「アンラッキー・デイ」のネタバレあらすじ結末

2021/04/22掲載

アンラッキー・デイの紹介:2016年オーストラリア映画。依頼をうけて泥棒をするフロスティ、豪邸から小包を盗む仕事のために家に入ると、誰も居ないはずの家に若い女性ミシェルがいたことから、顔を見られたミシェルを人質にして友人の部屋に転がりこみ、そこから始まる珍騒動を描いたコメディ映画です。
監督:ダン・マッカーサー 出演者:ドウェイン・キャメロン(フロスティ)、レオン・カイン(ブライアン)、イザベラ・タノック(ミシェル)、アシュリー・ライオンズ(リコ)、ほか

「アレノ」のネタバレあらすじ結末

2021/04/21掲載

アレノの紹介:2015年日本映画。エミール・ゾラの小説『テレーズ・カラン』を現代日本風にアレンジした作品で、妻が愛人と共に夫を湖で殺し、夫の死体が見つかるまで、湖畔のホテルでSEXにふけりながら過ごすという内容の作品です。激しいSEXシーンが強調されていますが、未来のない二人を淡々と映し出す映像が、切なさを感じさせます。映画の中での登場人物の名前は一斉出てきません。
監督:越川道夫 出演者:山田真歩(女/妻)、渋川清彦(男/愛人)、川口覚(夫)、内田淳子(夫の母)、遊屋慎太郎(若い男)、諏訪太朗(湖畔であった男)、ほか

「追跡者 SHOT GUN」のネタバレあらすじ結末

2021/04/21掲載

追跡者 SHOT GUNの紹介:2012年日本映画。小沢仁志主演、白竜、中野英雄、哀川翔らが脇をかためた、日韓をまたにかけた任侠アクションです。従来の組同士の抗争ではなく、人と人との心のつながりが見える人間ドラマになっています。
監督:室賀厚 出演者:小沢仁志(黒木)、白竜(梶)、中野英雄(鮫島)、イ・ギウ(イム刑事)、ヤン・ドングン(チャン警部)、哀川翔、ほか

「誰よりも狙われた男」のネタバレあらすじ結末

2021/04/21掲載

誰よりも狙われた男の紹介:2013年アメリカ,イギリス,ドイツ映画。ドイツの諜報機関に所属するギュンター・バッハマンはイスラム過激派として指名手配されている密航者を、重要な情報提供者を得るために利用する。全ては「世界を平和にする」ためだった。ジョン・ル・カレ原作の、ハンブルクを舞台とするほろ苦い結末のスパイ映画。主演のフィリップ・シーモア・ホフマンの生前にプレミア公開されたが、一般劇場公開は彼の没後になった。
監督:アントン・コービン 出演:フィリップ・シーモア・ホフマン(ギュンター・バッハマン)、レイチェル・マクアダムス(アナベル・リヒター)、ウィレム・デフォー(トミー・ブルー)、グリゴリー・ドブリギン (イッサ・カルポフ)、ホマユン・エルシャディ(アブドゥラ博士)、ニーナ・ホス(イルナ・フライ)、ダニエル・ブリュール(マキシミリアン)、ロビン・ライト(マーサ・サリヴァン)そのほか

「名探偵コナン 緋色の弾丸」のネタバレあらすじ結末

2021/04/21掲載

名探偵コナン 緋色の弾丸の紹介:2021年日本映画。TVアニメ「名探偵コナン」の劇場版第24弾。4年に1度開催されるスポーツの祭典「ワールド・スポーツ・ゲームス(WSG)」の開催を控えた東京では、WSG開催に合わせて世界初「真空超電導リニア」が開通する予定でした。その完成パーティに来たコナン達でしたが、会場から突如スポンサー企業のトップが姿を消すという事件が発生します。企業のトップはコナン達の活躍により無事発見されたものの、直前に同様の事件が発生していたことがわかりました。実は15年前にもアメリカでWSG開催前に3人の企業のトップが誘拐される事件が発生しており、3人目の可能性がある企業のトップから小五郎の元に捜査依頼が舞い込んできました。そして真空超電導リニア開業日、ついに事件は動き出します…。
監督:永岡智佳 原作:青山剛昌 声優:江戸川コナン(高山みなみ)、毛利蘭(山崎和佳奈)、灰原哀(林原めぐみ)、赤井秀一(池田秀一)、毛利 小五郎(小山力也)、世良真純(日髙のり子)、沖矢昴(置鮎龍太郎)、石岡エリー(浜辺美波)、井上治(鈴村健一)、白鳩舞子(平野綾)、ジョン・ボイド(楠大典、ライアン・ドリース)、アラン・マッケンジー(チャールズ・グラバー)、ほか

