映画のあらすじ

「街中の拳銃に狙われる男」のネタバレあらすじ結末

街中の拳銃に狙われる男の紹介:1955年アメリカ映画。雇われて町から町へと渡り歩き拳銃で悪党どもを退治する男をロバート・ミッチャムが演じる西部劇。ただし、この男かなり危険です。アンジー・ディキンソン(『リオ・ブラボー』、『殺しの分け前/ポイント・ブランク』『ビッグ・バッド・ママ』、『殺しのドレス』)がクレジットなしで踊り子の一人として出演しています。
監督:リチャード・ウィルソン 出演者:ロバート・ミッチャム(クリント・トリンジャー)、ジャン・スターリング(ネリー・ベイン)、バーバラ・ローレンス(アン・ウェイクフィールド)、カレン・シャープ(ステラ・アトキンス)、ジョン・ラプトン(ジェフ・キャッスル)、ヘンリー・ハル(リー・シムズ保安官)ほか

「アナザー・ハッピー・デイ ふぞろいな家族たち」のネタバレあらすじ結末

アナザー・ハッピー・デイ ふぞろいな家族たちの紹介:2011年アメリカ映画。それぞれに問題を抱えている家族が身内の結婚式に出席するため集まったことで巻き起こる騒動を描いたヒューマン・ドラマ。第27回サンダンス映画祭脚本賞を受賞したS・レヴィンソンの監督デビュー作。
監督:サム・レヴィンソン 出演:エレン・バーキン(リン)、ケイト・ボスワース(アリス)、エレン・バースティン(ドリス)、トーマス・ヘイデン・チャーチ(ポール)、エズラ・ミラー(エリオット)、デミ・ムーア(パティ)、ほか

「スーパーノヴァ 孤独な少女」のネタバレあらすじ結末

スーパーノヴァ 孤独な少女の紹介:2017年アメリカ映画。複雑な家庭環境の中で孤独感を募らせていた10代の少女が、後見人となった裕福な男性の助けを借りて、本当に大切なものを見つけ、夢に向かって歩き始める姿を描いた青春ドラマ。
監督:アン・マリエ・ヘス 出演:マディー・ハッソン、ビリー・バーク、ダビア・スネル、メローラ・ウォルターズ、リース・ワード、ほか

「メリッサ・マッカーシー in ザ・ボス」のネタバレあらすじ結末

メリッサ・マッカーシー in ザ・ボス 世界で一番お金が好き!の紹介:2016年アメリカ映画。孤児院で育った経験から、お金が全てと成りあがったものの、総てを失ったパワフルな女実業家が、元秘書のシングルマザーとともに復活し、家族の愛を手に入れるまでを描いたスーパーコメディ。
監督:ベル・ファルコーン 出演:メリッサ・マッカーシー(ミシェル)、クリステン・ベル(クレア)、キャシー・ベイツ(アイダ)、タイラー・ラビーン(マイク)、ピーター・ディンクレイジ(ルノー)、ほか

「ひかりをあててしぼる」のネタバレあらすじ結末

ひかりをあててしぼるの紹介:2015年日本映画。2006年に東京で実際に起きた殺人事件をモチーフにした映画。平凡なサラリーマン・谷中浩平は、ある日友人に誘われた合コンで一人の美女と出会い恋に落ちます。このことがきっかけで、浩平の人生は大きく変わることに…。
監督:坂牧良太 出演:忍成修吾(谷中浩平)、派谷恵美(木下智美)、永山たかし(巧)、桜井ユキ、ほか

