Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

伝記映画のネタバレ

伝記映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気の伝記映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「ロケットマン」のネタバレあらすじ結末

ロケットマンの紹介:2019年イギリス映画。イギリスの伝説的ミュージシャン、エルトン・ジョンの半生を描く。若き頃のエルトン・ジョンはその天才的な音楽の才能から有名になる一方で沢山の問題を抱えながら生きていた…。エルトン・ジョンの艶やかなボーカルや、独特なチャームまで見事に再現した本作は、貧困と毒親という家庭環境のもとで育った少年がどのようにスターの座へと駆け上がり、ドラッグやアルコールで挫折していったかを、エルトン・ジョンのヒット曲に合わせて紐解いていく。タイトル「ロケットマン」はエルトン・ジョンの楽曲名から付けられています。
監督:デクスター・フレッチャー 出演:タロン・エガートン(エルトン・ジョン)、ジェイミー・ベル(バーニー・トーピン)、ブライス・ダラス・ハワード(シーラ)、リチャード・マッデン(ジョン・リード)ほか

「北斎漫画」のネタバレあらすじ結末

北斎漫画の紹介:1981年日本映画。矢代静一の戯曲を原作とした新藤兼人監督による伝記映画。江戸時代後期を代表する浮世絵師、葛飾北斎の波乱に満ちた半生が幻想的に描かれていきます。北斎を支え続けた娘お栄役の田中裕子、魔性の女お直を演じた樋口可南子の体当たりの熱演が話題となりました。
監督:新藤兼人 出演者:緒形拳(鉄蔵/葛飾北斎)、田中裕子(お栄/葛飾応為)、西田敏行(佐七/曲亭馬琴)、樋口可南子(お直)、音羽信子(お百)、フランキー堺(中島伊勢)、宍戸錠(十返舎一九)、大村崑(式亭三馬)、愛川欽也(喜多川歌麿)、ほか

「ホワイト・クロウ 伝説のダンサー」のネタバレあらすじ結末

ホワイト・クロウ 伝説のダンサーの紹介:2018年イギリス,フランス映画。20世紀最高のダンサーと評され、今でもその評価が覆される事のない伝説のダンサー、ルドルフ・ヌレエフの若かりし頃から、亡命に至るまでの半生を描いた伝記ドラマです。監督は役者としても有名なレイフ・ファインズが担当しています。
監督:レイフ・ファインズ 出演:オレグ・イヴェンコ(ルドルフ・ヌレエフ)、アデル・エグザルコプロス(クララ・サン)、レイフ・ファインズ(プーシキン)、ラファエル・ペルソナ(ピエール・ラコット)、セルゲイ・ポルーニン(ユーリ・ソロヴィヨフ)、チュルパン・ハマートヴァ、ほか

「タイ・カップ」のネタバレあらすじ結末

タイ・カップの紹介:1995年アメリカ映画。伝説の野球選手タイ・カッブと伝記執筆を依頼されたスポーツ記者との交流を描いた作品。記者の目を通して晩年のカップの姿を描く異色の伝記映画です。粗暴で攻撃的、メジャーリーグ史上、最も偉大かつ最も嫌われた選手とも評されたタイ・カップの真実の姿を綴っていきます。
監督:ロン・シェルトン 出演者:トミー・リー・ジョーンズ(タイ・カッブ)、ロバート・ウール(アル・スタンプ)、ロリータ・ダヴィドヴィッチ(ラモナ)、J・ケネス・キャンベル(ウィリアム・ハーシェル・カッブ)、ローダ・グリフィス(アマンダ・チットウッド・カッブ)、トミー・ブッシュ(ロジャース・ホーンスビー)、スティーヴン・メンディロ(ミッキー・カクレーン)、ほか

「ファブリックの女王」のネタバレあらすじ結末

ファブリックの女王の紹介:2015年フィンランド映画。マリメッコの創業者アルミ・ラティアを、マリアという女性が演じます。マリアを通じて、女性が働くことが困難だった時代に、アルミがいかにしてもがき苦しみながら成功と挫折を経験したかを表現した伝記映画です。
監督:ヨールン・ドンネル 出演:ミンナ・ハープキユラ(アルミ・ラティア)、ラウラ・ビルン(リーナ)、ハンヌ=ペッカ・ビョルクマン(ヴィリヨ・ラティア)、レア・マウラネン(ケルットゥ)、ほか

