映画のあらすじ

「報復者」のネタバレあらすじ結末

報復者の紹介:2013年韓国映画。高校時代にチャンシクからいじめを受け続けたジュンソク。止めに入った彼女のソウンまでレイプされ自殺してしまいます。20年後、高校中退のレッテルを貼られ就職もできないジュンソクの前に、一流企業のエリートとして働くチャンシクが現れます。復讐心に火がついたジュンソクは、チャンソクを地に落とすため行動を起こしはじめるのでした。イジメ、学歴社会、貧困の差など韓国が抱える問題を背景に、ジュンソクの高校時代の恨みを、20年後にはらそうとするサスペンス映画です。
監督:シン・ドンヨプ 出演者:チュ・サンウク(イ・ジュンソク) 、ヤン・ドングン(カン・チャンシク) 、イ・テイム(ジヒ) 、チャン・テソン(トゥジュン)ほか

「ラバーボーイ」のネタバレあらすじ結末

ラバーボーイの紹介:2014年カナダ映画。学費を稼ぐために、GIRLHOUSEというサイトでヌードライブチャットをやり始めたカイリーにラバーボーイというバンドル名の男が予約を入れます。サイトをハッキングして自分の顔写真を送ったラバーボーイでしたが、同僚のリズがラバーボーイの顔写真をプリントしリビングに貼りつけてしまいます。ラバーボーイは少年時代、自分を馬鹿にした女の子を殺した過去があります。ライブカメラで、落書きされた自分の写真を見たラバーボーイに、少年時代の悪夢がよみがえります。ライブチャットを題材にしたエロチックスラッシャー映画です。
監督:トレヴァー・マシューズ、ジョン・ノーツ 出演者:アリ・コブリン(カイリー)、アダム・ディマルコ(ベン)、スレイン(ラバーボーイ)、アリソン・バス(デボン)、エリシア・ロタル(ヘザー)、アリス・ハンター(キャット)ほか

「コンジアム」のネタバレあらすじ結末

コンジアムの紹介:2018年韓国映画。韓国最恐の心霊スポット”コンジアム精神病院”に潜入し動画配信をしているハジュンら7人。ヤラセを駆使して再生数を稼ぐ予定でしたが、本当に霊が現れパニックに陥ってしまいます。はたして7人の運命は?という内容の、実在するコンジアム精神病院跡でPOV手法で撮影されたホラー映画です。
監督:チョン・ボムシク 出演者:ウィ・ハジュン(ハジュン)、パク・チヒョン(ジヒョン)、オ・アヨン(アヨン)、ムン・イェウォン(シャーロット)、パク・ソンフン(ソンフン)、イ・スンウク(スンウク)、ユ・チェユン(ジェユン)ほか

「アメリカン・マミー アステカの生贄」のネタバレあらすじ結末

アメリカン・マミー アステカの生贄の紹介:2014年アメリカ映画。ニユーメキシコの砂漠でアステカの神と呼ばれるミイラをベッカとカルメンが発見します。2週間後、ジェンセン教授らと一緒に発掘にやってきたベッカらでしたが、カルメンが、ミイラにキスをしながらアステカの神復活の儀式をやったことから、ゾンビ化するウィルスに感染し、やがて殺し合いが始まるという内容の、アドベンチャーゾンビ作品です。低予算ながらゴア描写が多いのですが、残虐シーンにはことごとくボカシが入れられています。
監督:チャールズ・ピニオン 出演者:スージー・ブロック(ジェンセン教授)、エイダン・ブリストウ(マックス)、アーロ・ンバート(デレク)、エスター・カナタ(カルメン)、エリン・コンドリー (コニー)、ジャック・グリメット(フィリップ)ほか

「ファミリープラン」のネタバレあらすじ結末

ファミリープランの紹介:2023年アメリカ映画。『テッド』『トランスフォーマー』シリーズなどのマーク・ウォールバーグが主演を務め、Apple TV+にて配信されたアクションコメディです。かつて政府お抱えの一流殺し屋だった主人公はその過去を家族に隠していましたが、過去に因縁のある敵が現れたため家族を守るため再び戦うことに・・・。
監督:サイモン・セラン・ジョーンズ 出演者:マーク・ウォールバーグ(ダン・モーガン)、ミシェル・モナハン(ジェシカ・モーガン)、ゾーイ・コレッティ(ニーナ・モーガン)、バン・クロスビー(カイル・モーガン)、イリアナ・モリス(マックス・モーガン)、サイード・タグマウイ(オーギー)、マギー・Q(グウェン)、キアラン・ハインズ(マキャフリー)、ジョイナー・ルーカス(クーガン)、ケレン・ボイル(サイラス)ほか

