ミステリー映画のネタバレ

ミステリー映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のミステリー映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「LAMB/ラム」のネタバレあらすじ結末

LAMB/ラムの紹介:2021年アイスランド, スウェーデン, ポーランド映画。アイスランド、山々に囲まれた広大な自然に住む羊飼いのイングヴァルとマリア夫婦。ある日、2人が羊の出産に立ち会うと、産まれてきたのは羊ではない何か。子供を亡くしていた2人はその存在に“アダ”と名付け育てることにする。アダとの家族生活は大きな幸せをもたらせるが、やがて彼らを破滅へと導いていく。話題作を次々と世に送り出す気鋭の製作・配給会社「A24」が送る話題作。衝撃的な設定の中にもリアリティを持った世界観を構築したことで世界から賞賛を浴び、カンヌ国際映画祭のある視点部門で≪Prize of Originality≫を受賞、アカデミー賞国際長編部門アイスランド代表作品にも選出され批評家からも高い評価を受けた。
監督:ヴァルディミール・ヨハンソン 出演:ノオミ・ラパス(マリア)、ヒルミル・スナイル・グズナソン(イングヴァル)、ビョルン・フリーヌル・ハラルドソン(ペートゥル)、イングヴァール・E・シーグルソン(テレビに登場する男)ほか

「渇きと偽り」のネタバレあらすじ結末

渇きと偽りの紹介:2020年オーストラリア映画。故郷の幼馴染ルークが妻と子供を殺し、自らも自殺したという話を聞いたアーロン。彼は故郷へ帰り、ルークの殺人と自殺には謎が多いことがわかります。彼は事件の真相を追いかけます。『渇きと偽り』は、故郷での殺人事件の謎を追う警察官の活躍を描いたオーストラリア作品です。
監督:ロバート・コノリー 出演:エリック・バナ(アーロン)、ジュネーヴィーヴ・オーライリー(グレッチェン)、キーア・オドネル(レイコー)、ジョン・ポルソン(ホイットラム)、ほか

「沈黙のパレード」のネタバレあらすじ結末

沈黙のパレードの紹介:2022年日本映画。テレビドラマで人気を博した「ガリレオ」の9年ぶりとなる劇場版最新作です。天才物理学者のガリレオこと湯川がバディとなる内海刑事と共に難題に挑む姿を描いています。豪華キャストの共演も話題を呼びました。
監督:西谷弘 出演:福山雅治(湯川学)、柴咲コウ(内海薫)、北村一輝(草薙俊平)、飯尾和樹(並木祐太郎)、戸田菜穂(並木真智子)、田口浩正(戸島修作)、酒向芳(増村栄治)、岡山天音(高垣智也)、川床明日香(並木佐織)、出口夏希(並木夏美)、村上淳(蓮沼寛一)、吉田羊(宮沢麻耶)、檀れい(新倉留美)、椎名桔平(新倉直紀)、ほか

「この子は邪悪」のネタバレあらすじ結末

この子は邪悪の紹介:2022年日本映画。事故に遭った後おかしくなった心理療法医の家族と、彼らを興味本位で調べようと近づいた高校生が巻き込まれる恐怖を描いた作品。「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2017」で準グランプリを獲得した作品を映画化したものです。
監督:片岡翔 出演:南沙良(窪花)、大西流星(四井純)、桜井ユキ(窪繭子)、渡辺さくら(窪月)、桜木梨奈(窪繭子)、二ノ宮隆太郎(鮎川祐一)、玉木宏(窪司朗)、ほか

