Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

伝記映画のネタバレ

「傷だらけの栄光」のネタバレあらすじ結末

傷だらけの栄光の紹介:1956年アメリカ映画。アメリカの元ボクシング世界ミドル級チャンピオンのロッキー・グラジアノの半生を描いた伝記映画です。監督は『ウエスト・サイド物語』(1961)、『サウンド・オブ・ミュージック』(1965)のロバート・ワイズで、メリハリの効いた演出でロッキーの生涯をスピーディかつ丁寧に描いています。ポール・ニューマンが撮影直前に交通事故で他界したジェームズ・ディーンに代わって主演を好演し、その存在感は抜群です。第29回アカデミー賞撮影賞と美術賞(共に白黒部門)の2部門を受賞した傑作で、スティーブ・マックイーンの映画デビュー作でもあります。
監督:ロバート・ワイズ 出演:ポール・ニューマン(ロッキー・グラジアノ)、ピア・アンジェリ(ノーマ・グラジアノ)、サル・ミネオ(ロモロ)、アイリーン・ヘッカート(バーベラ夫人)、ハロルド・J・ストーン(ニック・バーベラ)、エヴェレット・スローン(アーヴィング・コーエン)、ロバート・ロジア(フランキー・ペッポ)、スティーヴ・マックィーン(ファイデル)、ほか

「悪魔の愛人 リダ・バーロヴァ」のネタバレあらすじ結末

悪魔の愛人: リダ・バーロヴァの紹介:2016年スロバキア, チェコ映画。第二次世界大戦前のベルリン。並外れた美貌を持つリダは女優の夢を叶えるため邁進していた。リダは女優として成功するためにナチス・ドイツの宣伝大臣・ゲッペルスに接近するが、やがてその権力と知性に惹かれていく。ゲッペルスの愛人となったチェコ女優・リダ・バーロヴァの生涯を描いたドラマ作品。
監督:フィリプ・レンチ 出演者:タチアナ・パウホーフォヴァー(リダ・バーロヴァ)、カール・マルコヴィクス(ヨーゼフ・ゲッベルス)、ギデオン・ブルクハルト(グスタフ・フレーリッヒ)、シモナ・スタショヴァー(リダの母)、マルチン・フバ(リダの父)

「11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち」のネタバレあらすじ結末

11・25自決の日 三島由紀夫と若者たちの紹介:2011年日本映画。安保闘争や学生運動に揺れる1960年代の激動の日本において、祖国防衛のため楯の会を結成した作家三島由紀夫と若者達。彼らを駆り立てた思想とは何だったのか。社会に衝撃を与えた三島事件を題材にした、鬼才若松孝二監督によるセンセーショナルな社会派ドラマです。
監督:若松孝二 出演者:井浦新(三島由紀夫)、満島真之介(森田必勝)、寺島しのぶ(平岡瑤子)、岩間天嗣(古賀浩靖)、永岡佑(小賀正義)、渋川清彦(持丸博)ほか

