バットマンシリーズのネタバレ

バットマンシリーズのネタバレあらすじと結末の作品一覧です。バットマンシリーズのストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「ジョーカー」のネタバレあらすじ結末

ジョーカーの紹介:2019年アメリカ映画。『バットマン』の悪役として有名なジョーカーの誕生物語。大都会ゴッサム・シティで道化師として暮らしていた一人の孤独な男アーサー・フレック。ピエロメイクの大道芸人として、病弱な母を支える心優しい面もあり、同じアパートに住むソフィーに好意を抱いている。どんな時も笑顔で人々を楽しませなさいと言う母の言葉通り、コメディアンを目指してドン底から抜け出そうとするアーサーが、なぜ巨大な悪のカリスマ『ジョーカー』へと変貌したのか。切なくも衝撃的真実の物語。「ジョーカー」はヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を獲得。リヴァー・フェニックスの弟で、8歳で俳優デビューを飾ったホアキン・フェニックスは本作で「キャリア史上最高の演技」と称賛された。
監督:トッド・フィリップス 出演:ホアキン・フェニックス(アーサー・フレック/ジョーカー)、ロバート・デ・ニーロ(マレー・フランクリン)、ザジー・ビーツ(ソフィー・デュモンド)、フランセス・コンロイ(ペニー・フレック)、ブレット・カレン(トーマス・ウェイン)、ダグラス・ホッジ(アルフレッド・ペニーワース)、ダンテ・ペレイラ=オルソン(ブルース・ウェイン)ほか

「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」のネタバレあらすじ結末

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生の紹介:2016年アメリカ映画。DCコミックスの「ジャスティスリーグ」を原作とする作品で、バットマンとスーパーマンという2大スーパーヒーローの対峙、その裏に隠された陰謀、そしてもうひとりのスーパーヒーロー「ワンダーウーマン」の登場を壮大なスケールで描いた作品です。
監督:ザック・スナイダー 出演:ベン・アフレック(ブルース・ウェイン/バットマン)、ヘンリー・カヴィル(クラーク・ケント/スーパーマン)、ジェシー・アイゼンバーグ(レックス・ルーサー)、ジェレミー・アイアンズ(アルフレッド)、ガル・ガドット(ワンダーウーマン)ほか

「ダークナイトライジング」のネタバレあらすじ結末

ダークナイト ライジングの紹介:2012年アメリカ映画。DCコミックスが誇るアメコミヒーローの代名詞「バットマン」の劇場版第7作にして、傑作と名高いクリストファー・ノーラン監督の「ダークナイト」三部作の最終章となる超大作です。前作「ダークナイト」の衝撃から8年後のゴッサムシティを舞台に、街に君臨しようとする最強の敵ベインを相手に、前作の事件により世間から完全に姿を消していたバットマンが立ち上がります。CGを極力使わずに撮影された壮大な映像美と世界観、そして前作をも遥かに超える衝撃のラストに注目です。
監督:クリストファー・ノーラン 出演:クリスチャン・ベール(ブルース・ウェイン/バットマン)、マイケル・ケイン(アルフレッド・ペニーワース)、ゲイリー・オールドマン(ジェームズ・“ジム”・ゴードン)、ジョセフ・ゴードン=レヴィット(ジョン・ブレイク/ロビン)、モーガン・フリーマン(ルーシャス・フォックス)、アン・ハサウェイ(セリーナ・カイル/キャットウーマン)、マリオン・コティヤール(ミランダ・テイト/タリア・アル・グール)、キリアン・マーフィー(ジョナサン・クレイン/スケアクロウ)、ベン・メンデルソーン(ジョン・ダゲット)、リーアム・ニーソン(ラーズ・アル・グール)、トム・ハーディ(ベイン)ほか

