映画のネタバレ

「ボーはおそれている」のネタバレあらすじ結末

ボーはおそれているの紹介:2023年アメリカ映画。『ヘレディタリー/継承』『ミッドサマー』などを手掛けたアリ・アスター監督と、『ジョーカー』でオスカー俳優となったホアキン・フェニックスがタッグを組んで贈るスリラー・コメディ作品です。些細なことでも不安になる怖がりの主人公の男が母親の突然の訃報を受けて帰省することにしたのですが、その旅路の果てに主人公に待ち受けているのは・・・。
監督:アリ・アスター 出演者:ホアキン・フェニックス(ボー)、ネイサン・レイン(ロジャー)、エイミー・ライアン(グレース)、スティーヴン・マッキンリー・ヘンダーソン(セラピスト)、パティ・ルポーン(モナ)、ゾーイ・リスター=ジョーンズ(若い頃のモナ)、カイリー・ロジャース(トニ)、パーカー・ポージー(エレイン)、ヘイリー・スクワイアーズ(若い頃のエレイン)、ドゥニ・メノーシェ(ジーヴス)、マイケル・ガンドルフィーニ、リチャード・カインド(コーエン)ほか

「変な家」のネタバレあらすじ結末

変な家の紹介:2024年日本映画。違和感だらけの変な間取りの裏に隠された真実に迫るYouTube動画「【不動産ミステリー】変な家」を基に、動画制作者であるユーチューバーでウェブライターの雨穴が書籍化したベストセラーを映画化した作品です。オカルト動画専門のユーチューバーはとある一軒家の間取りに不自然な点があると持ちかけられ、ミステリー愛好家の設計士と共に謎を探ることにしたのですが・・・。
監督:石川淳一 出演者:間宮祥太朗(雨宮トオル/雨男)、佐藤二朗(栗原文宣)、川栄李奈(宮江柚希)、長田成哉(片淵慶太)、DJ松永(柳岡)、瀧本美織(片淵綾乃)、根岸季衣(片淵文乃)、髙嶋政伸(森垣清次)、斉藤由貴(松岡喜江)、石坂浩二(片淵重治)、長井短(高間潮)、しゅはまはるみ(北川)ほか

「ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ」のネタバレあらすじ結末

ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズの紹介:2023年アメリカ映画。コンピューターゲームシリーズ『Five Nights at Freddy’s』を映画化したホラー作品です。ゲームの原作者であるスコット・カーソン自ら脚本・製作を手掛け、廃墟と化したレストランで夜間警備の食肉就いた男が遭遇する恐ろしい悪夢を描きます。
監督:エマ・タミ 出演者:ジョシュ・ハッチャーソン(マイク・シュミット)、エリザベス・レイル(ヴァネッサ・シェリー)、パイパー・ルビオ(アビー)、メアリー・スチュアート・マスターソン(ジェーン)、マシュー・リラード(スティーブ・ラグラン/ウィリアム・アフトン)、キャット・コナー・スターリング(マキシン)、ケヴィン・フォスター(フレディ・ファズベアー)、ジェイド・キンダル・マーティン(ボニー)、ジェス・ワイス(チカ)、カレン・ゴフ(フォクシー)ほか

「劇場版 君と世界が終わる日に FINAL」のネタバレあらすじ結末

劇場版 君と世界が終わる日に FINALの紹介:2024年日本映画。日本テレビとHuluが共同制作し、地上波放映とネット配信によって4期にわたって展開されたゾンビ・サバイバルドラマシリーズ「君と世界が終わる日に」の劇場版作品であり、2024年配信のシーズン5へとつながる作品です。本作のタイトルに「FINAL」と冠されたのはシーズン1から続いてきた竹内涼真演じる主人公・間宮響の最終章であることを意味しており、シーズン1で主題歌を担当した菅田将暉が本作の主題歌も担当し、重要な役どころで特別主演しています。
監督:菅原伸太郎 出演者:竹内涼真(間宮響)、高橋文哉(柴崎大和)、堀田真由(羽鳥葵)、板垣李光人(天城ジン)、窪塚愛流(藤丸礼司)、橘優輝(松山寿人)、吉柳咲良(謎の女性)、須賀健太(首藤シンジ)、味方良介(芹澤龍平)、黒羽麻璃央(加地裕也)、吉田鋼太郎(西条玄)、菅田将暉(ジンの兄)ほか

