映画のあらすじ

「吸血鬼ノスフェラトゥ」のネタバレあらすじ結末

吸血鬼ノスフェラトゥの紹介:1922年ドイツ映画。吸血鬼を扱ったホラー映画の元祖にして、最高傑作の呼び声高いホラー&アート作品。不動産会社で働くフッターは、社長ノックの指示でトランシルヴァニアに住む貴族オルロック伯爵の城へ出向いた。オルロック伯爵は不気味な雰囲気を纏い、不意に流れたフッターの血に異様に興奮している。実はオルロック伯爵の正体は、恐ろしい吸血鬼だったのだ。ノックはオルロック伯爵の手下であり、フッターの妻エレンの血を主人に捧げるため、フッターをトランシルヴァニアに向かわせていた。それに気付いたフッターは、オルロック伯爵の襲撃を受けながらも何とかエレンのもとに帰還する。しかしエレンは既に吸血鬼の呪いによって夢遊病に苦しめられていた。別題は「吸血鬼ノスフェラートゥ 恐怖の交響曲」「吸血鬼ノスフェラトゥ 恐怖の交響曲」。
監督:F・W・ムルナウ 出演者:マックス・シュレック(オルロック伯爵)、アレクサンダー・グラナック(ノック)、グスタフ・フォン・ワンゲンハイム(トーマス・フッター)、グレタ・シュレーダー(エレン・フッター)、ゲオルク・H・シュネル(ハーディング)ほか

「NINJA ニンジャ in L.A.」のネタバレあらすじ結末

NINJA ニンジャ in L.A.の紹介:2009年アメリカ映画。世界征服を目論む悪霊を殲滅するため、3人の男達が死闘を繰り広げるアクション作品。殺し屋マックスはロス市警から依頼を受け、仲間と共にカルト教団を襲撃した。早々に片付く仕事だと思ったマックスだったが、突然仲間に命を狙われ何とかその場から逃れる。どうやら仲間達は悪霊に魂を乗っ取られてしまったらしい。悪霊の殲滅を狙う暗殺者リュウ、テンプル騎士団の戦士カインと共に、立ち上がることを決意したマックス。僧侶の術によって悪霊を封じ込める体となったマックスは、待ち受ける死闘に身を投じるのだった。
監督:ミッチ・グールド、ヒロ・コーダ、デヴィッド・ウォルド 出演者:ジョニー・ヨング・ボシュ(リュウ)、レイ・パーク(マックス)、リチャード・セトロン(サマエル)、エステバン・クエト(カイン)、ダン・サウスワース(テツロー)ほか

「ちえりとチェリー」のネタバレあらすじ結末

ちえりとチェリーの紹介:2015年日本映画。高森奈津美や星野源、尾野真千子、サンドウィッチマンの伊達みきお、富澤たけしなど多彩な声優陣による人形アニメーション。小学6年生のちえりは、空想が大好きな女の子。いつも相棒のうさぎのぬいぐるみ「チェリー」と様々な冒険を繰り広げています。ある日、父親の法事で田舎のおばあちゃんの家に行ったちえりは、母親と喧嘩して1人で留守番することになりました。そして、ちえりは、いつものようにチェリーと家の中を探検し、ねずみのねずざえもんや猫のレディ・エメラルドと仲良くなります。さらに出産間近の犬とも出会いますが、お腹の中の子犬の命が危ないと知ったちえりは、チェリーたちと子犬を助けようとしますが…。
監督:中村誠 声優:ちえり(高森奈津美)、チェリー(星野源)、ねずざえもん(栗田貫一)、レディ・エメラルド(田中敦子)、万里恵(尾野真千子)、住職(伊達みきお)、大黒様(富澤たけし)、犬(花村さやか)

