映画のあらすじ

「ビジネスマン必勝講座 ヤクザに学ぶ交渉術」のネタバレあらすじ結末

ビジネスマン必勝講座 ヤクザに学ぶ交渉術の紹介:2007年日本映画。小沢仁志をナビゲーターに、いざという時にヤクザ達が、覚悟を決め度胸だけで修羅場を切り抜ける方法を、4つの話で紹介するオムニバス作品です。山平重樹著の「ヤクザに学ぶ交渉術」の実写映画化です。
監督:佃謙介 出演者:長門裕之(A組長)、遠藤憲一(若頭補佐Y)、斎藤洋介(R組長)、温水洋一(詐欺師F)、成瀬正孝(G組長)、小沢仁志(ナビゲーター)ほか

「ザ・ガールズ」のネタバレあらすじ結末

ザ・ガールズの紹介:2014年カナダ映画。若い女性をナンパし、金を渡しSEXまで持っていく男たち。彼らはこれを動画に収め、ポルノ業界で成功を収めていましたが。しかし彼らに復讐を誓った女二人に拉致され、一人は射殺され、もう一人は拷問を受け始めました…という内容の強姦された女性たちによるリベンジムービーです。
監督:ジェフリー・アンダーセン 出演:ジェシカ・ハーモン(ベス)、エリース・ガティアン(サム)、アンドリュー・フランシス(スティーブ)、マシュー・アンダーソン(マーク)、グレイストン・ホルト(ジョン)ほか

「CHAOS カオス」のネタバレあらすじ結末

CHAOS カオスの紹介:2017年ドイツ映画。ケバブ店で客たちを全員射殺したタンとジャビド。この二人に復讐するため、両親を殺され一人生き残ったエリアナは、カーソンを通じて色々な殺し屋を二人に送りこみました。この行動はアレンドの書く脚本通りに進んでいることがわかり、脚本を書きなおさせようとするタンとジャビド、何とかして二人を殺そうとするエリアナのドタバタ劇を描いた、ドイツ発のバイオレンスアクションです。
監督:アドルフォ・コルメラー 出演:エルカン・アジャール(タン)、レザ・ブロジャーディ(ジャビド)、クセーニャ・アセンツァ(エリアナ)、デヴィッド・マスターソン(カーソン)、アレクサンダー・シューベルト(アレンド)ほか

「イグジスツ 遭遇」のネタバレあらすじ結末

イグジスツ 遭遇の紹介:2014年アメリカ映画。おじさんの所有する山小屋でバカンスを過ごすためにやってきた5人の若者たち。その中のブライアントマットの兄弟は、昔おじさんがここで遭遇したと言うビッグフットを探しに来ていたのでした。途中、車で生き物を撥ねた若者たちでしたが、気にせずバカ騒ぎをしていました。その撥ねた生き物はビッグフットの子供で、怒りに満ちたビッグフットの親が、5人に復讐を始めました…という内容の。POV手法で撮影された、ビッグフットは実在した的な作品です。
監督:エドゥアルド・サンチェス 出演者:ドーラ・マディソン・バージ(ドラ)、サミュエル・デイヴィス(マット)、ロジャー・エドワーズ(トッド)、クリス・オズボーン(ブライアン)、ブライアン・スティール(ビッグフット)、デニス・ウィリアムソン(エリザベス)ほか

「処刑女」のネタバレあらすじ結末

処刑女の紹介:2014年アメリカ映画。森の中の新居に引っ越した婚約中のヒューとローリーでしたが、祝福の為にやってきた友人のマークらが、林の向こうにある隣の廃墟で酷い事をしたため、廃墟に住んでいた殺人鬼の女が復讐にやってくるというスラッシャー映画です。殺人鬼の女の過去は明かされず、ヒーローやヒロインも存在しない、殺しに徹底した本格派のホラー映画です。
監督:ジェレマイア・バックハルト 出演者:ダニエル・リリー(ローリー)、ブランドン・カイル・ピーターズ(ヒュー)、クリストファー・デ・パデュア(ケニス)、ホセ・ミゲル・ヴァスキアス(マーク)、ケリー・キルゴア(ハーモニー)、エミリー・カッティング(アンバー)ほか

「復讐 THE REVENGE 運命の訪問者」のネタバレあらすじ結末

復讐 THE REVENGE 運命の訪問者の紹介:1997年日本映画。少年時代、借金取り二人組に両親と姉を殺され、自分だけ見逃してくれた安城は、今は刑事をやっていました。シャブ中で追い込んだ男が自殺し、遺体を引き取りに来た保護士の宮地を見た瞬間、安城はあの日に自分を見逃した男だと分かりました。やがて安城は、家族を殺した男たちの素性を知り、退職届を出し復讐の為立ち上がりました…という哀川翔主演の、ハードボイルド作品です。
監督:黒沢清 出演者:哀川翔(安城伍郎)、大沢逸美(安城冴子)、小日向文世(平沢)、清水大敬(宮地茂治)、由良よしこ(宮地ときえ)、六平直政(安城知治)、鈴木ヒロミツ(大石組長)ほか

