映画のネタバレ

「マダム・ウェブ」のネタバレあらすじ結末

マダム・ウェブの紹介:2024年アメリカ映画。コロンビア・ピクチャーズとマーベル・エンターテインメントが共同で製作しソニー・ピクチャーズが配給する、「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」とは一線を画すもうひとつのマーベルユニバース「ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース」(SSU)の第4作となるサスペンス作品です。本作は2003年のニューヨークを舞台に、未来予知能力を持つマダム・ウェブの誕生秘話を描いていきます。
監督:S・J・クラークソン 出演者:ダコタ・ジョンソン(カサンドラ・“キャシー”・ウェブ/マダム・ウェブ)、シドニー・スウィーニー(ジュリア・コーンウォール)、セレステ・オコナー(マティ・フランクリン)、イザベラ・メルセード(アーニャ・コラソン)、タハール・ラヒム(エゼキエル・シムズ)、アダム・スコット(ベン・パーカー)、エマ・ロバーツ(メアリー・パーカー)、ケリー・ビシェ(コンスタンス・ウェブ)、マイク・エップス(オニール)、ゾーシャ・マメット(アマリア)、ホセ・マリア・ヤズピック(サンティアゴ)ほか

「名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)」のネタバレあらすじ結末

名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)の紹介:2024年日本映画。2023年公開の前作『名探偵コナン 黒鉄の魚影』がシリーズ初となる興行収入100億円超えとなるなど今や日本を代表するドル箱シリーズとなった『名探偵コナン』。劇場版第27作となる本作は北海道函館市を舞台とし、新選組・土方歳三ゆかりの刀を巡ってコナンと、コナンと世界観を共有し本作公開に併せて約7年ぶりに連載を再開した『まじっく快斗』の主人公・怪盗キッドが駆け引きを展開します。ゲスト声優として、北海道出身で実兄が函館市長である大泉洋が参加しています。なお、本作の公開によりシリーズの累計観客動員数は1億人を突破しました。
監督:永岡智佳 原作:青山剛昌(『名探偵コナン』『まじっく快斗』) 主題歌:aiko『相思相愛』 声優:高山みなみ(江戸川コナン)、山口勝平(黒羽快斗(怪盗キッド)/工藤新一)、山崎和佳奈(毛利蘭)、小山力也(毛利小五郎)、堀川りょう(服部平次)、宮村優子(遠山和葉)、ゆきのさつき(大岡紅葉)、小野大輔(伊織無我)、遊佐浩二(沖田総司)、緒方賢一(阿笠博士)、林原めぐみ(灰原哀)、岩居由希子(吉田歩美)、高木渉(小嶋元太)、大谷育江(円谷光彦)、松井菜桜子(鈴木園子)、田中秀幸(工藤優作)、島本須美(工藤有希子)、花田光(西村京兵)、M・A・O(中森青子)、池田秀一(黒羽盗一)、津田健次郎(鬼丸猛/土方歳三)、松岡禎丞(福城聖)、菅生隆之(福城良衛)、中博史(斧江拓三)、高野麻里佳(吉永神子)、銀河万丈(ブライアン・D・カドクラ)、金光宣明(町田正徳)、武田幸史(ナチョ・ベルガ)、宮本崇弘(アフロ)、山口竜之介(配達員/警察官)、山口茜(受付係)、石井康嗣(中森銀三)、大泉洋(川添善久)ほか

「成功したオタク」のネタバレあらすじ結末

成功したオタクの紹介:2021年韓国映画。2018年にあるK-POPスターが性加害事件で逮捕され、韓国芸能界を揺るがした「性バーニング・サン事件」。本作は犯罪者となったスターの熱狂的ファンで”成功したオタク“との異名を持つオ・セヨン監督が、自身と同じような経験をしたファンに取材し、その心境を映し出していくドキュメンタリーです。
監督:オ・セヨン 出演者:オ・セヨンほか

「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 前章」のネタバレあらすじ結末

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 前章の紹介:年アメリカ映画。浅野いにお原作の漫画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』、略称”デデデデ“を、幾田りら(YOASOBI)と“あの”のダブル主演で二部作として映画化した長編アニメーション映画の前編です。東京上空に謎の宇宙船が到来、人類が滅亡の危機に瀕するという異常事態の中で、青春を謳歌する女子高生たちの姿と悲劇を描きます。後編は2024年5月公開予定です。
監督:黒川智之 主題歌:ano feat. 幾田りら「絶絶絶絶対聖域」 声優:幾田りら(小山門出)、あの(中川凰蘭)、種﨑敦美(栗原キホ)、島袋美由利(出元亜衣)、大木咲絵子(平間凛)、和氣あず未(竹本ふたば)、白石涼子(田井沼マコト)、入野自由(大葉圭太)、内山昂輝(小比類巻健一)、坂泰斗(渡良瀬)、諏訪部順一(中川ひろし)、津田健次郎(小山ノブオ)、大西沙織(須丸光)ほか