「デス・マングローヴ ゾンビ沼」のネタバレあらすじ結末

2021/04/20掲載

デス・マングローヴ ゾンビ沼の紹介:2008年ブラジル映画。ブラジルのマングローブ林で大量発生したゾンビ達に村人が襲われ、若いルイスとラケルが逃げ出します。しかしラケルは噛まれていて、村の老婆からフグの毒で治せると聞き、再びマングローブ林に向いますが…という内容のブラジル発ゾンビ映画です。ゾンビメイクとスプラッターシーンが売りの作品です。
監督:ロドリゴ・アラガオ 出演者:ワルデラマ・ドス・サントス(ルイス)、キカ・オリヴェイラ(ラケル)、マルクス・コンカ(アジェノー)、アンドレ・ロボ(ベネディータ)ほか

「長く熱い週末」のネタバレあらすじ結末

2021/04/20掲載

長く熱い週末の紹介:1980年イギリス映画。ロンドンの暗黒街を牛耳るボスが、政界や警察、そしてアメリカのマフィアと組んで街の開発と組織の拡大を目論みます。日本未公開ながら、イギリスにおいては最高の評価を受けるネオ・ノワールの傑作です。
監督:ジョン・マッケンジー 出演者:ボブ・ホスキンス(ハロルド・シャンド)、ヘレン・ミレン(ヴィクトリア)、エディ・コンスタンティーヌ(チャーリー)、デイヴ・キング(パーキー)、ブライアン・マーシャル(ハリス)、デレク・トンプソン(ジェフ)、ジョージ・カラリス(ガス)、スティーヴン・デイヴィース(トニー)、ピアース・ブロスナン(IRA)、ブルース・アレキサンダー(マック)ほか

「マンディンゴ」のネタバレあらすじ結末

2021/04/20掲載

マンディンゴの紹介:1975年アメリカ映画。奴隷制度が元で南北戦争になってしまう20年前、19世紀半ばのルイジアナの大農園。そこでは黒人奴隷を育て、やがて売買されていました。その農場主マクスウェルと彼ら一族が巻き起こす奴隷問題に深く切り込んでいった作品です。
監督:リチャード・フライシャー 出演:ジェームズ・メイソン(ウォーレン・マクスウェル)、スーザン・ジョージ(ブランチ・マクスウェル)、ケン・ノートン(ミード)、リリアン・ヘイマン(ルクレチア・ボルジア)、ペリー・キング(ハモンド・マクスウェル)、ブレンダ・サイクス(エレン)、ロイ・プール(ドク・レッドフィールド)、ポール・ベネディクト(ブラウニー)、リチャード・ウォード(アガメムノン)、ベン・マスターズ(チャールズ)、ほか

「イカルイト」のネタバレあらすじ結末

2021/04/20掲載

イカルイトの紹介:2016年カナダ映画。北極圏の町で命を落とした夫の死の原因を探るうちに、カルメンはこの町で夫が若い女性を関係していたことを知った。夫は預かり知らぬ地で何を思い暮らしていたのか。
監督:ベノワ・ビロン 出演:マリ=ジョゼ・クローズ(カルメン)、フランソワ・パピノー(ジル)、ナター・アンガラアク(ノア)、(ビクター)、クリスティン・トゥート(アニ)、Paul Nutarariaq(ダニー)ほか

「地球へ2千万マイル」のネタバレあらすじ結末

2021/04/19掲載

地球へ2千万マイルの紹介:1957年アメリカ映画。イタリアのシシリー島に墜落した宇宙船、それはワシントンから発射された金星探査船でした。宇宙船の中には捕獲された金星生物がいましたが、地球の空気を吸って巨大化し、やがてローマの街を破壊しはじめます…という内容の1957年のSF映画です。『金星怪獣イーマの襲撃』という邦題でテレビ放送されたこともあり、大ヒットSF映画『キングコング』のオマーシュとしても有名です。
監督:ネイザン・ジュラン 出演者:ウィリアム・ホッパー(ロバート・カルダー大佐)、ジョーン・テイラー(マリザ・レオナルド)、トーマス・ブラウン・ヘンリー(マッキントッシュ少将)、フランク・パグリア(レオナルド博士)、ジョン・ザレンバ(ジュドソン・ユール博士)、ジャン・アーヴァン(コンティーノ)、バート・ブレイヴァーマン(ペペ)ほか

「たそがれ酒場」のネタバレあらすじ結末

2021/04/19掲載

たそがれ酒場の紹介:1955年日本映画。クラシック、軍歌、民謡、流行歌といった様々な歌と共につづられる、ある大衆酒場の夕方の開店前から閉店後までの一日間。従業員や客たちの悲喜こもごもの人生が浮かび上がる。内田吐夢監督の戦後復帰2作目だが、一つのセットでほとんど撮影された野心的な作品。不遇に終わった脚本家灘千造のデビュー作でもある。江藤を演じた小野比呂志は成城大学(当時)の音楽教授、丸山を演じた宮原卓也はバリトン歌手だった。2003年製作の『いつかA列車(トレイン)に乗って』は舞台を現代のジャズバーに移したリメイク。
監督:内田吐夢 出演:津島恵子(エミー・ローザ)、野添ひとみ(ユキ)、小杉勇(梅田)、宇津井健(鱒見)、高田稔(中小路)、多々良純(汲島)、江川宇礼雄(山口)、ほか

