伝記映画のネタバレ

伝記映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気の伝記映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「しあわせの絵の具」のネタバレあらすじ結末

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイスの紹介:2016年カナダ,アイルランド映画。病や貧困と闘いながらもその色彩豊かで素朴な作風でカナダ中から愛された女性画家モード・ルイスの生涯を、彼女を支え続けた夫エベレットとの愛を中心に描きあげた伝記ドラマです。
監督:アシュリング・ウォルシュ 出演者:サリー・ホーキンス(モード・ルイス)、イーサン・ホーク(エベレット・ルイス)、カリ・マチェット(サンドラ)、ガブリエル・ローズ(アイダ)、ザカリー・ベネット(チャールズ・ダウリー)ほか

「不死細胞ヒーラ ヘンリエッタラックスの永遠なる人生」のネタバレあらすじ結末

不死細胞ヒーラ ヘンリエッタ・ラックスの永遠なる人生の紹介:2017年アメリカ映画。医学に大きな発展をもたらした「不死細胞ヒーラ」を提供した女性と、その遺族に焦点を当てたドラマ作品。1951年、黒人女性ヘンリエッタ・ラックスの癌組織から、無限に増殖する稀有な細胞が発見された。「HeLa」と名付けられ研究されるようになった不死細胞は、病に苦しむ世界中の人々に恩恵を与えている。しかし採取は本人に無断で行われ、遺族は何の補償も受けていなかった。フリーライターのレベッカはヘンリエッタの人生を本にするため、彼女の娘デボラと共に奮闘する。原作はレベッカ・スクルートの同名ノンフィクション小説。
監督:ジョージ・C・ウルフ 出演者:オプラ・ウィンフリー(デボラ・ラックス)、ローズ・バーン(レベッカ・スクルート)、レネー・エリス・ゴールズベリー(ヘンリエッタ・ラックス)、コートニー・B・ヴァンス(サー・ロード・コーフィールド)、レグ・E・キャシー(ザカリヤ)ほか

「炎の人ゴッホ」のネタバレあらすじ結末

炎の人ゴッホの紹介:1956年アメリカ映画。オランダの世界的画家フィンセント・ファン・ゴッホの生涯を描いた伝記映画。彼の伝記映画としては最も知名度の高い作品と言える。聖職者の道に挫折したフィンセントは画家を志し、一心不乱に筆を走らせる日々を送っていた。弟テオとの絆や絵画の道を邁進する友人達との交流は、フィンセントの情熱をいっそう激しいものにさせる。しかしその情熱は孤独を呼び、彼は次第に精神を病んでいくのだった。
監督:ヴィンセント・ミネリ 出演者:カーク・ダグラス(フィンセント・ファン・ゴッホ)、ジェームズ・ドナルド(テオ・ファン・ゴッホ)、アンソニー・クイン(ポール・ゴーギャン)、パメラ・ブラウン(クリスティン)、ジル・ベネット(ウィリーマイン)、エヴェレット・スローン(ガッシェ)、ニオール・マッギニス(ルーラン)、ほか

「アイ・ソー・ザ・ライト」のネタバレあらすじ結末

アイ・ソー・ザ・ライトの紹介:2015年アメリカ映画。1940年代~1950年代にかけて活躍した伝説のカントリーシンガー、ハンク・ウィリアムズのわずか29年の生涯を、彼の愛と苦悩、光と影を交えて描いた伝記ドラマです。主演のトム・ヒドルストン自らハンク・ウィリアムズの遺した楽曲たちを歌い上げています。
監督:マーク・エイブラハム 出演者:トム・ヒドルストン(ハンク・ウィリアムズ)、エリザベス・オルセン(オードリー・ウィリアムズ/オードリー・マエ・シェパード)、チェリー・ジョーンズ(ジェシー・リリーベル・”リリー”・スキッパー・ウィリアムズ)、ブラッドリー・ウィットフォード(フレッド・ローズ)、マディー・ハッソン(ビリー・ジーン・ジョーンズ)、レン・シュミット(ボビー・ジェット)ほか

