ドラマ映画のあらすじ

「劇場版TOKYO MER~走る緊急救命室~」のネタバレあらすじ結末

劇場版TOKYO MER~走る緊急救命室~の紹介:2023年日本映画。2021年に「TBS日曜劇場」にて放映された医療救命ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』の劇場版作品です。本作はドラマ版の2年後を舞台に、横浜みなとみらいのランドマークタワーで発生した大規模火災に挑むTOKYO MERの活躍をライバルチームとの駆け引きを交えて描きます。
監督:松木彩 出演者:鈴木亮平(喜多見幸太)、賀来賢人(音羽尚)、中条あやみ(弦巻比奈)、要潤(千住幹生)、小手伸也(冬木治朗)、佐野勇斗(徳丸元一)、ジェシー(潮見知広)、フォンチー(ホアン・ラン・ミン)、菜々緒(蔵前夏梅)、杏(鴨居友)、徳重聡(両国隆文)、古川雄大(元町馨)、工藤美桜(清川標)、谷風作(杉田英輔)、駒水健(磯子修治)、森麻里百(森ゆかり)、猪塚健太(目黒大知)、渡辺真起子(白金眞理子)、橋本さとし(駒場卓)、鶴見辰吾(久我山秋晴)、仲里依紗(高輪千晶)、石田ゆり子(赤塚梓)ほか

「Life 線上の僕ら ディレクターズカット版」のネタバレあらすじ結末

Life 線上の僕ら ディレクターズカット版の紹介:2020年日本映画。常倉三矢のコミックを原作にした配信用連続ドラマ「Life 線上の僕ら」全4話に未公開シーンを加えて再編集した劇場公開版です。高校時代にふとした遊び“白線ゲーム”をきっかけに出会った同性カップルの男二人の人生を描いていきます。
監督:二宮崇 出演者:白洲迅(伊東晃)、楽駆(西夕希)、小島藤子(白石穂香)、土居志央梨(伊東瞳)、長田奈麻(伊東貴子)、廻飛呂男(伊東重明)、シブリ(ハッサン)、奥山佳恵(西恵)ほか

「渇水」のネタバレあらすじ結末

渇水の紹介:2022年日本映画。停水執行を仕事としている水道職員岩切が訪問先で出会った育児放棄に苦しめられている姉妹との出会いで、自身の家庭問題と向き合い前に進んでいく姿を描いています。ネグレクトや高齢者の困窮などの社会問題も同時に描かれました。
監督:高橋正弥 出演:生田斗真(岩切俊作)、門脇麦(小出有希)、磯村勇斗(木田拓次)、山崎七海(小出恵子)、柚穂(小出久美子)、宮藤官九郎(伏見)、宮世琉弥(今西)、吉澤健(坂上)、池田成志(佐々木課長)、篠原篤(大林)、柴田理恵(竹内)、森下能幸(石川)、田中要次(細川)、大鶴義丹(加東刑事)、尾野真千子(岩切和美)、ほか

「大いなる自由」のネタバレあらすじ結末

大いなる自由の紹介:2021年オーストリア, ドイツ映画。第二次世界大戦後のドイツ。同性愛を禁じた刑法175条のもとハンスは性的指向を理由に何度も投獄される。同房の囚人ヴィクトールは「175条違反者」である彼を嫌悪し遠ざけようとするが、腕に彫られた番号から、彼がナチスの強制収容所にいたことを知る。己を曲げず何度も懲罰房に入れられる「頑固者」ハンスと、長期の服役によって刑務所内での振る舞いを熟知 しているヴィクトール。2人の関係は次第に絆へと変わっていく。カンヌをはじめとする世界各国の映画祭を席巻した静かな衝撃作。
監督:セバスティアン・マイゼ 出演:フランツ・ロゴフスキ(ハンス・ホフマン)、ゲオルク・フリードリヒ(ヴィクトール)、アントン・フォン・ルケ(レオ)、トーマス・プレン(オスカー)ほか

「透明花火」のネタバレあらすじ結末

透明花火の紹介:2019年日本映画。第10回田辺・弁慶映画祭で映画.com賞を受賞した野本梢監督の初長編作品。映画「僕たちは変わらない朝を迎える」で主演を務めた高橋雄祐が、主人公の淳を演じる。ナンパ塾を経営する淳は、認知症を患っている祖母と二人で暮らしています。ある日淳は…。
監督:野本梢 出演者: 高橋雄祐(円城淳)、清水尚弥(立花圭太)、安藤輪子(藤原楓)、 根矢涼香(新井理恵)、みひろ(長谷川真希)、ほか