「シャクラ」のネタバレあらすじ結末

シャクラの紹介:2023年香港, 中国映画。香港を代表する武侠小説家・金庸の長編小説「天龍八部」を原作に、国際的アクションスターであるドニー・イェン自ら監督・製作・主演を務めて映画化されたアクション作品です。ドニー・イェンは原作の4人の主人公のうち「喬峯」を演じ、宋の時代の中国を舞台に殺人犯に仕立て上げられた喬峯主人公が自身の潔白を証明しようと闘う姿を描きます。実写版『るろうに剣心』シリーズなどでアクション監督を務めた谷垣健治が本作でもアクション監督を務めています。
監督:ドニー・イェン 出演者:ドニー・イェン(喬峯)、チェン・ユーチー(阿朱)、リウ・ヤースー(阿紫)、ウー・ユエ(慕容復)、カラ・ワイ(阮星竹)、チョン・シウファイ(段正淳)、グレース・ウォン(馬康敏)、ドー・ユーミン(白世鏡)、レイ・ロイ(慕容博)、チョイ・シウミン(鳩摩智)ほか

「哀れなるものたち」のネタバレあらすじ結末

哀れなるものたちの紹介:2023年イギリス映画。スコットランドの作家アラスター・グレイが1992年に発表した小説『Poor Things』を、『女王陛下のお気に入り』(2018年)で組んだヨルゴス・ランティモス監督とエマ・ストーンが再びタッグを組んで映画化したSFラブコメディー作品です。エマ・ストーンはプロデューサーも兼任し、天才外科医によって死から蘇り世界を知るための冒険の旅を通じて成長していく主人公を体当たりで演じています。本作は第80回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で金獅子賞を受賞しています。
監督:ヨルゴス・ランティモス 出演者:エマ・ストーン(ベラ・バクスター)、マーク・ラファロ(ダンカン・ウェダバーン)、ウィレム・デフォー(ゴドウィン・バクスター)、ラミー・ユセフ(マックス・マッキャンドレス)、ジェロッド・カーマイケル(ハリー・アストレー)、クリストファー・アボット(アルフィー・ブレシントン)、マーガレット・クアリー(フェリシティ)、キャサリン・ハンター(マダム・スワイニー)、スージー・ベンバ(トワネット)、ヴィッキー・ペッパーダイン(プリム夫人)、ハンナ・シギュラ(マーサ・フォン・カーツロック)ほか

「#ミトヤマネ」のネタバレあらすじ結末

#ミトヤマネの紹介:2023年日本映画。SNSで活躍するカリスマインフルエンサーを主人公とし、ネット社会の恐怖を描いた新感覚スリラー作品です。ネット世界で絶大な人気を誇る主人公は誰でも自分の顔になれるディープフェイクアプリとコラボすることになりましたが、やがて次々と彼女の顔を悪用する人間が現れたことからトラブルに巻き込まれ転落していきます。
監督:宮崎大祐 出演者:玉城ティナ(山根ミト(ミトヤマネ))、湯川ひな(山根ミホ)、稲葉友(田辺キヨシ)、片岡礼子(松本弁護士)、安達祐実(山城紗智子)、筒井真理子(木村)ほか

「ある閉ざされた雪の山荘で」のネタバレあらすじ結末

ある閉ざされた雪の山荘での紹介:2024年日本映画。全員役者、全員容疑者・・・ミステリー・サスペンスの巨匠・東野圭吾が1992年に発表した同名小説を重岡大毅(WEST.)の主演で映画化したミステリー作品です。外部とは遮断された山荘に集められた7人の劇団員。「吹雪の山荘」という仮想の状況下で舞台練習を強いられた劇団員でしたが一人、また一人と行方不明になっていき・・・。
監督:飯塚健 出演者:重岡大毅(久我和幸)、中条あやみ(中西貴子)、岡山天音(田所義雄)、西野七瀬(元村由梨江)、堀田真由(笠原温子)、戸塚純貴(雨宮恭介)、森川葵(麻倉雅美)、間宮祥太朗(本多雄一)ほか

