ホアキン・フェニックス映画一覧

ホアキン・フェニックスが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「インヒアレント・ヴァイス」のネタバレあらすじ結末

インヒアレント・ヴァイスの紹介:2014年アメリカ映画。マリファナ中毒の私立探偵ドックの目の前に、昔の恋人シャスタが現われた事からドックは巨大な悪の組織へと潜入する事になり、たくさんの犠牲者を目にし、助ける事になるというラブミステリーです。アメリカの覆面作家トマス・ピンチョンの探偵小説を映画化した作品。
監督:ポール・トーマス・アンダーソン 出演:ホアキン・フェニックス(ラリー・“ドック”・スポーテッロ)、ジョシュ・ブローリン(クリスチャン・F・“ビッグフット”・ビョルンセン警部補)、キャサリン・ウォーターストン(シャスタ・フェイ・ヘップワース)、リース・ウィザースプーン(ペニー・キンボル)、エリック・ロバーツ(ミッキー・ウルフマン)、セレナ・スコット・トーマス(スローン・ウルフマン)、マーティン・ショート(歯科医ドクター・ルーディ・ブラットノイド)、ほか

「ジョーカー」のネタバレあらすじ結末

ジョーカーの紹介:2019年アメリカ映画。『バットマン』の悪役として有名なジョーカーの誕生物語。大都会ゴッサム・シティで道化師として暮らしていた一人の孤独な男アーサー・フレック。ピエロメイクの大道芸人として、病弱な母を支える心優しい面もあり、同じアパートに住むソフィーに好意を抱いている。どんな時も笑顔で人々を楽しませなさいと言う母の言葉通り、コメディアンを目指してドン底から抜け出そうとするアーサーが、なぜ巨大な悪のカリスマ『ジョーカー』へと変貌したのか。切なくも衝撃的真実の物語。「ジョーカー」はヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を獲得。リヴァー・フェニックスの弟で、8歳で俳優デビューを飾ったホアキン・フェニックスは本作で「キャリア史上最高の演技」と称賛された。
監督:トッド・フィリップス 出演:ホアキン・フェニックス(アーサー・フレック/ジョーカー)、ロバート・デ・ニーロ(マレー・フランクリン)、ザジー・ビーツ(ソフィー・デュモンド)、フランセス・コンロイ(ペニー・フレック)、ブレット・カレン(トーマス・ウェイン)、ダグラス・ホッジ(アルフレッド・ペニーワース)、ダンテ・ペレイラ=オルソン(ブルース・ウェイン)ほか

「ゴールデン・リバー」のネタバレあらすじ結末

ゴールデン・リバーの紹介:2018年フランス,スペイン,ルーマニア,ベルギー,アメリカ映画。ブッカー賞を受賞したパトリック・デウィットの『シスターズ・ブラザーズ』を映画化した西部劇です。19世紀半ば、ゴールドラッシュに沸いた時代を舞台に、雇い主から所有物を奪った者を殺すよう依頼された殺し屋兄弟が標的を探しに度に出る様を描いています。
監督:ジャック・オーディアール 出演者:ジョン・C・ライリー(イーライ・シスターズ)、ホアキン・フェニックス(チャーリー・シスターズ)、ジェイク・ギレンホール(ジョン・モリス)、リズ・アーメッド(ハーマン・カーミット・ワーム)、ルトガー・ハウアー(コモドア)、キャロル・ケイン(ミセス・シスターズ)ほか

「ドント・ウォーリー」のネタバレあらすじ結末

ドント・ウォーリーの紹介:2018年アメリカ映画。酒におぼれ交通事故で半身不随になった青年は絶望的な精神になります。再び酒びたりの生活を送りますが、幸いにも右手が動く彼は、漫画を書くという仕事を持ち、友達から励まされながら過去の贖罪をはじめ、人間的に成長していきます。『ドント・ウォーリー』は新聞にユーモアあふれる漫画を書いたジョン・キャラハンのストーリー、酒を絶ちたい、人生に生きがいを見つけたい、過去の反省をして人間的に成長したい人にはおすすめの映画です。
監督:ガス・ヴァン・サント 出演:ホアキン・フェニックス(ジョン・キャラハン)、ジョナ・ヒル(ドニー)、ルーニー・マーラ(アヌー)、ジャック・ブラック(デクスター)、ほか

