アクション映画のネタバレ

「陰謀のスプレマシー」のネタバレあらすじ結末

陰謀のスプレマシー(別題:ザ・ターゲット/陰謀のスプレマシー)の紹介:2012年アメリカ,カナダ,ベルギー映画。「この世界は〈陰謀〉で満ちている」で、突如人生を抹消され、愛娘を誘拐され、自らも暗殺のターゲットとされた元CIA工作員が全てを賭けて巨大組織に挑む姿を描いたサスペンス・アクション映画です。
監督:フィリップ・シュテルツェル 出演:ベン・ローガン(アーロン・エッカート)、アンナ・ブラント(オルガ・キュリレンコ)、エイミー・ローガン(リアナ・リベラト)、デレク・コーラー(ニール・ネイピア)、ハルゲート(ギャリック・ヘイゴン)、ほか

「曇天に笑う」のネタバレあらすじ結末

曇天に笑うの紹介:2018年日本映画。「月刊コミックアヴァルス」で掲載された人気漫画「曇天に笑う」を「踊る大捜査線」の本広克行監督が実写映画化。曇神社に住む曇三兄弟は、300年に一度現れる邪悪な存在「オロチ」を撃退する為に立ち上がる。主演は「あまちゃん」「ストロボ・エッジ」の福士蒼汰。
監督:本広克行 出演:福士蒼汰(曇天火)、中山優馬(曇空丸)、古川雄輝(安倍蒼世)、桐山漣(金城白子)、大東駿介(鷹峯誠一郎)、小関裕太(永山蓮)、市川知宏(武田楽鳥)、加治将樹(犬飼善蔵)、若山耀人(曇宙太郎)、池田純矢(迅影 / 風魔一族)、若葉竜也(霧生 / 風魔一族)、奥野瑛太(雷牙 / 風魔一族)、東山紀之(岩倉具視)、ほか

「レフト・ビハインド」のネタバレあらすじ結末

レフト・ビハインドの紹介:2013年アメリカ映画。ティム・ラヘイとジェリー・ジェンキンズが“ヨハネの黙示録”をモチーフとして共同著作した同名ベストセラー小説を映画化したパニック映画です。突如として数百万人もの人々が忽然と姿を消し、世界に“終末”が迫り来る様を旅客機パイロットとその娘の視点から描いています。
監督:ヴィク・アームストロング 出演者:ニコラス・ケイジ(レイフォード・スティール)、チャド・マイケル・マーレイ(キャメロン・”バック“・ウィリアムズ)、キャシー・トムソン(クローイ・スティール)、ニッキー・ウィーラン(ハティー・ダーハム)、ジョーダン・スパークス(シャスタ・カーヴェル)ほか

「キングダム・オブ・ヘブン」のネタバレあらすじ結末

キングダム・オブ・ヘブンの紹介:2005年アメリカ映画。聖地エルサレムを巡ってエルサレム王・イスラム王・十字軍が抗争を繰り広げた中世、鍛冶屋となっていた騎士の子が立ち上がり、たった一人でエルサレムの防衛に成功した史実を忠実に描いた歴史スペクタクル巨編です。
監督:リドリー・スコット 出演者:オーランド・ブルーム(バリアン・オブ・イベリン)、エヴァ・グリーン(シビラ)、リーアム・ニーソン(ゴッドフリー・オブ・イベリン)、ジェレミー・アイアンズ(ティベリウス卿)、マートン・チョーカシュ(ギー・ド・リュジニャン)、エドワード・ノートン(ボードゥアン4世)、ハッサン・マスード(サラディン)ほか

