「リバース・オブ・ブリッツ」のネタバレあらすじ結末

2020/10/29掲載

リバース・オブ・ブリッツの紹介:2018年アメリカ映画。死体安置所で、死んだと思われていた赤ん坊が突然目を覚ます。そのまま安置所の職員ケンに育てられ、やがて16歳となった主人公のテス。電流を操ることができるという特殊能力を持つ彼女は、自らの出生の秘密や母親の居場所を知ろうと動き出す…。
監督:ジュリアン・リチャーズ 出演:バーバラ・クランプトン(レナ)、マイケル・パレ(刑事)、ケリー・ギルバート(テス)、レイ・ドーン・チョン(ドリー)、モンテ・マーカム(ヘック)、チャズ・ボノ(ケン)、ほか

「ザ・パラサイト 寄生する獣」のネタバレあらすじ結末

2020/10/29掲載

ザ・パラサイト 寄生する獣の紹介:2018年アメリカ映画。アメリカ東海岸で続発する変死事件。それは頭の内部から破裂したという共通点がありました。主人公の女性科学者が調査に乗りだし、それは人間を操ることの出来る未知の寄生生物が関与しているのだと分かったのですが…。
監督:ジェレミア・キップ 出演:ナナ・ゴウベア(ルイーザ)、トム・サイズモア(マイケル刑事)、エリック・ロバーツ(フランク)、ヴィンセント・パストーレ(ジョーンズ博士)、チャック・ジトー(ウィリアム保安官)、ジョニー・ボーシャン(トミー)、ほか

「進撃の巨人 Season2 覚醒の咆哮」のネタバレあらすじ結末

2020/10/29掲載

劇場版 「進撃の巨人」 Season2~覚醒の咆哮~の紹介:2018年日本映画。TVアニメ「進撃の巨人」の第2期にあたる「進撃の巨人 Season2」を再編集した劇場版。同期のアニ・レオンハートが調査兵団の行動を妨害した「女型の巨人」であったことが判明し衝撃を受けるエレン・イェーガー達でしたが、今度は、ベルトルト・フーバー、ライナー・ブラウンがウォールマリアの扉を壊した「超大型巨人」、「鎧の巨人」であることがわかります。ライナー達は、巨人に変身できるエレンに同行を求めますが、エレンが拒否するとエレンを強引に拉致してします。調査兵団団長エルヴィン・スミスは、人類が巨人に対抗できる唯一の存在であるエレンを奪還する作戦を決行します。
監督:肥塚正史 声優:エレン・イェーガー(梶裕貴)、ミカサ・アッカーマン (石川由依)、アルミン・アルレルト(井上麻里奈)、ジャン・キルシュタイン(谷山紀章)、ライナー・ブラウン(細谷佳正)、ベルトルト・フーバー(橋詰知久)、コニー・スプリンガー(下野紘)、サシャ・ブラウス(小林ゆう)、クリスタ・レンズ(三上枝織)、ユミル (藤田咲)、リヴァイ(神谷浩史)、エルヴィン・スミス(小野大輔)、ハンジ・ゾエ(朴ろみ)、ほか

「バーレスク 煌めく者たち」のネタバレあらすじ結末

2020/10/28掲載

バーレスク 〜煌めく者たち〜の紹介:2017年アメリカ映画。コメディと風刺のきいた過激なパフォーマンスショー、バーレスク。トップを走るパフォーマーたちのこだわりや、ショーに対する熱量をインタビューとショー映像で贈る。
監督:ジョン・マニング 出演:ゾラ・ボン・パボニン、アンジェリーク・デビル、ジェット・アドア、イビジニア・ダキニ、ラッセル・ブルナー、サンドリア・ドーレ、バイオレット・オーマイガッド、アイゼア・エクスワイア、バブス・ジャンボリー、ほか

「生霊 IKIRYO」のネタバレあらすじ結末

2020/10/28掲載

生霊 IKIRYOの紹介:1999年日本映画。ホラーゲーム『リセット』を開発制作する小森。好きな上司の加藤が里村という女子社員をサブに連れてきました。里村は小森に対抗心むき出しで、やがて二人は意見が対立し始めます。憎いと思った相手を念じて呪う能力を持つ小森は、ひとり部屋で念じ始めます。やがて里村が行方不明になり…という内容のジャパニーズホラー映画です。
監督:吉村典久 出演者:高橋かおり(小森)、鶴久政治(加藤)、梶原芽衣(里村)、藤原喜明(部長)、天宮良(沢田)ほか