「ダークナイト」のネタバレあらすじ結末

ダークナイトの紹介:2008年アメリカ映画。新生バットマンシリーズのダークナイト三部作で「バットマン・ビギンズ」に続く第2作目。ダークナイトはアメコミ作品を凌駕した作品として社会現象となった作品です。ジョーカーを演じた故ヒース・レジャーがアカデミー賞助演男優賞を受賞したことでも話題になりました。
監督 :クリストファー・ノーラン 出演:クリスチャン・ベイル(ブルース・ウェイン/バットマン)、ヒース・レジャー(ジョーカー)、アーロン・エッカート(ハービー・デント検事/トゥーフェイス)、ゲイリー・オールドマン(ゴードン警部補)、マイケル・ケイン(アルフレッド)、ケイティ・ホームズ(レイチェル・ドーズ)、モーガン・フリーマン(フォックス)ほか

「バットマン ビギンズ」のネタバレあらすじ結末

バットマン ビギンズの紹介:2005年アメリカ映画。DCコミックスの人気ヒーロー『バットマン』の実写映画シリーズ作であり、これまでの前4作からスタッフ・キャスト・設定などを一新したリブートシリーズ「ダークナイト」三部作の第1作です。監督をクリストファー・ノーランが務め、主人公バットマンをクリスチャン・ベイルが演じます。本作は原作のエピソードの中から『The Man Who Falls』『バットマン:イヤーワン』『バットマン:ロングハロウィーン』を基とし、これまで語られることのなかったバットマンの誕生についての秘話を描いています。
監督:クリストファー・ノーラン 出演者:クリスチャン・ベイル(ブルース・ウェイン/バットマン)、マイケル・ケイン(アルフレッド・ペニーワース)、ゲイリー・オールドマン(ジェームズ・“ジム”・ゴードン巡査部長)、モーガン・フリーマン(ルーシャス・フォックス)、リーアム・ニーソン(ヘンリー・デュカード/ラーズ・アル・グール)、ケイティ・ホームズ(レイチェル・ドーズ)、キリアン・マーフィー(ジョナサン・クレイン/スケアクロウ)、渡辺謙(ラーズ・アル・グール(影武者))、トム・ウィルキンソン(カーマイン・ファルコーニ)、ルトガー・ハウアー(リチャード・アール)、マーク・ブーン・ジュニア(アーノルド・フラス刑事)、コリン・マクファーレン(ギリアン・B・ローブ警視総監)、ラリー・ホールデン(フィンチ検事長)、ジェラルド・マーフィー(フェイデン判事)、ライナス・ローチ(トーマス・ウェイン)、サラ・スチュワート(マーサ・ウェイン)、ガス・ルイス(ブルース・ウェイン(幼少期))、エマ・ロックハート(レイチェル・ドーズ(幼少期))、リチャード・ブレイク(ジョー・チル)、ジョン・ノーラン(ジョージ・フレデリックス)、ティモシー・ジョン・ブース(ミスター・ザーズ/ビクターザーズ)ほか

「バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲」のネタバレあらすじ結末

バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲の紹介:1997年アメリカ映画。アーノルド シュワルツェネッガーが初の悪役に臨んだ映画でもあり、ジョージクルーニーがコミカルなバットマン像を作り上げた作品。
監督:ジョエル・シューマカー 出演者:アーノルド・シュワルツェネッガー(Mr.フリーズ/ヴィクター・フライズ)、ジョージ・クルーニー(バットマン/ブルース・ウェイン)、クリス・オドネル(ロビン/ディック・グレイソン)、ユマ・サーマン(ポイズン・アイビー/パメラ・アイズリー)、アリシア・シルヴァーストーン(バットガール/バーバラ・ウィルソン)、マイケル・ガフ(アルフレッド・ペニーワース)、パット・ヒングル(ゴードン市警本部長)、エル・マクファーソン(ジュリー・マディソン)、ジョン・グローヴァー(ジェイソン・ウッドルー)、ほか

