映画のあらすじ

「サラバ静寂」のネタバレあらすじ結末

サラバ静寂の紹介:2017年日本映画。一切の娯楽を禁止する遊楽法が施行された日本。廃屋で楽器等を見つけ、初めて音楽を聞いたミズトとトキオ。二人は廃屋で曲作りを始めますが、警察に見つかってトキオが殺されてしまいます。楽器の持ち主で警察に殺された男の娘・ヒカリと会ったミズトは、森の中の隠れライブハウス”サノバノイズ”を目指して旅立ちます。日本の近未来を舞台にした、青春ロードムービーです。
監督:宇賀那健一 出演者:SUMIRE(ヒカリ)、吉村界人(ミズト)、若葉竜也(トキオ)、森本のぶ(三島)、斎藤工(杉村)、大貫憲章(本人役)ほか

「ほっぷすてっぷじゃんぷッ!」のネタバレあらすじ結末

ほっぷすてっぷじゃんぷッ!の紹介:2009年日本映画。女子高の用務員として働きだした32歳の鶴岡一途が、風紀委員の莢香に一目ぼれします。寝ても覚めても莢香のことばかり考える一途でしたが、カエルアレルギーのある莢香を、カエルから助けたことで二人は急接近します。ヒーローラブコメディ漫画「ほっぷすてっぷじゃんぷッ!」をグラビアアイドルの天木じゅんをヒロインに実写映画化した、女子高を舞台にしたエロチックコメディ映画です。
監督:土岐洋介 出演:天木じゅん(朝日村莢香)、渡辺裕太(鶴岡一途)、水沢柚乃(羽黒優奈)、和久井雅子(湯ノ浜唯)、佐藤聖羅(立川ちづる)、今奈良孝行(酒田英雄)、麻木貴仁(三川)、柳いろは(油戸)ほか

「ビーチ・シャーク」のネタバレあらすじ結末

ビーチ・シャークの紹介:2011年アメリカ映画。砂を泳ぐ人喰いサメの現れたホワイトサンズ島に、町長の息子ジミーが帰って来ます。ジミーは一攫千金の為、ビーチで大学生を集め広大なパーティーを開く計画をしていました。開催の中止を迫る保安官ジョー達でしたが町長が賛成しパーティは始まります。人喰い鮫がいるのに、イベントを強行するというよくあるパターンのサメ映画ですが、この作品のサメは砂の中を泳ぐという新しい発想です。随所随所に名作映画のパロディもでてきます。
監督:マーク・アトキンス 出演者:コリン・ネメック(ジミー・グリーン)、ヴァネッサ・リー・エヴィガン(ブレンダ・ストーン保安官代理)、ブルック・ホーガン(サンディ・パワーズ)、エリック・スコット・ウッズ(ジョン・ストーン保安官)、ジーナ・ホールデン(アマンダ)ほか

「RePlay-Girls リプレイガールズ」のネタバレあらすじ結末

RePlay-Girls リプレイガールズの紹介:2010年日本映画。幼い事からの親友にいじめを受けた女子高生ミチは自殺を考え、自殺サイトにアクセスします。そこには自殺したい女子高生が参加する”リプレイガールズ”というゲームが用意され、ミチも参加します。集まった12人の女子高性のサバイバルゲームが始まったのでした。前半のいじめと自殺をテーマにした重く暗い展開から、後半は一気にスプラッターアクションに変貌する「死にたい美少女たちは生きるために戦った―」のキャッチコピーで公開されたYuki Saito監督の初めての長編作品です。
監督:Yuki Saito 出演者:外岡えりか(ミチ)、佐武宇綺(アリサ)、佐藤さくら(ハルナ)、小泉麻耶(リオ)、かの夏帆(カホ)、三浦萌(ワカナ)、小林香菜(マミ)、藤沢玲花(チヒロ)、真知りさ(コナツ)、水野神菜(モモ)、早麻ひかる(キヨミ)、藤波心(サヤ)、大坂俊介(ジツハラ)ほか