「ターゲット・イン・NY」のネタバレあらすじ結末

ターゲット・イン・NYの紹介:2010年アメリカ, トルコ映画。テロ組織のリーダーのダジャルの正体が、ニューヨーク在住のムスリム指導者のハジだと分かりFBIが逮捕しました。祖国のトルコに送還するため、ニューヨークにやってきたフラットとアジャールの刑事二人でしたが護送中に襲われ逃げられてしまいました。独自に捜査を始めた二人でしたが、ハジが本当にテロ組織のリーダーなのかどうかと疑いを持ち始めました…という内容のトルコ、アメリカ合作のサスペンス映画です。
監督:マフスン・クルムズギュル 出演:マフスン・クルムズギュル(フラット) 、ハルク・ビルギナー(ハジ) 、 ジーナ・ガーション(マリア) 、ロバート・パトリック(ベッカー) 、ダニー・グローバー(マーカス) 、ジャスティン・コツォナス(ジャスミン)ほか

「モンスター」のネタバレあらすじ結末

モンスターの紹介:2013年日本映画。高校時代、醜い顔からブルドックとかモンスターと呼ばれていた少女が、短大、就職し、同様にいじめられ馬鹿にされたことから、金を出せば整形で美人になれることを知り、風俗を掛け持ちで働き絶世の美女に変身し、故郷に戻り復讐をしていくという内容のラブストーリー風のリベンジムービーです。醜い女と美女を演じる高岡早紀の妖艶さが光ります。
監督:大九明子 出演者:高岡早紀(田淵和子/鈴原美帆)、加藤雅也(高木英介)、村上淳(崎村)、大杉漣(横山)ほか

「沈黙のパレード」のネタバレあらすじ結末

沈黙のパレードの紹介:2022年日本映画。テレビドラマで人気を博した「ガリレオ」の9年ぶりとなる劇場版最新作です。天才物理学者のガリレオこと湯川がバディとなる内海刑事と共に難題に挑む姿を描いています。豪華キャストの共演も話題を呼びました。
監督:西谷弘 出演:福山雅治(湯川学)、柴咲コウ(内海薫)、北村一輝(草薙俊平)、飯尾和樹(並木祐太郎)、戸田菜穂(並木真智子)、田口浩正(戸島修作)、酒向芳(増村栄治)、岡山天音(高垣智也)、川床明日香(並木佐織)、出口夏希(並木夏美)、村上淳(蓮沼寛一)、吉田羊(宮沢麻耶)、檀れい(新倉留美)、椎名桔平(新倉直紀)、ほか

「バッドガイズTHE BAD GUYS」のネタバレあらすじ結末

バッドガイズの紹介:2022年アメリカ映画。ミスター・ウルフ率いる怪盗集団バッドガイズは、黄金のトロフィーを盗もうとします。しかし彼らは逮捕されてしまいます。バッドガイズは更生して良い人たちになるふりをして、黄金のトロフィーを再び盗もうとします。『バッドガイズ』は動物泥棒集団の犯罪を描いた、アクション&コメディ・アニメです。
監督:ピエール・ペルフェル 声優:サム・ロックウェル/尾上松也(ミスターウルフ)、マーク・マロン/安田顕(スネーク)、アンソニー・ラモス/河合郁人(ピラニア)、クレイグ・ロビンソン/長田庄平(シャーク)、オークワフィナ/ファーストサマーウイカ(タランチュラ)、サジー・ビーツ/甲斐田裕子(ダイアン・フォクシントン知事)、リチャード・アイオアディ/山口勝平(マーマレード教授)、アレックス・ボースタイン/斎藤貴美子(ルギンズ警察署長)、リリー・シン/高橋真麻(ティファニー)、ほか

「コールド・スキン」のネタバレあらすじ結末

コールド・スキンの紹介:2017年スペイン, フランス映画。アルベール・サンチェス・ピニョルの小説『冷たい肌』を『ヒットマン』の鬼才ザヴィエ・ジャン監督が映画化したSFアクション作品です。絶海の孤島へ赴任した気象観測員は灯台守の男と組み、島に出現する謎の半魚人と孤独な戦いを繰り広げていきます。
監督:ザヴィエ・ジャン 出演者:レイ・スティーヴンソン(グルナー)、デヴィッド・オークス(フレンド)、アウラ・ガリード(アネリス)、ジョン・ベンフィールド(船長)ほか

