かに始末する“仕掛人”の主人公・藤枝梅安を豊川悦司が演じます。
監督:河毛俊作 原作:池波正太郎 出演者:豊川悦司(藤枝梅安)、片岡愛之助(彦次郎)、菅野美穂(おもん)、小野了(与助)、高畑淳子(おせき)、小林薫(津山悦堂)、早乙女太一(石川友五郎)、柳葉敏郎(羽沢の嘉兵衛)、天海祐希(おみの)、でんでん(下駄屋の金蔵)、鷲尾真知子(おだい)、大鷹明良(田中屋久兵衛)、六角精児(大工の万吉/浮世の為吉)、井上小百合(お千枝)、朝倉ふゆな(お美代)、板尾創路(嶋田大学)、石丸謙二郎(伊藤彦八郎)、中村ゆり(お香)、田山涼成(善四郎)、若林豪(善達和尚)、吉田美佳子(お里)、趙民和(御座松の孫八)、田中奏生(梅吉)、凛美(お吉)、田中乃愛ほか

「銀平町シネマブルース」のネタバレあらすじ結末

銀平町シネマブルースの紹介:2022年日本映画。『女子高生に殺されたい』『愛なのに』の城定秀夫がメガホンを執り、脚本に『れいこいるか』『神田川のふたり』のいまおかしんじが脚本を手がけ、本作が本格的な主演復帰作となる小出恵介を主演に迎えて製作されたヒューマンドラマです。一文無しのさすらいの男がかつて青春時代を過ごした町に流れ着き、落ちぶれた映画館でアルバイトをすることになるのですが・・・。
監督:城定秀夫 出演者:小出恵介(近藤猛)、吹越満(梶原啓司)、宇野祥平(佐藤伸夫)、藤原さくら(足立エリカ)、日高七海(大崎美久)、中島歩(渡辺健介)、黒田卓也(白川はじめ)、木口健太(那須ヒロシ)、小野莉奈(谷内由里子)、平井亜門(高杉良太郎)、守屋文雄(スクリーンの中の監督)、関町知弘(木村章)、小鷹狩八(川本守)、さとうほなみ(二ノ宮一果)、谷田ラナ(二ノ宮ハル)、加治将樹(桑名陽平)、片岡礼子(高杉弥生)、藤田朋子(桐谷陽子)、浅田美代子(黒田新子)、渡辺裕之(谷口章雄)ほか

「ニコライとアレクサンドラ」のネタバレあらすじ結末

ニコライとアレクサンドラの紹介:1971年イギリス, アメリカ映画。ロバート・K・マッシーの著書『ニコライ二世とアレクサンドラ皇后 ロシア最後の皇帝一家の悲劇』を原作とした歴史ドラマです。ロシア帝国最後の皇帝ニコライ2世とその皇后アレクサンドラの波乱万丈の半生をロシア革命の激動や怪僧ラスプーチンのエピソードなどを交えて描きます。
監督:フランクリン・J・シャフナー 出演:マイケル・ジェイストン(ニコライ2世)、ジャネット・サズマン(アレクサンドラ)、ローレンス・オリヴィエ(セルゲイ・ヴィッテ伯爵)、ジャック・ホーキンス(ウラジーミル・フレデリクス伯爵)、マイケル・ブライアント(ウラジーミル・レーニン)、ジャームズ・ハゼルディン(ヨシフ・スターリン)、ブライアン・コックス(レフ・トロツキー)、トム・ベイカー(グリゴリー・ラスプーチン)、リン・フレデリック(タチアナ皇女)、ロデリック・ノーブル(アレクセイ皇太子)、フィオナ・フラートン(アナスタシア皇女)、アイリーン・ワース(マリア・フョードロヴナ皇太后)、ハリー・アンドリュース(ニコライ・ニコラエヴィッチ大公)、マイケル・レッドグレーヴ(サゾノフ)、スティーヴン・バーコフ(パンクラトフ)、ジャン=クロード・ドルオ(ギリアード)、イアン・ホルム(ワシーリー・ヤコヴィエフ)、クルト・ユルゲンス(スクラーツ領事)、ジュリアン・グローヴァー(ゲオルギー・ガポン神父)、エリック・ポーター(ピョートル・ストルイピン)、ジョン・マケナリー(アレクサンドル・ケレンスキー)、ダイアナ・クイック(ソニア)、リチャード・ウォーウィック(ドミトリー・パヴロヴィチ大公)、アニア・マーソン(オリガ皇女)、モーリス・デンハム(ウラジーミル・ココツェフ)、マーティン・ポッター(フェリックス・ユスポフ)、ロイ・ドートリス(ミハイル・アレクセーエフ)、ティモシー・ウェスト(エフゲニー・ボトキン医師)、ジョン・ウッド(コビリンスキー大佐)、アレクサンダー・ノックス(アメリカ大使)、ヴィヴィアン・ピックルズ(ナデジダ・クルプスカヤ)ほか

