Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アクション映画のネタバレ

アクション映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気アクション映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「ハンター」のネタバレあらすじ結末

ハンターの紹介:1980年アメリカ映画。実在の賞金稼ぎラルフ・ソーソンの実話を基にしたアクション作品で、名優スティーヴ・マックイーンの遺作。凄腕の賞金稼ぎソーソンは、各地を飛び回る多忙な日々を送っていた。一方プライベートでは、恋人ドティが間もなく出産する予定。しかし父親になる実感も覚悟も無いソーソンは、彼女と結婚すら出来ずにいた。そんな中、以前捕まえた危険な薬物中毒者がソーソンに復讐すべく不穏な動きを見せ始める。
監督:バズ・キューリック 出演者:スティーヴ・マックイーン(ラルフ・ソーソン(パパ))、イーライ・ウォラック(リッチー・ブルメンタル)、ベン・ジョンソン(ストロング保安官)、キャスリン・ハロルド(ドティ)、レヴァー・バートン(トミー・プライス)ほか

「湾岸ミッドナイト リターン」のネタバレあらすじ結末

湾岸ミッドナイト リターンの紹介:2000年日本映画。湾岸の帝王と言われたアキオが走りから引退しようと思っていた時、『悪魔のZ』と呼ばれるS30Zに一目ぼれし、再びハンドルを握り湾岸を走りますが、新型のZ32との勝負に負けてしまいます・・・という内容の公道サーキットにとり付かれた青春ドラマです。
監督:樹木雅彦 出演者:貴水博之(アキオ)、白島靖代(カナ)、かわのをとや、堀米智之 ほか

「ザ・ブリザード」のネタバレあらすじ結末

ザ・ブリザードの紹介:2016年アメリカ映画。1952年に大西洋上で発生した。アメリカ沿岸警備隊史上最も困難とされる海難事故である巨大タンカー「SSペンドルトン号」の救出劇を実話を基に映画化した作品です。遭難したタンカーに残された生存者32人を救うため、4人の沿岸警備隊が定員12人の小型木製救助艇で挑みます。
監督:クレイグ・ギレスピー 出演者:クリス・パイン(バーニー・ウェバー)、ケイシー・アフレック(レイ・シーバート)、ベン・フォスター(リチャード・リヴシー)、エリック・バナ(ダニエル・クラフ)、ホリデイ・グレインジャー(ミリアム・ペンティネン)、ジョン・オーティス(ウォレス・クイリー)、カイル・ガルナー(アンディ・フィッツジェラルド)、ジョン・マガロ(アーヴィン・マスキー)ほか

「ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ」のネタバレあらすじ結末

ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズの紹介:2018年日本映画。2017年~2018年にかけて放映された“平成仮面ライダーシリーズ”第19作『仮面ライダービルド』の続編となるVシネマ作品で、2019年1月に期間限定で劇場公開されました。監督は『仮面ライダー 平成ジェネレーションズFOREVER』(2018年公開)の山口恭平監督、脚本はテレビ本編全話を執筆した武藤将吾が手掛け、テレビ本編最終回で創造された“新世界”を舞台に、テレビ本編の主人公・桐生戦兔(犬飼貴丈)の相棒・万丈龍我(赤楚衛二)を主役にした全く新しいストーリー、そしてテレビ本編での宿敵だった地球外生命体“エボルト”とのまさかの共闘が描かれます。
監督:山口恭平 出演者:赤楚衛二(万丈龍我/仮面ライダークローズ/仮面ライダークローズエボル)、永尾まりや(馬渕由衣)、高田夏帆(石動美空)、武田航平(猿渡一海/仮面ライダーグリス)、越智友己(内海成彰)、滝裕可里(滝川紗羽)、水上剣星(氷室幻徳/仮面ライダーローグ)、進藤学(柿崎悟志/キルバス(人間態))、勝杏里(仮面ライダーキルバス)、金尾哲夫(エボルト/ブラッドスターク/仮面ライダーエボル)、犬飼貴丈(桐生戦兎)ほか

「アクアマン」のネタバレあらすじ結末

アクアマンの紹介:2018年アメリカ映画。アトランティス王国の血を引きながら、人間として育てられたアーサー。母であるアトランナ女王が海に戻ったあとは、バルコからアトランティス人としての教育を受け海底人の能力や戦い方を学んだ。ある日突如海から現れたメラから、海底王国が人類の征服を狙い侵略しようとしていることを告げられる。規格外のパワーをそなえアクアマンとして戦いに臨む。豪華キャストによる魅力的なキャラクターと迫力満点の映像世界も見逃せない。
監督:ジェームズ・ワン 出演:ジェイソン・モモア(アーサー・カーリー/アクアマン)、アンバー・ハード(メラ)、ウィレム・デフォー(バルコ)、パトリック・ウィルソン(オーム王)、ドルフ・ラングレン(ネレウス王)、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世(デイビッド・ケイン/ブラックマンタ)、ルディ・リン(マーク)、テムエラ・モリソン(トム・カリー)、ニコール・キッドマン(アトランナ女王)、ほか

