ミステリー映画のネタバレ

「科捜研の女 劇場版」のネタバレあらすじ結末

科捜研の女 -劇場版-の紹介:2021年日本映画。1999年に放送開始し、2022年現在でシーズン21まで製作されている人気テレビドラマシリーズ『科捜研の女』が満を持して初映画化。京都の医科大学で女性教授が謎の死を遂げたことをきっかけに同様の事件が連続して発生。京都府警科学捜査研究所(通称:科捜研)の榊マリコと仲間たちは事件のカギを握る“史上最強の敵”と対峙することに…。主人公マリコ役の沢口靖子や相棒役の内藤剛志をはじめとするテレビシリーズのレギュラー陣に加えて過去シリーズのレギュラー9名も登場、佐々木蔵之介が史上最強の敵として参戦しています。
監督:兼﨑涼介 出演者:沢口靖子(榊マリコ)、内藤剛志(土門薫)、若村麻由美(風丘早月)、風間トオル(宇佐見裕也)、斉藤暁(日野和正)、渡部秀(橋口呂太)、山本ひかる(涌田亜美)、金田明夫(藤倉甚一)、西田健(佐伯志信)、石井一彰(蒲原勇樹)、佐津川愛美(秦美穂子)、渡辺いっけい(倉橋拓也)、小野武彦(榊伊知郎)、戸田菜穂(芝美紀江)、田中健(佐久間誠)、野村宏伸(佐沢真)、山崎一(宮前守)、長田成哉(相馬涼)、奥田恵梨華(吉崎泰乃)、崎本大海(木島修平)、片岡礼子(石川礼子)、佐渡山順久(相田勝之)、マギー(柴崎勉)、増田広司(斎藤朗)、宮川一朗太(石室達也)、阪田マサノブ(長野智彦)、中村靖日(木村柊一)、駒井蓮(森奈々枝)、水島麻理奈(森友希枝)、伊東四朗(老紳士)、福山潤(アナウンサー)、星由里子(榊いずみ)、宮田圭子(宇佐見咲枝)、宮地雅子(日野恵津子)、染野有来(風丘亜矢)、佐々木蔵之介(加賀野亘)ほか

「FUNNY BUNNY」のネタバレあらすじ結末

FUNNY BUNNY(ファニーバニー)の紹介:2021年日本映画。映画監督・小説家・舞台演出家としての顔を持つ飯塚健が2012年に脚本・演出を手掛けた舞台『FUNNY BUNNY 鳥獣と寂寞の空』および自ら執筆した小説『FUNNY BUNNY』を映画化した作品です。自殺願望者を見分けることのできる売れない小説家の男が2つの時代を股にかけて引き起こす奇想天外な騒動を描きます。
監督:飯塚健 出演者:中川大志(剣持聡)、岡山天音(漆原聡)、関めぐみ(服部茜)、森田想(遠藤葵)、レイニ(新見晴)、ゆうたろう(田所修)、田中俊介(藤井元伸)、佐野弘樹(安達充)、山中聡(荒木広彦)、落合モトキ(菊池広重)、角田晃広(秋尾秋好)、菅原大吉(西門静男)ほか

「ナイル殺人事件」のネタバレあらすじ結末

ナイル殺人事件の紹介:2020年アメリカ映画。イギリスの作家アガサ・クリスティが1937年に発表した小説「ナイルに死す」二度目の映画化作品。エジプトのナイル川をめぐる豪華クルーズ船という密室で起こる殺人事件に、世界一の名探偵エルキュール・ポアロが挑む。監督のケネス・ブラナーは製作にも名を連ねており、『オリエント急行殺人事件』に続いてポアロを演じている。今回はポアロの人物背景に迫るストーリーになっており、独身を貫いている秘密や口ひげの由来も明らかになる。
監督:ケネス・ブラナー 原作:アガサ・クリスティ「ナイルに死す」 キャスト:ケネス・ブラナー(エルキュール・ポアロ)、ガル・ガドット(リネット)、アーミー・ハマー(サイモン)、エマ・マッキー(ジャクリーン)、トム・ベイトマン(ブーク)、レティーシャ・ライト(ロザリー)、アネット・ベニング(ブークの母)、ほか

「鳩の撃退法」のネタバレあらすじ結末

鳩の撃退法の紹介:2021年日本映画。直木賞受賞経験のある津田伸一に編集者の鳥飼なほみが接触を図ります。そしてかつて訴訟問題になった津田から新作が渡されました。それはフィクションなのかそうではないのか、鳥飼はやがてそれを検証していくことになっていきます…。
監督:タカハタ秀太 出演:藤原竜也(津田伸一)、土屋太鳳(鳥飼なほみ)、風間俊介(幸地秀吉)、西野七瀬(沼本)、豊川悦司(倉田健次郎)、坂井真紀(加奈子)、濱田岳(堀之内)、ミッキー・カーチス(房州老人)、リリー・フランキー(まえだ)、ほか

