Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「アリータ:バトル・エンジェル」のネタバレあらすじ結末

2019/02/23掲載

アリータ:バトル・エンジェルの紹介:2018年アメリカ映画。アイアンシティのクズ鉄置き場でサイバードクターのイドによって発見されたサイボーグのアリータは、実は300年前に作られた最強兵器であった。そんな彼女を倒そうと巨大な力が彼女に襲いかかる。日本のコミック「銃夢(木城ゆきと著)」を原作とし、ジェームズ・キャメロンが脚本・製作を担当して実写化したSFアクション映画。
監督:ロバート・ロドリゲス 脚本:ジェームズ・キャメロン、レータ・カログリディス 出演:ローサ・サラザール(アリータ)、クリストフ・ヴァルツ(イド)、ジェニファー・コネリー(チレン)、マハーシャラ・アリ(ベクター)、エド・スクライン(ザパン)、ジャッキー・アール・ヘイリー(グリュシュカ)、キーアン・ジョンソン(ヒューゴ)、ほか

「ベイマックス/帰ってきたベイマックス」のネタバレあらすじ結末

2019/02/23掲載

ベイマックス/帰ってきたベイマックスの紹介:2017年アメリカ映画。ディズニーの大ヒットアニメ映画『ベイマックス』(2014年)とその続編であるテレビアニメシリーズ『ベイマックス・ザ・シリーズ』の間を繋ぐスペシャルエピソードです。映画での死闘の後、大学生となった主人公ヒロは死んだはずのベイマックスを復活させ、仲間たちと共にヒーローチーム“ビッグ・ヒーロー6”を結成して悪との新たな戦いに臨んでいきます。
監督:ステファン・ヘンベルド、ベン・ユウォノ 声の出演:ライアン・ポッター(ヒロ・ハマダ)、スコット・アドシット(ベイマックス)、ジェネシス・ロドリゲス(ハニー・レモン)、ブルックス・ウィーラン(フレッド)、ジェイミー・チャン(ゴー・ゴー)、カリー・ペイトン(ワサビ)、マーヤ・ルドルフ(キャス・ハマダ)、ダニエル・ヘニー(タダシ・ハマダ)ほか

「さらば青春の光」のネタバレあらすじ結末

2019/02/23掲載

さらば青春の光の紹介:1979年イギリス映画。ザ・フーの同名ロックオペラを映画化。退屈な生活から抜け出そうと藻掻く若者の姿を描いた青春ドラマ。鬱屈とした毎日を送るモッズのジミーは、仲間と騒ぐことだけに生きがいを見出していた。毎夜クラブやパーティーに顔を出し、薬物と恋に溺れ、敵対するロッカーズとの喧嘩に明け暮れる。若者達の鬱憤と熱狂はついに海辺の町ブライトンで爆発し、暴動騒ぎにまで発展してしまう。スティングの映画デビュー作。
監督:フランク・ロッダム 出演者:フィル・ダニエルズ(ジミー・クーパー)、レスリー・アッシュ(ステフ)、マーク・ウィンゲット(デイヴ)、フィリップ・デイヴィス(チョーキー)、スティング(エース・フェイス)ほか

「半世界」のネタバレあらすじ結末

2019/02/23掲載

半世界の紹介:2018年日本映画。「どついたるねん」や「亡国のイージス」、最近ではキューバとの合作「エルネスト」を撮るなど国内外で活躍する映画監督・阪本順治。今回は稲垣吾郎を主演に迎え、ずっとあたためてきたオリジナル脚本を映像化した。志摩半島の小さな町を舞台に、人生の折返し点にさしかかった男たちの現実、絶望、そして希望が描かれた本作は、第31回東京国際映画祭コンペティション部門で観客賞を受賞した。「稲垣くんがやったらおもしろいんじゃないか」という監督の狙いどおり、稲垣の演技が自然で、山で生きる男に見事にはまっている。
監督:阪本順治 キャスト:稲垣吾郎(高村絋)、長谷川博己(沖山瑛介)、渋川清彦(岩井光彦)、池脇千鶴(高村初乃)、竹内都子(岩井麻里)、杉田雷麟(高村明)、小野武彦(大谷吉晴)、石橋蓮司(岩井為夫)ほか

