ドラマ映画のあらすじ

「星降る夜のリストランテ」のネタバレあらすじ結末

星降る夜のリストランテの紹介:2000年イタリア,フランス映画。小さなレストランを訪れる客と従業員の悲喜交々を、ユーモラスに描くドラマ作品。安くて美味いレストラン「アルトゥーロの店」には、今夜も様々な客が足を運んでいた。教授と教え子の不倫カップル、険悪な様子の親子、娘の進路を気にする母親。厨房には怒りっぽいシェフの怒鳴り声が響き、軽薄な若いウェイターに年老いた先輩ウェイターが眉をひそめる。彼らをもてなし、まとめるのは夫に代わって店を切り盛りする女主人。彼らを取り巻く様々な事情が、食事の席で浮き彫りになっていく。
監督:エットレ・スコーラ 出演者:ファニー・アルダン(フローラ)、ヴィットリオ・ガスマン(ペズッロ先生)、ジャンカルロ・ジャンニーニ(ジュリオ)、マリー・ジラン(チェチリア)、ステファニア・サンドレッリ(イザベラ)ほか

「さくら」のネタバレあらすじ結末

さくらの紹介:2020年日本映画。「サラバ!」で第152回直木賞を受賞した西加奈子の「あおい」に続くデビュー2作目「さくら」。累計55万部超えのこのベストセラー小説が主演級の俳優を揃えた最強の布陣で満を持しての映画化。主人公のひとり、モノローグも担当する三兄妹の真ん中薫を演じるのは、この作品を含め2020年公開作品が5本にのぼる北村匠海。薫が憧れる人気者の長男一を吉沢亮、その長男を慕う末っ子で甘えん坊の美少女美貴を小松菜奈が演じ、確かな演技力と高い顔面偏差値で観客を魅了する。
監督:矢崎仁司 原作:西加奈子 主題歌:東京事変「青のID」 キャスト:北村匠海(長谷川薫)、小松菜奈(長谷川美貴)、吉沢亮(長谷川一)、寺島しのぶ(長谷川つぼみ)、永瀬正敏(長谷川昭夫)、小林由依(欅坂46)(大友カオル)、水谷果穂(矢嶋優子)、山谷花純(須々木原環)、加藤雅也(溝口先史)、趙珉和(フェラーリ)、ちえ(サクラ)ほか

「ポネット」のネタバレあらすじ結末

ポネットの紹介:1996年フランス映画。母の死を受け入れられない4歳の少女が、傷つきながらも悲しみを乗り越えていく姿を描いたドラマ作品。突然の交通事故で愛するママを失った少女ポネットは、「死」を理解することが出来ずにいた。いつかママは帰って来るものと信じ、待ち続けるポネット。そんな彼女に周囲は死の意味を教えようとするが、ポネットは受け入れない。帰って来ないママに悲しみが爆発しかけた時、思いがけない奇跡が訪れる。主人公ポネットを演じたヴィクトワール・ティヴィソルが、1996年のヴェネツィア国際映画祭にて史上最年少で主演女優賞を受賞した。
監督:ジャック・ドワイヨン 出演者:ヴィクトワール・ティヴィソル(ポネット)、マリー・トランティニャン(ママ)、グザヴィエ・ボーヴォワ(パパ)、クレール・ヌブー(伯母さん)、デルフィーヌ・シルツ(いとこのデルフィーヌ)ほか

「四十七人の刺客」のネタバレあらすじ結末

四十七人の刺客の紹介:1994年日本映画。池宮彰一郎の同名小説を原作に「日本映画誕生100周年記念作品」として製作された。従来の忠臣蔵に比べて浅野内匠頭の刃傷や切腹の描写を大幅にカットして、内蔵助と米沢藩江戸家老、色部又四郎との駆け引きを物語の中心に描き、そこに内蔵助に想いを寄せる女達が花を添える。この作品で色部を演じた中井貴一が第18回日本アカデミー賞の最優秀助演男優賞を受賞している。
監督:市川崑 出演:高倉健(大石内蔵助)、中井貴一(色部又四郎)、森繁久弥(千坂兵部)、石坂浩二(柳沢吉保)、岩城滉一(不破数右衛門)、宇崎竜童(堀部安兵衛)、井川比佐志(奥田孫太夫)、浅丘ルリ子(りく)、黒木瞳(きよ)、清水美砂(ほり)、宮沢りえ(かる)、古手川祐子(瑤泉院)、今井雅之(高田群兵衛)、石橋蓮司(小林平八郎)、ほか

