映画のネタバレ

映画のネタバレと結末を解説している作品一覧です。名作映画から最新作まで人気映画のあらすじ・ストーリーを映画の評価、感想とともにラストまで紹介しています。

「最強のチーム」のネタバレあらすじ結末

最強のチームの紹介:2016年フランス映画。足を故障してしまったサッカーのスター選手マキシム。原点回帰を勧められて監督になった故郷のジュニアチームで、子供たちと触れ合いながら、試合も恋も勝ちを目指す。
監督:トマス・ソリオー 出演:ジェラール・ドパルデュー、シャンタル・ロビー、メディ・サドゥン、イリアン・ベルガラ、ブランシュ・ガールディン、パトリック・ティムシット、バルバラ・カブリダ、ジャン・デル、トマ・ヴァンデンベルク、テオ・フェルナンデーズ、レア・ロペズ、ほか

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第四章 天命篇」のネタバレあらすじ結末

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第四章 天命篇の紹介:2018年日本映画。TVアニメ「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」の第11話から第14話を再構成したOVA。テレザート星に向けて航行中のヤマトは突然攻撃を受けワープで回避しますが、その攻撃は、ズォーダーから命を受けたデスラーが行ったものでした。かろうじて回避したヤマトの前に、今度はガトランティスの本拠地である白色彗星が立ちはだかります。ヤマトは、彗星内部に引きずり込まれますが、ガトランティス内部の混乱に乗じて離脱に成功します。様々な困難を排してようやくテレザート星に到着したヤマト。古代は、メッセージを送ったテレサと対面しますが、テレサは、古代に白色彗星の正体とヤマトの未来について語ります。
監督:羽原信義 声優:古代進(小野大輔)、森雪(桑島法子)、島大介(鈴村健一)、真田志郎(大塚芳忠)、徳川彦左衛門(麦人)、加藤三郎(細谷佳正)、土方竜(石塚運昇)、斉藤始(東地宏樹)、クラウス・キーマン(神谷浩史)、桂木透子(甲斐田裕子)、ズォーダー(手塚秀彰)、テレサ(神田沙也加)、アベルト・デスラー(山寺宏一)

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第三章 純愛篇」のネタバレあらすじ結末

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第三章 純愛篇の紹介:2017年日本映画。TVアニメ「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」の第7話から第10話を再構成したOVA。テレザート星に向けて出発したヤマトでしたが、救援要請に応じて11番惑星に来た時に、ガトランティス艦隊に攻撃され、11番惑星に閉じ込められてしまいます。その間にもガトランティスの増援艦隊が次々と到着しますが、増援艦隊の攻撃目標はヤマトではなく地球であるとわかります。この状況を打破するには、封印された波動砲を使用するしかなく、ヤマト艦長代理の古代進は対応に苦慮します。その状況をなんとか切り抜けた古代でしたが、古代の前にガトランティスの大帝ズォーダーが現れ、古代に過酷な選択を迫ります。
監督:羽原信義 声優:古代進(小野大輔)、森雪(桑島法子)島大介(鈴村健一)、真田志郎(大塚芳忠)、徳川彦左衛門(麦人)、加藤三郎(細谷佳正)、土方竜(石塚運昇)、斉藤始(東地宏樹)、クラウス・キーマン(神谷浩史)、桂木透子(甲斐田裕子)、ズォーダー(手塚秀彰)

「ティ・マイ 〜希望のベトナム〜」のネタバレあらすじ結末

ティ・マイ 〜希望のベトナム〜の紹介:2017年スペイン映画。娘の遺品から養子縁組をしようとしていた事を知ったカルメンは、娘の代わりに子供を迎えようと、二人の友人とベトナムへ。苦悩を抱えた女性たち異国の地で、新しい一歩を踏み出すドタバタコメディ。
監督:パトリシア・フェレイラ 出演:カルメン・マチ、アドリアナ・オソレス、アイタナ・サンチェス=ギヨン、ダニ・ロビラ、エリック・グエン、ペドロ・カサブランク、ホセ・トロンコソ、ホセ・ブルゴス、アナ・ロペス、ペドロ・ミゲル・マルティネス、グエン・ナン・ハ、ほか

「シューベルトの愛し方」のネタバレあらすじ結末

シューベルトの愛し方の紹介:2016年ドイツ映画。御家断絶を阻止すべく、早急に息子を持つ事を父親にいい渡された、究極の箱入り息子オラフの相手探しが始まる。果たして理想の女性は見つかるのか、奥手な彼は無事にゴールインできるのか?
監督:ラース・ビュヒェル 出演:オラフ・シューベルト、マリオ・アドルフ、マリー・ロイエンベルガー、ヨッヘン・バルカス、ベルト・シュテファン、マルティナ・ヒル、ヒルデガルト・シュローダー、イムケ・ビューフェル、ほか

