ワイルドスピードシリーズのあらすじ

ワイルドスピードシリーズのあらすじと結末の作品一覧です。ワイルドスピードシリーズのストーリーを映画のネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」のネタバレあらすじ結末

ワイルド・スピード/スーパーコンボの紹介:2019年アメリカ映画。大ヒットシリーズ「ワイルドスピード」の第9作目でスピンオフ作品。すでにシリーズの顔となっているドウェイン・ジョンソン扮するルーク・ホブスとジェイソン・ステイサム扮するデッカード・ショウがいがみ合いながら強敵に立ち向かう作品です。
監督:デヴィッド・リーチ 出演:ドウェイン・ジョンソン(ルーク・ホブス)、ジェイソン・ステイサム(デッカード・ショウ)、イドリス・エルバ(ブリクストン)、ヴァネッサ・カービー(ハッティ)、ヘレン・ミレン(マグダレーン・ショウ)、エリアナ・スア(サム・ホブス)、クリフ・カーティス(ジョナ・ホブス)、ロリ・ペレナイス・トゥイサノ(ルークたちの母)、ほか

「ワイルド・スピード ICE BREAK」のネタバレあらすじ結末

ワイルド・スピード ICE BREAKの紹介:2017年アメリカ映画。ワイルドスピード8作目。キューバでレティとハネムーン中だったドムの元にサイファーという女が現れ仕事を手伝うよう言う。断れない条件を突きつけられたドムは何よりも大切なファミリーを裏切るのだった。そしてドムを必死で取り戻そうとするファミリーたちの想いは届くのだろうか。
監督:F・ゲイリー・グレイ 出演:ヴィン・ディーゼル(ドム)、ドウェイン・ジョンソン(ホブス)、ミシェル・ロドリゲス(レティ)、ジェイソン・ステイサム(デッカード)、シャリーズ・セロン(サイファー)ほか

「ワイルド・スピード SKY MISSION」のネタバレあらすじ結末

ワイルド・スピード SKY MISSION(スカイミッション)の紹介:2015年アメリカ映画。世界で最も成功した大人気カーアクション『ワイルド・スピード』シリーズの第7作です。時系列としては第6作『ワイルド・スピード EURO MISSION』(2013年)および第3作『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(2006年)の直後となり、ドミニク・ファミリーは前作で対決した国際犯罪組織のボスの兄デッカードと対決、究極の監視プログラム「ゴッド・アイ」も絡んでロンドン・東京・アゼルバイジャン・アブダビ・ロサンゼルス、そして“空”などを股にかけた死闘を繰り広げることになります。本作の撮影中にダブル主演の一角だったポール・ウォーカーが急逝し、ウォーカーの弟二人が代役を務めて完成させました。ウォーカーの遺作となった本作はシリーズで初めて全世界興行収入10億ドルを超えるメガヒットとなり、Wiz Khalifa feat. Charlie Puthが手がけた主題歌「See You Again」もヒットしました。
監督:ジェームズ・ワン 出演者:ヴィン・ディーゼル(ドミニク・トレット)、ポール・ウォーカー(ブライアン・オコナー)、ミシェル・ロドリゲス(レティ・オルティス)、ジョーダナ・ブリュースター(ミア・トレット)、ドウェイン・ジョンソン(ルーク・ホブス)、タイリース・ギブソン(ローマン・ピアース)、クリス・“リュダクリス”・ブリッジス(テズ・パーカー)、ナタリー・エマニュエル(ラムジー)、カート・ラッセル(ミスター・ノーバディ)、エルサ・パタキー(エレナ・ネベス)、ジャイモン・フンスー(モーゼ・ジャカンディ)、トニー・ジャー(キエット)、ロンダ・ラウジー(カーラ)、ルーカス・ブラック(ショーン・ボズウェル)、ルーク・エヴァンズ(オーウェン・ショウ)、コディ・ウォーカー(ブライアン・オコナー(代役))、カレブ・ウォーカー(ブライアン・オコナー(代役))、ジェイソン・ステイサム(デッカード・ショウ)ほか

「ワイルド・スピード EURO MISSION」のネタバレあらすじ結末

ワイルド・スピード EURO MISSION(ユーロミッション)の紹介:2013年アメリカ映画。全世界で大ヒットを記録し続けるカーアクションの決定版『ワイルド・スピード』シリーズの第6弾です。前作『MEGA MAX』でブラジルの犯罪王から大金をせしめ、自由気ままな暮らしをしていたドミニクファミリーでしたが、死んだはずのドミニクの元恋人・レティが生きていることを知ったことをきっかけに元英国特殊部隊隊員率いる国際的犯罪組織との闘いに突入していきます。
監督:ジャスティン・リン 出演者:ヴィン・ディーゼル(ドミニク・トレット)、ポール・ウォーカー(ブライアン・オコナー)、ジョーダナ・ブリュースター(ミア・トレット)、ミシェル・ロドリゲス(レティ・オルティス)、ドウェイン・ジョンソン(ルーク・ホブス)、タイリース・ギブソン(ローマン・ピアース)、クリス・”リュダクリス”・ブリッジス(テズ・パーカー)、ガル・ガドット(ジゼル・ヤシャール)、サン・カン(ハン・ルー)、エルサ・パタキー(エレナ・ネベス)、ジョン・オーティス(アルトゥーロ・ブラガ)、ルーク・エヴァンズ(オーウェン・ショウ)ほか

