ドラマ映画のあらすじ

「ブロードウェイと銃弾」のネタバレあらすじ結末

ブロードウェイと銃弾の紹介:1994年アメリカ映画。舞台は禁酒法時代のブロードウェイ。若手の劇作家デビッドが手掛ける舞台の裏側で繰り広げられていく様々な人間模様を軽妙なテンポで描いた喜劇作品です。
監督:ウディ・アレン 出演者:ジョン・キューザック(デビッド・シェーン)、ダイアン・ウィースト(ヘレン・シンクレア)、ジェニファー・ティリー(オリーブ・ニール)、チャズ・パルミンテリ(チーチ)、ジョー・ヴィテレリ(ニック・ヴァレンテ)

「美しき棘」のネタバレあらすじ結末

美しき棘の紹介:2010年フランス映画。フランス映画祭2011で上映され、劇場では未公開となった作品ですが、現在数々の大作に出演しているレア・セドゥが主演となっています。母親を亡くした17歳の少女が不良少女と知り合ったことで、危険なバイクレースを行う男たちに惹かれて行きますが、母の死を悼まない姿勢を理解されないようになっていきます。
監督:レベッカ・ズロトブスキ 出演者:レア・セドゥ(プリューデンス)、アナイス・ドゥムースティエ(ソニア)、アガト・シュレンカー(マリリン)、ギョーム・グイ(レナード)、ジョアン・リベロー(フランク)

「木枯し紋次郎 関わりござんせん」のネタバレあらすじ結末

木枯し紋次郎 関わりござんせんの紹介:1972年日本映画。『木枯し紋次郎』(1972年)の後、立て続けに再び中島貞夫監督菅原文太主演で作られた続編。「関わりござんせん」と言いながら関わってしまう男である紋次郎の生い立ちにまつわる物語は、脚本野上龍雄のオリジナル。
監督:中島貞夫 出演者:菅原文太 (紋次郎)、市原悦子(お光)、中村英子 (お駒)、田中邦衛(八幡の常平)、大木実(下滝の巳之吉)、山本麟一(今市の金蔵)

「カプチーノはお熱いうちに」のネタバレあらすじ結末

カプチーノはお熱いうちにの紹介:2013年イタリア映画。勝ち気で正義感が強いエレナと粗野でマッチョな男アントニオ。何から何まで合わないはずの二人が、次第に強く惹かれ合っていく様を描いた人間ドラマ。イタリアのアカデミー賞「ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞」で監督賞、主演女優賞など多くの賞を受賞。
監督:フェルザン・オズペテク 出演者: カシア・スムトゥニアク(エレナ)、フランチェスコ・アルカ(アントニオ)、フィリッポ・シッキターノ(ファビオ)、カロリーナ・クレシェンティーニ(シルヴィア)、:パオラ・ミナッチョーニ(エグレ)ほか

「君の名前で僕を呼んで」のネタバレあらすじ結末

君の名前で僕を呼んでの紹介:2017年イタリア,フランス,ブラジル,アメリカ映画。アンドレ・アシマン原作小説「君の名前で僕を呼んで(call me by your name)」の映画化作品。80年代の北イタリア、とある避暑地。教授である父を持つ17歳の少年エリオ。毎年訪れる別荘に今夏は大学院生のアメリカ人オリヴァーが身を寄せてくる。エリオにとって初めての、そして生涯忘れられない男性同士の恋の痛みと喜びを描く。主演のティモシー・シャラメは本作で数多くの主演男優賞や新人賞を受賞して脚光を浴びた。特に3分半にも及ぶ超長回しのラストショットには心を揺さぶられる。
監督:ルカ・グァダニーノ 出演:アーミー・ハマー(オリヴァー)、ティモシー・シャラメ(エリオ)、 マイケル・スタールバーグ(パールマン教授/エリオの父)、アミラ・カサール(エリオの母)、エステール・ガレル(マルシア)ほか

