ドラマ映画のあらすじ

「岸辺の旅」のネタバレあらすじ結末

岸辺の旅の紹介:2015年日本,フランス映画。湯本香樹実の同名小説を映画化したヒューマンドラマで、カンヌ国際映画祭において「ある視点」部門に出品され、監督賞を受賞した作品です。失踪した夫の帰りを待ち続けるピアノ教師の女性の前に、死して幽霊となった夫が戻ってきました。思い出の地を巡る旅に出た二人は、行く先々で様々な事情を抱えた人たちと出会い、やがて旅の真の目的を見出していくことになります。
監督:黒沢清 出演者:浅野忠信(薮内優介)、深津絵里(薮内瑞希)、蒼井優(松崎朋子)、小松政夫(島影)、柄本明(星谷)ほか

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」のネタバレあらすじ結末

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の紹介:2017年アメリカ映画。1971年に起こったアメリカ国防総省によるベトナム戦争の戦況について真実が記された機密文書『ペンタゴン・ペーパーズ』流出という実際に起こった事件を題材にした社会派ドラマ。『プラダを着た悪魔』のメリル・ストリープと『ダ・ヴィンチ・コード』のトム・ハンクスの二大名優が共演し、巨匠スティーブン・スピルバーグが監督を務めるアカデミー作品賞ノミネート作品。
監督:スティーブン・スピルバーグ 出演:メリル・ストリープ(キャサリン・ケイ・グラハム)、トム・ハンクス(ベン・ブラッドリー)、トニー・ブラッドリー(サラ・ポールソン)、ボブ・オデンカーク(ベン・バグディキアン)、ロバート・マクナマラ(ブルース・グリーンウッド)、ダニエル・エルズバーグ(マシュー・リス)ほか

「アニマル・キングダム」のネタバレあらすじ結末

アニマル・キングダムの紹介:2010年オーストラリア映画。1988年にオーストラリア・メルボルンで実際にあった警官射殺事件とその容疑者家族を基に映画化された犯罪ドラマで、鬼才クエンティン・タランティーノも2010年公開映画のベスト3に挙げるなど各界から高い評価を得た作品です。様々な犯罪に手を染める親戚一家に身を寄せることになった少年の葛藤と成長を描いています。
監督:デヴィッド・ミショッド 出演者:ジェームズ・フレッシュヴィル(ジョシュア・“J”・コディ)、ベン・メンデルソーン(アンドリュー・“ポープ”・コディ)、ジャッキー・ウィーヴァー(ジャニー・“スマーフ”・コディ)、ルーク・フォード(ダレン・コディ)、サリバン・ステイプルトン(クレイグ・コディ)、ジョエル・エドガートン(バリー・“バズ”・ブラウン)、ガイ・ピアース(ネイサン・レッキー)ほか

「捨てがたき人々」のネタバレあらすじ結末

捨てがたき人々の紹介:2012年日本映画。ジョージ秋山原作の同名漫画を、同氏の実子である秋山命の脚本により映画化した作品です。舞台を榊英雄監督の故郷である長崎・五島列島に置き換え、生きることに飽きた無職の男と新興宗教にはまった女との魂の邂逅を、過激な描写を交えて描いています。
監督:榊英雄 出演者:大森南朋(狸穴勇介)、三輪ひとみ(岡辺京子)、美保純(あかね)、田口トモロヲ(丸吉)、遠藤賢一(吉田チーフ)、内田滋(吉田和江)ほか

「世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方」のネタバレあらすじ結末

世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方の紹介:2014年ドイツ映画。ドイツのとある村。老人ホームにに入れられてしまったおじいちゃんとおばあちゃんを助けるために悪戯な子供たちが奮闘する。
監督:ファイト・ヘルマー 出演:ベンノ・フユルマン、フリッツィ・ハーバーラント、アレクサンダー・シェーア、ロルフ・ツァハー、ザムエル・フィンツィ、ユーレ・ブーヴェ、ファビアン・ブッシュ、ウド・シェンク、ほか

「必殺仕掛人 梅安蟻地獄」のネタバレあらすじ結末

必殺仕掛人 梅安蟻地獄の紹介:1973年日本映画。この作品は原作・池波正太郎の連作小説を実写化したもので、TV娯楽時代劇「必殺」シリーズの第1作目となる『必殺仕掛人』(1972年~1973年)の劇場版第2作目の映画です。人足口入稼業の音羽屋半右衛門を元締に、剣客浪人・小杉十五郎と鍼医者・藤枝梅安の暗殺稼業「仕掛人」たちが、依頼者から銭を貰い、裁かれない悪人を闇から闇へと暗殺し、晴らせぬ恨みを晴らすという画期的な娯楽時代劇です。暗殺の仕方も当時、注目を集め人気を得たものです。
監督:渡辺祐介 出演:藤枝梅安(緒形拳)、小杉十五郎(林与一)、音羽屋半右衛門(山村聡)、伊豆屋長兵衛(佐藤慶)、山崎宗伯(小池朝雄)、岬の千蔵(秋野太作)、りん(松尾嘉代)、仲(津田京子)、もん(ひろみどり)、ほか

「チャドルと生きる」のネタバレあらすじ結末

チャドルと生きるの紹介:2000年イラン映画。イランの首都テヘランを舞台に、不当な抑圧と差別を受けながらも懸命に過酷な日々を生き抜く女性たちの姿を描いた社会派ドラマです。ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞しています。
監督:ジャファル・パナヒ 出演者:フレシテ・ザドル・オラファイ(パリ)、マルヤム・パルウィン・アルマニ(アレズー)、ナルゲス・マミザデー(ナルゲス)、エルハム・サボクタニ(エルハム)、モニル・アラブ(モニル)ほか

