「機動戦士ガンダムUC episode 5 黒いユニコーン」のネタバレあらすじ結末

2020/06/04掲載

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 5 黒いユニコーンの紹介:2012年日本映画。福井晴敏原作の機動戦士ガンダムの流れを汲む宇宙世紀シリーズの物語を全7話でアニメ化したうちの第5話。黒いユニコーンガンダム「バンシィ」により捕縛されたバナージは、ラプラスの箱探索への協力を拒んだため、ビスト財団は、バナージを協力させるため、オードリーを利用しようとします。しかし、2人は、ロンド・ベル隊司令のブライト・ノアがひそかに手引きしたガランシェール隊により救助され、ラプラスの箱を探すべく、地球を離れ宇宙に戻ることとなります。
監督:古橋一浩 声優:バナージ・リンクス(内山昂輝)、オードリー・バーン/ミネバ・ザビ(藤村歩)、マリーダ・クルス(甲斐田裕子)、スベロア・ジンネマン(手塚秀彰)、リディ・マーセナス(浪川大輔)、ブライト・ノア(成田剣)、フル・フロンタル(池田秀一)、ほか

「バトル・オブ・バミューダトライアングル」のネタバレあらすじ結末

2020/06/03掲載

バトル・オブ・バミューダトライアングルの紹介:2014年アメリカ映画。バミューダトライアングルで繰り広げられる、アメリカ海軍と地球外生命体との戦いを描くSFアクション。バミューダトライアングル上空を移動中のエアフォースワンが墜落し、デステーノ大統領が脱出ポッドで海底に沈んでしまった。アメリカ海軍の兵曹長オリヴァーは大統領救出の任務を命じられるが、直後に艦隊は謎の触手の攻撃を受ける。触手の正体は、バミューダトライアングルの海底に潜む未知の地球外生命体だった。
監督:ニック・ライオン 出演者:トレヴァー・ドノヴァン(トリップ・オリヴァー)、ジェイミー・ケネディ(ジマー)、リンダ・ハミルトン(リンダ・ハンセン)、マイア・ハリソン(プラマー)、ジョン・サヴェージ(デステーノ大統領)ほか

「仁寺洞スキャンダル 神の手を持つ男」のネタバレあらすじ結末

2020/06/03掲載

仁寺洞スキャンダル ~神の手を持つ男~の紹介:2009年韓国映画。朝鮮王朝時代の名画『碧眼図』を、京都で見つけた絵画ギャラリーを経営するペ会長は、神の手を持つ修復師カンジュンに『碧眼図』の修復を依頼します。これにより仁寺洞の闇で起こっていた、絵画をめぐる複製疑惑にカンジュンは巻き込まれていき…という内容のサスペンス映画です。登場人物の相関関係が複雑ですが、どんでん返しの繰り返しの韓国らしい作品です。監督:パク・ヒゴン 出演者:キム・レウォン(イ・カンジュン)、オム・ジョンファ(ペ・テジン)、イム・ハリョン(クォン・マダム)、ホン・スヒョン(チョイ刑事)ほか

「弾丸刑事 怒りの奪還」のネタバレあらすじ結末

2020/06/03掲載

弾丸刑事(デカ) 怒りの奪還の紹介:2014年アメリカ映画。『マチェーテ』『スパイキッズ』シリーズのダニー・トレホ主演によるクライムアクション作品です。最愛の孫を長年追い続けてきた犯罪王に誘拐され、更には罪を擦り付けられて警察から追われる身となったロス市警のベテラン刑事が孤独な闘いを挑みます。
監督:ニック・リオン 出演者:ダニー・トレホ(フランク・“バレット”・マラスコ)、ジョナサン・バンクス(カリート・ケイン)、トルステン・ヴォルグ(ルーカス・クルーガー)、セリ・デヤング(ジェシカ)、ジョン・サヴェージ(ジョンソン知事)、イヴ・マウロ(サマンサ)、ティンゼル・コーリー(ヴァネッサ)、エリック・エステバリ(マヌエル・ケイン)、カイル・ヴィラロボス(マリオ)、ユリア・ディーツェ(ブルック・マディソン)、マックス・パーリッチ(リロイ)ほか

「AKIRA」のネタバレあらすじ結末

2020/06/03掲載

AKIRAの紹介:1988年日本映画。コミック「AKIRA」の劇場版アニメーション。オリンピック開催を翌年に控えた2019年のネオ東京。子供との事故に巻き込まれた暴走族の一員である鉄雄は、突然超能力に目覚めます。暴走族のリーダーである金田は、偶然知り合ったテロリストから鉄雄が軍に囚われていると聞いて、鉄雄を助けに向かいますが、そこには超能力を駆使して暴れる鉄雄の姿がありました。鉄雄が超能力に目覚めたのは、31年前に東京崩壊を起こした「アキラ」という存在が関係していました。金田は、暴走を始める鉄雄を止めるため鉄雄に立ち向かいます。
監督:大友克洋 声優:金田(岩田光央)、鉄雄(佐々木望)、ケイ(小山茉美)、大佐(石田太郎)、竜(玄田哲章)、タカシ(26号)(中村龍彦)、キヨコ(25号)(伊藤福恵)、マサル(27号)(神藤一弘)