「七人のおたく」のネタバレあらすじ結末

2021/04/19掲載

七人のおたく cult sevenの紹介:1992年日本映画。隣の部屋に住む東南アジア女性が、元夫に赤ちゃんを奪われたことから、ミリタリーおたくの星が、それぞれの分野のおたくを6人集め、赤ちゃんを奪還する話です。ウッチャンナンチャン主演のアクションケメディ映画で、山口智子の美貌が光っています。
監督:山田大樹 出演者:南原清隆(星亨)、内村光良(近藤みのる)、江口洋介(田川孝)、山口智子(湯川りさ)、益岡徹(丹波達夫)、武田真治(国城春夫)、浅野麻衣子(水上令子)、中尾彬(高松一)ほか

「小間使」のネタバレあらすじ結末

2021/04/19掲載

小間使の紹介:1946年アメリカ映画。居場所をわきまえない労働者階級の若い娘クルニー・ブラウンと、居場所のない亡命者アダム・ベリンスキー。ロンドンのアパートの詰まった水道パイプが恋をとりもつ。階級社会をあてこすり自由を讃えるコメディ。「ルビッチ・タッチ」が名高い巨匠エルンスト・ルビッチが生前最後に完成させた作品。「ルービッチュの小間使 クルニー・ブラウン」というタイトルでDVDが発売されている。
監督:エルンスト・ルビッチ 出演者:シャルル・ボワイエ(アダム・ベリンスキー)、ジェニファー・ジョーンズ(クルニー・ブラウン)、ピーター・ローフォード(アンドリュー・カーメル)、ヘレン・ウォーカー(ベティ・クリーム)、レジナルド・ガーディナー(ヒラリー・エイムズ)、C・オーブリー・スミス(チャールズ・ダフ・グレアム大佐)、レジナルド・オーウェン(ヘンリー・カーメル)、リチャード・ヘイドン(ウィルソン氏)そのほか

「SOSタイタニック/忘れえぬ夜」のネタバレあらすじ結末

2021/04/18掲載

SOSタイタニック/忘れえぬ夜の紹介:1958年イギリス映画。1912年4月10日、イギリスが誇る世界最大の豪華客船タイタニック号は2000人以上もの人々を乗せてニューヨークへの処女航海に出る。だが4月14日「忘れえぬ夜」が来る。タイタニック号の悲劇について最初の本格的研究であるウォルター・ロード著のノンフィクションA Night To Remember(日本語訳タイトルは『タイタニック号の最期』)を原作とし、当時存命だった遭難事故生存者の協力も得て製作されたドラマ映画。ミニチュアを駆使した特撮とリアルなセットでの撮影により、運命の夜を再現する。その後の研究を取り入れた『タイタニック』(1997年)の方が船の沈没の経過を正確に描いているが、技術への驕りや災害に立ち向かう乗務員たちの活躍、極限状況での船客の振る舞いを描いた本作の価値は失われない。
監督:ロイ・ウォード・ベイカー 出演:ケネス・モア(二等航海士ライトラー)、オナー・ブラックマン(ルーカス夫人)、マイケル・グッドリフ(トーマス・アンドリュース)、ケネス・グリフィス(通信士フィリップス)、フランク・ロートン(イズメイ社長)、デヴィッド・マッカラム(通信士ブライド)、ローレンス・ネイスミス(スミス船長)、ジョージ・ローズ(パン焼き主任ジョーヒン)、ほか

「生きるべきか死ぬべきか」のネタバレあらすじ結末

2021/04/18掲載

生きるべきか死ぬべきかの紹介:1942年アメリカ映画。1939年.ヒトラーの野心に怯えるポーランドの首都ワルシャワ。劇団のスターであるヨーゼフの妻で相手役でもあるマリアと若い軍人との情事が進行中だった。やがて劇団は、ドイツ軍に占領された街でナチ相手の大芝居を打つ。本作はアメリカの第二次世界大戦への参戦前に製作が開始され、公開は参戦後になった。サスペンスと色恋をめぐるギャグとが一体となった、コメディー映画の名作でルビッチ監督の代表作の一つだが、公開当時は時局にふさわしくない悪趣味な映画として否定的な評価が強かった。コメディーを得意としたキャロル・ロンバートは戦時公債キャンペーン中に飛行機事故で死亡し、この作品が遺作となった。『メル・ブルックスの大脱走』(1983年)は本作のリメイク
監督:エルンスト・ルビッチ 出演者:キャロル・ロンバート(マリア・トゥラ)、ジャック・ベニー(ヨーゼフ・トゥラ)、ロバート・スタック(ソビンスキー中尉)、ライオネル・アトウィル(ラウィッチ)、フェリックス・ブレサート(グリーンバーグ)、シグ・ルーマン(エアハルト大佐)、トム・デューガン(ブロンスキー)、スタンリー・リッジス(シレツキー教授)、ほか

1 2 3 4 5 765

キーワードから探す

TOP↑