「ある公爵夫人の生涯」のネタバレあらすじ結末

ある公爵夫人の生涯の紹介:2008年イギリス,イタリア,フランス映画。18世紀、英国のダイアナ元王太子妃の生家であるスペンサー家に生まれ、17歳で公爵夫人となった女性が社交界の花として活躍する一方で愛に悩み苦しんだ生涯を描く。
監督:ソウル・ディブ 出演:キーラ・ナイトレイ(デヴォンシャー公爵夫人(ジョージアナ))、レイフ・ファインズ(デヴォンシャー公爵)、シャーロット・ランプリング(レディ・スペンサー)、ドミニク・クーパー(チャールズ・グレイ)、ヘイリー・アトウェル(レディ・エリザベス・フォスター)、サイモン・マクバーニー(チャールズ・ジェームズ・フォックス)、エイダン・マクアードル(リチャード・シェリダン)、ほか

「アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発」のネタバレあらすじ結末

アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発の紹介:2015年アメリカ映画。人間はなぜ権威へ服従するのか…第二次世界大戦中、ナチスドイツで大量虐殺を指揮したアドルフ・アイヒマンの行動を検証すべく、心理学者スタンレー・ミルグラムが生涯に渡って実行し続けた心理実験「アイヒマン実験」に迫る実録伝記ドラマです。
監督:マイケル・アルメレイダ 出演者:ピーター・サースガード(スタンレー・ミルグラム)、ウィノナ・ライダー(アレクサンドラ・”サーシャ”・ミルグラム)、ポール・ホランダー(エドアルド・バレリーニ)、ジム・ガフィガン(ジェームズ・マクドナー)、アンソニー・エドワーズ(ミラー)ほか

「ハンナ・アーレント」のネタバレあらすじ結末

ハンナ・アーレントの紹介:2012年ドイツ,ルクセンブルク,フランス映画。政治理論家のドイツ系ユダヤ人のハンナ・アーレントの生涯を描いた映画です。彼女はナチス戦犯の裁判に関するレポートをまとめ大きな波紋が広がりました。彼女は生涯をかけてナチス、ユダヤ人迫害の歴史に対し戦いつづけました。
監督:マルガレーテ・フォン・トロッタ 出演:バルバラ・スコヴァ(ハンナ・アーレント)、アクセル・ミルベルク(ハインリヒ・ブリュッヒャー)、ジャネット・マクティア(メアリー・マッカーシー)、ユリア・イェンチ(ロッテ・ケーラー)、ウルリッヒ・ヌーテン(ハンス・ヨナス)、ミヒャエル・デーゲン(クルト・ブルーメンフェルト)、ほか

「サンローラン」のネタバレあらすじ結末

サンローランの紹介:2014年フランス映画。モードの帝王イヴ・サン・ローラン。天才デザイナーの栄光と挫折、そして彼の色濃い人生の激動の10年記を「メゾン ある娼館の記憶」の鬼才監督ベルトラン・ボネロがエレガントに映し出す。
監督:ベルトラン・ボネロ 出演:ギャスパー・ウリエル(イヴ・サンローラン)、ジェレミー・レニエ(ピエール・ベルジェ)、ルイ・ガレル(ジャック・ド・バシャール)、レア・セドゥ(ルル・ドゥ・ラファレーズ)、ヘルムート・バーガー(イヴ・サンローラン(1989年))、アミラ・カサール(アニー・マリー・ムニョス)、ほか

「ビヨンドtheシー 夢見るように歌えば」のネタバレあらすじ結末

ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~の紹介:2004年アメリカ,ドイツ,イギリス映画。37歳の若さでこの世を去ったアメリカのエンターテイナー、ボビー・ダーリンの半生を描いたヒューマンドラマ。監督・主演を務めたケヴィン・スペイシーが吹き替えなしの美声を披露し、話題を呼びました。
監督:ケヴィン・スペイシー 出演者:ケヴィン・スペイシー(ボビー・ダーリン)、ウィリアム・ウルリッチ(少年時代のボビー)、ケイト・ボスワース(サンドラ・ディー)、ブレンダ・ブレッシン(ポリー・カソート)、ボブ・ホスキンス(チャーリー・カソート・マフィア)

「ドミノ」のネタバレあらすじ結末

ドミノの紹介:2005年アメリカ,フランス映画。実在した女賞金稼ぎ、ドミノ・ハーヴェイの波乱の生涯を、名優を父に持つ彼女の生い立ち、仲間との友情と闘い、そして愛の日々を交えて描いた伝記アクション作品です。
監督:トニー・スコット 出演者:キーラ・ナイトレイ(ドミノ・ハーヴェイ)、ミッキー・ローク(エド・モズビー)、エドガー・ラミレス(チョコ)、デルロイ・リンドー(クレアモント・ウィリアムズ3世)、リズワン・アバシ(アルフ)ほか

