ドラマ映画のあらすじ

「オフィーリア 奪われた王国」のネタバレあらすじ結末

オフィーリア 奪われた王国の紹介:2018年アメリカ,イギリス映画。シェイクスピア四大悲劇の中のハムレットの中でも、その最期が有名なオフィーリア。陰謀と復讐の渦巻く宮廷の中で聡明な彼女はハムレットとの未来のために取った行動とは?
監督:クレア・マッカーシー 出演:デイジー・リドリー(オフィーリア)、ナオミ・ワッツ(ガートルード妃)、クライヴ・オーウェン(クローディアス)、ジョージ・マッケイ(ハムレット)、トム・フェルトン(レアティーズ)、デヴォン・テレル(ホレイショー)、ほか

「刺青」のネタバレあらすじ結末

刺青の紹介:1966年日本映画。質屋の娘・お艶は手代の新助と添い遂げるために駆け落ちをした。しかしお艶の背中一面に女郎蜘蛛の刺青(いれずみ)が彫られたとき、彼女の魔性が目を覚ました…。増村保造・若尾文子コンビの傑作の一つで、4Kデジタル復元版が2020年に上映されました。脚本は新藤兼人。谷崎潤一郎本人が自分の処女作だとしている短編「刺青」と、同じ谷崎の短編「お艶殺し」を基にしている。
監督:増村保造 出演者:若尾文子(お艶)、長谷川明男(新助)、山本学(清吉)、佐藤慶(芹沢)、須賀不二男(権次)、藤原礼子(お滝)内田朝雄(徳兵衛)、毛利菊枝(新助の母)、ほか

「ロゼッタ」のネタバレあらすじ結末

ロゼッタの紹介:1999年ベルギー,フランス映画。アルコール依存症の母とトレーラーハウス暮らしをしている主人公の女性が不当解雇などの逆境に立ち向かおうとする様を描いたヒューマンドラマです。第52回カンヌ国際映画祭で最高賞パルム・ドールと女優賞(主演のエミリー・ドゥケンヌ)を受賞しています。
監督:リュック・ダルデンヌ、ジャン=ピエール・ダルデンヌ 出演者:エミリー・ドゥケンヌ(ロゼッタ)、ファブリッツオ・ロンギーヌ(リケ)、アンヌ・イェルノー(ロゼッタの母)、オリヴィエ・グルメ(社長)ほか

「永遠と一日」のネタバレあらすじ結末

永遠と一日の紹介:1998年ギリシャ,フランス,イタリア映画。ギリシャの港町テッサロニキを舞台に、重病を患った詩人と難民の子供との出会いを軸に“人生の旅の一日”および“死への絶望と希望”を現在・過去・未来といった時系列の錯綜や現実・旅・夢などを独自の手法で紡いだ文芸作品です。カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞しています。
監督:テオ・アンゲロプロス 出演者:ブルーノ・ガンツ(アレクサンドロス)、イザベル・ルノー(アンナ)、アキレアス・スケヴィス(少年)、ファブリツィオ・ベンティヴォリ(詩人ソロモス)、デスピナ・ベベデリ(母)、イリス・アジアントニウ(カテリーナ)、エレニ・ゲラシミドゥ(ウラニア)、ヴァシリス・シメニス(ニコス)ほか

「桜桃の味」のネタバレあらすじ結末

桜桃の味の紹介:1997年イラン映画。イラン映画界の巨匠アッバス・キアロスタミ監督が手掛け、カンヌ国際映画祭にてパルムドールを今村昌平監督の『うなぎ』と共に受賞した人間ドラマです。人生に失望し、自殺を決意した中年男が道中で知り合ったトルコ人の老人との出会いがきっかけで“何か”が変わり始めようとしていました…。
監督:アッバス・キアロスタミ 出演者:ホマユン・エルシャディ(バディ)、アブドルホセイン・バゲリ(バゲリ)、ホセイン・ヌーリ(神学生)、アフシン・コルシッド・バフティアリ(兵士)、サファー・アリ・モラディ(兵士)ほか

「MOTHER マザー」のネタバレあらすじ結末

MOTHER マザーの紹介:2020年日本映画。2014年に実際起こった少年による痛ましい殺人事件を題材にした本作。歪んだ愛情を持った母親から育った息子の、悲劇へと向かう姿を描き出す。狂った愛情した持たない母親役を長澤まさみが見事に演じています。
監督:大森立嗣 出演:長澤まさみ(三隅秋子)、阿部サダヲ(川田遼)、奥平大兼(周平)、夏帆(高橋亜矢)、皆川猿時(宇治田守)、仲野太賀(赤川圭一)、土村芳(三隅楓)、木野花(三隅雅子)、ほか

