Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「シンプルメン」のネタバレあらすじ結末

2019/03/22掲載

シンプルメンの紹介:1992年アメリカ,イギリス,イタリア映画。真面目な大学生の弟と犯罪者の兄が、爆破事件の容疑者とされて逃走中の父親を探しに旅に出たことで、弟は冒険心を、兄は本当の愛を知る。
監督:ハル・ハートリー 出演:ロバート・バーク、ウィリアム・セイジ、カレン・サイラス、エリナ・レーヴェンソン、マーティン・ドノヴァン、ジョン・アレクサンダー・マッケイ、メアリー・マッケンジー、ジェームズ・ハンセン・プライス、ほか

「キング・オブ・ハーレー」のネタバレあらすじ結末

2019/03/22掲載

キング・オブ・ハーレーの紹介:1993年アメリカ映画。実在のおとり捜査官がモデルのアクション・ムービー。過去にトラウマを持つ元警察官が、依頼を受けて麻薬がらみのおとり捜査官として凶暴なギャング集団に潜入する。
監督:ラリー・ファーガソン 出演:チャーリー・シーン、リンダ・フィオレンティーノ、マイケル・マドセン、コートニー・B・ヴァンス、レオン・リッピー、リップ・トーン、ほか

「愛の悪魔」のネタバレあらすじ結末

2019/03/22掲載

愛の悪魔/フランシス・ベイコンの歪んだ肖像の紹介:1998年イギリス映画。鬼才の画家フランシス・ベイコンと肖像画のモデルにもなった若き恋人ジョージの恋愛関係に焦点をあて、ベイコンの半生を描き出す人間ドラマ。二人の出会いと別れを通して同性愛者であったベイコンの内なる欲望や情熱、葛藤を浮き彫りにしていきます。映画音楽はベイコンの熱烈なファンである作曲家坂本龍一が手がけました。
監督:ジョン・メイブリー 出演者:デレク・ジャコビ(フランシス・ベイコン)、ダニエル・クレイグ(ジョージ・ダイアー)、アン・ラントン(イザベル)、ティルダ・スウィントン(ミュリエル)、エイドリアン・スカーボロー(ダニエル・ファーソン)ほか

「歓楽通り」のネタバレあらすじ結末

2019/03/22掲載

歓楽通りの紹介:2002年フランス映画。新人娼婦のマリオンの世話を焼き運命の男を探す、プチ・ルイ。しかし夢のような成功劇の後には代償がつきものだった。
監督:パトリス・ルコント 出演:パトリック・ティムシット(プチ=ルイ)、レティシア・カスタ(マリオン)、ヴァンサン・エルバズ(ディミトリ)、カトリーヌ・ムシェ(レナ)、イザベル・スパッド(カミーユ)、ベランジェール・アロー(ヴァイオレット)、ほか

「あたしンち」のネタバレあらすじ結末

2019/03/22掲載

あたしンちの紹介:2003年日本映画。世間の常識とは無縁の我が道を行く立花家の母とそんな母に振り回される高校生の娘みかん。そしてみかんの弟のユズヒコに無口でマイペースな父。そんな立花一家の日常を描いた漫画を原作とするTVシリーズ「あたしンち」の劇場版第1段。みかんと母の身体と中身が入れ替わってしまい立花家は大騒動になり…
監督:やすみ哲夫  原作:けらえいこ 声優:渡辺久美子(母)、折笠富美子(みかん)、阪口大助(ユズヒコ)、緒方賢一(父)、ほか

「下衆の愛」のネタバレあらすじ結末

2019/03/21掲載

下衆の愛の紹介:2016年日本映画。金も仕事もないアラフォーの映画監督テツオ。才能あふれる女優の卵ミナミと出会ったテツオは彼女を主演にした映画を撮ろうと思い立ちますが、事態は思わぬ方向へと向かっていき…。映画の魅力に憑りつかれた冴えない中年下衆男の悲喜こもごもを描くヒューマンドラマ。主演の映画監督テツオを演じるのは個性派俳優の渋川清彦。古舘寛治、でんでんら名バイプレーヤーが脇を固めています。
監督:内田英治 出演者:渋川清彦(テツオ)、岡野真也(ミナミ)、忍成修吾(ケン)、細田善彦(マモル)、内田慈(響子)、古舘寛治(加納監督)、津田寛治(新庄監督)、でんでん(貴田)、ほか