「君は彼方」のネタバレあらすじ結末

君は彼方の紹介:2020年日本映画。宮益澪は、どこにでもいる普通の高校2年生で、友人の円佳や鬼司如新と学校生活を送っていました。ある日、澪は円佳から新のことが気になっていると聞かされ、新との関係を否定してしまいます。そして、澪は新と喧嘩してしまい、澪はそれを後悔して新と仲直りしようと家まで向かいますが、その途中で交通事故に遭ってしまいます。奇跡的に意識を取り戻した澪は、次の日学校に行って新に会いますが、なぜか徹底的に無視されてしまいます。そして、帰りの電車の中、澪は突然光に包まれ、気が付くといつもの池袋とは違う光景が広がっていました。
監督・原作:瀬名快伸 声優:宮益澪(松本穂香)、鬼司如新(瀬戸利樹)、織夏(土屋アンナ)、菊ちゃん(早見沙織)、円佳(小倉唯)、ギーモン(山寺宏一/大谷育江)宮益沙智(仙道敦子)、忘れ物口係員(木本武宏)、殯(竹中直人)、森おばあちゃん(夏木マリ)

「Never Goin’ Back / ネバーゴーインバック」のネタバレあらすじ結末

Never Goin’ Back / ネバー・ゴーイン・バックの紹介:2018年アメリカ映画。テキサスの夏。アンジェラとジェシーは、高校を中退し、ウェイトレスのバイトをしながらワンルームに同居していた。ある日、アンジェラがジェシーの誕生日に憧れのリゾートビーチへのバケーションをプレゼントすることに。旅行費用は家賃から拝借したとのこと。2人は不足の家賃を稼ぐためにアルバイトを増やしていく。その矢先、自宅に突然強盗が入る騒ぎでやってきた警察が、2人の部屋でドラッグを発見し、逮捕されてしまう。アンジェラとジェシーは、憧れのリゾートビーチへ行くことができるのか…。オーガスティン・フリッゼル監督の自伝的作品。困難な中サバイブして必死で生きる女子たちを魅力的に描く。
監督:オーガスティン・フリッゼル         
 出演:マイア・ミッチェル(アンジェラ)、カミラ・モローネ(ジェシー)、カイル・ムーニー(ブランドン)、ジョエル・アレン(ダスティン)、ケンダル・スミス(トニー)、マシュー・ホルコム(ライアン)、アティーナ・フリッゼル(クリスタル)ほか

「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」のネタバレあらすじ結末

アバター:ウェイ・オブ・ウォーターの紹介:2022年アメリカ映画。アバター:ウェイ・オブ・ウォーター:前作から10年以上が経過した、地球からはるか彼方の神秘の星パンドラ。オマティカヤ族の一員となった元海兵隊員のジェイクは、ナヴィの女性ネイティリと家族を築き、子供たちと平和に暮らしていた。しかし再び人類がパンドラに現れたことで神聖な森を追われた一家は、“海の部族”に助けを求める。ところが、この美しい海辺の楽園にも、侵略の手は迫っていた…
監督:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン(ジェイク・サリー)、ゾーイ・サルダナ(ネイティリ)、ジェイミー・フラッターズ(ネテヤム)、シガニー・ウィーバー(キリ/グレイス・オーガスティン博士)、ブリテン・ダルトン(ロアク)、クロエ・コールマン(幼少期のロアク)、トリニティ・ブリス(タクティレイ“トゥク”)、ジャック・チャンピオン(マイルズ・“スパイダー”・ソコロ)、ジョエル・ムーア(ノーム・スペルマン博士)、イーディ・ファルコ(フランセス・アードモア大将)、ブレンダン・カウエル(ミック・スコアスビー船長)、ジェマイン・クレメント(イアン・ガーヴィン博士)、スティーヴン・ラング(クオリッチ大佐)、(ウェインフリート伍長)、クリフ・カーティス(トノワリ)、ケイト・ウィンスレット(ロナル)、ベイリー・バス(ツィレヤ)、フィリップ・ゲリオ(アオノン)ほか

「バルド、偽りの記録と一握りの真実」のネタバレあらすじ結末

バルド、偽りの記録と一握りの真実の紹介:2022年メキシコ映画。メキシコ人の著名なジャーナリスト兼ドキュメンタリー映画製作者のシルヴェリオは、権威ある国際的な賞の受賞が決まり拠点にしていた米国ロサンゼルスから故郷メキシコへ戻ってきた。しかしこの旅行でシルヴェリオは生きる意味すら見失うほどの出来事に見舞われてしまう。アイデンティティ、メキシコの歴史、家族の絆、成功や死についてなど本質的な問題に対し、シルヴェリオは感情豊かに向かい合っていく。65mmフィルムで撮影されたNetflix映画。
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 出演:ダニエル・ヒメネス・カチョ(シルヴェリオ)、グリセルダ・シチリアニ(ルチア)、ヒメナ・ラマドリッド(カミラ)、イケル・サンチェス・ソラーノ(ロレンゾ)、アンドレス・アルメイダ(マルティン)、マール・カラーラ(ルセロ)ほか

