サスペンス映画のあらすじ

「ドミノ」のネタバレあらすじ結末

ドミノの紹介:2023年アメリカ映画。『アリータ: バトル・エンジェル』『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』などのロバート・ロドリゲスが監督を務め、ベン・アフレックが主演を務めたSFアクション・サスペンス作品です。行方不明になった娘を捜し続ける刑事が手がかりを追ううちに虚構の世界に入り込んでいき、そして驚愕の事実を知ることに・・・。
監督:ロバート・ロドリゲス 出演者:ベン・アフレック(ダニー・ローク)、アリシー・ブラガ(ダイアナ・クルーズ)、J・D・パルド(ニックス)、ハラ・フィンリー(ミニー(10歳))、イオニー・オリビア・ニエベス(ミニー(7歳))、ダイオ・オケニイ(リバー)、ジェフ・フェイヒー(カール・エヴェレット)、サンディ・アビラ(テルマ・エヴェレット)、ジャッキー・アール・ヘイリー(ジェレマイア)、ウィリアム・フィクナー(レヴ・デルレーン)ほか

「理想郷」のネタバレあらすじ結末

理想郷の紹介:2022年スペイン, フランス映画。実際にあった殺人事件「サントアージャ殺人事件」をモチーフにして作られた作品。よそ者としてやってきたフランス人夫婦が、ちょっとした意見の違いで対立が起き、やがて大きな事件へと繋がっていく様を描いています。
監督:ロドリゴ・ソロゴイェン 出演:ドゥニ・メノーシェ(アントワーヌ)、マリナ・フォイス(オルガ)、ルイス・サエラ(シャン)、ディエゴ・アニード(ロレンツォ)、マリー・コロン(マリー)、ほか

「トゥルース 真実の行方」のネタバレあらすじ結末

トゥルース 真実の行方の紹介:2017年アメリカ映画。夫婦そろって激流下りをカヤックで楽しむガブリエルでしたが、夫のパークーが途中で見えなくなりカヤックだけが流れてきます。必死の捜索もかなわずパーカーは死亡となり、多額の保険金をもらうガブリエルでしたが、保険金は口座から何者かによって全額送金されていました。パークは生きていると思ったガブリエルの探求が始まります・・・という内容の、誰が見方で誰が裏切り者なのかというサスペンス作品です。
監督:ジェフ・ビーズリー 出演者:エマニュエル・ヴォージエ(ガブリエル)、キャメロン・バンクロフト(アッシャー)、クリステン・ハリス(ジェナ)、ステファニー・シー(ドナー)、アダム・ハーティグ(トラビス)ほか

「ふるえて眠れ」のネタバレあらすじ結末

ふるえて眠れの紹介:1964年アメリカ映画。アルドリッチ監督が大ヒットした『何がジェーンに起こったか』に続いてベティ・デイヴィスと組んだサスペンス・ホラー。この手のジャンル映画としては珍しく、アカデミー賞の7部門でノミネートされた。
監督:ロバート・アルドリッチ 出演:ベティ・デイヴィス(シャーロット)、オリヴィア・デ・ハヴィランド(ミリアム)、ジョゼフ・コットン(ドルー)、アグネス・ムーアヘッド(ヴェルマ)、セシル・ケラウェイ(ハリー・ウィリス)、ヴィクター・ブオノ(ビッグ・サム)、メアリー・アスター(ジュエル)、ブルース・ダーン(ジョン)、ほか

「おまえの罪を自白しろ」のネタバレあらすじ結末

おまえの罪を自白しろの紹介:2023年日本映画。人気作家・真保裕一の同名小説をの水田伸生監督が映画化した社会派サスペンス作品です。有力政治家の孫娘が何者かに誘拐され、犯人は政治家にこれまでの罪を自白するよう要求。明らかになっていく真実とは・・・。主題歌はB’zが担当しています。
監督:水田伸生 出演者:中島健人(宇田晄司)、堤真一(宇田清治郎)、池田エライザ(緒形麻由美)、山崎育三郎(平尾宣樹)、中島歩(宇田揚一朗)、美波(神谷美咲)、浅利陽介(緒形恒之)、矢柴俊博(木原誠也)、柏原収史(寺中勲)、三浦誠己(高垣義弘)、尾美としのり(加持直樹)、中村歌昇(樫田光太郎)、佐藤恋和(緒形柚葉)、アキラ100%(大島昇)、山崎一(牛窪透)、池田成志(若鷺健太郎)、橋本じゅん(城山敏正)、小林勝也(九條哲夫)、菅原大吉(牧村徹)、升毅(湯浅哲道)、春海四方(寺中清則)、平泉成(草川庄一)、尾野真千子(寺中初美)、金田明夫(夏川泰平)、角野卓造(木美塚壮助)ほか

