ドラマ映画のあらすじ

「マイ・ニューヨーク・ダイアリー」のネタバレあらすじ結末

マイ・ニューヨーク・ダイアリーの紹介:2020年アイルランド, カナダ映画。90年代のニューヨーク。作家を夢見るジョアンナは老舗出版会社でJ.D.サリンジャー担当の女上司マーガレットのアシスタントとして働き始める。仕事は世界中から毎日届くサリンジャーへの熱烈なファンレターの処理。送られてくるのは、小説の主人公に自分を重ねる10代の若者、戦争体験を打ち明ける退役軍人、作家志望の娘を亡くした母親などから。ジョアンナは彼らの思いのこもった心揺さぶられる手紙に定型文を送り返すことに嫌気がさし、個人的に手紙を返してしまう。そんな中、ジョアンナが受けた電話の相手はあのサリンジャーだった。電話だけのやりとりを繰り返すうちにやがてジョアンナは自分自身を見つめなおすことになる。原作はジョアンナ・ラコフの自叙伝『サリンジャーと過ごした日々』。サリンジャー担当のベテランエージェントと新人アシスタントの知られざる実話の物語。
監督:フィリップ・ファラルドー 出演:マーガレット・クアリー(ジョアンナ)、シガニー・ウィーバー(マーガレット)、ダグラス・ブース(ドン)、サーナ・カーズレイク(ジェニー)、ブライアン・F・オバーン(ヒュー)、コルム・フィオール(ダニエル)、セオドア・ペレリン(ウィンストン・セーラム在住の青年)、ヤニック・トゥルースデール(マックス)、ハムザ・ハック(カール)、レニ・パーカー(パム)、エレン・デヴィッド(就活エージェント)、ロマーヌ・ドゥニ(A評価が欲しい少女)、ティム・ポスト(J.D.サリンジャー)、ギャヴィン・ドレア(マーク)、マット・ホランド(クリフォード・ブラッドベリ)ほか

「メイド・イン・バングラデシュ」のネタバレあらすじ結末

メイド・イン・バングラデシュの紹介:2019年フランス, バングラデシュ, デンマーク, ポルトガル映画。バングラデシュの労働運動に若い頃から携わってきたダリヤ・アクター・ドリの実体験を元に製作された作品。裁縫工場で働く主人公の女性が、不当な事に対する訴えを通すため労働組合を設立し、困難に立ち向かいながら奮闘していく姿を描いたドラマです。
監督:ルバイヤット・ホセイン 出演:リキタ・ナンディニ・シム(シム)、ノヴェラ・ラフマン(ダリヤ)、ディーパンウィッタ・マルティン(レジーナ)、マヤビ・マヤ(タニヤ)、モスタファ・モンワル (ショヘル)、ほか

「劇場版ラジエーションハウス」のネタバレあらすじ結末

劇場版ラジエーションハウスの紹介:2022年日本映画。2015年に連載を開始した原作、テレビドラマにもなった同名タイトルの劇場版が本作になります。放射線技師として天才的な才能を持つ五十嵐たちが、裏方ながら懸命に困難に立ち向かう姿を描いた医療ドラマです。
監督:鈴木雅之 出演:窪田正孝(五十嵐唯織)、本田翼(甘春杏)、広瀬アリス(広瀬裕乃)、浜野謙太(軒下吾郎)、丸山智己(威能圭)、矢野聖人(悠木倫)、鈴木伸之(辻村駿太郎)、佐戸井けん太(甘春正一)、浅見姫香(南里美)、山口紗弥加(黒羽たまき)、遠藤憲一(小野寺俊夫)、山崎育三郎(高橋圭介)、若月佑美(高橋夏希)、渋谷謙人(塚田和也)、原日出子(甘春弘美)、高橋克実(及川貴史)、キムラ緑子(野山房子)、八嶋智人(田中福男)、高嶋政宏(灰島将人)、浅野和之(鏑木安富)、和久井映見(大森渚)、ほか

