映画のあらすじ

「僕等がいた 後篇」のネタバレあらすじ結末

僕等がいた 後篇の紹介:2011年日本映画。高校時代に紆余曲折の末、惹かれ合い付き合う事ができた七美と矢野。しかし、離れ離れになってしまった2人、6年の時が過ぎてすっかり大人になった彼らは、再び出会うことができるのか。前編では語られなかった秘密が語られます。
監督:三木孝浩 出演:生田斗真(矢野元晴)、吉高由里子(高橋七美)、高岡蒼甫(竹内匡史)、本仮屋ユイカ(山本有里)、比嘉愛未(千見寺亜希子)、小松彩夏(山本奈々)、柄本佑(アツシ)、須藤理彩(竹内文香)、麻生祐未(矢野庸子)、ほか

「僕等がいた 前篇」のネタバレあらすじ結末

僕等がいた 前篇の紹介:2011年日本映画。2002年に連載を開始し発行部数1000万部を越え、アニメ化にもなった人気コミックを原作に製作されました。生田斗真と吉高由里子の主演が注目され、特に当時24歳だった吉高由里子が女子高生役を卒なく演じたことも話題になりました。
監督:三木孝浩 出演:生田斗真(矢野元晴)、吉高由里子(高橋七美)、高岡蒼甫(竹内匡史)、本仮屋ユイカ(山本有里)、小松彩夏(山本奈々)、柄本佑(アツシ)、須藤理彩(竹内文香)、麻生祐未(矢野庸子)、ほか

「ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021の紹介:2021年日本映画。「映画ドラえもん」シリーズ41作目で、1985年公開の『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争』をベースにしたアニメ映画。ゲスト声優として、香川照之がクーデターを起こしピリカ星を支配する独裁者のギルモア将軍を、松岡茉優が今作のオリジナルキャラクターであるピリカ星の大統領パピの姉ピイナを演じるほか、朴ろ美、梶裕貴、諏訪部順一らが参加する。
監督:山口晋 声優:ドラえもん(水田わさび)、野比のび太(大原めぐみ)、源静香〔しずか〕(かかずゆみ)、剛田武〔ジャイアン〕(木村昴)、骨川スネ夫(関智一)、野比玉子〔のび太のママ〕(三石琴乃)、出木杉英才(萩野志保子)、しずかのママ(折笠愛)、パピ(朴・美)、ロコロコ(梶裕貴)、ピイナ(松岡茉優)、地下リーダー(内海崇)、パイロット(駒場孝)、ギルモア(香川照之)、ドラコルル(諏訪部順一)、ほか

「愛なのに」のネタバレあらすじ結末

愛なのにの紹介:2021年日本映画。今泉力哉と城定秀夫が互いに脚本を持ち寄りR15+指定のラブストーリーを制作するコラボレーション企画「L/R15」の一環として製作されたラブコメディです。古本屋の店主、店主に突然求婚する女子高生、店主の憧れながらも婚約者のいる女性が織りなす先の読めないラブコメディが描かれます。主演を瀬戸康史が務め、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のメンバーであるさとうほなみらが脇を固めています。
監督:城定秀夫 出演者:瀬戸康史(多田浩司)、さとうほなみ(佐伯一花)、河合優実(矢野岬)、中島歩(亮介)、向里祐香(隈本美樹)、丈太郎(正雄)、毎熊克哉(広重)、オセロ(カンタ)ほか

「ポプラン」のネタバレあらすじ結末

ポプランの紹介:2020年日本映画。「カメラを止めるな」で一躍脚光を浴びた上田慎一郎監督が、10年間も暖めてきた企画を映像化。ある日突然、自分のイチモツが消えてしまった主人公の田上。消えた謎に迫るべく、田上はポプランの会という団体に接触し、その真実を知り、自らのポプランを追っていくことになります。
監督:上田慎一郎 出演:皆川暢二(田上)、アベラヒデノブ(吉田)、徳永えり(奈緒)、しゅはまはるみ、井関友香、永井秀樹、竹井洋介、ほか

「バッテリー」のネタバレあらすじ結末

バッテリーの紹介:2006年日本映画。あさのあつこの大ヒット小説を原作とする実写映画化。ピッチャーとして天才的な能力を持つ主人公の少年・巧が相棒の捕手・豪を得て、その才能を遺憾なく発揮していき、いくつかの困難を乗り越え、成長していく姿を描いています。
監督:滝田洋二郎 出演:林遣都(原田巧)、山田健太(永倉豪)、鎗田晟裕(原田青波)、蓮佛美沙子(矢島繭)、天海祐希(原田真紀子)、岸谷五朗(原田広)、萩原聖人(戸村真)、上原美佐(小野薫子)、濱田マリ(永倉節子)、米谷真一(沢口文人)、太賀(東谷啓太)、菅原文太(井岡洋三)、ほか

