劇場版アニメ映画のネタバレ

劇場版アニメ映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気の劇場版アニメ映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「トラペジウム」のネタバレあらすじ結末

トラペジウムの紹介:2024年日本映画。アイドルグループ「乃木坂46」の元メンバー・高山一実の小説家デビュー作となる長編小説を『SPY×FAMILY』シリーズなどを手掛けた制作会社「CloverWorks」がアニメ映画化した作品です。アイドルを目指す主人公の女子高生が3人の少女たちと出会い、夢に向かって突き進む姿を描きます。タイトルの「トラペジウム」はオリオン大星雲の若い星の星団を指しています。
監督:篠原正寛 原作:高山一実 声優:結川あさき(東ゆう)、羊宮妃那(大河くるみ)、上田麗奈(華鳥麗子)、相川遥花(亀井美嘉)、木全翔也(工藤真司)、久保ユリカ(古賀萌香)、木野日菜(水野サチ)、内村光良(伊丹秀一)、高山一実(老人A)、西野七瀬(老人B)ほか

「劇場版 ウマ娘 プリティーダービー 新時代の扉」のネタバレあらすじ結末

劇場版 ウマ娘 プリティーダービー 新時代の扉の紹介:2024年日本映画。実在する競走馬を擬人化した「ウマ娘」たちの奮闘を描いて大ヒットしたアプリゲームをはじめ、アニメ・漫画など様々な展開をしているメディアミックスプロジェクト『ウマ娘 プリティーダービー』シリーズの初の劇場版作品です。本作は2001年度のJRA賞年度代表馬に輝いたジャングルポケットの名と魂を受け継いだウマ娘を主人公に、ライバルたちとしのぎを削り合いながらトップを目指す様を描きます。
監督:山本健 声優:藤本侑里(ジャングルポケット)、上坂すみれ(アグネスタキオン)、小倉唯(マンハッタンカフェ)、福嶋晴菜(ダンツフレーム)、徳井青空(テイエムオペラオー)、松井恵理子(フジキセキ)、中村カンナ(ナリタトップロード)、和多田美咲(メイショウドトウ)、緒方賢一(タナベトレーナー)、伊駒ゆりえ(シマ)、櫻井みゆき(ルー)、仁見紗綾(メイ)、本泉莉奈(泉本奈々)、山本昌広(解説)、鈴木絵理(トーセンジョーダン)、首藤志奈(ハルウララ)、佐伯伊織(キングヘイロー)、津田美波(エアシャカール)、香坂さき(ゴールドシチー)、鈴木みのり(アグネスデジタル)、木村千咲(ダイワスカーレット)、山本希望(ユキノビジン)、石見舞菜香(ライスシャワー)、篠原侑(カレンチャン)、春日さくら(ヒシミラクル)、咲々木瞳(アドマイヤベガ)、高柳知葉(オグリキャップ)、土田大(沖田トレーナー)、朴ろ美(樫本理子)、岡咲美保(桐生院葵)、陶山恵実里(乙名史悦子)、斉藤慎二(ウマ娘番組MC)、大久保洋吉(特別解説)ほか

「ビーストウォーズメタルス コンボイ大変身!」のネタバレあらすじ結末

超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズメタルス コンボイ大変身!の紹介:1999 年日本映画。2024年にシリーズ生誕40周年を迎え、玩具・アニメ・実写映画・ゲームなど様々な展開を続けている「トランスフォーマー」シリーズ。本作は声優陣の自由なアドリブで“声優無法地帯”と称されるほどの人気を博し、実写映画第7作『トランスフォーマー/ビースト覚醒』のベースともなったテレビアニメ『ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー』(1997年~1998年)の続編となる『ビーストウォーズメタルス 超生命体トランスフォーマー』(1999年~2000年)の劇場版作品第2弾です。本作はテレビ本編第13話および日本未放映のエピソード(テレビ本編第16話と第17話の間)をベースに劇場版仕様として再編集、サイバトロン総司令官メタルスコンボイが最高司令官パワードコンボイへとパワーアップする過程を描きます。監督は『ビースト覚醒』やテレビアニメなど歴代トランスフォーマーシリーズなどで音響監督を手がけている岩浪美和が務めています。
監督:岩浪美和 声優:子安武人(サイバトロン総司令官メタルスコンボイ/サイバトロン最高司令官メタルスパワードコンボイ)、千葉繁(デストロン破壊大帝メタルスメガトロン)、高木渉(サイバトロン密林巡視員メタルスチータス)、山口勝平(サイバトロン諜報員メタルスラットル/チャック)、中村大樹(サイバトロン陸上防衛戦士ライノックス)、岩田光央(サイバトロン追跡員シルバーボルト)、梁田清之(サイバトロン海上司令官デプスチャージ)、柚木涼香(サイバトロン諜報工作員ブラックウィドー/ウナ)、チョー(デストロン忍者兵メタルスタランス)、飛田展男(デストロン砂漠戦指揮官クイックストライク/チャックとウナの父)、加藤賢崇(デストロン空中攻撃兵ワスピーター)、三木眞一郎(デストロン地上攻撃指揮官インフェルノ)、檜山修之(デストロン戦将ランページ)ほか