「C階段」のネタバレあらすじ結末

2020/06/02掲載

C階段の紹介:1985年フランス映画。パリのありふれたアパルトマンを舞台に、そこに暮らす人々の姿を描くドラマ作品。美術評論家フォステールは確かな審美眼を評価されているが、同時に高慢で皮肉屋な性格も有名だった。他人を見下しつつもアパルトマンの住人達とは適度に付き合う毎日。そんなある夜、アパルトマンの住人マダム・ベルナールが首吊り自殺をしてしまう。初めて他人に同情したフォステールは、これまでの自分を見直し人間的に成長していくのだった。
監督:ジャン=シャルル・タケラ 出演者:ロバン・ルヌーチ(フォステール・ラフォン)、ジャン=ピエール・バクリ(ブルーノ)、カトリーヌ・ルプランス(フロランス・マルタン)、ジャック・ボナフェ(クロード)、カトリーヌ・フロ(ベアトリス)ほか

「ゴシップサイト 危険な噂」のネタバレあらすじ結末

2020/06/02掲載

ゴシップサイト 危険な噂の紹介:2014年韓国映画。オーデションでミジンに出会い、才能を見つけたウゴンはマネージャーとしてミジンをスターへと育てあげます。しかし、議員とのスキャンダルの情報を流され、悩んだミジンは自殺。ミジンの死から立ち直れないウゴンは、デマを流され死んだミジンの復讐の為に立ち上がりますが、背後には巨大な組織が見え隠れしていました…という内容の韓国のサスペンス映画です。
監督:キム・グァンシク 出演者:キム・ガンウ(ウゴン)、チョン・ジニョン(パク社長)、コ・チャンソク(百聞)、パク・ソンウン(チャ・ソンジュ)、パク・ウォンサン(オ・ボンソク)、コ・ウォニ(ミジン)、アン・ソンギ(ナム議員)ほか

「大時計」のネタバレあらすじ結末

2020/06/02掲載

大時計の紹介:1948年アメリカ映画。一風変わった設定のサスペンスもので、後にケヴィン・コスナー主演の「追いつめられて」としてリメイクされた。ケネス・フィアリングの原作を、ミステリ作家としても知られるジョナサン・ラティマーが脚色している。
監督:ジョン・ファロー 出演:レイ・ミランド(ジョージ・ストロード)、チャールズ・ロートン(アール・ジャナス)、モーリン・オサリヴァン(ジョージの妻)、リタ・ジョンソン(ポーリーン)、ジョージ・マクレディ(ヘイゲン)、ほか

「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」のネタバレあらすじ結末

2020/06/02掲載

オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダーの紹介:2011年日本映画。石ノ森章太郎の代表作『仮面ライダー』の生誕40周年・東映創立60周年を記念し、2012年公開の『アベンジャーズ』に対抗すべく日本特撮界の総力を挙げて製作された超大作です。『平成仮面ライダーシリーズ』第12作『仮面ライダーオーズ』と第8作『仮面ライダー電王』を軸に昭和・平成を股に掛けた総勢63名の歴代仮面ライダーがここに集結。更には同じ石ノ森章太郎作品の『人造人間キカイダー』『キカイダー01』『イナズマン』『快傑ズバット』までもが登場する一大お祭り映画となりました。キャッチコピーは「世界よ、これが日本のヒーローだ!!」であり、後に『アベンジャーズ』は「日本よ、これが映画だ」と返しています。

「瀧の白糸(1933年)」のネタバレあらすじ結末

2020/06/01掲載

瀧の白糸の紹介:1933年日本映画。北陸一の美人と謳われる水芸の太夫・滝の白糸は、向学の念を抱く青年・村越欣也と結ばれます。士官の道を志す欣也を東京へ送り、仕送りを続ける白糸に、浮世は辛く哀しい運命を突きつけてきます。製作は入江たか子プロダクション。監督は、名匠・溝口健二。昭和2年『キネマ旬報』ベストテン第2位。日本の映画史に残るサイレント映画の傑作です。
監督:溝口健二 出演者:入江たか子(滝の白糸:水島友)、岡田時彦(村越欣弥)、村田宏寿(南京出刃打)、菅井一郎(岩淵剛蔵)、浦辺粂子(銀子)、滝 鈴子(撫子)ほか