「コンクリート・ユートピア」のネタバレあらすじ結末

コンクリート・ユートピアの紹介:2023年韓国映画。世界的な大災害で壊滅した韓国・ソウルを舞台に、唯一崩落を免れたアパートに集まった生存者たちの争いを描いたパニックスリラーです。生存者たちは秩序を維持するために代表者を選ぶことになり、素性の不明な男が代表者となるのですが、次第に男は狂気を露わにしていき・・・。
監督:オム・テファ 出演者:イ・ビョンホン(キム・ヨンタク/モ・セボム)、パク・ソジュン(キム・ミンソン)、パク・ボヨン(チュ・ミョンファ)、キム・ソニョン(キム・グメ)、パク・ジフ(ムン・ヘウォン)、キム・ドユン(ドギュン)、イ・ヒョジェ(ジヒョク)、パク・ジョンファン(本物のキム・ヨンタク)、クォン・ウンソン(ジュモン)、イ・ソンヒ(ジュモンの母)、ナ・チョル(国会議員の補佐官)、キム・ハクソン(ユ・ドヒョン)ほか

「ロスト・フライト」のネタバレあらすじ結末

ロスト・フライトの紹介:2022年アメリカ映画。悪天候の中、落雷でコントロールを失ったトレイルブレイザー119便は、奇跡的にフィリピンのホロ島に不時着した。難しいフライトだったにも関わらず、トランス機長は乗客17名の命を守った。しかし、そこは凶暴な反政府ゲリラが支配する世界最悪の無法地帯だった。ゲリラに追われながら、トランス機長は乗客の1人だった移送中の犯罪者、ガスパールと手を組む事を決意する。
監督:ジャン=フランソワ・リシェ 出演:ジェラルド・バトラー(ブロディ・トランス)、マイク・コルター(ルイス・ガスパール)、ヨソン・アン(サミュエル・デレ)、ダニエラ・ピネダ(ボニー・レイン)、トニー・ゴールドウィン(スカースデイル)、レミ・アデレケ(シェルバック巡査)ほか

「劇場版 機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」のネタバレあらすじ結末

劇場版 機動戦士ガンダムSEED FREEDOMの紹介:2024年日本映画。日本ロボットアニメの金字塔『ガンダム』シリーズの中でも絶大な人気を誇る『SEED』シリーズ。本作はテレビシリーズ『機動戦士ガンダムSEED』(2002年~2003年)、その続編『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』(2004年~2005年)に続く約20年ぶりの完全新作です。本作は『SEED DESTINY』から2年後が舞台となり、監督はテレビシリーズ2作を手がけた福田己津央が続投、オリジナルキャストもほぼ再集結、新メンバーとして『鬼滅の刃』の下野紘や松岡禎丞、初代ガンダムが登場する『レディ・プレイヤー1』から森崎ウィンらが参戦しています。音楽はテレビシリーズおよびガンダムシリーズゆかりの西川貴教(T.M.Revolution)、小室哲哉、See-Saw、中島美嘉らが参加しています。
監督:福田己津央 脚本:両澤千晶、後藤リウ、福田己津央 原作:矢立肇、富野由悠季 主題歌:西川貴教 with t.komuro『FREEDOM』、See-Saw『去り際のロマンティクス』 声優: 保志総一朗(キラ・ヤマト)、田中理恵(ラクス・クライン)、石田彰(アスラン・ザラ)、森なな子(カガリ・ユラ・アスハ)、鈴村健一(シン・アスカ)、坂本真綾(ルナマリア・ホーク)、桑島法子(アグネス・ギーベンラート)、子安武人(ムウ・ラ・フラガ)、三石琴乃(マリュー・ラミアス)、大塚芳忠(アレクセイ・コノエ)、福山潤(アルバート・ハインライン)、根谷美智子(ヒルダ・ハーケン)、諏訪部順一(マーズ・シメオン)、楠大典(ヘルベルト・フォン・ラインハルト)、高橋広樹(アーサー・トライン)、戸松遥(アビー・ウィンザー)、佐倉綾音(トーヤ・マシマ)、 鎌倉有那(リオ・マオ)、柳沢三千代(エリカ・シモンズ)、折笠富美子(メイリン・ホーク)、関智一(イザーク・ジュール)、笹沼晃(ディアッカ・エルスマン)、藤真秀(ター・ド・ラメント)、江頭宏哉(ハリ・ジャガンナート)、日野由利加(フォスター)、田村ゆかり(アウラ・マハ・ハイバル)、下野紘(オルフェ・ラム・タオ)、中村悠一(シュラ・サーペンタイン)、上坂すみれ(イングリット・トラドール)、福圓美里(リデラード・トラドール)、松岡禎丞(ダニエル・ハルパー)、利根健太朗(リュー・シェンチアン)、森崎ウィン(グリフィン・アルバレスト)ほか

