Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アニメ映画のネタバレ

アニメ映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気アニメ映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「ライオン・キング(2019年)」のネタバレあらすじ結末

ライオン・キングの紹介:2019年アメリカ映画。アニメやミュージカルなどで人気のディズニーの名作「ライオン・キング」をジョン・ファヴロー監督がフルCGの超実写版として映画化。アフリカのサバンナ、幼い頃に叔父ライオンに父親ライオンを殺され、更に王国からも追放された未来の王シンバは、違う世界で新しい仲間と出会い、やがて過去を忘れて大人へと成長する。ある日、幼馴染のメスライオン・ナラと再会する事で、自分の未来の王としての運命を思い出したシンバは王国へと戻る。幼かったライオンが王へと成長していく様を描く。
監督:ジョン・ファヴロー 声優: ドナルド・グローヴァー(シンバ)、セス・ローゲン(プンバァ)、キウェテル・イジョフォー(スカー)、アルフレ・ウッダード(サラビ)、ビリー・アイクナー(ティモン)、ジョン・カニ(ラフィキ)、ジョン・オリヴァー(ザズー)、フローレンス・カサンバ(シェンジ)、エリック・アンドレ(アジジ)、キーガン=マイケル・キー(カマリ)、ビヨンセ・ノウルズ=カーター(ナラ)、ジェームズ・アール・ジョーンズ(ムファサ)、ほか

「曇天に笑う<外伝> 桜華、天望の架橋」のネタバレあらすじ結末

曇天に笑う<外伝> ~桜華、天望の架橋~の紹介:2018年日本映画。実写映画化もされた唐々煙のヒット作「曇天に笑う」のスピンオフとなる「曇天に笑う<外伝>」を劇場版アニーション三部作として映画化した最終章です。本作では主人公・曇天火と同じく“大蛇(おろち)”の細胞を宿した新たな敵が登場、天火の弟である空丸や宙太郎と対峙します。
監督:若野哲也 声の出演:中村悠一(曇天火)、梶裕貴(曇空丸)、代永翼(曇宙太郎)、鳥海浩輔(安倍蒼世)、大原さやか(佐々木妃子)、藤原祐規(芦屋睦月)、安元洋貴(鷹峯誠一郎)、藤原貴弘(犬飼善蔵)、岩崎ひろし(屍千狼)、下野紘(武田楽鳥)、能登麻美子(錦)、松岡禎丞(虎)、白石涼子(亞華羽)、斉藤次郎(山縣有朋)、阪口周平(西野)、菊池康弘(喜多)、佐藤はな(鱗の少女)ほか

「ペット2」のネタバレあらすじ結末

ペット2の紹介:2019年アメリカ映画。飼い主も知らないペットたちの日常を描いた『ペット』の続編。テリア犬のマックスは飼い主のケイティーが結婚、出産した事で、その息子リアムを自分の子供のように可愛がり、面倒を見る生活が始まる。そんなある日、ある事件が起きると、ペット達はスーパーヒーローとなって大活躍する。
監督:クリス・ルノー 出演:パットン・オズワルト(マックス)、エリック・ストーンストリート(デューク)、エリー・ケンパー(ケイティ)、ハリソン・フォード(ルースター)、ジェニー・スレイト(ギジェット)ほか

