アクション映画のネタバレ

アクション映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気アクション映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「破裏拳ポリマー」のネタバレあらすじ結末

破裏拳ポリマーの紹介:2016年日本映画。1970年代にテレビ放映されたアニメ「破裏拳ポリマー」を実写映画化した作品です。ヒーロー物アニメが実写版では大人向けのヒーローアクションになっています。実戦練習をかさねたという溝端淳平のアクションシーンが見ものです。
監督:坂本浩一 出演者:溝端淳平(鎧武士)、山田裕貴(来間譲一/シャーロック)、原幹恵(稗田玲)、柳ゆり菜(南波テル)、神保悟志(八城章人)、長谷川初範(土岐田恒)ほか

「パシフィック・リム:アップライジング」のネタバレあらすじ結末

パシフィック・リム:アップライジングの紹介:2018年アメリカ映画。超巨大人型兵器、イェーガーが謎の巨大生物KAIJUに挑むSFアクション超大作「パシフィック・リム」の続編。物語は前作の10年後。再び現れたKAIJUに、人類は新たなパイロットとイェーガーで立ち向かう。監督は前作と変わり、スティーブン・S・デナイト。主演は「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のジョン・ボイエガ。日本人キャストに菊地凛子、新田真剣佑を迎える。
監督:スティーブン・S・デナイト 出演:ジョン・ボイエガ(ジェイク・ペントコスト)、スコット・イーストウッド(ネイト・ランバート)、カイリー・スパイニー(アマーラ・ナマーニ)、菊地凛子(森マコ)、チャーリー・デイ(ニュートン・ガイズラー)、ジン・ティエン(リーウェン・シャオ)、バーン・ゴーマン(ハーマン・ゴッドリーブ)、マックス・チャン(チュアン司令官)、新田真剣佑(リョーイチ)

「アイ・スパイ(I SPY)」のネタバレあらすじ結末

アイ・スパイの紹介:2002年アメリカ映画。1965年から1968年まで放映されたアメリカで放映されたテレビドラマを映画化したスパイアクションコメディ作品です。口の達者なボクシングの世界チャンピオンと失敗続きのエリートスパイがひょんなことからコンビを組み、盗まれた米軍の最新鋭ステルス戦闘機を取り戻すべく奮闘します。
監督:ベティ・トーマス 出演者:エディ・マーフィ(ケリー・ロビンソン)、オーウェン・ウィルソン(アレックス・スコット)、ファムケ・ヤンセン(レイチェル・ライト)、マルコム・マクダウェル(アーノルド・ガンダース)、ゲイリー・コール(カルロス)ほか

「ストレイヤーズ・クロニクル」のネタバレあらすじ結末

ストレイヤーズ・クロニクルの紹介:2015年日本映画。本多孝好の同名ベストセラー小説を実写映画化したアクション作品です。極秘実験により生み出された、常人よりも非常に短い寿命と引き換えに超人的な身体能力を持った青年たちが、視力・聴力・筋力などが常人よりも発達した青年たちが、未来の微かな希望を信じるグループと絶望したグループに分かれて生き残りを賭けた熾烈な闘いに挑んでいきます。
監督:瀬々敬久 出演者:岡田将生(荏碕昴)、染谷将太(学)、成海璃子(沙耶)、松岡茉優(モモ)、白石隼也(亘)、高月彩良(静)、清水尋也(良介)、鈴木伸之(壮)、柳俊太郎(ヒデ)、瀬戸利樹(隆二)、黒島結菜(碧)、豊原功補(井坂)、石橋蓮司(大曾根誠)、伊原剛志(渡瀬浩一郎)ほか