「いつかギラギラする日」のネタバレあらすじ結末

いつかギラギラする日の紹介:1992年日本映画。神崎が率いる強盗団は、幾つもの銀行を襲い、大金を略奪したが一度の逮捕されず潜伏し、ほとぼりが冷めるのを待った。北海道に潜伏している仲間から良い仕事があると呼び出され、仲間が引き込んだ若者、角町の情報従い強盗を計画、実行に移し成功したが、獲物の総額5千万円と予定の四分の一しか手に入らず、それが元で角町が裏切り、金を独り占めした。仲間を殺され金を奪われた神崎は落とし前をつけるべく、地元のヤクザ、警察を巻き込み角町に襲い掛かる。深作欣二監督の下、北海道で荻原健一と木村一八が凶暴なまでに銃撃戦とカーチェイスを繰り広げるクライムアクション映画、
監督:深作欣二 出演者:萩原健一(神崎)、木村一八(角町)、千葉真一(柴)、荻野目慶子(麻衣)、多岐川裕美(美里)、石橋蓮司(井村)、原田芳雄(野地)、安岡力也、樹木希林、ほか

「サバイバー」のネタバレあらすじ結末

サバイバーの紹介:2015年アメリカ,イギリス映画。この作品は「たった1人で100万人を救えるか!?」というキャッチコピーで、テロリストの容疑者とされた女性外交官が政府当局や暗殺者から追われつつも、アメリカ史上最大のテロ計画を阻止するため、単身で立ち向かう姿を描いたサスペンス・アクション映画です。
監督:ジェームズ・マクティーグ 出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ(ケイト・アボット)、ピアース・ブロスナン(“時計屋”)、ディラン・マクダーモット(サム・バーカー)、アンジェラ・バセット(クレイン大使)、ロバート・フォスター(ビル)、ジェームズ・ダーシー(サンダーソン警部)、フランシス・デ・ラ・トゥーア(サリー)、ほか

「ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝」のネタバレあらすじ結末

ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝の紹介:2011年中国映画。この作品は『ドラゴン・イン/新龍門客棧』(1992年)の後日譚で、前作の3年後の設定となっている作品です。「60年に一度、“黄金の都”は砂漠に甦る。」というキャッチで、60年に一度姿を現わすという伝説の黄金都市とその秘宝を巡って、豪傑たちが壮絶な戦いを繰り広げる様をワイヤーアクションと3Dを駆使して描いた迫力満載の歴史武侠冒険活劇です。
監督:ツイ・ハーク 出演:ジェット・リー(ジャオ)、ジョウ・シュン(リン)、チェン・クン(ユー/フォン)、グイ・ルンメイ(チャン)、リー・ユーチュン(グー)、メイヴィス・ファン(スー)、ほか

「鷲と鷹(1957年)」のネタバレあらすじ結末

鷲と鷹の紹介:1957年日本映画。井上梅次監督が自らのオリジナル脚本を元に演出した海上ミステリー・アクション。専属契約を結んでいたため日活の作品への出演の多かった三國連太郎が、珍しく石原裕次郎と共演した点も魅力。のちに裕次郎作品を多く手がける舛田利雄が助監督を務めている。
監督:井上梅次 出演:石原裕次郎(野村千吉)、三國連太郎(佐々木)、浅丘ルリ子(明子)、月丘夢路(朱実)、長門裕之(吾郎)、二本柳寛(鬼鮫)、ほか

「最も危険な遊戯」のネタバレあらすじ結末

最も危険な遊戯の紹介:1978年日本映画。ハードボイルドアクション「遊戯シリーズ」の第一作。主役の鳴海を演じる全盛期の松田優作の魅力と脚本の妙も手伝って、低予算ながら大ヒットを記録しました。
監督:村川透 出演:松田優作(鳴海昌平)、田坂圭子(田坂杏子)、荒木一郎(桂木彰)、内田朝雄(小日向兵衛)、草野大悟(土橋卓)、見明凡太郎(足立精四郎)、市地洋子(綾乃)、名和宏(居郷忠司)、入江正徳(南条信隆)、片桐竜次(植田)、山西道広(梶井)、ほか

「ファイト・バック・トゥ・スクール」のネタバレあらすじ結末

ファイト・バック・トゥ・スクールの紹介:1991年香港映画。少林サッカーで有名になったチャウ・シンチー主演のドタバタアクションコメディです。警察署長の拳銃を取り戻すために高校生に成りすましておとり捜査をするという内容です。どう見ても高校生に見えないチャウ・シンチーのキャラが光る作品です。
監督:ゴードン・チャン 出演者:チャウ・シンチー(チャウ・シンシン)、ン・マンタ(チョウ・ダッワー)、チョン・マン(先生)、ロイ・チョン、ウォン・ヤッサン 、バリー・ウォン(署長)ほか

