Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アクション映画のネタバレ

アクション映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気アクション映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「大酔侠」のネタバレあらすじ結末

大酔侠の紹介:1966年香港映画。酔いどれの物乞いは実は武道の達人。彼の力を借りて女剣士が盗賊団に立ち向かう。主演のチェン・ペイペイは「武侠影后」として武侠映画で活躍を続けることになる。キン・フー監督はこの彼の最初の武侠映画で斬新なアクションシーンを演出した後、香港から台湾に渡って作った『残酷ドラゴン・血斗!竜門の宿』、『侠女』によって世界的巨匠の地位を得る。また、日本人の西本正が変名で本作品の撮影を手掛けている。
監督:キン・フー 出演者:チェン・ペイペイ(金燕子)、ユエ・ホア(ファン・ターペイ[酔侠][ 酔いどれ猫])、チェン・ホンリエ(玉面虎)、リー・ヤンチュン(笑う虎)、ヤン・チーチン(リャオコン大師)、ほか

「ラスト・ソルジャー」のネタバレあらすじ結末

ラスト・ソルジャーの紹介:2010年中国,香港映画。戦国時代の中国で、敵同士の兵士と将軍が生き残り、将軍を捕虜にした兵士が、褒美をもらうため自国へ連れ帰ろうとするものの、追ってくる敵、遊牧民の族、身寄りのない女などいくつもの騒動に巻き込まれるという、ジャッキー・チェンが構想に20年をかけたという中国、香港合作の映画です。
監督:ディン・シェン 出演者:ジャッキー・チェン(梁の兵士)、ワン・リーホン(衛の将軍)、ユ・スンジュン(ウェン太子)、ドゥ・ユーミン(ウー)、リン・ポン(身寄りのない女)、ユー・ロングァン(衛の副将軍)ほか

「パニッシャー:ウォー・ゾーン」のネタバレあらすじ結末

パニッシャー:ウォー・ゾーンの紹介:2008年アメリカ映画。「パニッシャー:ウォーゾーン」の紹介:この作品はアメリカのアメコミ映画で主演はレイ・スティーヴンソン。人気アメコミ作品の「パニッシャー」の3回目のオリジナル映画化作品ではありますが、今作合わせて3作品とも関連性はありません。3度目となる映画化になってパニッシャーのシンボルマークのドクロマークもアレンジが加えられています。今作の原作はアメコミの「パニッシャー:MAX」というアメコミ連載雑誌です。本作では原作のパニッシャーのヴィラン(敵役)であるキャラクターである「ジグソウ」やソープ刑事やマイクロが登場します。
監督:レクシー・アレクサンダー 出演:レイ・スティーヴンソン(パニッシャー:フランクキャッスル)、ドミニク・ウェスト(ビリー・ルソッティ:ジグソウ)、ジュリー・ベンツ(アンジェラ・ドナテッリ)、コリン・サーモン(ポール・ブディアンスキー)、ダッシュ・ミホク(マーティン・ソープ)、ウェイン・ナイト(マイクロチップ)、ほか

「北陸代理戦争」のネタバレあらすじ結末

北陸代理戦争の紹介:1977年日本映画。関西の巨大暴力団組織の北陸侵攻に伴い、内紛の続く地元暴力団の裏切りと寝返りの激しい抗争を描いた映画です。関西と北陸で実在する組織がモデルになっている実録物ですが、内容はかなり変更が加えられ、実際の事件とは大きく違っています。
監督:深作欣二 出演者:松方弘樹(川田登)、野川由美子(仲井きく)、伊吹吾郎(谷中組幹部・竹井義光)、高橋洋子(仲井信子)、地井武男 (仲井隆士)、矢吹二朗 (花巻伝)、西村晃(安浦富蔵)、遠藤太津朗(浅田組幹部・岡野信安)、成田三樹夫(浅田組幹部・久保利夫)、ハナ肇(万谷喜一)、千葉真一 (大阪浅田組系金井組組長・金井八郎)ほか

