映画のネタバレ

「CG版ビーストウォーズメタルス」のネタバレあらすじ結末

超生命体トランスフォーマー CG版ビーストウォーズメタルスの紹介:1998年日本映画。2024年にシリーズ生誕40周年を迎え、玩具・アニメ・実写映画・ゲームなど様々な展開を続けている「トランスフォーマー」シリーズ。本作は声優陣の自由なアドリブで“声優無法地帯”と称されるほどの人気を博し、実写映画第7作『トランスフォーマー/ビースト覚醒』のベースともなったテレビアニメ『ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー』(1997年~1998年)の続編となる『ビーストウォーズメタルス 超生命体トランスフォーマー』(1999年~2000年)の劇場版作品です、本作はテレビ本編放映開始に先駆けて公開され、日本ではテレビ未放映となったエピソード(テレビ本編第7話と第8話の間)を映画版として編集したものです。監督は『ビースト覚醒』やテレビアニメなど歴代トランスフォーマーシリーズなどで音響監督を手がけている岩浪美和が務めています。
監督:岩浪美和 声優:子安武人(サイバトロン総司令官メタルスコンボイ)、千葉繁(デストロン破壊大帝メタルスメガトロン)、高木渉(サイバトロン密林巡視員メタルスチータス)、山口勝平(サイバトロン諜報員メタルスラットル)、中村大樹(サイバトロン陸上防衛戦士ライノックス)、藤原啓治(サイバトロン特殊戦闘員ダイノボット)、遠近孝一(サイバトロン極地偵察員タイガトロン)、岩永哲哉(サイバトロン空中偵察員エアラザー)、岩田光央(サイバトロン追跡員シルバーボルト)、チョー(デストロン忍者兵メタルスタランス)、飛田展男(デストロン砂漠戦指揮官クイックストライク)、柚木涼香(デストロン諜報工作員ブラックウィドー/ナビ子)、加藤賢崇(デストロン空中攻撃兵ワスピーター)、遠藤雅(デストロン砂漠戦闘指揮官スコルポス)、三木眞一郎(デストロン地上攻撃指揮官インフェルノ)、檜山修之(デストロン戦将ランページ/プロトフォームX)ほか

「CG版ビーストウォーズ 激突!ビースト戦士」のネタバレあらすじ結末

超生命体トランスフォーマー CG版ビーストウォーズ 激突!ビースト戦士の紹介:1998年日本映画。2024年にシリーズ生誕40周年を迎え、玩具・アニメ・実写映画・ゲームなど様々な展開を続けている「トランスフォーマー」シリーズ。本作は世界初のフル3DCG連続テレビロボットアニメとして1997年~1998年にかけて日本で放映され、声優陣の自由なアドリブで話題を博し、実写映画第7作『トランスフォーマー/ビースト覚醒』のベースともなった『ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー』の劇場版で、テレビ本編の終盤のエピソードを中心に再編集・再アフレコを行った総集編的作品です。監督は『ビースト覚醒』やテレビアニメなど歴代トランスフォーマーシリーズなどで音響監督を手がけている岩浪美和が務めています。
監督:岩浪美和 声優:子安武人(サイバトロン総司令官コンボイ)、千葉繁(デストロン破壊大帝メガトロン)、高木渉(サイバトロン密林巡視員チータス)、山口勝平(サイバトロン諜報員ラットル)、中村大樹(サイバトロン陸上防衛戦士ライノックス)、藤原啓治(サイバトロン特殊戦闘員ダイノボット)、遠近孝一(サイバトロン極地偵察員タイガトロン)、岩永哲哉(サイバトロン空中偵察員エアラザー)、チョー(デストロン忍者兵タランス)、飛田展男(デストロン空中戦闘兵テラザウラー)、加藤賢崇(デストロン空中攻撃兵ワスピーター)、遠藤雅(デストロン砂漠戦闘指揮官スコルポス)、柚木涼香(デストロン諜報工作員ブラックウィドー)、三木眞一郎(デストロン地上攻撃指揮官インフェルノ)、中村秀利(ユニクロン)ほか