「コンフィデンシャル/共助」のネタバレあらすじ結末

コンフィデンシャル/共助の紹介:2017年韓国映画。偽札組織に妻と仲間を殺された北朝鮮のエリート刑事と韓国の熱血刑事が互いの立場を越えたコンビを組み、型破りな史上初の南北共助捜査に乗り出す姿を描いたポリスアクションです。韓国では2017年上半期の動員数ナンバーワンヒットを記録しています。
監督:キム・ソンフン 出演者:ヒョンビン(イム・チョルリョン)、ユ・ヘジン(カン・ジンテ)、キム・ジュヒョク(チャ・ギソン)、イム・ユナ(パク・ミニョン)、チャン・ヨンナム(ソヨン)、イ・ドンフィ(パク・ミョンホ)ほか

「レギオン」のネタバレあらすじ結末

レギオンの紹介:2010年アメリカ映画。荒野でダイナーを営む父ボブと息子ジープにジープのパートナーで妊婦のチャーリーの元に突如凶暴な老婆がやってくる。客のハワードに襲い掛かり首を負傷。間もなく天使のミカエルと名乗る男がやってくるが…。
監督:スコット・スチュワート 出演: ポール・ベタニー(ミカエル)、ルーカス・ブラック(ジープ・ハンソン)、タイリース・ギブソン(カイル・ウィリアムズ)、エイドリアンヌ・パリッキ(チャーリー)、チャールズ・S・ダットン(パーシー・ウォーカー)、ほか

「侠女」のネタバレあらすじ結末

侠女の紹介:1971年台湾映画。北京に生まれ香港で映画人としてのキャリアを築いたキン・フー(胡金銓)が大ヒットした前作『残酷ドラゴン・血斗!竜門の宿』に続いて台湾に渡って製作した『侠女』(『聊斎志異』の中の一篇「侠女」の映画化)は武侠アクション映画の歴史的名作となり、キン・フーを世界的巨匠の地位に押し上げた。竹林での戦いのシーンは特に名高い。前作『竜門の宿』と同様に、明王朝時代の特務機関である東廠の魔の手を逃れようとする逃亡者の物語。
監督:キン・フー 出演者:シー・チュン(グー・ションザイ)、シュー・フォン(ヤン・フィジュン)、パイ・イン(シー将軍)、ロイ・チャオ(フイエン大師)、ハン・インチェ(シュー・シェンチェン)

「クソ野郎と美しき世界」のネタバレあらすじ結末

クソ野郎と美しき世界の紹介:2018年日本映画。SMAP解散から新たなスタートを切った稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の主演による、アクション・ファンタジー・ラブ・ミュージカルの要素をそれぞれ詰め込んだ全4話からなるオムニバス形式のオールジャンル・ムービーです。4人の監督が撮った3人のそれぞれのエピソードが、最終章でひとつに繋がっていきます。
監督:園子温、山内ケンジ、太田光、児玉裕一 出演者:稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾、ほか

「荒神」のネタバレあらすじ結末

荒神の紹介:2002年日本映画。戦で傷ついた侍二人が山奥の一軒の寺に迷い込んでしまいます。そこには女と自分を荒神だという男が住んでいました。生き残った一人の侍に荒神が酒を飲みながら話をするうちに・・・という話。ラストでもう一人出演するが、実質3人だけの物語。
監督:北村龍平 出演者:大沢たかお(侍)、加藤雅也(荒神)、魚谷佳苗(女) ほか

「エンドオブアガン 沈黙の銃弾」のネタバレあらすじ結末

エンド・オブ・ア・ガン 沈黙の銃弾の紹介:2016年アメリカ映画。「沈黙」シリーズでお馴染みのスティーブン・セガール氏が主役をつとめるアクション映画。アメリカ映画ながらフランスのパリを舞台にセガール氏演じるマイケル・デッカーは偶然、遭遇した厄介事から麻薬組織との抗争にまで発展する事件に巻き込まれていく。セガール氏独特の雰囲気が映画を盛り上げています。
監督:キオニ・ワックスマン 出演:スティーヴン・セガール(マイケル・デッカー)、フローリン・ピエルジク・Jr(ゲージ)、ジェイド・ユウェン(リサ)、ジョナサン・ローゼンタール(ルック)、クラウディア・ブレオント(組織の弁護士役)、ovidiu・nicullescu(ジャン)、アレクサンドル・グエン(ピーウィー)ほか

