Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「モンスター・トーナメント」のネタバレあらすじ結末

2019/01/23掲載

モンスター・トーナメント 世界最強怪物決定戦の紹介:2011年カナダ映画。ホラー映画に出てくるモンスターを8体集結させ、プロレスの試合をやって、モンスター世界一決定戦をやろうという、かなりコメディ要素の強いホラー映画です。ストーリー的なものは無くて、モンスターの紹介と試合風景とアナウンスのみという本当のプロレスの試合の中継を見ているような作品です。
監督:ジェシー・T・クック 出演者:デイブ・フォーリー(バズ・チェンバース)、ロバート・メイレット(フランケンシュタイン)、アート・ヒンドル(サスクワッチ・シド・タッカー)、ハーブ・ディーン(ハーブ・ディーン)、ジミー・ハート(ジミー・ハート)、ケビン・ナッシュ(シャンクス)、ランス・ヘンリクセン(ガット)ほか

「メモリーズ 追憶の剣」のネタバレあらすじ結末

2019/01/22掲載

メモリーズ 追憶の剣の紹介:2015年韓国映画。高麗王朝末期の時代、全ての物語は剣で語られていた。そして民衆の為に立ち上がった三人の剣士が居た。それから10数年の時が流れ、三人の思いが複雑に絡み合う。
監督:パク・フンシク 出演:イ・ビョンホン(ユベク/ドッキ)、チョン・ドヨン(ウォルソ/ソルラン)、キム・ゴウン(ホンイ)、イ・ジュノ(ユル)、イ・ギョンヨン(師匠)、キム・テウ(イ・ジョンボク)、ほか

「地獄門」のネタバレあらすじ結末

2019/01/22掲載

地獄門の紹介:1953年日本映画。平治の乱の最中に、平清盛に助言を与え、内通者を殺した盛遠は清盛に認められました。そして清盛に一つ望みを叶えてやると言われた盛遠は、自分が助けた女の袈裟を嫁にしたいと言いますが、袈裟は人妻でした・・・という内容の『袈裟と盛遠の物語』を映画化した作品です。
監督:衣笠貞之助 出演者:長谷川一夫(盛遠)、京マチ子(袈裟)、山形勲(渡辺渡)、黒川弥太郎(重盛)、坂東好太郎(六郎)、田崎潤(小源太)、千田是也(清盛)ほか

「婚期」のネタバレあらすじ結末

2019/01/22掲載

婚期の紹介:1961年日本映画。兄嫁いびりを楽しむ姉妹だが、これは度が過ぎていませんか。水木洋子のオリジナル・シナリオを吉村公三郎が監督したコメディ。若尾文子と野添ひとみのマシンガン・トークが楽しい。
監督:吉村公三郎 出演者:若尾文子(波子)、野添ひとみ(鳩子)、京マチ子(静)、船越英二(唐沢卓夫)、高峰三枝子(冴子)、北林谷栄(ばあや)その他

「ハートビート」のネタバレあらすじ結末

2019/01/22掲載

ハートビートの紹介:2016年アメリカ,ルーマニア映画。ニューヨークを舞台に、プロのバレエダンサーを目指す女性と地下鉄でバイオリンを弾く青年が出会い、ダンスと弦楽器のコンクールに挑む姿を描いた作品です。バイオリンとバレエ、そしてヒップホップを見事に融合させ、本物のダンサーを起用したダンスバトルは本作の見どころとなっています。
監督:マイケル・ダミアン 出演者:キーナン・カンパ(ルビー・アダムス)、ニコラス・ガリツィン(ジョニー・ブラックウェル)、ソノヤ・ミズノ(ジャジー)、ポール・フリーマン(クラムロフスキー)、ジェーン・シーモア(オクサナ)、マヤ・モルゲンステルン(マルコヴァ)、イアン・イーストウッド(リック)、リチャード・サウスゲイト(カイル)、アナベル・クタイ(エイプリル)ほか