「L.A.コールドケース」のネタバレあらすじ結末

L.A.コールドケースの紹介:2018年アメリカ, イギリス映画。元ロサンゼルス市警のラッセル・プールは1997年に発生した人気ラッパー、“ノトーリアス・B.I.G.”の射殺事件から18年経った今も、真相を一人で追い続けていた。90年代に勃発した、西海岸のラッパー“2パック”が所属する「デス・ロウ・レコード」と、東海岸で台頭してきたラッパー“ノトーリアス・B.I.G.が所属する「バッド・ボーイ・レコード」の争い、いわゆる”HIPHOP東西抗争“によって偉大な2人のラッパーが射殺されたが、事件の全貌は謎に満ちていた。独自に事件を探っていた記者のジャックはプールを訪ね手がかりを究明する。膨大なリサーチと綿密な取材に基づき02年に出版したノンフィクションを土台に映画化。実際の当時のニュース映像などを織り交ぜ、実在した元刑事ラッセル・プールが追ったロサンゼルスに巣食う悪の正体を描く。
監督: ブラッド・ファーマン 出演:ジョニー・デップ(ラッセル・プール刑事)、フォレスト・ウィテカー(ジャック・ジャクソン)、トビー・ハス(フレッド・ミラー刑事)、デイトン・キャリー(オシェイ警部補)、ニール・ブラウン・Jr(ラファエル・ペレズ)、ルイス・ハーサム(ロサンゼルス地方検事ストーン)、シェー・ウィガム(フランク・ライガ)、シャミア・アンダーソン(デヴィッド・マック)、アミン・ジョセフ(ケヴィン・ゲインズ巡査)、ローレンス・メイソン(FBI捜査官ダントン)、マイケル・パレ(バーニー刑事)、ザンダー・バークレー(エドワード)、ジャマール・ウーラード(ノトーリアス・B.I.G.)ほか

「さがす」のネタバレあらすじ結末

さがすの紹介:2021年日本映画。本作が長編2作目にして商業長編作品第一作目となる片山慎三監督が主演に佐藤二朗を迎えてメガホンを執ったサスペンススリラーです。うだつが上がらないものの娘想いだった父親が指名手配犯にかけられた懸賞金300万円を手に入れるべく姿を消し、娘は不安を抱えながらも父の行方を捜すのですが…。
監督:片山慎三 出演者:佐藤二朗(原田智)、伊東蒼(原田楓)、清水尋也(山内照巳)、森田望智(ムクドリ)、石井正太朗(花山豊)、松岡依都美(蔵島みどり)、成嶋瞳子(原田公子)、品川徹(馬渕)ほか

「ペリカン文書」のネタバレあらすじ結末

ペリカン文書の紹介:1993年アメリカ映画。「プリティウーマン」で一躍スターに成り上がったジュリア・ロバーツがデンゼル・ワシントンと共演を果たし、ホワイトハウスに関係する犯罪の仮説レポートを書いた事で大事件に巻き込まれ、敏腕記者と共に事件を追う社会派サスペンスです。
監督:アラン・J・パクラ 出演:ジュリア・ロバーツ(ダービー)、デンゼル・ワシントン(グランサム)、サム・シェパード(トーマス)、ジョン・ハード(ヴァーヒーク)、トニー・ゴールドウィン(コール)、ジェームズ・B・シッキング(ヴォイルズ)、スタンリー・トゥッチ(カーメル)、ほか

「99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE」のネタバレあらすじ結末

99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIEの紹介:2021年日本映画。2016年にシーズン1、2018年にシーズン2が放送されたテレビドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』の劇場版作品です。99.9%逆転不可能と言われる事件で無実の真実だけを追い求めてきた斑目法律事務所の弁護士たちが15年前の難事件に挑んでいきます。本作はシーズン2および公開日前日に放映されたスペシャルドラマ『完全新作SP 新たな出会い篇~映画公開前夜祭~』の続編となり、松本潤や香川照之らテレビドラマ版のレギュラー陣が続投するほか、新ヒロインとして杉咲花が参戦しています。
監督:木村ひさし 出演者:松本潤(深山大翔)、香川照之(佐田篤弘)、杉咲花(河野穂乃果)、西島秀俊(南雲恭平)、片桐仁(明石達也)、マギー(藤野宏樹)、馬場園梓(中塚美麗)、馬場徹(落合陽平)、榮倉奈々(立花彩乃)、青木崇高(丸川貴久)、映美くらら(佐田由紀子)、蒔田彩珠(南雲エリ)、道枝駿佑(重盛守)、池田貴史(坂東健太)、岸井ゆきの(片岡加奈子)、池田貴史(坂東健太)、畑芽育(佐田かすみ)、R-指定(加賀郁夫)、木村文乃(尾崎舞子)、渋川清彦(山本貴信)、ベンガル(太田保)、高橋克実(重盛寿一)、石橋蓮司(若月昭三)、奥田瑛二(大友修一)、笑福亭鶴瓶(川上憲一郎)、岸部一徳(斑目春彦)ほか

