アクション映画のネタバレ

アクション映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気アクション映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「デリンジャー」のネタバレあらすじ結末

デリンジャーの紹介:1973年アメリカ映画。1933年~34年にかけ、アメリカの各州で銀行強盗を繰り返し、デリンジャー一家として恐れられていたボスのジョン・デリンジャーの半生を描いたクライム映画です。紳士的な態度ながら、鮮やかに金を奪い、時には市民に金をばら撒き、義賊と呼ばれた振る舞いのデリンジャーと、デリンジャーを追うFBI捜査官の二つの視点で物語は進みます。
監督:ジョン・ミリアス 出演者:ウォーレン・オーツ(ジョン・デリンジャー)、ベン・ジョンソン(メルヴィン・パーヴィス)、ミシェル・フィリップス(ビリー・フレチェット)、リチャード・ドレイファス(ベビーフェイス・ネルソン)、ハリー・ディーン・スタントン(ホーマー・ヴァン・メーター)、スティーヴ・カナリー(プリティボーイ・フロイド)、クロリス・リーチマン(アンナ・セージ)、ジェフリー・ルイス(ハリー・ピアポント)、ジョン・P・ライアン(チャールズ・マックレー)、ロイ・ジェンソン(サミュエル・コウリー)ほか

「渋谷ミッドナイト・ウォー 暗黒街」のネタバレあらすじ結末

渋谷ミッドナイト・ウォー 暗黒街の紹介:2001年日本映画。渋谷を根城にする愚連隊の重光らでしたが、新宿から中国マフィアの下に付く英明らのグループが進出してきます。抗争を繰り返す英明らですが、重光と英明は子供時代に一緒に暮らしていた仲でした。重光との争いを避けたい英明は、重光を仲間にしようとしますが、ヤクザの銀狼会の若松が間に入ってきたことから、中国マフィアvs銀狼会の抗争に発展し、重光と英明も巻き込まれていき…という渋谷を舞台にした若きアウトローたちの抗争を描いた作品です。
監督:藤原健一 出演者:三上大和(重光)、並川孝太(英明)、菅原加織(若松)、ガダルカナル・タカ(伊達)、宍戸錠(父親)、菅田俊、愛染恭子、ほか

「インファナル・シティ 女捜査官サンドラ」のネタバレあらすじ結末

インファナル・シティ 女捜査官サンドラの紹介:2007年フランス,ベルギー映画。自らの信念と正義を貫くためならどんな手段も選ばない麻薬捜査官のサンドラの活躍を描いたクライムサスペンスストーリーです。誰が裏切り者なのか分からない二転三転する展開が非常に楽しめます。タフでパワフルなサンドラの魅力が爆発しています。
監督:ヴィンチェンツォ・マラーノ 出演:イングリッド・ショーヴァン(サンドラ)、リンダ・アルディ(ロール)、ヤニス・バラバン(ラフィット)、ジャン=クリストフ・ブヴェ(シュルステル)、クリストフ・ラパラ(ダン)、ほか

「略奪 マネークラッシュ」のネタバレあらすじ結末

略奪 マネークラッシュの紹介:2003年日本映画。昔、麻薬取引で殺されそうになり助けてもらったカノウから、ヤクザのスドウが持っている『天使の涙』を奪う仕事を手伝ってくれと言われたスズハラは、取引場所の廃墟となった保養施設に向かいます。そこには同じように仕事をすることになったボギー、バーディー、パーの3人の男がいました。取引時間が迫る中、肝心のカノウが来ない事から4人は疑念を感じ始め…という内容のバイオレンス映画です。ヤクザシネマの面々によるミステリータッチの作品に仕上がっています。
監督:宮坂武志 出演者:山口祥行(スズハラ)、小沢和義(ボギー)、古井榮一(バーディー)、益子智之(パー)、KAORI(キャンディ)、小沢仁志(スドウ)、竹内力(カノウ)ほか

「コップ・アウト 刑事した奴ら」のネタバレあらすじ結末

コップ・アウト 刑事(デカ)した奴らの紹介:2010年アメリカ映画。娘の結婚式を控え、費用を出す予定だった刑事のジミーは、相棒のポールと麻薬捜査でヘマをやらかし、無休の一カ月の停職を命じられます。給与が入らないジミーは、子供時代から大事にしていたレア野球カードを売りに出そうとカードショップに向かいますが、運悪く強盗が押し入りカードを盗まれてしまいます。カードを取り戻そうと犯人を追っていると、犯人は麻薬ディーラーの大物にカードを売却しており…という内容のブルース・ウィリス主演のアクションコメディ映画です。
監督:ケヴィン・スミス 出演者:ブルース・ウィリス(ジミー・モンロー)、トレイシー・モーガン(ポール・ホッジズ)、アダム・ブロディ(バリー・マンゴールド)、ケヴィン・ポラック(ハンセーカー)、ギレルモ・ディアス(ポー・ボーイ)、ショーン・ウィリアム・スコット(デイブ)、アナ・デ・ラ・レゲラ(ガブリエラ)、ミシェル・トラクテンバーグ(エヴァ)ほか