「天気の子」のネタバレあらすじ結末

天気の子の紹介:2019年日本映画。『君の名は。』の歴史的大ヒットから3年、新海誠監督が満を持して送り出した長編アニメーション作品です。本作も『君の名は。』から引き続きロックグループ「RADWIMPS」が音楽を手掛け、雨の止まない異常気象に見舞われた近未来の東京を舞台に“100%の晴れ女”といわれる不思議な力を秘めた少女と家出少年との合流を現代社会の“闇”も交えて新海作品ならではの映像美で描きあげていきます。なお、本作は『君の名は。』と世界観を共有しており、同作の登場人物もカメオ出演しています。
監督:新海誠 声の出演:醍醐虎汰朗(森嶋帆高)、森七菜(天野陽菜)、小栗旬(須賀圭介)、本田翼(夏美)、吉柳咲良(天野凪)、平泉成(安井刑事)、梶裕貴(高井刑事)、倍賞千恵子(立花冨美)、花澤香菜(カナ)、佐倉綾音(花澤綾音)、市ノ瀬加那(佐々木)、木村良平(キムラ)、野沢雅子(占い師)、上白石萌音(宮水三葉(特別出演))、神木隆之介(立花瀧(特別出演))ほか

「タッチ 背番号のないエース」のネタバレあらすじ結末

タッチ 背番号のないエースの紹介:1986年日本映画。双子の兄弟の上杉達也、和也と幼なじみの浅倉南の3人が高校野球を舞台に繰り広げるラブコメ漫画、タッチの映画化第一作。脚本は原田遊人、並木敏、杉井ギサブローの共同執筆。監督は「銀河鉄道の夜」の杉井ギサブローが担当。主題歌は、ラフ&レディ「背番号のないエース」
監督:杉井ギサブロー 声優:三ツ矢雄二(上杉達也)・難波圭一(上杉和也)・日髙のり子(浅倉南)・林家こぶ平(松平孝太郎)・井上和彦(新田明男)・冨永み〜な(新田由加)・銀河万丈(原田正平)

「オープン・シーズン3」のネタバレあらすじ結末

オープン・シーズン3 森の仲間とゆかいなサーカスの紹介:2010年アメリカ映画。森で暮らす心優しい熊のブーグとその友人達の物語の第3弾。熊に会いたくて旅先でサーカス団にもぐりこんだブーグは、脱走を計画していたダグに騙され、ダグの身代わりとしてサーカスに出演することに。一方で森の友人達はダグが偽者だと知り、ブーグを救出に行くという心温まるアニメ映画です。
監督:コディ・キャメロン 声優:マシュー・J・マン(ブーグ/ダグ)、マット・テイラー(エリオット)、デイナ・スナイダー(アリステア)、メリッサ・スターム(ジゼル/ウルサ)、コディ・キャメロン(ネイト)、ジョージア・エンジェル(ボビー)、ほか

「王立宇宙軍 オネアミスの翼」のネタバレあらすじ結末

王立宇宙軍 オネアミスの翼の紹介:1987年日本映画。架空の王国であるオネアミス王国を舞台に、主人公のシロツグ・ラーダットが人類初の宇宙飛行士に挑戦する。エヴァンゲリオンで有名なガイナックス初期の作品。音楽は坂本龍一、主人公の声を森本レオが担当するなど非常に豪華な製作陣・キャストで製作された。
監督:山鹿博之 出演:森本レオ(シロツグ・ラーダット)、弥生みつき(リイクニ・ノンデライコ)、村田彩(マナ)、曽我部和恭(マティ)、大塚周夫(グノォム博士)、内田稔(カイデン・ル・マシーレ)、ほか

「トイ・ストーリー4」のネタバレあらすじ結末

トイ・ストーリー4の紹介:2019年アメリカ映画。ウッディたちは新しい持ち主のボニーと幸せな日々を過ごしていたが、ウッディは徐々に彼女に遊ばれなくなっていく。そんなある日、幼稚園でボニーが自分で作ったおもちゃ「フォーキー」が家にやってくる。フォーキーとウッディたちの冒険が始まる。トイ・ストーリー3の完璧な結末を経て、おもちゃ達のさらなる物語が描かれる。
監督:ジョシュ・クーリー キャスト:トム・ハンクス(ウッディ)、ティム・アレン(バズ・ライトイヤー)、アニー・ポッツ(ボー・ピープ)、トニー・ヘイル(フォーキー)、キーガン=マイケル・キー(ダッキー)、マデリーン・マックグロウ(ボニー)、クリスティナ・ヘンドリックス(ギャビー・ギャビー)、ジョーダン・ピール(バニー)、キアヌ・リーヴス(デューク・カブーン)、アリー・マキ(ギグル・マクディンプルズ)、ジェイ・ヘルナンデス(ボニーの父)、ジョーン・キューザック(ジェシー)、ブレイク・クラーク(スリンキー・ドッグ)、ウォーレス・ショーン(レックス)、ドン・リックルズ(ミスター・ポテトヘッド)、ジェフ・ガーリン(バターカップ)、エステル・ハリス(ミセス・ポテトヘッド)、ジョン・モリス(アンディ)、ほか