「ワイルド・スピード MEGA MAX」のネタバレあらすじ結末

ワイルド・スピード MEGA MAXの紹介:2011年アメリカ映画。世界的な大人気カーアクション映画『ワイルド・スピード』シリーズの第5作です。前作で麻薬王逮捕に協力したにも関わらず追われる身となったドニミクとブライアンたちが、最強無敵の凄腕捜査官の追跡を逃れながらもブラジル裏社会の大物から大金をせしめるため奔走します。
監督:ジャスティン・リン 出演者:ヴィン・ディーゼル(ドミニク・トレット)、ポール・ウォーカー(ブライアン・オコナー)、ジョーダナ・ブリュースター(ミア・トレット)、ドウェイン・ジョンソン(ルーク・ホブス)、タイリース・ギブソン(ローマン・ピアース)、クリス・”リュダクリス”・ブリッジス(テズ・パーカー)、ガル・ガドット(ジゼル・ヤシャール)、サン・カン(ハン・ルー)、エルサ・パタキー(エレナ・ネベス)、ジョアキム・デ・アルメイダ(エルナン・レイエス)ほか

「ワイルド・スピード MAX」のネタバレあらすじ結末

ワイルド・スピード MAXの紹介:2009年アメリカ映画。全世界で大ヒットを記録する超人気カーアクション『ワイルド・スピード』シリーズの第4作です。今回は第1作『ワイルド・スピード』(2001年公開)以来となるヴィン・ディーゼルとポール・ウォーカーの主演コンビが復活、麻薬密輸組織が絡んだ抗争に巻き込まれていきます。
監督:ジャスティン・リン 出演者:ヴィン・ディーゼル(ドミニク・トレット)、ポール・ウォーカー(ブライアン・オコナー)、ミシェル・ロドリゲス(レティ・オルティス)、ジョーダナ・ブリュースター(ミア・トレット)、サン・カン(ハン)、ガル・ガドット(ジゼル・ヤシャール)、ラズ・アロンソ(フェニックス・カルデロン)、ジョン・オーティス(レイモン・カンポス/アルトゥーロ・ブラガ)ほか

「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」のネタバレあらすじ結末

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTの紹介:2006年アメリカ映画。世界で最もヒットしているカーアクション映画『ワイルド・スピード』シリーズの第3作です。時系列としては第6作『ワイルド・スピード EURO MISSION』(2013年)と第7作『ワイルド・スピード SKY MISSION』(2015年)の間に起こった出来事を描き、タイトル通り日本・東京を舞台にしています。訳あって東京に流れ着いた車好きの高校生が恋わライバルとの死闘などを通じたドリフトの腕を磨いていく過程を描きます。本作がハリウッドデビュー作となる北川景子をはじめ数多くの日本人キャストが出演しています。
監督:ジャスティン・リン 出演者:ルーカス・ブラック(ショーン・ボズウェル)、サン・カン(ハン)、バウ・ワウ(トゥインキー)、ナタリー・ケリー(ニーラ)、ブライアン・ティー(タカシ)、北川景子(レイコ)、千葉真一(カマタ組長)、妻夫木聡(スターターの男)、ブライアン・グッドマン(ショーンの父)、リンダ・ボイド(ショーンの母)、KONISHIKI(刺青の男)、真木よう子(ショーンの父の愛人)、柴田理恵(教師)、土屋圭市(釣り人)、ヴィン・ディーゼル(ドミニク・トレット)ほか

「ワイルド・スピードX2」のネタバレあらすじ結末

ワイルド・スピードX2の紹介:2003年アメリカ映画。前作『ワイルド・スピード』(2001年)のヒットを受けて製作されたシリーズ第2作であり、ポール・ウォーカーがシリーズで唯一単独主演を務めた最初で最後の作品です。前作の事件により警察から追われる身となり、マイアミに流れ着いた元ロス市警のブライアン(ポール・ウォーカー)は罪の取り消しと引き換えに大物麻薬密売人の元に潜入捜査することになるのですが・・・。後に“ドミニク・ファミリー”の一員となるローマン(タイリース・ギブソン)とテズ(クリス・“リュダクリス”・ブリッジス)は本作で初登場となります。
監督:ジョン・シングルトン 出演者:ポール・ウォーカー(ブライアン・オコナー)、タイリース・ギブソン(ローマン・ピアース)、クリス・“リュダクリス”・ブリッジス(テズ・パーカー)、エヴァ・メンデス(モニカ・フェンテス)、コール・ハウザー(カーター・ベローン)、デヴォン青木(スーキー)ほか

「ワイルド・スピード」のネタバレあらすじ結末

ワイルド・スピードの紹介:2001年アメリカ映画。今や全世界で最も成功したカーアクション映画シリーズ「ワイルド・スピード」の記念すべき第1作です。ロサンゼルスのストリートレースシーンを舞台に、訳ありのカリスマレーサー・ドミニク(ヴィン・ディーゼル)と優れたドライビングテクニックを持つ潜入捜査官・ブライアン(ポール・ウォーカー)の奇妙な友情を描きます。本作の鍵を握るトヨタ・スープラをはじめ、劇中に数多く登場する日本車にも注目です。
監督:ロブ・コーエン 出演者:ヴィン・ディーゼル(ドミニク・トレット)、ポール・ウォーカー(ブライアン・オコナー(ブライアン・スピルナー))、ミシェル・ロドリゲス(レティ・オルティス)、ジョーダナ・ブリュースター(ミア・トレット)、リック・ユーン(ジョニー・トラン)、チャド・リンドバーグ(ジェシー)、ジョニー・ストロング(レオン)、テッド・レヴィン(タナー巡査部長)、マット・シュルツ(ヴィンス)ほか

キーワードから探す

TOP↑