「肉の蝋人形(1933年)」のネタバレあらすじ結末

2021/06/30掲載

肉の蝋人形の紹介:1933年アメリカ映画。遺体安置所から死体が消えた。事件を追う女性記者は新しくオープンした蝋人形館に目をつけるが、彼女のルームメイト(『キングコング』のフェイ・レイ。本作品でも悲鳴を上げます)に危険が迫る。大手撮影所で作られた最後の二色テクニカラー作品(1935年に三色テクニカラーによる最初の長篇映画が製作され、『白雪姫』、『オズの魔法使』等の名作を生みだし、イーストマンカラーの普及までカラー撮影の主流になる)。1953年にアンドレ・ド・トス監督・ヴィンセント・プライス主演の3D映画としてリメイクされる。
監督:マイケル・カーティス 出演者:ライオネル・アトウィル(イワン・イゴール)、フェイ・レイ(シャーロット・ダンカン)、グレンダ・ファレル(フローレンス・デンプシー)、フランク・マクヒュー(ジム)、アレン・ヴィンセント(ラルフ・バートン)、ギャヴィン・ゴードン(ジョージ・ウィントン)、エドウィン・マクスウェル(ジョー・ワース)ほか

「スーパーノヴァ」のネタバレあらすじ結末

2021/06/30掲載

スーパーノヴァの紹介:2020年イギリス映画。サムとタスカーは20年来の男性カップル。しかしタスカーの認知症が悪化し二人の関係に危機が訪れます。二人は対立し、口論しながら解決策を探ることになります。『スーパーノヴァ 』は、高齢化社会に生きることの難しさと愛の素晴らしさを描いた映画です。
監督:ハリー・マックイーン 出演:コリン・ファース(サム)、スタンリー・トゥッチ(タスカー)、ピッパ・ヘイウッド(リリー)、ピーター・マックイーン(クライブ)、ニナ・マーリン(シャーロット)、イアン・ドライズデイル(ポール)、ほか

「貝殻と僧侶」のネタバレあらすじ結末

2021/06/29掲載

貝殻と僧侶の紹介:1927年フランス映画。僧侶の抑圧された欲望を極めて絵画的に描いたドラマ作品。禁欲的な生活を送る僧侶は、欲望を払うかのようにガラスを砕いている。ガラスを砕く度に将軍の姿が現れては消えていく。将軍に止められた僧侶は椅子から落ち、四つん這いで外に出た。すると将軍とその妻の姿を発見する。僧侶にとって将軍の妻は理想の女性だった。僧侶は嫉妬に狂い、将軍を絞殺してしまう。僧侶が将軍夫人の胸元を露にすると、その胸は貝殻に包まれた。夫人を追いかける僧侶。しかし彼女は彼のものにはならない。僧侶は大きな二枚貝の片方を握り締め、そこに満たされた黒い水を飲み込んだ。
監督:ジェルメーヌ・デュラック 出演者:アリクス・アラン(僧侶)、ジェニカ・アサナシュー(将軍の妻)、ルシアン・バタイユ(将軍)ほか

「ハッピー・オールド・イヤー」のネタバレあらすじ結末

2021/06/28掲載

ハッピー・オールド・イヤーの紹介:2019年タイ映画。タイ映画界の新鋭ナワポン・タムロンラタナリット監督の日本劇場初公開作品。海外留学から帰った主人公のジーンは、父親の自宅兼教室を自分の事務所にしようと大掛かりな断捨離を始めるが、様々な思い出の品が次々と出てきて作業は一向に進まなかった…。
監督:ナワポン・タムロンラタナリット 出演:チュティモン・ジョンジャルーンスックジン(ジーン)、サニー・スワンメーターノン(エム)、サリカー・サートシンスパー(ミー)、ティラワット・ゴーサワン(ジェー)、パッチャー・キットチャイジャルーン(ピンク)、アパシリ・チャンタラッサミー(ジーンとジェーの母)、ほか