「沈黙の激戦」のネタバレあらすじ結末

2019/01/22掲載

沈黙の激戦の紹介:2016年アメリカ映画。スティーブン・セガール氏が演じる主人公ジョン・ハーモンは殺しの専門家としてその道では有名な人物だった。彼が動くとき、それは犯罪者が死ぬとき。だが一般市民の犠牲も多いため現在は職務から外されていた。しかしそんな事情も知る政府関係者ベックから依頼が届く。その依頼とは?
監督:キオニ・ワックスマン 出演:スティーブン・セガール(ジョン・ハーモン)、ラッセル・ウォン(マシュー・シャープ)、ジェマ・ダーレンダー(ザラ)、ほか

「アナエクランドのエクソシズム」のネタバレあらすじ結末

2019/01/22掲載

アナ・エクランドのエクソシズムの紹介:2016年イギリス映画。アナという女性に乗り移った悪霊が追い払えない事で、夫のジェイコブはテオ神父に相談し、悪魔祓いを専門とするリチャード神父に頼むことになりました。そして修道院の中でリチャードによるアナの悪魔祓いが始まりました…という内容のオカルトホラー映画です。
監督:アンドリュー・ジョーンズ 出演者:リー・ベイン(リチャード神父)、ティファニー・ケリ(アナ)、ジェフ・ラゲット(テオ神父)、ジュディス・ヘイリー(シスター)、リック・グレイソン(ジイコブ)、メリッサ・バイエルン(ローラ)ほか

「ジェーンドウの解剖」のネタバレあらすじ結末

2019/01/21掲載

ジェーン・ドウの解剖の紹介:2016年アメリカ映画。映画の祭典「ファンタスティック・フェスト」で最優秀作品に選ばれたのをはじめ、世界各国の映画祭で話題を呼んだホラー。身元不明の女性の遺体、“ジェーン・ドウ”の検死を担当することになった親子、トミーとオースティン。ところがジェーン・ドウは、今まで彼らが見てきた遺体とは全く違っていた…。主演は「ボーン・アイデンティティ」シリーズのブライアン・コックス、そして「イントゥ・ザ・ワイルド」のエミール・ハーシュ。また、妖しく美しい死体“ジェーン・ドウ”を演じるのは、ヴォーグ誌のグラビアや有名ブランドの顔として活躍中のモデル、オルウェン・ケリー。
監督:アンドレ・ヴーヴレダル 出演者:オルウェン・ケリー(ジェーン・ドウ)、エミール・ハーシュ(オースティン・ティルデン)、ブライアン・コックス(トミー・ティルデン)、マイケル・マケルハットン(バーク保安官)、オフィリア・ラヴィボンド(エマ)、パーカー・ソーヤーズ(コール)、ジェーン・ペリー(ウェイド)ほか

「タッチ」のネタバレあらすじ結末

2019/01/21掲載

タッチの紹介:2005年日本映画。あだち充の高校野球を題材にした名作人気漫画の実写版映画です。「三人で描いた夢 届けたい、この想い。」と、ヒロイン・浅倉南を長澤まさみが、双子の兄弟・上杉達也と和也を斉藤祥太と斉藤慶太が好演しています。監督は『眉山-びざん-』、『のぼうの城』などの犬童一心、撮影は『HERO』などの蔦井孝洋です。
監督:犬童一心 出演:長澤まさみ(浅倉南)、斉藤祥太(上杉達也)、斉藤慶太(上杉和也)、RIKIYA(原田正平)、平塚真介(松平孝太郎)、上原風馬(黒木武)、安藤希(日向小百合)、福士誠治(新田明男)、風吹ジュン(上杉晴子)、若槻千夏(矢部ソノコ)、小日向文世(上杉信悟)、宅麻伸(浅倉俊夫)、ほか

「ムーンライト下落合」のネタバレあらすじ結末

2019/01/21掲載

ムーンライト下落合の紹介:2017年日本映画。長田は友人である三上を泊め、深夜に目が覚めた二人はポツポツと会話を始める。かみ合うようでかみ合わない二人の数時間を描いた作品。加藤一浩の短編戯曲を俳優柄本佑が映画化。
監督:柄本佑 出演:加瀬亮(長田)、宇野祥平(三上)、ほか

