Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

伝記映画のネタバレ

伝記映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気の伝記映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「赤い風車」のネタバレあらすじ結末

赤い風車の紹介:1952年イギリス,アメリカ映画。19世紀末のフランスの画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックの半生を描いた伝記映画。監督は「マルタの鷹」「アフリカの女王」のジョン・ヒューストン、主演のロートレックと父であるロートレック伯爵のニ役をホセ・ファーラーが演じています。
監督:ジョン・ヒューストン 出演者: ホセ・ファーラー(アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック/アルフォンス・ド・トゥールーズ=ロートレック伯爵)、クロード・ノリエ (アデル・ド・トゥールーズ=ロートレック伯爵夫人)、 コレット・マルシャン(マリー・シャルレ)、 シュザンヌ・フロン(ミリアム)、ザ・ザ・ガボール(ジャンヌ・アヴリル)、クリストファー・リー(ジョルジュ・スーラ)ほか

「愛の悪魔」のネタバレあらすじ結末

愛の悪魔/フランシス・ベイコンの歪んだ肖像の紹介:1998年イギリス映画。鬼才の画家フランシス・ベイコンと肖像画のモデルにもなった若き恋人ジョージの恋愛関係に焦点をあて、ベイコンの半生を描き出す人間ドラマ。二人の出会いと別れを通して同性愛者であったベイコンの内なる欲望や情熱、葛藤を浮き彫りにしていきます。映画音楽はベイコンの熱烈なファンである作曲家坂本龍一が手がけました。
監督:ジョン・メイブリー 出演者:デレク・ジャコビ(フランシス・ベイコン)、ダニエル・クレイグ(ジョージ・ダイアー)、アン・ラントン(イザベル)、ティルダ・スウィントン(ミュリエル)、エイドリアン・スカーボロー(ダニエル・ファーソン)ほか

「ビリーブ 未来への大逆転」のネタバレあらすじ結末

ビリーブ 未来への大逆転の紹介:2018年アメリカ映画。名ばかり自由の国アメリカが真の自由と平等の国になるまでを、80歳を超えてもアメリカの最高裁判事を務めるルース・ギンズバーグの半生を、苦難と第一歩となった裁判を通して描く。女性が活躍しにくい時代に弁護士となって、女性の権利を訴え続けた姿を描きます。
監督:ミミ・レダー 出演:フェリシティ・ジョーンズ(ルース・ベイダー・ギンズバーグ)、アーミー・ハマー(マーティン・ギンズバーグ)、ジャスティン・セロー(メル・ウルフ)、サム・ウォーターストン(アーウィン・グリスウォルド)、キャシー・ベイツ(ドロシー・ケニオン)、ジャック・レイナー、ケイリー・スピーニー、ほか

「ミッキー誕生前のウォルト」のネタバレあらすじ結末

ミッキー誕生前のウォルトの紹介:2015年アメリカ映画。ミッキー誕生前のウォルトの紹介:長年多くの人々から愛されているミッキーマウスが、どのような苦労を重ねて生まれてきたかを描いた、ウォルト・ディズニーの伝記映画です。
監督:コア・レ 出演:トーマス・イアン・ニコラス(ウォルト・ディズニー)、ジョン・ヘダー(ロイ・ディズニー)、ケイト・カッツマン(リリアン・ディズニー)、アルマンド・グティエレス(アブ・アイワークス)、ほか

「夢二 愛のとばしり」のネタバレあらすじ結末

夢二~愛のとばしりの紹介:2015年日本映画。多くの美人画を残し大正ロマンの代表的な画家と呼ばれた竹久夢二の半生を描いた作品。美人画とモデルとなった妻たまきと夢二に憧れ続けた女学生彦乃、彼を愛した二人の女性との愛憎の行方が官能的に描かれていきます。
監督:宮野ケイジ 出演者:駿河太郎(竹久夢二)、小宮有紗(彦乃)、加藤雅也(彦乃の父)、黒谷友香(たまき)、高見こころ、里見要次郎、楊原京子、窪塚俊介、吉村実子、ほか