「ビーストウォーズII ライオコンボイ危機一髪!」のネタバレあらすじ結末

ビーストウォーズII(セカンド) 超生命体トランスフォーマー ライオコンボイ危機一髪!の紹介:1998年日本映画。2024年にシリーズ生誕40周年を迎え、玩具・アニメ・実写映画・ゲームなど様々な展開を続けている「トランスフォーマー」シリーズ。本作は1998年~1999年にかけて放映されたテレビアニメ『ビーストウォーズII(セカンド) 超生命体トランスフォーマー』の劇場版で、ゲストとして前作『ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー』のコンボイが参戦、本作の主人公ライオコンボイと“ダブルコンボイ”のタッグを組んで謎の凶悪な生命体と戦います。
監督:西森章 声優:郷田ほづみ(総司令官ライオコンボイ)、小村哲生(破壊大帝ガルバトロン)、小高三良(副司令アパッチ)、岩崎征実(突撃員ビッグホーン/医学博士サントン)、石塚堅(陽動員タスマニアキッド)、中野健治(守備隊員ダイバー)、岸祐二(水中工作員スクーバ)、小林由美子(野生闘士ライオジュニア/合体戦士マグナボス)、岩尾万太郎(音速教官スカイワープ)、松山鷹志(破壊大公ギガストーム)、高橋広樹(参謀総長ヘルスクリーム)、渡辺健(護衛隊長マックスビー/昆虫指令ビッグモス)、竹本英史(航空隊長ダージガン/力士モーターアーム)、実近順次(突撃隊長スラストール/極地工作員ギムレット)、内藤玲(音波工作員D・J)、西松和彦(海賊頭領ハーフシェル)、寺田はるひ(コンピューター)、子安武人(総司令官コンボイ)ほか

「陰陽師0」のネタバレあらすじ結末

陰陽師0の紹介:2024年日本映画。平安時代に実在した陰陽師・安倍晴明の活躍を描いた夢枕獏のベストセラー小説で過去に幾度も映像化されてきた「陰陽師」シリーズ。本作は安倍晴明生誕1100年を記念し、原作者・夢枕獏の全面協力による完全オリジナルストーリーで若き日の安倍晴明が陰陽師になる前の物語を『キングダム』『ゴールデンカムイ』など話題作への出演が続く山崎賢人を主演に迎えて描きます。
監督:佐藤嗣麻子 出演者:山﨑賢人(安倍晴明)、染谷将太(源博雅)、奈緒(徽子女王)、安藤政信(平郡貞文)、村上虹郎(橘泰家)、板垣李光人(帝)、國村隼(賀茂忠行)、北村一輝(惟宗是邦)、小林薫(藤原義輔)、嶋田久作(葛木茂経)ほか

「マッチング」のネタバレあらすじ結末

マッチングの紹介:2024年日本映画。『ミッドナイトスワン』『全裸監督』などを手掛けた内田英治が2024年に発表した同名小説を自ら監督・脚本を手掛けて映画化したサスペンススリラーです。恋愛に消極的だったウエディングプランナーがマッチングアプリでの出会いをきっかけに想像を絶する恐怖に直面する姿を描きます。
監督:内田英治 出演者:土屋太鳳(唯島輪花)、佐久間大介(永山吐夢)、金子ノブアキ(影山剛)、真飛聖(西山茜)、後藤剛範(堀井健太)、片山萌美(伊藤尚美)、片岡礼子(美知子)、杉本哲太(唯島芳樹)、斉藤由貴(節子)、川田玲那(幼少期の唯島輪花)、山口太幹(幼少期の影山剛)、藤本タケ(25年前の唯島芳樹)、永瀬莉子(工藤未菜)、石田佳央(田邊仁)、円井わん(椎名楓)、前原滉(和田拓馬)、小林亜実(フラワールームのスタッフ)、中澤功(料理長)、瀧川鯉斗(片岡隼人)、畦田ひとみ(莉愛)、八鍬亜里砂(喜田真由)、名越志保(真由の母)、大村彩子(25年前の美知子)、寉岡瑞希(25年前の節子)ほか

