「月極オトコトモダチ」のネタバレあらすじ結末

2020/04/04掲載

月極オトコトモダチの紹介:2018年日本映画。30歳手前の編集者の那沙は、後輩に誘われて合コンに行きます。そこで会った柳瀬に、男女関係にならないスイッチの話をされます。柳瀬が金で雇われるレンタル友達だと知り、記事を書くために契約した那沙は柳瀬と毎日のように会い始め…という内容のアラサーとレンタル男の不思議な関係を描いたラブストーリーです。
監督:穐山茉由 出演:徳永えり(望月那沙)、橋本淳(柳瀬草太)、芦那すみれ(小野珠希)、野崎智子(ユリ)、師岡広明(河本誠司)ほか

「トランス・シューター」のネタバレあらすじ結末

2020/04/04掲載

トランス・シューター(早撃ちデス・ゲーム)の紹介:2015年コロンビア映画。互いに防弾チョッキを身につけ、至近距離で撃ち合うというゲームに参加する主人公達の生き様を描いたコロンビア産のアクション映画。ミッキー・ロークが悪役として登場するのも見所の一つです。
監督:ケン・サンゼル 出演:ライアン・クワンテン(ジョン)、フリーダ・ピント(コルト)、ミッキー・ローク(ゾリンジャー)、カロリナ・ゴメス()、ほか

「FLU 運命の36時間」のネタバレあらすじ結末

2020/04/03掲載

FLU 運命の36時間の紹介:2013年韓国映画。韓国の分唐で、密入国者から鳥インフルエンザが感染し、街中に広がりはじめます。救助隊のジグに車から救出された医師のイネは、娘のミルが感染していることを知り、感染を隠していました。その頃、政府によって分唐を隔離し、感染者を生きながら焼き殺すという事が実行されていました。ミルを助けようと、ジグとイネは奮闘しますが…という内容の韓国発の感染パニック映画です。
監督:キム・ソンス 出演者:チャン・ヒョク(ジグ)、スエ(イネ)、パク・ミナ(ミル)、マ・ドンソク(チョン)、ユ・ヘジン(ベー)ほか

「夜の訪問者」のネタバレあらすじ結末

2020/04/03掲載

夜の訪問者の紹介:1970年フランス,イタリア映画。フランスのリゾート地で妻子とともに暮らすアメリカ人の男の元に、ある日突然謎の男たちがやってくる。捨てたはずの過去に翻弄されるサスペンス・アクション。
監督:テレンス・ヤング 出演:チャールズ・ブロンソン(ジョー)、リヴ・ウルマン(ファビエンヌ)、ジェームズ・メイソン(ロス)、ジル・アイアランド(モイラ)、ミシェル・コンスタンタン(ホワイティ)、ルイジ・ピスティッリ(ファウスト)、ヤニック・ド・リュール(ミッシェル)、ジャン・トパール(カタンガ)、ポール・ボニファ(医者)、ほか

「東南角部屋二階の女」のネタバレあらすじ結末

2020/04/03掲載

東南角部屋二階の女の紹介:2008年日本映画。死んだ父親の借金を背負い、古いアパートが建つ祖父の土地を売ろうとする主人公の野上孝。そのアパートに吸い寄せられたように集まった男女三人が、不安と焦りを抱えながらも、次第に自分の生きる道を考え見つけていく作品。
監督:池田千尋 出演:西島秀俊(野上孝)、加瀬亮(三崎哲)、竹花梓(豊島涼子)、塩見三省(石山清六)、高橋昌也(野上友次郎)、香川京子(夏見藤子)、ほか