「アンダーカヴァー」のネタバレあらすじ結末

アンダーカヴァーの紹介:2007年アメリカ映画。エリート警察官一家に生まれながらも、父と同じく警察官への道を歩んだ兄と裏社会で生きることを選んだ弟が警察と裏社会を仕切るマフィアとの抗争に巻き込まれていく過程を描いた犯罪ドラマです。ダブル主演で兄弟を演じたホアキン・フェニックスとマーク・ウォールバーグは本作のプロデュースも手掛けています。
監督:ジェームズ・グレイ 出演者:ホアキン・フェニックス(ロバート・“ボビー”・グリーン)、マーク・ウォールバーグ(ジョセフ・“ジョー”・グルジンスキー)、エヴァ・メンデス(アマダ・ファレス)、ロバート・デュヴァル(アルバート・“バート”・グルジンスキー)、アレックス・ヴィードフ(ヴァディム・ニジンスキー)、トニー・ムサンテ(ジャック・シャピロ)、アントニー・コロン(マイケル・ソロ)、ダニー・ホック(ルイス・“ジャンボ”・ファルセッティ)、モニ・モシュノフ(マラット・バザエフ)、ほか

「ザ・マスター」のネタバレあらすじ結末

ザ・マスターの紹介:2012年アメリカ映画。PTSDを抱える帰還兵と新興宗教の教祖との奇妙な交流を描く人間ドラマ。第69回ベネチア国際映画祭にて監督のポール・トーマス・アンダーソンが銀獅子賞を受賞、主演のホアキン・フェニックスとフィリップ・シーモア・ホフマンが最優秀男優賞を同時受賞しました。
監督:ポール・トーマス・アンダーソン 出演者:ホアキン・フェニックス(フレディ・クエル)、フィリップ・シーモア・ホフマン(ランカスター・ドッド)、エイミー・アダムス(ペギー・ドッド)、ローラ・ダーン(ヘレン・サリヴァン)、アンビル・チルダーズ(エリザベス・ドッド)、ジェシー・プレモンス(ヴァル・ドッド)ほか

「ビューティフル・デイ」のネタバレあらすじ結末

ビューティフル・デイの紹介:2017年イギリス映画。ジョナサン・エイムズの小説『You Were Never Really Here』を映画化したサスペンス・スリラー作品です。心に深い傷をもつ元退役軍人が誘拐された上院議員の娘の救出を依頼されるのですが、そこには思わぬ陰謀が待ち構えていました。カンヌ映画祭で脚本賞と男優賞を受賞しています。
監督:リン・ラムジー 出演者:ホアキン・フェニックス(ジョー)、エカテリーナ・サムソーノフ(ニーナ・ヴォット)、アレックス・マネット(アルバート・ヴォット)、ジョン・ドーマン(ジョン・マクリアリー)、フランク・パンド(エンジェル)ほか

「Uターン」のネタバレあらすじ結末

Uターンの紹介:1997年アメリカ映画。ジョン・リドリーの小説『Stray Dogs』をリドリー自ら脚本を手掛けて映画化したクライム・サスペンス作品です。マフィアの金を横領して田舎町に逃れた男が、そこに住む美女ら住民たちに振り回されたあげくに殺し合いの愛憎劇に巻き込まれていく様子をユーモア交えて描いています
監督:オリヴァー・ストーン 出演者:ショーン・ペン(ボビー・クーパー)、ジェニファー・ロペス(グレース・マッケンナ)、ニック・ノルティ(ジェイク・マッケンナ)、ホアキン・フェニックス(トビー・N・タッカー)、ビリー・ボブ・ソーントン(ダレル)ほか

「8mm」のネタバレあらすじ結末

8mmの紹介:1999年アメリカ映画。“スナッフフィルム”という凄惨なトピックをテーマにした、本格サスペンス。そのテーマからも分かるように、作中には幾度も目を背けたくなるシーンが登場する。覚悟を決めた人だけが見ることをお勧めする、間違いなく良作と呼ぶべき一本です。
監督:ジョエル・シューマカー 出演:ニコラス・ケイジ(トム・ウェルズ)、マックス・カリフォルニア(ホアキン・フェニックス)、ジェームズ・ガンドンフィー二(エディ・プール)、ジェニー・パウエル(メリー・アン・マシューズ)、エイミー・モートン(ジャネット・マシューズ)、ほか

