アクション映画のあらすじ

「グランツーリスモ」のネタバレあらすじ結末

グランツーリスモの紹介:2023年アメリカ映画。世界的大ヒットのリアルドライビングシミュレーター、“グランツーリスモ”のプレイに夢中なヤン。父からは「現実を見ろ」とあきれられる日々だったが、ある日ヤンにビックチャンスが訪れる。世界中から集められたグランツーリスモのプレイヤーたちを、本物の国際カーレーサーとして育成するため、競い合わせて選抜するプログラム『GTアカデミー』の参加権を得たのだ。バーチャルなゲームの世界では百戦錬磨のトッププレイヤーたちが、想像を絶するトレーニングやアクシデントを乗り越えて夢へ向かって走り出す、実話をもとにしたストーリー。
監督:ニール・ブロンカンプ 出演:デヴィッド・ハーバー(ジャック・ソルター)、オーランド・ブルーム(ダニー・ムーア)、アーチー・マデクウィ(ヤン・マーデンボロー)、ジャイモン・フンスー(スティーヴ・マーデンボロー)、ダレン・バーネット(マティ・デイヴィス)、ジェリ・ハリウェル・ホーナー(レスリー・マーデンボロー)、平岳大(山内一典)、ヨシャ・ストラドフスキー(ニコラス・キャパ)ほか

「ジョン・ウィック:コンセクエンス」のネタバレあらすじ結末

ジョン・ウィック:コンセクエンスの紹介:2023年アメリカ映画。キアヌ・リーブスが伝説の殺し屋を演じるアクション映画『ジョン・ウィック』シリーズの第4弾です。裏社会の掟を破ったことで全世界の殺し屋たちから命を狙われることとなった主人公ジョン・ウィック(キアヌ・リーブス)は自由の身となるべく組織との決着をつけることを決意、ニューヨーク・大阪・ベルリン・パリで壮絶な死闘に臨みます。『イップ・マン』『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』などのドニー・イェン、『IT/イット』シリーズなどのビル・スカルスガルド、真田広之らが参戦しています。
監督:チャド・スタエルスキ 出演者:キアヌ・リーブス(ジョン・ウィック)、ドニー・イェン(ケイン)、ビル・スカルスガルド(ヴィンセント・ビセ・ド・グラモン侯爵)、イアン・マクシェーン(ウィンストン)、ローレンス・フィッシュバーン(バワリー・キング)、真田広之(シマヅ・コウジ)、リナ・サワヤマ(アキラ)、シャミア・アンダーソン(トラッカー/ミスター・ノーバディ)、ランス・レディック(シャロン)、スコット・アドキンス(キーラ)、マルコ・サロール(チディ)、ナタリア・テナ(カティア)、クランシー・ブラウン(告知人)、ジョージ・ゲオルギウ(首長)ほか

「MEG ザ・モンスターズ2」のネタバレあらすじ結末

MEG ザ・モンスターズ2の紹介:2023年アメリカ映画。かつて地球上に存在したとされる巨大サメ・メガロドン(通称:MEG)と人間の死闘を描いたジェイソン・ステイサム主演のアクションスリラー作品『MEG ザ・モンスター』(2018年)の続編です。ステイサムをはじめ前作の主要キャストが続投し、世界で最も深いマリアナ海溝へとやってきた主人公の潜水レスキューのプロ(ステイサム)と研究チームが前作で倒したはずのMEGと再び遭遇し、さらなる未知の巨大生物との死闘に巻き込まれていく姿を描きます。
監督:ベン・ウィートリー 出演者:ジェイソン・ステイサム(ジョナス・テイラー)、ウー・ジン(ジウミン・ジャン)、ソフィア・ツァイ(メイイン・ジャン)、クリフ・カーティス(ジェームズ・“マック”・マックライズ)、ペイジ・ケネディ(DJ)、セルヒオ・ペリス=メンチェータ(モンテス)、スカイラー・サミュエルズ(ジェス)、フェリックス・メイヤー(ランス)、シエンナ・ギロリー(ヒラリー・ドリスコル)、メリッサンティ・マハウト(リガス)、ウーピー・ヴァン・ラーム(カーティス)、キラン・ソニア・サワル(サル)、スイ・フォン・アイビー・ツイ(ココ)ほか