「CG版ビーストウォーズメタルス」のネタバレあらすじ結末

超生命体トランスフォーマー CG版ビーストウォーズメタルスの紹介:1998年日本映画。2024年にシリーズ生誕40周年を迎え、玩具・アニメ・実写映画・ゲームなど様々な展開を続けている「トランスフォーマー」シリーズ。本作は声優陣の自由なアドリブで“声優無法地帯”と称されるほどの人気を博し、実写映画第7作『トランスフォーマー/ビースト覚醒』のベースともなったテレビアニメ『ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー』(1997年~1998年)の続編となる『ビーストウォーズメタルス 超生命体トランスフォーマー』(1999年~2000年)の劇場版作品です、本作はテレビ本編放映開始に先駆けて公開され、日本ではテレビ未放映となったエピソード(テレビ本編第7話と第8話の間)を映画版として編集したものです。監督は『ビースト覚醒』やテレビアニメなど歴代トランスフォーマーシリーズなどで音響監督を手がけている岩浪美和が務めています。
監督:岩浪美和 声優:子安武人(サイバトロン総司令官メタルスコンボイ)、千葉繁(デストロン破壊大帝メタルスメガトロン)、高木渉(サイバトロン密林巡視員メタルスチータス)、山口勝平(サイバトロン諜報員メタルスラットル)、中村大樹(サイバトロン陸上防衛戦士ライノックス)、藤原啓治(サイバトロン特殊戦闘員ダイノボット)、遠近孝一(サイバトロン極地偵察員タイガトロン)、岩永哲哉(サイバトロン空中偵察員エアラザー)、岩田光央(サイバトロン追跡員シルバーボルト)、チョー(デストロン忍者兵メタルスタランス)、飛田展男(デストロン砂漠戦指揮官クイックストライク)、柚木涼香(デストロン諜報工作員ブラックウィドー/ナビ子)、加藤賢崇(デストロン空中攻撃兵ワスピーター)、遠藤雅(デストロン砂漠戦闘指揮官スコルポス)、三木眞一郎(デストロン地上攻撃指揮官インフェルノ)、檜山修之(デストロン戦将ランページ/プロトフォームX)ほか

「CG版ビーストウォーズ 激突!ビースト戦士」のネタバレあらすじ結末

超生命体トランスフォーマー CG版ビーストウォーズ 激突!ビースト戦士の紹介:1998年日本映画。2024年にシリーズ生誕40周年を迎え、玩具・アニメ・実写映画・ゲームなど様々な展開を続けている「トランスフォーマー」シリーズ。本作は世界初のフル3DCG連続テレビロボットアニメとして1997年~1998年にかけて日本で放映され、声優陣の自由なアドリブで話題を博し、実写映画第7作『トランスフォーマー/ビースト覚醒』のベースともなった『ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー』の劇場版で、テレビ本編の終盤のエピソードを中心に再編集・再アフレコを行った総集編的作品です。監督は『ビースト覚醒』やテレビアニメなど歴代トランスフォーマーシリーズなどで音響監督を手がけている岩浪美和が務めています。
監督:岩浪美和 声優:子安武人(サイバトロン総司令官コンボイ)、千葉繁(デストロン破壊大帝メガトロン)、高木渉(サイバトロン密林巡視員チータス)、山口勝平(サイバトロン諜報員ラットル)、中村大樹(サイバトロン陸上防衛戦士ライノックス)、藤原啓治(サイバトロン特殊戦闘員ダイノボット)、遠近孝一(サイバトロン極地偵察員タイガトロン)、岩永哲哉(サイバトロン空中偵察員エアラザー)、チョー(デストロン忍者兵タランス)、飛田展男(デストロン空中戦闘兵テラザウラー)、加藤賢崇(デストロン空中攻撃兵ワスピーター)、遠藤雅(デストロン砂漠戦闘指揮官スコルポス)、柚木涼香(デストロン諜報工作員ブラックウィドー)、三木眞一郎(デストロン地上攻撃指揮官インフェルノ)、中村秀利(ユニクロン)ほか