「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」のネタバレあらすじ結末

ふたりの女王 メアリーとエリザベスの紹介:2018年イギリス映画。エリザベス1世(在位1558−1603年)はスペイン無敵艦隊の撃破などの功績を世界史で習ったことを覚えている人も多いと思います。その彼女にはスコットランド女王メアリー(在位1542−1567年)というライバルがいました。カトリックで美しいメアリーに対し、プロテスタントで天然痘の後遺症の容貌に悩んだエリザベスはメアリーと対立します。今日までその栄光が歴史に残るエリザベスに対し、メアリーは悲劇の女王として記憶されます。『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』は1560年代当時は独立国家であったイングランドとスコットランドでの二人の女王とその側近たちの政治的対立と人間愛を描いた映画です。日本人に馴染みのない英国史ということもあり難解な部分もありますが、世界史を学習した人やイギリスに興味ある人にはおすすめの映画です。
監督:ジョーシー・ルーク 出演:シアーシャ・ローナン(メアリー・スチュアート / スコットランド女王)、マーゴット・ロビー(エリザベスI世 / イングランド女王)、ジャック・ロウデン(ヘンリー・スチュアート / ダーンリー卿)、ジョー・アルウィン(ロバート・ダドリー / レスター伯)、ジェンマ・チャン(ベス・オブ・ハードウィック)、マーティン・コムストン(ジェームズ・ヘップバーン / ボスウェル伯)、イスマエル・クルス・コルドバ(デビッド・リッチオ)、ブレンダン・コイル(マチュー・スチュアート)、イアン・ハート(メイトランド卿)、エイドリアン・レスター(ランドルフ卿)、ジェームズ・マッカードル(ジェームズ/スチュアート / マリ伯)、デヴィッド・テナント(ジョン・ノックス)、ガイ・ピアース(ウィリアム・セシル / バーリー男爵)、

「グッバイ・クリストファー・ロビン」のネタバレあらすじ結末

グッバイ・クリストファー・ロビンの紹介:2017年イギリス映画。ディズニーアニメの金字塔ともなった「くまのプーさん」の原作者A・A・ミルン、そしてプーさんの登場人物“クリストファー・ロビン”のモデルとなったミルンの息子によるプーさん誕生秘話と確執を描いた伝記ドラマです。日本では劇場未公開となり、2018年の『プーと大人になった僕』公開に合わせてDVDとブルーレイが販売されました。
監督:サイモン・カーティス 出演者:ドーナル・グリーソン(アラン・アレクサンダー・ミルン)、マーゴット・ロビー(ダフネ・ド・セリンコート)、ケリー・マクドナルド(オリーヴ(ノウ))、アレックス・ロウザー(クリストファー・ロビン・ミルン)、ウィル・ティルストン(少年時代のクリストファー・ロビン・ミルン)ほか

「ファースト・マン」のネタバレあらすじ結末

ファースト・マンの紹介:2018年アメリカ映画。1960年代のアメリカ。まだ携帯電話すらなかった時代に、ブリキ缶のようや宇宙船で月を目指した者たちがいた。このミッションの発足と過酷な訓練、またそれを通して結ばれた宇宙飛行士たちの絆、そして様々なトラブルにより散った仲間の命や家族の葛藤など、1969年に成し遂げられた人類初の月面着陸の裏で起こった人間ドラマを描く。臨場感溢れる映像により、まるでアポロ11号に同乗しているかのように緊張感と閉塞感、そして宇宙に放たれた開放感の中であの一歩を体感することができる。
監督:デイミアン・チャゼル 出演:ライアン・ゴズリング(ニール・アームストロング)、クレア・フォイ(ジャネット・アームストロング)、ジェイソン・クラーク(エド・ホワイト)、カイル・チャンドラー(ディーク・スレイトン)、コリー・ストール(バズ・オルドリン)、キアラン・ハインズ(ボブ・ギルルース)、パトリック・フュジット(エリオット・シー)、ルーカス・ハース(マイク・コリンズ)ほか

「アメリア 永遠の翼」のネタバレあらすじ結末

アメリア 永遠の翼の紹介:2009年アメリカ,カナダ映画。長距離の飛行が危険であった時代に活躍した女性飛行士アメリア・イアハートの自由と冒険を求めた人生。アメリア役はアカデミー賞主演女優賞を2度受賞のヒラリー・スワンク。理解者であった夫をリチャード・ギアが演じる。監督は『サラーム・ボンベイ!』や『モンスーン・ウェディング』で知られるインド出身の女性監督ミーラー・ナーイル。
監督:ミーラー・ナーイル 出演者:ヒラリー・スワンク(アメリア・イアハート)、リチャード・ギア(ジョージ・パットナム)、ユアン・マクレガー(ジーン・ヴィダル)、クリストファー・エクルストン(フレッド・ヌーナン)、ミア・ワシコウスカ(エリノア・スミス)

「ヴァン・ゴッホ」のネタバレあらすじ結末

ヴァン・ゴッホの紹介:1991年フランス映画。天才画家ゴッホの晩年を描いた伝記ドラマ。自身の耳を切り落とし、サン=レミの療養所を出てたどり着いた田舎町オーヴェル。医者ガシェとの出会いや彼の娘マルグリットとの出会い…彼の壮絶な人生の最後をゆったりと繊細に描いた作品。
監督:モーリス・ピアラ 出演:ジャック・デュトロン(ゴッホ)、アレクサンドラ・ロンドン(マルグリット)、ベルナール・ル・コク(テオ)、ジェラール・セティ(ガシェ)、コリーヌ・ブルドン(ヨー)、エルザ・ジルベルシュタイン(カティ)、レズリー・アズライ(アドリーヌ)、