「唄う六人の女」のネタバレあらすじ結末

唄う六人の女の紹介:2023年日本映画。父の死により、田舎にある実家に戻ってきた主人公の森一郎が、仲介業者である宇和島の運転で山道を走っている時に、突然道の真ん中に現れた女のせいで事故を起こし、目を覚ました時には怪しい雰囲気を持つ6人の女がある村に捕らわれていました…。
監督:石橋義正 出演:竹野内豊(萱島森一郎)、山田孝之(宇和島凌)、水川あさみ(刺す女)、アオイヤマダ(濡れる女)、萩原みのり(牙を剥く女)、桃果(見つめる女)、服部樹咲(撒き散らす女)、武田玲奈(包み込む女/かすみ)、大西信満(山際茂)、津田寛治(島原)、白川和子(杉田)、竹中直人(松根)、ほか

「声もなく」のネタバレあらすじ結末

声もなくの紹介:2020年韓国映画。口のきけない主人公の男と、身代金を払ってもらえない誘拐された少女。二人が出会い交流するうちに、やがて絆のようなものが生まれてくるのでした。先の見えない予想不可能な展開が、観ている側の我々を楽しませてくれます。
監督:ホン・ウィジョン 出演:ユ・アイン(テイン)、ユ・ジェミョン(チャンボク)、ムン・スンア(チョヒ)、イ・ガウン(ムンジュ)、イム・ガンソン(ヨンソク)ほか

「沈黙の艦隊」のネタバレあらすじ結末

沈黙の艦隊の紹介:2023年日本映画。1988から1996年にかけて連載され、アニメ化もされた漫画家かわぐちかいじの『沈黙の艦隊』を、Amazonスタジオと東宝がタッグを組んで実写映画化した超大作です。主演の大沢たかおはプロデューサーも兼任、時代設定を公開時と同時期の2020年代に設定し、原作の序盤にあたる「日米間で秘密裏に建造された“日本初の原子力潜水艦”を巡って繰り広げられる策略と戦闘」を描いています。
監督:吉野耕平 出演者:大沢たかお(海江田四郎)、玉木宏(深町洋)、上戸彩(市谷裕美)、ユースケ・サンタマリア(南波栄一)、中村倫也(入江蒼士)、中村蒼(山中栄治)、松岡広大(入江覚士)、前原滉(溝口拓男)、水川あさみ(速水貴子)、大河内浩(田所進)、岡本多緒(舟尾亮子)、手塚とおる(赤垣浩次)、酒向芳(影山誠司)、笹野高史(竹上登志雄)、アレクス・ポーノビッチ(ローガン・スタイガー)、リック・アムスバリー(ニコラス・ベネット)、ロブ・フラナガン(リチャード・ボイス)、橋爪功(海原大悟)、夏川結衣(曽根崎仁美)、江口洋介(海原渉)ほか

「BAD LANDS バッド・ランズ」のネタバレあらすじ結末

BAD LANDS バッド・ランズの紹介:2023年日本映画。直木賞作家・黒川博行の小説『勁草』を『日本のいちばん長い日』『関ヶ原』などの原田眞人監督がメガホンを執り、安藤サクラと山田涼介をダブル主演に迎えて映画化したクライムサスペンス作品です特殊詐欺に手を染めてきた主人公の姉弟が大金の動く取引に加担し、自分たちをも超える巨悪との対立に巻き込まれていく様を描きます。
監督:原田眞人 出演者:安藤サクラ(橋岡煉梨(ネリ))、山田涼介(矢代穣(ジョー))、生瀬勝久(高城政司)、吉原光夫(佐竹正敏)、大場泰正(教授(宇佐美))、淵上泰史(胡屋賢人)、縄田カノン(車田千春)、桃(糸井)、前田航基(残間均)、大沢直樹(残間徹)、鴨鈴女(シワサラ)、山田蟲男(卓也)、伊藤公一(徳山英吾)、福重友(江川)、齋賀正和(コンボ)、木野本啓(ガミ)、旭屋光太郎(島袋)、杉林健生(平岡/小沼英二)、永島知洋(青木亮)、田中沙依(崎田ゆり)、田原靖子(酒井刑事)、静恵一(米村刑事)、谷伸恵輔(日野の上司)、こんばやし元樹(日野の上司)、一本木貴子(井上幹子)、野田普市(椋樹)、中道裕子(五十子)、原田遊人(警官)、長島竜也(山ちゃん)、内藤裕敬(黒澤弘司)、土屋玲子(月曜日に走っている巫女)、山村憲之介(湯川優)、サリngROCK(林田)、天童よしみ(新井登茂子)、江口のりこ(日野班長)、岡田准一(アロハの男(友情出演))、宇崎竜童(曼荼羅(上松))ほか

