映画のネタバレ

「クワイエット・プレイス:DAY 1」のネタバレあらすじ結末

クワイエット・プレイス:DAY 1の紹介:2024年アメリカ映画。音に反応して人間を襲う謎の怪物の恐怖を描いたホラー『クワイエット・プレイス』シリーズの前日譚となるスピンオフ作品です。本作は第1作『クワイエット・プレイス』(2018年)の471日前を舞台に、ニューヨークを襲った悪夢のはじまりを末期ガンの女性の視点から描きます。
監督:マイケル・サルノスキ 出演者:ルピタ・ニョンゴ(サミラ)、ジョセフ・クイン(エリック)、アレックス・ウルフ(ルーベン)、ジャイモン・フンスー(アンリ)、エリアーヌ・ウムヒレ(ゼナ)ほか

「ディア・ファミリー」のネタバレあらすじ結末

ディア・ファミリーの紹介:2024年日本映画。心臓の機能をサポートする医療器具・IABP(大動脈内バルーンパンピング)バルーンカテーテルを開発した東海メディカルプロダクツ創業者・筒井宣政会長の実話に基づいた清武英利著のノンフィクション『アトムの心臓「ディア・ファミリー」23年間の記録』をベースに映画鑑賞した実録ドラマです。町工場の経営者だった主人公が心臓に重い病を患った娘の命を救おうと人工心臓の開発に挑む姿を描いていきます。
監督:月川翔 出演者:大泉洋(坪井宣政)、菅野美穂(坪井陽子)、福本莉子(坪井佳美)、新井美羽(坪井寿美)、上杉柊平(佐々木肇)、徳永えり(柳玲子)、満島真之介(桜田純)、戸田菜穂(川野由希)、川栄李奈(坪井奈美)、有村架純(山本結子)、松村北斗(富岡進)、光石研(石黒英二)ほか

「蛇の道(2024年)」のネタバレあらすじ結末

蛇の道の紹介:2024年フランス, 日本, ベルギー, ルクセンブルク映画。黒沢清監督が1998年に手がけた同名映画をフランスに舞台を移してセルフリメイクしたサスペンス映画です。フランス在住の日本人精神科医の女が娘を殺された父親の復讐に手を貸し、犯人を追ううちに思いがけもない事実に辿り着く過程を全編フランスロケで描いていきます。
監督:黒沢清 出演者:柴咲コウ(新島小夜子)、ダミアン・ボナール(アルベール・バシュレ)、マチュー・アマルリック(ティボー・ラヴァル)、グレゴワール・コラン(ピエール・ゲラン)、西島秀俊(吉村)、ビマラ・ポンス(ローラ・バシュレ)、スリマヌ・ダジ(クリスチャン・ジラール)、青木崇高(新島宗一郎)ほか

「連鎖自殺 メル友」のネタバレあらすじ結末

連鎖自殺 メル友の紹介:2001年日本映画。千尋の友人の京子のメル友の舞子が、ビルから飛び降り自殺をします。その話をした京子と別れ、出会い系サイトの書き込みを見た千尋が、舞子の自殺について知りたいという真の書き込みを見て、会うことになります。自殺にはメールが関係していると分かった二人でしたが・・・という都市伝説的な内容のエロチックホラーです。『自殺サークル』に似た展開で、自殺の原因は謎のまま。何故かセクシーシーンが多くあり、不思議な作品です。
監督:坂本礼 出演者:笹原りな(千尋)、川瀬陽太(真)、工藤あきら、山崎瞳、鈴木敦子、山根豊治、中村洋二郎、樋口大輔ほか

「仮面殺人会」のネタバレあらすじ結末

仮面殺人会の紹介:2017年韓国映画。チサングループの金を強奪したテファら3人が、山の中のペンションに身を隠します。そこへドングンら4人の男女がやって来ます。7人の共同生活が始まった途端、一人ずつ殺され、ペンションに仮面を被った殺し屋が入って来て殺し合いが始まります。韓国発のバオイレンススリラーです。誰が何の目的でやったのかが一切明かされず、ひたすら殺し合うという過激な内容です。
監督:イ・ユノ  出演者:イ・スンジュン(テファ)、イ・イクチュン(ジョンス)、キム・ボムテ(ドングン)、チャ・ミョンウク(ヤン社長)ほか

「凍える鏡」のネタバレあらすじ結末

凍える鏡の紹介:2007年日本映画。自分の絵を売って生活する人格障害の青年・瞬と、童話作家の香澄が出会い奇妙な生活を始めます。親子ほど歳の離れた二人に、香澄の娘で病床心理士の由里子が入って来ます。プライドが高く切れやすい瞬を中心に、香澄と由里子の親子の葛藤を描いたヒューマンドラマです。
監督:大嶋拓 出演者:田中圭(岡野 瞬)、冨樫真(矢崎由里子)、渡辺美佐子(矢崎香澄)、増沢望(秋沢清司)、川口節子(武田真知子)、下條アトム(吉村)、菊池隆則(後藤達夫)ほか

