ドラマ映画のあらすじ

「ヘクトパスカル~疼く女~」のネタバレあらすじ結末

ヘクトパスカル~疼く女~の紹介:2009年日本映画。台風が来ると人が死に、金儲けをし男に体を与える、港町の葬儀社の女・澪。澪はハゲタカ、死神などと呼ばれる知る人は近寄らない女。そんな澪に魅かれた大吉は、澪の葬儀社でアルバイトを始めることになります・・・という内容のエロチックドラマです。主演は元人気AV女優の穂花は演じています。
監督:亀井亨 出演者:穂花(澪)、内田亮介(大吉)、幸将司(漁師の友人)、しじみ(キヨミ)、里見瑤子、大和、大久保英一、谷川みゆき、ほか

「仕掛人・藤枝梅安2」のネタバレあらすじ結末

仕掛人・藤枝梅安2の紹介:2022年日本映画。京では、井坂惣市が浪人集団をひきつれて町家で暴れまわっていた。そのころ藤枝梅安は幼い自分を拾って、鍼医者にしてくれた恩人、津山悦堂の墓参りのために相棒の彦次郎とともに京に向かっていた。その道中、彦次郎の妻と子を死に追いやった憎い仇と遭遇、梅安は身元を探った。男は松平甲斐守の家臣峯山又十郎と名乗り、梅安はこの男は仇ではないことを確信する。しかし峯山は、殺しの依頼を仲介する元締“蔓(つる)”でもある白子屋菊右衛門にある男の殺しの依頼をしていた。菊右衛門と久しぶりに再会した梅安はいきなり井坂の仕掛けを頼まれる。しかし、この梅安の動きをじっと見張る浪人がいた。その男は井上半十郎。それは憎悪の鎖でつながれていた相手だった。新春の祭りで華やぐ京の町で、彦次郎と仇、梅安と井上、因縁の決着をつけるべき時が来た。『鬼平犯科帳』『剣客商売』とともに時代小説の大家・池波正太郎の三大シリーズとして、長く愛されている『仕掛人・藤枝梅安』シリーズの新作。
監督:河毛俊作 出演:豊川悦司(藤枝梅安)、片岡愛之助(彦次郎)、菅野美穂(おもん)、椎名桔平(峯山又十郎/井坂惣市)、佐藤浩市(井上半十郎)、小野了(与助)、高畑淳子(おせき)、小林薫(津山悦堂)、一ノ瀬颯(佐々木八蔵)、吉田智則(木村平次)、久保勝史(岡部耕介)、大塚航二朗(上島辰之助)、浜田学(石山文吾)、小林綾子(お芳)、金井勇太(村木勝蔵)、高橋真悠(おひろ)、上田こずえ(伊丹屋の女中)、天海祐希(おみの)、田中乃愛(お吉)、田中奏生(梅吉)、浅田祐二(卯四郎)、石橋蓮司(白子屋菊右衛門)、高橋ひとみ(お崎)、高橋來(少年)、田村泰二郎(茶屋の主人)、篠原ゆき子(おるい)、奈良岡にこ(女中)、でんでん(下駄屋の金蔵)、鷲尾真知子(おだい)、松本幸四郎(長谷川平蔵)ほか

「無頼」のネタバレあらすじ結末

無頼の紹介:2020年日本映画。元EXILEのパフォーマー、マツこと松本利夫が暴力社会で生きるヤクザの正治役を演じています。監督は「岸和田少年愚連隊」や「パッチギ」などで有名な井筒和幸です。監督らしい無骨な男の生涯を描いています。
監督:井筒和幸 出演:松本利夫(井藤正治)、柳ゆり菜(佳奈)、中村達也(井藤孝)、ラサール石井(橘)、小木茂光(川野)、升毅(谷山)、木下ほうか(中野俊秋)、ほか