「ビーストウォーズII ライオコンボイ危機一髪!」のネタバレあらすじ結末

ビーストウォーズII(セカンド) 超生命体トランスフォーマー ライオコンボイ危機一髪!の紹介:1998年日本映画。2024年にシリーズ生誕40周年を迎え、玩具・アニメ・実写映画・ゲームなど様々な展開を続けている「トランスフォーマー」シリーズ。本作は1998年~1999年にかけて放映されたテレビアニメ『ビーストウォーズII(セカンド) 超生命体トランスフォーマー』の劇場版で、ゲストとして前作『ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー』のコンボイが参戦、本作の主人公ライオコンボイと“ダブルコンボイ”のタッグを組んで謎の凶悪な生命体と戦います。
監督:西森章 声優:郷田ほづみ(総司令官ライオコンボイ)、小村哲生(破壊大帝ガルバトロン)、小高三良(副司令アパッチ)、岩崎征実(突撃員ビッグホーン/医学博士サントン)、石塚堅(陽動員タスマニアキッド)、中野健治(守備隊員ダイバー)、岸祐二(水中工作員スクーバ)、小林由美子(野生闘士ライオジュニア/合体戦士マグナボス)、岩尾万太郎(音速教官スカイワープ)、松山鷹志(破壊大公ギガストーム)、高橋広樹(参謀総長ヘルスクリーム)、渡辺健(護衛隊長マックスビー/昆虫指令ビッグモス)、竹本英史(航空隊長ダージガン/力士モーターアーム)、実近順次(突撃隊長スラストール/極地工作員ギムレット)、内藤玲(音波工作員D・J)、西松和彦(海賊頭領ハーフシェル)、寺田はるひ(コンピューター)、子安武人(総司令官コンボイ)ほか

「FLY!/フライ!」のネタバレあらすじ結末

FLY!/フライ!の紹介:2023年アメリカ, フランス映画。ミニオンで知られる『怪盗グルー』シリーズや『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』などの人気作を手掛け、今やアニメーション界をリードする存在となったスタジオ「イルミネーション」が贈る完全オリジナル長編アニメ作品です。渡り鳥でありながら一度も移動したことがなく、外の世界を知らないカモの家族がアメリカからジャマイカへ移住することになるのですが・・・。
監督:バンジャマン・レネール 声優:クメイル・ナンジアニ(マック)、エリザベス・バンクス(パム)、オークワフィナ(チャンプ)、キーガン=マイケル・キー(デルロイ)、デヴィッド・ミッチェル(グーグー)、キャロル・ケイン(エリン)、キャスパー・ジェニングス(ダックス)、トレシ・ガザル(グウェン)、ダニー・デヴィート(ダン)、イザベラ・メルセード(キム)ほか 日本語吹替版:堺雅人(マック)、麻生久美子(パム)、ヒコロヒー(チャンプ)、関智一(デルロイ)、鈴村健一(グーグー)、野沢雅子(エリン)、黒川想矢(ダックス)、池村碧彩(グウェン)、羽佐間道夫(ダン)、芹澤優(キム)、谷山紀章(ジョー)、喜多村英梨(エリー)、愛河里花子(グーグーの仲間)ほか

「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 前章」のネタバレあらすじ結末

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 前章の紹介:年アメリカ映画。浅野いにお原作の漫画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』、略称”デデデデ“を、幾田りら(YOASOBI)と“あの”のダブル主演で二部作として映画化した長編アニメーション映画の前編です。東京上空に謎の宇宙船が到来、人類が滅亡の危機に瀕するという異常事態の中で、青春を謳歌する女子高生たちの姿と悲劇を描きます。後編は2024年5月公開予定です。
監督:黒川智之 主題歌:ano feat. 幾田りら「絶絶絶絶対聖域」 声優:幾田りら(小山門出)、あの(中川凰蘭)、種﨑敦美(栗原キホ)、島袋美由利(出元亜衣)、大木咲絵子(平間凛)、和氣あず未(竹本ふたば)、白石涼子(田井沼マコト)、入野自由(大葉圭太)、内山昂輝(小比類巻健一)、坂泰斗(渡良瀬)、諏訪部順一(中川ひろし)、津田健次郎(小山ノブオ)、大西沙織(須丸光)ほか

