ラブストーリー映画のあらすじ

「ブルー・ジェイ」のネタバレあらすじ結末

ブルー・ジェイの紹介:2016年アメリカ映画。ブルージェイの紹介:高校生の時に付き合っていたジムとアマンダは、偶然地元のスーパーで再会します。そのまま2人はカフェへ行ったり、2人の思い出の場所を巡ったりして、当時に戻ったかのように楽しみますが・・・。『アメリカン・ホラーストーリー』で常連のサラ・ポールソンがアマンダを演じます。
監督:アレックス・レーマン 出演:マーク・デュプラス(ジム・ヘンダーソン)、サラ・ポールソン(アマンダ・ストーン)、クルー・ギャラガー(ウェイニー)ほか

「クレールの膝」のネタバレあらすじ結末

クレールの膝の紹介:1970年フランス映画。エリック・ロメール監督の「六つの教訓物語」の第5話目にあたるドラマ作品。恋多き大人の男性と、10代の姉妹による危険な恋の騒動を描く。外交官ジェロームは、結婚を間近に控え湖畔の別荘に足を運んだ。そこで友人のオーロラ、幼馴染のヴォルテール夫人と再会する。ヴォルテール夫人の娘クレールの膝に一目惚れしてしまったジェロームは、何とかしてその膝を愛撫しようと悪だくみをする。
監督:エリック・ロメール 出演者:ジャン=クロード・ブリアリ(ジェローム)、オーロラ・コルシュ(オーロラ)、ベアトリス・ロマン(ローラ)、ローラン・ド・モナガン(クレール)、ミシェール・モンテル(ヴォルテール夫人)ほか

「マティアス&マキシム」のネタバレあらすじ結末

マティアス&マキシムの紹介:2019年カナダ,フランス映画。友情なのか、恋なのか…。湧きおこる感情に戸惑う幼なじみの青年マティアスとマキシム。そのマキシムを演じ、この映画の監督、脚本からプロデューサーまでこなすのは、カナダの俳優であり映画監督のグザヴィエ・ドラン。ヴェネツィアやカンヌ国際映画祭での受賞歴もある若きカリスマが、地元ケベックを舞台に撮った純粋なラブストーリーだ。マティアスに少なからず影響を与える弁護士役で、ハリス・ディキンソン(『マレフィセント2』フィリップ王子役)が出演している。
監督・脚本・編集・衣装・プロデューサー:グザヴィエ・ドラン キャスト:ガブリエル・ダルメイダ・フレイタス(マティアス)、グザヴィエ・ドラン(マキシム)、ピア・リュック・ファンク(リヴェット)、サミュエル・ゴティエ(フランク)、アントワン・ピロン(ブラス)、アディブ・アルクハリデイ(シャリフ)、ハリス・ディキンソン(ケヴィン)、アンヌ・ドルヴァル(マノン)、ミシュリーヌ・バーナード(フランシーヌ)、キャサリン・ブルネット(リサ)、マリリン・カストンゲイ(サラ)ほか

「慕情(1955年)」のネタバレあらすじ結末

慕情の紹介:1955年アメリカ映画。第二次国共内戦の余波を受けているイギリス領香港で出会った混血の医師とアメリカ人記者。ベルギー人と中国人の血を引くハン・スーインの自伝的小説を原作とする、サミー・フェイン作曲による主題歌、シネマスコープにより撮影された香港の天然色の風景と共に忘れがたいメロドラマ。第28回アカデミー賞3部門受賞(劇映画・喜劇映画作曲賞、歌曲賞、カラー衣装デザイン賞)。
監督:ヘンリー・キング 出演者:ジェニファー・ジョーンズ(ハン・スーイン)、ウィリアム・ホールデン(マーク・エリオット)、トリン・サッチャー(ハンフリー・パーマー=ジョーンズ)、イソベル・エルソム(アデリーン・パーマー=ジョーンズ)、マーレイ・マシソン(ジョン・キース)、ソー・ヨン(ノラ・ハン)、フィリップ・アーン (重慶のおじ)、ほか

「結婚まで1%」のネタバレあらすじ結末

結婚まで1%の紹介:2017年アメリカ映画。結婚を目前にしたカップルが、ある時お互いの相手しか経験がないことに疑問を持ち、別の相手と試したことで予想外の結末を迎えるまでを描くラブコメディ映画。
監督:ブライアン・クラーノ 出演:レベッカ・ホール、ダン・スティーヴンス、ジェイソン・サダイキス、ジーナ・ガーション、フランソワ・アルノー、ほか