「アメリカの森 レニーとの約束」のネタバレあらすじ結末

アメリカの森 レニーとの約束の紹介:2005年アメリカ映画。戦争で心に傷を負った人々が、1人の少女の存在によって再生へと踏み出すドラマ作品。ベトナム帰還兵のジェイクは、人との交流を嫌い森の奥深くで孤独な生活を送っていた。ある日、かつての部下ヘンリーが現れる。彼はベトナム人女性との間に生まれた娘レニーをジェイクに託し、そのまま姿を消してしまった。反発し合うジェイクとレニーだったが、やがて2人は確かな絆で結ばれていく。
監督:ガブリエル・サヴェージ・ドクターマン 出演者:ダニー・クローヴァー(ジェイク・ニーリー)、ロン・パールマン(レッド)、リンダ・ハミルトン(ケイト)、ゾーイ・ウィーゼンバウム(レニー・ホックネル)、デヴィッド・ストラザーン(ヘンリー・ホックネル)ほか

「大阪の宿」のネタバレあらすじ結末

大阪の宿の紹介:1954年日本映画。水上滝太郎の代表作を五所平之助が映画化。旅館を舞台とした様々な人間模様が巧みに描かれる。脚色に当たったのは五所自身と八住利雄。監修として水上の親友だった久保田万太郎がクレジットされている。
監督:五所平之助 出演:佐野周二(三田)、乙羽信子(うわばみ)、水戸光子(おりか)、川崎弘子(おつぎ)、三好栄子(おかみさん)、藤原釜足(おっさん)、左幸子(お米)、多々良純(野呂)、安西郷子(おみつ)、細川俊夫(田原)、恵ミチ子(井元貴美子)、ほか

「にっぽん実話時代」のネタバレあらすじ結末

にっぽん実話時代の紹介:1963年日本映画。じり貧で印刷代も払えない経済誌を発行する会社に、社長が伊達という編集長を連れてきます。社長は、今日から実話時代に変えると言って、実話誌の雑誌発行を伊達と共に進め始めます。発行部数が増え、上昇気流に乗った頃、大銀行の頭取と巨大企業の癒着のスキャンダルを掴みます。取材を進め、記事を書いていくうち、実話時代社に圧力がかかりはじめ…という内容の高島忠夫主演の社会派ドラマです。
監督:福田純 出演者:高島忠夫(伊達康介)、藤木悠(岩淵正順)、田中邦衛(片桐鶴夫)、ミッキー・カーチス(柏谷秀彦)、池内淳子(須永雪枝)、浜美枝(二宮英子)、中真千子 (衣笠礼子)、安川実(野田豊)、平田昭彦(黒岩善造)、田崎潤(伊吹彦八)ほか

「戦火の馬」のネタバレあらすじ結末

戦火の馬の紹介:2011年アメリカ映画。1982年にイギリスで発表されたマイケル・モーパーゴの小説をもとに、舞台化もされたこの作品を、スティーブン・スピルバーグ監督が映画化しました。ジョーイの視点から見た戦場の様子や人々のドラマが描かれています。ジョーイと少年アルバートの深く結ばれた絆に感動します。
監督:スティーブン・スピルバーグ 出演者:ジェレミー・アーバイン(アルバート・ナラコット)、エミリー・ワトソン(ローズ・ナラコット)、デビッド・シューリス(ライオンズ)、ピーター・ミュラン(テッド・ナラコット)、ニエル・アレストリュプ(エミリーの祖父)、トム・ヒドルストン(ニコルズ大尉)、デビッド・クロス(ギュンター)、パトリック・ケネディ(ウェイバリー中尉)、ほか

「はたらく一家」のネタバレあらすじ結末

はたらく一家の紹介:1939年日本映画。主演の徳川夢声は、サイレント(無声)映画の活動弁士として活躍したあとに映画俳優になった人です。映画館のスクリーンに映る俳優の演技は、すでに弁士の仕事の一貫として批評の対象であったに違いありません。それだけに「演技とは何か」をよく心得ていた人です。この映画でも、じつに情感細やかな父親を好演します。映画の中で幼い子役たちがすっかり父親に馴染んでいる様子なども、成瀬巳喜男というよりは、徳川夢声その人の人柄の反映なのかもしれません。
監督: 成瀬巳喜男 出演者:徳川夢声(父親・石村)、本間 敦子(母親・ツエ)、生方明(長男・希一)、伊東薫(次男・源二)、南青吉(三男・昇)、平田武(四男・栄作)、阪東精一郎(五男・幸吉)、若葉喜世子(長女・ヒデ)、大日方傳(小川先生)、椿澄枝(喫茶店の娘・光子)ほか