「拳銃の報酬」のネタバレあらすじ結末

2019/03/21掲載

拳銃の報酬の紹介:1959年アメリカ映画。巨匠ロバート・ワイズが手がけたサスペンス映画。ロケーション効果が素晴らしく、モノクロで写された寒々とした郊外の風景が主人公たちの心象と重なってくる。音楽はMJQのジョン・ルイスが担当。
監督:ロバート・ワイズ 出演:ハリー・ベラフォンテ(ジョニー・イングラム)、ロバート・ライアン(アール・スレイター)、エド・ベグリー(デビッド・バーク)、シェリー・ウィンタース(ロリー)、グロリア・グラハム(ヘレン)、ほか

「洲崎パラダイス 赤信号」のネタバレあらすじ結末

2019/03/21掲載

洲崎パラダイス 赤信号の紹介:1956年日本映画。異才・川島雄三監督の代表作の一つ。当時の風俗街”洲崎パラダイス”の入り口近くにある飲み屋を舞台に、別れても別れきれない腐れ縁の男女の姿を見事に描いている。後に巨匠となる今村昌平が助監督としてクレジット。
監督:川島雄三 出演:新珠三千代(蔦枝)、三橋達也(義治)、轟夕起子(お徳)、河津清三郎(落合)、芦川いづみ(玉子)、小沢昭一(三吉)、ほか

「キス・アンド・クライ」のネタバレあらすじ結末

2019/03/21掲載

キス・アンド・クライの紹介:2017年カナダ映画。フィギュア・スケートのオリンピック強化選手でもあり、歌唱力も抜群の高校3年生カーリー・アリソンが、気管支にガンを患い、闘病しながら恋人や家族との関係を深めていく実話に基づいた感動の青春ストーリー。
監督:シーン・シスターネ 出演:サラ・フィッシャー、ルーク・ビライク、シャンタール・クレヴィアジック、セルジオ・ディ・ジオ、デニス・アキヤマ、ほか

「シャークネード6 ラストチェーンソー」のネタバレあらすじ結末

2019/03/21掲載

シャークネード ラスト・チェーンソー 4DXの紹介:2018年アメリカ映画。サメと竜巻が合体して「シャークネード」となった物と人類との壮絶なる戦いを描いた作品。その奇想天外なアイデアが人気を呼び、シリーズも6作目となり晴れて完結を迎えます。主人公フィンが過去や未来を行き来し大活躍を見せます。劇場では4DX作品として公開されました。
監督:アンソニー・C・フェランテ 出演:アイアン・ジーリング(フィン)、タラ・リード(エイプリル)、カサンドラ・スケルボ(ノヴァ)、ヴィヴィカ・A・フォックス(スカイ)、ジュダ・フリードランダー(ブライアン)、ほか

「ブロンド・ヴィナス」のネタバレあらすじ結末

2019/03/21掲載

ブロンド・ヴィナスの紹介:1932年アメリカ映画。ゴリラの着ぐるみの中から出てくるのはマレーネ・ディートリッヒ。彼女が演じるのは強い母、そして夫と愛人の間で揺れる女。ただし、この作品から監督スタンバーグ、主演ディートリッヒの作品の人気は下降線をたどり始めた。アメリカでのキャリアをスタートさせて間もないケーリー・グラントが愛人。『風と共に去りぬ』で黒人として初めてアカデミー賞を受賞することになるハティ・マクダニエルも母子を助ける役で出演している。
監督:ジョセフ・フォン・スタンバーグ 出演者:マレーネ・ディートリッヒ(ヘレン・ファラデー)、ハーバート・マーシャル(エドワード・ファラデー)、ケーリー・グラント(ニック・タウンゼンド)、ディッキー・ムーア(ジョニー・ファラデー)その他