「カリガリ博士」のネタバレあらすじ結末

2021/06/27掲載

カリガリ博士の紹介:1919年ドイツ映画。ドイツ表現主義映画の代表作であり、世界初のホラー映画とも言われている。フランシスは村人に、ある恐ろしい体験を語って聞かせることにした。フランシスは親友アランと共に祭りへ出かけ、カリガリ博士と名乗る人物の見世物小屋を見つける。カリガリ博士が所有している夢遊病の男チェザーレは、どんな質問にも答えられる能力を持っているらしい。面白がったアランが自分の寿命を尋ねると、チェザーレは明日の朝までだと答えた。翌朝、アランは何者かに殺害され遺体で発見される。不審に思ったフランシスは、思い人ジェインの父親オルセン博士と共に、カリガリ博士の身辺を調べ始めるのだった。
監督:ロベルト・ウイーネ 出演者:コンラート・ファイト(チェザーレ)、ヴェルナー・クラウス(カリガリ博士)、リル・ダゴファー(ジェイン)、フリードリッヒ・フェーヘル(フランシス)、ハンス・ハインリッヒ・フォン・トワルドフスキー(アラン)ほか

「犬の生活」のネタバレあらすじ結末

2021/06/27掲載

犬の生活の紹介:1918年アメリカ映画。1人の放浪者と1匹の野良犬が、ささやかな幸せに行き着くまでを描いたコメディ作品。不景気の世の中、1人の放浪者が職を求めて職業安定所に向かった。しかし他の失業者との競争に敗れてしまい、肩を落として道端に座り込む。すると近くで野良犬同士の喧嘩が勃発し、放浪者は慌てていじめられていた犬を助けた。放浪者は犬と酒場に入り、1人の新人歌手と仲良くなる。監督・脚本・主演を務めるのは、喜劇王チャールズ・チャップリン。
監督:チャールズ・チャップリン 出演者:チャールズ・チャップリン(放浪者)、エドナ・パーヴィアンス(酒場の歌手)、ヘンリー・バーグマン(太った失業者/酒場の客の女)、シドニー・チャップリン(屋台の主人)、アルバート・オースチン(悪漢)ほか

「サニーサイド」のネタバレあらすじ結末

2021/06/27掲載

サニーサイドの紹介:1919年アメリカ映画。ホテルの雑用係が愛する女性を振り向かせようと奮闘するコメディ作品。とある農村のホテルで働くチャーリーは、唯一の従業員としてあらゆる仕事を行っていた。しかし朝寝坊をしたり、牛に逃げられたりとドジばかり踏んでいる。そんな彼にも美しい想い人がいた。ところが彼女は街からやって来た紳士に惹かれ始めてしまう。チャーリーは何とか娘を振り向かせようと、あの手この手でアピールを続けるのだが。監督・脚本・主演を務めるのは、喜劇王チャールズ・チャップリン。
監督:チャールズ・チャップリン 出演者:チャールズ・チャップリン(ホテルの雑用係)、エドナ・パーヴィアンス(村一番の美人)、トム・ウィルソン(ホテルの主人)、トム・テリス(都会からきた若者)、アルバート・オースチン(村の医者)ほか

「人狼ゲーム 夜になったら、最後」のネタバレあらすじ結末

2022/01/29掲載

人狼ゲーム 夜になったら、最後の紹介:2021年アメリカ映画。フィンは田舎町ビーバーフィールドに自然保護管として赴任します。小さな町はパイプラインの建設をめぐり、環境破壊かビジネス優先かでもめている様子。そこへ原因不明の停電と殺人事件が起こり、町は人狼の仕業ではないかとパニックになります。本作は全米で大ヒットしたゲーム「人狼ゲーム」の映画化作品で、誰が人狼なのか?最後まで目が離せません。
監督:ジョシュ・ルーベン 出演:サム・リチャードソン(フィン)、ミラーナ・ヴァイントゥルーブ(セシリー)、ジョージ・ベイジル(マーカス)、サラ・バーンズ(グウェン)、マイケル・チャーナス(ピート)、グレン・フレシュラー(エマーソン・フリント)、ミカエラ・ワトキンス(トリッシュ)、キャサリン・カーティン(ジャニーン)、ほか