「イニシェリン島の精霊」のネタバレあらすじ結末

イニシェリン島の精霊の紹介:2022年イギリス, アメリカ, アイルランド映画。20世紀前半、本土の戦乱に巻き込まれず平穏だったアイルランド諸島の架空の孤島を舞台にしたブラックコメディ映画です。平穏な暮らしを送っていた主人公はある日突然長年の親友から絶交を言い渡され・・・。本作は第80回ゴールデングローブ賞で7部門にノミネートされ、うち作品賞 (ミュージカル・コメディ部門)、主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門、コリン・ファレル)、脚本賞の3部門を受賞しています。
監督:マーティン・マクドナー 出演者:コリン・ファレル(パードリック・スーランウォーン)、ブレンダン・グリーソン(コルム・ドハティ)、ケリー・コンドン(シボーン・スーランウォーン)、バリー・コーガン(ドミニク・キアニー)、ゲイリー・ライドン(ピーダー・キアニー)、パット・ショート(ジョンジョ・ディバイン)、シーラ・フリットン(マコーミック夫人)、ブリッド・ニー・ニーチテン(オリオーダン夫人)、ジョン・ケニー(ジェリー)、アーロン・モナハン(デクラン)、デビッド・ピアース(司祭)、ラセアフィオナ・ニー・チョナオラ(歌手)、ジョン・カーティ(ミュージシャン)ほか

「レッド・ロケット」のネタバレあらすじ結末

レッド・ロケットの紹介:2021年アメリカ映画。カルフォルニアのポルノ俳優マイキーは仕事がなくなり17年ぶりに故郷テキサス州の田舎町に帰ります。妻のレクシーはマイキーの帰宅に驚きます。マイキーは彼女を説得して家に住み込みます。しかし、いい加減な彼は17歳のストロベリーという少女に恋をし、彼女をポルノ女優にして利用しようとします。彼は幸せをつかめるのでしょうか?『レッド・ロケット』は、勝手でいい加減な男の人生を描いた映画です。
監督:ショーン・ベイカー 出演:シモン・レックス(マイキー)、ブリー・エルロッド(レクシー)、スザンナ・ソン(ストロベリー)、ブレンダ・ダイス(リル)、ジュディ・ヒル(レオンドリア)、ブリトニー・ロドリゲス(ジューン)、イーサン・ダーボン(ロニー)、ほか

「初恋 ~お父さん、チビがいなくなりました」のネタバレあらすじ結末

初恋 ~お父さん、チビがいなくなりましたの紹介:2018年日本映画。西炯子の漫画『お父さん、チビがいなくなりました』を映画化したヒューマンドラマです。寡黙で会話らしい会話もない夫に愛想が尽き始めていた妻。一組の老夫婦が離婚の危機を迎えようとしていた矢先、妻が可愛がっていた飼い猫が突然いなくなり・・・。一家の一大事に初めて互いの気持ちに向き合う夫婦の姿を笑いあり涙ありで描きます。
監督:小林聖太郎 出演者:倍賞千恵子(武井有喜子)、藤竜也(武井勝)、市川実日子(武井菜穂子)、佐藤流司(ヨンギ/笹原(二役))、小林且弥(山崎)、優希美青(若き日の有喜子)、濱田和馬(若き日の勝)、吉川友(若き日の志津子)、一本木伸吾(魚屋)、小林トシ江(八百屋)、水木薫(有喜子の伯母)、生田拓馬(菜穂子の部下)、中崎敏(菜穂子の部下)、日向丈(警察官)、中田晴大(警察官)、渡辺苑衣(ソニ)、玉井らん(ミヨン)、染井明希子(気象予報士)、本間晴稀(幼少期の雅紀)、りんご(チビ)、小市慢太郎(雅紀)、西田尚美(祥子)、星由里子(志津子)ほか