「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド/死霊創世紀」のネタバレあらすじ結末

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド/死霊創世紀の紹介:1990年アメリカ映画。ジョージ・A・ロメロの傑作「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」を特殊メイクアーチストのトム・サビーニがリメイクした作品です。オリジナルをほぼ踏襲しながら、ヒロインのバーバラを闘う女に脚色し、ベンとハリーの確執を強く表現してます。ゾンビとの戦いの中にある、人間模様を映し出した内容になっています。
監督:トム・サヴィーニ 脚本:ジョージ・A・ロメロ 出演者:トニー・トッド(ベン)、パトリシア・トールマン(バーバラ)、トム・タウルズ(ハリー)、マッキー・アンダーソン(ヘレン)、ウィリアム・バトラー(トム)、ケイティ・フィネラン(ジュディー)、ビル・モーズリー(ジョニー)、ヘザー・メイザー(サラ)ほか

「デッド・ファクトリー」のネタバレあらすじ結末

デッド・ファクトリーの紹介:2011年カナダ映画。若い女性の失踪の捜索依頼を受けた探偵のパトリックはメーガンを連れ、女性が最後に訪れたケニービルの町へやって来ました。ケニービルの町こそ女性を拉致し、SEXの奴隷に改造して、町ぐるみで売りさばく恐ろしい場所で、二人は襲われメーガンが拉致されてしまいます・・・という内容のサスペンス映画です。
監督:ブルックス・ハンター 出演者:ダニー・ゲーシャン(パトリック)、ヴァネッサ・ブローズ(メーガン)、マイケル・スクラッチ(エイドリアン)、ドラン・デイモン・オッケマ(ドノバン)、イレーナ・アンゲロウツァ(ビクトリア)ほか

「意表をつくアホらしい作戦」のネタバレあらすじ結末

意表をつくアホらしい作戦の紹介:2018年アメリカ映画。70~80年代のアメリカコメディを沸かせたダグラス・ケニー。ナショナルランプーンを立ち上げ、『アニマル・ハウス』『ボールズ・ボールズ』で脚本を務めたダグが、いかにしてアメリカコメディ界で成功して転落していったかを元に描かれたコメディ映画。懐かしさ漂う80年代アメリカを存分に楽しめる作品となっています。
監督:デヴィット・ウェイン 出演:ウィル・フォーテ(ダグラス・ケニー)ドーナル・グリーソン(ヘンリー)、マーティン・マル(ダグラス・ケニー<語り>)、ナターシャ・リオン(アン・ビーツ)、カミーユ・グアティ(アレックス)、エミー・ロッサム(キャスリン)、ほか

「エージェント:コール」のネタバレあらすじ結末

エージェント:コールの紹介:2014年アメリカ映画。別れた妻・サラがメキシコで行方不明になったと弟のジョニーから連絡が入ったコールがメキシコに着くと、サラは麻薬カルテルに関する情報を追っていたことが原因で拉致された事を知り、サラの友人のグレイシーと共に探し始めるという、サスペンスアクション映画です。
監督:R・エリス・フレイザー 出演者:ゲイリー・ダニエルズ(コール)、ヴァネッサ・ヴァスケス(グレイシー)、マイケル・グレコ(ジョニー)、ファビアン・ロペス(セザール・モンテネグロ)ジャスティン・ネスビット(デール)、ルイス・ガティカ(ラウル・モンテネグロ)ほか

「THE CODE/暗号」のネタバレあらすじ結末

THE CODE/暗号の紹介:2008年日本映画。暗号解読を専門とする、情報科学研究所に上海のマフィアから暗号解読の依頼が入りました。探偵507が上海に向かうと、依頼人美蘭に会い、この暗号の向こうには旧日本軍の財宝があることを知ります・・・という内容探偵映画シリーズ「探偵事務所5」の劇場版第2弾です。探偵事務所のメンバーは名前ではなく、ナンバーで呼ばれています。
監督:林海象 出演者:尾上菊之助(507)、稲森いずみ(美蘭)、松岡俊介(情報屋)、斎藤洋介(523)、松方弘樹(椎名)、宍戸錠(宍戸)、佐野史郎(501)ほか