「チェリまほ THE MOVIE」のネタバレあらすじ結末

チェリまほ THE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい~の紹介:2022年日本映画。2020年にテレビ東京系「木ドラ25」枠で放送され、12月度ギャラクシー賞月間賞を受賞したドラマの続編が待望の映画化。30歳まで童貞で、触れた人の心が読める魔法を手に入れてしまった冴えない主人公・安達に、映画やドラマに引っ張りだこの赤楚衛二。その同期で営業成績No.1の黒沢に、2021年の大河ドラマ「青天を衝け」の土方歳三役で鮮烈な印象を残した劇団EXILEの町田啓太。晴れて恋人同士となったふたりに安達の転勤という試練が訪れ…。ピュアな安達と一途な黒沢に再会できる話題のBL作品。
監督: 風間太樹 原作: 豊田悠 出演:赤楚衛二(安達清)、町田啓太(黒沢優一)、浅香航大(柘植将人)、ゆうたろう(綿矢湊)、草川拓弥(超特急 / 六角祐太)、佐藤玲(藤崎希)、鈴之助(浦部健吾)、松尾諭(楠本)、遠山俊也(清の父)、榊原郁恵(清の母)、鶴見辰吾(優一の父)、松下由樹(優一の母)ほか

「ベルファスト」のネタバレあらすじ結末

ベルファストの紹介:2021年イギリス映画。1969年に北アイルランド・ベルファストで起こった動乱を背景に、ベルファスト出身の俳優・監督・舞台演出家ケネス・ブラナーが自身の幼少期の体験を投影して描き上げた半自伝的作品です。平穏に暮らしていた主人公の少年の一家は動乱を機に新天地に移住することを決断しましたが、そのことをきっかけに家族の絆にヒビが入り・・・。本作は第46回トロント国際映画祭で最高賞の観客賞を受賞、第94回アカデミー賞でも7部門にノミネートされて脚本賞(ケネス・ブラナー)を受賞しています。
監督:ケネス・ブラナー 出演者:ジュード・ヒル(バディ)、カトリーナ・バルフ(マー(バディの母))、ジェイミー・ドーナン(パー(バディの父))、ジュディ・デンチ(グラニー(バディの祖母))、キアラン・ハインズ(ポップ(バディの祖父))、コリン・モーガン(ビリー・クラントン)、ララ・マクドネル(モイラ)、ジェラード・ホラン(マッキー)、コナー・マクニール(マクローリー)、ターロック・コンヴェリー(首相)、ジェラード・マッカーシー(ボビー・フランク)、ルイス・マカスキー(ウィル)、オリーヴ・テナント(キャサリン)、ヴィクター・アリー(兵士)、ジョシー・ウォーカー(ヴァイオレットおばさん)ほか

「ある船頭の話」のネタバレあらすじ結末

ある船頭の話の紹介:2019年日本映画。俳優オダギリジョーが長年温めていた脚本を映像化し、見事長編監督デビューとなりました。豪華なキャストに数々の作品を手掛けた撮影監督クリストファー・ドイルが加わり、作品に華を添えています。船頭であるトイチの平凡な生活に、一人の少女が流れ着き、彼の人生に変化が加わります。
監督:オダギリジョー 出演:柄本明(トイチ)、川島鈴遥(少女)、村上虹郎(源三)、伊原剛志(建築関係の男)、浅野忠信(馴染みの客)、村上淳(商人)、蒼井優(芸妓)、笹野高史(牛の客)、草笛光子(狐の話をする女性)、細野晴臣(仁平の父 / マタギの親方)、永瀬正敏(仁平 / マタギ)、橋爪功(町医者)、ほか

「いつくしみふかき」のネタバレあらすじ結末

いつくしみふかきの紹介:2019年日本映画。名バイプレイヤー渡辺いっけいの意外にも初主演となる作品。人のことを何とも思っていない悪魔のような男と、そんな男を父に持つが未だ出会った事のない息子が、偶然にも出会い交流を深め、やがて真実を知ることになる、そんな運命のイタズラを描いています。実話をもとにしたドラマ。
監督:大山晃一郎 出演:渡辺いっけい(広志)、遠山雄(進一)、金田明夫(源一郎)、榎本桜(浩二)、平栗あつみ(加代子)、ほか