「迷えるオトナたち」のネタバレあらすじ結末

迷えるオトナたちの紹介:2014年スペイン映画。郊外に引っ越し第二子を望むも、うまくいかないルイサとアルベルト。ネット恋愛依存のサラ。若い恋人と恋愛を謳歌するフアン。スペインの家族事情と恋愛事情の垣間見える群像劇。
監督:アルファロ・フェルナンデ・アルメロ 出演者:ラウール・アレバロ、インマ・クエスタ、アルベルト・サン・フアン、カンデラ・ペーニャ、キティ・マンベール、イレーネ・エスコラル、ペポ・オリバ、ほか

「愛すれど心さびしく」のネタバレあらすじ結末

愛すれど心さびしくの紹介:1968年アメリカ映画。ろうあ者のシンガーがケリー家に間借りを始める。音の聞こえないシンガーと、その家の高校生の長女で音楽に飢えるミック。孤独感を抱える二人は絆を深めていく。原作はカーソン・マッカラーズの小説『心は孤独な狩人』。撮影監督はサイレント時代から活躍し撮影技術の進歩に貢献してきたジェームズ・ウォン・ハウ。デイヴ・グルーシンによる映画音楽の初期の仕事の一つでもある。第41回アカデミー賞でアラン・アーキンが主演男優賞に、初めての映画出演のソンドラ・ロックが助演女優賞にノミネートされた。
監督:ロバート・エリス・ミラー 出演者:アラン・アーキン(ジョン・シンガー)、ソンドラ・ロック(ミック)、チャック・マッカン(スピロス・アントナパウロス)、パーシー・ロドリゲス(コープランド医師)、ステイシー・キーチ(ジェイク・ブラウント)、ローリンダ・バレット(ケリー夫人)、ビフ・マクガイア(ケリー氏)ほか

「SHE SAID/シー・セッド その名を暴け」のネタバレあらすじ結末

SHE SAID/シー・セッド その名を暴けの紹介:2022年アメリカ映画。今もなお記憶に新しいハーヴェイ・ワインスタインの告発事件に数々の圧力などにも負けずに、被害者たちから証拠を集め続けた二人の女性記者の回顧録をもとに映像化した作品。俳優のブラッド・ピットが製作総指揮を務めています。
監督:マリア・シュラーダー 出演:キャリー・マリガン(ミーガン)、ゾーイ・カザン(ジョディ)、パトリシア・クラークソン(レベッカ)、アシュレイ・ジャッド(本人役)、ジェニファー・イーリー(ローラ)、サマンサ・モートン(ゼルダ)、アンジェラ・ヨー(ロウィーナ)、ほか

「お雛様のヘアカット」のネタバレあらすじ結末

お雛様のヘアカットの紹介:2022年日本映画。世界各国の映画祭で100冠という快挙を達成した作品。主演を務めるのは若手イケメン俳優の田中理来。日向には幼馴染の菜月がいます。菜月は生まれつき病弱です。そんな菜月のために流し雛を買う日向。ある日菜月が突然いなくなり…。
監督:溝口稔 出演:田中理来(真田日向)、村山優香(坂井菜月)、江口勢梧、みこと、森下玲可、柳延人、朝陽唯、岩村華、日向野祥、笠原紳司、大河内奈々子、ほか

「コンパートメントNo.6」のネタバレあらすじ結末

コンパートメントNo.6の紹介:2021年フィンランド, ロシア, エストニア, ドイツ映画。「オリ・マキの人生で最も幸せな日」で長編デビューを飾ったユホ・クオスマネン監督の長編2作目の作品。1990年代のロシアで寝台列車で偶然相部屋になった国籍の違う男女の交流を描いています。本作は第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門でグランプリを受賞しました。
監督:ユホ・クオスマネン 出演:セイディ・ハーラ(ラウラ)、ディナーラ・ドルカーロワ(イリーナ)、ユーリー・ボリソフ(リョーハ)、ユリア・アウグ、ほか