「Dr.コトー診療所」のネタバレあらすじ結末

Dr.コトー診療所の紹介:2022年日本映画。2006年に放送された同名ドラマシリーズの続編となる作品。長きに渡り島の診療医を担ってきたコトーの現在を描いています。昔と変わらず命に向き合うコトーに、最大の試練が訪れます。皆で協力し立ち向かう姿が感動的です。
監督:中江功 原作:山田貴敏 出演:吉岡秀隆(五島健助)、柴咲コウ(五島彩佳)、時任三郎(原剛利)、大塚寧々(西山茉莉子)、高橋海人(織田判斗)、生田絵梨花(西野那美)、大森南朋(坂野孝)、朝加真由美(星野昌代)、富岡涼(原剛洋)、泉谷しげる(安藤重雄)、筧利夫(和田一範)、小林薫(星野正一)、ほか

「ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界」のネタバレあらすじ結末

ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界の紹介:2022年アメリカ映画。過去に「ベイマックス」を手掛けた監督ドン・ホールが不思議な世界に迷い込んだ冒険家と元冒険家の親子の絆を描いた作品。奇想天外な生き物がいる不思議な世界である動力源を守るためにやってきた元冒険家のサーチャーはその動力源の正体を知ることになります。
監督:ドン・ホール 声優:ジェイク・ギレンホール/原田泰造(サーチャー)、デニス・クエイド/大塚明夫(イェーガー)、ジャブーキー・ヤング=ホワイト/鈴木福(イーサン)、ガブリエル・ユニオン/松岡依都美(メリディアン)、ルーシー・リュー/沢海陽子(カリスト)、ほか

「忍びの者」のネタバレあらすじ結末

忍びの者の紹介:1962年日本映画。「赤旗」に連載された村山知義の小説を巨匠・山本薩夫が映画化。左翼イデオロギーを反映させた異色の忍者映画として大ヒットし、後にシリーズ化されている。脚色を担当したのは『赤い陣羽織』でも山本監督と組んだ高岩肇。
監督:山本薩夫 出演:市川雷蔵(石川五右衛門)、伊藤雄之助(百地三太夫)、藤村志保(マキ)、岸田今日子(イノネ)、若山富三郎(織田信長)、小林勝彦(織田信雄)、丹羽又三郎(木下藤吉郎)、西村晃(下柘植の木猿)、加藤嘉(葉蔵)、ほか

「神々の深き欲望」のネタバレあらすじ結末

神々の深き欲望の紹介:1968年日本映画。今村昌平の代表作のひとつ。巫女の神託が重んじられる小さな島を舞台に、近代文明に呑み込まれていく神話的共同体の悲劇を鮮烈に描く。鞍馬天狗シリーズで一世を風靡した時代劇スター、嵐寛寿郎の演技が注目された。キネマ旬報ベストテンでは1位を獲得。
監督:今村昌平 出演:三國連太郎(太根吉)、北村和夫(刈谷)、河原崎長一郎(太亀太郎)、沖山秀子(太トリ子)、松井康子(太ウマ)、嵐寛寿郎(太山盛)、加藤嘉(竜立元)、扇千景(刈谷夫人)、ほか

「昭和残侠伝」のネタバレあらすじ結末

昭和残侠伝の紹介:1965年日本映画。高倉健のスターイメージを決定づけた東映の任侠シリーズの第1作。ストイックな男が耐えに耐え、最後に怒りを爆発させるというパターンはハリウッド映画でも模倣されている。落語家の三遊亭圓生が隠居した大親分として出演。
監督:佐伯清 出演:高倉健(寺島清次)、池部良(風間重吉)、三田佳子(西村綾)、梅宮辰夫(ゼロ戦五郎)、松方弘樹(ジープの政)、伊井友三郎(川田源之助)、水島道太郎(岩佐徹造)、三遊亭圓生(大谷)、江原真二郎(西村恭太)、水上竜子(風間美代)、ほか

「女子大生エヴァ 覚醒」のネタバレあらすじ結末

女子大生エヴァ 覚醒の紹介:2013年カナダ映画。大学に入学し、女子寮に入ったエヴァは、パーティーで知り合ったイケメン3人組にレイプイ暴行を受け瀕死の状態で捨てられます。森でキャンプするホームレスに助けられたエヴァでしたが、別のホームレスに暴行を受け、逃げて帰っていると猟奇殺人鬼に襲われます。そんなエヴァに森の悪霊が乗り移り、エヴァの復讐が始まるという、オカルトリベンジムービーです。
監督:カレン・ラム 出演者:カット・デ・リエヴァ(エヴァ)、リチャード・ハーモン(マイケル)、吉田真由美(シャノン)、デヴィッド・ルイス(殺人鬼)、アンソニー・シム(マーク)ほか

1 2 3 4 5 837

キーワードから探す

TOP↑