「ヒトラー最終兵器」のネタバレあらすじ結末

2018/08/16掲載

ヒトラー最終兵器の紹介:2013年イギリス映画。第二次世界大戦中、ソ連と戦うナチスドイツ軍は、人体実験による人造人間兵士バーサーカーを作り上げていました。この秘密を知ったソ連の軍曹ロドコフらは捕らわれ、捕虜となり人体実験をされようとしていました・・・という戦争をテーマにしたホラー映画です。
監督:キアラン・パーカー 出演者:ブライアン・ラーキン(ドロコフ)、イヴァン・カマラス(ヒョードル)、マイケル・マッケル(シュトラッサー)、ジェームズ・トンプソン(バーサーカー)、ヴェリボール・トピッチ(アルカディ)、ベン・ランバート(ロジャース)

「失はれた地平線」のネタバレあらすじ結末

2018/08/15掲載

失はれた地平線の紹介:1937年アメリカ映画。ジェームズ・ヒルトンの同名小説の映画化。ヒマラヤに不時着した飛行機から脱出後、地図にない土地、シャングリラに導かれた人々。彼らは不幸な囚われの身なのか、幸運にも理想郷に招かれたのか。プレミア上映以来切り刻まれ続けた作品。アメリカの第二次世界大戦参戦後は抗日映画に仕立てられ、主に平和主義のメッセージをカットされて再公開される。1973年にプレミア上映時の132分版の復元を目指して修復が開始される。サウンドトラックは全長が発見されたが、2014年までに動く映像は126分しか回復されていていない(音声しかないシーンの映像に現行のDVDではスチール写真等の静止画像が代用されている)。
監督:フランク・キャプラ 出演者:ロナルド・コールマン(ロバート・コンウェイ)、ジェーン・ワイアット(ソンドラ・ビゼー)、H・B・ワーナー(チャン)、サム・ジャッフェ(高僧)、ジョン・ハワード(ジョージ・コンウェイ)その他

「ウォーナーの謎のリスト」のネタバレあらすじ結末

2018/08/15掲載

ウォーナーの謎のリストの紹介:2016年日本映画。第二次世界大戦中、ウォーナーリストを作成したラングドン・ウォーナーと、神田神保町の古書店街を救ったと言われるセルゲイ・エリセーエフ。二人は日本の文化財を守るため不安定な情勢の中で奔走していた。彼らの真実を突き止めるため調査をすると、2人の共通点が見えてきた。国内外32人の関係者の協力によって、日本の文化財を守るために尽力した人々の謎に迫るドキュメンタリー。
監督:金高謙二 出演者:小泉晋弥、ユキオ・リピット、パトリシア・J・グラハム、矢吹晋、八木壯一ほか

「君を忘れない」のネタバレあらすじ結末

2018/08/15掲載

君を忘れない FLY BOYS,FLY!の紹介:1995年日本映画。第二次世界大戦、特別飛行隊に召集された若いパイロットたちの物語。戦争を題材にしている中では言葉遣いが現代風で、厳しい時代の日本とは違ったライトな作品。
監督:渡邊孝好 出演:木村拓哉(上田淳一郎)、唐沢寿明(望月晋平)、松村邦洋(高松岩男)、袴田吉彦(早川乙彦)、反町隆史(三浦草太)、池内万作(佐伯正義)、高嶋政宏(小沢啓二)、ほか

「蒼い記憶 満蒙開拓と少年たち」のネタバレあらすじ結末

2018/08/15掲載

蒼い記憶 満蒙開拓と少年たちの紹介:1993年日本映画。第二次世界大戦中の満蒙開拓に駆り立てられた少年たちを中心に、終戦後も満州に置き去りにされた日本人たちの運命を綴った、戦争問題を考えるアニメ映画です。中国残留孤児の問題等、リアルに描かれています。
監督:出崎哲 声の出演 山口勝平(鈴木恭太)、草尾毅(吉崎健次)、石田彰(浅川勇介)、三木眞一郎(田中順平)、有本欽隆(吉崎清造)、宗形智子(吉崎千代)、宮本充(吉崎圭一)、池本小百合(吉崎文子)ほか