「フレンチ・ディスパッチ」のネタバレあらすじ結末

2022/01/29掲載

フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊の紹介:2021年アメリカ映画。舞台は20世紀フランスの架空の街にある「フレンチ・ディスパッチ」誌の編集部。米国新聞社の支社が発行する雑誌で、アメリカ人編集長が集めた一癖も二癖もある個性豊かな天才記者たちが活躍している。様々なジャンルの記事を扱い、50か国50万人の購読者がいる人気雑誌だ。ところが、編集長が仕事中に心臓まひで急死。「フレンチ・ディスパッチ」は彼の遺言により廃刊を迎えることになる。編集長の追悼号にして最終号の1つのレポートと3つのストーリー。おかしくも泣けるその全貌とは。
監督:ウェス・アンダーソン 出演:ビル・マーレイ(アーサー・ハウイッツァー・Jr)、オーウェン・ウィルソン(エルブサン・サゼラック)、ティルダ・スウィントン(J.K.L.ベレンセン)、ベニチオ・デル・トロ(モーゼス・ローゼンターラー)、エイドリアン・ブロディ(ジュリアン・カダージオ)、レア・セドゥ(シモーヌ)、フランシス・マクドーマンド(ルシンダ・クレメンツ)、ティモシー・シャラメ(セフィレッリ・B)、リナ・クードリ(ジュリエット)、ジェフリー・ライト(ローバック・ライト)、マチュー・アマルリック(アンニュイ警察署長)、スティーヴン・パーク(ネスカフィエ)、エリザベス・モス(コビー・エディター)、グリフィン・ダン(法務顧問)、ジェイソン・シュワルツマン(風刺漫画家)、フィッシャー・スティーヴンス(ストーリー・エディター)、ボブ・バラバン(ニックおじさん)、ヘンリー・ウィンクラー(ジョーおじさん)、クリストフ・ヴァルツ(ポール・デュヴァル)、ルパート・フレンド(練兵軍曹)、ロイス・スミス(アップシャー・モー・クランペット)、トニー・レヴォロリ(青年時代のローゼンターラー)、ウィレム・デフォー(会計士アバカス)、エドワード・ノートン(運転手ジョー)、シアーシャ・ローナン(ショーガール)、リーヴ・シュレイバー(トークショー司会者)ほか

「ドント・ルック・アップ」のネタバレあらすじ結末

2022/01/28掲載

ドント・ルック・アップの紹介:2021年アメリカ映画。天文学者の教授ミンディ博士のもと、大学院で研究しているケイト・ディビアスキーが未確認の彗星を発見します。歴史に名を刻めると喜んだのも束の間、その彗星の軌道を計算すると、地球に衝突することが発覚します。人類滅亡の危機を救うべく、ミンディ博士とケイトは立ち上がりますが…。『マネー・ショート 華麗なる大逆転』など数々の名作を手掛けたアダム・マッケイ監督を筆頭に、レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・ローレンスなど名だたる俳優たちが揃った話題作です。
監督: アダム・マッケイ 出演: レオナルド・ディカプリオ(ランドール・ミンディ博士)、ジェニファー・ローレンス(ケイト・ディビアスキー)、メリル・ストリープ(ジャニー・オーリアン大統領)、マーク・ライアンス(ピーター)、ケイト・ブランシェット(ブリー)、ジョナ・ヒル(ジェイソン)、ティモシー・シャラメ(ユール)、アリアナ・グランデ(ライリー)、ほか

「ブラック・ストーン 呪いの召喚石」のネタバレあらすじ結末

2022/01/27掲載

ブラック・ストーン 呪いの召喚石の紹介:2016年アメリカ映画。1890年代の略奪王が隠した財宝を求めて、発掘にあたるトレジャーハンター達が、黒い石を見つけます。その石こそ、牛と人間を混ぜ合わせた化け物のクランプスを呼び戻す召喚石でした。この石によって蘇ったクランプスが、ちょうど帰省していた二つの家族を襲うという内容のモンスターホラー映画です。
監督:ロバート・コンウェイ 出演者:アメリア・ブラントリー(ボニー)、ブライソン・ホール(トミー)、キャロライン・ラセッター(フィオナ)、テイラー・バックリー(トロイ)、ティム・ザウアー(ウィル)、ダニエル・リンク(デイヴィット)ほか