「甲冑師団 コマンダー731」のネタバレあらすじ結末

甲冑師団 コマンダー731の紹介:2012年アメリカ, インドネシア映画。インドネシアに旧日本軍が強奪した黄金が隠されていると知ったウォーレンは、恋人のリンらを連れ、兵士達をガイドにジャングルを進みます。そして旧日本軍が使っていた炭鉱を見つけ中に入ったメンバーでしたが、その中には日本軍が人体実験で作った改造兵士たちが生き延びていたのでした。水野美紀さんが歴史家リエ役で出演している、アメリカ・インドネシア合作のホラー映画です。外国から見た旧日本軍が、かなり偏見を持たれて描かれています。
監督:スティーブン・シェイル 出演者:水野美紀(リエ)、サム・ヘイゼルダイン(スタンリー)、アリオ・バイユー(ティノ)、レス・ラヴデイ(ウォーレン)、カーメン・スー(リン)、ジョー・タスリム(ジョコ)、ジミー・タエナカ(リュウイチ)、ヤンダ・ジャイトフ(パパ)、マイク・ルイス(アリオ)ほか

「おもちゃ 虐げられる女たち」のネタバレあらすじ結末

おもちゃ 虐げられる女たちの紹介:2013年韓国映画。女優のチョン・ジヒの死が、性接待を苦にした自殺だという証拠が出て、韓国新聞社の大物ヒョン会長が被告人となります。ヒョン会長を有罪にすべくフリーのイ記者と、女性検事ミヒョンが立ち上がりますが、ヒョン会長は、裁判長や判事までも買収し裁判に勝とうと画策します。実際に起った事件を題材に、韓国芸能界ではびこる枕営業の実態を描いた問題作です。
監督:チェ・スンホ 出演者:マ・ドンソク(イ・ジャンホ)、イ・スンヨン(キム・ミヒョン)、ミン・ジヒョン(チョン・ジヒ)、イ・ドゥア(コ・ダリヨン)、キ・ジュボン(ヒョン・ソンホン)ほか

「モンスター・フェスティバル」のネタバレあらすじ結末

モンスター・フェスティバルの紹介:2018年アメリカ映画。ホラー映画ファンが集まる、ホラーフェスに行ったダックス達。それはフェスではなく、本当の殺人が行われる映画の撮影を兼ねていたのでした。ダックスらは、ホラー映画のパターンを利用して逃げ切ろうとしますが・・・というコメディホラー映画です。展開はハチャメチャですが、ホラー映画ファンならニヤリとするシーンも満載です。
監督:オーウェン・エガートン 出演者:ロビー・ケイ(ダックス)、セイチェル・ガブリエル(サム)、ジェイコブ・バタラン(クリル)、ヴァイテイト・ドノヴァン(コンウェイ)、オリビア・アップルゲート(吸血鬼女)、バーバラ・ダンケルマン(アユリー)、ニコラス・ラザフォード(レンジャミン)、オーウェン・エガートン(ウオルシュ)ほか

「ウィークエンド・シャッフル」のネタバレあらすじ結末

ウィークエンド・シャッフルの紹介:1982年日本映画。息子・茂の狂言誘拐に端を発し、すべて勘違いから巻き起こる大騒動を、エロくバカバカしく描いたコメディ作品です。筒井康隆の同名短編スラップスティック小説を映画化したもので、今や大物俳優、大物女優が多数出演し、人気ロックバンドであるジューシー・フルーツも、映画の中で主題歌を歌っています。
監督:中村幻児 出演者:秋吉久美子(暢子)、伊武雅刀(アキラ) 、泉谷しげる(セールスマン)、池波志乃(ユカ)、渡辺えり(ヨシ) 、秋川リサ(トモコ)、新井康弘(ちり紙交換員)、村上不二夫(課長)、尾口康生(茂)、永井英里(ユカちゃん)ほか

「死体が消えた夜」のネタバレあらすじ結末

死体が消えた夜の紹介:2018年韓国映画。心筋梗塞で亡くなったバロン製薬の女性会長・ユンの死体が、遺体安置所から盗まれます。ジュンシク刑事は夫で年上の妻に見下されていたジンハンが薬品でユンを殺し、検死で発覚するのを恐れて盗んだのではないかと取り調べを始めます。大学教授による完全犯罪をもくろんだ 2012年のスペイン映画『ロスト・ボディ』のリメイク作品です。オリジナルにほぼ忠実で、韓国では大ヒットしました。
監督:イ・チャンヒ 出演者:キム・サンギョン(ジュンシク)、キム・ガンウ(パク・ジンハン)、キム・ヒエ(ユン・ソリ)、ハン・チアン(ヘジン)、イ・ジフン(レゴ)ほか