「マスカレード・ナイト」のネタバレあらすじ結末

マスカレード・ナイトの紹介:年アメリカ映画。木村拓哉、長澤まさみの共演で話題になった「マスカレード・ホテル」の続編にあたるのが本作。東野圭吾が執筆したマスカレードシリーズの三作目にあたります。警視庁捜査一課の新田と一流コンシェルジュの山岸が再びタッグを組み難事件に挑みます。
監督:鈴木雅之 出演:木村拓哉(新田浩介)、長澤まさみ(山岸尚美)、小日向文世(能勢)、梶原善(本宮)、泉澤祐希(関根)、東根作寿英(久我)、石川恋(川本)、中村アン(奥田真由美)、田中みな実(秋山久美子)、石黒賢(氏原祐作)、沢村一樹(日下部篤哉)、勝村政信(曽野昌明)、木村佳乃(曽野万智子)、凰稀かなめ(狩野妙子)、麻生久美子(仲根緑)、高岡早紀(貝塚由里)、博多華丸(浦辺幹夫)、鶴見辰吾(田倉)、篠井英介(尾崎)、石橋凌(藤木)、渡部篤郎(稲垣)、ほか

「天才ヴァイオリニストと消えた旋律」のネタバレあらすじ結末

天才ヴァイオリニストと消えた旋律の紹介:2019年アメリカ映画。ユダヤ人のドヴィドルはポーランド生まれ、少年時代にバイオリンの才能をイギリス人ギルバートに見出され、イギリスで英才教育を受けることになります。ギルバートの実子マーティンとは同じバイオリニストとして、対立しながらも友情を育んでいきます。しかし成人したドヴィドルはコンサートを前にして失踪してしまいます。マーティンはドヴィドルを探す旅に出発。彼の失踪の謎をつきとめます。本作は第2次世界大戦、イスラエル建国など激動の時代に生きた2人のバイオリニストの友情を描いた物語です。1930−40年代のマーティンとドヴィドルの少年時代、1951年の失踪シーン、1986年のシーンで展開されます。
監督:フランソワ・ジラール 出演:ティム・ロス(マーティン)、クライヴ・オーウェン(ドヴィドル)、ルーク・ドイル(ドヴィドル / 少年期)、ミシャ・ハンドリー(マーティン / 少年期)、キャサリン・マコーマック(ヘレン)、スタンリー・タウンゼント(ギルバート)、ほか

「最後の決闘裁判」のネタバレあらすじ結末

最後の決闘裁判の紹介:2021年アメリカ映画。14世紀末、フランス。戦地から帰還した騎士ジャン・ド・カルージュは、妻から強姦されたことを聞かされる。しかも犯人は従騎士のジャック・ル・グリ。カルージュはル・グリを処刑することを望むが、ル・グリは無罪を主張し、目撃者もいない。そこでカルージュは、国王シャルル6世に決闘での決着を直訴。カルージュとル・グリはどちらかが倒れるまで闘うことになる。実話をもとに歴史を変えた世紀のスキャンダルを描く。
監督:リドリー・スコット 出演:マット・デイモン(ジャン・ド・カルージュ)、アダム・ドライバー(ジャック・ル・グリ)、ジョディ・カマー(マグリット・ド・カルージュ)、マートン・チョーカシュ(クレスピン)、マイケル・マケルハットン(バーナード・ラトゥール)、クライヴ・ラッセル(王の伯父)、ベン・アフレック(アランソン伯ピエール2世)ほか

「遠くでずっとそばにいる」のネタバレあらすじ結末

遠くでずっとそばにいるの紹介:2013年日本映画。交通事故で入院中の朔美が目覚めると、27歳の朔美の記憶は17歳を境に途切れていました。失われた10年間の記憶を取り戻すために、同級生の細見と薫に助けてもらいながら、行った事のある場所に行ったり、知り会った人たちと会う中でもう一人の男性の存在を知る朔美でしたが…という内容のミステリー調の恋愛ドラマです。
監督:長澤雅彦 出演者:倉科カナ(志村朔美)、中野裕太(細見良彦)、伽奈(大島薫)、清水くるみ(志村美加)、徳井義実(阿部浩一)、六角精児(谷口正行)ほか

「妻二人」のネタバレあらすじ結末

妻二人の紹介:1967年日本映画。出版社社長の娘・道子と結婚した柴田健三。道子は理想的な妻で健三を深く愛していた。だが、健三には小説家志望だった頃の彼を支えた順子という女がいた。順子と健三の偶然の再会、そして順子の今の恋人でやはり小説家を志す小林の出現で健三と道子の運命は狂わされていく。パトリック・クェンティンのミステリー小説を元に新藤兼人が脚本を執筆。対照的な二人の女を若尾文子・岡田茉莉子の二人の名女優が演じる。
監督:増村保造 出演者:若尾文子(永井道子)、岡田茉莉子(雨宮順子)、高橋幸治(柴田健三)、伊藤孝雄(小林章太郎)、江波杏子(永井利恵)、三島雅夫(永井昇平)、ほか