「テリトリーズ」のネタバレあらすじ結末

2020/10/28掲載

テリトリーズの紹介:2010年フランス,カナダ映画。カナダからの結婚式の帰り、正規のルートを通らずに国境を越えようとしたジャイルら5人の若者は、国境警備員と名乗る二人の男の検問にあいます。しかし麻薬を持っていたのが見つかり、さらに反撃した一人が射殺され4人は森の中で監禁され…という内容の理由もわからず監禁、拷問される不条理ホラー映画です。
監督:オリヴィエ・アブー 出演者:ロック・ラフォーチュン(サム)、ショーン・ディヴァイン(ウォルター)、クリスティーナ・ロサート(ミシェル)、マイケル・マンドゥ(ジャイル)、ニコール・ルロー(レスリー)、アレクサンドル・ウィーナー(トム)、ヴラスタ・ヴラナ(ホワイト)、スティーヴン・シェレン(ブローティガン)ほか

「ザ・イースト」のネタバレあらすじ結末

2020/10/28掲載

ザ・イーストの紹介:2013年アメリカ映画。元FBI捜査官で潜入捜査専門の民間企業に勤めるジェーンは、環境破壊テロ組織であるザ・イーストの潜入捜査に入ります。リーダーのベンジーらの行動や考え方は、一般的なテロ集団とは違うと感じ始めたジェーンは、徐々にイーストに感化され始めます。そしてテロが実行され…という内容の、女性潜入捜査官の葛藤を描いたサスペンス映画です。
監督:ザル・バトマングリ 出演:ブリット・マーリング(ジェーン/サラ)、アレクサンダー・スカルスガルド(ベンジー)、エレン・ペイジ(イジー)、パトリシア・クラークソン(シャロン)、トビー・ケベル(ドク)、ジェイソン・リッター(ティム)、シャイロ・フェルナンデス(ルカ)ほか

「れいわ一揆」のネタバレあらすじ結末

2020/10/27掲載

れいわ一揆の紹介:2019年日本映画。『ゆきゆきて、神軍』の原一男監督が、れいわ新選組から2019年の参議院議員選挙に立候補し「子どもを守り未来を守る」のスローガンを掲げて全国を馬と共に旅した安冨歩の選挙運動に密着したドキュメンタリー映画。山本太郎代表をのぞく、れいわ新選組全候補者がこの作品のために原監督のインタビューに応じた。
監督:原一男 出演者:安冨歩、辻村千尋、渡辺照子、大西つねき、三井義文、蓮池透、野原善正、木村英子、舩後靖彦、山本太郎、ほか

「女性の勝利」のネタバレあらすじ結末

2020/10/27掲載

女性の勝利の紹介:1946年日本映画。田中絹代という稀代の名女優がどんな役柄でもこなしていたことが改めて窺える作品です。もちろん彼女自身が生前語ったように、溝口健二とタッグを組むことは大きな刺激となったのでしょう、真摯な女性の生き方を監督の要求通りに演じ切っています。女性弁護士という役柄を得て立つ法廷内の熱気はひとり田中絹代がつくり出していると言っても過言ではありません。その意味で田中絹代の抜擢こそこの映画の成功に他なりません。また生方敏夫カメラマンのカメラワークは特筆に値します。せまい日本家屋内で繰り広げる緊迫感あふれる会話シーンを、息継ぎのない長回し撮影でとらえて観る者を圧倒します。
監督:溝口健二 出演者:田中絹代(細川ひろ子)、桑野通子(河野みち子)、高橋豊子(ひろ子の母)、松本克平(河野周一朗)、若水時子(河野の母)、徳大寺伸(山岡敬太)、三浦光子(朝倉もと)、紅澤葉子(もとの母)、内村榮子(ゆき子)、長尾敏之助(水島)、風見章子(原田時枝)、若水絹子(とみ)奈良真養(裁判長)ほか

「ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ」のネタバレあらすじ結末

2020/10/27掲載

ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラの紹介:2014年ベルギー,アイルランド映画。近代建築の巨匠ル・コルビュジエと、彼が唯一その才能に嫉妬したとされるアイリーン・グレイとの確執を描いたドラマ。撮影には実際の建築物や家具が使われ、ジョン・レノンの息子ジュリアン・レノンがスチール写真を手掛けた。
監督:メアリー・マクガキアン 出演:オーラ・ブラディ(アイリーン・グレイ)、ヴァンサン・ペレーズ(ル・コルビュジエ)、フランチェスコ・シャンナ(ジャン・バドヴィッチ)、アラニス・モリセット(マルサ・ダミア)、ドミニク・ピノン(フェルナン・レジェ)、アドリアーナ・ランドール(シャルロット・ペリアン)、ほか