「木枯し紋次郎」のネタバレあらすじ結末

木枯し紋次郎の紹介:1972年日本映画。「あっしにはかかわりあいのないことでこざんす」という流行語を生んだ笹沢左保原作、中村敦夫主演のテレビ時代劇の成功を受けて製作された。孤独な渡世人を映画版では菅原文太が演じる。江波杏子が二人のお夕を演じている。
監督:中島貞夫 出演者:菅原文太(木枯し紋次郎)、伊吹吾郎(清五郎)、渡瀬恒彦(源太)、山本麟一(拾吉)、賀川雪絵(お花)、小池朝雄(左文治)、江波杏子(お夕)

「砂漠の女王」のネタバレあらすじ結末

砂漠の女王の紹介:1960年アメリカ映画。旧約聖書でタビデ王の先祖とされるモアブ人女性ルツの物語。イスラエル出身の新人エラナ・イーデンがルツを演じる。監督は『聖衣』等のヘンリー・コスター。2017年の映画『シェイプ・オブ・ウォーター』の中で映画館で上映されていた映画です。
監督:ヘンリー・コスター 出演者:エラナ・イーデン(ルツ)、ヴィヴェカ・リンドフォース(高位の女神官)、スチュアート・ホイットマン(ボアズ)、トム・トライオン(マフロン)、ジェフ・モロー(トブ)、ペギー・ウッド(ナオミ)その他

「Aurore オーロラ」のネタバレあらすじ結末

Auroreの紹介:2005年カナダ映画。実際に1920年2月に起きた「Aurore Gagnon」という10歳で虐待により亡くなった少女の実話を元に作られた作品。本作でオーロラちゃんを演じた、当時12歳のマリアンヌ・フォッティナーはこの作品が映画デビュー作で世に認知された。また、リアルすぎる程の彼女の演技力に惹きつけられる。一部のマニアックな映画ファンしか知らない日本未公開作品。
監督: ルック・ディオーネ 出演者:マリアンヌ・フォッティナー(マリーオーロラ・ルシエンヌ・ガグノン)、サラジャンヌ・ラブロッシ(オーロラの姉、マリージャンヌ)、サージ・ポスティゴ(オーロラの父、テレスフォーン)、ステファニー・ラポインテ(オーロラの母、マリアン・カロン)ヘレン・ラクラーク(テレスフォーンの従妹でオーロラの継母、マリアンヌ・ウッデ)

「アカルイミライ」のネタバレあらすじ結末

アカルイミライの紹介:2002年日本映画。漠然とした不安を抱える孤独な青年が、唯一の親友から譲り受けたアカクラゲと一緒に暮らすうちに、人を殺して自らも命を絶った親友の父親との奇妙な共同生活を送るという異色の青春ドラマです。
監督:黒沢清 出演者:オダギリジョー(仁村雄二)、浅野忠信(有田守)、藤竜也(有田真一郎)、笹野高史(藤原耕太)、白石マル美(藤原冴子)ほか

「ザ・ハリケーン」のネタバレあらすじ結末

ザ・ハリケーンの紹介:1999年アメリカ映画。この作品は、黒人差別がまだ盛んであった頃の1966年に、アメリカ合衆国で実際に起きた冤罪事件「ルービン・カーター事件」を題材とした伝記映画です。殺人事件の冤罪で終身刑を受けた黒人プロボクサーチャンピオン・ルービン・“ハリケーン”・カーターの無罪を潔白するため、奮闘する少年たちとカーターとの心の触れ合いと、この事件の顛末をシリアスに描いたヒューマンドラマです。キャッチコピーは「真実は、負けるはずがない。」です。
監督:ノーマン・ジュイソン 出演:デンゼル・ワシントン(ルービン・“ハリケーン”・カーター)、ヴィセラス・レオン・シャノン(レズラ・マーティン)、デボラ・カーラ・アンガー(リサ・ピータース)、リーヴ・シュレイバー(サム・チャイトン)、ジョン・ハナー(テリー・スウィントン)、デビ・モーガン(メイ・テルマ・カーター)、ほか