「黒いドレスを着た女」のネタバレあらすじ結末

黒いドレスを着た女の紹介:2012年メキシコ映画。父の葬儀に突如現れた謎の女の正体を探るためLAからメキシコにやってきた男と、彼女をひたむきに愛する故郷の男、2人の男の間で揺れる女の恋愛模様を描いた人生ドラマ。
監督:ホセ・ペペ・ボホルケス 出演:ウェス・ベントリー、アナ・セラディーリャ、リンダ・グレイ、ジョナサン・シェック、オズワルド・デ・レオン、ほか

「インランド・エンパイア」のネタバレあらすじ結末

インランド・エンパイアの紹介:2006年アメリカ,ポーランド,フランス映画。鬼才デヴィッド・リンチ監督が贈る、現実と演技の世界の区別がつかなくなった女優の混乱する姿を描くミステリー・ドラマです。ハリウッドでとある映画の主役を射止めた女優でしたが、この映画は出演者が謎の死を遂げたといういわくつきの映画のリメイクであり、やがて女優の周りで続々と不可解な出来事が起こるようになっていきます…。
監督:デヴィッド・リンチ 出演者:ローラ・ダーン(ニッキー・グレイス/スーザン・スー・ブルー)、ジェレミー・アイアンズ(キングスリー・スチュワート)、ジャスティン・セロー(デヴォン・バーク/ビリー・サイド)、ハリー・ディーン・スタントン(フレディ・ハワード)、ダイアン・ラッド(マリリン・レヴェンス)、ジュリア・オーモンド(ドリス・サイド)、ナオミ・ワッツ(スージー・ラビット)、裕木奈江(ホームレスの女)、デヴィッド・リンチ(バッキー・J)ほか

「ホムンクルス」のネタバレあらすじ結末

ホムンクルスの紹介:2021年日本映画。山本英夫の同名漫画を、日本ホラー界を牽引する清水崇監督が映画化したサイコミステリーです。過去の記憶を失った主人公・名越進が第六感が得られる特殊な手術を受けたことをきっかけに様々な人々の抱える心の闇に触れていく様を描きます。
監督:清水崇 出演者:綾野剛(名越進)、成田凌(伊藤学)、岸井ゆきの(謎の女)、石井杏奈(女子高生1775)、内野聖陽(組長)、伊東茄那(奈々子)、ほか

「こおろぎ」のネタバレあらすじ結末

こおろぎの紹介:2006年日本映画。青山真治監督が手掛けた長編作品。静岡県西伊豆を舞台に、鈴木京香や山崎努らが共演したミステリアスな物語。主人公のかおるは、ある山奥で盲目で口のきけない男と二人で暮らしていた。暮らしていると言うよりは、飼っていると言ったほうがいいような二人の関係で…。
監督:青山真治 出演者:鈴木京香(かおる)、 山崎努(男)、 安藤政信(タイチ)、 伊藤歩(レイコ)、 光石研(不動産屋)、 斎藤陽一郎(植木屋)、 尾野真千子、 小澤征悦、ほか

「ファーストラヴ」のネタバレあらすじ結末

ファーストラヴの紹介:2021年日本映画。2018年第159回直木賞を受賞した「ファーストラヴ」。作者は「ナラタージュ」「Red」も映画化されている島本理生。女子大生による父親刺殺事件を軸に家族をめぐる闇を描くミステリーだ。映画・テレビ共にヒット作の多い堤幸彦が監督をつとめ、旬の俳優陣の気迫のこもった演技を引き出している。主演作がたて続けに公開されている北川景子と中村倫也のW主演。犯人の女子大生・環菜を芳根京子が体当たりで演じ、その母親を木村佳乃が怪演。他に窪塚洋介、板尾創路、高岡早紀など実力派俳優が作品に深みを与えている。
監督:堤幸彦 脚本:浅野妙子 主題歌・挿入歌:Uru(主題歌「ファーストラヴ」) キャスト:北川景子(真壁由紀)、中村倫也(庵野迦葉)、芳根京子(聖山環菜)、板尾創路(聖山那雄人)、石田法嗣(小泉裕二)、清原翔(賀川洋一)、高岡早紀(早苗)、木村佳乃(聖山昭菜)、窪塚洋介(真壁我聞)ほか

「絶対の愛」のネタバレあらすじ結末

絶対の愛の紹介:2006年韓国,日本映画。ジウと恋人関係にあるセヒは嫉妬心が強く、ジウが自分に飽きてきたと思い込み半年間行方をくらました挙句、整形して別人になりジウの前に現れます。セヒを探し疲れたジウは彼女を愛しはじめ、二人は結ばれます。しばらくすると彼女は整形前の自分に嫉妬心を持ち始め…という内容のミステリー映画です。ラブストーリーのような展開ですが、終盤から内容は一変しラストに驚かされます。
監督:キム・ギドク 出演者:ソン・ヒョナ(スェヒ)、ハ・ジョンウ(ジウ)、パク・チヨン(セヒ)、キム・ソンミン(医師)ほか

1 2 3 4 5 6 12

キーワードから探す

TOP↑