アクション映画のネタバレ

「ガンズ・アンド・ストレンジャー」のネタバレあらすじ結末

ガンズ・アンド・ストレンジャーの紹介:2012年アメリカ映画。麻薬取引現場を押さえる為、車で向かった4人の刑事でしたが、罠にはめられ銃撃を受け3人が射殺されます。生き残った男は、ギャング達を殺し、金を奪ってメキシコに入国しエルフロンテラスという町に入ります。しかしこの町は、よそ者を排除する習慣があり、誰一人水一杯すら飲ませてくれませんでした。そんな中、バーを経営するアナだけは男に飲み物を与え、男の手助けをしますが、町のギャング達や保安官が嫌がらせをはじめ…という内容の西部劇風アクション映画です。
監督:エドゥアルド・ロドリゲス 出演者:スコット・アドキンス(男)、クリスチャン・スレイター(ウエスト)、イヴェット・イエーツ(アナ)、ザハリー・バハロフ(保安官)ほか

「オールド・ガード」のネタバレあらすじ結末

オールド・ガードの紹介:2020年アメリカ映画。アンディを筆頭とした謎の特攻部隊4人組は、不死の身体を持っており、人類のために歴史の影で戦い続けていました。その情報を聞きつけた製薬会社のCEOメリックがその部隊に目をつけ、新たな薬を開発して一儲けするべくアンディたちを狙います。一方その頃、200年ぶりに新たな不死の身体をもつものが現われ、アンディは仲間に向かえようと尽力します。
監督:ジーナ・プリンス=バイスウッド 出演:シャーリーズ・セロン(アンディ)、キキ・レイン(ナイル・フリーマン)、マティアス・スーナールツ(ブッカー)、マーワン・ケンザリ(ジョー)、ルカ・マリネッリ(ニッキー)、キウェテル・イジョホー(コプリー)、ハリー・メリング(スティーブン・メリック)、ゴー・タイン・バン(クイン)、ほか

「リベンジャー 処刑人」のネタバレあらすじ結末

リベンジャー 処刑人の紹介:2016年フランス映画。殺人犯を捕えて射殺した殺人罪で6年間服役した元捜査官のフランクは、金で人殺しもする裏稼業をやっていました。ある日カミーユという女性に妹を探してくれと頼まれ、フランクは妹を殺したエリックという人物を見つけ殺します。しかしエリックが麻薬を牛耳るギャングのボス・アンテックの弟だったことからフランクは命を狙われ始め…というフランス発のバイオレンス映画です。
監督:ステファヌ・ロケ 出演者:ジャン=イブ・ブルジョワ(フランク)、マリー・デルマ(カミーユ)、エマニュエル・ボナミ(アンテック)、パトリック・メディオニグ(ベルナール)、ザビエ・ペレス(エリック)ほか

「群狼大戦」のネタバレあらすじ結末

群狼大戦(原題:獵魔群英)の紹介:1990年香港映画。犯罪組織のフォン一味を取り締まるため、警察は麻薬取引が行われる遊園地を張り込んでいました。準備が整った時、募金活動の女学生に邪魔され一味を取り逃がしてしまいます。その後、フォン一味と取引をする予定だった売人らが殺されると、フー警部に、募金活動をしていた女性が協力を求めに来て…という香港発のカンフーガンアクション映画です。この撮影のラストで、スタントなしで演じたムーン・リーとシベール・フーが爆発による重傷を負い入院しましたが、そのシーンがそのまま劇中で使われているといういわくつきの作品です。
監督:ジミー・ウォン 出演者:ムーン・リー(リー)、シベール・フー(フー刑事)、レイ・ルイ(ユエ)、アレックス・マン(ツサン)ほか

「ジェノサイド・ゲーム」のネタバレあらすじ結末

ジェノサイド・ゲームの紹介:2014年オーストラリア映画。リビアの独裁者を暗殺したタイラーは刑務所に投獄されていました。3年後、元上官で大将の命令で釈放されたタイラーは、生中継で殺し合いをする人気テレビ番組『ターキーシュート』への出演が待っていました。そこには元同僚がシューターとしてタイラーを狙っていました。やがて余命宣告された大将は、タイラーの元恋人のウィリアム少佐にタイラー投獄の真実を話すと、ウィリアムはヘリでタイラーの救出に向かい…というアクションサスペンス映画です。
監督:ジョン・ヒューイット 出演者:ドミニク・パーセル(リック・タイラー)、ヴィヴァ・ビアンカ(ウィルソン少佐)、ロバート・テイラー(ラムロッド)、ニコラス・ハモンド(サッチャー大将)、ベリンダ・マックローリー(バクスター)ほか

