アクション映画のあらすじ

「マッド・ハイジ」のネタバレあらすじ結末

マッド・ハイジの紹介:2022年スイス映画。独裁政権下のスイスで、アルプスに住むハイジの彼氏のペーターが違法にチーズを作って販売した罪で路上で殺されます。目の前でピーターを殺されたハイジも捕まり女囚へ入れられますが、復讐のため脱走し戦死になって戻って来ます。そしてハイジの政府軍に対する殺戮が始まったのです。世界的な童話”アルプスの少女ハイジ”を題材に、スプラッターバイオレンス映画に仕立てた問題作です。
監督:ヨハネス・ハートマン 出演:アリス・ルーシー(ハイジ)、マックス・ルドリンガー(クノール司令官)、アルマル・G・佐藤(クララ)、パスカル・ウリ(シュヴィッツゲーベル博士)、カーチャ・コルム(フロライン)、キャスパー・ヴァン・ディーン(マイリ)ほか

「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 決戦」のネタバレあらすじ結末

東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 決戦の紹介:2023年日本映画。和久井健の大人気マンガ『東京卍リベンジャーズ』の実写化シリーズ第3作で、人気のエピソード「血のハロウィン編」を前後編の二部作として映像化した作品の後編となるヤンキーSFアクション作品です。前編『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-』(2023年)の続編となる本作は、タイムリープの能力を手に入れた主人公・花垣武道が恋人を死の運命から救うために過去に戻るなかで、その原因となった暴走族結成メンバーたちの抗争を終わらせるために奔走する姿を描きます。
監督:英勉 原作:和久井健 出演者:北村匠海(花垣武道(タケミチ))、山田裕貴(龍宮寺堅(ドラケン))、杉野遥亮(橘直人)、今田美桜(橘日向(ヒナ))、堀家一希(林田春樹(パーちん))、眞栄田郷敦(三ツ谷隆)、清水尋也(半間修二)、磯村勇斗(千堂敦(アッくん))、永山絢斗(場地圭介)、村上虹郎(羽宮一虎)、高杉真宙(松野千冬)、間宮祥太朗(稀咲鉄太)、吉沢亮(佐野万次郎(マイキー))ほか

「極道VSまむし」のネタバレあらすじ結末

極道VSまむしの紹介:1974年日本映画。若山富三郎の「極道」シリーズと菅原文太・川地民夫の「まむしの兄弟」シリーズが合体。釜ヶ崎の島村組元組長島村清吉が神戸へ。頭は悪いが独立自尊の地元ヤクザである政と美しい保母をめぐってライバルに。若山と、かつて「極道」シリーズで子分でしたが今や若山をしのぐスターとなった菅原文太との間のバランスを取ることに監督が苦心した作品ですが、笑いあり、アクションあり、涙もありで楽しめます。
監督:中島貞夫 出演者:若山富三郎(島村清吉)、 菅原文太(ゴロ政), 川地民夫(不死身の勝)、瞳順子(西宮恭子)、清川虹子(島村みね子)、志賀勝(カメ)ほか

「ムッシュとマドモアゼル」のネタバレあらすじ結末

ムッシュとマドモアゼルの紹介:1977年フランス映画。ジャン=ポール・ベルモンドがスタントマンとスターの二役を演じ、空中でヘリからセスナに飛び乗る危険なスタントを披露するアクション・コメディ映画。相手役のスタントウーマンを演じるのは『ミクロの決死圏』、『女ガンマン 皆殺しのメロディ』等のラクエル・ウェルチ。冒頭の映画撮影シーンで本人役としてジェーン・バーキン、ジョニー・アリディが特別出演。そのシーンの映画監督役は、『J-P・ベルモンドの交換結婚』でベルモンドとも仕事をしている、1950年代のヌーヴェルヴァーグの旗手クロード・シャブロル。
監督:クロード・ジディ 出演者:ジャン=ポール・ベルモンド(マイク/ブルーノ)、ラクエル・ウェルチ(ジェーン)、シャルル・ジェラール(ヒヤシンス)、アルド・マッチョーネ(セルジオ)、レイモン・ジェローム(サン=プリ伯爵)他