「ボヘミアン・ラプソディ」のネタバレあらすじ結末

ボヘミアン・ラプソディの紹介:2018年イギリス,アメリカ映画。伝説のイギリスのロックバンド、クイーンの映画がここに誕生。ワンフレーズを耳にしただけで誰もが心踊り出す名曲の数々。今もなお世界を魅了し続けるクイーン。そして史上最高のエンターテイナーでリード・ボーカルのフレディ・マーキュリーを超える者は今も現れていない。まだ無名だった頃のフレディがブライアン・メイやロジャー・テイラー達と出会い、次々とヒット曲を飛ばしてスターダムに駆け上がる。しかし、その影で世間への反発、メンバーとの確執、セクシャリティの葛藤、または婚約者との破局などにより、孤独とプレッシャーに心が押し潰されていく。ついにバンドが崩壊寸前にまで追い込まれたとき、フレディは再びクイーンとしてメンバーと共に20世紀最大のチャリティ音楽イベント、ライヴ・エイドに挑むこととなる。本作「ボヘミアン・ラプソディ」の音楽総指揮はクイーンのメンバー、ブライアン・メイとロジャー・テイラーが務めた。演奏シーンではフレディ本人の歌声も使われ、ライヴ・エイドの会場は壁のはげかけたペンキから水道管のさびに至るまで完璧なまでに当時の様子が再現されている。伝説のバンドQueenの物語が明かされます!日本での興行収入が100億円を突破するなど世界各国で大ヒットのボヘミアン・ラプソディは2018年11月に日本公開され、口コミやレビューで広がった評価により、リピート鑑賞する観客が絶えない。
監督:ブライアン・シンガー 出演:ラミ・マレック(フレディ・マーキュリー/ファルーク・バルサラ)、ルーシー・ボイントン(メアリー・オースティン)、グウィリム・リー(ブライアン・メイ)、ベン・ハーディ(ロジャー・テイラー)、ジョー・マゼッロ(ジョン・ディーコン)、エイダン・ギレン(ジョン・リード)、アレン・リーチ(ポール・プレンター)、トム・ホランダー(ジム・“マイアミ”・ビーチ)、マイク・マイヤーズ(レイ・フォスター)、アーロン・マカスカー(ジム・ハットン)ほか

「止められるか、俺たちを」のネタバレあらすじ結末

止められるか、俺たちをの紹介:2018年日本映画。2012年に他界した映画監督の若松孝二が遺した「若松プロダクション」の再始動第1弾として制作された伝記映画です。1960~70年代、新しいジャンルの映画作りに情熱を燃やした若松幸二と仲間たちの情熱の日々を、実在した女性助監督・吉積めぐみの視点から描きます。監督は若松プロ出身の白石和彌が、脚本は同じく若松プロ出身の井上淳一が手掛け、若松孝二役の井浦新を始め過去の若松作品に出演していた俳優陣が参加しています。
監督:白石和彌 出演者:門脇麦(吉積めぐみ)、井浦新(若松孝二)、山本浩司(足立正生)、岡部尚(沖島勲)、大西信満(大和屋竺)、タモト清嵐(秋山道男)、毎熊克哉(小水一男)、伊島空(高間賢治)、外山将平(福間健二)、藤原季節(荒井晴彦)、上川周作(斎藤博)、柴田鷹雄(磯貝一)、西本竜樹(伊東英男)、満島真之介(ミキサー助手福ちゃん)、渋川清彦(松田政男)、音尾琢真(赤塚不二夫)、高岡蒼佑(大島渚)、高良健吾(吉澤健)、奥田瑛二(葛井欣士郎)、寺島しのぶ(前田のママ)、吉澤健(カプリコンマスター)ほか

「シンデレラマン」のネタバレあらすじ結末

シンデレラマンの紹介:2005年アメリカ映画。20世紀前半、才能がありながらも世界恐慌や怪我により貧困生活を強いられた実在のボクサー、ジェームス・J・ブラドックが逆境をはねのけ、遂には世界王者に上り詰めるまでを描いた伝記ドラマです。
監督:ロン・ハワード 出演者:ラッセル・クロウ(ジェームス・J・ブラドック)、レネー・ゼルウィガー(メイ・ブラドック)、ポール・ジアマッティ(ジョー・グールド)、パディ・コンシディン(マイク・ウィルソン)、クレイグ・ビアーコ(マックス・ベア)、ブルース・マッギル(ジミー・ジョンストン)、クリント・ハワード(ハリー/レフェリー)ほか

「ダンス・ウィズ・ア・ストレンジャー」のネタバレあらすじ結末

ダンス・ウィズ・ア・ストレンジャーの紹介:1984年イギリス映画。1950年代、裕福で身勝手な男と酒場のホステスの、泥沼の愛憎とその果てに引き起こされた惨劇を描く。イギリスで最後に絞首刑となった女性ルース・エリスの実話。
監督:マイク・ニューウェル 出演:ルパート・エヴェレット(デイヴィッド)、ミランダ・リチャードソン(ルース・エリス)、イアン・ホルム(デズモンド)、ジョアンヌ・ウォーリー(クリスティーン)、ほか

