アクション映画のネタバレ

アクション映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気アクション映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「シー・サバイバー」のネタバレあらすじ結末

シー・サバイバーの紹介:2013年ロシア映画。2010年にソマリア海域で実際に発生した、海賊によるロシアのタンカー襲撃事件を映画化したミリタリー・アクション作品です。撮影はロシア軍の全面協力で行われ、2日間に渡る過酷な人質救出作戦の全貌が人質になったロシア軍海兵隊員の視点から描かれます。
監督:ヴァシーリー・セリコフ 出演者:セルゲイ・アプレスキー、マカール・ザポロジスキー、ブラディミール・ブラゴイ、ウラジスラフ・デーミン、アレクサンドル・ガリビンほか

「仁義なき戦い 代理戦争」のネタバレあらすじ結末

仁義なき戦い 代理戦争の紹介:1973年日本映画。広島で実際に起きた、地元暴力団組織の内紛に、神戸の2大巨大暴力団組織が背後から支援した代理戦争を描いた実録ものです。巨大組織の後ろ盾に、裏切りと寝返りを繰り返す様を赤裸々に再現しています。『仁義なき戦い』シリーズ3作目です。
監督:深作欣二 出演者:菅原文太(広能昌三)、渡瀬恒彦(倉元猛)、金子信雄(山守義雄)、田中邦衛(槙原政吉)、内田朝雄(長老大久保)、小林旭(武田明)、成田三樹夫(松永弘)、山城新伍(江田省一)、加藤武(打本昇)、室田日出男(早川英男)、丹波哲郎(明石辰男)、遠藤辰雄(相原重雄)、山本麟一(宮地輝男)、梅宮辰夫(岩井信一)ほか

「天国から来た男たち」のネタバレあらすじ結末

天国から来た男たちの紹介:2001年日本映画。会社員の早坂はフィリピンで身に覚えのない覚せい剤所持で逮捕され、刑務所に送られました。フィリピンの刑務所は金さえ積めば自由な暮らしが出来る場所でした。刑務所内で優雅な生活を送る吉田の仕事を手伝うようになった早坂は、会社に裏切られたことを知り、妻に別れを告げ、こちらの世界で生きる覚悟をします・・という吉川晃司主演のフィリピンを舞台にしたアクション映画です。
監督:三池崇史 出演者:吉川晃司(早坂幸平)、山崎努(吉田克明)、大塚寧々(三島奈美恵)、遠藤憲一(海野俊幸)、及川光博(柏木)、水橋研二(フィリピン太郎)、翁華栄(坂本淳)、北見敏之(薮元忠)、及川麻衣(早坂美由紀)、金山一彦(杉森弘治)ほか

「サイボーグ刑事(デカ)」のネタバレあらすじ結末

サイボーグ刑事(デカ)の紹介:1989年アメリカ映画。犯罪大国のアメリカで、民営化された警察C.O.P.Sの利権を自分のものにしようと言うアダムスと、アダムスの利権の為に指名手配された女性キャスターを守ろうとする警官タッカーとの戦いを描いたアクション映画です。大ヒットした『ロボコップ』の亜流作品ですが、サイボーグというのは腕だけで普通の犯罪ものの作品です。
監督:デヴィッド・A・プライアー 出演者:デヴィッド・キャラダイン(タッカー)、ロバート・テシア(ベッカー)、アンナ・ラパグラ(マリオン)、ウイリアム・ジップ(アダムス)、D.Cダグラス(ビリー)ほか

「モスラ3 キングギドラ来襲」のネタバレあらすじ結末

モスラ3 キングギドラ来襲の紹介:1998年日本映画。突如、空から降り注いだ隕石により、キングギドラが飛来し、子供たちがさらわれました。インファント島からやって来た小美女たちはキングギドラを倒すため、モスラを呼びました。しかしキングギドラを倒すことができず・・・というモスラ三部作の最終章です。
監督:本編:米田興弘、特撮:鈴木健二 出演者:小林恵(モル)、建みさと(ロラ)、吉澤拓真(園田翔太)、篠崎杏兵(園田脩平)、鈴木彩野(園田珠子)、大仁田厚(園田雄介)、松田美由紀(園田幸江)、ベルベラ(羽野晶紀)ほか