「仁義なき戦い 広島死闘篇」のネタバレあらすじ結末

仁義なき戦い 広島死闘篇の紹介:1973年日本映画。広島最大の暴力団となった村岡組と反発勢力の大友組との抗争、そして村岡組の裏切りの構図を描いた広島最大の暴力団抗争の実録モノです。前作の主役だった広能は仮出所して、この抗争を見守るような立場の構図になっています。
監督:深作欣二 出演者:菅原文太(広能昌三)、金子信雄(山守義雄)、北大路欣也(山中正治)、名和宏(村岡常夫)、小池朝雄(高梨国松)、成田三樹夫(松永弘)、 山城新伍(江田省三)、千葉真一(大友勝利)、室田日出男(中原敬助)、梶芽衣子(上原靖子)ほか

「シマウマ」のネタバレあらすじ結末

シマウマの紹介:2015年日本映画。高校時代からワルでドラと呼ばれた竜夫は、成人しても美人局の脅迫で金を稼いでいました。ある日、何者かに拉致され拷問をうけた竜夫は、相手が高校時代にいじめられっこで、自分が助けたことのあるアカであることがわかりました。やがて竜夫は回収屋のドラとして歩きはじめます・・・というクライムバイオレンス映画です。
監督:橋本一 出演者:竜星涼(竜夫/ドラ)、須賀健太(アカ)、日南響子(キイヌ)、高橋メアリージュン(彩)、加藤雅也(シマウマ)、天乃舞衣子(網川早苗)、脇知弘(吉田)、福士誠治(網川晃児)ほか

「バトルクリーク・ブロー」のネタバレあらすじ結末

バトルクリーク・ブローの紹介:1980年アメリカ,香港映画。シカゴに帰ったカンフーの達人のジェリーは、父の店に嫌がらせをするマフィアの手下を痛めつけました。このことでボスに認められたジェリーは、兄の婚約者を人質にとり、テキサスで行われるバトルクリークに出ろとジェリーに迫りました・・という内容のジェッキー・チェン主演のアメリカ進出の初作品です。
監督:ロバート・クローズ 出演者:ジャッキー・チェン(ジェリー)、ホセ・ファーラー(ドミニク)、クリスチーヌ・ド・ベル(ナンシー)、マコ(ハーバート)ほか

「LEAL 絶対忠誠」のネタバレあらすじ結末

LEAL ー絶対忠誠ーの紹介:2018年アルゼンチン, パラグアイ映画。麻薬取引が横行するブラジルでは、麻薬取締専属部隊セナードによる取り締まりが行われていましたが、内通者により麻薬組織にはめられ、大失態を演じてしまいました。そこで軍人で元大佐にヘルナンデスをトップに迎え、メンバーを一新したセナード部隊は、麻薬王サルセドファミリーに挑みますが…という内容のクライムアクション映画です。
監督:ロドリゴ・サロモン、ピエトロ・スカピーニ 出演:ルイス・アヒレ(ゴロスチアガ)、アンドレア・クアトロッキ(ベティ)、シルビオ・ロダス(フェルナンデス)、フェリックス・メディナ(イバニエス)ほか

「ジーンズブルース 明日なき無頼派」のネタバレあらすじ結末

ジーンズブルース 明日なき無頼派の紹介:1974年日本映画。人殺しの金を奪った男と、明日に希望の無い雇われママの女が車の衝突事故で出会い、強盗と殺人を繰り返しながら逃亡生活を続けるという日本版「俺たちに明日はない」というべき、東映の青春犯罪アクション映画です。
監督:井坂聡 出演者:梶芽衣子(聖子)、渡瀬恒彦(片桐次郎)、堀越陽子(百合子)、橘麻紀(マリ)、室田日出男(早川)、菅貫太郎(マスター)、山本麟一(堀田)、内田良平(本郷)、川谷拓三(石松)ほか

「地獄の曲り角」のネタバレあらすじ結末

地獄の曲り角の紹介:1959年日本映画。ホテルマンとして働く男が、ホテルでの不倫の会話を録音し、ゆすって小遣い稼ぎをしていましたが、ホテルで起こった殺人事件現場で、半分に切断された鍵を拾い、その鍵が1億5千万円の収賄事件の不明金が絡んでいることを知り、金を自分のものにしようと悪の道へ走っていくという日活のアクション映画です。
監督:蔵原惟繕 出演者:葉山良二(牧)、南田洋子(貴子)、稲垣美穂子(章子)、大泉滉(ニシ)ほか