「誘う女」のネタバレあらすじ結末

誘う女の紹介:1995年アメリカ映画。アメリカで実際に起きた事件を基にジョイス・メイナードが書いた小説『誘惑』を映画化したサスペンス・スリラー。お天気キャスターのスザーンは、幼い頃からテレビに出て有名になりたいと熱望していた。夫ラリーの存在が邪魔になった彼女は、仕事で出会った高校生ジミーを誘惑し、ラリーを殺害するよう唆す。ニコール・キッドマンが本作でゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞した。
監督:ガス・ヴァン・サント 出演者:ニコール・キッドマン(スザーン・ストーン)、マット・ディロン(ラリー・マレット)、ホアキン・フェニックス(ジミー・エメット)、ケイシー・アフレック(ラッセル・ハインズ)、イリアナ・ダグラス(ジャニス・マレット)ほか

「エヴァの告白」のネタバレあらすじ結末

エヴァの告白の紹介:2013年アメリカ,フランス映画。聖母マリアの祝日、戦禍のポーランドからアメリカへ逃げてきたエヴァは、告白を始める。それは妹のために行った彼女の罪という名の献身だった。より豊かな人生を求めてアメリカに移住した女性、様々な出来事に振り回されながらも逞しく生き抜く姿を描く。
監督:ジェームズ・グレイ 出演:マリオン・コティヤール(エヴァ・シブルスカ)、ホアキン・フェニックス(ブルーノ・ワイス)、ジェレミー・レナー(オーランド)、ダグマーラ・ドミンスク、アンジェラ・サラフィアン、ほか

「教授のおかしな妄想殺人」のネタバレあらすじ結末

教授のおかしな妄想殺人の紹介:2015年アメリカ映画。小さな町の大学に勤務が決まったエイブ・ルーカス教授は、生きがいのない生活を送っていた。しかし妄想殺人をすることで新たな目的を見つけた教授は、その殺人を実行に移すが…。
監督:ウディ・アレン 出演者:ホアキン・フェニックス(エイブ・ルーカス教授)、エマ・ストーン(ジル・ポラード)、パーカー・ポージー(リタ・リチャーズ教授)、ジェイミー・ブラックリー(ロイ)ほか

「サイン」のネタバレあらすじ結末

サインの紹介:2002年アメリカ映画。奇妙な気配を感じたグラハムは子供達の寝室へ向かうも姿が見当たらない。慌てて外へ飛び出すと隣の小屋で寝ていた弟メリルも同時に飛び出してきた。広大な畑の真ん中で二人の姿を見つけたグラハム、しかし彼の目の前には畑の異様な光景が広がっていた。そこにはおよそ人間の手では作れないであろう大きな円が作られていた。それは一つではなくいくつも。その奇妙なサークルの出現はやがて世界中へと広がっていく。「シックス・センス」で高い評価を得たM・ナイト・シャマラン監督のミステリー大作。監督本人もレイ役で登場している。
監督:M・ナイト・シャマラン 出演:メル・ギブソン(グラハム・ヘス)、ホアキン・フェニックス(メリル・ヘス)、ロリー・カルキン(モーガン・ヘス)、アビゲイル・ブレスリン(ボー・へス)、M・ナイト・シャマラン(レイ・ラディ)、ほか

「her/世界でひとつの彼女」のネタバレあらすじ結末

her/世界でひとつの彼女の紹介:2013年アメリカ映画。そう遠くない未来、ロサンゼルスで代筆ライターとして働くひとりの男性が、肉体を持たない人工知能の彼女と恋に落ちるSFラブストーリー。第86回アカデミー賞5部門にノミネート、脚本賞を受賞。
監督:スパイク・ジョーンズ 出演者:セオドア・トゥオンブリー (ホアキン・フェニックス)、サマンサ (スカーレット・ヨハンソン)、エイミー (エイミー・アダムス)、キャサリン (ルーニー・マーラ)他

「ヴィレッジ」のネタバレあらすじ結末

ヴィレッジの紹介:2004年アメリカ映画。深く閉ざされた森の中、奇妙な掟を守って暮らすひとつの村があった。穏やかな村を襲う不気味な異変、そして暴かれる驚愕の真実とは。「シックス・センス」のM・ナイト・シャマラン監督が描く、愛とエゴに彩られたスリラー作品。
監督:M・ナイト・シャマラン 出演者:ブライス・ダラス・ハワード(アイヴィー・エリザベス・ウォーカー)、ホアキン・フェニックス(ルシアス・ハント)、エイドリアン・ブロディ(ノア・パーシー)、ウィリアム・ハート(エドワード・ウォーカー)ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