「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」のネタバレあらすじ結末

スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバースの紹介:2023年アメリカ映画。2018年に公開され、大ヒットした前作「スパイダーバース」の続編に当たる作品。前作でスパイダーマンとなったマイルズ・モラレスの新たな戦いが描かれています。早くも次回作「スパイダーマン ビヨンドザスパイダーバース」の公開も決定となりました。
監督:ホアキン・ドス・サントス、ケンプ・パワーズ、ジャスティン・K・トンプソン 声優:シャメイク・ムーア(スパイダーマン/マイルス・モラレス)、ヘイリー・スタインフェルド(スパイダー・グウェン/グウェン・ステイシー)、ブライアン・タイリー・ヘンリー(ジェファーソン・デイヴィス)、ルナ・ローレン・ベレス(リオ・モラレス)、ジェイク・ジョンソン(スパイダーマン/ピーター・B・パーカー)、ジェイソン・シュワルツマン(スポット)、イッサ・レイ(スパイダーウーマン/ジェシカ・ドリュー)、カラン・ソーニ(スパイダーマン・インディア/パヴィトル・プラパカール)、ダニエル・カルーヤ(スパイダー・パンク/ホービー・ブラウン)、オスカー・アイザック(スパイダーマン2099/ミゲル・オハラ)、ほか

「ザ・フラッシュ」のネタバレあらすじ結末

ザ・フラッシュの紹介:2023年アメリカ映画。DCコミックスのスーパーヒーローのひとりであり、「ジャスティス・リーグ」の一員でもある「ザ・フラッシュ」の戦いを描いたSFアクション巨編です。「DCエクステンデッド・ユニバース」(DCEU)の第12作となる本作はフラッシュの過去を巡る因縁、そしてその過程で遭遇することになるマルチバース絡みの事件を描きます。本作では『バットマン』(1989年)、『バットマン リターンズ』(1992年)でバットマンを演じたマイケル・キートンが約31年ぶりに同役にカムバックしているほか、さらなるサプライズも用意されています。
監督:アンディ・ムスキエティ 出演者:エズラ・ミラー(バリー・アレン/フラッシュ)、サッシャ・カジェ(カーラ・ゾー=エル/スーパーガール)、マイケル・シャノン(ゾッド将軍)、ロン・リビングストン(ヘンリー・アレン)、マリベル・ベルドゥ(ノラ・アレン)、キアシー・クレモンズ(アイリス・ウェスト)、アンチュ・トラウェ(ファオラ=ウル)、ジェレミー・アイアンズ(アルフレッド・ペニーワース)、テムエラ・モリソン(トーマス・カリー)、イアン・ロー(少年時代のバリー・アレン)、シアーシャ=モニカ・ジャクソン(パティ・スピヴォット)、ルディ・マンクーソ(アルバート・デズモンド)、ルーク・ブランドン・フィールド(アル・ファルコーネ)、ガル・ガドット(ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマン)、ジェイソン・モモア(アーサー・カリー/アクアマン)、ジョージ・クルーニー(ブルース・ウェイン)、ニコラス・ケイジ(カル=エル/クラーク・ケント/スーパーマン)、ベン・アフレック(ブルース・ウェイン/バットマン)、マイケル・キートン(ブルース・ウェイン/バットマン)ほか

「ワイルド・スピード/ファイヤーブースト」のネタバレあらすじ結末

ワイルド・スピード/ファイヤーブーストの紹介:2023年アメリカ映画。シリーズの累計興行収入が1兆円を突破するなど全世界的な大ヒットシリーズとなったカーアクション『ワイルド・スピード』シリーズの(スピンオフ除く)第10作です。シリーズ最終章の前編となる本作は第5作『ワイルド・スピード MEGA MAX』(2011年)で主人公ドミニクとファミリーが倒したブラジルの麻薬王の息子が復讐のために現れ、ファミリーを絶体絶命の危機に陥れていく過程が壮大なスケールで描かれます。シリーズ史上最強最悪の敵となる麻薬王の息子は『アクアマン』のジェイソン・モモアが演じ、『キャプテン・マーベル』のブリー・ラーソンらがシリーズ初参戦、そして正式にシリーズ復帰を発表したルーク・ホブス役のドウェイン・ジョンソンがカメオ出演しています。本作の続編は2025年公開予定、本作と次回作をつなぐホブス主役のスピンオフ作品も製作が決定しています。
監督:ルイ・レテリエ 脚本:ジャスティン・リン、ダン・マゾー プロデュース:ヴィン・ディーゼルほか 出演者:ヴィン・ディーゼル(ドミニク・トレット)、ミシェル・ロドリゲス(レティ・オルティス)、タイリース・ギブソン(ローマン・ピアース)、クリス・“リュダクリス”・ブリッジス(テズ・パーカー)、ジョン・シナ(ジェイコブ・トレット)、ジョーダナ・ブリュースター(ミア・トレット)、ナタリー・エマニュエル(ラムジー)、サン・カン(ハン・ルー)、レオ・アベロ・ペリー(ブライアン・“リトルB”・マルコス)、ヘレン・ミレン(マグダレーン・“クイーニー”・ショウ)、マイケル・ルーカー(バディ)、スコット・イーストウッド(エリック・“リトル・ノーバディ”・リーズナー)、カーディ・B(レイサ)、ダニエラ・メルシオール(イザベル・ネベス)、アラン・リッチソン(エージェント・エイムス)、リタ・モレノ(アブエリタ・トレット)、ルイス・ダ・シルバ(ディオゴ)、ピート・デイヴィッドソン(ボウイ)、メドウ・ウォーカー(キャビンアテンダント)、ジョアキム・デ・アルメイダ(エルナン・レイエス)、ポール・ウォーカー(ブライアン・オコナー(アーカイブ映像))、ブリー・ラーソン(テス)、ジェイソン・ステイサム(デッカード・ショウ)、シャーリーズ・セロン(サイファー)、ガル・ガドット(ジゼル・ヤシャール)、ドウェイン・ジョンソン(ルーク・ホブス)、ジェイソン・モモア(ダンテ・レイエス)ほか