「ノンストップ・バディ」のネタバレあらすじ結末

ノンストップ・バディ 俺たちには今日もないの紹介:2014年ドイツ映画。真面目に生きてきた銀行員と銀行強盗に来たナッポの出会いがきっかけに人生があれよあれよと変わっていく銀行員ティルの物語。
監督:ペーター・トアヴァルト 出演:モーリッツ・ブライブトロイ(ナッポ)、アクセル・シュタイン(ティル)、ヤスミン・ゲラート(ナディーン)、アンナ・マリア・ミューエ(ミリアム)、ネレ・キッパー、ベン・ルェディンガー、ほか

「ブラックパンサー」のネタバレあらすじ結末

ブラックパンサーの紹介:2018年アメリカ映画。アフリカにある神秘の国ワカンダ。若くして国王となったティ・チャラはブラックパンサーとして国を守るヒーローでもある。2016年の映画『シビル・ウォー / キャプテン・アメリカ』でスタイリッシュなアクションと優れた人柄で登場しファンの心を掴んだ。この謎めいたキャラクターの誕生秘話と新たな戦いを描いた作品。彼の物語は次回の大作『アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』へとつながる。
監督:ライアン・クーグラー 出演:チャドウィック・ボーズマン(ティ・チャラ / ブラックパンサー)、マイケル・B・ジョーダン(エリック・キルモンガー)、ルピタ・ニョンゴ(ナキア)、ダナイ・グリラ(オコエ)、マーティン・フリーマン(エヴェレット・ロス捜査官)、ダニエル・カルーヤ(ウカビ)、ほか

「シャークネード5 ワールドタイフーン」のネタバレあらすじ結末

シャークネード5 ワールド・タイフーンの紹介:2017年アメリカ映画。「シャーク(サメ)」と「トルネード(台風)」が合体した人類の脅威“シャークネード”に立ち向かう人々を描いたB級パニック・アクションシリーズの第5弾です。かつて何度も人類の危機を救ってきた男とその家族が、シャークネード打倒の鍵を握る秘宝と共に世界中を駆け回ります。
監督:アンソニー・C・フェランテ 出演者:アイアン・ジーリング(フィン・シェパード)、タラ・リード(エイプリル)、カサンドラ・スケルボ(ノヴァ)、ビリー・バラット(ギル)、クリス・カッテン(レイヴンウッド首相)ほか

「ヒットマン:エージェント47」のネタバレあらすじ結末

ヒットマン:エージェント47の紹介:2015年アメリカ,ドイツ,イギリス映画。人気ゲームを映画化した『ヒットマン』(2007年公開)をリブートしたスタイリッシュ・アクション作品です。DNA操作により生み出された完全無欠の凄腕暗殺者が、48時間以内にある女性を見つけるという任務を課せられたことから壮絶な抗争に巻き込まれていきます。
監督:アレクサンダー・バッハ 出演者:ルパート・フレンド(エージェント47)、ハンナ・ウェア(カティア・ヴァン・ディース)、ザッカリー・クイント(ジョン・スミス)、キアラン・ハインズ(ペトロ・リトヴェンコ)、トーマス・クレッチマン(アントワーヌ・ルクレーク)ほか

「ザ・レイド」のネタバレあらすじ結末

ザ・レイドの紹介:2011年インドネシア映画。インドネシアの麻薬王が支配している高層ビルが舞台となりギャングたちとSWATが熾烈な銃撃戦や肉弾戦を繰り広げる驚愕のアクション作品。『スター・ウォーズ7/フォースの覚醒』出演まで果たしたヤヤン・ルヒアンの切れ味抜群のシラットと呼ばれる武術アクションは必見です。
監督:ギャレス・エヴァンス 出演:イコ・ウワイス(ラマ)、ヤヤン・ルヒアン(マッド・ドッグ)、ジョー・タスリム(ジャカ)、ドニー・アラムシャー(アンディ)、レイ・サヘタピー(タマ・リヤディ)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 53
TOP↑