「アイス・ソルジャー」のネタバレあらすじ結末

アイス・ソルジャーの紹介:2013年カナダ映画。50年前にノースゲートで起きた、遺伝子組み換えで作られた3人の殺人鬼を探すために、カナダの山奥へ来たマルローは、調査通り、凍った3人の男を発見しますが、男達は目覚めて殺戮を始め・・・という内容のサスペンスアクション映画です。
監督:ストゥーラ・ガンナーソン 出演者:ドミニク・パーセル(マルロー)、アダム・ビーチ(T.Cカーディナル)、マイケル・アイアンサイド(トランプ)、ガブリエル・ホーガン(ロシアの殺人鬼)、カミール・サリバン(フレーザー)ほか

「スポーン」のネタバレあらすじ結末

スポーンの紹介:1997年アメリカ映画。CAIの凄腕工作員が、長官らにハメられ焼き殺されたものの、スポーンとして蘇り、悪人を倒していくヒーロー物のアクション作品です。アメリカの人気コミックを映画化したもので、 マーティン・シーンという大物俳優が悪役で出演しています。2018年にはスポーンのリブート版の製作が発表されました。ジェイミー・フォックス主演で2019年にも撮影が開始、公開日は未定となっています。
監督:マーク・A・Z・ディッペ 出演者:マイケル・ジェイ・ホワイト(アル・シモンズ/スポーン)、ジョン・レグイザモ(クラウン/ヴァイオレーター)、マーティン・シーン(ジェイソン・ウィン)、テレサ・ランドル(ワンダ・ブレイク)、ニコル・ウィリアムソン(コグリオストロ)、 D・B・スウィーニー(テリー・フィッツジェラルド)、メリンダ・クラーク(ジェシカ・プリースト)、ミコ・ヒューズ(ザック・ウェッブ)、フランク・ウェルカー(マレボルギア)ほか

「ザ・ボーダーライン 合衆国国境警備隊」のネタバレあらすじ結末

ザ・ボーダーライン 合衆国国境警備隊の紹介:2016年アメリカ映画。メキシコとの国境を守る米合衆国国境警備隊員のフローレスと上司ホッブス、新人のデーヴィスが、1000万ドル相当のコカインを摘発します。そして、彼らは思わぬ事態に巻き込まれてしまいます。フィクションでありながら、麻薬カルテルの恐ろしい現実が垣間見えます。サウス・バイ・サウスウエスト映画祭で観客賞を受賞。
監督:グレッグ・クウェダー 出演者:ジョニー・シモンズ(デーヴィス)、ガブリエル・ルナ(フローレス)、クリフトン・コリンズ・ジュニア(ホッブス)、フリオ・オスカル・メチョソ(ミゲル・エルナンデス)、ほか

「ニック/NICK ラスト・フューリー」のネタバレあらすじ結末

ニック/NICK ラスト・フューリーの紹介:2015年ドイツ映画。刑事ニックシリーズ第四弾。テレビ局に押し入った武装集団が要求したものはフィラトの身柄だった。再び、ニックを中心に物語が動き始める。ニックは亡き妻の復讐を果たせるのか、そして事件の裏にある思惑がついに明らかに!
監督:クリスティアン・アルヴァルト 出演:ティル・シュヴァイガー(ニック・チラー)、ファーリ・ヤルディム(ヤルシン・グメル)、ルナ・シュヴァイガー(レニー・チラー)、ティム・ヴィルデ(ホルガー)、ブリッタ・ハンメルシュタイン(イネス・カルバイ)、アルント・クラヴィッター(レーベンブローク)、エルダル・イルディズ(フィラト・アスタ)、ほか

「ニック/NICK ハードペイン」のネタバレあらすじ結末

ニック/NICK ハードペインの紹介:2015年ドイツ映画。ドイツ発、ハードボイルド刑事アクションシリーズの第三弾!愛する妻子を人質にとられた刑事ニックが宿敵フィラトの移送を護衛することになる。ニックとフィラトの深まる因縁、そして事件に関わってくるロシア人達の狙いとは。
監督:クリスティアン・アルヴァルト 出演:ティル・シュヴァイガー(ニック・チラー)、ルナ・シュヴァイガー(レニー・チラー)、ファーリ・ヤルディム(ヤルシン・グメル)、ティム・ヴィルデ(ホルガー)、エディタ・マロヴチッチ(ハンナ・レナルツ州検事)、シュテファニー・スタッペンベック(イザベラ)、ほか