「最後まで行く」のネタバレあらすじ結末

最後まで行くの紹介:2014年韓国映画。仕事と母の葬儀のごたごたがあり、いらつきながら車を走らせるコ刑事が、夜の道で男を轢き殺してしまいます。通報しようとしたコでしたが、死体をトランクに隠し母の棺桶に隠します。うまくいったと思ったコでしたが、轢き殺した男は連続殺人犯のイで、イの捜査を命じられてしまいます。すでに死んでいるイの捜査をするコに、見知らぬ男から轢き殺したイの死体を渡せという電話がかかって来ます。ひき逃げ事故を隠匿しようとした刑事がどんどん深みにはまって行く韓国サスペンスで、2023年には岡田准一主演のリメイク版が公開となりました。
監督:キム・ソンフン 出演:イ・ソンギュン(コ・ゴンス)、チョ・ジヌン(パク・チャンミン)、チョン・マンシク(チェ・サンホ)、シン・ジョングン(チャン課長)、キム・ドンヨン(ト・ヒチョル)ほか

「オオカミ狩り」のネタバレあらすじ結末

オオカミ狩りの紹介:2022年韓国映画。フィリピンから韓国へ凶悪な犯罪者たちを運ぶ船内で、解放された囚人たちと刑事たちの戦いが繰り広げられます。そこに不死身な謎の男が突如参入し、戦いの様相は一変します。この船には誰も知らない秘密が隠されていたのです…。
監督:キム・ホンソン 出演:ソ・イングク(パク・ジョンドゥ)、チャン・ドンユン(イ・ドイル)、ソン・ドンイル(オ・デウン)、パク・ホサン(イ・ソグ)、チョン・ソミン(イ・ダヨン)、コ・チャンソク(コ・ゴンベ)、チャン・ヨンナム(チェ・ミョンジュ)、チェ・グィファ、ほか

「クリード 過去の逆襲」のネタバレあらすじ結末

クリード 過去の逆襲の紹介:2023年アメリカ映画。ボクシング映画の金字塔『ロッキー』シリーズでロッキー・バルボアのライバルであり親友だったアポロ・クリードの息子アドニスを主人公にしたスピンオフ『クリード』シリーズの第3作です。本作ではアドニス役のマイケル・B・ジョーダン自らメガホンを執って映画監督デビューを果たし、ボクサーとして名声全てを手に入れて一度は引退したアドニスとかつての親友の再会を軸に、今まで語られなかったアドニスの過去が明かされていきます。アドニスの元親友役は『マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)』で征服者カーンを演じるジョナサン・メジャースが演じています。
監督:マイケル・B・ジョーダン 出演者:マイケル・B・ジョーダン(アドニス・クリード)、テッサ・トンプソン(ビアンカ・クリード)、ウッド・ハリス(リトル・デューク)、フロリアン・ムンテアヌ(ヴィクター・ドラゴ)、ミラ・デイヴィス=ケント(アマーラ・クリード)、フィリシア・ラシャド(メアリー・アン・クリード)、ホセ・ベナビデス・Jr(フェリックス・チャベス)、セレニス・レイバ(ローラ・チャベス)、アンソニー・ベリュー(“プリティ” リッキー・コンラン)、テレンス・クロフォード(本人役)、タデウス・J・ミクソン(アドニス・クリード(15歳時))、スペンス・ムーア2世(デイミアン・アンダーソン(18歳時))、ジョナサン・メジャース(“ダイヤモンド” デイミアン(デイム)・アンダーソン)ほか

「聖闘士星矢 The Beginning」のネタバレあらすじ結末

聖闘士星矢 The Beginningの紹介:2023年日本, アメリカ映画。かつて大人気漫画となった車田正美の代表作「聖闘士星矢」をハリウッドで実写映画化した作品。地下闘技場で謎の鎧集団に襲われた星矢が、自らの運命を知り、やがてアテナの生まれ変わりであるシエナを守るための戦いに立ち向かっていく様を描いています。
監督:トメック・バギンスキー 出演:新田真剣佑(星矢)、ファムケ・ヤンセン(ヴァンダー・グラード)、マディソン・アイズマン(シエナ)、ディエゴ・ティノコ(ネロ)、マーク・ダカスコス(マイロック)、ニック・スタール(カシオス)、ショーン・ビーン(アルマン・キド)、ほか