「バットマン フォーエヴァー」のネタバレあらすじ結末

バットマン フォーエヴァーの紹介:1995年アメリカ映画。DCコミックスの人気ヒーロー『バットマン』の実写映画シリーズ作であり、1989年公開の『バットマン』を起点とする四部作の第3作です。前作『バットマン リターンズ』(1992年)からスタッフ・キャストを一新、前2作のマイケル・キートンに代わってヴァル・キルマーがバットマンを演じ、よりファミリー層に向けた明るめのエンターテイメント路線に転換しています。本作よりバットマンの相棒ロビンが登場、ゴッサムシティを混乱に陥れる二大悪党のリドラーとトゥーフェイスとの闘いに身を投じていきます。
監督:ジョエル・シュマッカー 出演者:ヴァル・キルマー(ブルース・ウェイン/バットマン)、クリス・オドネル(リチャード・ジョン・ディック・グレイソン/ロビン)、トミー・リー・ジョーンズ(ハービー・デント/トゥーフェイス)、ジム・キャリー(エドワード・ニグマ/リドラー)、ニコール・キッドマン(チェイス・メリディアン博士)、マイケル・ガフ(アルフレッド・ペニーワース)、パット・ヒングル(ジェームズ・ゴードン総監)、ドリュー・バリモア(シュガー)、デビ・メイザー(スパイス)、エド・ベグリー・ジュニア(フレッド・スティックリー)、ルネ・オーベルジョノワ(バートン博士)、ジョー・グリファシ(銀行のガードマン)、ジョン・ファヴロー(アシスタント)、マイケル・ポール・チャン(幹部社員)、ドン・ウィルソン(ニュースキャスター)ほか

「バットマン リターンズ」のネタバレあらすじ結末

バットマン リターンズの紹介:1992年アメリカ映画。DCコミックスの人気ヒーロー『バットマン』の実写映画シリーズ作であり、前作『バットマン』(1989年)を起点とする四部作の第2作です。前作の監督:ティム・バートンと主演:マイケル・キートンが続投し、社会から虐げられた二人の哀しき怪人ペンギンとキャットウーマンの顛末をバットマンの視点から描いていきます。
監督:ティム・バートン 出演者:マイケル・キートン(ブルース・ウェイン/バットマン)、ミシェル・ファイファー(セリーナ・カイル/キャットウーマン)、ダニー・デヴィート(オズワルド・コブルポット/ペンギン)、クリストファー・ウォーケン(マックス・シュレック)、マイケル・ガフ(アルフレッド・ペニーワース)、パット・ヒングル(ジェームズ・ゴードン警視総監)、マイケル・マーフィー(ゴッサムシティ市長/メイヤー)、アンドリュー・ブリニアースキー(チャールズ ・“チップ”・シュレック)、ヴィンセント・スキャヴェリ(手回しオルガン師)、クリスティ・コナウェイ(氷の女王)、ジャン・フックス(ジェン)、ブランスコム・リッチモンド(ピエロ)、ポール・ルーベンス(タッカー・コブルポット卿)、ダイアン・サリンジャー(コブルポット夫人)、ショーン・ウェーレン(新聞の売り子)、スチュアート・ランカスター(ペンギンの博士)、フェリックス・シラ(皇帝ペンギン)ほか

「バットマン」のネタバレあらすじ結末

DCコミックスの人気漫画『バットマン』の実写映画で、1966年に公開された『バットマン/オリジナル・ムービー』以来23年ぶりとなる作品であり、本作を起点とする四部作の第1作です。『ビートルジュース』(1988年)でタッグを組んだティム・バートンとマイケル・キートンが再び手を組み、名優ジャック・ニコルソン扮する宿敵ジョーカーとキートン扮するバットマンの戦いがバートンの真骨頂であるダークファンタジーテイストで描かれていきます。本作は第62回アカデミー賞で美術賞を受賞しています。
監督:ティム・バートン 出演者:マイケル・キートン(ブルース・ウェイン/バットマン)、ジャック・ニコルソン(ジャック・ネイピア/ジョーカー)、キム・ベイシンガー(ヴィッキー・ベール)、マイケル・ガフ(アルフレッド・ペニーワース)、パット・ヒングル(ジェームズ・ゴードン警視総監)、ビリー・ディー・ウィリアムズ(ハービー・デント検事)、ジャック・パランス(カール・グリソム)、ロバート・ウール(アレクサンダー・ノックス)、ジェリー・ホール(アリシア・ハント)、トレイシー・ウォルター(ボブ)、リー・ウォレス(ボルグ市長)、ウィリアム・フットキンス(エクハート警部補)、ヒューゴ・ブリック(若き日のジャック・ネーピア)ほか

キーワードから探す

TOP↑