「チャーチル ノルマンディーの決断」のネタバレあらすじ結末

チャーチル ノルマンディーの決断の紹介:2017年イギリス映画。あの“ダンケルク”の作戦から4年…。第二次世界大戦時の英国首相ウィンストン・チャーチルが苦悩しながらも史上最大の作戦とうたわれたノルマンディー上陸作戦決行を決断するまでの96時間を描いた歴史ドラマです。
監督:ジョナサン・テプリツキー 出演者:ブライアン・コックス(ウィンストン・チャーチル)、ミランダ・リチャードソン(クレメンティーン・チャーチル)、ジョン・スラッテリー(ドワイト・D・アイゼンハワー)、エラ・パーネル(ヘレン・ギャレット)、ジェームス・ピュアフォイ(ジョージ6世)ほか

「ビニー/信じる男」のネタバレあらすじ結末

ビニー/信じる男の紹介:2016年アメリカ映画。将来を有望視されながらも交通事故で首を骨折、一時は引退の危機どころか日常生活も危ぶまれながらも、不屈の闘志で這い上がり、遂には奇跡のカムバックを果たして世界チャンピオンにまで返り咲いた実在のボクサー、ビニー・パジェンサを描いた伝記ドラマです。
監督:ベン・ヤンガー 出演者:マイルズ・テラー(ビセンゾ・“ビニー”・パジェンサ)、アーロン・エッカート(ケビン・ルーニー)、ケイティ・セイガル(ルイーズ・パジェンサ)、キーラン・ハインズ(アンジェロ・パジェンサ)、テッド・レヴィン(ルー・デュバ)ほか

「ノーウェアボーイ」のネタバレあらすじ結末

ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつの紹介:2009年イギリス,カナダ映画。伝説のミュージシャン、ジョン・レノンの若き日を描いた伝記映画。複雑な生い立ちにより育ての叔母と生みの母の間で苦悩していた少年ジョン・レノンがロックン・ロールに目覚め、ポール・マッカートニーとの運命的な出会いによって音楽の道で生きていくことを決断するまでの過程が描かれていきます。
監督:サム・テイラー=ウッド 出演者:アーロン・ジョンソン(ジョン・レノン)、クリスティン・スコット・トーマス(ミミ・スミス)、アンヌ=マリー・ダフ(ジュリア・レノン)、デヴィッド・モリッシー(ボビー)、トーマス・サングスター(ポール・マッカートニー)ほか

「バグジー」のネタバレあらすじ結末

バグジーの紹介:1991年アメリカ映画。愛する一人の女のため、何も無かった砂漠にネオン煌めくオアシス「ラスベガス」を作った実在の人物ベンジャミン・“バグジー”・シーゲルの野望を描いたヒューマンメロドラマです。主演・製作をしたウォーレン・ベイティの野心作で、第49回ゴールデングローブ賞作品賞などを受賞した秀作です。
監督:バリー・レヴィンソン 出演:ウォーレン・ベイティ(ベンジャミン・“バグジー”・シーゲル)、アネット・ベニング(ヴァージニア・ヒル)、ハーヴェイ・カイテル(ミッキー・コーエン)、ベン・キングズレー(メイヤー・ランスキー)、エリオット・グールド(ハリー・グリーンバーグ)、ジョー・マンテーニャ(ジョージ・ラフト)、リチャード・C・サラフィアン(ジャック・ドラグナ)、ビービー・ニューワース(フラッソ伯爵夫人)、ほか