「ロボゲイシャ」のネタバレあらすじ結末

ロボゲイシャの紹介:2009年日本映画。日本制覇を目指す影野親子にロボゲイシャに改造された、キクエとヨシエの姉妹。指示されるがまま暗殺者として生きるヨシエでしたが、反対勢力から影野親子の悪事を聞かされ、立ち向かう決心をします…という内容のコメディスプラッターアクション映画です。「片腕マシンガール」井口昇監督と特殊造型監督を務めた西村喜廣のコンビだけに、爽快でハチャメチャな作品に仕上がっています。
監督:井口昇 出演者:木口亜矢(春日ヨシエ)、長谷部瞳(春日キクエ(菊奴))、斎藤工(影野ヒカル)、志垣太郎(影野拳山)、生田悦子(キヌ)、くまきりあさ美(コトネ)、松尾スズキ(豪徳寺鉄馬)、竹中直人(金井老人)ほか

「KYOTO BLACK ~黒のサムライ~」のネタバレあらすじ結末

KYOTO BLACK ~黒のサムライ~の紹介:2015年日本映画。京都の街で悪行をはたらく奴らを退治する自警団の織田とメンバー達。織田はアスカ産業という建設会社を経営しており、自警団のメンバー達は社員です。そんな織田に業界の組合から新興の岡本建設の入札参加で組合企業が酷い目に遭っていると相談を受けます。岡本には日本最大の暴力団傘下の黒松がついており、織田は大きな利権争いに巻き込まれてしまいます…という内容の本宮泰風主演のアウトロー作品です。Vシネマの重鎮が多数出演しています。
監督:倉本和人 出演者:本宮泰風(織田)、松田一三(鈴木)、中野英雄(滝川)、山口祥行(金山)、寺島進(寺尾)、中村一議(中村)、大沢樹生(南畑)、シーザー武志(村田)、白竜(斉藤)ほか

「リボルバー・リリー」のネタバレあらすじ結末

リボルバー・リリーの紹介:2023年日本映画。ハードボイルド作家・長浦京による同名小説を綾瀬はるか主演で映画化したアクションサスペンス作品です。大正時代を舞台に、“映画史上最強のダークヒロイン”といわれる凄腕の元女スパイがある少年を助けたことにより陸軍が絡む壮大な陰謀に巻き込まれていく様を描きます。
監督:行定勲 出演者: 綾瀬はるか(小曾根百合)、長谷川博己(岩見良明)、羽村仁成(細見慎太)、シシド・カフカ(奈加)、古川琴音(琴子)、清水尋也(南始)、ジェシー(津山ヨーゼフ清親)、佐藤二朗(平岡)、吹越満(植村)、内田朝陽(三島中尉)、板尾創路(小沢大佐)、橋爪功(升永達吉)、石橋蓮司(筒井国松)、阿部サダヲ(山本五十六)、野村萬斎(滝田)、豊川悦司(細見欣也)、アフロ(風鈴屋)、鈴木亮平(眼帯の男)ほか

「ブラッド・アンド・ゴールド ~黄金の血戦場~」のネタバレあらすじ結末

ブラッド・アンド・ゴールド ~黄金の血戦場~の紹介:2023年ドイツ映画。長く続く戦争にうんざりしたドイツ兵のハインリヒは、脱走を試みるも失敗。ナチス親衛隊によって絞首刑にされるも、ある女性によって救われます。そんなナチス親衛隊は、とあるユダヤ人が生み出した金塊が眠っていると噂される村で、ヒトラーに捧げるため金塊探しを開始。なかなか金塊が姿を現さない中、醜い金塊の奪い合いが水面下で行われます。
監督: ペーター・トアバルト 出演: ロバート・マーサー(ハインリヒ)、マリー・ハッケ(エルザ)、アレクサンダー・シェーア(シュトレンフェルト中佐)、フロリアン・シュミッケ(デルフラー)、ヨルディス・トリーベル(ソーニャ)、ほか

「ランナウェイ・シーフ」のネタバレあらすじ結末

ランナウェイ・シーフの紹介:2023年インド映画。お金に困っていたアンキットは、ダイヤを飛行機で密輸するという極秘任務に参加することに。アンキットはその任務をサポートするフリをして、本物のダイヤを偽物と交換して資金調達する計画を立てることに。恋人で客室乗務員のネハも協力します。しかし、突如としてアンキットたちが乗る飛行機がハイジャックされることに…。アンキットとネハは無事作戦を実行することができるのか、緊張感が走るインド映画です。
監督: アジャイン・シン 出演: ヤミー・ゴウタム(ネハ)、サニー・コウシャル(アンキット)、シャラード・ケルカー(シェイク)、クルナル・パンディット(バガット)、バルン・チャンダ(内務大臣)、インドラニール・セングプタ(航空保安官)、ほか