「窮鼠はチーズの夢を見る」のネタバレあらすじ結末

窮鼠はチーズの夢を見る(きゅうそはチーズのゆめをみる)の紹介:2019年日本映画。流されやすく浮気性な広告代理店のサラリーマン大伴恭一を演じるのは、関ジャニ∞の大倉忠義。その大伴をずっと想い続けてきた後輩の今ヶ瀬渉を成田凌が繊細に演じ、その視線や佇まいで人を愛することの苦しさを見事に表現している。「失恋ショコラティエ」などで知られる水城せとな原作のBLマンガ<窮鼠>シリーズの2作(「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」)を映画化。監督は「リバーズ・エッジ」や「ナラタージュ」などで知られる行定勲で、2020年は「劇場」に続き2本めの公開作となる。
監督:行定勲 出演:大倉忠義(大伴恭一)、成田凌(今ヶ瀬渉)、吉田志織(岡村たまき)、さとうほなみ(夏生)、咲妃みゆ(大伴知佳子)、小原徳子(井出瑠璃子)、ほか

「タンゴ(1992年)」のネタバレあらすじ結末

タンゴの紹介:1992年フランス映画。愛に傷つき、愛を求める男達の珍道中を描いたロマンス作品。度重なる浮気で妻マリーに愛想を尽かされてしまったポールは、寂しさのあまり彼女の死を願う。裁判官の叔父エレガンはその願いを叶えてやるべく、マリー殺害を企てた。かつて妻とその浮気相手を殺害し、エレガンに見逃されていたヴァンサンを巻き込んで、マリーを追う旅に出る。果たして旅の果てには何が待っているのか。監督は「仕立て屋の恋(1989年)」や「髪結いの亭主(1990年)」等で知られるパトリス・ルコント。
監督:パトリス・ルコント 出演者:リシャール・ボーランジェ(ヴァンサン)、ミュウ=ミュウ(マリー)、ティエリー・レルミット(ポール)、フィリップ・ノワレ(エレガン)、キャロル・ブーケ(女性客)ほか

「傷だらけのふたり」のネタバレあらすじ結末

傷だらけのふたりの紹介:2013年韓国映画。闇金で働くテイルは、こん睡状態の男から金の回収をしようとした時、必死で抵抗する娘のホンジョンに会い一目惚れします。借金をチャラにする代わりに毎日1時間付き合う約束をし、二人のデートが始まります。やがてホンジョンはテイルに魅かれるようになり…という内容の、韓国発の切ないラブストーリーです。
監督:ハン・ドンウク 出演者:ファン・ジョンミン(ハン・テイル)、ハン・ヘジン(チュ・ホンジョン)、クァク・ウォン(ヨンイル)、チョン・マンシク(ドゥチョル)、キム・ヘウン(ミヨン)、ナム・イル(テイルの父)、カン・ミナ(ソンジ)ほか

「すれ違いのダイアリーズ」のネタバレあらすじ結末

すれ違いのダイアリーズの紹介:2014年タイ映画。タイで大ヒットしたラブストーリー。新しく赴任してきた新任男性教師が、日々慣れるため悪戦苦闘している際に見つけた日記、それは前任の女性教師の日記でした。同じ境遇に共感していくうちに、一度も会ったことのない前任の女性教師にほのかな恋心が持つようになる。タイのコムローイ祭りなど美しい風景を交えながら描く。
監督:ニティワット・タラトーン 出演:スクリット・ウィセートケーオ(ソーン)、チャーマーン・ブンヤサック(エーン)、ほか

「今、愛する人と暮らしていますか?」のネタバレあらすじ結末

今、愛する人と暮らしていますか?の紹介:2007年韓国映画。共通の友人のクラブがオープンし、二組の夫婦が呼ばれます。倦怠期を迎え、お互い興味のなくなった夫婦は、それぞれ相手の夫や妻に興味を持ちます。数日後、別々に再会した二人は、酒を飲み話がはずみ、それぞれ不倫関係になってしまいます。夫婦としての仮面をかぶったまま、裏でお互いが友人同士と不倫をする二組のカップルの行方は…という韓国発の危ないラブストーリーです。
監督:チョン・ユンス 出演者:イ・ドンゴン(パク・ヨンジュン)、オム・ジョンファ(ソ・ユナ)、パク・ヨンウ(ジョン・ミンジェ)、ハン・チェヨン(ハン・ソヨ)ほか