「エドガルド・モルターラ ある少年の数奇な運命」のネタバレあらすじ結末

エドガルド・モルターラ ある少年の数奇な運命の紹介:2023年イタリア, フランス, ドイツ映画。19世紀のイタリアで実際に起きた誘拐事件を映画化した人間ドラマで、当初映画化権を獲得するも映画化を断念したスティーヴン・スピルバーグに代わってイタリア映画界の巨匠マルコ・ベロッキオがメガホンを執っています。ユダヤ人の両親のもとに生まれるも、ローマ教皇の命で連れ去られた少年の数奇な運命を描きます。
監督:マルコ・ベロッキオ 出演者:エネア・サラ(エドガルド・モルターラ(少年期))、レオナルド・マルテーゼ(エドガルド・モルターラ(青年期))、パオロ・ピエロボン(教皇ピウス9世)、ファウスト・ルッソ・アレシ(サロモーネ・“モモロ”・モルターラ)、バルバラ・ロンキ(マリアンナ・パドヴァーニ)、アンドレア・ゲルペッリ(アンジェロ・パドヴァーニ)、コッラード・インベルニッツィ(カルボニ判事)、フィリッポ・ティーミ(ジャコモ・アントネッリ)、ファブリツィオ・ジフーニ(ピエル・ガエターノ・フェレッティ)、サムエレ・テネッジ(リッカルド・モルターラ)、アレッサンドロ・フィオルッチ(ドメニカノ神父)、アレッサンドロ・バンディーニ(マリアーノ神父)ほか

「ゴーストバスターズ/フローズン・サマー」のネタバレあらすじ結末

ゴーストバスターズ/フローズン・サマーの紹介:2024年アメリカ映画。幽霊(ゴースト)退治に挑む科学者たちの姿を描いたSFコメディーの傑作『ゴーストバスターズ』シリーズの第5作です。本作は前作『ゴーストバスターズ/アフターライフ』(2021年)の2年後を舞台に、真夏のニューヨークを襲う全てを凍らせる最強ゴーストに新旧のゴーストバスターズが力を合わせて戦う様を描きます。
監督:ギル・キーナン 出演者:ポール・ラッド(ゲイリー・グルーバーソン)、キャリー・クーン(キャリー・スペングラー)、フィン・ウルフハード(トレヴァー・スペングラー)、マッケナ・グレイス(フィービー・スペングラー)、クメイル・ナンジアニ(ナディーム・ラズマーディ)、パットン・オズワルト(ヒューバート・ウォルツキー博士)、セレステ・オコナー(ラッキー・ドミンゴ)、ローガン・キム(ポッドキャスト)、ウィリアム・アザートン(ウォルター・ペック市長)、ジェームズ・エイキャスター(ラーズ・ピンフィールド博士)、ダン・エイクロイド(レイモンド・スタンツ博士)、アーニー・ハドソン(ウィンストン・ゼドモア博士)、アニー・ポッツ(ジャニーン・メルニッツ)、ビル・マーレイ(ピーター・ヴェンクマン博士)、エミリー・アリン・リンド(メロディ)ほか

「シティーハンター(2024年)」のネタバレあらすじ結末

シティーハンターの紹介:2024年日本映画。これまでにアニメシリーズ、香港や韓国、フランスで制作された実写版と幾度も映像化されてきた北条司の大ヒット漫画『シティーハンター』。本作は日本国内では初となる実写化作品であり、主人公・冴羽獠役に鈴木亮平を迎え、冴羽獠とヒロインで相棒の槇村香が初めてコンビを組むまでのエピソードが描かれます。本作はNetflixで全世界同時配信されました。
監督:佐藤祐市 主題歌:TM NETWORK「Get Wild Continual」 出演者:鈴木亮平(冴羽獠)、森田望智(槇村香)、安藤政信(槇村秀幸)、木村文乃(野上冴子)、華村あすか(くるみ)、水崎綾女(瀬田月乃)、片山萌美(蠍/ナツミ)、阿見201(羆)、杉本哲太(伊東昭孝)、迫田孝也(今野國雄)、橋爪功(阿久津)、マフィア梶田(海坊主)、神谷明(ニュースキャスターの声)ほか