「スパイダー パニック!」のネタバレあらすじ結末

スパイダー パニック!の紹介:2002年アメリカ映画。ローランド・エメリッヒが製作総指揮に携わったB級モンスターパニックホラー映画で、化学物質により巨大化した大量のクモに立ち向かう田舎町の住民たちの戦いを描いています。ブレイクする前のスカーレット・ヨハンソンも出演しています。
監督:エロリー・エルカイエム 出演者:デヴィッド・アークエット(クリス・マコーミック)、カリ・ウーラー(サム・パーカー)、スコット・テラ(マイク・パーカー)、スカーレット・ヨハンソン(アシュリー・パーカー)、ダグ・E・ダグ(ハーラン)ほか

「エヴァリー」のネタバレあらすじ結末

エヴァリーの紹介:2014年アメリカ映画。愛人である日本人ヤクザを裏切り、その情報を警察に流したことから命を狙われ、刺客を差し向けられた高級コールガールが、愛する娘や母を守るためにたった一人で戦いを挑む姿を描いた密室クライム・バイオレンス・アクションです。
監督:ジョー・リンチ 出演者:サルマ・ハエック(エヴァリー)、渡辺裕之(タイコ)、伊川東吾(サディスト)、アキー・コタベ(死人)、藤本政志(マゾヒスト)ほか

「サボタージュ」のネタバレあらすじ結末

サボタージュの紹介:2014年アメリカ映画。アガサ・クリスティの『そして誰もいなくなった』をモチーフとしたクライム・サスペンス作品です。アーノルド・シュワルツェネッガー扮する麻薬捜査官の部下たちが次々と殺害されていき、やがて捜査官の隠し持つ裏の一面が明らかになっていきます。
監督:デヴィッド・エアー 出演者:アーノルド・シュワルツェネッガー(ジョン・“ブリーチャー”・ウォートン)、サム・ワーシントン(ジェームズ・“モンスター”・マレー)、ミレイユ・イーノス(リジー・マレー)、オリヴィア・ウィリアムズ(キャロライン・ブレントウッド)、テレンス・ハワード(ジュリアス・“シュガー”・エドモンズ)ほか

「ラストマン・スタンディング」のネタバレあらすじ結末

ラストマン・スタンディングの紹介:1996年アメリカ映画。黒澤明監督の傑作「用心棒(1961年)」をギャング映画としてリメイクしたアクション作品。アメリカの小さな町ジェリコでは、二つのギャングが勢力を競い合っていた。あちこちから追われている身のジョン・スミスは、ギャングを手玉に取り大金を手に入れようと目論む。しかし無法者達に苦しめられる人々を目の当たりにしたジョンは、銃を手にギャングに立ち向かうのだった。
監督:ウォルター・ヒル 出演者:ブルース・ウィリス(ジョン・スミス)、クリストファー・ウォーケン(ヒッキー)、ブルース・ダーン(エド・ガルト保安官)、ウィリアム・サンダーソン(ジョー・マンデー)、カリーナ・ロンバード(フェリーナ)ほか

「トゥルーナイト」のネタバレあらすじ結末

トゥルーナイトの紹介:1995年アメリカ映画。過去に幾度となく映画化されてきた『アーサー王の伝説』を、今回はラブロマンス要素を強調した歴史スペクタクル作品で、若き剣士ランスロットと王妃の許されざる恋を軸に描いています。
監督:ジェリー・ザッカー 出演者:ショーン・コネリー(アーサー王)、リチャード・ギア(ランスロット)、ジュリア・オーモンド(グィネヴィア)、ベン・クロス(マラガント王子)、ジョン・ギールグッド(オスワルド)ほか

1 2 3 4 5 50
TOP↑