「オレゴン・ホテル 恐怖の館」のネタバレあらすじ結末

2022/01/26掲載

オレゴン・ホテル 恐怖の館の紹介:2017年アメリカ映画。生活費がなく、職を探していたアマンダを、田舎町のオレゴンホテルが住み込みで雇ってくれました。愛想がよく面倒見のいいミリーを信頼したアマンダでしたが、ミリーの本当の狙いはアマンダを息子のビリーの嫁にすることでした…という内容の母子の異常愛を背景にした不条理監禁ホラー映画です。
監督:ブラッド・ダグラス 出演者:アビー・ワスン(アマンダ)、マーリン・メイソン(ミリー)、マイケル・マイヤー(ビリー)、マックス・グットフロイント(ブラッド)、ほか

「ライダーズ・オブ・ジャスティス」のネタバレあらすじ結末

2022/01/25掲載

ライダーズ・オブ・ジャスティスの紹介:2020年デンマーク,スウェーデン,フィンランド映画。妻が列車事故で亡くなり、アフガニスタンで任務に就いていた軍人マークスは娘のもとへ帰国する。悲しみに暮れる娘を前に無力感にさいなまれるマークスだったが、ある日彼のもとを2人の男が訪ねてきた。その中の1人は、妻と同じ列車に乗っていたという数学者オットー。彼は、ライダーズ・オブ・ジャスティスという犯罪組織によって計画された事故だとマークスに告げる。怒りに震えるマークスは妻の無念を晴らすため、オットーらの協力を得て復讐に身を投じていく。デンマークのアカデミー賞と言われるロバート賞で最多15ノミネートを果たし、主演女優賞、助演男優賞、作曲賞、視覚効果賞の4冠に輝いた。
監督:アナス・トマス・イェンセン 出演:マッツ・ミケルセン(マークス・ハンセン)、ニコライ・リー・コース(オットー・ホフマン)、アンドレア・ハイク・ガデベルク(マチルデ・ハンセン)、ラース・ブリグマン(レナート・ガーナー・ニルセン)、ニコラス・ブロ(ウルフ・エメンタール)、グスタフ・リンド(ボダシュカ・リトビネンコ)、ローラン・ムラ(カート・“タンデム”・オーレセン)、アルバルト・ルズベク・リンハート(シリウス)、アンネ・ビルギッテ・リンド(エマ)、オマー・シャガウィー(パレ・オーレセン/アハロン・ナハス・シャディッド)ほか

「ブラックボックス:音声分析捜査」のネタバレあらすじ結末

2022/01/25掲載

ブラックボックス:音声分析捜査の紹介:2021年フランス映画。ヨーロピアン航空の最新型機がアルプスで墜落し、乗客・乗務員316人全員の死亡が確認される。司法警察の立ち合いのもと、BEA(民間航空事故調査局)の音声分析官がボイスレコーダー、通称ブラックボックスを開く。いつもなら責任者ポロックの助手を務めるのは最も優秀な分析官マチューだったが、なぜか任務を外されてしまう。しかし、間もなくポロックが謎の失踪を遂げ、引き継いだマチューは「コックピットに男が侵入した」と記者会見で発表する。マチューの分析は高く評価され責任者に任命される。ところが、被害者の1人が事故の直前に夫に残した留守電をきっかけに、陰謀を疑ったマチューはキャリアと人生をかけて、危険な探求を始める。映画史上初の国家機関であるBEAの協力を得て制作。フィクションでありながら、リアルを感じることのできる作品となっている。
監督:ヤン・ゴズラン 出演:ピエール・ニネ(マチュー・ヴァスール)、ルー・ドゥ・ラージュ(ノエミ・ヴァスール)、アンドレ・デュソリエ(フィリップ・レニエ)、セバスチャン・プドルース(グザヴィエ・ルノー)、オリヴィエ・ラブルダン(ヴィクター・ポロック)、マリーヌ・ヴァクト(ポリーヌ)ほか