「張り込みプラス」のネタバレあらすじ結末

張り込みプラスの紹介:1993年アメリカ映画。1987年公開のヒット作「張り込み」の続編となる犯罪コメディです。前作で凶悪犯の恋人を張り込みした挙句恋に落ちた刑事とその相棒。今度の任務は姿を消した組織犯罪の目撃証人を捜し出すこと。女性検事補も交えた3人で張り込みをすることになったのですが…。
監督:ジョン・バダム 出演者:リチャード・ドレイファス(クリス・リーシー)、エミリオ・エステベス(ビル・ライマーズ)、ロージー・オドネル(ジーナ・ギャレット)、デニス・ファリーナ(ブライアン・オハラ)、キャシー・モリアーティ(ルーラ・“ルー”・デラノ)、ミゲル・フェラー(トニー・カステラーノ)、マデリーン・ストウ(マリア・マグワイア)ほか

「張り込み(1987年)」のネタバレあらすじ結末

張り込みの紹介:1987年アメリカ映画。 脱獄した凶悪犯の動向を探るため、その元恋人の自宅を張り込みすることになった刑事たし。しかし刑事のうち一人がその元恋人とまさかの恋に落ちてしまったことから巻き起こる騒動を描いた犯罪コメディです。
監督:ジョン・バダム 出演者:リチャード・ドレイファス(クリス・リーシー)、エミリオ・エステベス(ビル・ライマーズ)、エイダン・クイン(リチャード・“スティック”・モンゴメリー)、マデリーン・ストウ(マリア・マグワイア)、フォレスト・ウィテカー(ジャック・ピスモ)ほか

「メカゴジラの逆襲」のネタバレあらすじ結末

メカゴジラの逆襲の紹介:1975年日本映画。『ゴジラ対メカゴジラ』の続編で、ゴジラシリーズ15作目になります。ゴジラに敗れたメカゴジラを再生し、東京を占領するために、真船博士親子を利用して恐竜チタノザウルスと共に、東京を攻撃をする話です。
監督:本多猪四郎(本編)、中野昭慶(特撮) 出演者:佐々木勝彦(一之瀬明)、藍とも子(真船桂)、平田昭彦(真船信三博士)、中丸忠雄(田川(国際警察東京支局・署長))、睦五郎(ムガール隊長)、内田勝正(村越二郎(インターポール捜査官)、ほか

「フランス特殊部隊 RAID」のネタバレあらすじ結末

フランス特殊部隊 RAIDの紹介:2016年フランス,ベルギー映画。正義感が強いのですが、いつも失敗ばかりの女性警官ジョアナは、ひょんなことから憧れの フランス警察特殊部隊“RAID(レイド)”に入隊することになります。ドジ連発で暴走するものの、ポジティブなジョアナ応援したくなります。笑いあり、人間ドラマあり、派手なアクションあり、そしてロマンスありの痛快アクション・コメディです。WOWOWの放送が日本初公開となります。
監督:ダニー・ブーン 出演者:アリス・ポル(ジョアナ・パスクアリ)、ダニー・ブーン(ウジェーヌ・フロワサー)、ミシェル・ブラン(ジャック・パスクアリ)、イヴァン・アタル(ヴィクトール)、パトリック・ミル(エドワード)ほか

「ポリス・ストーリー/REBORN」のネタバレあらすじ結末

ポリス・ストーリー/REBORNの紹介:2017年中国映画。刑事のリンは幼い娘が危篤状態である中、人造人間を造った博士を守るために、博士が造った人造人間と闘っていました。しかし博士は殺され、娘も死んでしまいました。13年後、リンはナンシーという女子大生を人造人間から守るため再び闘いを始めていました・・・というジャッキー・チェン主演・製作総指揮のアクション映画です。今までの『ポリス・ストーリー』シリーズとは一味違ったSFタイプのエンターテインメント作品です。
監督:レオ・チャン 出演者:ジャッキー・チェン(リン)、ショウ・ルオ(リスン)、オーヤン・ナナ(ナンシー / シーシー)、エリカ・シアホウ(スー)、カラン・マルヴェイ(アンドレ)、テス・ハウブリック(女殺し屋)、ほか

1 2 3 4 5 62
TOP↑