「マイホームヒーロー」のネタバレあらすじ結末

マイホームヒーローの紹介:2024年日本映画。原作・山川直輝、作画・朝基まさしによるクライムサスペンス漫画『マイホームヒーロー』。本作は佐々木蔵之介主演で2023年に放映されたテレビドラマの続編となる劇場版で、ドラマ最終回から7年後を舞台に娘の恋人を殺した主人公が家族を守るために奮闘する姿、そして主人公に襲いかかる新たな危機を描きます。
監督:青山貴洋 出演者:佐々木蔵之介(鳥栖哲雄)、齋藤飛鳥(鳥栖零花)、高橋恭平(間島恭一)、宮世琉弥(大沢隼人/田字草)、板倉俊之(戸島)、大東駿介(薬師寺)、淵上泰史(竹田)、西垣匠(榎木)、金子隼也(南田)、立川談春(安元浩司)、神野三鈴(間島恵子)、音尾琢真(窪)、津田健次郎(志野寛治)、木村多江(鳥栖歌仙)、石塚錬(鳥栖明)ほか

「ARGYLLE/アーガイル」のネタバレあらすじ結末

ARGYLLE/アーガイルの紹介:2024年イギリス, アメリカ映画。『キングスマン』シリーズを手掛けるマシュー・ボーン監督が贈る痛快スパイアクション作品です。凄腕エージェントが主役の人気スパイを手掛ける小説家が謎の組織に命を狙われ、やがて自分の作品の内容が現実のスパイ組織の行動と一致していたことから現実と想像の世界を股にかけた騒動に巻き込まれていきます。
監督:マシュー・ヴォーン 出演者:ヘンリー・カヴィル(オーブリー・アーガイル)、ブライス・ダラス・ハワード(エリー・コンウェイ/レイチェル・カイル)、サム・ロックウェル(エイダン・ワイルド)、ブライアン・クランストン(バリー/リッター長官)、キャサリン・オハラ(ルース・コンウェイ/ヴォグラー博士)、デュア・リパ(ルグランジュ)、アリアナ・デボーズ(キーラ)、ジョン・シナ(ワイアット)、サミュエル・L・ジャクソン(アルフレッド・“アルフィー”・ソロモン)、ルイス・パートリッジ(若き日のオーブリー・アーガイル)、ソフィア・ブテラ(サバ・アル=バドル)、リチャード・E・グラント(フォウラー)、チップ(アルフィー)、ロブ・ディレイニー(パウエル副長官)、ジン・ルージ(アーガイルの恋人)、スタンリー・モーガン(バクーニン)、ベン・ダニエルズ(バーテンダー/スパイ)ほか

「ラバー、ストーカー、キラー」のネタバレあらすじ結末

ラバー、ストーカー、キラーの紹介:2024年イギリス映画。離婚をきっかけに出会い系サイトを始めたデイヴ・クロウパ。そこで1人の女性と出会うも、すぐにうまくいかなくなり、やがてその女性はデイヴをストーカーし始めます。このストーカー行為に長年悩まされることになるデイヴでしたが、事件は思いもよらない方向へとシフトしていきます。本作は、実際に起こった事件を基に描かれたドキュメンタリー映画となっています。
監督: サム・ホブキンソン 出演: デイヴ・クロウパ、ナンシー・ラネイ、クリス・ルグロウ、エイミー・フローラ、ジム・ドティ、ライアン・デイヴィス、トニー・カヴァ、ほか

「虚構の錬金術:セントラ・テック詐欺」のネタバレあらすじ結末

虚構の錬金術:セントラ・テック詐欺の紹介:2024年アメリカ映画。幼いころから犯罪者になることに憧れていたレイモンド・トラパニことレイ。お金に対する執着が高く、一攫千金を狙う日々。ある日、友人が暗号資産市場の抜け穴を発見し、それを悪用し、投資家から多額の資金を巻き上げる詐欺を実行します。
実際に起こった詐欺事件に迫った、犯罪ドキュメンタリー映画です。
監督: ブライアン・ストーケル 出演:レイモンド・トラパニ、ロバート・フォーカス、アンドリュー、ケリ、ジェイコブ・レンセル、マーティン、フィリップ、ラサニエル・ポッパー、ウィリアム・ハグナー、ロバート・コーエン、サム・エンザー、ほか

