ドラマ映画のあらすじ

「依存魔」のネタバレあらすじ結末

依存魔の紹介:2019年ベルギー, フランス映画。「変態村」「地獄愛」に続くファブリス・ドゥ・ヴェルツ監督のベルギーの闇3部作の最終章を飾る作品。母親が働く精神病院で暮らす少年ポールの前に、美しいが危うい少女グロリアが現れます。彼女に一目惚れしたポールは、彼女に誘われるがまま脱走の手助けをすることになるのでした。
監督:ファブリス・ドゥ・ヴェルツ 出演:トマ・ジオリア(ポール)、ファンティーヌ・アルデュアン(グロリア)、ブノワ・ポールヴールド(ヒンケル)、アナエル・スヌーク(ポールの母親)、ローラン・リュカ(グロリアの叔父)、ほか

「レジェンド&バタフライ」のネタバレあらすじ結末

レジェンド&バタフライの紹介:2023年日本映画。東映70周年を記念して製作された、織田信長とその妻・濃姫の知られざる愛を描いた歴史ドラマです。誰もが知る歴史上の人物、織田信長と濃姫が出会い、互いに引かれ合い、別れ、やがて死に至るまでを壮大に描いています。
監督:大友啓史 出演:木村拓哉(織田信長)、綾瀬はるか(濃姫(帰蝶))、宮沢氷魚(明智光秀)、市川染五郎[8代目](森蘭丸)、和田正人(前田犬千代(前田利家))、高橋努(池田勝三郎(池田恒興))、浜田学(佐久間信盛)、本田大輔(林秀貞)、森田想
(すみ)、見上愛(生駒吉乃)、増田修一朗(滝川一益)、レイニ(長谷川橋介)、野中隆光(蜂屋頼隆)、武田幸三(森可成)、斎藤工
(徳川家康)、北大路欣也(斎藤道三)、本田博太郎(織田信秀)、尾美としのり(平手政秀)、池内万作(柴田勝家)、橋本じゅん(丹羽長秀)、音尾琢真(木下藤吉郎(羽柴秀吉))、伊藤英明(福富平太郎貞家)、中谷美紀(各務野)、ほか

「エンドロールのつづき」のネタバレあらすじ結末

エンドロールのつづきの紹介:2021年インド, フランス映画。2010年のインド、グジャラート州の田舎町。学校に通いながら父親の店でチャイ売りを手伝う9歳の少年サマイ。ある日、いつもは映画を低俗なものとみなしていた厳格な父親が、信仰するカーリー女神の映画を特別に見せてくれることに。ギャラクシー座という小さな映画館で、サマイは初めて目にする世界に大興奮。それ以来、学校をさぼってギャラクシー座に忍び込むようになり、やがて映写技師のファザルと出会う。サマイの母親が作るおいしいお弁当との交換条件に映写室から映画を観られるようになったサマイは、いつか「映画を作りたい」という夢を抱きはじめる。今もなおインドに存在する階級制度や貧困問題を背景に、大きな夢を追い続ける少年の姿に希望をもらえる感動作。アカデミー賞国際長編映画賞インド代表にも選出され、世界中の映画祭で喝采を浴びた話題作。
監督:パン・ナリン 出演:バヴィン・ラバリ(サマイ)、バヴェーシュ・シュリマリ(ファザル)、リチャー・ミーナー(母親)、ディペン・ラヴァル(父親)ほか

「善き人のためのソナタ」のネタバレあらすじ結末

善き人のためのソナタの紹介:2006年ドイツ映画。第79回アカデミー賞外国語映画賞や各国の映画賞を受賞した作品。ベルリンの壁崩壊前のドイツの国家保安省の役人の視点から、ある劇作家とその恋人を通じ、当時の実状を描いています。当たり前の正義が通用せず人々が苦しみもがき、やがて立ち向かっていく姿を密かに監視し、その正義を守ろうとする主人公の姿が感動的です。
監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 出演:ウルリッヒ・ミューエ(ヴィースラー大尉)、マルティナ・ゲデック(クリスタ=マリア・ジーラント)、セバスチャン・コッホ(ゲオルク・ドライマン)、ウルリッヒ・トゥクール(ブルビッツ部長)、トマス・ティーマ、ハンス=ウーヴェ・バウアー、フォルクマー・クライネルト、マティアス・ブレンナー、ほか

「そして僕は途方に暮れる」のネタバレあらすじ結末

そして僕は途方に暮れるの紹介:2022年日本映画。自堕落な生活を送り、色んなことから逃げてきた主人公の裕一が追い込まれては逃げるを繰り返して辿る皮肉な結末までを描いています。Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔がクズすぎる裕一を好演、迫真の演技を見せてくれています。
監督:三浦大輔 出演:藤ヶ谷太輔(菅原裕一)、前田敦子(鈴木里美)、中尾明慶(今井伸二)、毎熊克哉(田村修)、野村周平(加藤勇)、香里奈(菅原香)、原田美枝子(菅原智子)、豊川悦司(菅原浩二)、ほか