「シャッター」のネタバレあらすじ結末

シャッターの紹介:2008年アメリカ映画。日本へ新婚旅行にやってきたカメラマンのベンと妻のジェーン。夜の田舎道を車で入っていると若い女性を撥ねたものの、女性の姿が見えません。その日以来、ベンの撮った写真には白い影が映るようになります。2004年のタイの映画『心霊写真』を落合正幸監督により、ハリウッドリメイクされた作品です。ストーリーはオリジナルとほぼ同じですが、登場人物や展開は少し変更されています。アメリカ映画ながら、中身は完全なジャパニーズホラーです。
監督:落合正幸 出演者:ジョシュア・ジャクソン(ベン)、レイチェル・テイラー(ジェーン)、奥菜恵(めぐみ)、宮崎美子(めぐみの母)、山本圭(村瀬)、デヴィッド・デンマン(ブルーノ)、ジョン・ヘンズリー(アダム)、マヤ・ヘイゼン(セイコ)、ジェームズ・カイソン・リー(リツオ)ほか

「実録・事件 青梅“姉妹”バラバラ殺人」のネタバレあらすじ結末

実録・事件 青梅“姉妹”バラバラ殺人の紹介:2003年日本映画。幼い頃、姉の加代に虐げられて育った里美でしたが、36歳になり10年間同棲した男性と別れ、姉の家を訪ねます。姉の仕事を手伝いながら、友人の美子も家に招くようになりますが、加代の夫が突然死し、保険金がおりてから加代の生活が一変したのです。青梅で実際に起きた猟奇殺人事件を題材にした作品で、登場人物名は変更されているものの、事件の背景やいきさつなどは事実に基づいて再現されています。
監督:東真司 出演:丸山秀美 (里美)、鶴田さやか(加代)、藤森夕子(美子)、庄司哲郎(ヒカル)ほか

「あぶない奴ら 〜TWO GUYS〜」のネタバレあらすじ結末

あぶない奴ら 〜TWO GUYS〜の紹介:2004年韓国映画。借金をしまくって返さないフンと、狂犬と呼ばれる取り立て屋のチュンテが、殺さらた男の鞄を持ち去ったことから、国家を揺るがす国際スパイ組織の抗争に巻き込まれてしまいます。債権者と債務者の立場を乗り越え、二人は力を合わせて、国際スパイ組織の追跡をかわすのでしたが、やがて警察も動きだし・・・という内容のコメディアクション作品です。
監督:パク・ホンス 出演者:チャ・テヒョン(フン)、パク・チュンフン(チュンテ)、ハン・ウンジョン(ジソン)、ソン・ヒョンジュ(イム次長)、キム・グテク(殺し屋)、チョン・フンチェ(国際スパイのリーダー)、イム・スンデ(チョン次長)、シン・スンファン(スホン)ほか

「江戸川乱歩猟奇館 屋根裏の散歩者」のネタバレあらすじ結末

江戸川乱歩猟奇館 屋根裏の散歩者の紹介:1976年日本映画。下宿屋に住む三郎は、四六時中天井裏から他人の部屋を覗いています。そんな三郎は、貴婦人・美那子が下宿屋の隠し部屋でピエロに愛撫させ悶える様子に見入ってしまいます。しかし美那子は覗かれているのを知って、逆に三郎に興味を持ちはじめます。江戸川乱歩原作の「屋根裏の散歩者」の映画化です。当時は日活ポルノの作品で成人映画として公開され、内容も原作とは少しちがっており、官能ミステリー作品と言えます。
監督:田中登 出演者:宮下順子(清宮美那子)、石橋蓮司(郷田三郎)、渡辺とく子(富田美幸)、中島葵(淫売婦)、長弘(清宮浩一郎)、八代康二(遠藤)、織田俊彦(蛭田)、夢村四郎(ピエロ)ほか