「デス・ショット」のネタバレあらすじ結末

デス・ショットの紹介:2018年アメリカ,イギリス映画。銀行勤務の真面目な男が突然、犯罪に巻き込まれます。自分の関与がFBIに疑われたのか、潔白を証明るため男は自ら犯人を探します。一人で悪に立ち向かう彼に近所の元警官がアドバイスします。犯人を追い詰める男ですが、犯人は恐ろしい行動で男と対決します。『デス・ショット』は激しいアクション映画、フランク・グリロが主演で激しいアクションを演じ、ブルース・ウィリスが元警官の脇役として犯人を追い詰めます。
監督:ブライアン・A・ミラー 出演:ブルース・ウィリス(ジェームス)、フランク・グリロ(ジェイコブ)、ジョナサン・シェック(ガブリエル)、オリヴィア・クルポ(クリスティナ)、ほか

「グリム・アベンジャーズ」のネタバレあらすじ結末

グリム・アベンジャーズの紹介:2015年アメリカ映画。グリム童話のヒロインである白雪姫、シンデレラ、ラプンツェル、いばら姫、赤ずきんが、魔法の王国を攻め落とした悪の魔術師を追って死闘を繰り広げる。
監督:ジェレミー・M・インマン 出演:キャスパー・ヴァン・ディーン、ルー・フェリグノ、キモ・レオポルド、ライリア・バンダービルト、マイリン・サーリー、ローレン・パーキンソン、マーラ・フェアクロー、ほか

「龍が如く 劇場版」のネタバレあらすじ結末

龍が如く 劇場版の紹介:2007年日本映画。伝説のヤクザ桐生一馬が刑務所から出所すると同時に、桐生の親分の風間が行方不明になり、東城会の100億円が消えました。東城会内部の覇権争いに巻き込まれた桐生は命を狙われるハメになりましたが…というプレイステーションの人気ゲームの映画化作品です。
監督:三池崇史 出演者:北村一輝(桐生一馬)、岸谷五朗(真島吾朗)、塩谷瞬(悟)、サエコ(唯)、夏緒(澤村遥)、加藤晴彦(一輝)、高岡早紀(澤村由美/美月)、哀川翔(野口刑事)、コン・ユ(朴)、松重豊(伊達真)、田口トモロヲ(理髪店店主)、真木蔵人(錦山彰)、荒川良々(武器屋)ほか

「ラストキリング 狼たちの銃弾」のネタバレあらすじ結末

ラスト・キリング 狼たちの銃弾の紹介:2012年アメリカ映画。刑務所を出所する男に、恩師だった人物からある暗殺依頼が届く。過去に大きな心の傷を負った男にとって、それは過酷すぎる任務だった。スティーヴン・ドーフ、ミッシェル・モナハン、ウィレム・デフォーという、3大ハリウッド・スターが共演を果たしたバイオレンス・アクション。シュールで幻想的な映像があとを引く異色作。さらにミッシェル・モナハン演じる、少女の面影を残すファム・ファタール的美女が強烈な印象を残す。
監督:デヴィッド・ジェイコブソン 出演者:スティーヴン・ドーフ(チャーリー・ランキン)、ミシェル・モナハン(フローレンス)、ウィレム・デフォー(ブッダ)、タラ・バック(標的の愛人)、ロバート・ラサード(オーネイ・コラル)、ケリー・ロッサル(暗殺ターゲット)、サミー・ジャック(チャーリーの少年時代)ほか

「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」のネタバレあらすじ結末

平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVERの紹介:2018年日本映画。『平成仮面ライダーシリーズ』第20作記念にして最終作の『仮面ライダージオウ』と第19作『仮面ライダービルド』をメインに据えた劇場版であり、『ジオウ』テレビ本編の「クウガ編」「電王編」「W(ダブル)編」にあたります。平成ライダーの歴史を抹消しようと企むスーパータイムジャッカー、そして最強最悪の敵である3体の“アナザーライダー”の野望にジオウとビルド、そして歴代平成仮面ライダーたちが立ち向かいます。キャッチコピーは「時代が終わる。すべてがはじまる」「仮面ライダーを愛してくれたあなたへ あなたの記憶に、彼らは生きているか」。
監督:山口恭平 キャスト:奥野壮(常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ)、犬飼貴丈(桐生戦兎/仮面ライダービルド)、押田岳(明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツ)、赤楚衛二(万丈龍我/仮面ライダークローズ)、大幡しえり(ツクヨミ)、渡邉圭祐(ウォズ(黒ウォズ))、高田夏帆(石動美空)、武田航平(猿渡一海/仮面ライダーグリス)、水上剣星(氷室幻徳/仮面ライダーローグ)、生瀬勝久(常磐順一郎)、福崎那由他(久永アタル/アナザー電王)、斎藤汰鷹(シンゴ)、伊藤健太郎(アナザーW)、関俊彦(モモタロス/仮面ライダー電王)、遊佐浩二(ウラタロス/仮面ライダー電王)、てらそままさき(キンタロス/仮面ライダー電王)、鈴村健一(リュウタロス/仮面ライダー電王)、石丸謙二郎(デンライナーのオーナー)、滝藤賢一(フータロス)、賀集利樹(仮面ライダーアギト)、須賀貴匡(仮面ライダー龍騎)、井上正大(仮面ライダーディケイド)、西銘駿(仮面ライダーゴースト)、大東駿介(ティード/アナザークウガ/アナザーアルティメットクウガ)、佐藤健(野上良太郎)ほか