「悪名桜」のネタバレあらすじ結末

悪名桜の紹介:1966年日本映画。堅気になり焼き鳥屋をやり始めた元ヤグザの朝吉と清次でしたが、愚連隊の猛をかくまった事から、地元の大鯛組と新興勢力のABC会の抗争に巻き込まれてしまいます。愚連隊の猛は、町の土地を牛耳る大地主で質屋の沢村の息子でした。大鯛組とABC会は沢村の利権を奪い合い抗争が起こり、住人が犠牲になりました。怒りに燃える朝吉は遂に立ち上がりますが…という大映の「悪名」シリーズの13作目です。
監督:田中徳三 出演者:勝新太郎(朝吉)、田宮二郎(清次)、市原悦子(菊枝)、藤岡琢也(乾)、沢村貞子(房枝)、多々良純(沢村亀之助)、酒井修(猛)、須賀不二男(後藤)ほか

「メッセージマン」のネタバレあらすじ結末

メッセージマンの紹介:2018年インドネシア,オーストラリア映画。リタイアした凄腕の殺し屋ライアンは、のんびり過ごすためジャカルタの小島にやって来ます。島でドーニという少年と仲良くなったライアンは、ドーニの家族とも気心がふれあうようになります。しかし、島に女や金を奪いに来る海賊の車にドーニが撥ねられ、そのはずみで海賊を殺してしまったライアンは、海賊たちに命を狙われるハメになってしまい…という内容のバイオレンス映画です。ホラー映画並みの残虐シーンも満載で、隠れた良作と言えます。
監督:コーリー・パーゾン 出演者:ポール・オブライエン(ライアン)、ヴェルディ・ソライマン(リー)、アジ・サントサ(ドーニ)、マイク・ルイス(スナイパー)ほか

「クリッシュ」のネタバレあらすじ結末

クリッシュの紹介:2013年インド映画。インドで大人気を博した仮面のスーパーヒーローによるアクションSF映画。本作はシリーズ3作目である「Krrish3」にあたる。正統派ヒーロー映画だった前作までからコメディ路線に大幅転向し、アメリカでも初登場14位という快挙を成し遂げた。
監督: ラケシュ・ローシャン 出演者:リティク・ローシャン(クリシュナ・メーラ/クリッシュ/ロヒト・メーラ)、ヴィヴェーク・オベロイ(カール)、プリヤンカ・チョープラー(プリヤ・メーラ)、カングナ・ラナウト(カヤ), アリフ・ザカリア(ヴァルン・シェッティ博士)、アシフ・バサラ(アロク・セン博士)、ほか

「雄呂血」のネタバレあらすじ結末

雄呂血の紹介:1925年日本映画。久利富平三郎こと坂東妻三郎が、堪えに堪えたあげく、最後に刀を振りかざして、敵役を叩き斬る凄まじいラストシーンが用意されています。並みの芸当ではない坂妻の殺陣と運動能力がこの映画の迫力を生み出していますが、のちのチャンバラ時代劇に大きな影響を与えたと言われる殺陣シーンもさることながら、誤解と曲解から道を逸れていく男の哀しい横顔を映して阪東妻三郎の名演が光ります。
監督: 二川 文太郎 出演者:阪東妻三郎(久利富平三郎)、(漢学者・松澄永山)、環歌子(娘・奈美江)、春路謙作(夫・江崎真之丞)、山村桃太郎(浪岡真八郎)、 中村琴之助(二十日鼠の幸吉)、嵐しげ代(にらみの猫八)、安田善一郎(うすばかの三太)、森静子(お千代)ほか

「狂武蔵」のネタバレあらすじ結末

狂武蔵の紹介:2012年日本映画。映画『キングダム』で最強の敵・左慈を演じ主演の山﨑賢人と死闘を繰り広げた坂口拓。彼が2011年に撮っていた77分ワンカットの剣術アクション映画があった。様々な事情で未完のままお蔵入りしていたその映画が、クラウドファンディングの支援によりついに完成し公開された。監督は『キングダム』でアクション監督を努めた下村勇二。坂口とは20年来の盟友だ。今回新たに追加撮影されたシーンに『キングダム』で共演した山﨑賢人が出演したことにより、映画に華やかさがプラスされ全体的に締まった印象になった。
監督:下村勇二 撮影監督:長野泰隆 原案協力:園子温 キャスト:TAK∴<坂口拓>(宮本武蔵)、山﨑賢人(忠助)、斎藤洋介、樋浦勉、山中アラタ、ほか