「修羅の群れ」のネタバレあらすじ結末

修羅の群れの紹介:1984年日本映画。19歳の頃、柔道の道場で加のの親分に声をかけられ、ヤクザの道に入った稲原龍二は、兄貴分横山の助言を受けながら子分を増やし、関東を制圧する勢力にのし上がりました。そんな実在した稲川会総裁の稲川角二をモデルにし、半生を描いた実録ヤクザ映画です。この作品には元プロ野球選手の張本勲、小林茂も出演してします。
監督:山下耕作 出演者:松方弘樹(稲原龍二)、北大路欣也(石河隆司)、菅原文太(井沢輝一)、北島三郎(出水辰雄)、天知茂(大島英五郎)、丹波哲郎(加東伝三郎)、若山富三郎(鶴岡政次郎)、鶴田浩二(横山新二郎)ほか

「グッバイ、リチャード!」のネタバレあらすじ結末

グッバイ、リチャード!の紹介:2018年アメリカ映画。「余命180日」。大学教授リチャードに突然告げられたがん宣告。美しい妻と素直な娘、そして何不自由のない生活は一変、妻の不倫や娘のレズビアン宣言など大きく揺らいでいく。しかし死を前にしたリチャードは残りの人生を自分のために生きることを決意。授業中に酒やマリファナを楽しんだり、知り合ったばかりの女性とトイレで性行為をしたり。この自由な生き方はリチャードにこれまでにない喜びをもたらせ、彼の言動は次第に家族や生徒たちにも影響を与えていく。しかし、がんは少しずつリチャードに身体を蝕んでいき、徐々に終わりの日は近づいてくる…。シリアスになりがちな“人生の終わり”を新鋭ウェイン・ロバーツ監督がユーモラスに描く。
監督:ウェイン・ロバーツ 出演:ジョニー・デップ(リチャード)、ローズマリー・デウィッ(ヴェロニカ)、ダニー・ヒューストン(ピーター)、ゾーイ・ドゥイッチ(クレア)、ロン・リビングストン(ハリー)、オデッサ・ヤング(オリヴィア)ほか

「ドライブイン蒲生」のネタバレあらすじ結末

ドライブイン蒲生の紹介:2014年日本映画。姉のサキが、実家であるドライブインに娘の亜希子を連れて帰って来ます。弟のトシヤは「親父でも左手で殴ったのに、右手で殴るとはひどい」と言いながら、姉のサキと亜希子を車に乗せて走りだします。車の中でトシヤは父が生きていた頃の高校時代の事を思い出し…という内容のヒューマンドラマです。現在と過去の時間軸が交互に表現されています。
監督:たむらまさき 出演者:染谷将太(トシヤ)、黒川芽以(サキ)、永瀬正敏(三郎)、小林ユウキチ(満)、猫田直(シノブ)、平澤宏々路(亜希子)、吉岡睦雄(博)ほか

「きっと、またあえる」のネタバレあらすじ結末

きっと、またあえるの紹介:2019年インド映画。大切なひとり息子ラーガブが受験に失敗し、自殺未遂。父親のアニは重篤な状態の息子を励ますために、かつて大学時代に共にバカをやっていた仲間たち7人を集めて「負け犬時代」の奮闘をラーガフに語って聞かせる。脚本はティワーリー監督の出身校ボンベイ工科大学で過ごした学生時代をベースに作られ、一部撮影も同校で行っている。
監督:ニテーシュ・ティワーリー  出演:スシャント・シン・ラージプート(アニ/アニルッド・パタク)、シュラッダー・カプール(マヤ・パタク)、ヴァルン・シャルマ(セクサ/グルミート・シン)、ターヒル・ラージ・バシン(デレク)、ナヴィーン・ポリシェッティ(アシッド)、トゥシャール・パーンデー(マミー)、サハルシュ・クマール・シュクラ(へべれけ)、プラティーク・バッバル(ラギー)、ムハンマド・サマド(ラーガブ) 、ランジャン・ラージ(モヤシ)ほか

1 2 3 4 5 6 7 161

キーワードから探す

TOP↑