「ベアトリクスの魔女デビュー」のネタバレあらすじ結末

ベアトリクスの魔女デビューの紹介:2017年カナダ映画。卒業の舞踏会で大役を果たすための水晶玉を、クラスメイトに割られてしまったベアトリクスに課せられたのは、三人の魔法使いの助けを借りる事。魔女デビューを掛けた奮闘が始まる!
監督:ジャスティン・G・ディック 出演:モーガン・ニューンドルフ、カレン・スレイター、ルキア・イオアヌ、ウィル・ニエス、レネー・スタイン、キース・クーパー、ポール・メイソン、リサ・セナ、アシュリー・ローガン、ほか

「水の記憶」のネタバレあらすじ結末

水の記憶の紹介:2015年ドイツ, スペイン, アルゼンチン, チリ映画。幼い息子を亡くしてしまったハビエルとアマンダは、悲しみを二人で乗り越えるのではなく、夫婦関係も家もご破算にし、それぞれ新しい生活の中で息子が死んだという事実に向き合おうとする…。
監督:マティアス・ビセ 出演:エレナ・アナヤ、ベンハミン・ビクーニャ、ネストル・カンティリャナ、セルヒオ・エルナンデス、シルビア・マルティ、エティエンヌ・ボベンリエス、アントニア・セルヘス、パブロ・セルダ

「Winny」のネタバレあらすじ結末

Winnyの紹介:2022年日本映画。2002年にネット上に公開され、200万人以上のユーザーが利用していたファイル共有ソフト「Winny」が著作権侵害を蔓延させるものと判断され、開発者である金子勇が逮捕されることになりました。彼の無罪を主張する長きに渡る戦いを畫いた作品です。
監督:松本優作 出演:東出昌大(金子勇)、三浦貴大(壇俊光)、渡辺いっけい(北村文也)、吉田羊(金子勇)、吹越満(秋田真志)、吉岡秀隆(仙波敏郎)、皆川猿時、和田正人、木竜麻生、池田大、金子大地、阿部進之介、渋川清彦、田村泰二郎、ほか

「aftersun/アフターサン」のネタバレあらすじ結末

aftersun/アフターサンの紹介:2022年イギリス, アメリカ映画。11歳の少女ソフィは父カラムとトルコのリゾート地にやってきた。間もなく31歳を迎える男性として生きづらさを抱えながらも、ソフィへの愛情を見せるカラム。父娘でビデオカメラを互いに向け合い、ふたりきりで過ごした夏休み。20年後。カラムと同じ年になったソフィは、ビデオテープの映像から記憶を手繰り寄せ、当時気付くことがなかった父の一面を見出していく。フィクションでありながら、ウェルズ監督のパーソナルな自叙伝の要素も多く盛り込まれている本作。全編に散りばめられた家庭用小型ビデオカメラ「miniDV」やポラロイドといった90年代のアイテムやファッション、そして物語を彩るヒットソングの数々もみどころ。
監督:シャーロット・ウェルズ 出演:ポール・メスカル(カラム)、フランキー・コリオ(ソフィ)、セリア・ロールソン・ホール(現在のソフィ)ほか

「パッション(1982年)」のネタバレあらすじ結末

パッションの紹介:1982年スイス, フランス映画。ビデオ撮影で名作絵画(『夜警』、『裸のマハ』他)を活人画として再現する映画を製作中のポーランド人監督。しかしストーリーのない映画の撮影は難航する。監督は工場労働者の若い女、工場主の妻の二人と付き合っている。『勝手に逃げろ/人生』で商業映画に復帰したゴダールが、彼の初期作品を支えた撮影監督ラウル・クタールと再び組み、「光の具合がよくない」と嘆く劇中の監督とは違い、美しい映画を完成させた。監督を演じるのは、アンジェイ・ワイダ監督『大理石の男』に主演したイェジー・ラジヴィオヴィッチ。撮影当時、やがてポーランド民主化を担うことになる独立自主管理労働組合「連帯」への政府の弾圧が強まり、それがこの映画の時代背景となっています。
監督:ジャン=リュック・ゴダール 出演者:イザベル・ユペール(イザベル)、ミシェル・ピコリ(ミシェル)、ハンナ・シグラ(ハンナ)、イェジー・ラジヴィオヴィッチ(ジェルジー)、ラズロ・サボ(ラズロ)、ミリアム・ルーセル(ミシェルの姪)ほか

「ウーマン・トーキング 私たちの選択」のネタバレあらすじ結末

ウーマン・トーキング 私たちの選択の紹介:2022年アメリカ映画。南米ボリビア、キリスト教徒による自給自足社会の村があります。女性たちは字の読み書きも教えられず、長年男性に性的虐待を受けてきました。ある日、村の男たちが2日間だけいなくなることになります。女性たちは会議を開き、村を出ていくか、男たちを許すか、男たちと戦うかの重要な決断をすることになります。過酷な状況下にある女性たちの悩みと選択を描いた映画です。
監督:サラ・ポーリー 出演:ルーニー・マーラ(オーナ・フリーセン)、クレア・フォイ(サロメ・フリーセン)、ジェシー・バックリー(マリチェ・ローウェン)、ジュディス・アイヴィ(アガタ・フリーセン)、ベン・ウィショー(オーガスト・エップ)、フランシス・マクドーマンド(スカーフェイス・ヤンツ)、ほか