「ステイ・コネクテッド つながりたい僕らの世界」のネタバレあらすじ結末

2020/04/03掲載

ステイ・コネクテッド~つながりたい僕らの世界の紹介:2014年アメリカ映画。チャド・カルテンの小説を原作とした群像劇。ネット社会の中に繋がりを求める高校生やその父母達の日常を描いていきます。監督は「JUNO ジュノ」「マイレージ、マイライフ」のジェイソン・ライトマンが務めました。
監督:ジェイソン・ライトマン 出演者:ローズマリー・デウィット(ヘレン・トルビー)、ジェニファー・ガーナー(パトリシア・ベルトマイヤー)、ジュディ・グリア(ドナ・クリント)、ディーン・ノリス(ケント・ムーニー)、 アダム・サンドラー(ドン・トルビー)、 アンセル・エルゴート(ティム・ムーニー)、ケイトリン・デヴァー(ブランデー・ベルトマイヤー)、デヴィッド・デンマン(ジム・バンス)、 J・K・シモンズ(ミスター・ドス)、ほか

「フレンジー」のネタバレあらすじ結末

2020/04/02掲載

フレンジーの紹介:1972年イギリス,アメリカ映画。アーサー・ラ・バーンの小説を原作としたアルフレッド・ヒッチコック監督によるサスペンス映画。猟奇的連続殺人の容疑者に仕立て上げられ、無実の罪を着せられることになったある男の逃走劇を描きます。スリラー映画の帝王と称されたヒッチコック監督の晩年期の作品で、ブラックユーモア溢れる演出が冴えます。
監督:アルフレッド・ヒッチコック 出演者:ジョン・フィンチ(リチャード・ブレイニー)、バリー・フォスター(ロバート・ラスク)、バーバラ・リー・ハント(ブレンダ・ブレイニー)、アンナ・マッセイ(バブス・ミリガン)、アレック・マッコーエン(オックスフォード刑事)、ヴィヴィエン・マーチャント(オックスフォード夫人)、バーナード・クリビンス(フェリックス・フォーサイス)、マイケル・ベイツ(スピアマン刑事)、ジーン・マーシュ(モニカ・バーリング)、ほか

「命の相続人」のネタバレあらすじ結末

2020/04/02掲載

命の相続人の紹介:2008年スペイン映画。有能な医師がある事件をきっかけに、触れることで病を完治させる不思議な力を手に入れるが、愛する人を失うというその代償の大きさに苦悩する。
監督:オスカール・サントス 出演:エドゥアルド・ノリエガ、ベレン・ルエダ、アンジー・セペダ、クリスティーナ・プラサス、クララ・ラゴ、マルセル・ボラス、カルロス・レアル、ほか

「悲しみの皮」のネタバレあらすじ結末

2020/04/02掲載

悲しみの皮の紹介:2010年フランス映画。命と引き換えに願いを叶える“悲しみの皮”を手に入れた青年が、次々と願望を実現し、全てを手に入れた末に本当に大切なものに気づく。バルザックの「あら皮」をもとに映画化。
監督:アラン・ベルリネール 出演:トーマ・クマン、アナベル・エトマン、ジュリアン・オノレ、ミレーヌ・ジャンパノイ、ほか

「トム・ソーヤー&ハックルベリー・フィン」のネタバレあらすじ結末

2020/04/02掲載

トム・ソーヤー&ハックルベリー・フィンの紹介:2014年ドイツ映画。文豪マーク・トウェインの小説「トム・ソーヤーの大冒険」を原作とするアドベンチャー映画。19世紀半ばの豊かな自然が広がるミズーリ州の田舎町を舞台に、少年トム・ソーヤと親友ハックルベリー・フィンの冒険と友情を描いていきます。「バットマン フォーエヴァー」、「ドアーズ」のヴァル・キルマーが特殊メイクでマーク・トウェイン役を好演しています。
監督:ジョー・カストナー 出演:ジョエル・コートニー(トム・ソーヤ)、ジェイク・T・オースティン(ハックルベリー・フィン)、ヴァル・キルマー(マーク・トウェイン)、キャサリン・マクナマラ、ノア・マンク、シーウェル・ホイットニー、ソニア・キルヒバーガー、クリスティーネ・カウフマン、ダン・ヴァン・ハッセン、ほか