「花芯」のネタバレあらすじ結末

2019/02/23掲載

花芯(かしん)の紹介:2015年日本映画。瀬戸内寂聴が新進気鋭の女流作家瀬戸内晴美として発表した同名小説の映画化作品。夫との暮らしに愛を見いだせない人妻が恋を知り、やがて愛欲の世界に身を投じていく様を官能的に描いていきます。清純派女優村川絵梨の体当たりの熱演が光ります。
監督:安藤尋 出演者:村川絵梨(古川園子)、林遣都(雨宮清彦)、安藤政信(越智泰範)、藤本泉(古川蓉子)、毬谷友子(北林未亡人)、ほか

「ヨコハマメリー」のネタバレあらすじ結末

2019/02/22掲載

ヨコハマメリーの紹介:2005年日本映画。かつて横浜には米兵相手に娼婦をしていた「ハマのメリー」と呼ばれる有名な老婆が暮らしていました。彼女と交流のあった人々のインタビューとともに横浜の戦後の歴史を振り返りながら、メリーの謎めいた生き様に迫るドキュメンタリー映画です。
監督:中村高寛 出演者:永登元次郎、五大路子、杉山義法、団鬼六、山崎洋子、大野慶人、ほか

「少年と犬」のネタバレあらすじ結末

2019/02/22掲載

少年と犬の紹介:1975年アメリカ映画。荒廃した世界に生きる少年が、究極の選択を迫られるSFアドベンチャー。核戦争の後地上は荒野となり、女はほとんど生まれなくなっていた。ヴィックはテレパシーで会話出来る犬ブラッドを相棒に、女と食料を求めてさまよい歩く日々を送っている。ある日、謎の女クイラと出会ったヴィックはブラッドの忠告も聞かず地下へ行ってしまう。地下は男を欲しており、ヴィックは罠にかけられたのだった。原作はハーラン・エリスンの同名小説。
監督:L.Q.ジョーンズ 出演者:ドン・ジョンソン(ヴィック)、ティム・マッキンタイア(ブラッドの声)、スザンヌ・ベントン(クイラ)、ジェーソン・ロバーズ(ルウ)、ヘレン・ウィンストン(メズ)ほか

「麻雀放浪記」のネタバレあらすじ結末

2019/02/22掲載

麻雀放浪記の紹介:1984年日本映画。麻雀小説作家として知られた阿佐田哲也の同名小説を映画化した作品。戦後復興期の東京を舞台に麻雀の世界に足を踏み入れた少年が様々な博徒たちと出会い、勝負の世界で逞しくのし上がっていく様を描いた痛快な娯楽映画です。イラストレーターの和田誠による映画初監督作品です。
監督:和田誠 出演者:真田広之(坊や哲)、鹿賀丈史(ドサ健)、加賀まりこ(八代ゆき)、大竹しのぶ(まゆみ)、加藤健一(女衒の達)、名古屋章(上州虎)、高品格(出目徳)ほか

「増山超能力師事務所 激情版は恋の味」のネタバレあらすじ結末

2019/02/22掲載

増山超能力師事務所 ~激情版は恋の味~の紹介:2017年日本映画。超能力で調査する探偵事務所に、代議士の秘書が、代議士の息子が誘拐されたらしいと調査依頼にきました。やがて調査を進めた増山でしたが、従業員の篤志の通う弁当屋『たんぽぽ』を経営する姉妹も関係していることがわかりました。そして調査を進めるうちにという内容のコメディ映画です。「増山超能力師事務所」は「ストロベリーナイト」などの作家 誉田哲也の小説を原作とする探偵ドラマの劇場版作品。
監督:久万真路 出演者:田中直樹(増山圭太郎)、浅香航大(高原篤志)、中村ゆり(住吉悦子)、柄本時生(中井健)、平田敦子(大谷津朋江)、ルウト(宇川明美)ほか

「ハントフォーザワイルダーピープル」のネタバレあらすじ結末

2019/02/22掲載

ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープルの紹介:2016年ニュージーランド映画。『マイティ・ソー バトルロイヤル』を手がけたタイカ・ワイティティが監督を務める作品。何度も里子に出されては問題行動を起こす不良少年リッキー。児童福祉局によって、ニュージーランドの森で生活するベラとヘクターのもとで新しく生活を始める。里親のベラの親切さに触れ心を開くようになるが、ベラの死をきっかけに森の中を潜入し、探しに来たヘクターも骨折により森でのサバイバル生活を余儀なくされてしまう。
監督:タイカ・ワイティティ 出演者:ジュリアン・デニソン(リッキー・ベイカー)、サム・ニール(ヘクター・フォークナー)、リマ・テ・ウィアタ(ベラ・フォークナー)、レイチェル・ハウス(ポーラ・ホール)、オスカー・カイトリー(アンディ・タッパート)、ほか