「行動隊長伝 血盟」のネタバレあらすじ結末

行動隊長伝 血盟の紹介:2003年日本映画。ボクサー崩れの啓介が、少年時代から息子のように一緒に暮らしていた勝利と靖成を連れ、愚連隊組織からヤクザの大物になるまでを描いたドラマです。啓介の鬼道会の行動隊長となった靖成を中心に物語は描かれています。獣らのヤクザ作品とは一味違う作品です。
監督:横井健司 出演者:竹内力(御木本靖成)、美木良介(本多啓介)、井上晴美(ひとみ)、京本政樹(石津勝利)、遠藤憲一(勝村)、ミッキー・カーチス(黒田)、ガッツ石松(横川)、大沢樹生、夏樹陽子ほか

「チーム★アメリカ/ワールドポリス」のネタバレあらすじ結末

チーム★アメリカ/ワールドポリスの紹介:2004年アメリカ映画。米国で長年に渡って大人気のアニメ、サウスパークのスタッフが制作した人形喜劇。サウスパークと同様に、放送コードギリギリの非常に過激な風刺表現や成人向け表現を含みながらも、現代アメリカの持つ様々な問題点を笑いの中に描き出している。監督、脚本、主演を務めるトレイ・パーカーは、数々の著名人を一人複数役で演じている。
監督:トレイ・パーカー 声優:トレイ・パーカー(ゲイリー、ジョー、金正日、ティム・ロビンス、ショーン・ペン、ヘレン・ハント)、クリステン・ミラー(リサ)、マット・ストーン(クリス)、マササ(サラ)、ダラン・ノリス(スポッツウッド)、モーリス・ラマーシュ(アレック・ポールドウィン)ほか。

「ラスト・パニッシャー」のネタバレあらすじ結末

ラスト・パニッシャーの紹介:2019年カナダ,アメリカ映画。ギャングのボスの身代わりで刑務所に入っていたフランキーが、重度の不眠症の病気で刑期を待たず19年間服役して出所してきます。服役と引き換えに45万ドルの金をもらっていたフランキーでしたが、息子のジョーイと再会すると、自分を裏切った組織の人間に復讐するために動きはじめ…という内容のニコラス・ケイジ主演のサスペンスアクション映画です。不眠症による幻覚症状や後半の想わぬ種明かしなど、ホラー映画要素も含んだ作品です。
監督:ショーン・クー 出演者:ニコラス・ケイジ(フランク/フランキー)、ノア・ル・グロ(ジョーイ)、ベンジャミン・ブラット(Q/クエンティン)、カロリーナ・ヴィドラ(シモーヌ/ジェニファー)、モハメド・カリム(ジミー)、イアン・トレイシー(タンク)ほか

「エリート NCOC特別捜査班」のネタバレあらすじ結末

エリート NCOC特別捜査班の紹介:2017年アメリカ映画。メキシコでのカルテル捜査で射殺されたアギラルの妻ヴォーンが、NCOCの捜査官になりました。夫の無念を晴らすため再捜査に乗り出したヴォーンは、引退したサムを復帰させ、同じ捜査官のレニーとハッカーとジャズの4人で捜査を始めます。するといとも簡単に、カルテルのボス・ベニテスを見つけ出し射殺しました。しかしあまりにも出来過ぎていることから、調べると自分たちが罠にはめられていることがわかり…という内容のサスペンスアクション映画です。
監督:マーク・カントゥ 出演者:アリソン・グレゴリー(ヴォーン)、ジェイソン・スカボロー(サム)、クレア・タブリゾ(アメリア)、ジェームス・C・リアリー(ベネディクト)、ショーン・ブルックス(レニー)、アイオン・ルソー(ジャズ)ほか

「ザ・ラスト・ウォーリアー」のネタバレあらすじ結末

ザ・ラスト・ウォーリアーの紹介:2014年ニュージーランド,イギリス映画。ウィレパの部族に侵略され、族長である父と、部族全員を殺されたホンギは、ウィレパに復讐するため『死の地』へ向かいます。『死の地』には、ホンギと同じようにウィレパの部族に滅ぼされた生き残りが、入って来るものを殺して食っている戦士がいました…という内容のニュージーランドの先住民族の戦いを描いたアクション映画です。
監督:トア・フレイザー 出演者:ジェームス・ロールストン(ホンギ)、ローレンス・マコーレ(戦士)、テ・コヘ・トゥハカ(ウィレパ)ほか