「スペースマン」のネタバレあらすじ結末

スペースマンの紹介:2024年アメリカ映画。地球から約5億kmの宇宙の彼方で単独任務についているヤクブ・プロハースカ船長。地球でヤコブは英雄のように扱われていますが、ただ1人、宇宙船の中で孤独な毎日を過ごしています。さらに追い打ちをかけるかのように、妻レンカとの連絡も途絶えてしまいます。すると、任務達成間近というところで、ヤクブの前に謎の生物が現われます。それをきっかけに、ヤクブは自分と向き合っていきます。
本作は、チェコ共和国出身のヤロスラフ・カルファシュが執筆したSF小説『Spaceman of Bohemia』を基に描かれています。
監督: ヨハン・レンク 出演: アダム・サンドラー(ヤクブ・プロハースカ)、キャリー・マリガン(レンカ)、ポール・ダノ(ハヌーシュ)、クナル・ネイヤー(ピーター)、イザベラ・ロッセリーニ(トゥマ長官)、ほか

「ポップスが最高に輝いた夜」のネタバレあらすじ結末

ポップスが最高に輝いた夜の紹介:2024年アメリカ映画。アフリカの飢餓救済を目的とした楽曲『ウィー・アー・ザ・ワールド』。この曲をレコーディングするため、一流アーティストが一堂に会します。与えられた時間は一晩。創造性に富んだアーティストたちを一つのチームにまとめる、この歴史的な瞬間の様子をおさめた映像と、参加アーティスト等のインタビューをもとに描かれたドキュメンタリー映画です。
監督: バオ・グエン 出演: ライオネル・リッチー、ハリエット・スタンバーグ、ウェンディ・リース、ラリー・クライン、シンディ・ローパー、ブルース・スプリングスティーン、ケニー・ロギンス、ウンベルト・ガティカ、ヒューイ・ルイス、スモーキー・ロビンソン、ボブ ディッキンソン、ディオンヌ・ワーウィック、シーラ・E、ケン・ウー、ほか

「残灰に」のネタバレあらすじ結末

残灰にの紹介:2024年サウジアラビア映画。規律の厳しい女子高で火災が発生して、教師一人と生徒一人が死亡します。生徒が倉庫に鍵をかけて閉じ込められて死んでいたことから、事件性が疑われます。ハセット校長は不良3人組が犯人ではないかと調べ始めます。サウジアラビアの女学校を舞台にしたミステリー作品です。ラストに意外などんでん返しがあります。
監督:カリド・ファハド 出演:アルシャイマ・タイブ(ハセット校長)、カリア・アブ・ラバン(ヴェダト)、アドワ・ファハド(セハム副校長)、ダリン・アルバイド(ヘバ)、アエシャ・アルレファイ(ラナ)ほか

「バッドランド・ハンターズ」のネタバレあらすじ結末

バッドランド・ハンターズの紹介:2024年韓国映画。地球規模の大地震で荒廃した大地で、生き残った人々は物々交換をしながら暮らしています。そんな時、10代の少年少女をマンションで助けているというキム教師と男たちがやって来ます。喜んだスナは祖母とマンションに向かいますが、そこには人体実験をするヤン・ギス医師がいたのです。マ・ドンソク主演の近未来サバイバルアクションです。コメディ要素を混ぜながら、グロいバイオレンスアクションシーンも満載です。
監督:ホ・ミョンヘン 出演:マ・ドンソク(ナムサン)、イ・ヒジュン(ヤン・ギス)、イ・ジュニョン(チェ・ジワン)、ノ・ジョンウィ(ハン・スナ)、アン・ジヘ(イ・ウノ)、チャン・ヨンナム(キム教師)ほか

「ジョン・バティステ:アメリカン・シンフォニー」のネタバレあらすじ結末

ジョン・バティステ:アメリカン・シンフォニーの紹介:2024年アメリカ映画。第64回グラミー賞にて最多11部門にノミネートされ、そのうち5部門受賞した歌手のジョン・バティステ。彼が音楽や人権にどのような思いを抱いているのか、そして、白血病を抱える妻に対してどう向き合っているのかを描いたドキュメンタリー映画です。
監督: マシュー・ハイネマン 出演: ジョン・バティステ、スレイカ・ジャワード、ほか