「身代わり忠臣蔵」のネタバレあらすじ結末

身代わり忠臣蔵の紹介:2024年日本映画。『超高速!参勤交代』などを手がけた脚本家で小説家の土橋章宏が2018年に発表した小説を自ら脚本を手がけて映画化したコメディ時代劇です。今回は日本人ならば誰もが知る歴史的事件“忠臣蔵”を題材に、ムロツヨシ主演。時代劇『忠臣蔵』をモチーフに、吉良上野介と瓜二つの弟が上野介が刃傷事件で死亡し、兄の替え玉に仕立て上げられたことから起こる騒動を描きます。主演のムロツヨシは上野介と弟の二役を演じています。
監督:河合勇人 出演者:ムロツヨシ(吉良孝証/吉良上野介)、永山瑛太(大石内蔵助)、川口春奈(桔梗)、林遣都(斎藤宮内)、寛一郎(清水一学)、森崎ウィン(堀部安兵衛)、本多力(堀江半右衛門)、星田英利(原惣右衛門)、野波麻帆(大石りく)、橋本マナミ(高尾太夫)、板垣瑞生(加藤太右衛門)、廣瀬智紀(片岡源五右衛門)、濱津隆之(奥田孫太夫)、加藤小夏(春凪)、野村康太(岡野金右衛門)、入江甚儀(間十次郎)、尾上右近(浅野内匠頭)、北村一輝(徳川綱吉)、柄本明(柳沢吉保)、森七菜(ナレーション)ほか

「サイレントラブ」のネタバレあらすじ結末

サイレントラブの紹介:2024年日本映画。『ミッドナイトスワン』で日本アカデミー賞を受賞した内田英治監督が贈るラブストーリーです。ある出来事が元で声を発さなくなった男と、事故で視力を失いながらもピアニストになる夢を抱き続ける女子音大生の恋愛を描きます。
監督:内田英治 主題歌:Mrs. GREEN APPLE「ナハトムジーク」 出演者:山田涼介(沢田蒼)、浜辺美波(甚内美夏)、野村周平(北村悠真)、吉村界人(中野圭介)、SWAY(横道)、中島歩(鼓動)、円井わん(桐野弥生)、辰巳琢郎、古田新太(柞田一平)ほか

「ロックダウン 非常事態」のネタバレあらすじ結末

ロックダウン 非常事態の紹介:2019年アメリカ映画。町中が停電になり、復帰しない中、ゲームクリエイターのリースは自分で無線機を作り山に籠っている祖父と交信します。人類が滅亡すると言って山に籠った祖父は、危険だからお父さんと一緒にこっちに来いと言います。こうして出発した二人でしたが、途中で道路から車を落としてしまいます。停電パニック作品のように見えますが、父と娘が祖父の家に向かうまでのサバイバルホラーです。後半は『悪魔のいけにえ』的な展開になります。
監督:ベン・マクファーソン 出演者:ブライトン・シャービノ(リース)、ドミニク・モナハン(クリス)、ウィル・パットン(フランク)、フィオヌラ・フラナガン(モウ)、マイルズ・アンダーソン(グレン)、カイル・コリン(クイン)、マイケル・フィリポウィッチ(ビル)ほか

「エントランス」のネタバレあらすじ結末

エントランスの紹介:2001年アメリカ映画。大学生活を始めたキャシーは、仲良しのマット、アニー、ショーンとパーティーに出かけ、町はずれのクラブハウスに入ります。中にいた不審な二人組の男に付きまとわれたキャシーは、帰り道に車で事故を起こし崖から転落してしまいます。恋人のショーンが死んでしまい、大学に復帰したキャシーでしたが、死んだはずのショーンが出てきたり、不審な二人組の男が大学にいたりと不思議な事が起りはじめます。「ラスト・サマー」のニール・H・モーリッツ製作のスリラー映画です。キャシーの身の回りの起ることは現実か?幻覚か?ラストですべてが明かされます。
監督:スティーヴン・カーペンター  出演者:メリッサ・サージミラー(キャシー)、ウェス・ベントリー(マット)、ケイシー・アフレック(ショーン)、エリザ・ドゥシュク(アニー)、アンジェラ・フェザーストーン(レイブン)、ルーク・ウィルソン(ジュード神父)、カール・パオリ(デスマスクの男)ほか

「キリマンジャロは遠く」のネタバレあらすじ結末

キリマンジャロは遠くの紹介:2016年日本映画。元刑事で取り立て屋をする男が、入院先で知り合った喫茶店経営のマスターのコーヒーに惚れ通ううちに、マスターが麻薬取引のヤクザ達の罠にはまっていくという作品です。片桐竜次の俳優生活45周年を記念して、和製ノワール作品として作られ、片桐竜次自身初主演作となります。
監督:柏原寛司 出演者:片桐竜次(杉村)、長谷直美(みつこ)、石原あつ美(ゆい)、河西健司(みつこの恋人)、四方堂亘(柳田)、田中俊(青木)、武蔵拳(刑事)ほか

「ザ・リディーマー」のネタバレあらすじ結末

ザ・リディーマーの紹介:2014年チリ, アメリカ映画。救世主と呼ばれた殺し屋のパルドは、稼業から引退し放浪の旅に出ます。途中、海沿いの町でリンチを受ける男を助けたことで、麻薬取引の抗争に巻き込まれてしまいます。その地にもう一人の伝説の殺し屋・サソリがパルドを追ってやって来ていました。チリ・アメリカ合作のバイオレンスアクション作品です。銃撃戦のほか、カンフー、柔術などを使う主役の格闘アクションが見ものです。
監督:エルネスト・ディアス=エスピノーサ 出演者:マルコ・サロール(パルド)、ノア・セガン(ブラドッグ)、ホセ・ルイス・モスカ(アラクラン/サソリ)、ロレト・アヴェナ(アントニア)、マウリシオ・ディオカレス(アグスティン)、スミルノウ・ボリス(ピエドラ)ほか