「ジョイ」のネタバレあらすじ結末

ジョイの紹介:2015年アメリカ映画。“ミラクルモップ”の発明により貧困から億万長者へと登り詰めたアメリカの女性発明家ジョイ・マンガーノの半生を、彼女を取り巻く人間関係を含めて描いた伝記映画です。
監督:デヴィッド・O・ラッセル 出演者:ジェニファー・ローレンス(ジョイ・マンガーノ)、ロバート・デ・ニーロ(ルディ・マンガーノ)、ブラッドリー・クーパー(ニール・ウォーカー)、エドガー・ラミレス(トニー・ミラン)、ダイアン・ラッド(ミミ)ほか

「永遠のジャンゴ」のネタバレあらすじ結末

永遠のジャンゴの紹介:2017年フランス映画。のちの音楽に多大な影響を与えたジャズギターの革命者ジャンゴ・ラインハルト。ナチスドイツによるパリ占領下、彼の一生の中でも目まぐるしく過ぎた二年間を、音楽と共におくる。
監督:エチエンヌ・コマール 出演:レダ・カテブ(ジャンゴ・ラインハルト)、セシル・ドゥ・フランス(ルイーズ・ドゥ・クラーク)、ベアタ・パーリャ(ナギーヌ・ラインハルト)、ビンバム・メルシュタイン(ネゴロス・ラインハルト)、ガブリエル・ミレテ(ラ・プリュム)、ジョニー・モントレイユ(ジョセフ・ラインハルト)、ほか

「エリザベス:ゴールデン・エイジ」のネタバレあらすじ結末

エリザベス:ゴールデン・エイジの紹介:2007年イギリス,フランス映画。1998年の『エリザベス』と同じスタッフとキャストで、その後のエリザベス1世の生きざまを描いています。第80回アカデミー賞衣装デザイン賞受賞。前作に引き続き、エリザベスが憑依したかのようなK・ブランシェットの演技には一見の価値があります。国家と結婚した“ヴァージン・クイーン”エリザベスは、新世界を旅する船乗りウォルターに惹かれます。しかしエリザベスは女王として、世界最強国スペインの無敵艦隊(アルマダ海戦)に挑んでいきます。
監督:シェカール・カプール 出演者:ケイト・ブランシェット(エリザベス1世)、ジェフリー・ラッシュ(フランシス・ウォルシンガム)、クライヴ・オーウェン(ウォルター・ローリー)、アビー・コーニッシュ(エリザベス(べス)・スロックモートン)、サマンサ・モートン(メアリー・スチュワート)ほか

「エリザベス」のネタバレあらすじ結末

エリザベスの紹介:1998年イギリス映画。16世紀のイングランド。混沌の中、25歳の若さで即位した女王エリザベス1世が、“ヴァージン・クイーン”になるまでの激動に満ちた半生を描いた歴史映画です。
娘時代から、ラスト・シーンの神々しいエリザベスまでを演じきったK・ブランシャットには脱帽します。第71回アカデミー賞では作品賞を始め7部門にノミネートされ、メイクアップ賞を受賞。2007年に同じ監督・主演で続編『エリザベス:ゴールデン・エイジ』も公開されています。
監督:シェカール・カプール 出演者:ケイト・ブランシェット(エリザベス1世)、ジョセフ・ファインズ(ロバート・ダドリー)、ジェフリー・ラッシュ(フランシス・ウォルシンガム)、クリストファー・エクルストン(ノーフォーク公)、リチャード・アッテンボロー(ウィリアム・セシル)ほか

「5つの銅貨」のネタバレあらすじ結末

5つの銅貨の紹介:1959年アメリカ映画。実在のコルネット奏者であるレッド・ニコルズと、その家族の物語。主役のダニー・ケイのトランペットを本人が吹き替えたり、ルイ・アームストロングが本人役として登場するなど、豪華な配役が話題となった。作中で披露されるダニー・ケイとルイ・アームストロングによる「聖者の行進」のパフォーマンスは圧巻の一言に尽きる。
監督:メルビル・シェイブルスン 出演者:ダニー・ケイ(レッド・ニコルズ)、バーバラ・ベル・ゲデス(ウィラ・ストゥッツマン)、ルイ・アームストロング(本人)、ハリー・ガーディノ(トニー・ヴァラニ)、チューズデイ・ウェルド(ドロシー・ニコルズ) ほか

1 2 3 4 5
TOP↑