「とんび」のネタバレあらすじ結末

とんびの紹介:2021年日本映画。直木賞作家・重松清の小説で、2012年と2013年にテレビドラマ化された作品を監督・瀬々敬久、主演・阿部寛のタッグで映画化したヒューマンドラマです。高度経済成長期の広島を舞台に、妻に先立たれた不器用な男が息子を男手ひとつで育て上げる姿を描いていきます。
監督:瀬々敬久 出演者:阿部寛(市川安男(ヤス))、北村匠海(市川旭(アキラ))、杏(由美)、安田顕(照雲)、大島優子(幸恵)、濱田岳(広沢)、 宇梶剛士(尾藤社長)、尾美としのり(萩本課長)、吉岡睦雄(葛原)、宇野祥平(トクさん)、木竜麻生(泰子)、井之脇海(健介)、田辺桃子(美月)、田中哲司(島野昭之)、豊原功補(編集長)、嶋田久作(出版社守衛)、村上淳(村田)、麿赤兒(海雲)、麻生久美子(市川美佐子)、薬師丸ひろ子(たえ子)ほか

「風雲のチャイナ」のネタバレあらすじ結末

風雲のチャイナの紹介:1933年アメリカ映画。異国の地で翻弄される女性の運命を描くドラマ作品。敬虔なキリスト教徒であるアメリカ人女性ミーガンは、宣教師の婚約者ボブと結婚するため戦禍の中国へやって来た。ミーガンは争いに巻き込まれる一般人の姿に心を痛め、人助けに奔走する。しかしその混乱の中、ボブとはぐれたミーガンは負傷して気を失ってしまった。中国の軍人イェン将軍に保護されたものの、ミーガンを手に入れたいと目論む彼に監禁されてしまう。非情なイェン将軍を拒絶するミーガンだったが、次第に理想ばかりの己の未熟さに気付かされていくのだった。別題は「袁将軍の苦いお茶」「風雲の支那」。
監督:フランク・キャプラ 出演者:バーバラ・スタンウィック(ミーガン)、ニルス・アスター(イェン将軍)、ウォルター・コノリー(ジョーンズ)、ギャヴィン・ゴードン(ボブ)、ルシアン・リトルフィールド(ジャクソン氏)ほか

「クリスチナ女王」のネタバレあらすじ結末

クリスチナ女王の紹介:1933年アメリカ映画。17世紀のスウェーデン。戦死した父に代わりわずか6歳の女の子が王位に就く。賢明な君主に成長した彼女は、しかし、重大な人生の選択を迫られる。グレタ・ガルボがかつて恋仲であったと言われるジョン・ギルバートと共演。ギルバートは名作『ビッグ・パレード』に主演しガルボとも何度も共演したサイレント時代の大スターだったが、映画のトーキー化以後人気を落としていた。監督のルーベン・マムーリアンはトーキー到来と共にハリウッドに招かれて映画監督として成功した舞台演出家の一人。
監督:ルーベン・マムーリアン 出演者:グレタ・ガルボ(クリスチナ)、ジョン・ギルバート(アントニオ)、イアン・キース(マグヌス)、ルイス・ストーン(オクセンシュルナ)、エリザベス・ヤング(エバ)、C・オーブリー・スミス(オーゲ)そのほか

「愛欲の十字路」のネタバレあらすじ結末

愛欲の十字路の紹介:1951年アメリカ映画。古代イスラエルの王ダビデはある夜、水浴びする美女を見て、遠征中の部下の妻と知りながら彼女を王宮に招く。恋に落ちた二人は道に背く関係を結ぶが、その罪は神の怒りに触れざるを得なかった。パラマウント映画の『サムソンとデリラ』の大ヒットに対抗して20世紀フォックスが放ったテクニカラー史劇。ヘンリー・キング監督は『頭上の敵機』、『拳銃王』に続いて主演グレゴリー・ペックとの仕事となった。
監督:ヘンリー・キング 出演者:グレゴリー・ペック(ダビデ王), スーザン・ヘイワード(バテシバ), レイモンド・マッセイ(預言者ナタン), キーロン・ムーア(ウリヤ)、ジェーン・メドウス(ミカル)そのほか