「護られなかった者たちへ」のネタバレあらすじ結末

護られなかった者たちへの紹介:2021年日本映画。『さよならドビュッシー』『ドクター・デスの遺産 BLACK FILE』などの中山七里による同名長編推理小説を佐藤健の主演で映画化した社会派ミステリーです。東日本大震災から10年後の仙台で発生した連続殺人事件の真相を、容疑がかけられた元受刑者と震災で妻子を失った刑事の視点から描いていきます。
監督:瀬々敬久 出演者:佐藤健(利根泰久)、阿部寛(笘篠誠一郎)、清原果耶(円山幹子)、林遣都(蓮田智彦)、永山瑛太(三雲忠勝)、緒形直人(城之内猛)、岩松了(楢崎肇)、波岡一喜(鈴木将)、奥貫薫(笘篠紀子)、井之脇海(菅野健)、宇野祥平(宮原)、黒田大輔(支倉)、西田尚美(宮園真琴)、千原せいじ(国枝恵二)、原日出子(円山春子)、石井心咲(カンちゃん)、鶴見辰吾(東雲)、三宅裕司(櫛谷貞三)、吉岡秀隆(上崎岳大)、倍賞美津子(遠島けい)ほか

「真犯人」のネタバレあらすじ結末

真犯人の紹介:2019年韓国映画。2019年プチョン国際ファンタスティック映画祭観客賞に輝いた韓国発のサスペンス作品です。妻を殺され、親友に殺害容疑がかかった主人公の男は親友の妻と共に事件の真相を探るうちに驚愕の真実へと辿り着くさまを描きます。
監督:コ・ジョンウク 出演者:ソン・セビョク(イ・ヨンフン)、ユソン(チョン・ダヨン)、オ・ミンソク(キム・ジュンソン)、ハン・スヨン(イム・ユジョン)、チャン・ヒョクジン(パク・サンミン)、チョン・へギュン(チョ・サンピル)ほか

「科捜研の女 劇場版」のネタバレあらすじ結末

科捜研の女 -劇場版-の紹介:2021年日本映画。1999年に放送開始し、2022年現在でシーズン21まで製作されている人気テレビドラマシリーズ『科捜研の女』が満を持して初映画化。京都の医科大学で女性教授が謎の死を遂げたことをきっかけに同様の事件が連続して発生。京都府警科学捜査研究所(通称:科捜研)の榊マリコと仲間たちは事件のカギを握る“史上最強の敵”と対峙することに…。主人公マリコ役の沢口靖子や相棒役の内藤剛志をはじめとするテレビシリーズのレギュラー陣に加えて過去シリーズのレギュラー9名も登場、佐々木蔵之介が史上最強の敵として参戦しています。
監督:兼﨑涼介 出演者:沢口靖子(榊マリコ)、内藤剛志(土門薫)、若村麻由美(風丘早月)、風間トオル(宇佐見裕也)、斉藤暁(日野和正)、渡部秀(橋口呂太)、山本ひかる(涌田亜美)、金田明夫(藤倉甚一)、西田健(佐伯志信)、石井一彰(蒲原勇樹)、佐津川愛美(秦美穂子)、渡辺いっけい(倉橋拓也)、小野武彦(榊伊知郎)、戸田菜穂(芝美紀江)、田中健(佐久間誠)、野村宏伸(佐沢真)、山崎一(宮前守)、長田成哉(相馬涼)、奥田恵梨華(吉崎泰乃)、崎本大海(木島修平)、片岡礼子(石川礼子)、佐渡山順久(相田勝之)、マギー(柴崎勉)、増田広司(斎藤朗)、宮川一朗太(石室達也)、阪田マサノブ(長野智彦)、中村靖日(木村柊一)、駒井蓮(森奈々枝)、水島麻理奈(森友希枝)、伊東四朗(老紳士)、福山潤(アナウンサー)、星由里子(榊いずみ)、宮田圭子(宇佐見咲枝)、宮地雅子(日野恵津子)、染野有来(風丘亜矢)、佐々木蔵之介(加賀野亘)ほか