「モービウス」のネタバレあらすじ結末

モービウスの紹介:2022年アメリカ映画。コロンビア・ピクチャーズとマーベル・エンターテインメントが贈る、スパイダーマンの敵役として知られるキャラクター『モービウス』の誕生を描いたダークアクション作品です。「ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース」第3作目となる本作は、血液の難病を抱える主人公が治療のためにコウモリの血清を使ったことで肉体や能力が激しく変化し、思いもよらぬ闘いに巻き込まれていく過程を描きます。
監督:ダニエル・エスピノーサ 出演者:ジャレッド・レト(マイケル・モービウス)、マット・スミス(マイロ/ルシアン)、アドリア・アルホナ(マルティーヌ・バンクロフト)、ジャレッド・ハリス(エミール・ニコラス)、タイリース・ギブソン(サイモン・ストラウド)、アル・マドリガル(アルベルト・ロドリゲス / アル)、チャーリー・ショットウェル(少年時代のマイケル・モービウス)、ジョセフ・エッソン(少年時代のマイロ)、コーリイ・ジョンソン(ミスター・フォックス)、マイケル・キートン(エイドリアン・トゥームス/バルチャー)ほか

「余命10年」のネタバレあらすじ結末

余命10年の紹介:2021年日本映画。小坂流加が2007年に発表した同名小説を小松菜奈と坂口健太郎のダブル主演で映画化したラブロマンス作品です。数万人に一人の難病を患い、余命が10年であることを知った女性が生きる希望を見失った同窓生の男性との恋を通じて残された人生を精一杯生きる姿を描きます。主題歌および音楽はロックグループ「RADWIMPS」が手掛けています。
監督:藤井道人 出演者:小松菜奈(高林茉莉)、坂口健太郎(真部和人)、山田裕貴(富田タケル)、奈緒(藤崎沙苗)、井口理(三浦アキラ)、黒木華(高林桔梗)、田中哲司(平田先生)、リリー・フランキー(梶原玄)、原日出子(高林百合子)、松重豊(高林明久)、山中崇(鈴岡聡)、安藤聖(礼子)、富山えり子(寺田美幸)、根矢涼香(絵梨)、上原実矩(美弥)、三浦透子(サオリ)、安部賢一(礼子の夫)、川原瑛都(礼子の息子)、MEGUMI(並川)、安井順平(会社の人事担当者)、山下容莉枝(高林家の親戚)、中島唱子(高林家の親戚)、呉城久美(和人の店の客)ほか

「フォーエバー・パージ」のネタバレあらすじ結末

フォーエバー・パージの紹介:2021年アメリカ映画。人種差別的な政党が政権を掌握したアメリカで、12時間だけ殺人を含むあらゆる犯罪が合法になるパージが行われます。ところがパージが終わってもメキシコ移民を敵視する白人グループによる殺人、暴力、放火などの犯罪が続きます。メキシコ系のアデラとホアンは、パージを避けながらアメリカからメキシコへの脱出の旅を続けます。激しいアクション、カーチェイス、戦闘シーンが見どころになっています。
監督:エヴェラウド・ヴァレリオ 出演:アナ・デ・ラ・レゲラ(アデラ)、テノッチ・ウエルタ(ホアン)、ジョッシュ・ルーカス(ディラン・タッカー)、キャシディ・フリーマン(キャシディ・タッカー)、ウィル・パットン(ケイレブ・タッカー)レヴェン・ランビン(ハーパー・タッカー)、ほか

「エコー・イン・ザ・キャニオン」のネタバレあらすじ結末

エコー・イン・ザ・キャニオンの紹介:2018年アメリカ映画。ロサンゼルスとハリウッド近郊にあるローレル・キャニオンは、1960年代半ばに多くのミュージシャンが集まり、多くのヒット曲をだしました。本作は1960年代のローレル・キャニオンを当時のミュージシャンたちが振り返ります。ボブ・ディランの息子ジェイコブがミュージシャンをインタビューしながら進みます。
監督:アンドリュー・スレイター 出演:トム・ペティ、エリック・クラプトン、ブライアン・ウィルソン、リンゴ・スター、スティーヴン・スティルス、デヴィッド・クロスビー、ミシェル・フィリップス、ジャクソン・ブラウン、ジョン・セバスチアン、グラハム・ナッシュ、ロジャー・マッギン、ルー・アドラー、ベック、ノラ・ジョーンズ、フィオナ・アップル、キャット・パワー、ジェイド・カストリニス、レジーナ・スペクター、ほか