「ザ・ダイバー」のネタバレあらすじ結末

ザ・ダイバーの紹介:2000年アメリカ映画。貧しい小作農の家に生まれたカール・ブラシアは、海に憧れて海軍を志望する。ところが黒人にはコックの仕事しか与えられない。ある日カールは上司に泳ぎの速さを見込まれるが…。アメリカ海軍で黒人初のマイスター・ダイバーとなるまでの伝説の男の栄光と苦難の道程を描く。
監督:ジョージ・ティルマン・Jr 出演:ロバート・デ・ニーロ(ビリー・サンデー)、キューバ・グッディング・Jr(カール・ブラシア)、シャーリーズ・セロン(グウェン・サンデー)、アーンジャニュー・エリス、ハル・ホルブルック、マイケル・ラパポート、パワーズ・ブース、デヴィッド・キース、ジョシュア・レナード、ほか

「ガガーリン 世界を変えた108分」のネタバレあらすじ結末

ガガーリン 世界を変えた108分の紹介:2013年ロシア映画。1961年に世界初の有人宇宙飛行を成し遂げたソ連の宇宙飛行士ユーリー・ガガーリンの生誕80周年を記念して製作された伝記ドラマです。1961年4月12日、宇宙飛行船“ボストーク1号”で108分間の宇宙飛行に出発する前後のガガーリンの足跡を過去のエピソードも交えて描いていきます。
監督:パヴェル・パルホメンコ 出演者:ヤロスラフ・ザルニン(ユーリイ・ガガーリン)、ミハイル・フィリポフ(セルゲイ・コロリョフ)、オルガ・イヴァノヴァ(ヴァレンチナ)、ナジェジダ・マルキナ(母親)、ヴィクトル・プロスクーリン(父親)ほか

「僕たちのラストステージ」のネタバレあらすじ結末

僕たちのラストステージの紹介:2018年イギリス,カナダ,アメリカ映画。1930年代に人気を博した実在にして伝説のコメディアン・デュオ「ローレル&ハーディ」の晩年期にあたる1953年のイギリス・アイルランド巡業を中心に、二人のこれまで明かされてこなかった秘話と友情を描いた伝記映画です。
監督:ジョン・S・ベアード 出演者:スティーヴ・クーガン(スタン・ローレル)、ジョン・C・ライリー(オリヴァー・ハーディ)、ニーナ・アリアンダ(イーダ・ローレル)、シャーリー・ヘンダーソン(ルシル・ハーディ)、ダニー・ヒューストン(ハル・ローチ)、ルーファス・ジョーンズ(バーナード・デルフォント)、スージー・ケイン(シンシア・クラーク)ほか

「コレット」のネタバレあらすじ結末

コレットの紹介:2018年イギリス,アメリカ映画。シドニー=ガブリエル・コレット(1873年−1954年)は20世紀を代表するフランスの小説家。女性差別が激しかった時代に小説家として自立して成功し、ノーベル文学賞にもノミネートされました。私生活では、彼女自身に多くの男性そして女性とも恋愛関係にありました。本作『コレット』は彼女の10代後半から30代後半に焦点をあて、田舎の少女から結婚して夫の傲慢さに耐えながら、女性、小説家として自立するまでが描かれています。映画での言語はフランス語でなく英語、主に英国系俳優、女優により演じられています。
監督:ウォッシュ・ウェストモアランド 出演:キーラ・ナイトレイ(コレット)、ドミニク・ウェスト(ウィリー)、デニース・ゴフ(ミッシー)、エレノア・トムリンソン(ジョージー・ラオール=デュヴァル)、フィオナ・ショウ(シド)、ロバート・ピュー(ジュール)、レイ・パンサキ(ヴェベール)、ほか

「恋するリベラーチェ」のネタバレあらすじ結末

恋するリベラーチェの紹介:2013年アメリカ映画。煌びやかな衣装を身に着け、巧みな話術とピアノの演奏で”ミスター・ショウマンシップ”の愛称で知られるリベラーチェと、犬の訓練士として働く青年スコット・ソーソンが出会って恋に落ち、共に暮らす様子を描いた実話に基づいた作品です。マイケル・ダグラスがあの若かりし日の面影を残しながらも、最後は死を目前にした老人を演じるは姿は感動します。
監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:マイケル・ダグラス(リベラーチェ)、マット・デイモン(スコット・ソーソン)、ダン・エイクロイド(シーモア・ヘラー)、スコット・バクラ(ボブ・ブラック)、ロブ・ロウ(ジャック・スターツ医師)、トム・パパ(レイ・アーネット)、ポール・ライザー(フェルダー)、デビー・レイノルズ(フランシス・リベラーチェ)、ほか