「日本橋」のネタバレあらすじ結末

日本橋の紹介:1956年日本映画。心優しい清葉と、彼女にライバル心を燃やすお考の二人の芸者。不幸な過去を背負う若き医学者葛木は清葉に姉の面影を追い求めたが、お考に愛されるようになる。泉鏡花の戯曲を市川崑が色彩豊かに映像化したカラー映画。巧妙なセット、芸者を演じる女優たちの上品な和服姿、陰影の強い照明でスタジオ内に日本橋界隈を作り上げる。
監督:市川崑 出演:淡島千景(お孝)、山本富士子(清葉)、若尾文子(お千世)、品川隆二(葛木晋三).、柳永二郎(「赤熊」五十嵐傳吉)、船越英二(笠原信八郎)ほか

「土を喰らう十二ヵ月」のネタバレあらすじ結末

土を喰らう十二ヵ月の紹介:2022年日本映画。作家の水上勉が自らの体験をもとに描いたエッセイを原作に作られた作品。山奥で暮らす主人公のツトム。自ら育てた野菜や採った山菜で日々の料理を楽しんでいます。時々やってくる恋人で担当編集の真知子と一緒に過ごす一年を料理と共に描いています。
監督:中江裕司 出演:沢田研二(ツトム)、松たか子(真知子)、西田尚美(美香)、尾美としのり(隆)、瀧川鯉八(写真屋)、檀ふみ(文子)、火野正平(大工)、奈良岡朋子(チエ)、ほか

「疑惑の男 ドリュー・ピーターソン」のネタバレあらすじ結末

疑惑の男 ドリュー・ピーターソンの紹介:2012年アメリカ映画。離婚、再婚を繰り返していた警官が、4度目の妻の謎の失踪がきっかけで、事故死とされていた3度目の妻の殺害容疑者となった。米イリノイ州で実際に起こった事件をもとに映画化。
監督:ミカエル・サロモン 出演:ロブ・ロウ、ケイリー・クオコ、キャサリン・デント、ジェームズ・C・バーンズ、ほか

「説きふせられて」のネタバレあらすじ結末

説きふせられての紹介:2007年イギリス映画。ジェーン・オースティン最後の小説「説得」を映画化。周りの説得に応じて愛する人と別れてしまったことを後悔し続けた女性が、8年経ってようやく愛を実らせるまでを描いたラブ・ロマンス。
監督:エイドリアン・シェアゴールド 出演:サリー・ホーキンス、ルパート・ペンリー=ジョーンズ、アリス・クリーグ、アンソニー・ヘッド、ジュリア・デイヴィス、メアリー・ストックリー、ピーター・ワイト、マリオン・ベイリー、ニコラス・ファレル、トビアス・メンジーズ、アマンダ・ヘイル、ジェニファー・ハイアム、ジョゼフ・マウル、ほか

「依存魔」のネタバレあらすじ結末

依存魔の紹介:2019年ベルギー, フランス映画。「変態村」「地獄愛」に続くファブリス・ドゥ・ヴェルツ監督のベルギーの闇3部作の最終章を飾る作品。母親が働く精神病院で暮らす少年ポールの前に、美しいが危うい少女グロリアが現れます。彼女に一目惚れしたポールは、彼女に誘われるがまま脱走の手助けをすることになるのでした。
監督:ファブリス・ドゥ・ヴェルツ 出演:トマ・ジオリア(ポール)、ファンティーヌ・アルデュアン(グロリア)、ブノワ・ポールヴールド(ヒンケル)、アナエル・スヌーク(ポールの母親)、ローラン・リュカ(グロリアの叔父)、ほか

1 4 5 6 7 8 9 10 11 12 199

キーワードから探す

TOP↑