「FUNNY BUNNY」のネタバレあらすじ結末

FUNNY BUNNY(ファニーバニー)の紹介:2021年日本映画。映画監督・小説家・舞台演出家としての顔を持つ飯塚健が2012年に脚本・演出を手掛けた舞台『FUNNY BUNNY 鳥獣と寂寞の空』および自ら執筆した小説『FUNNY BUNNY』を映画化した作品です。自殺願望者を見分けることのできる売れない小説家の男が2つの時代を股にかけて引き起こす奇想天外な騒動を描きます。
監督:飯塚健 出演者:中川大志(剣持聡)、岡山天音(漆原聡)、関めぐみ(服部茜)、森田想(遠藤葵)、レイニ(新見晴)、ゆうたろう(田所修)、田中俊介(藤井元伸)、佐野弘樹(安達充)、山中聡(荒木広彦)、落合モトキ(菊池広重)、角田晃広(秋尾秋好)、菅原大吉(西門静男)ほか

「ナイル殺人事件」のネタバレあらすじ結末

ナイル殺人事件の紹介:2020年アメリカ映画。イギリスの作家アガサ・クリスティが1937年に発表した小説「ナイルに死す」二度目の映画化作品。エジプトのナイル川をめぐる豪華クルーズ船という密室で起こる殺人事件に、世界一の名探偵エルキュール・ポアロが挑む。監督のケネス・ブラナーは製作にも名を連ねており、『オリエント急行殺人事件』に続いてポアロを演じている。今回はポアロの人物背景に迫るストーリーになっており、独身を貫いている秘密や口ひげの由来も明らかになる。
監督:ケネス・ブラナー 原作:アガサ・クリスティ「ナイルに死す」 キャスト:ケネス・ブラナー(エルキュール・ポアロ)、ガル・ガドット(リネット)、アーミー・ハマー(サイモン)、エマ・マッキー(ジャクリーン)、トム・ベイトマン(ブーク)、レティーシャ・ライト(ロザリー)、アネット・ベニング(ブークの母)、ほか

「鳩の撃退法」のネタバレあらすじ結末

鳩の撃退法の紹介:2021年日本映画。直木賞受賞経験のある津田伸一に編集者の鳥飼なほみが接触を図ります。そしてかつて訴訟問題になった津田から新作が渡されました。それはフィクションなのかそうではないのか、鳥飼はやがてそれを検証していくことになっていきます…。
監督:タカハタ秀太 出演:藤原竜也(津田伸一)、土屋太鳳(鳥飼なほみ)、風間俊介(幸地秀吉)、西野七瀬(沼本)、豊川悦司(倉田健次郎)、坂井真紀(加奈子)、濱田岳(堀之内)、ミッキー・カーチス(房州老人)、リリー・フランキー(まえだ)、ほか

「マスカレード・ナイト」のネタバレあらすじ結末

マスカレード・ナイトの紹介:年アメリカ映画。木村拓哉、長澤まさみの共演で話題になった「マスカレード・ホテル」の続編にあたるのが本作。東野圭吾が執筆したマスカレードシリーズの三作目にあたります。警視庁捜査一課の新田と一流コンシェルジュの山岸が再びタッグを組み難事件に挑みます。
監督:鈴木雅之 出演:木村拓哉(新田浩介)、長澤まさみ(山岸尚美)、小日向文世(能勢)、梶原善(本宮)、泉澤祐希(関根)、東根作寿英(久我)、石川恋(川本)、中村アン(奥田真由美)、田中みな実(秋山久美子)、石黒賢(氏原祐作)、沢村一樹(日下部篤哉)、勝村政信(曽野昌明)、木村佳乃(曽野万智子)、凰稀かなめ(狩野妙子)、麻生久美子(仲根緑)、高岡早紀(貝塚由里)、博多華丸(浦辺幹夫)、鶴見辰吾(田倉)、篠井英介(尾崎)、石橋凌(藤木)、渡部篤郎(稲垣)、ほか

1 2 3 4 5 12

キーワードから探す

TOP↑