「オペラの怪人(1943年)」のネタバレあらすじ結末

2022/01/24掲載

オペラの怪人の紹介:1943年アメリカ映画。パリ・オペラ座に幽霊が出るという噂が。やがてプリマドンナの身に怪事件が発生。それは全て新進ソプラノ歌手への「幽霊」の愛のためだった。ガストン・ルルーの小説『オペラ座の怪人』の、名高いロン・チェイニー主演の1925年版に続く、ユニバーサル映画による2度目の映画化。パリのオペラ座を模した1925年版のセットを流用しているが、今回はトーキーで、3色テクニカラーにより撮影された。第16回アカデミー賞では美術、カラー撮影の2部門で受賞した。「オペラ座の怪人」を演じるのは『透明人間』、『カサブランカ』等のクロード・レインズ。MGMでジャネット・マクドナルドと共演したミュージカル映画で人気を博したネルソン・エディがバリトン歌手を演じる。
監督:アーサー・ルービン 出演者:クロード・レインズ(エリック・クローダン)、ネルソン・エディ(アナトール・ガロン), スザンナ・フォスター(クリスティーヌ・デュボワ), エドガー・バリア(ラウル・ドベール)そのほか

「コーダ あいのうた」のネタバレあらすじ結末

2022/01/23掲載

コーダ あいのうたの紹介:2021年アメリカ,フランス,カナダ映画。マサチューセッツ州の漁港をかかえた小さな町に暮らす高校生のルビー。両親と兄の4人家族の中でひとりだけ耳が聞こえるため、家族の通訳係として、家業である漁業を毎日欠かさず手伝っていた。新学期が始まると、ルビーは秘かに憧れるクラスメイトのマイルズと同じ合唱クラブを選択。すると顧問のヴィラロボス先生がルビーの才能に気付き、都会の名門音楽大学バークリーを受験するよう強く勧める。しかし、ルビーの歌声を聞くことができない両親は娘の才能を信じられず、家業のほうが大事だと猛反対。夢を諦め家族を選んだルビーだったが、父は思いがけない方法で娘の才能に触れ、意外な決断をする。原題の『CODA』とはChild of Deaf Adultsの略語で、聾者の親を持つ子どもという意味。また、楽曲の終わりを表す音楽記号のことでもあり、次の章が始まる意味を持つ。サンダンス映画祭では、観客賞と共にグランプリ、監督賞、アンサンブルキャスト賞を受賞。家族の熱く美しい絆の感動作。
監督:シアン・ヘダー 出演:エミリア・ジョーンズ(ルビー・ロッシ)、トロイ・コッツァー(フランク・ロッシ)、マーリー・マトリン(ジャッキー・ロッシ)、ダニエル・デュラント(レオ・ロッシ)、フェルディア・ウォルシュ=ピーロ(マイルズ)、エウヘニオ・デルベス(ベルナルド・ヴィラロボス/V)ほか

「MONSOON/モンスーン」のネタバレあらすじ結末

2022/01/22掲載

MONSOON/モンスーンの紹介:2020年イギリス,香港映画。ボートピープルとしてベトナムを離れた主人公が、30年振りに生まれ故郷を訪れるロードムービー『MONSOON/モンスーン』。監督・脚本は、自身も子どもの頃にベトナムからイギリスに移った経験をもつホン・カウだ。アイデンティティを探し求める男性・キットを演じるのは、イギリス人の父とマレーシア人の母を持つヘンリー・ゴールディング。彼と淡い恋愛関係となるアフリカ系アメリカ人男性ルイスを、父親がベトナム戦争に海軍として従軍した経験を持つパーカー・ソーヤーズが演じている。
監督・脚本:ホン・カウ キャスト:ヘンリー・ゴールディング(キット)、パーカー・ソーヤーズ(ルイス)、モリー・ハリス(リン)、デヴィッド・トラン(リー)ほか