「素晴らしき放浪者」のネタバレあらすじ結末

2020/06/01掲載

素晴らしき放浪者の紹介:1932年フランス映画。絶望した浮浪者ブーデュがセーヌ川に飛び込んだことに始まる本屋夫婦の家のてんやわんや。作品を企画・プロデュースした個性派俳優ミシェル・シモンの魅力が炸裂。パリの街角の実際の風景も新鮮な、淫らで、自由で、のびのびした、ジャン・ルノワール監督の傑作。
監督:ジャン・ルノワール 出演者:ミシェル・シモン(ブーデュ)、シャルル・グランヴァル(レスタンゴワ)、マルセル・エニア(レスタンゴワ夫人)、セヴリーヌ・レルシンスカ(アンヌ=マリ)ほか

「老人と海(1958年)」のネタバレあらすじ結末

2020/06/01掲載

老人と海の紹介:1958年アメリカ映画。アメリカの有名作家ヘミングウェイの同名小説を映画化したのが本作。一人の老漁師と一匹の魚との激しい攻防が見所です。本作品のヒットがきっかけとなりヘミングウェイの小説もノーベル文学賞を受賞したと言われています。
監督:ジョン・スタージェス 出演:スペンサー・トレイシー(老人)、フェリッペ・パゾス(少年)、ハリー・ビレーヴァ(マーティン)、ほか

「超・仮面ライダー電王&ディケイド 鬼ヶ島の戦艦」のネタバレあらすじ結末

2020/06/01掲載

劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦の紹介:2009年日本映画。『平成仮面ライダーシリーズ』第8作の『仮面ライダー電王』と第10作『仮面ライダーディケイド』がコラボレーションした作品です。『劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン』(2008年)を持って一旦完結した『電王』は本作を皮切りに『超・電王シリーズ』として再起動、ディケイドのレギュラー陣を巻き込み“鬼ヶ島”にまつわる新たな冒険に乗り出していきます。なお、本作のメインの時系列は『ディケイド』テレビ本編の第14・15話の直後となっています。

「スペースボール」のネタバレあらすじ結末

2020/05/31掲載

スペースボールの紹介:1987年アメリカ映画。コメディの巨匠メル・ブルックスが製作・監督・脚本・主演を務めた爆笑SFコメディです。ブルックスの大ファンだというジョージ・ルーカスの快諾のもと、『スター・ウォーズ』シリーズを始めなど『スター・トレック』『エイリアン』『猿の惑星』『2001年宇宙の旅』など様々な名作SF映画のパロディが散りばめられています。
監督:メル・ブルックス 出演者:メル・ブルックス(スクルーブ/ヨーグルト)、ジョン・キャンディ(バーフォロミュー(バーフ))、リック・モラニス(ダーク・ヘルメット)、ビル・プルマン(ローン・スター)、ダフネ・ズニーガ(ヴェスパ姫)、ジョーン・リバーズ(ドット・マトリックス(声))、ローレン・ヤーネル(ドット・マトリックス)、ディック・ヴァン・パタン(ローランド王)、ジョージ・ワイナー(サンダルツ大佐)、レスリー・ビーヴィス(ジルコン司令官)、ジム・J・ブロック(ヴェイリウム王子)、マイケル・ウィンスロー(レーダー手)、ルディ・デ・ルカ(ヴィニー)、ドム・デルイーズ(ピザ・ザ・ハット(声))、ジョン・ハート(宇宙船のクルー)、ディアナ・ブーハー(ヒゲの貴婦人)、サル・ビスカソ(リコ軍曹)、ロニー・グレアム(司祭)、スティーヴン・トボロウスキー(警部隊長)、ジェフ・マクレガー(スノッティ)ほか

「シルバー・サドル 新・復讐の用心棒」のネタバレあらすじ結末

2020/05/31掲載

シルバー・サドル 新・復讐の用心棒の紹介:1978年イタリア映画。マカロニ・ウェスタンの大スターであるジュリアーノ・ジェンマが数多くのホラー映画などを手掛けたルチオ・フルチ監督とタッグを組んで贈る西部劇です。思いがけず因縁の男の血縁者の少年を守る羽目になった凄腕のガンマンが壮大な陰謀に巻き込まれていく様を描きます。
監督:ルチオ・フルチ 出演者:ジュリアーノ・ジェンマ(ロイ・ブラッド)、ジェフリー・ルイス(スネーク)、スヴェン・ヴェルサッチ(トーマス・バレット・ジュニア)、リシニア・レンツィーニ(シーバ)、エットレ・マンニ(トーマス・バレット・シニア)、シンツィア・モンレール(マーガレット・バレット)、ドナルド・オブライエン(フレッチャー)、ジャンニ・デ・ルイズ(ターナー)、アルド・サムブレル(ガリンチャ)、フィリップ・ハーセント(保安官)、ルチアーノ・デ・アンブロージス(ルーク・バレット)、ピノ・ロッチ(シップ)ほか

1 2 3 4 5 679

キーワードから探す

TOP↑