「機動戦士ガンダムNT」のネタバレあらすじ結末

機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)の紹介:2018年日本映画。2019年に開始40周年を迎える“ガンダム”シリーズ。本作は『機動戦士ガンダムUC』のその後を描くストーリーとなり、失踪した幻のガンダム“ユニコーンガンダム3号機”を巡り、幼馴染の男女三人の交差する運命が描かれます。
監督:吉沢俊一 声優:榎木淳弥(ヨナ・バシュタ)、村中知(ミシェル・ルオ)、松浦愛弓(リタ・ベルナル)、梅原裕一郎(ゾルタン・アッカネン)、藤村歩(ミネバ・ラオ・ザビ)、古川慎(ブリック・テクラート)、塩田朋子(マーサ・ビスト・カーバイン)、てらそままさき(モナハン・バハロ)、中井和哉(イアゴ・ハーカナ)、山路和弘(アバーエフ)、星野貴紀(フランソン)、佐藤せつじ(アマージャ)、駒田航(タマン)、荒井勇樹(デラオ)、島田岳洋(パベル)、玉野井直樹(マウリ)、手塚秀彰(スベロア・ジンネマン)、内山昂輝(バナージ・リンクス)ほか

「生きのびるために」のネタバレあらすじ結末

生きのびるためにの紹介:2017年アイルランド, カナダ, ルクセンブルク映画。女性が一人では外出できないタリバン政権下のアフガニスタンを舞台にした切なくも勇気をもらえる社会派アニメーション。父がタリバンに連行され、母、姉、幼い弟だけが残され、パヴァーナは髪を切って男の子の服装をして家族のために働く。地雷を拾って亡くなった兄の物語と並行してストーリーが進んでゆく。エグゼクティブ・プロデューサーの一人はアンジェリーナ・ジョリー。
監督:ノラ・トゥーミー 声優: サラ・チャウドリー、ソーマ・バティア、アリ・バドシャー、シャーイスタ・ラティフ、ラーラ・サディク、ほか

「曇天に笑う<外伝>決別、犲の誓い」のネタバレあらすじ結末

曇天に笑う<外伝> ~決別、犲の誓い~の紹介:2017年日本映画。実写映画化もされた唐々煙のヒット作「曇天に笑う」のスピンオフとなる「曇天に笑う<外伝>」を劇場版アニーション三部作として映画化した第1作です。本作は本編開始以前を描く前日譚となり、破壊神“大蛇(おろち)”の討伐部隊“犲(やまいぬ)”に所属していた主人公・曇天火が、ある事件をきっかけに犲と決別する経緯が描かれます。。
監督:若野哲也 声の出演:中村悠一(曇天火)、梶裕貴(曇空丸)、代永翼(曇宙太郎)、鳥海浩輔(安倍蒼世)、大原さやか(佐々木妃子)、藤原祐規(芦屋睦月)、安元洋貴(鷹峯誠一郎)、藤原貴弘(犬飼善蔵)、岩崎ひろし(屍千狼)、下野紘(武田楽鳥)、佐藤利奈(牡丹)、能登麻美子(錦)、鈴村健一(比良裏)、櫻井孝宏(金城白子)、蜂須賀智隆(北村秀夫)、祐仙勇(土屋ヤス)、堂下勝気(太田医師)、大川透(曇太湖)、折笠富美子(曇小雪)、藤原夏海(曇空丸(幼少期))、佐藤はな(曇宙太郎(幼少期))ほか