「ビッグフット 猿人」のネタバレあらすじ結末

ビッグフット 猿人の紹介:2006年アメリカ映画。凶悪なモンスターと人間の戦いを描くパニック・ホラー。元軍人のジャックは、娘チャーリーを連れオハイオ州の田舎町へ帰郷した。親友ボブとも再会し、新生活に馴染んでいくジャック。しかし町では、シカの死体が頻繁に発見されるという奇妙な出来事が起きていた。大型の動物の仕業だろうと考えられていたが、町の老人は巨躯の猿人ビッグフットの犯行だと主張する。ジャック達はそれを笑い飛ばしたが、町付近の森には実際にビッグフットが住み着いていた。ビッグフットは次第に人間を襲い始め、次々と犠牲者を出していく。
監督:ボブ・グレイ 出演者:ライザ・フォスター(サンディ・パーカー)、サヴェリオ・マリネッリ(ブコウスキー)、トッド・コックス(ジャック・サリバン)、ボブ・グレイ(ボブ・パーキンス)、ブルック・ベックウィズ(チャーリー・サリバン)ほか

「魔法遣いに大切なこと」のネタバレあらすじ結末

魔法遣いに大切なことの紹介:2008年日本映画。山田典枝が原案の青春ファンタジー。一人前の魔法遣いを目指す少女・ソラの恋と成長を描く。監督は『櫻の園 -さくらのその-』の中原俊。主人公のソラを演じるのは12代目リハウスガールの山下リオ。相手役は岡田将生が演じる。
監督:中原俊 出演:山下リオ(鈴木ソラ)、岡田将生(緑川豪太)、田中哲司(原誠一郎)、木野花(白石沙織)、緑友利恵(浅葱ほのみ)、太賀(黒田浩二)、斎藤歩(ソラの父)、山本浩司(藍本栄之進)、水橋研二(森下魔法士)、水島かおり(豪太の母)、清水ゆみ(桃園風音)、秋本渚(権田澪奈)、曽我彩音(小学生のソラ)、村山謙太(権田紫苑)、草村礼子(赤池菊子)、鶴見辰吾(権田伊佐男)、余貴美子(川田女史)、永作博美(ソラの母)、ほか

「恋するレストラン」のネタバレあらすじ結末

恋するレストランの紹介:2005年オランダ映画。嵐のような厨房で繰り広げられる、若い男女の恋愛模様を描いたロマンス&コメディ。モロッコ人青年ノルディップは、父親から医者になれと命令され思い悩んでいた。勝手に医学部への進学を決定されてしまうが、ノルディップ本人は学問に希望を見いだせずにいる。そこでノルディップは、密かにホテルの厨房でアルバイトを始めた。理不尽な先輩、陰湿な嫌がらせ、山積みの仕事。早々に嫌気が差すノルディップだったが、ウェイトレスのアグネスに一目惚れしてしまった。懸命にアプローチを続けるが、ある問題が大きな壁になる。アグネスはホテルの社長の姪であり、後継者でもあったのだった。
監督:マルティン・コールホーヴェン 出演者:ムニール・ヴァレンタイン(ノルディップ)、ブラハ・ファン・ドゥーシュバーグ(アグネス)、ヤハ・ガイール(モー)、ミモウン・オエイシャ(エミモン)、ティゴ・ヘルナンド(ゴラン)ほか

「吸血怪獣ヒルゴンの猛襲」のネタバレあらすじ結末

吸血怪獣ヒルゴンの猛襲の紹介:1959年アメリカ映画。巨大化したヒルが次々と人間を襲っていくSFホラー。密猟者のレムは、ある夜沼で謎の巨大生物を目撃した。仲間に訴えてみるが信じて貰えず、その後沼地で変死体となって発見される。その遺体には、タコの吸盤によって傷つけられたかのような痕が残っていた。猟区管理人のスティーブとその恋人ナンは、事件を解決するため沼の調査に出かける。何も見つけられない中、次々と近隣住人が行方不明になっていった。実は沼には巨大なヒルが潜んでおり、人間を沼の底に引きずり込んで生き血を吸っていたのだった。ナンの父で医師のグレイソンは、沼をダイナマイトで爆破するという作戦を思いつく。別題は「吸血怪獣ヒルゴン」「巨大ヒルの襲撃」。
監督:バーナード・L・コワルスキー 出演者:ケン・クラーク(スティーブ・ベントン)、イヴェット・ヴィッカーズ(リズ・ウォーカー)、ジーン・ロス(コヴィス保安官)、ブルーノ・ヴェソタ(デイブ・ウォーカー)、ジャン・シェパード(ナン・グレイソン)ほか