「そばかす」のネタバレあらすじ結末

そばかすの紹介:2022年日本映画。恋愛が出来ない、性欲もない。30歳になっても恋愛や結婚には縁がない、そんな主人公佳純の苦悩を描いています。「ドライブ・マイ・カー」で注目された三浦透子が佳純役を熱演、LGBTに悩む主人公を演じています。
監督:玉田真也 出演:三浦透子(佳純)、坂井真紀(佳純の母)、伊藤万理華(佳純の妹)、伊島空(翔)、前原滉(八代)、前田敦子(真帆)、北村匠海(天藤)、ほか

「ホワイト・ノイズ」のネタバレあらすじ結末

ホワイト・ノイズの紹介:2022年アメリカ, イギリス映画。アメリカのとある町で化学物質の流出事故が発生。大学でヒトラー学科を教える教授のジャックは妻と子供たちの命を守るために車で避難所へ向かう。その途中で有毒物質を浴びたジャックは死を叩きつけられ錯乱していくが、周りでは変わらぬ日常が続いていく…。原作は同名のドン・デリーロの小説。ベネツィア国際映画祭コンペティション部門出品作品。
監督:ノア・バームバック 出演:アダム・ドライバー(ジャック・グラドニー)、グレタ・ガーウィグ(バベット・グラドニー)、ドン・チードル(マーレイ・シスキンド)、ラフィー・キャシディ(デニス)、ジョディ・ターナー=スミス(ウイニー)、アンドレ・ベンジャミン(ラッシャー)、サム・ニヴォラ(ハインリッヒ)、メイ・ニヴォラ(ステフィ)、ラース・アイディンガー(ミスター・グレイ)、バルバラ・スコヴァ(シスター)ほか

「鳩の翼」のネタバレあらすじ結末

鳩の翼の紹介:1997年イギリス映画。ヘンリー・ジェイムズの同名小説を映画化。莫大な財産を巡り、複雑に絡み合う男女の三角関係を描いたドラマ作品。落ちぶれた貴族の娘ケイトは、後見人である伯母モードから上流階級の男性との結婚を勧められていた。ケイトには新聞記者の恋人マートンがいるが、貧乏なためモードから結婚の許可は出そうにない。そんな折、ケイトはアメリカ人の富豪ミリーと知り合った。彼女は莫大な財産を持っていたが、病のため余命いくばくもないらしい。ミリーがマートンに惹かれていると知ったケイトは、ある計画を立てた。マートンにミリーを誘惑させて彼女の遺産を手に入れ、その後自分と結婚するという計画だった。良心の呵責を覚えながらミリーに近づくマートンだったが、次第に彼女の心の美しさに魅了されていく。
監督:イアン・ソフトリー 出演者:ヘレナ・ボナム・カーター(ケイト・クロイ)、ライナス・ローチ(マートン・デンシャー)、アリソン・エリオット(ミリー・シール)、シャーロット・ランプリング(モード伯母)、エリザベス・マクガヴァン(スーザン・ストリンガム)ほか

「愛の小さな歴史」のネタバレあらすじ結末

愛の小さな歴史の紹介:2014年日本映画。中村映里子、光石研、池松壮亮ら実力派俳優が集結し、二組の不器用な家族が再生していく様を描いた作品。主人公の夏希は、ある日突然現れた青年から自分のことを捨てて出て行った父親のことを知らされます。恨んでいる父親に会いに行った夏季は…。
監督:中川龍太郎 出演:中村映里子(執行夏希)、沖渡崇史(芹澤夏生)、光石研(執行大悟)、高橋愛実、池澤あやか、小林竜樹、池松壮亮(敷谷壮)、ほか

「少女ムシェット」のネタバレあらすじ結末

少女ムシェットの紹介:1967年フランス映画。生活は貧しく、母が病気の14歳のムシェット。学校でも先生に目を付けられ、友だちはいない。心休まる場所のない少女はある夜、森で道に迷う…。ジョルジュ・ベルナノスの小説を原作に、ロベール・ブレッソンが前作『バルタザールどこへ行く』等と同様に素人俳優たちを起用して、虚飾を排した抑制された演出で孤独な少女の姿をフィルムに定着させた。
監督:ロベール・ブレッソン 出演者:ナディーヌ・ノルティエ(ムシェット)、ジャン=クロード・ギルベール(アルセーヌ)、ポール・エベール、(父)、マリア・カルディナール(母)、ジャン・ヴィムネ(マチュー)、マリーヌ・トリシェ(ルイザ)ほか