「タイラー・レイク 命の奪還2」のネタバレあらすじ結末

タイラー・レイク 命の奪還2の紹介:2022年アメリカ映画。2020年にNetfixにて配信されたアクション映画『タイラー・レイク-命の奪還-』の続編。前回の戦闘で負傷したタイラーは意識不明の重体となりますが、目覚めて奇跡的な回復を見せます。しばらく休もうと思ったタイラーの元に、とある人物から仕事の依頼が。それはギャングの妻と子どもを刑務所から救いだすという任務でした。この困難なミッションに、タイラーはチームと共に挑みます。
監督: サム・ハーグレイブ 出演: クリス・ヘムズワース(タイラー・レイク)、ゴルシフテ・ファラハニ(ニック・カーン)、アダム・ベッサ(ヤズ・カーン)、ティナティン・ダラキシュヴィリ(ケテヴァン)、トルニケ・ゴグリキアーニ(ズラブ)オルガ・キュリレンコ(ミア)、イドリス・エルバ(謎の黒人男)、ほか

「沈黙の達人」のネタバレあらすじ結末

沈黙の達人の紹介:2018年アメリカ映画。スティーヴン・セガール主演の『沈黙シリーズ』第46作となるアクション作品です。本作はセガール自ら脚本・プロデュースを手がけ、カンフーの達人である元特殊部隊の鍼灸師が不思議な力を持つ少女を救うため仲間たちと共に犯罪組織に戦いを挑む様を描きます。
監督:マチュー・ウェシュラー 脚本・プロデュース:スティーヴン・セガール 出演者:スティーヴン・セガール(アックス)、ルイス・ファン(チェン・マン)、ユー・カン(キューマム)、チャ・リー・ユン(ブラック・クロウ・マ)、ティン・スー(タラ)、ジェームス・P・ベネット(カカシ)、セルゲイ・バデューク(ハリウッド)、ルーディー・ヤングブロッド(異端児)、カート・インカラット(イン・イン)、ファン・メイシェン(師父)、Bayra Bela(助手サン)、チョウ・ウェンリャン、プレオパン・パンイム(ウァイ)、ヴィタヤ・パンスリンガム(ウァイの父)、Bui Thi Thanh Le(従業員メイリン)、Sonny Chatwiriyachai(タラの父ユエン)、Tanapol Chuksrida(ミスター・ホウ)ほか

「沈黙の帝王」のネタバレあらすじ結末

沈黙の帝王の紹介:年アメリカ映画。スティーヴン・セガール主演の『沈黙シリーズ』第39作となる本作は近未来のアメリカを舞台としたSFディストピア・アクション作品です。超監視社会と化したアメリカを舞台に、これまで反体制派を粛清してきた暗殺者がある事件をきっかけに国民の自由を勝ち取るための戦いに突入していく様を描きます。
監督:ティトゥス・パール 出演者:スティーヴン・セガール(指揮官/指揮官の兄)、ジョニー・メスナー(アクソン・レイ/コンドル)、リチャード・タイソン(管理官)、ヴァーノン・ウェルズ(尋問官)、サーシャ・ジャクソン(ニーナ)、ランス・E・ニコルズ(政治家)、フィリップ・フォルナ(クロナス)ほか

「沈黙の復讐」のネタバレあらすじ結末

沈黙の復讐の紹介:2010年アメリカ映画。“最強オヤジ”ことスティーヴン・セガール主演の『沈黙シリーズ』第19作にしてセガール出演作品通算40作目となるアクション作品です。本作ではセガールは主演・脚本・プロデュースを務め、ルーマニア・ブカレストを舞台にセガール演じる国際麻薬捜査部隊のリーダーがロシアの裏社会の大物も絡んだ抗争に巻き込まれていく様を描きます。
監督:ラウロ・チャートランド 脚本:スティーヴン・セガール 出演者:スティーヴン・セガール(ロバート・“ボビー”・サミュエルズ)、ダレン・シャラーヴィ(コステル)、D・ニール・マーク(スティーヴ)、ダン・バダラウ(ドミトリ)、ジョージ・レメス(ロニー)、クラウディウ・ブレオント(ブルース・ソリン)、マダリーナ・マリエスク(タミ)、カリン・プイア(クリスティアン)、ゾルタン・ブトゥク(ダダ)、シュテファン・イアンク(ドミトリの息子)、シルビア・スタンチウ(ドミトリの妻)、イオアン・イオネスク(ダリウス)ほか