「アイ・アム・マザー」のネタバレあらすじ結末

アイ・アム・マザーの紹介:2019年オーストラリア映画。人類滅亡後、人類復活システムが自動で起動します。そしてロボットが胎児から人間を育てるプログラムがスタートします。このシステムで育てられた娘が、ロボットである母と暮らしながら、生き延びた人間の女を助けたことで、女と逃げるか母とこのままいるかの選択を迫られます。人類滅亡後の世界を描いたSF作品で、登場人物はロボットと女性二人のみ。狭い空間の中で繰り広げられる、人間とロボットの葛藤を描いています。
監督:グラント・スピュートリ 出演者:クララ・ルガアード(娘)、ローズ・バーン(母親の声)、ヒラリー・スワンク(女)ほか

「世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ」のネタバレあらすじ結末

世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカの紹介:2018年アルゼンチン, ウルグアイ, セルビア映画。国家元首でありながらも質素な生活を送り、「世界でいちばん貧しい大統領」と称された南米ウルグアイの第40代大統領ホセ・ムヒカの半生と足跡を辿るドキュメンタリーです。政治闘争に明け暮れた若き日、そして大統領に就任してからの政策などを振り返っていきます。
監督:エミール・クストリッツァ 出演者:ホセ・ムヒカ、ルシア・トポランスキー、エレウテリオ・フェルナンデス=ウイドブロ、マウリシオ・ロセンコフ、エミール・クストリッツアほか

「鬼滅の刃 絆の奇跡、そして柱稽古へ」のネタバレあらすじ結末

ワールドツアー上映「鬼滅の刃」絆の奇跡、そして柱稽古へ(2024)の紹介:2024年日本映画。吾峠呼世晴原作の大ヒット漫画『鬼滅の刃』テレビシリーズの第3期「刀鍛冶の里編」(2023年放映)の最終話である第11話に加え、2024年放映開始の第4期「柱稽古編」の第1話をテレビ放映に先駆けて劇場上映する特別編です。主題歌はMY FIRST STORYとHYDE(L’Arc〜en〜Ciel、THE LAST ROCKSTARS)のコラボレーションによる『夢幻』です。
監督:外崎春雄 声優:花江夏樹(竈門炭治郎)、鬼頭明里(竈門禰豆子)、下野紘(我妻善逸)、松岡禎丞(嘴平伊之助)、河西健吾(時透無一郎)、花澤香菜(甘露寺蜜璃)、岡本信彦(不死川玄弥)、櫻井孝宏(冨岡義勇)、早見沙織(胡蝶しのぶ)、鈴村健一(伊黒小芭内)、関智一(不死川実弥)、杉田智和(悲鳴嶼行冥)、小西克幸(宇髄天元)、森川智之(産屋敷耀哉)、佐藤利奈(産屋敷あまね)、上田麗奈(栗花落カナヲ)、古川慎(後藤)、村瀬歩(小鉄)、竹本英史(鉄穴森鋼蔵)、浪川大輔(鋼鐵塚蛍)、屋良有作(鉄地河原鉄珍)、古川登志夫(半天狗)、山寺宏一(憎珀天)、坂本真綾(珠世)、関俊彦(鬼舞辻無惨)ほか

「丑刻ニ参ル」のネタバレあらすじ結末

丑刻ニ参ルの紹介:2015年日本映画。脚本家を目指す健二が、深夜2時前に通りかかった山道で、木に5寸釘で人形を打ち付ける女を見たことで、その女に追いかけられ恐怖を味わうという内容の和製ホラー映画です。草木も眠ると言われる丑の刻を舞台に、昔ながらの呪いの儀式に、ジャパニーズホラーをエッセンスした作品です。
監督:川松尚良 出演者:小野塚勇人(健二)、恒吉梨絵(美帆)、白須慶子(丑刻参りの女)、大竹一重、ほか

「たこ焼きの詩」のネタバレあらすじ結末

たこ焼きの詩の紹介:2015年日本映画。インド人が経営するたこ焼き屋の店長のみほは、夫が亡くなり娘・花梨と二人暮らし。たこ焼き屋を中心に母娘の親子愛を描いた人情ドラマです。関西が舞台で、出演者等は全て関西人で、ドラマ中も関西ならではのギャグが盛り込まれています。
監督:近兼拓史 出演者:とみずみほ(澤田みほ)、古和咲紀(澤田花梨)、澤田敏行(父)、サニー・フランシス(サニー)、岩井万実、田中良子、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 881

キーワードから探す

TOP↑