「ダークルーム」のネタバレあらすじ結末

ダークルームの紹介:2012年アメリカ映画。過去に自動車事故で恋人や友人を死なせてしまったミシェルは精神が不安定。カウンセラーのレイチェルの紹介で就いた職場は、レイチェルらが拉致監禁、拷問するための屋敷でした・・・という内容のトーチャーポルノ的な、サスペンスホラー映画です。
監督:ブリット・ネイピア 出演者:ケイリー・デファー(ミシェル)、エリザベス・ローム(レイチェル/ナンシー)、クリスチャン・キャンベル(ラリー)、トビアス・シーガル(ダニエル)ほか

「ブラック・レイジ 血を継ぐ者たち」のネタバレあらすじ結末

ブラック・レイジ 血を継ぐ者たちの紹介:2014年カナダ映画。預けられていた叔父の暴力に耐えかね、兄の住む実家のある島に戻ったジェイク。兄のノエルは恋人ポーラと一緒に住んでいて快く迎え入れてくれたものの、徐々にノエルの狂暴性が現れ始めました・・・という内容のバイオレンス作品です。ラストにジェイクの家族のすべてが開かされます。
監督:ジェイソン・ボルク 出演者:マシュー・マッコール(ノエル)、ダコタ・ダルビー(ジェイク)、クリスティ・バーク(ポーラ)ほか

「伏 鉄砲娘の捕物帳」のネタバレあらすじ結末

伏 鉄砲娘の捕物帳の紹介:2012年日本映画。桜庭一樹の小説『伏 贋作・里見八犬伝』を原作として文藝春秋創立90周年記念として制作された劇場アニメーション。猟銃使いの少女・浜路は、兄道節に呼ばれ江戸の町にやってきました。初めて見る江戸の賑わいに戸惑う浜路は、信乃という青年の逃走劇に巻き込まれてしまいます。無事逃げ延びた浜路は、信乃の手助けにより道節と出会うことができましたが、道節が浜路を江戸に呼び寄せたのは江戸を騒がす「伏」と呼ばれる半人半犬の集団を狩るためでした。しかし、実は、信乃がその伏の一員で、そうとは知らない浜路は、偶然再会した信乃に惹かれていきます。
監督:宮地昌幸 声優:浜路(寿美菜子)、信乃(宮野真守)、冥土(宮本佳那子)、道節(小西克幸)、船虫(坂本真綾)、凍鶴(水樹奈々)、馬加(神谷浩史)、徳川家定(野島裕史)、滝沢馬琴(桂歌丸)、ほか

「硝煙」のネタバレあらすじ結末

硝煙の紹介:1956年アメリカ映画。南北戦争勃発直前、ゴールドラッシュのコロラド。南部からの流れ者が酒場の女と、開拓者精神にあふれるレディーの心をつかむ。監督は『キャット・ピープル』や『過去を逃れて』のジャック・ターナー。画面縦横比1:2のスーパースコープで公開されたカラー西部劇。
監督:ジャック・ターナー 出演者:ロバート・スタック(オーウェン・ペンテコスト)、ヴァージニア・メイヨ(アン・メリー)、ルース・ローマン(ボストン)、レイモンド・バー(ジャンボ・ミーンズ)、アレックス・ニコル(スティーヴン・カービー)、ほか

「アンダルシアの犬」のネタバレあらすじ結末

アンダルシアの犬の紹介:1928年フランス映画。巨匠ルイス・ブニュエルの処女作にして、シュルレアリスムの傑作。共同脚本にサルバドール・ダリを迎え、脈絡の無い悪夢的な世界を表現している。明快なストーリーが存在しないため、観る者は断片的なイメージから何かしらの意味を見出すことを要求される。1人の男が窓辺で剃刀を研いでいた。夜空を見上げると、丸い月に一筋の雲がかかり始める。男は若い女の目を開き、その眼球を剃刀で切り裂いたのだった。
監督:ルイス・ブニュエル 出演者:ピエール・バチェフ(男)、シモーヌ・マルイユ(若い女)、ハイメ・ミラビエス、サルバドール・ダリ、ルイス・ブニュエルほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 836

キーワードから探す

TOP↑