「オゾンビ」のネタバレあらすじ結末

オゾンビの紹介:2012年アメリカ映画。米軍によって殺されたオサマ・ビンラディン達が、ゾンビ化させた人間兵器を使う設定にし、射殺されたビンラディンまでもゾンビとして生き返らせるという、中東を舞台にしたトンデモないゾンビ作品です。内容は決してふざけているわけでなく、まじめに作られています。
監督:ジョン・ライド 出演者:コリー・セヴィエール(チップ)、イヴ・マウロ(ダスティ)、ジェイソン・ウェイド(デレク)、ダニエル・チャクラン(トムボーイ)ほか

「たとえ世界が終わっても」のネタバレあらすじ結末

たとえ世界が終わってもの紹介:2007年日本映画。自殺サイトの掲示板にある自殺者集合場所に行った真奈美は、サイトの管理人・妙田に振り回され、結局死ぬことが出来ず、肺がんにかかっている長田という男を助けてやってくれと言われ偽装結婚をしてしまいます。妙田によって長田の生まれ故郷に置き去りにされた二人でしたが、真奈美の心に変化が見え始めます。自殺願望の強い女性が、がん患者と行動を共にすることによって、愛すること生きることの素晴らしさを理解していくドラマです。芦名星さんの初主演作品です。
監督:野口照夫 出演者:芦名星(宮田真奈美)、安田顕(長田寛治)、大森南朋(妙田)、平泉成(長田の父)、白川和子(長田の母)ほか

「トビラ 魔の入り口」のネタバレあらすじ結末

トビラ 魔の入り口の紹介:2018年アメリカ映画。引っ越し先の田舎の森で、鎖を巻かれた古い扉を持ち帰り家の中に取りつけたことで、扉の中にいる悪霊に一人息子がさらわれるというオカルトホラーです。後半は悪魔祓い儀式が続き、ラストにはちょっと驚かされます。
監督:ビリー・チェイス・ゴーフォース 出演者:デヴィッド・リース・スネル(レッド)、ジェニファー・ピアース・マサス(エヴェリン)、ジョン=マイケル・フィッシャー(ケイン)、CJ・ジョーンズ(ユライア)ほか

「ISOLA 多重人格少女」のネタバレあらすじ結末

ISOLA 多重人格少女の紹介:2000年日本映画。阪神淡路大震災のボランティアに参加した由香里は、心理カウンセラーの浩子から、13人の人格を持った千尋を紹介されます。千尋は狂暴な人格も出てくることがあり、それが13人目の磯良に関していると思い調べ始めます。阪神淡路大震災後の神戸を舞台に、多重人格症の女子高生の恐怖を描いたホラー作品です。「ISOLA」のタイトルでホラー小説大賞を受賞した作品の映画化です。
監督:水谷俊之 出演者:木村佳乃(加茂由香里)、黒澤優(森谷千尋)、手塚理美(野村浩子)、石黒賢(真部和彦)、 渡辺真起子(高野弥生)、寺島進(前園勝美)、室田日出男(老人)ほか

「母なる復讐」のネタバレあらすじ結末

母なる復讐の紹介:2012年韓国映画。夫と離婚し、娘ウナと二人暮らしを始めたユリム。転校した高校で、仲良くなった男子たち3人にウナがレイプされてしまいます。裁判では少年法が適用され無罪となった3人。その後もウナは3人にレイプ動画をネタに呼び出されおもちゃにされ遂に自殺してしまいます。法律では裁けないと分かったユリムは3人に対し復讐を決行するのでした。韓国で実際に起った事件を元に作られた、リベンジムービーです。日本同様、韓国でも適用される”少年法”をテーマにした、精神的に重い作品です。
監督:キム・ヨンハン 出演者:ユソン(ユリム)、ナム・ボラ(ウナ)、ドンホ(チョハン)、ユ・オソン(オ刑事)、クォン・ヒョンサン(ジュン)ほか