「三人の女」のネタバレあらすじ結末

三人の女の紹介:1977年アメリカ映画。アルトマン監督の見た夢が元になった前衛的なドラマ。砂漠の中の街に暮らす3人の女――高齢者リハビリセンターに勤めるミリー、彼女の新しい同僚でルームメイトになるピンキー、彼らの住むアパートを夫と共同で所有し不思議な絵を描くウィリー――がミステリアスな関係を織りなす。アルトマン監督の『BIRD★SHT バード・シット』に出演を求められたことをきっかけとして俳優になったシェリー・デュヴァルはこの作品の演技で第30回カンヌ映画祭女優賞、第3回ロサンゼルス映画批評家協会賞主演女優賞を獲得した。ピンキーの父親を演じているのは、撮影所黄金時代のハリウッドを支えた映画監督の一人であるジョン・クロムウェル。俳優ジェームズ・クロムウェル(『ベイブ』、『L.A.コンフィデンシャル』等)のお父さんです。
監督:ロバート・アルトマン 出演者:シェリー・デュヴァル(ミリー)、シシー・スペイセク(ピンキー)、ジャニス・ルール(ウィリー)、ロバート・フォーティア(エドガー)そのほか

「タンデム」のネタバレあらすじ結末

タンデムの紹介:1987年フランス映画。落ち目のラジオ司会者と、彼を支える相棒の苦悩と友情を描くドラマ作品。25年もの間、ラジオの人気クイズ番組で司会を務めてきたミシェル。しかし時代の流れと共に人気は落ち、ついに打ち切りが決定してしまう。ミシェルの身の回りの世話全てをこなす音響技師のリヴトは、番組終了をミシェルに伝えることが出来なかった。1台の車で毎日町から町へドサ回りを続けるミシェルとリヴト。体調不良と過去の栄光に縛り付けられたミシェルは、やがて真実を知ってしまう。監督を務めるのは、「仕立て屋の恋(1989年)」や「髪結いの亭主(1990年)」等で知られるパトリス・ルコント。
監督:パトリス・ルコント 出演者:ジャン・ロシュフォール(ミシェル・モルテス)、ジェラール・ジュニョー(リヴト)、ジャン=クロード・ドレフュス(市議会員)、シルヴィー・グラノティエ(本屋の女性)、ジュリー・ジェゼケル(駅前ホテルのメイド)ほか

「梅切らぬバカ」のネタバレあらすじ結末

梅切らぬバカの紹介:2021年日本映画。自閉症の息子と暮らしている主人公の珠子が、たくましく生きていく姿を描いた作品。珠子役の加賀まりこと、チューさん役で芸人の塚地武雅が、互いに依存し合うことなく信頼し合う親子を好演しています。障害を持つ親ならではの苦労や、関係なく愛する姿が感動的です。
監督:和島香太郎 出演:加賀まりこ(山田珠子)、塚地武雅(山田忠男/チューさん)、渡辺いっけい(里村茂)、森口瑤子(里村英子)、斎藤汰鷹(里村草太)、林家正蔵[9代目](大津進)、高島礼子(今井奈津子)、ほか

「アンネの日記」のネタバレあらすじ結末

アンネの日記の紹介:1959年アメリカ映画。日本でも翻訳出版されベストセラーとなった、アンネの日記の原作の映画化。ユダヤ人迫害の時代に生きるために、息を潜め隠れて過ごしたオットー一家の娘アンネが残した日記が綴った、アンネたちの過酷な運命が描かれています。
監督:ジョージ・スティーヴンス 出演:ミリー・パーキンス(アンネ・フランク)、シェリー・ウィンタース(ファン・ダーン夫)、ダイアン・ベイカー(マーゴット・フランク)、リチャード・ベイマー(ピーター・ファン・ダーン)、ジョセフ・シルドクラウト(オットー・フランク)、エド・ウィン(デュッセル)、ドディ・ヒース(ミープ)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 188

キーワードから探す

TOP↑