「希望の国」のネタバレあらすじ結末

2018/08/15掲載

希望の国の紹介:2012年日本,イギリス,台湾映画。原発事故をテーマにした作品。日本のとある町で震災と原発事故が発生、小野家は道一つ隔てて避難区域外となる。そんな折、小野家の息子の嫁が妊娠、子を守りたい一心から放射能への恐怖を募らせていく。第37回トロント国際映画祭 最優秀アジア映画賞受賞。
監督:園子温 出演:夏八木勲、大谷直子、村上淳、神楽坂恵、清水優、梶原ひかり、菅原大吉、山中崇、河原崎建三、筒井真理子、でんでん、ほか

「チキンとプラム」のネタバレあらすじ結末

2018/08/14掲載

チキンとプラム ~あるバイオリン弾き、最後の夢~の紹介:2011年フランス,ドイツ,ベルギー映画。マルチ・アーティストのマルジャン・サトラピが自身のコミック「鶏のプラム煮」を題材に漫画家ヴァンサン・パロノーと共同で監督した作品。 あるバイオリニストの波乱に満ちた生涯をファンタジーを交えながら美しく綴っていきます。主演のナセル・アリ役を演じるのは監督としても活躍するフランス人俳優マチュー・アマルリック。ナセル・アリの娘役をマルチェロ・マストロヤンニとカトリーヌ・ドヌーヴの娘であるキアラ・マストロヤンニ、ナセル・アリの母役をイングリッド・バーグマンの娘であるイザベラ・ロッセリーニがそれぞれ演じています。
監督:マルジャン・サトラピ、ヴァンサン・パロノー 出演者: マチュー・アマルリック(ナセル・アリ・カーン)、エドゥアール・ベール(死の天使アズラエル/ナレーション)、マリア・デ・メデイロス(ファランギース)、ゴルシフテ・ファラハニ(イラーヌ)、セルジュ・アヴェディキアン(イラーヌの父)、キアラ・マストロヤンニ(リリ)、イザベラ・ロッセリーニ(ナセル・アリの母)ほか

「センセイ君主」のネタバレあらすじ結末

2018/08/14掲載

センセイ君主の紹介:2018年日本映画。幸田もも子の同名少女コミックを竹内涼真と浜辺美波のダブル主演で実写映画化した学園ラブコメディです。イケメンながらも冷徹でひねくれ者な数学教師と、恋に恋するおバカでパワフルな女子高生との恋愛をコミカルに描きます。
監督:月川翔 出演者:竹内涼真(弘光由貴)、浜辺美波(佐丸あゆは)、佐藤大樹(澤田虎竹)、川栄李奈(中村葵)、矢本悠馬(アオちんの彼氏)、佐生雪(詩乃)、福本莉子(夏穂)、新川優愛(秋香)、ほか

「ウルフ・アット・ザ・ドア」のネタバレあらすじ結末

2018/08/14掲載

ウルフ・アット・ザ・ドアの紹介:2016年アメリカ映画。チャールズ・マンソンらによるシャロン・テート殺害事件を下敷きに、カルト教団に狙われた男女の恐怖を描くホラー・サスペンス。友人シャロンの屋敷に身を寄せていたアビーは、故郷に帰る前夜不審な若者を目撃する。彼らは狂気に染まったカルト教団の信者だった。困惑と恐怖の中、アビー達は襲い来る侵入者達から必死に逃げようとするのだが…。
監督:ジョン・R・レオネッティ 出演者:ケイティ・キャシディ(シャロン)、エリザベス・ヘンストリッジ(アビゲイル)、アダム・キャンベル(ボイチェフ)、マイルズ・フィッシャー(ジェイ)、クリス・マルケイ(ジョン)ほか

「ツインピークス/ローラパーマー最期の7日間」のネタバレあらすじ結末

2018/08/14掲載

ツイン・ピークス/ローラ・パーマー最期の7日間の紹介:1992年アメリカ映画。ある小さな町でテレサ・バンクスという少女が殺害されたとの報告が入り、FBIのオズモンドが捜査にあたる。しかし彼は謎の失踪をとげ、そしてその一年後にローラ・パーマー殺害事件が起こる。学園の女王ローラの裏側にある秘密とは。そしてローラが恐れる存在“ボブ”とは・・。熱狂的ファンを生みだした海外ドラマ「ツイン・ピークス」の前日譚にあたり、“世界で一番美しい死体”ローラ・パーマーの最期を描いた作品。
監督:デヴィッド・リンチ 出演:シェリル・リー(ローラ・パーマー)、パメラ・ギドリー(テレサ・バンクス)、レイ・ワイズ(リーランド・パーマー)、モイラ・ケリー(ドナ・ヘイワード)、フェーベ・アウグスチヌス(ロネット・ポラスキー)、カイル・マクラクラン(デイル・クーパー捜査官)、クリス・アイザック(チェスター・デズモンド捜査官)、キーファー・サザーランド(サム・スタンリー捜査官)、デヴィッド・ボウイ(フィリップ・ジェフリーズ捜査官)、ほか