「シェイン 世界が愛する厄介者のうた」のネタバレあらすじ結末

シェイン 世界が愛する厄介者のうたの紹介:2020年アメリカ, イギリス, アイルランド映画。シェイン・マガウアンは、1957年イギリス生まれ。彼は5歳で酒とタバコをはじめ、10代で麻薬所持で学校を中退。1970年代に流行したパンク音楽に出会い歌手として大ブレークします。アイルランドにルーツを持つ彼は愛国心を歌にします。一方、ステージで酒やタバコをやり麻薬中毒になるなどの醜態をさらします。問題を抱えながらもアイルランド人の誇りを高めます。本作はアイルランド系の人気歌手シェインの破天荒な人生を彼自身のインタビューで振り返るドキュメンタリー映画です。
監督:ジュリアン・テンプル 出演:シェイン・マガウアン、ジョニー・デップ、ヴィクトリア・マリー・クラーク(妻)、モーリス・マガウアン(父)、テレサ・マガウアン(母)、ショバン・マガウアン(姉)、ほか

「セールスマン」のネタバレあらすじ結末

セールスマンの紹介:2016年イラン, フランス映画。イランとフランスの合作で2度目のアカデミー賞外国語映画賞を獲得した作品。劇団をしている夫婦、妻が何者かに襲われた事で生活が一変し、夫は犯人探しに躍起になり始めます。やがて犯人に辿り着くと彼らに皮肉とも言える結末が待ち受けていました。
監督:アスガー・ファルハディ 出演:シャハブ・ホセイニ(エマッド)、タラネ・アリシュスティ(ラナ)、ファリド・サッジャディホセイニ(義父)、ミナ・サダティ(サナム)、ババク・カリミ(ババク)、ほか

「ポリスアカデミー」のネタバレあらすじ結末

ポリスアカデミーの紹介:1984年アメリカ映画。警察学校の生徒たちが巻き起こす騒動を描いたコメディ映画。後に7作続く人気シリーズになっていくその記念すべき第一作となります。警察学校に通うことになったチンピラのマホーニーが、騒動を通じて成長していきます。
監督:ヒュー・ウィルソン 出演:スティーヴ・グッテンバーグ(ケリー・マホーニー)、G・W・ベイリー(ハリス警部補)、ジョージ・ゲインズ(ラサール校長)、キム・キャトラル(カレン・トンプソン)、ババ・スミス(モーゼス・ハイタワー)、ドノヴァン・スコット(レスリー・バーバラ)、アンドリュー・ルービン(ジョージ・マーティン)、デヴィッド・グラフ(タックルベリー)、ブルース・マーラー(ダグ・ファックラー)、レスリー・イースターブルック(キャラハン)、マイケル・ウィンスロー(ラーヴェル・ジョーンズ)、デブラリー・スコット(ファックラー夫人)、テッド・ロス(リード署長)、スコット・トムソン(チャド・コープランド)、ブラント・フォン・ホフマン(カイル・ブランクス)、マリオン・ラムジー(ラヴァーン・フックス)、ジョージナ・スペルヴィン(娼婦)、ほか

「ハッチング 孵化」のネタバレあらすじ結末

ハッチング―孵化―の紹介:2022年フィンランド映画。新鋭ハンナ・ベルイホルム監督の長編初監督作品。一見なんの問題もなく幸せだった一家に、娘がある卵を持ち込んだために起こった悲劇を描いています。不思議な卵から生まれた不思議な雛鳥が徐々に変貌し、誰もがうらやむ完璧な家族の本当の姿を暴き出していきます。
監督:ハンナ・ベルイホルム 出演:シーリ・ソラリンナ(ティンヤ アッリ)、ソフィア・ヘイッキラ(母親)、ヤニ・ヴォラネン(父親)、レイノ・ノルディン(テロ)、ほか

「マリー・ミー」のネタバレあらすじ結末

マリー・ミーの紹介:2022年アメリカ映画。世界的な歌姫キャット・バルディスは、音楽界の超新星バスティアンとのデュエット曲「Marry Me」を歌いながら大観衆の前で華々しい結婚式を挙げる予定だった。しかし挙式の直前、バスティアンの浮気がSNSで拡散されてしまう。キャットは失意のままステージに登壇し観客の中からひとりの男を指名すると、突然プロポーズをするという驚きの行動に出る。新たなお相手は冴えない平凡な数学教師。周囲のスタッフやマスコミ、そしてファンたちは大混乱。お互いを知るところから始まった結婚生活は前途多難な道のりだった。そんな中、バスティアンとのデュエット曲「Marry Me」がグラミー賞にノミネートされた。これを機にキャットとバスティアンの関係も親密になっていく。原作はボビー・クロスビーの同名グラフィックノベル。ジェニファーとマルーマの歌がストーリーを彩り、圧巻のウェディングドレスをはじめとする豪華な衣装や、煌びやかなステージも見どころ。
監督:カット・コイロ 出演:ジェニファー・ロペス(キャット・バルディス)、オーウェン・ウィルソン(チャーリー)、マルーマ(バスティアン)、ジョン・ブラッドリー(コリン)、サラ・シルバーマン(パーカー)、クロエ・コールマン(ルー)、ミシェル・ブトー(メリッサ)、カリル・ミドルトン(コフィ)、カット・カニング(タイラ)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 823

キーワードから探す

TOP↑