「死への逃避行」のネタバレあらすじ結末

2020/10/27掲載

死への逃避行の紹介:1983年フランス映画。素性を偽りながら金持ちの男を次々と殺害し金品を奪う女と、彼女を追ううちに亡くした娘を重ね常軌を逸していく敏腕私立探偵を描いたサスペンス。
監督:クロード・ミレール 出演:イザベル・アジャーニ、ミシェル・セロー、ギイ・マルシャン、ステファーヌ・オードラン、マーシャ・メリル、ほか

「ワールド・デッド」のネタバレあらすじ結末

2020/10/26掲載

ワールド・デッドの紹介:2011年アメリカ映画。貨物列車が脱線し薬品が流れ出した事で、感染した人がゾンビになり、ゾンビに噛まれた人がゾンビになるという感染の連鎖が始まります。実家に一人娘のアンを預けていたサムとジェニーの夫婦は、サムの弟のニックを連れ実家に向かいますが、すでにゾンビから避難して誰もいません。避難所にたどり着いた3人でしたが…という内容のゾンビの数が圧倒的に多い、低予算ながら本格派のゾンビ映画です。
監督:デモン・クランプ 出演者:ギギ・エレネタ(ジェニー)、ジョー・トッキシー(サム)、ジェイソン・ハーパー(ニック)、スティファン・リー(ヘイズ)、カリム・イラスムス(AK)ほか

「ストレイ・ドッグ」のネタバレあらすじ結末

2020/10/26掲載

ストレイ・ドッグの紹介:2018年アメリカ映画。エリンはロス市警の刑事ですが、酒に溺れて同僚や娘からも嫌われています。そんな彼女のもとへ紫色に染まったドル紙幣が届きます。エリンは17年前の事件を思い出し、犯人と戦うことを決意します。『ストレイ・ドッグ』は、ニコール・キッドマンが刑事役を熱演しています。ストーリーはエリンの現在と回想シーンが交互に進み、事件の謎が解明されていきます。
監督:カリン・クサマ 出演:ニコール・キッドマン(エリン・ベル)、トビー・ケベル(サイラス)、タチアナ・マズラニー(ペトラ)、セバスチャン・スタン(クリス)、スクート・マクネイリー(イーサン)、ブラッドリー・ウィットフォード(ディフランコ)、ほか

「カフェ・オ・レ」のネタバレあらすじ結末

2020/10/26掲載

カフェ・オ・レの紹介:1993年フランス映画。異人種間で繰り広げられる三角関係を描いたロマンス&コメディ。貧乏なユダヤ人青年フェリックスと、アフリカ某国外交官の息子でエリート大学生のジャマル。一切接点の無い2人には、ひとつだけ共通点があった。2人は同じ黒人女性と交際していたのだ。二股をかけていた恋人ローラは妊娠していることを明かし、産みたいと言い出した。どちらが子どもの父親なのか分からないまま、対立するフェリックスとジャマル。しかしローラをサポートする内に、いつしか不思議なシンパシーを感じるようになる。
監督:マチュー・カソヴィッツ 出演者:ジュリー・モデュエシュ(ローラ)、ユベール・クンデ(ジャマル)、マチュー・カソヴィッツ(フェリックス)、ヴァンサン・カッセル(マックス)、タデック・ロクチンスキー(フェリックスの祖父)ほか

「おもかげ」のネタバレあらすじ結末

2020/10/26掲載

おもかげの紹介:2019年スペイン,フランス映画。エレナは、元夫と旅行中の6歳の息子から連絡を受ける。「パパが帰ってこない」フランスの海辺からかかってきたその電話が息子の声を聞いた最後だった。10年後、その海辺のレストランで働くエレナの前に現れたのは、息子の面影を宿したフランス人の少年ジャン。しかし2人の関係は、次第に周りを混乱と戸惑いに巻き込んでいく。スペイン国内外で50以上の映画賞を受賞し、アカデミー賞短編実写映画賞にノミネートされた映画『Madre』のその先を描いた作品。
監督:ロドリゴ・ソロゴイェン 出演:マルタ・ニエト(エレナ)、ジュール・ポリエ(ジャン)、アレックス・ブレンデミュール(ヨセバ)、アンヌ・コンシニ(レア)、フレデリック・ピエロ(グレゴリー)ほか

1 2 3 4 5 718

キーワードから探す

TOP↑