「サミーとシェリー2 僕らの脱出大作戦」のネタバレあらすじ結末

サミーとシェリー2 僕らの脱出大作戦の紹介:2012年ベルギー,アメリカ,フランス映画。ファミリーアニメ“サミーとシェリー 七つの海の大冒険”の続編。ウミガメのサミーとレイは、生まれたばかりの孫たちを母親達が見守る海へ送り出していましたが、行きそびれたエラとリッキーと共に人間に捕まってしまい、水族館に連れて行かれます。難を逃れたエラとリッキーの海での生活と、水族館にいるサミーとレイの水族館からの脱出を計画する様子を描きます。
監督:ベン・スタッセン、ヴァンサン・ケステロー 声優:ジョニー・ウェスリー(サミー)、トーマス・リー(レイ )、カーター・ヘイスティングス(リッキー)、シャイロー・ウーストウォルド(エラ)、ドニス・オコナー(ビックD)、ダグ・ストーン(アルバート)、ほか

「曇天に笑う<外伝>宿命、双頭の風魔」のネタバレあらすじ結末

曇天に笑う<外伝> ~宿命、双頭の風魔~の紹介:2018年日本映画。実写映画化もされた唐々煙のヒット作「曇天に笑う」のスピンオフとなる「曇天に笑う<外伝>」を劇場版アニーション三部作として映画化した第2作です。本作では曇三兄弟・曇天火の親友にして、忍者・風魔一族に双子の兄として生まれた金城白子の過去とその宿命をメインに描きます。
監督:若野哲也 声の出演者:櫻井孝宏(金城白子(壱助))、遊佐浩二(壱雨)、芽衣(壱助(幼少期))、古城門志帆(壱雨(幼少期)/七々緒(二役))、津田健次郎(永四郎)、井上喜久子(六花)、能登麻美子(錦)、寺島拓篤(伍木)、諏訪彩花(三津)、チョー(風魔の長)、中村悠一(曇天火)、梶裕貴(曇空丸)、代永翼(曇宙太郎)、鳥海浩輔(安倍蒼世)、大原さやか(佐々木妃子)、斉藤次郎(山縣有朋)ほか

「TATSUMI マンガに革命を起こした男」のネタバレあらすじ結末

TATSUMI マンガに革命を起こした男の紹介:2010年シンガポール映画。大人向けの読み物としての漫画作品「劇画」というジャンルを確立した漫画家辰巳ヨシヒロの半生を代表的な短編作品とともに綴る異色のアニメーション映画。監督は辰巳のファンを公言するシンガポール出身のエリック・クー。俳優の別所哲也がナレーションと声優6役を演じわけています。第64回カンヌ国際映画祭のオフィシャル・セレクション(ある視点部門)に選出された作品です。
監督:エリック・クー キャスト:辰巳ヨシヒロ、別所哲也、ほか

「マイマイ新子と千年の魔法」のネタバレあらすじ結末

マイマイ新子と千年の魔法の紹介:2009年日本映画。芥川賞作家高樹のぶ子の自伝的小説「マイマイ新子」を題材にした作品。昭和30年代の山口県防府市国衙を舞台にお転婆な少女新子と東京から来た転校生貴伊子やクラスメイト達との交流が美しい映像で綴られていきます。「この世界の片隅に」の片渕須直監督による心温まるアニメーション映画です。
監督:片渕須直 出演者:福田麻由子(青木新子)、水沢奈子(島津貴伊子)、森迫永依(清原諾子・清少納言)、松元環季(青木光子)、本上まなみ(新子の母)ほか

1 2 3 4 5 38
TOP↑