「ヒトラーを欺いた黄色い星」のネタバレあらすじ結末

2018/08/14掲載

ヒトラーを欺いた黄色い星の紹介:2017年ドイツ映画。第二次世界大戦の時代のドイツ・ベルリンで、ナチスの迫害から逃れ、身分を隠して生き延びた1500人のユダヤ人。実際の生き残りであ4人のユダヤ人の証言を基に製作された、決して生きる希望を見失わなかった4人の若者の姿を描いた伝記ドラマです。
監督:クラウス・レーフレ 出演者:マックス・マウフ(ツィオマ・シェーンハウス)、アリス・ドワイヤー(ハンニ・レヴィ)、ルビー・O・フィー(ルート・アルント)、アーロン・アルタラス(オイゲン・フリーデ)、ヴィクトリア・シュルツ(エレン・レヴィンスキー)、フロリアン・ルーカス(ヴェルナー・シャルフ)、アンドレアス・シュミット(ハンズ・ウィンクラー)、ロベルト・フンガー=ビューラー(フランツ・カウフマン)、ルーカス・ライバー(ヨッヒェン・アーント)ほか

「青い欲動」のネタバレあらすじ結末

2018/08/14掲載

青い欲動の紹介:2015年フランス映画。フランスの高校生の乱交騒ぎを、フランス独特のニュアンスと映像美で描いた作品。フランスで人気急上昇中のマリリン・リマが過激な濡れ場に挑戦した話題作です。
監督:エバ・ユッソン 出演:マリリン・リマ(ジョルジュ)、ロレンツォ・ルフェーベル(ガブリエル)、デイジー・ブルーム(レティシア)、フィネガン・オールドフィールド(アレックス)、ほか

「沈黙の制裁」のネタバレあらすじ結末

2018/08/13掲載

沈黙の制裁の紹介:2014年アメリカ映画。スティーヴン・セガール主演のアクション映画『沈黙』シリーズの作品のひとつで、組織から女を守る傭兵の戦いを描く。
監督:キオニ・ワックスマン 出演者:スティーヴン・セガール(ジョン・アレキサンダー)、バイロン・マン(チー)、ジョシュ・バーネット(コルト)、ビニー・ジョーンズ(ボス)、ハワード・デル(ヴァン・ホーン)、アディーナ・ステチュー(ナディア)ほか

「沈黙の報復」のネタバレあらすじ結末

2018/08/13掲載

沈黙の報復の紹介:2007年アメリカ映画。スティーヴン・セガールの代表作である『沈黙』シリーズの1作品である本作品は、潜入捜査官だった一人息子を何者かに殺されたセガール演じる元CIA捜査官が復讐のために立ち上がる姿を描きます。
監督:ドン・E・ファンルロイ 出演者:スティーヴン・セガール(サイモン・バリスター)、エディ・グリフィン(アーマンド・タッカー)、カーク・B・R・ウォーラー(フランク・ショウ)、カーメン・セラーノ(アリス・パーク)、リーズル・カーステンス(リンダ・バリスター)、ダニー・トレホ(エル・チヴォ)ほか

「バグジー」のネタバレあらすじ結末

2018/08/13掲載

バグジーの紹介:1991年アメリカ映画。愛する一人の女のため、何も無かった砂漠にネオン煌めくオアシス「ラスベガス」を作った実在の人物ベンジャミン・“バグジー”・シーゲルの野望を描いたヒューマンメロドラマです。主演・製作をしたウォーレン・ベイティの野心作で、第49回ゴールデングローブ賞作品賞などを受賞した秀作です。
監督:バリー・レヴィンソン 出演:ウォーレン・ベイティ(ベンジャミン・“バグジー”・シーゲル)、アネット・ベニング(ヴァージニア・ヒル)、ハーヴェイ・カイテル(ミッキー・コーエン)、ベン・キングズレー(メイヤー・ランスキー)、エリオット・グールド(ハリー・グリーンバーグ)、ジョー・マンテーニャ(ジョージ・ラフト)、リチャード・C・サラフィアン(ジャック・ドラグナ)、ビービー・ニューワース(フラッソ伯爵夫人)、ほか

1 2 3 4 5 459
TOP↑