「オットーという男」のネタバレあらすじ結末

オットーという男の紹介:2022年アメリカ映画。偏屈で他人を受け入れようとしないオットー。最愛の妻を亡くして絶望してしまった彼は、自殺をしようとします。しかし、隣に引越してきたマリソル一家や、近所の人たちとの交流によって、少しずつ考えを改め直していく様を描いています。
監督:マーク・フォースター 出演:トム・ハンクス(オットー)、マリアナ・トレビーニョ(マリソル)、マヌエル・ガルシア=ルルフォ(トミー)、レイチェル・ケラー(ソーニャ)、トルーマン・ハンクス(若き日のオットー)、ほか

「いつかの君にもわかること」のネタバレあらすじ結末

いつかの君にもわかることの紹介:2020年イタリア, ルーマニア, イギリス映画。窓拭き清掃員として働き、男手ひとつで4歳の息子を育ててきたシングルファーザーのジョン。33歳という若さにして不治の病にかかり余命わずかの宣告を受ける。息子のために養子縁組の手続きを行い新しい親を探し始めるものの、何組もの家族候補と面会するうちに、理想の家族について考え路頭に迷ってしまう。息子にとって最良の未来とは?
監督:ウンベルト・パリゾーニ 出演:ジェームズ・ノートン(ジョン)、ダニエル・ラモント(マイケル)、アイリーン・オヒギンス(ショーナ)、ヴァレリー・オコナー(ローズマリー)ほか

「ヒトラーのための虐殺会議」のネタバレあらすじ結末

ヒトラーのための虐殺会議の紹介:2022年ドイツ映画。第二次世界大戦時、ナチス・ドイツによるユダヤ人絶滅政策(ホロコースト)の大きな起点のひとつとなった、1942年1月にベルリン郊外のヴァンゼー湖畔にて行われた「ヴァンゼー会議」。ユダヤ人の命運を決したこの90分間を題材とした歴史ドラマです。
監督:マッティ・ゲショネック 出演:フィリップ・ホフマイヤー(ラインハルト・ハイドリヒ)、ヨハネス・アルマイヤー(アドルフ・アイヒマン)、ヤコブ・ディール(ハインリヒ・ミュラー)、ファビアン・ブッシュ(ゲルハルト・クロップファー)、トーマス・ロイブル(フリードリヒ・ヴィルヘルム・クリツィンガー)、マルクス・シュラインツアー(オットー・ホフマン)、ラファエル・シュタホヴィアック(ゲオルク・ライプブラント)、ペーター・ヨルダン(アルフレート・マイヤー)、ゴデハルト・ギーゼ(ヴィルヘルム・シュトゥッカート)、ジーモン・シュヴァルツ(マルティン・フランツ・ユリウス・ルター)、マティアス・ブンシュー(エーリヒ・ノイマン)、フレデリック・リンケマン(ルドルフ・ランゲ)、サッシャ・ネイサン(ヨーゼフ・ビューラー)、マクシミリアン・ブリュックナー(カール・エバーハルト・シェーンガルト)、アルント・クラヴィッター(ローラント・フライスラー)ほか

「今はちょっと、ついてないだけ」のネタバレあらすじ結末

今はちょっと、ついてないだけの紹介:2022年日本映画。「四十九日のレシピ」「ミッドナイト・バス」などを手がけた小説家・伊吹有喜の同名小説を映画化したヒューマンドラマです。本作が13年ぶりの主演作となる玉山鉄二を主演に迎え、かつては売れっ子だったものの借金に追われるうちに40代になったカメラマンが移り住んだシェアハウスで不器用な住人たちと交流する姿を描きます。
監督:柴山健次 出演:玉山鉄二(立花浩樹)、音尾琢真(宮川良和)、深川麻衣(瀬戸寛子)、団長安田(安田大サーカス)(会田健)、高橋和也(巻島雅人)、かとうかず子(立花浩樹の母)、山村美智(宮川良和の母)、奥山佳恵(宮川真理恵)、川津明日香(宮川菜々子)、原沢侑高(タチバナコウキ(若き日の立花浩樹))、Erna(MOS)、大友花恋、コッセこういち、川田希、横田美紀、溝口琢矢、松木エレナ、忽那美穂、鈴木樹ほか

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 199

キーワードから探す

TOP↑