「ちひろさん」のネタバレあらすじ結末

ちひろさんの紹介:2022年日本映画。『ショムニ』などの安田弘之の同名漫画を映画化した作品です。元風俗嬢という過去を持つ主人公が流れ着いた海辺の町の弁当屋で働くうちに、様々な事情を抱えた人々を癒やしていく物語です。
監督:今泉力哉 出演者:有村架純(ちひろ/古澤綾)、豊嶋花(瀬尾久仁子/オカジ)、嶋田鉄太(佐竹マコト)、van(バジル)、若葉竜也(谷口)、佐久間由衣(ヒトミ)、長澤樹(宇部千夏/べっちん)、市川実和子(チヒロ)、鈴木慶一(浮浪者のおじさん)、根岸季衣(永井)、平田満(尾藤)、リリー・フランキー(内海)、風吹ジュン(尾藤多恵)、奈良澪(幼少期のちひろ)、占部房子(瀬尾みつ子)、斉藤陽一郎(瀬尾徹)、太田結乃(瀬尾亜紀)、芹澤興人(寺尾)、南琴奈(沙都子)、伊礼姫奈(美晴)、滝澤エリカ(まな)、新井洸聖(男子生徒)、浅川蓮(男子生徒)、佐々木詩音(男子生徒)、大迫茂生(シゲ)、大宮将司(大宮)、廣瀬祐樹、細川佳央(細川)、飯田芳(飯田)、岡部成司(ラーメン屋の客)、嶺豪一(ラーメン屋店員)、木村知貴(農夫)、宮本琉成、海津陽、智崎凱斗、佐藤尊、鈴木雄大、7A(母親役)、芝博文(父親役)、金野雄斗(祐一)、武田知久(圭介)、内堀太郎(金魚すくい屋)、安田茉央(看護師)ほか

「ザ・ホエール」のネタバレあらすじ結末

ザ・ホエールの紹介:2022年アメリカ映画。劇作家サミュエル・D・ハンターが2012年に発表した同名舞台劇を『ブラック・スワン』のダーレン・アロノフスキー監督が映画化した作品です。家族を捨て、極度の肥満に陥った男が自らの死期を悟り、疎遠になっていた娘と寄りを戻そうとするのですが・・・。主演のブレンダン・フレイザーは本作で第95回アカデミー主演男優賞を受賞しています。
監督:ダーレン・アロノフスキー 出演者:ブレンダン・フレイザー(チャーリー)、セイディー・シンク(エリー)、ジェシー・シンク(子供の頃のエリー)、ホン・チャウ(リズ)、サマンサ・モートン(メアリー)、タイ・シンプキンス(トーマス)、サティア・スリードハラン(ダン)ほか

「オーバーナイトウォーク」のネタバレあらすじ結末

オーバーナイトウォークの紹介:2019年日本映画。映画「予定は未定」で優秀作品賞を受賞した磯部鉄平監督の作品。無名の女優・さくらは、ヌードの仕事のオファーを受けていた。しかし彼氏から反対され、どうするか悩んでいる。そんな時に姉の百合子が訪ねてきて…。
監督:磯部鉄平 出演者:高田怜子、屋敷紘子、安楽涼、細川博司、佐々木仁、井上勝馬、後藤紗亜弥、土屋詩織、竹田哲朗、小橋秀行、ほか

「AIR/エア」のネタバレあらすじ結末

AIR/エアの紹介:2023年アメリカ映画。経営難だったナイキがマイケル・ジョーダンと契約をし、大人気シューズ「エアジョーダン」を完成させるまでの秘話を、マット・デイモン、ベン・アフレックのコンビで作り上げた作品。信念を持ち、諦めず進んでいく主人公ソニー・ヴァッカロの姿に注目です。
監督:ベン・アフレック 出演:マット・デイモン(ソニー・ヴァッカロ)、ベン・アフレック(フィル・ナイト)、ジェイソン・ベイトマン(ロブ・ストラッサー)、クリス・メッシーナ(デヴィッド)、マーロン・ウェイアンズ(ジョージ)、クリス・タッカー(ハワード)、ヴィオラ・デイヴィス(デロリス・ジョーダン)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 199

キーワードから探す

  • 人気記事ランキング

    まだデータがありません。

TOP↑