「エスケープ・ルーム」のネタバレあらすじ結末

2020/04/01掲載

エスケープ・ルームの紹介:2019年アメリカ映画。謎の招待状をもらい集まった見知らぬ同士の6人が自分達で謎を解き、脱出するという「エスケープルーム」というゲームに巻き込まれてしまいます。ある共通点を持って集まった者達が生死のかかったサバイバルゲームに挑んでいきます。
監督:アダム・ロビテル 出演:テイラー・ラッセル(ゾーイ・デイビス)、ローガン・ミラー(ベン・ミラー)、デボラ・アン・ウォール(アマンダ・ハーパー)、ジェイ・エリス(ジェイソン・ウォーカー)、タイラー・ラビーン(マイク・ノーラン)、ニック・ドダーニ(ダニー・カーン)、ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン(ゲームマスター=ウータン・ユー)、ほか

「ぼくらの7日間戦争(アニメ版)」のネタバレあらすじ結末

2020/04/01掲載

ぼくらの7日間戦争の紹介:2019年日本映画。宗田理のベストセラー小説で、1988年に実写映画化された『ぼくらの七日間戦争』を、舞台を1988年実写版から約30年後の2020年の現在に置き換えてアニメ映画化した作品です。シリーズのテーマでもある“大人への挑戦”と“ユーモラスな戦い”を現代風に解釈して描き、1988年実写版で女優デビューを飾った宮沢りえが当時の役で特別出演しています。
監督:村野佑太 声の出演:北村匠海(鈴原守)、芳根京子(千代野綾)、宮沢りえ(玉すだれさん/中山ひとみ)、潘めぐみ(山咲香織)、鈴木達央(緒形壮馬)、大塚剛央(本庄博人)、道井悠(阿久津紗希)、小市眞琴(マレット)、櫻井孝宏(本多政彦)ほか

「獄中の顔役」のネタバレあらすじ結末

2020/04/01掲載

獄中の顔役の紹介:1968年日本映画。一匹狼の速水は、義理を大事にする男で、人の為に手を下し服役するという人生を送っていました。田島の親分に世話になった速水は、対立する本間組に若頭を殺された報復をして再び刑務所に舞い戻ります。そして服役中、田島の親分と、昔からの親友の黒崎が本間組によって殺されます。出所した速水は一人ドスをもって歩きはじめ…という高倉健主演のアウトロー映画です。
監督:降旗康男 出演者:高倉健(速水恭)、龍崎一郎(田島大三郎)、藤純子(田島敏子)、室田日出男(南靖男)、天津敏(本間勇)、宇佐美淳也(鳥越市長)、遠藤辰雄(本間猛)、山岡徹也(徳丸市議)、池部良(黒島勉)ほか

「ジェラシー・ゲーム」のネタバレあらすじ結末

2020/04/01掲載

ジェラシー・ゲームの紹介:1982年日本映画。中年夫婦の新一と晴子、若い衛児と陽子は、それぞれ片方の浮気が原因で不仲になり、関係修復の為に北海道を旅していました。しかしそれぞれ口げんかが始まり、女性を一人にしたため、偶然通りかかったそれぞれの男性が、相手方の女性を助け、関係を持ってしまいます。お互い認め合う仲になった新しいカップルでしたが、やがてそれぞれの関係は崩れ始めました…という内容のロマンポルノ全盛時の日活のセクシー人間ドラマです。
監督:東陽一 出演者:夏木陽介(駿河新一)、大信田礼子(駿河晴子)、村上弘明(芳賀衛児)、高橋ひとみ(陽子)ほか

「風の電話」のネタバレあらすじ結末

2020/03/31掲載

風の電話の紹介:2020年日本映画。東日本大震災後に岩手県大槌町に実際に設置された、今は亡き大切な人と思いを繋ぐ電話「風の電話」をモチーフとしたヒューマンドラマです。震災から8年後、家族を失い、広島に移り住んだ少女が旅をしながら様々な人々と触れ合い、人生を再生していく姿を描きます。世界3大映画祭のひとつであるベルリン国際映画祭で特別表彰を受けています。
監督:諏訪敦彦 出演者:モトーラ世理奈(ハル)、西島秀俊(森尾)、西田敏行(今田)、三浦友和(公平)、渡辺真起子(広子)ほか

1 2 3 4 5 663

キーワードから探す

TOP↑