「マイ・スパイ」のネタバレあらすじ結末

マイ・スパイの紹介:2020年アメリカ映画。格闘能力に優れながらも頭を使う仕事が苦手なアメリカCIAのスパイが、ひょんなことから9歳の女の子と手を組んで凶悪テロリストに立ち向かう姿を描いたアクション・コメディ映画です。主演は「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」などのデイヴ・バウティスタが務め、監督は『ナッティ・プロフェッサー2 クランプ家の面々』や後に日本でもリメイクされた『50回目のファースト・キス 』オリジナル版を手掛けたピーター・シーガルが務めています。本作は日本では2020年1月に劇場公開されましたが、本国アメリカでは数度の公開延期や新型コロナウイルス問題などを受けてネット配信に切り替えられました。
監督:ピーター・シーガル 出演者:デイヴ・バウティスタ(JJ)、クロエ・コールマン(ソフィー・ニュートン)、クリステン・シャール(ボビー・オルト)、パリサ・フィッツ=ヘンリー(ケイト・ニュートン)、ケン・チョン(キム局長)、グレッグ・ブリック(ヴィクター・マルケス)、デヴェレ・ロジャース(カルロス)、オリヴィア・デパティ(セルマ)ほか

「ボス その男シヴァージ」のネタバレあらすじ結末

ボス その男シヴァージの紹介:2007年インド映画。「ロボット」で一躍名を馳せたタミル映画のヒットメイカーS・シャンカールが、「ムトゥ踊るマハラジャ」などで日本でも有名となった大スター、ラジニカーントととタッグを組んだ一作。本作ではインド映画らしい喜劇や娯楽要素を絡めながらも、汚職や格差など深刻なインド社会の問題を正面から描き出している。
監督:S・シャンカール 出演者:ラジニカーント(シヴァージ)、シュリヤ・サラン(タミルセルヴィー)、ヴィヴェーク(アリヴ)、スマン(アーディセーシャン)、ラグヴァラン(チェジアン博士)、マニヴァンナン(アルムガム)、コーチン・ハニーファ(クザンダイヴェル)、ソロモン・パッパイアー(トンダイマン)ほか

「食神」のネタバレあらすじ結末

食神の紹介:1996年香港映画。「少林サッカー」で日本でも一躍名を馳せた香港の映画監督兼俳優、チャウ・シンチーの初期作品である。日本の漫画「ミスター味っ子」などに影響を受けながらも、香港映画らしい劇的な誇張に満ちた独自の喜劇世界を作り上げている。
監督:チャウ・シンチー 出演者:チャウ・シンチー(周)、カレン・モク(フォウガイ)、ヴィンセント・コク(トン)、ン・マンタ(エリック)、レイ・シウゲイ(ゴウタウ)、ナンシー・シット(ミス・ナンシー)、タッツ・ラウ(夢精大師)、ロー・カーイン(食神コンテストの司会者)、スティヴン・アウ(料理の鉄人の司会者)、ほか。

「沈黙のアフガン」のネタバレあらすじ結末

沈黙のアフガンの紹介:2016年アメリカ映画。最強のオヤジ、戦場降臨―――。スティーヴン・セガール主演の『沈黙シリーズ』第43作となる本作はアメリカ軍とタリバンが戦っていた2010年のアフガニスタンの山岳地帯を舞台に、敵兵に包囲されたアメリカ軍のベテラン狙撃手と彼を救出に向かう戦友たちの戦いを描いた戦争アクション作品です。
監督:フレッド・オーレン・レイ 出演者:スティーヴン・セガール(ジェイク・チャンドラー)、ティム・アベル(ヴィック・モスビー)、ロブ・ヴァン・ダム(ヴァスケス)、デイル・ダイ(ジャクソン中佐)、シャーリーン・アモイア(ジャネット・コンラッド)、ダニエル・ブッコ(リッチ)、ジェイソン=シェーン・スコット(タイラー)、スコット・トーマス・レイノルズ(ジェニングス)、アンソニー・バターズ(バシール)、ジェラルド・ウェッブ(マーカス)、シャーリー・ナシミ(アブドゥル・アバド)ほか

「沈黙の傭兵」のネタバレあらすじ結末

沈黙の傭兵の紹介:2006年アメリカ映画。スティーヴン・セガールの主演映画シリーズ『沈黙シリーズ』の通算11作目となるアクション作品です。セガール演じる歴戦の凄腕傭兵はアメリカCIAが仕組んだ軍事行動で親友を失い、さらには親友の家族を盾に危険な任務を迫られることに…。
監督:ドン・E・ファンルロイ 出演者:スティーヴン・セガール(ジョン・シーガー)、ジャクリーン・ロード(マキシン・バーノル)、ロジャー・グーンヴァー・スミス(アンソニー・チャペル)、ルーク・ゴス(ジョン・ドレシャム)、マイケル・ケネス・ウィリアムズ(サミュエル・ケイ)、エイドリアン・ギャレイ(ブルドッグ)、ラングレー・カークウッド(クルーガー)、レスリー=アン・ダウン(ニュースキャスター)ほか

1 2 3 4 5 6 84

キーワードから探す

TOP↑