「キリング・オブ・ケネス・チェンバレン」のネタバレあらすじ結末

キリング・オブ・ケネス・チェンバレンの紹介:2020年アメリカ映画。俳優のモーガン・フリーマンが製作総指揮を務めた、無実の黒人男性が白人警官たちに追い詰められ、やがて無慈悲に殺害されていくという実際にあった事件を題材に作られた作品です。実際の時間と上映時間を合わせたドキュメンタリー風に作られています。
監督:デヴィッド・ミデル 出演:フランキー・フェイソン(ケネス・チェンバレン)、エンリコ・ナターレ(ロッシ)、スティーブ・オコンネル(パークス)、ベン・マーテン(ジャクソン)、ほか

「誰が私を殺したか?」のネタバレあらすじ結末

誰が私を殺したか?の紹介:1964年アメリカ映画。嫉妬と復讐から双子の妹を自殺に見せかけて殺害し彼女になりすました姉が、思いもよらぬ皮肉な結末を迎えるまでを描き、ラストシーンではラブロマンスの後味をも残すサスペンス・ドラマ。
監督:ポール・ヘンリード 出演:ベティ・デイヴィス、カール・マルデン、ピーター・ローフォード、ジョージ・、マクレディ、ほか

「フェイク・マザー」のネタバレあらすじ結末

フェイク・マザーの紹介:年アメリカ映画。パイロットの夫と不妊治療の末に授かった双子と幸せに暮らしていた妻が、看護師と偽って入り込んだ卵子提供者に家族を奪われる恐怖に追い詰められていく様を描いたサスペンス。
監督:クレイグ・ゴールドスタイン 出演:ヴァネッサ・マーシル、ブルック・ネヴィン、スティーヴン・スネッデン、エリザベス・ボンド、ほか

「キリング・ビューティー あどけない殺人者」のネタバレあらすじ結末

キリング・ビューティー あどけない殺人者の紹介:2018年アメリカ映画。親切から少女に救いの手を差し伸べたサロン経営者の女性が、彼女を独占しようと邪魔な存在を次々と排除していく少女の常軌を逸した愛情表現に追い詰められていくサスペンス。
監督:クレイグ・ゴールドスミス 出演:ヘイリー・ウェッブ(アヤ)、ヘイリー・プロス、クリステル・カリル(ローレン)、トラヴィス・コールドウェル(エリック)、リラン・ボウデン(スーザン)、ダナ・スパークス(ジーン)、ほか

「グラスハウス」のネタバレあらすじ結末

グラスハウスの紹介:2001年アメリカ映画。両親の交通事故で姉弟の二人だけになったルビーとレット。二人は、むかし隣に住んでいたグラス夫妻が後見人となって面倒を見てもらうことになります。豪邸で何不自由ない暮らしをするルビーでしたが、日が経つにつれ、グラス夫妻の行動がおかしい事に気づきます・・・という内容のスリラー映画です。
監督:ダニエル・サックハイム 出演者:リーリー・ソビエスキー(ルビー・ベイカー)、ダイアン・レイン(エリン・グラス)、ステラン・スカルスガルド(テリー・グラス)、ブルース・ダーン(アルビン・ベグレイター)、トレヴァー・モーガン(レット・ベイカー)、キャシー・ベイカー(ナンシー・ライアン)ほか

「JUDGE/ジャッジ」のネタバレあらすじ結末

JUDGE/ジャッジの紹介:2013年日本映画。密室に集められた7人。それぞれ動物のかぶりものを被らされ、手錠と鎖で繋がれています。「一番悪いと思う人に投票しろ、その人は処刑される。最後に残った一人は解放される」というアナウンスに、7人の疑心暗鬼の戦いが始まるのでした。人気スリラーコミック『JUDGE』の実写映画化で、原作とは内容が少し変えられています。主役を瀬戸康史、ヒロインを有村架純が演じています。
監督:古波津陽 出演者:瀬戸康史(オオカミ)、有村架純(ライオン)、佐藤二朗(キツネ)ほか

1 2 3 4 5 6 100

キーワードから探す

TOP↑