「危険なメソッド」のネタバレあらすじ結末

危険なメソッドの紹介:2011年イギリス,ドイツ,カナダ,スイス映画。精神分析学の創始者フロイトと分析心理学の創始者ユング。二人の心理学者がある女性患者を巡って対立し、やがて決別するまでの軌跡を描いた人間ドラマ。鬼才デヴィッド・クローネンバーグ監督が挑んだ美しくも悲しい伝記映画です。
監督:デヴィッド・クローネンバーグ 出演者:マイケル・ファスベンダー(カール・グスタフ・ユング)、ヴィゴ・モーテンセン(ジークムント・フロイト)、キーラ・ナイトレイ(ザビーナ・シュピールライン)、ヴァンサン・カッセル(オットー・グロス)、サラ・ガドン(エマ・ユング)、ほか

「華麗なる激情」のネタバレあらすじ結末

華麗なる激情の紹介:1964年アメリカ,イタリア映画。アーヴィング・ストーンの小説伝記小説『ミケランジェロの生涯 苦悩と歓喜』を原作とする歴史ドラマです。ルネッサンスを代表する美術家であり、建築家や詩人としての顔も持っていたミケランジェロ・ブオナローティがシスティーナ礼拝堂の大天井画を完成させるまでを、周囲の人間関係や苦悩を交えて描きます。
監督:キャロル・リード 出演者:チャールトン・ヘストン(ミケランジェロ・ブオナローティ)、レックス・ハリソン(ユリウス2世)、ダイアン・シレント(コンテシーナ・デ・メディチ)、アドルフォ・チェリ(ジョヴァンニ・デ・メディチ)、ハリー・アンドリュース(ドナント・ブラマンテ)、トーマス・ミリアン(ラファエロ・サンティ)、アルバート・ルポ(ウルビーノの伯爵)ほか

「グッバイ・ゴダール!」のネタバレあらすじ結末

グッバイ・ゴダール!の紹介:2017年フランス映画。パリに暮らす哲学科の学生である傍ら、駆け出しの女優でもある19歳のアンヌ。世界中から注目される気鋭の監督、ジャン=リュック・ゴダールと恋に落ちたことで人生が大きく変わっていく。新しい仲間と映画を作る刺激的な毎日やゴダールからのプロポーズなどアンヌを夢中にさせる出来事ばかり。ところがパリの街ではデモ活動が日に日に激しくなり2人の運命を変えていく。原作はゴダールの2人目の妻、アンヌ・ヴィアゼムスキーの自伝的小説『それからの彼女』。ファッションや街の風景、また音楽や映画など今も色あせない全世界憧れの60年代フレンチカルチャーの詰まった作品。
監督:ミシェル・アザナヴィシウス 出演:ルイ・ガレル(ジャン=リュック・ゴダール)、ステイシー・マーティン(アンヌ・ヴィアゼムスキー)、ベレニス・ベジョ(ミシェル・ロジエ)、ミシャ・レスコー(ジャン=ピエール・バンベルジェ)、 グレゴリー・ガドゥボワ(ミシェル・クルノー)、フェリックス・キシル(ジャン=ピエール・ゴラン)ほか

「マルクス・エンゲルス」のネタバレあらすじ結末

マルクス・エンゲルスの紹介:2017年フランス,ドイツ,ベルギー映画。アメリカ合衆国の人種差別を考察したドキュメンタリー映画『私はあなたの二グロではない』をトランプ大統領誕生直後のアメリカでヒットさせたラウル・ペック監督が次に完成させた作品。妻子を抱えていつも金欠のマルクス。ブルジョワの息子なのに労働者の側についたエンゲルス。若い二人が出会い、『共産党宣言』が誕生するまでを描く伝記映画。
監督:ラウル・ペック 出演者:アウグスト・ディール(カール・マルクス)、シュテファン・コナルスケ(フリードリヒ・エンゲルス)、ヴィッキー・クリープス(イェニー・マルクス)、ハンナ・スティール(メアリー・バーンズ)オリヴィエ・グルメ(ジョゼフ・プルードン)その他

1 2 3 4 5 6 8
TOP↑