「バイオハザード:デスアイランド」のネタバレあらすじ結末

バイオハザード:デスアイランドの紹介:2023年日本映画。ゲームで爆発的人気を博したバイオハザードシリーズのアニメーション映画第5作目にあたります。ゲームのストーリーを元にストーリー展開され、バイオハザードシリーズの歴代主人公が集結し、大活躍するというファン胸熱の展開となっています。
監督:羽住英一郎 声優:ニコール・トンプキンズ(ジル)、マシュー・マーサー(レオン)、ケビン・ドーマン(クリス)、ステファニー・パニセロ(クレア)、エリン・カーヒル(レベッカ)、ダマン・ミルズ(ディラン)、クリスティーナ・ヴァレンズエラ(マリア)、フランク・トダーロ(テイラー)、ほか

「機界戦隊ゼンカイジャーVSキラメイジャーVSセンパイジャー」のネタバレあらすじ結末

機界戦隊ゼンカイジャーVSキラメイジャーVSセンパイジャーの紹介:2022年日本映画。スーパー戦隊シリーズ第45作『機界戦隊ゼンカイジャー』と第44作『魔進戦隊キラメイジャー』が共演する、スーパー戦隊VSシリーズ第28作です。本作はゼンカイジャーのテレビ本編最終回のその後を舞台に、様々な世界に散らばった4つの秘宝を巡ってゼンカイジャー・キラメイジャーと敵勢力、そして第35作『海賊戦隊ゴーカイジャー』から第43作『騎士竜戦隊リュウソウジャー』までの歴代レッド戦士からなる混成チーム「センパイジャー」による争奪戦が繰り広げられます。スペシャルゲストとして『ゴーカイジャー』でキャプテン・マーベラス(ゴーカイレッド)を演じた小澤亮太、第42作『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』で夜野魁利(ルパンレッド)を演じた伊藤あさひが出演しています。
監督:山口恭平 脚本:香村純子 原作:八手三郎(スペシャルサンクス:石ノ森章太郎) 出演/声優:駒木根葵汰(五色田介人/ゼンカイザー)、小宮璃央(熱田充瑠/キラメイレッド)、浅沼晋太郎(ジュラン/ゼンカイジュラン)、梶裕貴(ガオーン/ゼンカイガオーン)、宮本侑芽(マジーヌ/ゼンカイマジーヌ)、佐藤拓也(ブルーン/ゼンカイブルーン)、増子敦貴(ゾックス・ゴールドツイカー/ツーカイザー)、森日菜美(フリント・ゴールドツイカー)、世古口凌(ステイシー/ステイシーザー)、木原瑠生(射水為朝/キラメイイエロー)、新條由芽(速見瀬奈/キラメイグリーン)、水石亜飛夢(押切時雨/キラメイブルー)、工藤美桜(大治小夜/キラメイピンク)、庄司浩平(クリスタリア宝路/キラメイシルバー)、鈴木崚汰(カッタナー・ゴールドツイカー)、松田颯水(リッキー・ゴールドツイカー)、福圓美里(セッちゃん)、水瀬いのり(マブシーナ)、もえのあずき(本人役)、岡本信彦(ポットデウス)、立花慎之介(Dr.イオカル)、長嶝高士(カルビワルド)、榊原郁恵(五色田ヤツデ)、伊藤あさひ(夜野魁利/ルパンレッド)、小澤亮太(キャプテン・マーベラス/ゴーカイレッド)ほか

「ミッションインポッシブル7 デッドレコニング PART ONE」のネタバレあらすじ結末

ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONEの紹介:2023年アメリカ映画。アメリカの人気テレビドラマ『スパイ大作戦』をベースに、トム・クルーズ演じるイーサン・ハントを主役にした映画『ミッション・インポッシブル』シリーズ。本作はその7作目で集大成となる2部作の前編だ。監督は『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』に続きクリストファー・マッカリー。IMFの上官キトリッジの再登場や、列車の上での格闘シーンなど、1作目『ミッション:インポッシブル』にオマージュを捧げるような展開となっている。
監督: クリストファー・マッカリー 出演:トム・クルーズ(イーサン・ハント)、ヘイリー・アトウェル(グレース)、ヴィング・レイムス(ルーサー・スティッケル)、サイモン・ペッグ(ベンジー・ダン)、レベッカ・ファーガソン(イルサ・ファウスト)、ヴァネッサ・カービー(ホワイト・ウィドウ)、イーサイ・モラレス(ガブリエル)、ポム・クレメンティエフ(パリス)、マリエラ・ガリガ(マリー)、ヘンリー・ツェニー(ユージーン・キトリッジ)、シェー・ウィガム(ブリッグス)、グレッグ・ターザン・デイヴィス(ドガ)、チャールズ・パーネル(NRO)、ケイリー・エルウィズ(デンリンガー)、マーク・ゲイティス(NSA)、インディラ・ヴァルマ(DIA)、フレデリック・シュミット(ゾラ)ほか

1 2 3 4 5 6 7 100

キーワードから探す

TOP↑