「ブラッド・オブ・ブラザース」のネタバレあらすじ結末

ブラッド・オブ・ブラザースの紹介:2012年アメリカ映画。父が殺され、行き場のなくなった3人兄弟。兄は叔父に殺し屋として育てられ、弟と妹は父の親友に育てられます。成人した兄が殺しを命じられた相手は、弟と武術を教える師範でした。兄は弟を殺すことが出来ず、逆に父を殺した男に復讐を誓います。ロサンゼルスを舞台に、アジア系マフィアの抗争に巻き込まれる兄弟の姿を描いた、武術アクション作品です。
監督:ビリー・ション 出演者:サラ・フレンチ(リン・チョウ)、ロッキー・ハー(ジミー)、アンガス・ハー(トミー)、ウィリアム・シオン(ジェームス)ほか

「みんな〜やってるか!」のネタバレあらすじ結末

みんな〜やってるか!の紹介:1994年日本映画。“世界のキタノ”こと北野武の監督作品通算5作目、“ビートたけし”名義としては初監督作となるコメディ作品です。女にモテたい一心の主人公の男が欲望のあまり異常な行動へと駆り立てられていく様を歴史上の実際の事件や様々な映画作品、時代劇、任侠映画、特撮などのパロディも交えつつ描いていく奇想天外なナンセンスコメディです。
監督・脚本:ビートたけし 出演:ダンカン(朝男)、そのまんま東(ヤクをチェックする博士)、ガダルカナル・タカ(パイロット)、つまみ枝豆(石川五右衛門)、ラッシャー板前(マッサージ師 目の不自由な男)、柳ユーレイ(ルパン)、玉袋筋太郎(臓器移植の子供)、水道橋博士(AV助監督)、大杉漣(殺し屋の先生)、寺島進(血まみれのヤクザ・流しの男)、白竜(オーディションの審査員)、芦川誠(透明人間推進協会・助手)、津田寛治(地球防衛軍隊員)、沢村一間(ポルシェの男)、立野しのぶ(ポルシェの女)、日野陽仁(自動車店店長)、芹澤名人(社長風の男 自動車店の客)、バス停の若い女(上野美津恵)、小池幸次(朝男の祖父のジジイ)、雨空トッポ(強盗)、雨空ライポ(臓器移植の子供)、横山あきお(鋳物工場のオヤジ)、絵沢萌子(鋳物工場のかみさん)、久保晶(銀行の部長)、 坂田雅彦(二枚目俳優)、松本コンチータ(二枚目俳優のファンの女)、ドリームかずよし(腹話術師)、上田耕一(「座頭市」の監督)、高木均(「座頭市」の俳優)、山本廉(埋蔵金ジジイ)、秋山見学者(原始人)、ノーカット星(原始人)、谷村好一(ヤクを買うヤクザ)、関山耕司(本物の殺し屋(宍戸ジョー))、不破万作(ヤクザ)、関根大学(ヤクザ)、結城哲也(親分(あかいわ))、南方英二(相手方の親分)、志茂山高也(相手方の幹部)、前田竹千代(相手方の幹部)、佐藤央之(ガキの使い)、宮部昭夫(大親分)、安藤麗二(相手方の拳銃遣い)、山根伸介(刀使い)、及川ヒロヲ(サラリーマン)、松金よね子(サラリーマンの妻)、谷体調(AVアニマル監督)、紺野透(地球防衛軍隊員)、曽田邦之(地球防衛軍隊員)、レミ(地球防衛軍隊員)、左時枝(朝男の母)、春木みさよ(朝男の妹)、佐竹チョイナチョイナ(裸で逃げる男)、水上竜士(チンピラ)、宮路年雄(宮路年雄)、岡田真澄(スターリン(トスカルビッチ))、小林昭二(地球防衛軍隊長)、ビートたけし(透明人間推進協会・博士)ほか

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 875

キーワードから探す

TOP↑