「マッドマックス:フュリオサ」のネタバレあらすじ結末

マッドマックス:フュリオサの紹介:2024年アメリカ映画。バイオレンス・アクション映画『マッドマックス』シリーズの初のスピンオフ作品であり、シリーズ第4作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015年)に登場した女戦士フュリオサの若き日を描いた前日譚です。『マッドマックス』シリーズの生みの親であるジョージ・ミラー監督が続投、世界の崩壊から45年後を舞台に故郷からさらわれたフュリオサが城塞都市の支配者イモータン・ジョーとの戦いに巻き込まれる様を5つの章に分けて描いていきます。
監督:ジョージ・ミラー 出演者:アニャ・テイラー=ジョイ(フュリオサ)、クリス・ヘムズワース(ディメンタス)、トム・バーク(警護隊長ジャック)、ラッキー・ヒューム(イモータン・ジョー)、チャーリー・フレイザー(メリー・ジャバサ)、ネイサン・ジョーンズ(リクタス・エレクタス)、アンガス・サンプソン(オーガニック・メカニック)、ジョシュ・ヘルマン(スクロータス)、ジョン・ハワード(人喰い男爵)、リー・ペリー(武器将軍)、ラッキー・ヒューム(リズデール・ペル)、エルサ・パタキー(ミスター・ノートン)、ダニエル・ウェバー(ウォー・ボーイ)、クアデン・ベイルズ(ウォー・パップ)、iOTA(ドーフ・ウォーリアー)、アリーラ・ブラウン(少女時代のフュリオサ)、ジェイコブ・トムリ(マックス)ほか

「キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン」のネタバレあらすじ結末

キラーズ・オブ・ザ・フラワームーンの紹介:2023年アメリカ映画。マーティン・スコセッシ監督が6度目のタッグとなるレオナルド・ディカプリオを主演に迎え、実話を基に描いた西部劇サスペンス。27年ぶりにレオと共演するのは名優ロバート・デ・ニーロ。ジャーナリストのデビッド・グランがアメリカ先住民連続殺人事件について描いたベストセラーノンフィクション「花殺し月の殺人 インディアン連続怪死事件とFBIの誕生」をもとに、スコセッシ監督と脚本家エリック・ロスが共同脚本を手がけた。
監督: マーティン・スコセッシ 出演:レオナルド・ディカプリオ(アーネスト・バークハート)、ロバート・デ・ニーロ(ウィリアム・〝キング〟・ヘイル)、リリー・グラッドストーン(モリー・カイル)、タントゥー・カーディナル(リジー・Q)、カーラ・ジェイド・マイヤーズ(アナ・ブラウン)、ジャネー・コリンズ(リータ)、ジリアン・ディオン(ミニー)、ウィリアム・ベルー(ヘンリー・ローン)、タタンカ・ミーンズ(ジョン・レン)、ルイス・キャンセルミ(ケルシー・モリソン)、スコット・シェパード(バイロン・バークハート)、ジェイソン・イズベル(ビル・スミス)、スターギル・シンプソン(ヘンリー・グラマー)、ジェシー・プレモンス(トム・ホワイト)、マイケル・アボット・ジュニア(フランク・スミス)、ジョン・リスゴー(リーワード検察官)、ブレンダン・フレーザー(W.S.ハミルトン弁護士)、ヤンシー・レッド・コーン(ボニキャッスル)、エベレット・ウォラー(ポール・レッドイーグル)、タリー・レッドコーン(オセージ族のリーダー)、デジレー・ストーム・ブレイブ(バーサ・ビッグハート)、エリシャ・プラット(ジョセフ・ビッグハート)、トム・シュルツ(ブラッキー・トンプソン)ほか