「リトル・ストライカー」のネタバレあらすじ結末

リトル・ストライカーの紹介:2000年イギリス, フランス映画。気弱なサッカー少年が「魔法の靴」を手に入れ、目覚しい快進撃を繰り広げるスポーツ・ドラマ。高校生のジミーは非凡なサッカーの才能を磨いていたが、不安症のため人前に出ると全く実力が発揮出来ずにいた。小柄で気弱なジミーは格好のいじめの標的であり、母ドナは新しい恋人に夢中で気付いてもくれず、ジミーの灰色の日々は続いていく。そんなある日、ジミーはホームレスの老女から古いサッカーシューズを貰った。そのシューズを履いた途端、ジミーは試合でも大活躍し、チームメイトからも認められていく。老女はそのシューズを、かつてマンチェスター・シティでプレーしていた選手ロビー・ブルーワーの「魔法の靴」だと言った。しかしシティの熱烈なサポーターであるジミーもその選手を知らない。果たしてロビー・ブルーワーとは何者なのか、そして「魔法の靴」の正体は?
監督:ジョン・ヘイ 出演者:ルイス・マッケンジー(ジミー・グリンブル)、ロバート・カーライル(エリック・ウィラル)、ジーナ・マッキー(ドナ)、ベン・ミラー(ジョニー)、ジェーン・ラポテア(アリス・ブルーワー)ほか

「single mom 優しい家族。 a sweet family」のネタバレあらすじ結末

single mom 優しい家族。 a sweet familyの紹介:2018年日本映画。北海道ニセコ町を舞台にした、事実に基づいた物語。主演は内山理名。仕事を探す愛実には、一人娘のエミリーがいます。シングルマザーとして一人でエミリーを育てる愛実は、貯金を切り崩しながら日々生活をしていました。役所に相談へ行った愛実は…。
監督:松本和巳 出演:内山理名(空愛実)、長谷川葉音(空エミリー)、西川可奈子(空実幸)、石野真子(犬塚優子)、木村祐一(大西鉄二)、ほか

「フラッグ・デイ 父を想う日」のネタバレあらすじ結末

フラッグ・デイ 父を想う日の紹介:2021年アメリカ映画。父を想う日:1992年、全米にショッキングなニュースが流れた。アメリカ史上最高額の贋札事件で非常に高度な技術を用いて紙幣を偽造した犯人ジョン・ヴォーゲルが、裁判を前にして逃亡した。彼にはジェニファーという娘がいた。父の犯罪の顛末を聞いたジェニファーはこうつぶやく―「私は父が好き」。愛する父親が実は犯罪者だったという衝撃の実話を映画化。原作はジャーナリストのジェニファー・ヴォーゲルの回顧録。
監督:ショーン・ペン 出演:ディラン・ペン(ジェニファー・ヴォーゲル)、ショーン・ペン(ジョン・ヴォーゲル)、ジョシュ・ブローリン(伯父ベック)、ノーバート・レオ・バッツ(ドク)、デイル・ディッキー(祖母マーガレット)、エディ・マーサン(Mr.エマニエル)、ベイリー・ノーブル(デビー)、ホッパー・ジャック・ペン(ニック・ヴォーゲル)、キャサリン・ウィニック(パティ・ヴォーゲル)ほか

「ケイコ 目を澄ませて」のネタバレあらすじ結末

ケイコ 目を澄ませての紹介:2022年日本映画。聴覚障害により生まれつき耳が聞こえないケイコがボクシングに出会い、プロデビューするまでに至ります。順調に進んでいくもモチベーションが下がったケイコに目をかけてくれた会長がジムの閉鎖を決意します。
監督:三宅唱 出演:岸井ゆきの(小河ケイコ)、三浦誠己(林誠)、松浦慎一郎(松本進太郎)、佐藤緋美(小河聖司)、中島ひろ子(小河喜代実)、仙道敦子(会長の妻)、三浦友和(会長)、ほか

「女めくら物語」のネタバレあらすじ結末

女めくら物語の紹介:1965年日本映画。マッサージ師鶴子がある冬、一人の実業家に出会い恋心を抱く。東京四ツ谷の花街を背景に、盲目故に臆病になりがちな鶴子の触れる世界が描かれる。原作は舟橋聖一の『女めくら双紙』。カラー作品。
監督:島耕二 出演者:若尾文子(鶴子)、宇津井健(木越)、山下洵一郎(謙吉)、中村鴈治郎(鶴子の師匠)、渚まゆみ(糸子)、倉田マユミ(師匠の妻)、万里昌代(菊千代)ほか

1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 199

キーワードから探す

TOP↑