「俺たちの交響楽」のネタバレあらすじ結末

俺たちの交響楽の紹介:1979年日本映画。川崎で活動するエゴラド合唱団の京子に一目ぼれした、鉄工所に勤める新田は、京子に誘われるがまま合唱団に入ります。歌より京子目当ての新田は、誘っても相手にされない事で練習を休み始めます。そんな新田に京子は練習に戻って来てと話しかけます。やがて練習に戻った新田でしたが今度は先生とぶつかり、やめると言い出し…という人情ドラマです。松竹映画だけに渥美清や倍賞千恵子がチョイ役で登場しています。
監督:朝間義隆 出演者:武田鉄矢(新田徳次郎)、友里千賀子(小林京子)、伊東達広(佐藤安男)、永島敏行(菊地保)、田辺靖雄(遠藤芳人)、森下愛子(佐久間弓子)、岡本茉利(野村文枝)、熊谷真実(紺野節子)、ホーン・ユキ(橋本トシ子)、山本圭(渋谷勝彦)、田村高廣(小柳出秀次)ほか

「夜ごとの夢」のネタバレあらすじ結末

夜ごとの夢の紹介:1933年日本映画。伝説の女優、栗島すみ子主演、成瀬巳喜男監督作品。当時、おなじ松竹蒲田撮影所でメガホンをとっていた小津安二郎監督の初期作品と酷似したテーマ、作風に仕上がっています。小津とおなじ撮影所で働いていたことは、成瀬を語るうえでは欠かせません。成瀬はのちに東宝の前身である映画会社PCLに移籍しますが、移籍の経緯はともかく、この映画を観る限り小津の影響は小さくありません。松竹蒲田の若き才能が小津の向こうを張る意気込みによって芽吹いています。
監督: 成瀬巳喜男 出演者:栗島すみ子(おみつ)、小島照子(子・文坊)、齋藤達雄(男)、新井淳(隣の人)、吉川満子(その妻)、坂本武(船長)、大山健二(船員)、小倉繁(船員)、飯田蝶子(女将)、沢蘭子(おみつの友達)ほか

「無頼 人斬り五郎」のネタバレあらすじ結末

無頼 人斬り五郎の紹介:1968年日本映画。名振会の会長を弟分の昌彦と殺して、刑務所に服役していた五郎が仮出所します。五郎は刑務所で死んだ昌彦から「姉のしのぶに会って渡してくれ」と、押し花を預かっていました。久しぶりに石浜に帰った五郎が見たものは、以前にも増して悪行で支配する名振会の姿。偶然出会った由紀という女性と行動を共にしながら、しのぶを探す五郎でしたが、名振会のいやがらせが、由紀やしのぶにまで及び…という内容の渡哲也主演のアウトローアクション無頼シリーズ第四作です。
監督:小澤啓一 出演者:渡哲也(藤川五郎)、松原智恵子(磯村由紀)、佐藤慶(白山周介)、小林千登勢(林田しのぶ)、藤竜也(林田昌彦)、小池朝雄(海藤賢作)、岡崎二朗(石丸鉄男)、南原宏治(牧野昇次)ほか

「流し屋 鉄平」のネタバレあらすじ結末

流し屋 鉄平の紹介:2015年日本映画。流しの歌で飯を食う鉄平は、漁師町で歌手になりたいという朱美を勇気づけます。新宿に帰った鉄平が朱美と再会すると、悪徳プロデューサー金杉の店で歌いながら歌手デビューを待っていることを知ります。金杉の下で、朱美と昔ユニットを組んでいた景浦がゴーストライターとして曲を作っていました。景浦が朱美の為に作った曲を金杉が奪い取ったことから、鉄平は仲間を集め曲を取り返そうと動きはじめます…という内容の寺島進主演の人情ドラマです。
監督:榊英雄 出演者:寺島進(鉄平)、夏菜(朱美)、加藤慶祐(ジョー)、高岡奏輔(景浦)、今野鮎莉(しずく)、大森南朋(竜一)、 哀川翔(トラックの運転手)、勝矢(石丸)、片岡礼子(昌子)、名高達男(金杉)ほか

「フリー・ウィリー 自由への旅立ち」のネタバレあらすじ結末

フリー・ウィリー 自由への旅立ちの紹介:2010年アメリカ映画。1993年に製作されて大ヒットした「フリー・ウィリー」シリーズの4作目にあたる。母親を失い、大好きな父親から離れて異国で暮らすことになった孤独な少女が、家族と離れ離れになってしまった子シャチと出会って自らの境遇と重ね、交流を通して成長していく物語。主演のビンディ・アーウィンは映画初出演ながらも、堂々たる演技を見せて話題となった。
監督:ウィル・ガイガー 出演者:ビンディ・アーウィン(キーラ)、ボー・ブリッジス(ガスおじいちゃん)、マイク・ファルカウ(マンサ)、シヤブレラ・ランバ(サフィーソ)、ほか