「ブルーに生まれついて」のネタバレあらすじ結末

ブルーに生まれついての紹介:2015年アメリカ,カナダ,イギリス映画。若くしてスターとなったジャズトランペット奏者、チェット・ベイカー。麻薬に溺れ、様々なトラブルを見舞われながらも音楽にすべてを捧げたチェットの波乱に満ちた半生を描いた伝記映画です。
監督:ロバート・バドロー 出演者:イーサン・ホーク(チェット・ベイカー)、カルメン・イジョゴ(ジェーン/エレイン)、カラム・キース・レニー(ディック・ボック)、スティーヴン・マクハティ(チェットの父)、ジャネット=レーヌ・グリーン(チェットの母)ほか

「この道」のネタバレあらすじ結末

この道の紹介:2018年日本映画。明治から昭和にかけて「この道」「雨ふり」「待ちぼうけ」「からたちの花」など数多くの童謡作品を詩人・北原白秋と音楽家・山田耕筰のコンビの数奇な友情を、大森南朋とAKIRA(EXILE)のダブル主演で描いた伝記ドラマです。
監督:佐々部清 出演者:大森南朋(北原白秋)、AKIRA(山田耕筰)、貫地谷しほり(菊子)、松本若菜(松下俊子)、小島藤子(記者)、津田寛治(菊池寛)、升毅(秦彦三郎)、柳沢慎吾(鈴木三重吉)、羽田美智子(与謝野晶子)、松重豊(与謝野鉄幹)、由紀さおり(歌手)、安田祥子(歌手)ほか

「メアリーの総て」のネタバレあらすじ結末

メアリーの総ての紹介:2017年イギリス,ルクセンブルク,アメリカ映画。サウジアラビア初の女性映画監督ハイファ・アル=マンスールによるエル・ファニングを主演に迎えた伝記映画。19世紀初頭、数年後にゴシック小説の古典『フランケンシュタイン』の著者となるメアリーは16歳。妻子ある詩人シェリーと駆け落ちするが、彼女を待っていたのは絶望的生活だった。やがて、ケン・ラッセル監督の『ゴシック』等の映画でもあつかわれてきたバイロン卿の別荘での一夜、メアリーは自分が書くべき物語を発見する。
監督:ハイファ・アル=マンスール 出演者:エル・ファニング(メアリー・シェリー)、ダグラス・ブース(パーシー・シェリー)、トム・スターリッジ(バイロン卿)、ベル・パウリー(クレア・クレアモント)、ベン・ハーディ(ジョン・ポリドリ)、スティーヴン・ディレイン(ウィリアム・ゴドウィン)その他

「野性の夜に」のネタバレあらすじ結末

野性の夜にの紹介:1992年フランス映画。35歳でエイズに倒れたシリル・コラールの自伝的作品。愛を知らない男性が、エイズに感染したことで愛に目覚めていく恋愛ドラマ。カメラマンでバイセクシャルのジャンは、不誠実な関係を渡り歩いた結果エイズ・キャリアとなった。そんなある日、魅力的な少女ローラと出会う。2人は情熱的に愛し合うが、ローラが心からの愛を望む一方で、ジャンは男性の恋人サミーとも関係を続けていた。ジャンは傷つけ合う愛と死の恐怖に苛まれ、希望を得ようともがき苦しむ。
監督:シリル・コラール 出演者:シリル・コラール(ジャン)、ロマーヌ・ボーランジェ(ローラ)、カルロス・ロペス(サミー)、コリーヌ・ブルー(ローラの母)、クロード・ウィンター(ジャンの母親)ほか

「ライ麦畑の反逆児」のネタバレあらすじ結末

ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャーの紹介:2017年アメリカ映画。J.D.サリンジャー(1919年−2010年)は1951年に発表した「ライ麦畑でつかまえて」が世界的なベストセラーになり日本でも多くの人に読まれています。この作品の発表までには、作品を出版社から拒絶され、戦争で地獄の体験をしたサリンジャーの苦悩がありました。人気作家になってからもサリンジャーは悩み、有名人とは思えない生活を送ります。『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』はサリンジャーの伝記映画で、彼の作品が好きな人、小説家志望の人には、作家になること、小説を書くことの難しさなどがわかり、励みになる映画です。
監督:ダニー・ストロング 出演:ニコラス・ボルト(J.D.サリンジャー)、ゾーイ・ドウィッチ(ウーナ・オニール)、ケヴィン・スペイシー(ウイット・バーネット)、サラ・ポールソン(ドロシー・オールディング)、ほか

1 2 3 4 5 8
TOP↑