「スペーストラベラーズ」のネタバレあらすじ結末

スペーストラベラーズの紹介:2000年日本映画。「踊る大捜査線」の本広克行監督が人気お笑いグループジョビジョバの舞台を映画化したのが本作です。銀行強盗に入った3人組がちょっとした手違いで人質も巻き込んだ大きな事件に発展させていくコメディタッチのストーリーです。
監督:本広克行 出演:金城武(西山保)、深津絵里(相田みどり)、安藤政信(藤本誠)、池内博之(高村功)、濱田雅功(野々村清)、渡辺謙(坂巻隼人)、筧利夫(深浦巧一)、鈴木砂羽(深浦公子)、甲本雅裕(清水考広)、武野功雄(倉沢慎太郎)、中山仁(須藤正義)、ガッツ石松(庄田義政)、大杉漣(常田宣一)、ほか

「モスラ」のネタバレあらすじ結末

モスラの紹介:1961年日本映画。台風で座礁した船からインファント島へたどり着いた乗組員たちが救助され、無人島であるはずの島に原住民がいた話をしたことから、調査団が訪れ、小美人を発見しました。この小美人で金儲けを企むネルソンらが日本へ連れ帰った為、モスラが現れ、小美人を助けに来て暴れるという内容の東宝怪獣映画です。ゴジラ、ラドンに次ぐ怪獣キャラクターもので、日米合作という事もあり、当時の製作費2億円という超大作に仕上がっています。
監督:本多猪四郎 (本編)、円谷英二 (特技) 出演者:フランキー堺(福田善一郎)、小泉博(中条信一)、香川京子(花村ミチ)、田山雅充(中条信二)、伊藤ユミ(小美人)、伊藤えみ(小美人)、上原謙(原田博士)、ジェリー伊藤(クラーク・ネルソン)ほか

「バニシング」のネタバレあらすじ結末

バニシング(別題:ダーティ・デカまかりとおる!)の紹介:1976年イタリア映画。ローマを舞台にした麻薬組織を壊滅させようと暴れまわる二人の刑事の活躍を描いたバディアクション。目的を達成するためなら何でもするという主人公フレッドとトニーの破天荒ぶりが見ていて爽快で注目すべき所です。
監督:ルッジェロ・デオダート 出演:レイ・ラヴロック(トニー)、マルク・ポレル(フレッド)、アドルフォ・チェリ(刑事部長)、レナート・サルヴァトーリ(パスキーニ)、シルヴィア・ディオニシオ(ノーマ)、フランコ・チッティ(ルディ)、マリノ・マッセ(リック)、ブルーノ・コラッツァリ(モランディ)、フラヴィア・ファビアーニ(リナ)、ほか

「ハーバークライシス 都市壊滅」のネタバレあらすじ結末

ハーバー・クライシス 都市壊滅の紹介:2014年台湾映画。ハイジャック事件解決でヒーローとなったウー刑事は、ハーバーシティで起こる連続自爆事件に巻き込まれ、若いチェン刑事と共に捜査を続けることになりました・・という台湾のCGを駆使したド派手アクション映画です。
監督:ツァイ・ユエシュン 出演者:マーク・チャオ(ウー・インション)、ケニー・リン(チェン・チェン)、ホアン・ボー(シュー・ダーフー)、チャン・チュンニン(ラン・シーイン)、シュウ・ジエカイ(ホァン)、テリー・クァン(シャオチン)、ツァイ・ユエシュン(ナイトウォーカー指揮官ラン・シーエン)ほか

「KARATE KILL/カラテ・キル」のネタバレあらすじ結末

KARATE KILL/カラテ・キルの紹介:2016年日本映画。女優になる為にアメリカに行った妹が音信不通になり、単身アメリカへ探しに行った空手家のケンジは、妹がカルト教団に捕らわれていることがわかりました。この教団は殺戮集団で、過去に教団を逃げ出したケイコと手を組み、教団に乗り込んでいくと言う話です。ロス在住の光武蔵人監督による、全編アメリカ撮影のスプラッターアクション映画です。
監督:光武蔵人 出演者:ハヤテ(ケンジ)、紗倉まな(マユミ)、亜紗美(ケイコ)、カーク・ガイガー(バンデンスキー)、カタリナ・リー・ウォーターズ(シモーナ)、トム・ボス(ベニング)、鎌田規昭(店)、デビッド・サクライ(剣豪)ほか

1 2 3 4 5 69
TOP↑