「美しい人妻」のネタバレあらすじ結末

美しい人妻の紹介:2015年オランダ映画。オランダからフランスの田舎町へ越して来た一家の美しい人妻が、家の改修のためやって来た若くハンサムな作業員の男と不倫関係に陥っていく姿を描いた、オランダ発の官能ドラマです。
監督:アントワネッテ・ブーマー 出演者:ルス・ハーフェコート(シモーヌ)、ピエール・ブーランジェ(ミシェル)、マーク・ファン・エーウェン(エリック)、ピーター・ポール・ミュラー(ピーター)、ジェニファー・ホフマン(リアン)ほか

「血槍富士」のネタバレあらすじ結末

血槍富士の紹介:1955年日本映画。権八は、主人小十郎の槍持ちとして江戸へ向かっていた。侍に憧れる少年次郎や、旅芸人おすみ親子等と知り合いながら東海道を旅する。小十郎は藩命で茶碗を江戸藩邸届ける役を仰せ付かり旅をしていたのだが、その途中様々な人々と出会い、侍に対する窮屈さを覚えはじめる。その矢先、彼等はある宿場で大騒動に巻き込まれてしまう。内田吐夢監督の戦後第1作目に当たる時代劇。
監督:内田吐夢 出演者:権八(片岡千恵蔵)、酒匂小十郎(島田照夫)、次郎(植木基晴)、源太(加東大介)、おすみ(喜多川千鶴)、おさん(植木千恵)、藤三郎(月形龍之介)、おたね(田代百合子)

「夜空に星のあるように」のネタバレあらすじ結末

夜空に星のあるようにの紹介:1968年イギリス映画。ケン・ローチ監督の最初の劇場用映画。貧困の中でささやかな幸福を願う若い母親の生活を通してイギリス庶民の姿が提示される。ドノヴァンが音楽を担当し主題歌を歌う。32年後にテレンス・スタンプが主演するスティーヴン・ソダーバーグ監督の『イギリスから来た男』では、本作品のいくつかのシーンが主人公の若き日を物語るために引用される。
監督:ケン・ローチ 出演者:キャロル・ホワイト(ジョイ)、テレンス・スタンプ(デイヴ)、ジョン・ビンドン(トム)、クィーニー・ワッツ(エムおば)、ケイト・ウィリアムス(ベリル)

「ウィンストン・チャーチル」のネタバレあらすじ結末

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男の紹介:2017年イギリス映画。ウインストン・チャーチルは20世紀で最も有名な政治家の一人です。チャーチルはドイツとの戦争という困難な状況下で首相に就任し、イギリスを最終的には勝利に導きました。『ウインストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』は1940年のドイツ軍のオランダ、ベルギー、フランス侵攻、チャーチル首相就任、ダンケルクの作戦決定、までのチャーチルの苦悩と決断を描いた映画です。この映画でアメリカ・アカデミー賞主演男優賞を受賞した、ゲイリー・オールドマンの演技もみどころです。
監督:ジョー・ライト 出演:ゲイリー・オールドマン(ウィンストン・チャーチル)、クリスティン・スコット・トーマス(クレメンティーン・チャーチル)、リリー・ジェームズ(エリザベス・レイトン)、スティーヴン・ディレイン(ハリファックス子爵)、ロナルド・ピックアップ(ネヴィル・チェンバレン)、ベン・メンデルソーン(国王ジョージ6世)、ほか

「バッシング」のネタバレあらすじ結末

バッシングの紹介:2005年日本映画。「ひとりの女性が日本を捨てた。彼女が彼女であるために」2004年に発生したイラク日本人人質事件をモチーフに製作された社会派ドラマです。戦時中の中東某国へボランティアに行った女性は人質として拉致され、無事帰国するも世間の心無いバッシングと家庭の崩壊が待ち受けていました…。
監督:小林政広 出演者:占部房子(高井有子)、大塚寧々(高井典子)、田中隆三(高井孝司)、香川照之(支配人)ほか

「ペタルダンス」のネタバレあらすじ結末

ペタル ダンスの紹介:2013年日本映画。自殺未遂をした大学時代の友人を訪ねるため、病院までの“女子旅”に出た3人の女たちが、その道中でそれぞれが抱える悩みを見つめ直す過程を描いたヒューマンドラマです。実力派女優4人の共演にも注目です。
監督:石川寛 出演者:宮崎あおい(ジンコ)、忽那汐里(原木)、安藤サクラ(素子)、吹石一恵(ミキ)、安藤政信(直人)、風間俊介(川田)ほか

「僕がいない場所」のネタバレあらすじ結末

僕がいない場所の紹介:2005年ポーランド映画。孤児院から母親のいる町へ帰ってきたクンデルは母親に新しい恋人がいる事を知る。そんな彼は同じく居場所のない少女と出会う。
監督:ドロタ・ケンジェジャフスカ 出演:ピョトル・ヤギェルスキ(クンデル)、アグニェシカ・ナゴジツカ(クレツズカ)、バジア・シュカルバ、エディタ・ユゴフスカ、パヴェウ・ヴィルチャック、ほか

「タッチ・オブ・スパイス」のネタバレあらすじ結末

タッチ・オブ・スパイスの紹介:2003年ギリシャ映画。祖父を待ちわびる天文学者のファニス。料理と香辛料の話を織り交ぜながら、彼は過去を語り始める、そして下した決断とは。
監督:タソス・ブルメティス 出演:ジョージ・コラフェイス(ファニス)、タソス・バンディス(祖父ヴァシリス)、マルコス・オッセ(ファニス(少年時代))、バサク・コクルカヤ(サイメ)、イエロクリス・ミハイリディス(サヴァス)、レニア・ルイジドゥ(ソルタナ)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 94
TOP↑