「ナポレオン(2023年)」のネタバレあらすじ結末

ナポレオンの紹介:2023年アメリカ映画。『エイリアン』『ブレードランナー』『グラディエーター』などで知られるリドリー・スコット監督が、ファンだというスタンリー・キューブリック監督が果たせなかった悲願であるナポレオンの人生を映画化。ナポレオン役には『ジョーカー』で第92回アカデミー賞主演男優賞に輝いたホアキン・フェニックス。その妻ジョゼフィーヌには『ミッション:インポッシブル』シリーズでホワイト・ウィドウを演じるバネッサ・カービーが挑んだ。
監督: リドリー・スコット 出演:ホアキン・フェニックス(ナポレオン)、バネッサ・カービー(ジョゼフィーヌ)、タハール・ラヒム(ポール・バラス)、マーク・ボナー(ジャン=アンドシュ・ジュノー)、ユーセフ・カーコア(ルイ=ニコラ・ダヴー元帥)、ベン・マイルズ(アルマン・ド・コランクール)、リュディヴィーヌ・サニエ(テレーズ・カバリュス(タリアン夫人))、ジョン・ホリングワース(ミシェル・ネイ元帥)、マシュー・ニーダム(リュシアン・ボナパルト)、エドゥアール・フィリポナ(アレクサンドル1世)、ポール・リス(タレーラン)、フィル・コーンウェル(処刑人・サンソン)、イアン・マクニース(ルイ18世)、キャサリン・ウォーカー(マリー・アントワネット)、アンナ・マウン(マリー・ルイーズ)、スコット・ハンディ(ベルティエ元帥)、ギャビン・スポーク(ムーラン将軍)、ダヴィデ・トゥッチ(ルイ=ラザール・オッシュ)、サム・クレーン(画家・ジャック=ルイ・ダヴィッド)、ルパート・エベレット(ウェリントン公爵)、ジュリアン・リンド=タット(シェイエス)ほか

「FLY!/フライ!」のネタバレあらすじ結末

FLY!/フライ!の紹介:2023年アメリカ, フランス映画。ミニオンで知られる『怪盗グルー』シリーズや『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』などの人気作を手掛け、今やアニメーション界をリードする存在となったスタジオ「イルミネーション」が贈る完全オリジナル長編アニメ作品です。渡り鳥でありながら一度も移動したことがなく、外の世界を知らないカモの家族がアメリカからジャマイカへ移住することになるのですが・・・。
監督:バンジャマン・レネール 声優:クメイル・ナンジアニ(マック)、エリザベス・バンクス(パム)、オークワフィナ(チャンプ)、キーガン=マイケル・キー(デルロイ)、デヴィッド・ミッチェル(グーグー)、キャロル・ケイン(エリン)、キャスパー・ジェニングス(ダックス)、トレシ・ガザル(グウェン)、ダニー・デヴィート(ダン)、イザベラ・メルセード(キム)ほか 日本語吹替版:堺雅人(マック)、麻生久美子(パム)、ヒコロヒー(チャンプ)、関智一(デルロイ)、鈴村健一(グーグー)、野沢雅子(エリン)、黒川想矢(ダックス)、池村碧彩(グウェン)、羽佐間道夫(ダン)、芹澤優(キム)、谷山紀章(ジョー)、喜多村英梨(エリー)、愛河里花子(グーグーの仲間)ほか