「フォルトゥナの瞳」のネタバレあらすじ結末

2019/02/22掲載

フォルトゥナの瞳の紹介:2018年日本映画。死を間近にした人間が透けて見える能力である「フォルトゥナの瞳を」持っていることに気づいた青年が最愛の女性のため奮闘する。神木隆之介主演で、ヒロインを有村架純が演じる。「フォルトゥナの瞳」は、作家 百田尚樹の同名恋愛小説を映画化した作品。
監督:三木孝浩 原作:百田尚樹 出演:神木隆之介(木山慎一郎)、有村架純(桐生葵)、志尊淳(金田大輝)、DAIGO(宇津井和幸)、松井愛莉(植松真理子)、北村有起哉(黒川武雄)、斉藤由貴(遠藤美津子)、時任三郎(遠藤哲也)、ほか

「ゴースト 血のシャワー」のネタバレあらすじ結末

2019/02/21掲載

ゴースト/血のシャワーの紹介:1980年アメリカ,カナダ映画。航海をしていた豪華客船が突然現れた黒い船と衝突し、ボートで漂流していた船長や副船長一家はその黒い船に乗り込みました。しかしその船はナチスの幽霊船で船自体が生きていました。一人ずつ殺され始めた時、ドイツ将校の悪霊が船長に乗り移りました。副船長らは脱出を試みようとしますが…という内容のホラー映画です。邦題の血のシャワーシーンは一瞬しか出てきません。
監督:アルヴィン・ラーコフ 出演者:ジョージ・ケネディ(アシュランド)、リチャード・クレンナ(トレヴァー・マーシャル)、ニック・マンキューゾ(ニック)、サリー・アン・ハウズ(マーガレット・マーシャル)、ケイト・リード(シルヴィア・モーガン)、ヴィクトリア・バーゴイン(ロリー)、ジェニファー・マッキニー(ロビン・マーシャル)、ダニー・ハイアム(ベン・マーシャル)、ソウル・ルビネック(ジャッキー)ほか

「海は燃えている」のネタバレあらすじ結末

2019/02/21掲載

海は燃えている ~イタリア最南端の小さな島~の紹介:2016年イタリア,フランス映画。イタリア最南端に位置するランペドゥーサ島。北アメリカに最も近いこの島で、少年サムエレは友人とパチンコ遊びに夢中になっていた。島の住民が穏やかな生活を送る一方、この島には連日アフリカや中東アジアから地中海を経由して難民が上陸していた。2016年ベルリン国際映画祭金熊賞受賞作品。
監督:ジャンフランコ・ロージ 出演者:サムエレ、ディック、ピッポ、ほか

「フェイシズ」のネタバレあらすじ結末

2019/02/21掲載

フェイシズの紹介:2011年アメリカ,フランス,カナダ映画。恋人ブライスと同棲中で順風満帆のアンナ・マーチャントはある日、世間を賑わす猟奇殺人鬼「涙のジャック」の顔を目撃してしまう。犯人に追い詰められたものの九死に一生を得た。ところが彼女は他人の顔を認識できなくなってしまっていた。
監督:ジュリアン・マニャ 出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ(アンナ)、ジュリアン・マクマホン(ケレスト)、サラ・ウェイン・キャリーズ(フランシーン)、マイケル・シャンクス(ブライス)、セバスチャン・ロバーツ(ラニヨン/浮浪者)、デヴィッド・アトラッキ(ラニヨン)、マリアンヌ・フェイスフル(ランゲンカンプ医師)、サンドリーヌ・ホルト(ニーナ)ほか

「青髭(2009年)」のネタバレあらすじ結末

2019/02/21掲載

青髭の紹介:2009年フランス映画。シャルル・ペローの童話『青ひげ』を映画化。殺人を繰り返す男の狂気と孤独を、幼い少女の読み聞かせによって描き出すドラマ作品。父の死で困窮した生活を送るマリー=カトリーヌは、城に住む裕福だが醜い男と結婚することになった。「青髭」と呼ばれるその男は何度か結婚しており、その度に妻が失踪しているらしい。しばらくは穏やかに暮らしていたマリー=カトリーヌだったが、決して見てはならないと禁じられていた小部屋を覗いてしまい、恐ろしい真実を目の当たりにする。
監督:カトリーヌ・ブレイヤ 出演者:ドミニク・トマ(青髭)、ローラ・クレントン(マリー=カトリーヌ)、ダフネ・ベヴィール(アンヌ)、ローラ・ジョヴァネッティ(マリー=アンヌ)ほか

1 2 3 4 5 536
TOP↑