「グッバイ・クルエル・ワールド」のネタバレあらすじ結末

グッバイ・クルエル・ワールドの紹介:2022年日本映画。何の繋がりもなく集まった5人の男女、そこから始まる現金襲撃計画。曲者たちの素性が彼らを追う汚職刑事の追走により徐々に明かされていきます。そして彼らを待つ悲劇的な結末へと突き進んでいくのでした。
監督:大森立嗣 出演:西島秀俊(安西)、斎藤工(萩原)、宮沢氷魚(矢野)、玉城ティナ(美流)、宮川大輔(武藤)、大森南朋(蜂谷)、三浦友和(浜田)、ほか

「ヘルドッグス」のネタバレあらすじ結末

ヘルドッグスの紹介:2022年日本映画。深町秋生の小説「ヘルドッグス 地獄の犬たち」を映画化した作品。裏社会で生きてきた主人公が警察に見初められて潜入捜査官となり、極道の世界に入り暗躍を続け、その立場を上げ続けます。主人公を含めた悪人だらけの抗争が見どころです。
監督:原田眞人 出演:岡田准一(兼高昭吾=出月梧郎)、坂口健太郎(室岡秀喜)、松岡茉優(吉佐恵美裏)、MIYAVI(十朱義孝)、北村一輝(土岐勉)、大竹しのぶ(衣笠典子)、金田哲(三神國也)、木竜麻生(杏南)、中島亜梨沙(ルカ)、杏子(恭子)、大場泰正(大前田忠治)、吉原光夫(熊沢伸雄)、尾上右近[2代目](サロンの常連客)、田中美央(俵谷一房)、村上淳(番犬)、酒向芳(阿内将)、吉田壮辰(お歯黒)、小柳アヤカ(ミス・チャオ)、赤間麻里子(佐代子)、ほか

「川っぺりムコリッタ」のネタバレあらすじ結末

川っぺりムコリッタの紹介:2021年日本映画。フィンランドのヘルシンキを舞台にした映画『かもめ食堂』で知られる荻上直子監督。彼女のオリジナル脚本(小説化もされている)による新しい「つながり」の映画がこの『川っぺりムコリッタ』だ。脚本にほれこんだという松山ケンイチが孤独な青年・山田を演じ、ちょっと迷惑な隣人にムロツヨシ、アパートの大家に満島ひかり、他にも吉岡秀隆や緒形直人、柄本佑、江口のりこらが脇を固める。また、薬師丸ひろ子が声だけの出演をしているのも話題だ。
監督・脚本:荻上直子 出演:松山ケンイチ(山田たけし)、ムロツヨシ(島田幸三)、満島ひかり(南詩織)、吉岡秀隆(溝口健一)、江口のりこ(中島)、柄本佑(堤下靖男)、田中美佐子(大橋)、緒形直人(沢田)ほか

「3つの鍵」のネタバレあらすじ結末

3つの鍵の紹介:2021年イタリア, フランス映画。ローマの高級住宅地。同じアパートに住む3つの家族。ある夜、アパートに車が衝突し歩行者の女性が巻き添えになり亡くなる。運転していたのは3階に住む裁判官夫婦ジョヴァンニとドーラの息子アンドレアだった。同じ夜、2階に住むモニカは陣痛が始まり、夫の長期出張で耐えがたい孤独に苦しみながらたった一人で病院へ向かう。車を突っ込まれた1階のルーチョとサーラは向かいの老夫婦に娘を預けたが、認知症の老父は娘とともに行方不明になり、ルーチョは信頼を疑い始める…。イスラエルの作家エシュコル・ネヴォの原作をテルアビブからローマに移し、オリジナル作品を撮り続けてきたモレッティ監督初の原作の映画化。
監督:ナンニ・モレッティ 出演:マルゲリータ・ブイ(ドーラ)、ナンニ・モレッティ(ヴィットリオ)、アレッサンドロ・スペルドゥティ(アンドレア)、リッカルド・スカマルチョ(ルーチョ)、エレナ・リエッティ(サーラ)、キアラ・アバルサルモ(7歳時のフランチェスカ)、ジュリア・コッパーリ(12歳時のフランチェスカ)、ジェア・ダッロールト(17歳時のフランチェスカ)、アルバ・ロルバケル(モニカ)、アドリアーノ・ジャンニーニ(ジョルジョ)、アリーチェ・アダーム(5歳時のベアトリーチェ)、レティツィア・アルノー(10歳時のベアトリーチェ)、デニーズ・タントゥッキ(シャルロット)、アンナ・ボナユート(ジョヴァンナ)、パオロ・グラツィオージ(レナート)、ステファノ・ディオニジ(ロベルト)、トマーゾ・ラーニョ(ルイージ)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 830

キーワードから探す

TOP↑