「バンコクナイツ」のネタバレあらすじ結末

バンコクナイツの紹介:2016年日本,フランス,タイ,ラオス映画。映像制作集団「空族」の富田克也が監督・共同脚本を手がけ、タイ・バンコクや近隣国などを舞台に歴史に翻弄され続けたタイ人娼婦と日本人の元恋人との邂逅、そして失われた人生を取り戻すための旅を描いたロードムービーです。ロカルノ国際映画祭で若手審査員・最優秀作品賞を受賞しています。
監督:富田克也 出演者:スベンジャ・ポンコン(ラック)、スナン・プーウィセット(ナット)、チュティパー・ポンピアン(リン)、タンヤラット・コンプー(カイ)、富田克也(オザワ)ほか

「女は二度決断する」のネタバレあらすじ結末

女は二度決断するの紹介:2017年ドイツ映画。ドイツを舞台に、ネオナチの爆弾テロによりトルコ移民の夫と息子を失った女性が復讐のために立ち上がる姿を、昨今の移民問題と絡めて描いた社会派ドラマです。第70回カンヌ国際映画祭では主人公を演じたダイアン・クルーガーが主演女優賞を獲得しています。
監督:ファティ・アキン 出演者:ダイアン・クルーガー(カティヤ)、デニス・モシット(ダニーロ)、ヨハネス・クリシュ(ハバーベック)、サミア・ムリエル・シャンクラン(ビルギット)、ヌーマン・アチャル(ヌーリ)、ウルリッヒ・トゥクール(ユルゲン)、ラファエル・サンタナ(ロッソ)ほか

「博士と彼女のセオリー」のネタバレあらすじ結末

博士と彼女のセオリーの紹介:2014年イギリス映画。余命二年を宣告された天才研究者スティーヴンとスティーヴンを愛したジェーンのつらくも深い愛情の感動の作品です。闘病生活を送るスティーヴンを理解し愛しながらもジョナサンを愛してしまい苦悩の中でのスティーヴンとの別れを実話を基に繊細に描かれています。
監督:ジェームズ・マーシュ 出演:エディ・レッドメイン(スティーヴン・ホーキング)、フェリシティ・ジョーンズ(ジェーン・ホーキング)、チャーリー・コックス(ジョナサン・ヘリヤー・ジョーンズ)、エミリー・ワトソン(ベリル・ワイルド)、サイモン・マクバーニー(フランク・ホーキング)、デヴィッド・シューリス(デニス・シアマ)、ほか

「極道めし」のネタバレあらすじ結末

極道めしの紹介:2011年日本映画。土山しげるの人気グルメ漫画を映画化した作品。舞台はとある刑務所。受刑者達がおせちを賭け今までに一番美味しかった食べ物について語り合います。様々な事情を抱えた受刑者達の思い出の味にまつわる悲喜こもごもを描いた心温まるヒューマンドラマです。
監督:前田哲 出演者:永岡佑(栗原健太)、勝村政信(南真太)、落合モトキ(相田俊介)、ぎたろー(島本譲)、木村文乃(水島しおり)、田畑智子(栗原あや)、木野花(相田千鶴)、田中要次(石原刑務官)、麿赤兒(八戸伍三郎)ほか

「海辺のリア」のネタバレあらすじ結末

海辺のリアの紹介:2016年日本映画。認知症になった往年の大俳優を中心に、その娘、娘婿、そして腹違いの娘たちが私利私欲に絡む人間模様と、過去を徐々に思い出す大俳優の様子を赤裸々に描いたヒューマンドラマです。出演者5人だけで、大きな世界を表現しています。
監督:小林政広 出演者:仲代達矢(桑畑兆吉)、黒木華(伸子)、原田美枝子(由紀子)、小林薫(運転手)、阿部寛(行男)ほか

1 2 3 4 5 6 7 94
TOP↑