「マイ・ブロークン・マリコ」のネタバレあらすじ結末

マイ・ブロークン・マリコの紹介:2022年日本映画。永野芽郁がやさぐれたOLを演じ話題の『マイ・ブロークン・マリコ』。原作は第24回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞をはじめ各賞を総なめにした平庫ワカの同名マンガ。「親友の遺骨と旅に出る」物語に惚れ込んだタナダユキ監督が映画化を切望して実現した本作は、役者の熱量も生半可ではない。タバコを吸い酒を飲む姿がカッコいい永野芽郁。その親友マリコ役は実生活でも永野と仲の良い奈緒。ふたりが息のあった演技を見せている。謎の男マキオを演じる窪田正孝も秀逸。
監督:タナダユキ 原作:平庫ワカ 出演:永野芽郁(シイノトモヨ)、奈緒(イカガワマリコ)、窪田正孝(マキオ)、尾美としのり(マリコの実父)、吉田羊(タムラキョウコ)ほか

「“それ”がいる森」のネタバレあらすじ結末

“それ”がいる森の紹介:2022年日本映画。「リング」で日本に一躍Jホラーブームを巻き起こし、数々のホラー映画を手掛けた中田秀夫監督が、東京からやってきた親家に降り掛かる謎の恐怖を描いた作品に挑戦します。得体の知れない「何か」に襲われる恐怖が上手く描かれています。
監督:中田秀夫 出演:相葉雅紀(田中淳一)、松本穂香(北見絵里)、上原剣心(赤井一也)、江口のりこ(赤井爽子)、尾形貴弘(尾花修司)、中村里帆(野本綾子)、眞島秀和(綾波武史)、宇野祥平(長尾良平)、松浦祐也(中村良一)、酒向芳(岩村義男)、野間口徹(湯川大輔)、小日向文世(児玉勉)、ほか

「シークレット・ガーデン」のネタバレあらすじ結末

シークレット・ガーデンの紹介:2020年イギリス映画。若くして両親を失ったメアリーは親戚に引き取られることになります。親戚の大豪邸に暮らすことになったメアリーは、庭園で不思議な体験をします。彼女は病気の少年コリンに出会い、はコリンの病気を治せるのは庭園だと考え彼を連れていきます。『シークレット・ガーデン』は、少年と少女の夢の世界を描いたファンタジー映画です。
監督:マーク・ミュンデン 出演:コリン・ファース(アーチボルド・クレイヴン卿)、ジュリー・ウォルターズ(ミセス・メドロック)、ディキシー・エゲリック(メアリー・レノックス)、ほか

「ダウントン・アビー/新たなる時代へ」のネタバレあらすじ結末

ダウントン・アビー/新たなる時代への紹介:2022年イギリス, アメリカ映画。20世紀前半のイギリスの地方貴族を描いたドラマ『ダウントン・アビー』は世界的な人気を博しました。2019年に映画化され、今回はその続編です。『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』は、人気ドラマの映画作品、グランサム伯爵家の遺産相続と映画撮影という2つのストーリーが展開されます。
監督:サイモン・カーティス 出演:ヒュー・ボネヴィル(ロバート・クローリー/グランサム伯爵)、エリザベス・マクガヴァン(コーラ・クローリー/グランサム伯爵夫人)、マギー・スミス(バイオレット・クローリー)、アレン・リーチ(トム・ブランソン)、タペンス・ミドルトン(ルーシー・ブランソン)、メアリー・タルボット(ミッシェル・ドッカリー)、イメルダ・スタウントン(モード・バグショー)、フィフィ・ハート(シビー・ブランソン)、ローラ・カーマイケル(イーディス・ペラム)、ほか