「8月のクリスマス」のネタバレあらすじ結末

8月のクリスマスの紹介:2005年日本映画。韓国映画「八月のクリスマス」を日本版にリメイクした作品。主人公を演じるのは「月とキャベツ」以来、8年ぶりに映画出演をする歌手の山崎まさよし。彼が、音楽と主題歌も担当している。父から引き継いだ小さな写真館を営む穏やかな一人の男性が、実は病魔に侵されており、そのことを誰にも打ち明けずに生活してた。そんな時に一人の若い女性と出会い…。
監督:長崎俊一 出演:山崎まさよし(鈴木寿俊)、関めぐみ(高橋由紀子)、井川比佐志(雅俊)、西田尚美(純子)、ほか

「街角/桃色の店」のネタバレあらすじ結末

街角/桃色の店(別題:桃色(ピンク)の店)の紹介:1940年アメリカ映画。ダウンタウンの街角に店を置く「マトチェック商会」。映画のタイトルとはまったく趣を異にした輸入雑貨を扱う商店です。オーナーと従業員たちのやり取り、どこにでもいる従業員たちと思い当たるフシのある従業員、そして意外性を運ぶ恋愛模様など、映画はテンポよく運んで、「納得」の結末を迎えます。全編を笑いで満たした粋な会話を通し、これがエルンスト・ルビッチと大向こうをうならされる名品です。
監督:エルンスト・ルビッチ 出演者:ジェームス・スチュワート(クラリック)、マーガレット・サラヴァン(クララ)、フランク・モーガン(マトチェック)、ジョセフ・シルドクラウト(ヴァダス)ほか

「愛がなんだ」のネタバレあらすじ結末

愛がなんだの紹介:2018年日本映画。直木賞作家角田光代の恋愛小説を映画化したのが本作です。一人の男を一途に思い続ける主人公テルコ。そんな一途な思いも相手には届かずテルコは都合の良い女として扱われてしまいます。それでも負けじと頑張り続けるテルコの恋愛模様を描いています。
監督:今泉力哉 出演:岸井ゆきの(テルコ)、成田凌(マモル)、深川麻衣(葉子)、若葉竜也(ナカハラ)、江口のりこ(すみれ)、ほか

「モーガン夫人の秘密」のネタバレあらすじ結末

モーガン夫人の秘密の紹介:2019年ドイツ,イギリス,アメリカ映画。リディアン・ブルックが2013年に発表した小説『The Aftermath』を自ら脚本を手掛けて映画化したラブストーリーです。第二次世界大戦終戦後を舞台に、戦争で愛する者を失ったイギリス軍人の夫人とかつての敵国だったドイツ人の男が立場の違いを超えて惹かれ合う様を描きます。
監督:ジェームズ・ケント 出演者:キーラ・ナイトレイ(レイチェル・モーガン)、アレクサンダー・スカルスガルド(ステファン・ルバート)、ジェイソン・クラーク(ルイス・モーガン)、フィオン・オシェイ(バーカー市長)、ケイト・フィリップス(スーザン・バーナム)、マーティン・コムストン(キース・バーナム)、アレクサンダー・シェーア(ジークフリード・ライトマン)、フローラ・ティーマン(フレーダ・ルパート)、ヤニク・シューマン(アルベルト)ほか

「クローサー(2004年)」のネタバレあらすじ結末

クローサーの紹介:2004年アメリカ映画。カラダを重ねるたびに、唇が嘘を重ねる――。1997年にロンドンで初演され、2010年には日本でも舞台化されるなど世界中でヒットした舞台劇を、原作者パトリック・マーバーが脚本を手掛けて映画化したラブストーリーです。舞台劇同様ロンドンを舞台に、二人のアメリカ人女性と地元の二人の男性が複雑に絡み合う恋愛劇を描きます。
監督:マイク・ニコルズ 出演者:ジュード・ロウ(ダン・ウォルフ)、ジュリア・ロバーツ(アンナ・キャメロン)、クライヴ・オーウェン(ラリー・グレイ)、ナタリー・ポートマン(アリス・エアーズ/ジェーン・ジョーンズ)、コリン・スティントン(税関職員)、ニック・ホッブス(タクシー運転手)ほか

1 4 5 6 7 8 9 10 11 12 59

キーワードから探す

TOP↑