「デューン 砂の惑星PART2」のネタバレあらすじ結末

デューン 砂の惑星PART2の紹介:2024年アメリカ, カナダ映画。砂の惑星<デューン>をめぐり、全宇宙を巻き込んだアトレイデス家とハルコンネン家の壮絶な戦いが勃発。ハルコンネン家の策略により、アトレイデス家は全滅させられた。唯一生き残ったアトレイデス家の後継者ポールを、砂漠の民フレメンのチャニは絆を築き彼を救世主としての運命へ導いていく。戦いに備える日々の中、大きな力に目覚めようとしているポールの前に、パーディシャー皇帝シャッダム四世とデューンの新たな支配者ハルコンネン男爵が立ちはだかる。全宇宙を巻き込んだ最終決戦が始まろうとしている―。原作はフランク・ハーバートのSF小説『デューン 砂の惑星』。2021年に公開された『DUNE/デューン 砂の惑星』は世界34の国と地域で初登場1位を記録し、第94回アカデミー賞では最多6部門を受賞した。本作はその続編。
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演:ティモシー・シャラメ(ポール・アトレイデス)、ゼンデイヤ(チャニ)、レベッカ・ファーガソン(レディ・ジェシカ)、ジョシュ・ブローリン(ガーニイ・ハレック)、オースティン・バトラー(フェイド=ラウサ・ハルコンネン)、フローレンス・ピュー(皇女イルーラン)、デイブ・バウティスタ(ラッバーン・ハルコンネン)、クリストファー・ウォーケン(パーディシャー皇帝シャッダム四世)、レア・セドゥ(レディ・マーゴット・フェンリング)、スエイラ・ヤクーブ(シシャクリ)、ステラン・スカルスガルド(ウラディミール・ハルコンネン男爵)、シャーロット・ランプリング(教母ガイウス・ヘレネ・モヒアム)、ハビエル・バルデム(スティルガー)ほか

「ゴジラ×コング 新たなる帝国」のネタバレあらすじ結末

ゴジラ×コング 新たなる帝国の紹介:2024年アメリカ映画。『ゴジラ』と『キングコング』のリブート映画『ゴジラvsコング』の続編で、モンスター・ヴァースの第5作、『ゴジラ』シリーズ通算としては2023年公開の『ゴジラ-1.0』以来となる第38作となる作品です。本作は『ゴジラvsコング』から3年後を舞台に、コングと同族である新たな脅威がゴジラとコングに立ちはだかります。
監督:アダム・ウィンガード 出演者:レベッカ・ホール(アイリーン・アンドリューズ)、ブライアン・タイリー・ヘンリー(バーニー・ヘイズ)、ダン・スティーヴンス(トラッパー)、カイリー・ホットル(ジア)、アレックス・ファーンズ(ミケル)、ファラ・チェン(女王)、レイチェル・ハウス(ハンプトン)、ロン・スミック(ハリス)、シャンテル・ジェイミーソン(ジェイン)、グレッグ・ハットン(ルイス)、ケヴィン・コープランド(潜水艦艦長)、ティム・キャロル(ウィルコックス)、アンソニー・ブランドン・ウォン(トークショーのアナウンサー)、ソフィア・エンバーソン=ベイン(ローリエ)ほか

「猿の惑星/キングダム」のネタバレあらすじ結末

猿の惑星/キングダムの紹介:2024年アメリカ映画。地球の支配者が人間から猿に代わった世界を描くSF映画『猿の惑星』シリーズの第10作目で、リブートシリーズの第4作です。前作『猿の惑星:聖戦記』の約300年後を舞台に、猿の独裁者によって村と家族を奪われたチンパンジーの青年が人間の女性と出会い、猿と人間の未来を左右する旅に出る様を描きます。
監督:ウェス・ボール 出演者:オーウェン・ティーグ(ノア)、フレイヤ・アーラン(メイ/ノヴァ)、ケヴィン・デュランド(プロキシマス・シーザー)、ピーター・メイコン(ラカ)、ウィリアム・H・メイシー(トレヴェイサン)、トラヴィス・ジェフリー(アナヤ)、リディア・ペッカム(スーナ)、ニール・サンディランズ(コロ)、サラ・ワイズマン(ダー)、エカ・ダーヴィル(シルヴァ)、ラス=サミュエル・ウェルド・アブズギ(ライトニング)、カリン・コノヴァル(モーリス)、ディーチェン・ラックマン(コリーナ)ほか

1 2 3 4 5 6 7 881

キーワードから探す

TOP↑