「ツイスター2008」のネタバレあらすじ結末

ツイスター2008の紹介:2008年アメリカ映画。シアトルで発生した巨大竜巻を前に、気象学者の女性が家族との関係を見つめ直していくパニック&アクション。幼い頃竜巻によって両親を亡くしたエイプリルは、以来竜巻の研究に取りつかれ気象学者となっていた。仕事を優先するあまり、一人娘ダナとの間には気まずい溝が出来ている。そんなある日、エイプリルは弟ショーンを訪ねダナと共にシアトルへ向かった。ところがシアトルに到着すると、異常気象のため竜巻が発生。エイプリルはまたしても仕事に没頭してしまい、怒ったダナは不良青年ライアンと付き合い始める。ダナの身の危険を察知したエイプリルは娘を必死に探すが、その前に巨大竜巻が立ち塞がるのだった。
監督:スティーヴン・R・モンロー 出演者:ミミ・ロジャース(エイプリル)、ロバート・モロニー(ショーン)、アンドリュー・エアリー(トラビス)、ライアン・ケネディ(ライアン)、エリス・レヴェスク(ダナ)ほか

「フロム デプス」のネタバレあらすじ結末

フロム デプスの紹介:2003年アメリカ映画。DNA操作により巨大化したサメの恐怖を描くパニック&アクション。海洋生物学者のデーンは、アトランティス大陸探索の資金を得るため、相棒ロビンと共に多くの詐欺を働いていた。そんなある日、デーンは父親の仇である富豪サマービルに拉致される。彼はバミューダトライアングルの海底基地と連絡が取れなくなったことを説明し、その調査に同行するよう依頼して来たのだ。渋々依頼を受けたデーンは、ロビン達と共に潜水艦で海底基地へ向かう。ところがそこには恐ろしい怪物が待ち受けていた。海軍が極秘で開発していた巨大なサメが、次々とデーン達に襲いかかる。
監督:フィリップ・ロス 出演者:ロレンツォ・ラマス(デーン・クォントレル)、シモーネ・ジェイド・マッキノン(ロビン・ターナー)、ブルース・グレイ(アリスター・サマービル)、ジェフリー・ゴーマン(ジョン・ミクロス)、ステファン・リセンコ(ヤーボロウ船長)ほか

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3」のネタバレあらすじ結末

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3の紹介:2023年アメリカ映画。サノスとの闘いで最愛の恋人ガモーラを失ったショックから立ち直れないピーターが率いるガーディアンズは、本拠地ノーウェアで暮らしていた。ある夜、全身が金色の謎の男に奇襲され、応戦するもロケットが重傷を負い、命を失う危機に陥ってしまう。その上、ロケットの身体にはキルスイッチが埋め込まれていたため治療をすることができない。大切な仲間の命を救う鍵は、彼の過去に隠されていた。
監督:ジェームズ・ガン 出演:クリス・プラット (スター・ロード/ピーター・クイル)、ブラッドリー・クーパー (ロケット)、ヴィン・ディーゼル (グルート)、ゾーイ・サルダナ (ガモーラ)、カレン・ギラン (ネビュラ)、デイヴ・バウティスタ (ドラックス)、ポム・クレメンティエフ (マンティス)、ショーン・ガン(クラグリン)、チャック・イウジ(ハイ・エボリューショナリー)、ウィル・ポールター(アダム・ウォー)、マリア・バカローヴァ(コスモ)、ダニエラ・メルシオール(ウラ)、シルヴェスター・スタローン(スタカール・オゴード)ほか

「ファイナル・リベンジ」のネタバレあらすじ結末

ファイナル・リベンジの紹介:2021年イタリア映画。刑務所で弁護士と名乗る男から特赦で釈放だと言われたセルジョ。弁護士は特赦の代わりにオレの仕事をやるんだと言います。指示されるがまま高級住宅のミケーレ邸へ乗り込んだセルジョでしたが、探せといわれている書類は出てきませんでした。イタリア・ブラジル合作のバイオレンスサスペンスで、どんでん返しもありテンポのいい面白い作品です。
監督:ガブリエル・アルバネージ 出演:フォルトゥナート・チェルリーノ(カリゴラ)、マルコ・ボッチ(セルジョ)、ペピーノ・マッツォッタ(ミケーレ)、アマンダ・カンパーナ(フィオーレ)、マリア・フェルナンダ・カーンヂド(ダミアナ)、ブルーノ・コンティ(カサグランデ)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 100

キーワードから探す

TOP↑