「ギャング・イン・ニューヨーク」のネタバレあらすじ結末

2019/03/20掲載

ギャング・イン・ニューヨークの紹介:2018年アメリカ,カナダ映画。アメリカ社会の陰の部分のマフィア組織はアメリカで多くの映画になっていますが『ギャング・イン・ニューヨーク』は伝説的な犯罪者ジョン・ゴッテイの生涯、彼の息子のジョニーとの愛情が描かれています。この映画のRotten Tomatoes (アメリカの映画批評サイト)の支持率は0%、アメリカ最低映画を決めるゴールデンラズベリー賞でも多くの部門にノミネートされてしまいました。その理由は歴史に残る犯罪者親子を英雄のように描いていることなどが理由でした。ジョン・トラボルタのファンやアメリカの犯罪組織とFBIとの戦いなどに興味がある人にはおすすめの映画です。
監督:ケヴィン・コナリー 出演:ジョン・トラボルタ(ジョン・ゴッティ)、スペンサー・ロフランコ(ジョン・ジョニー・ゴッティ)、ケリー・プレストン(ヴィクトリア・ゴッティ)、スティシー・キーチ(アニエロ・デラクローチェ)、プルイット・テイラー・ヴィンス(アンジェロ・ルッジェーロ)、クリス・マルケイ(フランク・デチッコ)、ウィリアム・デメオ(サルヴァドーレ・サミー・グラヴァーノ)他

「ビリーブ 未来への大逆転」のネタバレあらすじ結末

2019/03/20掲載

ビリーブ 未来への大逆転の紹介:2018年アメリカ映画。名ばかり自由の国アメリカが真の自由と平等の国になるまでを、80歳を超えてもアメリカの最高裁判事を務めるルース・ギンズバーグの半生を、苦難と第一歩となった裁判を通して描く。女性が活躍しにくい時代に弁護士となって、女性の権利を訴え続けた姿を描きます。
監督:ミミ・レダー 出演:フェリシティ・ジョーンズ(ルース・ベイダー・ギンズバーグ)、アーミー・ハマー(マーティン・ギンズバーグ)、ジャスティン・セロー(メル・ウルフ)、サム・ウォーターストン(アーウィン・グリスウォルド)、キャシー・ベイツ(ドロシー・ケニオン)、ジャック・レイナー、ケイリー・スピーニー、ほか

「ヴィタール」のネタバレあらすじ結末

2019/03/20掲載

ヴィタールの紹介:2004年日本映画。交通事故で意識不明から回復した医大性の博史の記憶は無くなっていました。やがて遺体解剖実習で割り当てられた遺体は若い女性でした。解剖をしながら博史は、この女性がかつての自分の恋人の涼子であることがわかりました・・という内容の現実と幻覚の世界を描いた問題作です。
監督:塚本晋也 出演者:浅野忠信(高木博史)、柄本奈美(大山涼子)、KIKI(吉本郁美)、串田和美(高木隆生)、りりィ(高木慎子)、岸部一徳(柏淵教授)、國村隼(大山三郎)、利重剛(中井教諭)ほか

「集団左遷」のネタバレあらすじ結末

2019/03/20掲載

集団左遷の紹介:1994年日本映画。バブル絶頂期に土地ころがしで大もうけした太陽不動産は、バブル崩壊後、横山副社長が指揮を執り、大胆なリストラにうってでました。首都圏特販部という部署を作り、到底達成できない予算を立て、達成できなければ全員クビだと言いました。そして本部長には反目する篠田が命じられ、その部下には篠田がかつてヘッドハンティングした滝川がいました。篠田と滝沢を中心とした特販部は、生き残りをかけ、あの手この手の営業を繰り広げますが…と言う内容の、バブル崩壊に伴う不動産業界を舞台にしたドラマです。
監督:梶間俊一 出演者:柴田恭兵(滝川晃司)、中村敦夫(篠田洋)、津川雅彦(横山輝生)、高島礼子(今村春子)、小坂一也(花沢浩平)、河原崎建三(柳町敏夫)、湯江健幸(南野晴彦)、神山繁(菊川伊佐美)、江波杏子(高杉文世)、萬田久子(原俊子)ほか

1 2 3 4 5 547
TOP↑