「デビルズ・ダブル ある影武者の物語」のネタバレあらすじ結末

デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-の紹介:2011年ベルギー映画。イラクの独裁者サダム・フセインの狂気の長男と言われる、ウダイ・フセインの影武者を4年間務めた、ラティフ・ヤヒアの著書の映画化です。影武者本人が書いただけあって、フセイン政権下のイラクの裏側と、長男のウダイの狂気の素顔が垣間見れます。
監督:リー・タマホリ 出演者:ドミニク・クーパー(ウダイ・フセイン、ラティフ・ヤヒア)、リュディヴィーヌ・サニエ(サラブ)、ラード・ラウィ(ムネム)、フィリップ・クァスト(サダーム・フセイン)、ナセル・マメジア(ラティフの父)ほか

「エディット・ピアフ~愛の讃歌~」のネタバレあらすじ結末

エディット・ピアフ~愛の讃歌~の紹介:2007年フランス,イギリス,チェコ映画。「そして『愛』は歌い継がれる…愛を生きた世界の歌姫 涙と喝采の物語」と、『愛の賛歌』『バラ色の人生』など数々の名曲を歌ったフランスの偉大なシャンソン歌手エディット・ピアフの47年の波瀾の人生を綴った感動の伝記ドラマです。劇中での歌のほとんどがピアフ自身の歌声が音源となっています。第57回ベルリン国際映画祭出品作品で、アカデミー賞主演女優賞・メイクアップ賞、セザール賞主演女優賞・撮影賞・録音賞、ゴールデングローブ賞主演女優賞、英国アカデミー賞主演女優賞・衣装デザイン賞、ロサンゼルス映画批評家協会賞女優賞など多数の賞を受賞した傑作です。
監督:オリヴィエ・ダアン 出演:マリオン・コティヤール(エディット・ピアフ)、シルヴィー・テステュー(モモーヌ)、パスカル・グレゴリー(ルイ・バリエ)、エマニュエル・セニエ(ティティーヌ)、ジャン=ポール・ルーヴ(ルイ・ガション)、ジェラール・ドパルデュー(ルイ・ルプレ)、クロチルド・クロ(アネッタ)、ジャン=ピエール・マルタンス(マルセル・セルダン)、カトリーヌ・アレグレ(ルイーズ)、マルク・バルベ(レイモン・アッソ)、カロリーヌ・シロル(マレーネ・デートリッヒ)、マノン・シュヴァリエ(エディット・ピアフ 5歳)、ポリーヌ・ビュルレ(エディット・ピアフ 10歳)、ほか

「これでいいのだ!!」のネタバレあらすじ結末

これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫の紹介:2010年日本映画。漫画家・赤塚不二夫に35年間連れ添った編集者・武居俊樹が著した「赤塚不二夫のことを書いたのだ!!」に基づいたフィクション作品。自由奔放な赤塚不二夫役に浅野忠信。そんな彼を支えた編集者役に、堀北真希が演じます。
監督:佐藤英明 出演者:
浅野忠信(赤塚不二夫)、堀北真希(武田初美)、阿部力(広瀬譲治)、木村多江(赤塚トシ子)、いしだあゆみ(赤塚ヨリ)、佐藤浩市(佐々木勝一)、ほか

「天才画家ダリ 愛と激情の青春」のネタバレあらすじ結末

天才画家ダリ 愛と激情の青春の紹介:2008年イギリス,スペイン映画。シュルレアリスムを代表する画家サルバドール・ダリと悲劇の詩人フェデリコ・ガルシーア・ロルカの出会いから別れまでを叙情的に綴った伝記映画。「トワイライト」シリーズのロバート・パティンソンが主演のダリ役を演じました。
監督:ポール・モリソン 出演者:ロバート・パティンソン (サルバドール・ダリ)、ハビエル・ベルトラン (フェデリコ・ガルシーア・ロルカ)、マシュー・マクナルティ (ルイス・ブニュエル)、マリーナ・ガテル(マグダレナ)、ほか

「赤い風車」のネタバレあらすじ結末

赤い風車の紹介:1952年イギリス,アメリカ映画。19世紀末のフランスの画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックの半生を描いた伝記映画。監督は「マルタの鷹」「アフリカの女王」のジョン・ヒューストン、主演のロートレックと父であるロートレック伯爵のニ役をホセ・ファーラーが演じています。
監督:ジョン・ヒューストン 出演者: ホセ・ファーラー(アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック/アルフォンス・ド・トゥールーズ=ロートレック伯爵)、クロード・ノリエ (アデル・ド・トゥールーズ=ロートレック伯爵夫人)、 コレット・マルシャン(マリー・シャルレ)、 シュザンヌ・フロン(ミリアム)、ザ・ザ・ガボール(ジャンヌ・アヴリル)、クリストファー・リー(ジョルジュ・スーラ)ほか

1 2 3 4 5 9
TOP↑