「Lift/リフト」のネタバレあらすじ結末

Lift/リフトの紹介:2024年アメリカ映画。テロリストを使って株価を捜査して巨万の富を気づいたヨルゲンセンが、新たな計画をたてて、テロへの支払いを5億ドルの金塊で渡そうとしています。そのことを知ったインターポールはアビー捜査官に、かつての恋人だった大泥棒サイラスに金塊を盗むように依頼したのです。アビーも加わって旅客機に詰まれた金塊泥棒が始まります。ハイテク技術を使った泥棒たちの計画と実行を描いたアクション作品です。
監督:F・ゲイリー・グレイ 出演:ケヴィン・ハート(サイラス)、ググ・ンバータ=ロー(アビー)、ヴィンセント・ドノフリオ(デントン)、ウルスラ・コルベロ(カミラ)、ビリー・マグヌッセン(マグナス)、ジェイコブ・バタロン(N8)、ジャン・レノ(ヨルゲンセン)、サム・ワーシントン(ハクスリー)ほか

「オッペンハイマー」のネタバレあらすじ結末

オッペンハイマーの紹介:2023年アメリカ映画。原子爆弾の開発に尽力し、「原爆の父」と呼ばれたアメリカの物理学者、J・ロバート・オッペンハイマーの波乱に満ちた半生を巨匠クリストファー・ノーラン監督が映像化した人間ドラマです。第二次世界大戦中にアメリカの極秘プロジェクト“マンハッタン計画”に参加したオッペンハイマーは世界初の原子爆弾の開発に成功したのですが、実際に原爆が戦争に用いられたことから苦悩し、さらには東西冷戦時代の核開発競争の加速を懸念して水素爆弾の開発に反対したことから追い詰められていきます。本作は日本では2024年3月に公開され、第96回アカデミー賞では作品賞・監督賞(クリストファー・ノーラン)・主演男優賞(キリアン・マーフィー)・助演男優賞(ロバート・ダウニー・Jr.)など7部門を受賞しています。
監督・脚本:クリストファー・ノーラン 出演者:キリアン・マーフィー(J・ロバート・オッペンハイマー)、エミリー・ブラント(キャサリン・“キティ”・オッペンハイマー)、マット・デイモン(レズリー・グローヴス)、ロバート・ダウニー・Jr.(ルイス・ストローズ)、フローレンス・ピュー(ジーン・タトロック)、ジョシュ・ハートネット(アーネスト・ローレンス)、ケイシー・アフレック(ボリス・パッシュ)、ラミ・マレック(デヴィッド・L・ヒル)、ケネス・ブラナー(ニールス・ボーア)、ディラン・アーノルド(フランク・オッペンハイマー)、デヴィッド・クラムホルツ(イジドール・ラビ)、マシュー・モディーン(ヴァネヴァー・ブッシュ)、ジェファーソン・ホール(ハーコン・シュヴァリエ)、デヴィッド・ダストマルチャン(ウィリアム・ボーデン)、トム・コンティ(アルベルト・アインシュタイン)、グスタフ・スカルスガルド(ハンス・ベーテ)、ジョシュ・ザッカーマン(ジョヴァンニ・ロッシ・ロマニッツ)、エマ・デュモン(ジャッキー・オッペンハイマー)、ベニー・サフディ(エドワード・テラー)、マイケル・アンガラノ(ロバート・サーバー)、ジョシュ・ペック(ケネス・ベインブリッジ)、デヴォン・ボスティック(セス・ネッダーマイヤー)、ジャック・クエイド(リチャード・P・ファインマン)、オーリー・ハースキヴィ(エドワード・コンドン)、トム・ジェンキンス(リチャード・トルマン)、ルイーズ・ロンバード(ルース・トルマン)、クリストファー・デナム(クラウス・フックス)、デヴィッド・リスダール(ドナルド・ホルニグ)、ハリソン・ギルバートソン(フィリップ・モリソン)、アレックス・ウルフ(ルイス・ウォルター・アルヴァレズ)、トロンド・ファウサ・アウルヴォーグ(ジョージ・キスチャコフスキー)、ジェームズ・ダーシー(パトリック・ブラケット)、マティアス・シュヴァイクホファー(ヴェルナー・ハイゼンベルク)、デイン・デハーン(ケネス・ニコルス)、ジェイソン・クラーク(ロージャー・ロッブ)、オールデン・エアエンライク(ストローズの側近)、スコット・グライムス(公聴会の弁護士)、メイコン・ブレア(ロイド・ギャリソン)、ガイ・バーネット(ジョージ・エルテントン)、トニー・ゴールドウィン(ゴードン・グレイ)、ジェームズ・アーバニアク(クルト・ゲーデル)、ダニー・デフェラーリ(エンリコ・フェルミ)、マテ・ハウマン(レオ・シラード)、ジェームズ・レマー(ヘンリー・スティムソン)、ゲイリー・オールドマン(ハリー・S・トルーマン)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 881

キーワードから探す

TOP↑