「アサルト13 要塞警察」のネタバレあらすじ結末

アサルト13 要塞警察の紹介:2005年アメリカ,フランス映画。1976年に公開された映画『ジョン・カーペンターの要塞警察』のリメイクとなるアクション作品です。デトロイトの閉鎖される予定の警察署で働く主人公とその同僚たちが大雪のため緊急避難してきた犯罪者たちと一夜を過ごすことに、そこに突如として署を包囲する武装集団、そして裏切り者の発覚から事態は予想外の方向に…。
監督:ジャン=フランソワ・リシェ 出演者:イーサン・ホーク(ジェイク・ローニック)、ローレンス・フィッシュバーン(マリオン・ビショップ)、ガブリエル・バーン(マーカス・デュヴァル)、マリア・ベロ(アレックス・サビアン)、ドレア・ド・マッテオ(アイリス・フェリー)、ジョン・レグイザモ(ベック)、ブライアン・デネヒー(ジャスパー・オーシェア)、ジェフリー・“ジャ・ルール”・アトキンス(スマイリー)、アイシャ・ハインズ(アンナ)ほか

「ミッドナイトイーグル」のネタバレあらすじ結末

ミッドナイト イーグルの紹介:2007年日本映画。冬の北アルプスに墜落した米軍爆撃機ミッドナイトイーグルは特殊爆弾を搭載していた。日本政府は秘密裏にミッドナイトイーグルの回収を図るが、謎の武装集団に妨害される。日本の運命は武装集団からの攻撃を生き残った自衛官、新聞記者、そして元戦場カメラマンの3人の男に託される。高嶋哲夫の同名小説の映画化。雪山に戦いが繰り広げられる、防衛省全面協力のアクション映画。
監督:成島出 出演者:大沢たかお(西崎優二)、竹内結子(有沢慶子)、玉木宏(落合)、吉田栄作(佐伯昭彦)、坂本爽(青木)、石黒賢(宮田編集長)、藤竜也(総理大臣)そのほか

「ゴールデン・チャイルド」のネタバレあらすじ結末

ゴールデン・チャイルドの紹介:1986年アメリカ映画。エディ・マーフィが『がんばれ!ベアーズ』などを手掛けたマイケル・リッチー監督とタッグを組んで贈る痛快娯楽アクション作品です。千年に一度、この世に生を受けるという伝説の奇跡の子ゴールデン・チャイルドを巡り、エディ・マーフィ演じる人探しのプロが奮闘する姿を描きます。
監督:マイケル・リッチー 出演者:エディ・マーフィ(チャンドラー・ジャレル)、シャーロット・ルイス(キー・ナン)、チャールズ・ダンス(サード・ナムスパ)、J・L・リアート(ゴールデン・チャイルド)、ヴィクター・ウォン(大僧正)、ランドール・“テックス”・コッブ(ティル)、ジェームズ・ホン(ホン医師)、シャクティ・チェン(カーラ)、ピーター・ウォン(トミー・トン)、エリック・ダグラス(イエロードラゴン)、チャールズ・レヴィン(メル・バックマン)、フランク・ウェルカー(悪魔)ほか

「技術者たち」のネタバレあらすじ結末

技術者たちの紹介:2014年韓国映画。詐欺師で凄腕の金庫破りであるジヒョクは、技術士の相棒のグイン、ハッカーのジョンベと3人で宝石店を襲います。その宝石店は裏稼業で悪名高いチョ社長の店。絶対やぶられないと思っていたチョ社長は、ジヒョクらを脅し仲間に引き入れ1500億ウォンを奪う計画を話します。ここから、チョ社長とヒジョクの騙し合いの強奪計画が進み始め…という内容のサスペンスアクション映画です。
監督:キム・ホンソン 出演者:キム・ウビン(ジヒョク)、イ・ヒョヌ(ジョンベ)、コ・チャンソク(グイン)、キム・ヨンチョル(チョ社長)、チョ・ユニ(ウナ)ほか

「バニッシャー」のネタバレあらすじ結末

バニッシャーの紹介:2016年アメリカ映画。失業率26%のアメリカで、前科もちのため職のないヴィクターが、ライアンに声をかけられて少額の銀行強盗をすることになります。8回連続成功し『バニッシャー』と呼ばれる彼らでしたが、ヴィクターが付き合う共産主義組織のエマが一緒にいるようになってから雲行きがおかしくなっていき…という内容の低予算クライムアクション映画です。
監督:トニー・オルモス 出演者:ブライアン・パトリック・バトラー(ライアン)、ジョージ・ジャック(ヴィクター)、ジェニファー・パレデス(エマ)、キャサリン・ショット(ロリー)ほか

1 2 3 4 5 85

キーワードから探す

TOP↑