「ポーラー 狙われた暗殺者」のネタバレあらすじ結末

ポーラー 狙われた暗殺者の紹介:2019年アメリカ, ドイツ映画。殺し屋が従業員の暗殺請負会社は50歳が定年です。社員への多額の企業年金が会社の負担になると考えた社長は、定年間近の史上最強の暗殺者を殺して年金を払わないようにする計画を立てます。狙われた暗殺者はそれに気づき、暗殺部隊と激しい戦いとなります。『ポラー・狙われた暗殺者』は激しいアクション映画で、マッツ・二ケルセンが無口で女好き、殺し方は残忍、昔殺した一家の少女が忘れられない暗殺者を演じています。
監督:ヨナス・アカーランド 出演:マッツ・ミケルセン(ダンカン・ヴィズラ)、ヴァネッサ・ハジェンズ(カミーユ)、キャサリン・ウィニック(ヴィヴィアン)、マット・ルーカス(ミスター・ブルート)、ロバート・メイレット(カール)、ルビー・O・フィーア(シンディ)、ほか

「暴走特急」のネタバレあらすじ結末

沈黙シリーズ第3弾/暴走特急の紹介:1995年アメリカ映画。スティーヴン・セガール主演作『沈黙』シリーズ第3作であり、第1作『沈黙の戦艦』の続編となるアクション作品です。CIAが極秘開発した人工衛星を巡ってアメリカ大陸横断特急列車がテロ集団に占拠され、第1作の主人公である元特殊部隊員のコックが野望を阻止するため再び立ち上がります。
監督:ジェフ・マーフィー 出演者:スティーヴン・セガール(ケイシー・ライバック)、エリック・ボゴシアン(トラヴィス・デイン)、キャサリン・ハイグル(サラ・ライバック)、モリス・チェストナット(ボビー・ザックス)、エヴェレット・マッギル(マーカス・ペン)、ニック・マンキューゾ(トム・ブレーカー)、アンディ・ロマーノ(ベイツ提督)、カートウッド・スミス(スタンリー・クーパー将軍)、デイル・ダイ(ガーザ大佐)ほか

「マイル22」のネタバレあらすじ結末

マイル22の紹介:2018年アメリカ映画。世界中でテロと戦うため極秘活動をするアメリカのスパイ諜報機関CIAは、アメリカ映画の多くの題材になっていますが、諜報活動だけでなく銃や爆弾を使う危険な任務も行います。アジアでテロのための恐怖の化学物質の行方を追う諜報員達は、化学物質の行方を知る男を守るため、ロシア諜報機関と激しい戦いを繰り広げますが、意外な結末が待ち構えています。『マイル22』はハリウッドで最も稼ぐ男のマーク・ウォールバーグが短気で有能な諜報員、アジアの架空の国で激しいアクションを演じ最後まで目の話せないストーリーです。
監督:ピーター・バーグ 出演:
マーク・ウォールバーグ(ジェームズ・シルバ)、ローレン・コーハン(アリス・カー)、イコ・ウワイス(リー・ノア)、ロンダ・ラウジー(サム・スノウ)、ジョン・マルコヴィッチ(ビショップ)、CL(クィーン)、ほか

「ブラックライダー」のネタバレあらすじ結末

ブラックライダーの紹介:1986年アメリカ映画。FBIから仕事を依頼されたフリーランスの男が、ひょんなことから当時の最先端技術を結集したスーパーカー“ブラック・ムーン”を巡る自動車窃盗組織との戦いに挑んでいく姿を描いたカーアクション作品です。
監督:ハーレイ・コークリス 出演者:トミー・リー・ジョーンズ(クイント)、リンダ・ハミルトン(ニーナ)、ロバート・ヴォーン(エド・ライランド)、リチャード・ジャッケル(アール・ウィンダム)、ダン・ショア(ビリー・ライオンズ)、キーナン・ウィン(アイアン・ジョン)、リー・ヴィング(マーヴィン・リンガー)ほか

「フレンチ・ラン」のネタバレあらすじ結末

フレンチ・ランの紹介:2015年フランス,アメリカ映画。アウトローなCIA捜査官とアメリカから逃亡中のスリ師がコンビを組んで、真犯人を追うサスペンス・アクション、且つバディムービー。PG12作品です。
監督:ジェームズ・ワトキンス 出演:イドリス・エルバ(ショーン・ブライアー)、リチャード・マッデン(マイケル・メイソン)、シャルロット・ル・ボン(ゾーエ)、ケリー・ライリー(カレン・デイカー)、ジョゼ・ガルシア(ヴィクター・ガミュー)、ティエリ・ゴダール(ラフィ・ベルトラン)、ほか

1 2 3 4 5 64
TOP↑