「劇場版 ウマ娘 プリティーダービー 新時代の扉」のネタバレあらすじ結末

劇場版 ウマ娘 プリティーダービー 新時代の扉の紹介:2024年日本映画。実在する競走馬を擬人化した「ウマ娘」たちの奮闘を描いて大ヒットしたアプリゲームをはじめ、アニメ・漫画など様々な展開をしているメディアミックスプロジェクト『ウマ娘 プリティーダービー』シリーズの初の劇場版作品です。本作は2001年度のJRA賞年度代表馬に輝いたジャングルポケットの名と魂を受け継いだウマ娘を主人公に、ライバルたちとしのぎを削り合いながらトップを目指す様を描きます。
監督:山本健 声優:藤本侑里(ジャングルポケット)、上坂すみれ(アグネスタキオン)、小倉唯(マンハッタンカフェ)、福嶋晴菜(ダンツフレーム)、徳井青空(テイエムオペラオー)、松井恵理子(フジキセキ)、中村カンナ(ナリタトップロード)、和多田美咲(メイショウドトウ)、緒方賢一(タナベトレーナー)、伊駒ゆりえ(シマ)、櫻井みゆき(ルー)、仁見紗綾(メイ)、本泉莉奈(泉本奈々)、山本昌広(解説)、鈴木絵理(トーセンジョーダン)、首藤志奈(ハルウララ)、佐伯伊織(キングヘイロー)、津田美波(エアシャカール)、香坂さき(ゴールドシチー)、鈴木みのり(アグネスデジタル)、木村千咲(ダイワスカーレット)、山本希望(ユキノビジン)、石見舞菜香(ライスシャワー)、篠原侑(カレンチャン)、春日さくら(ヒシミラクル)、咲々木瞳(アドマイヤベガ)、高柳知葉(オグリキャップ)、土田大(沖田トレーナー)、朴ろ美(樫本理子)、岡咲美保(桐生院葵)、陶山恵実里(乙名史悦子)、斉藤慎二(ウマ娘番組MC)、大久保洋吉(特別解説)ほか

「王様戦隊キングオージャーVSキョウリュウジャー」のネタバレあらすじ結末

王様戦隊キングオージャーVSキョウリュウジャーの紹介:2024年日本映画。スーパー戦隊シリーズ第47作『王様戦隊キングオージャー』、そして2023年に放映10周年を迎えた第37作『獣電戦隊キョウリュウジャー』が共演する「スーパー戦隊VSシリーズ」第30弾・二本立ての1作です。本作は『キングオージャー』テレビ本編第32話・第33話以来となる両戦隊のコラボレーション作であり、キョウリュウジャー10周年記念作品です。本作はキョウリュウジャー側はオリジナルキャストが総集結し、時空改変により変化した世界で誕生した新たな強敵に両戦隊が戦いを挑む様を描きます。同時上映は『王様戦隊キングオージャーVSドンブラザーズ』です。
監督:坂本浩一 脚本:金子香緒里 出演者:酒井大成(ギラ・ハスティー/宇蟲王ギラ)、竜星涼(桐生ダイゴ)、渡辺碧斗(ヤンマ・ガスト)、村上愛花(ヒメノ・ラン)、平川結月(リタ・カニスカ)、佳久創(カグラギ・ディボウスキ)、池田匡志(ジェラミー・ブラシエリ)、川名輪太郎(桐生ダイゴロウ(プリンス))、斉藤秀翼(イアン・ヨークランド)、金城大和(有働ノブハル)、塩野瑛久(立風館ソウジ)、今野鮎莉(アミィ結月)、丸山敦史(空蝉丸)、飯豊まりえ(弥生ウルシェード)、千綿勇平(シオカラ)、吉満寛人(セバスチャン)、長谷川かすみ(モルフォーニャ)、加村真美(スズメ・ディボウスキ)、藤井優(少年時代のラクレス・ハスティー)、有山実俊(少年時代のギラ・ハスティー)、福澤重文(ボシマール)、ジャッキーちゃん(ヤセミツ・ハッチン)、森川智之(賢神トリンの声/キョウリュウシルバーの声)、戸松遥(キャンデリラの声)、折笠愛(ラッキューロの声)、ロバート・ボールドウィン(キョウリュウシアンの声)、出合正幸(キョウリュウグレーの声)、三木眞一郎(カメジム・ウンカの声)、山路和弘(ゴーマ・ローザリアの声)、沢城みゆき(ヒルビル・リッチの声)、関智一(ミノンガン・モウズの声/ゲロウジームの声)、天野浩成(グローディ・ロイコディウムの声)、伊藤茂騎(クワガタオージャー)、押川善文(キョウリュウレッド)、石田彰(ダグデド・ドゥジャルダンの声)、山下真司(桐生ダンテツ)、千葉繁(ナレーション)ほか