「怪盗と判官」のネタバレあらすじ結末

怪盗と判官の紹介:1955年日本映画。弥次さんと間違われた後の名奉行遠山金四郎と喜多さんと間違われた鼠小僧が一緒に旅をする。市川雷蔵が遠山の金さんを、勝新太郎が鼠小僧次郎吉を演じる明朗時代劇。1938年のマキノ正博監督『弥次喜多道中記』のリメイク。
監督:加戸敏 出演者:市川雷蔵(遠山金四郎)、勝新太郎(鼠小僧次郎吉)、阿井美千子(おれん)、清水谷薫(お雪)、長谷川裕見子(お蔦)、堺駿二(弥次郎兵衛)、益田キートン(喜多八)、ほか

「サン・ドッグス 生きる意味を探して」のネタバレあらすじ結末

サン・ドッグス -生きる意味を探して-の紹介:2017年アメリカ映画。知的障害を持ったネッドは9.11のテロをきっかけに海兵隊に入隊し人を救うという夢を抱きます。しかし、ネッドの障害ではどんなに頑張っても海兵隊に入隊することはできません。そこで海兵隊のジェンキンス曹長は、その場しのぎでネッドにアルカイダのスパイから市民を守る特別工作員を任命します。その活動を通してタリーと出会い、ネッドは人を救うために行動を起こします。
監督:ジェニファー・モリソン 出演:マイケル・アンガラノ(ネッド)、メリッサ・ベノイスト(タリー)、アリソン・ジャネイ(ローズ)、エド・オニール(ボブ)、イグジビット(ジェンキンス曹長)、ほか

「おとなの事情、こどもの事情」のネタバレあらすじ結末

おとなの事情、こどもの事情の紹介:2016年アメリカ映画。写真家としてニューヨークで活動していたジーナは仕事に限界を感じ、安定を求めて大学教授の道へ進むことを決意します。そして小さい町であるアメリカのローマへ家族3人で引っ越すことに。ニューヨークとは全く違う町で生活することに困惑しながらも家族の絆、息子クラークの心の成長に向き合うファミリーコメディー映画です。
監督:ロブ・マイヤー 出演:メラニー・リンスキー(ジーナ)、ネルサン・エリス(マック)、アルマーニ・ジャクソン(クラーク)、ウーナ・ローレンス(アンブロジア)、ミランダ・マッキーオン(ジュリー)、ほか

「アイキャンオンリーイマジン 明日へつなぐ歌」のネタバレあらすじ結末

アイ・キャン・オンリー・イマジン 明日へつなぐ歌の紹介:2018年アメリカ映画。バートはテキサスの小さな町で育った少年です。しかし、彼は父親の暴力に悩み、母も家を出て行きます。その後、バートは歌手を目指しますが、その曲と歌唱力は音楽関係者から酷評されます。失意のバートですが、父への愛をテーマにした曲「アイ・キャン・オンリー・イマジン」を作ります。本作は大ヒットしたクリスチャンソング「I Can Only Imagine」の誕生秘話を描いた映画です。キリスト教の信仰の大切さ、親子の愛などをテーマにしています。
監督:ジョン・アーウィン、アンドリュー・アーウィン 出演:J・マイケル・フィンリー(バート)、マデリン・キャロル(シャノン)、トレイス・アドキンス(スコット)、デニス・クエイド(アーサー)、プリシラ・シャイラー、クロリス・リーチマン、ほか

「お嬢吉三」のネタバレあらすじ結末

お嬢吉三(おじょうきちさ)の紹介:1959年日本映画。1年半ぶりに牢獄からシャバに出たお嬢吉三、和尚吉三、お坊吉三の3人。彼らを牢屋送りにした悪者、旗本原田庫之助、貸元伝法院の仁兵衛をさっそくこらしめ、東海道を西へ向かう。女装がトレードマークのお嬢吉三を市川雷蔵が演じる。雷蔵主演の多くの傑作を手掛けた田中徳三監督による娯楽時代劇。
監督:田中徳三 出演者:市川雷蔵(お嬢吉三)、島田竜三(お坊吉三)、北原義郎(和尚吉三)、林成年(倉松)、浦路洋子(お民)、中村玉緒(お美和)、小野道子(お加代)そのほか

「娘の結婚」のネタバレあらすじ結末

娘の結婚の紹介:2003年日本作品。母親を9年前に亡くした規子は、父親の事が気がかりで嫁に行く気にはなれず、ずっとそばにいようと思っていますが、父・周吉はそろそろ嫁に出そうと考え、妹からの見合い話を受けるように規子を説得します。父を思う娘と、娘を思う父のほのぼのとした親子愛を描いたスペシャルドラマ作品です。
監督:市川崑 出演:鈴木京香(雨宮規子)、 長塚京三(雨宮周吉)、 仲村トオル(杉山)、緒川たまき、藤村志保、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 167

キーワードから探す

TOP↑