「快盗ルビイ」のネタバレあらすじ結末

2019/01/21掲載

快盗ルビイの紹介:1988年日本映画。小泉今日子が扮する快盗ルビイが、真田広之が扮する純朴なサラリーマンと繰り広げる、おしゃれでチャーミングな恋物語です。原作はヘンリー・スレッサーの『快盗ルビイ・マーチンスン』です。主題歌は小泉今日子の『快盗ルビイ』で、若き日のキョンキョンと真田広之が楽しめる作品です。
監督:和田誠 出演:小泉今日子(加藤留美・ルビイ)、真田広之(林徹)、水野久美(徹の母)、岡田真澄(マンションの住人)、木の実ナナ(マンションの住人)、陣内孝則(留美の恋人)、天本英世(食料品屋の親父)、ほか

「血と砂(1965年)」のネタバレあらすじ結末

2019/01/21掲載

血と砂の紹介:1965年日本映画。「独立愚連隊」同様、戦時中の大陸を舞台にした岡本喜八のエンタテインメント大作。反戦的なメッセージを込めているところがいかにも岡本監督らしい。出演者は、三船敏郎、佐藤充、天本英世など、岡本作品のいつものレギュラー陣。
監督:岡本喜八 出演:三船敏郎(小杉曹長)、伊藤雄之助(持田一等兵)、佐藤充(犬山一等兵)、団令子(お春)、仲代達矢(佐久間大尉)、名古屋章(根津曹長)

「アルファ碁」のネタバレあらすじ結末

2019/01/21掲載

アルファ碁の紹介:2017年アメリカ映画。ディープマインド社デミス・ハサビス氏率いるチームが開発したAI「アルファ碁」が欧州チャンピオンを破った後、現在世界最強とされる韓国のイ・セドル9段に対局を挑む。AI対天才棋士の5回勝負とそれを取り巻く人々の様々な思いを追ったドキュメンタリー。
監督:グレッグ・コーズ 出演:ファン・フイ(プロ棋士)、イ・セドル(プロ棋士)、ディープマインド社デミス・ハサビスおよびアルファ碁開発チーム、碁やプログラム開発に詳しい学識者たち

「TAXi5 ダイヤモンドミッション」のネタバレあらすじ結末

2019/01/20掲載

TAXi ダイヤモンド・ミッションの紹介:2018年フランス映画。検挙率No.1で最高のドライビングの腕を持ちながら、スピード狂で派手な厄介ごとを起こしたシルヴァン・マロ。パリ警察から特殊部隊へ異動する夢も散り、ある日地方都市マルセイユと左遷されてしまう。風変わりな同僚に囲まれながら、高級車で宝石を盗むイタリアの強盗団と対峙する。1作目の『TAXi』から20年。第5作目となる本作はキャストを刷新し、タクシーもチューンアップ。フェラーリやランボルギーニなどの高級車との手に汗握るカーチェイスも見どころのひとつ。
監督:フランク・ガスタンビド 出演:フランク・ガスタンビド(シルヴァン・マロ)、マリク・ベンタルハ(エディ・マクルー)、ベルナール・ファルシー(ジベール市長)、サブリナ・ウアザニ(サミア)、エドゥアルド・モントート(アラン)ほか

「デビルズ・ノット」のネタバレあらすじ結末

2019/01/20掲載

デビルズ・ノットの紹介:2013年アメリカ映画。幼い男児3人を殺害した容疑で3人の若者が逮捕され、のちに米史上最悪の冤罪事件とも言われる“ウェスト・メンフィス3事件”の実話をもとに映画化。
監督:アトム・エゴヤン 出演:コリン・ファース(ロン・ラックス)、リース・ウィザースプーン(パム・ホッブス)、デイン・デハーン(クリス・モーガン)、ミレイユ・イーノス(ヴィッキー・ハッチソン)、ブルース・グリーンウッド(バーネット判事)、ジェームズ・ウィリアム・ハムリック(ダミアン・エコールズ)、ほか

1 2 3 4 5 523
TOP↑