「吸血ゾンビ」のネタバレあらすじ結末

2022/01/22掲載

吸血ゾンビの紹介:1966年イギリス映画。19世紀のイギリス。迷信深い村を奇病が襲った。犠牲者たちの棺は空っぽになっていた。ジョージ・A・ロメロ登場前夜の、ハマー・プロ製作の伝統的ゾンビ映画。ゾンビはブードゥー教の魔術で操られる死者というあり方にとどまっています。でも、死者たちが土を掘り返して立ち上がり人を襲う鮮烈なイメージや頭部を切断されたゾンビが死ぬという発想は現代的ゾンビ映画に刺激を与えたと思われます。
監督:ジョン・ギリング 出演:アンドレ・モレル(サー・ジェームズ・フォーブス)、ダイアン・クレア(シルヴィア)、ブルック・ウィリアムズ(ピーター・トンプソン医師)、ジャクリーン・ピアース(アリス)、ジョン・カーソン(クライヴ・ハミルトン)、マイケル・リッパー(スウィフト巡査部長)、ほか

「シティ・オブ・ザ・リビングデッド」のネタバレあらすじ結末

2022/01/22掲載

シティ・オブ・ザ・リビングデッドの紹介:2006年アメリカ映画。ゾンビが蔓延る街で奮闘する老人の姿を描いたホラーアニメーション。人間の体を支配する寄生虫が大量発生し、世界は壊滅状態に追い込まれていた。寄生虫に支配された人間は死ぬまで虫に操られ、人を次々と食い殺すゾンビのようになってしまう。奇跡的に難を逃れていた1人の老人が、ゾンビが蔓延る街に現れた。彼は足が不自由なため、何故か会話出来る歩行器を使って新しい靴を探す。襲い来るゾンビを次々始末する老人に、新たな寄生虫の危険が迫っていた。
監督:フランク・スドル 声優:フランク・スドル、ナンシー・ローガン、グレゴリ・フェニックス、ハワード・レイほか

「ザ・ミスフィッツ」のネタバレあらすじ結末

2022/01/21掲載

ザ・ミスフィッツの紹介:2021年アメリカ映画。悪人の金を盗み貧しき人に寄付する犯罪プロフェッショナル集団『ミスフィッツ』。そんな彼らは、テロリストと結託する国際実業家の金塊を盗むため、伝説的な盗みのスペシャリストと手を組むことにします。『ザ・ミスフィッツ』は、レニー・ハーリン監督のクライムアクション映画。ジェームズ・ボンドを演じたピアース・プロスナンが若手俳優と組み、笑わせる犯罪者を演じています。
監督:レニー・ハーリン 出演:ピアース・ブロスナン(リチャード・ペース)、ラミ・ジャバー(プリンス)、ハーマイオニー・コーフィールド(ホープ)、マイク・アンジェロ(ウィック)、ジェイミー・チャン(バイオレット)、ティム・ロス(シュルツ)、ニック・キャノン(リンゴ)、ほか

「うず潮」のネタバレあらすじ結末

2022/01/20掲載

うず潮の紹介:1975年フランス映画。都会での暮らしを嫌って島で隠遁生活を送る男が、結婚直前に婚約者から逃げ出してきた女に平穏な暮らしを壊されながらもやがて愛し合うようになるまでを描いたラブ・コメディ。
監督:ジャン=ポール・ラプノー 出演:イヴ・モンタン(マーティン)、カトリーヌ・ドヌーヴ(ネリー)、トニー・ロバーツ(アレックス)、ルイジ・ヴァンヌッチ(ヴィットリオ)、ダナ・ウィンター(ジェシー)、ほか

「プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード」のネタバレあらすじ結末

2022/01/20掲載

プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレードの紹介:2017年イギリス,チェコ映画。「フィガロの結婚」が大人気となってプラハに招かれたモーツァルトと、そこで出会った若く美しいソプラノ歌手の、秘めた恋とその悲しい結末を描いた恋愛&音楽ドラマ。
監督:ジョン・スティーヴンソン 出演:アナイリン・バーナード(モーツァルト)、ジェームズ・ピュアフォイ(サロカ男爵)、サマンサ・バークス(ヨゼファ)、モーフィッド・クラーク(スザンナ)、ほか

キーワードから探す

TOP↑