「王様戦隊キングオージャーVSドンブラザーズ」のネタバレあらすじ結末

王様戦隊キングオージャーVSドンブラザーズの紹介:2024年日本映画。スーパー戦隊シリーズ第47作『王様戦隊キングオージャー』と第46作『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』が共演する「スーパー戦隊VSシリーズ」第30弾・二本立ての1作です。本作は『キングオージャー』のメインライターを務めた高野水登が脚本を手がけ、『キングオージャー』で登場する死の国ハーカバーカを舞台に両戦隊が大暴れします。同時上映は『王様戦隊キングオージャーVSキョウリュウジャー』です。
監督:加藤弘之 脚本:高野水登 出演者:酒井大成(ギラ・ハスティー)、樋口幸平(桃井タロウ)、渡辺碧斗(ヤンマ・ガスト)、村上愛花(ヒメノ・ラン)、平川結月(リタ・カニスカ)、佳久創(カグラギ・ディボウスキ)、池田匡志(ジェラミー・ブラシエリ/ナレーション)、別府由来(猿原真一)、志田こはく(鬼頭はるか/ナレーション)、柊太朗(犬塚翼/インヌドゥーカ・トゥバァーサ)、鈴木浩文(雉野つよし)、石川雷蔵(桃谷ジロウ)、宮崎あみさ(ソノニ/ソノソノ・ニンニン)、タカハシシンノスケ(ソノザ )、森岡豊(ドゥーガ)、加村真美(スズメ・ディボウスキ)、神前元(クロダ)、鳥海浩輔(クロダの声)、木曽源(ブーン)、八木光太郎(ゴローゲ)、伊藤茂騎(クワガタオージャー)、浅井宏輔(ドンモモタロウ)、高田将司(ゼンカイザーブラック/キジブラザー/スパイダークモノス/朝田刑輔/兵士)、榊原卓士(大野稔)、駒木根葵汰(ゼンカイザーブラックの声)、富永勇也(ソノイ)、矢野聖人(ラクレス・ハスティー)ほか

「ビーストウォーズメタルス コンボイ大変身!」のネタバレあらすじ結末

超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズメタルス コンボイ大変身!の紹介:1999 年日本映画。2024年にシリーズ生誕40周年を迎え、玩具・アニメ・実写映画・ゲームなど様々な展開を続けている「トランスフォーマー」シリーズ。本作は声優陣の自由なアドリブで“声優無法地帯”と称されるほどの人気を博し、実写映画第7作『トランスフォーマー/ビースト覚醒』のベースともなったテレビアニメ『ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー』(1997年~1998年)の続編となる『ビーストウォーズメタルス 超生命体トランスフォーマー』(1999年~2000年)の劇場版作品第2弾です。本作はテレビ本編第13話および日本未放映のエピソード(テレビ本編第16話と第17話の間)をベースに劇場版仕様として再編集、サイバトロン総司令官メタルスコンボイが最高司令官パワードコンボイへとパワーアップする過程を描きます。監督は『ビースト覚醒』やテレビアニメなど歴代トランスフォーマーシリーズなどで音響監督を手がけている岩浪美和が務めています。
監督:岩浪美和 声優:子安武人(サイバトロン総司令官メタルスコンボイ/サイバトロン最高司令官メタルスパワードコンボイ)、千葉繁(デストロン破壊大帝メタルスメガトロン)、高木渉(サイバトロン密林巡視員メタルスチータス)、山口勝平(サイバトロン諜報員メタルスラットル/チャック)、中村大樹(サイバトロン陸上防衛戦士ライノックス)、岩田光央(サイバトロン追跡員シルバーボルト)、梁田清之(サイバトロン海上司令官デプスチャージ)、柚木涼香(サイバトロン諜報工作員ブラックウィドー/ウナ)、チョー(デストロン忍者兵メタルスタランス)、飛田展男(デストロン砂漠戦指揮官クイックストライク/チャックとウナの父)、加藤賢崇(デストロン空中攻撃兵ワスピーター)、三木眞一郎(デストロン地上攻撃指揮官インフェルノ)、檜山修之(デストロン戦将ランページ)ほか

1 2 3 4 5 6 881

キーワードから探す

TOP↑