「LAMB/ラム」のネタバレあらすじ結末

LAMB/ラムの紹介:2021年アイスランド, スウェーデン, ポーランド映画。アイスランド、山々に囲まれた広大な自然に住む羊飼いのイングヴァルとマリア夫婦。ある日、2人が羊の出産に立ち会うと、産まれてきたのは羊ではない何か。子供を亡くしていた2人はその存在に“アダ”と名付け育てることにする。アダとの家族生活は大きな幸せをもたらせるが、やがて彼らを破滅へと導いていく。話題作を次々と世に送り出す気鋭の製作・配給会社「A24」が送る話題作。衝撃的な設定の中にもリアリティを持った世界観を構築したことで世界から賞賛を浴び、カンヌ国際映画祭のある視点部門で≪Prize of Originality≫を受賞、アカデミー賞国際長編部門アイスランド代表作品にも選出され批評家からも高い評価を受けた。
監督:ヴァルディミール・ヨハンソン 出演:ノオミ・ラパス(マリア)、ヒルミル・スナイル・グズナソン(イングヴァル)、ビョルン・フリーヌル・ハラルドソン(ペートゥル)、イングヴァール・E・シーグルソン(テレビに登場する男)ほか

「秘密の森の、その向こう」のネタバレあらすじ結末

秘密の森の、その向こうの紹介:2021年フランス映画。大好きなおばあちゃんを亡くし、両親と共に森の中に佇む祖母の家を訪れたネリー。母が少女時代を過ごしたこの家を片付けることになったのだ。しかし母は思い出の詰まったこの土地に耐えられず何も言わないまま出て行ってしまう。残されたネリーはかつて母が遊んだ森を探索するうちに、自分と同じ年の少女と出会う。彼女の名前は母と同じ「マリオン」。彼女の家に行くと、そこは“おばあちゃんの家”だった。ネリーとマリオンはたちまち友情を深めていく。やがて意を決したネリーは「私はあなたの娘なの」と打ち明ける。スタジオジブリの作品にインスパイアされたとシアマ監督自身が語る子供たちのナチュラルな演出と、痛みを抱えた娘・母・祖母の三世代の時空を超えた出会いが壮大な物語を作っていく。
監督:セリーヌ・シアマ 出演:ジョセフィーヌ・サンス(ネリー)、ガブリエル・サンス(マリオン)、ニナ・ミュリス(ネリーの母マリオン)、ステファン・ヴァルペンヌ(父)、マルゴ・アパスカル(祖母)ほか

「渇きと偽り」のネタバレあらすじ結末

渇きと偽りの紹介:2020年オーストラリア映画。故郷の幼馴染ルークが妻と子供を殺し、自らも自殺したという話を聞いたアーロン。彼は故郷へ帰り、ルークの殺人と自殺には謎が多いことがわかります。彼は事件の真相を追いかけます。『渇きと偽り』は、故郷での殺人事件の謎を追う警察官の活躍を描いたオーストラリア作品です。
監督:ロバート・コノリー 出演:エリック・バナ(アーロン)、ジュネーヴィーヴ・オーライリー(グレッチェン)、キーア・オドネル(レイコー)、ジョン・ポルソン(ホイットラム)、ほか

「百花」のネタバレあらすじ結末

百花の紹介:2022年日本映画。川村元気による同名小説を菅田将暉主演で映像化しました。認知症を患った母の面倒を見る主人公の泉が、過去にあった母がいない空白の一年の真実を知っていく…。日に日に記憶を失っていく母に寄り添う息子の姿が印象的です。
監督:川村元気 出演:菅田将暉(葛西泉)、原田美枝子(葛西百合子)、長澤まさみ(葛西香織)、北村有起哉(大澤哲也)、岡山天音(永井翔太郎)、河合優実(田名部美咲)、長塚圭史(佐藤雅之)、板谷由夏(関綾乃)、神野三鈴(工藤恵)、永瀬正敏
(浅葉洋平)、ほか

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 836

キーワードから探す

TOP↑