「アリスとテレスのまぼろし工場」のネタバレあらすじ結末

アリスとテレスのまぼろし工場の紹介:2023年日本映画。『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』シリーズの脚本などを手掛けてきた岡田麿里の自身監督作品2作目として製作された長編アニメーション映画です。本作は『呪術廻戦』『チェンソーマン』などの人気アニメを手がけてきたスタジオ『MAPPA』の初のオリジナル作品となり、製鉄所の爆発事故により全ての出口を失ったあげく時間が止まった町で主人公の少年少女たちの恋する衝動が閉じられた世界を動かしていく様を描いていきます。
監督:岡田麿里 主題歌:中島みゆき 声優:榎木淳弥(菊入正宗)、上田麗奈(佐上睦実)、久野美咲(五実)、八代拓(笹倉大輔)、畠中祐(新田篤史)、小林大紀(仙波康成)、齋藤彩夏(園部裕子)、河瀬茉希(原陽菜)、藤井ゆきよ(安見玲奈)、佐藤せつじ(佐上衛)、瀬戸康史(菊入昭宗)、林遣都(菊入時宗)、行成とあ(菊入美里)、多田野曜平(菊入宗司)ほか

「カラオケ行こ!」のネタバレあらすじ結末

カラオケ行こ!の紹介:2024年日本映画。漫画家・和山やま原作の同名漫画を綾野剛の主演で実写映画化した音楽コメディ作品です。合唱部部長を務める中学生がヤクザから歌を教えてほしいと頼まれ、次第に奇妙な友情が育まれていく過程が描かれます。本作はYOSHIKI率いるロックバンド「X JAPAN」の代表曲『紅』が物語のカギを握る重要な位置づけとなり、主題歌はガールズボーカルグループ「Little Glee Monster」による『紅』のカバーとなっています。
監督:山下敦弘 出演者:綾野剛(成田狂児)、齋藤潤(岡聡実)、芳根京子(森本もも)、橋本じゅん(小林)、やべきょうすけ(唐田)、吉永秀平(銀次)、チャンス大城(尾形)、RED RICE(湘南乃風)(峯)、八木美樹(中川)、後聖人(和田)、岡部ひろき(松原)、坂井真紀(岡優子)、宮崎吐夢(岡晴実)、ヒコロヒー(和子)、加藤雅也(田中正)、北村一輝(祭林組組長)ほか

「ゴールデンカムイ」のネタバレあらすじ結末

ゴールデンカムイの紹介:2024年日本映画。通算2700万部(2024年1月現在)を売り上げ、アニメ化もされた野田サトルの同名大ヒット漫画を山﨑賢人と山田杏奈のダブル主演で実写映画化した歴史サバイバルバトル作品です。本作は原作の序盤部分の映像化となり、明治時代後期の北海道を舞台に不死身の異名を持つ主人公の元軍人とアイヌの少女、脱獄囚、新撰組の生き残りなど様々な思惑を持った人々がアイヌから奪われた金塊を巡って争奪戦を繰り広げる様を描きます。
監督:久保茂昭 主題歌:ACIDMAN「輝けるもの」 出演者:山﨑賢人(杉元佐一)、山田杏奈(アシリパ)、眞栄田郷敦(尾形百之助)、矢本悠馬(白石由竹)、工藤阿須加(月島基)、柳俊太郎(二階堂浩平/二階堂洋平)、大谷亮平(谷垣源次郎)、勝矢(牛山辰馬)、木場勝己(永倉新八)、大方斐紗子(フチ)、マキタスポーツ(後藤竹千代)、秋辺デボ(大叔父)、玉木宏(鶴見篤四郎)、舘ひろし(土方歳三)、高畑充希(剣持梅子)、泉澤祐希(剣持寅次)、井浦新(ウイルク)、島津健太郎(笠原勘次郎)、山内圭哉(玉井芳蔵)、堀部圭亮(和田光示)、成松修(岡田文夫)、青木健(野間直明)、永尾柚乃(オソマ)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 878

キーワードから探す

  • 人気記事ランキング

    まだデータがありません。

TOP↑