「鬼滅の刃 絆の奇跡、そして柱稽古へ」のネタバレあらすじ結末

ワールドツアー上映「鬼滅の刃」絆の奇跡、そして柱稽古へ(2024)の紹介:2024年日本映画。吾峠呼世晴原作の大ヒット漫画『鬼滅の刃』テレビシリーズの第3期「刀鍛冶の里編」(2023年放映)の最終話である第11話に加え、2024年放映開始の第4期「柱稽古編」の第1話をテレビ放映に先駆けて劇場上映する特別編です。主題歌はMY FIRST STORYとHYDE(L’Arc〜en〜Ciel、THE LAST ROCKSTARS)のコラボレーションによる『夢幻』です。
監督:外崎春雄 声優:花江夏樹(竈門炭治郎)、鬼頭明里(竈門禰豆子)、下野紘(我妻善逸)、松岡禎丞(嘴平伊之助)、河西健吾(時透無一郎)、花澤香菜(甘露寺蜜璃)、岡本信彦(不死川玄弥)、櫻井孝宏(冨岡義勇)、早見沙織(胡蝶しのぶ)、鈴村健一(伊黒小芭内)、関智一(不死川実弥)、杉田智和(悲鳴嶼行冥)、小西克幸(宇髄天元)、森川智之(産屋敷耀哉)、佐藤利奈(産屋敷あまね)、上田麗奈(栗花落カナヲ)、古川慎(後藤)、村瀬歩(小鉄)、竹本英史(鉄穴森鋼蔵)、浪川大輔(鋼鐵塚蛍)、屋良有作(鉄地河原鉄珍)、古川登志夫(半天狗)、山寺宏一(憎珀天)、坂本真綾(珠世)、関俊彦(鬼舞辻無惨)ほか

「劇場版 機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」のネタバレあらすじ結末

劇場版 機動戦士ガンダムSEED FREEDOMの紹介:2024年日本映画。日本ロボットアニメの金字塔『ガンダム』シリーズの中でも絶大な人気を誇る『SEED』シリーズ。本作はテレビシリーズ『機動戦士ガンダムSEED』(2002年~2003年)、その続編『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』(2004年~2005年)に続く約20年ぶりの完全新作です。本作は『SEED DESTINY』から2年後が舞台となり、監督はテレビシリーズ2作を手がけた福田己津央が続投、オリジナルキャストもほぼ再集結、新メンバーとして『鬼滅の刃』の下野紘や松岡禎丞、初代ガンダムが登場する『レディ・プレイヤー1』から森崎ウィンらが参戦しています。音楽はテレビシリーズおよびガンダムシリーズゆかりの西川貴教(T.M.Revolution)、小室哲哉、See-Saw、中島美嘉らが参加しています。
監督:福田己津央 脚本:両澤千晶、後藤リウ、福田己津央 原作:矢立肇、富野由悠季 主題歌:西川貴教 with t.komuro『FREEDOM』、See-Saw『去り際のロマンティクス』 声優: 保志総一朗(キラ・ヤマト)、田中理恵(ラクス・クライン)、石田彰(アスラン・ザラ)、森なな子(カガリ・ユラ・アスハ)、鈴村健一(シン・アスカ)、坂本真綾(ルナマリア・ホーク)、桑島法子(アグネス・ギーベンラート)、子安武人(ムウ・ラ・フラガ)、三石琴乃(マリュー・ラミアス)、大塚芳忠(アレクセイ・コノエ)、福山潤(アルバート・ハインライン)、根谷美智子(ヒルダ・ハーケン)、諏訪部順一(マーズ・シメオン)、楠大典(ヘルベルト・フォン・ラインハルト)、高橋広樹(アーサー・トライン)、戸松遥(アビー・ウィンザー)、佐倉綾音(トーヤ・マシマ)、 鎌倉有那(リオ・マオ)、柳沢三千代(エリカ・シモンズ)、折笠富美子(メイリン・ホーク)、関智一(イザーク・ジュール)、笹沼晃(ディアッカ・エルスマン)、藤真秀(ター・ド・ラメント)、江頭宏哉(ハリ・ジャガンナート)、日野由利加(フォスター)、田村ゆかり(アウラ・マハ・ハイバル)、下野紘(オルフェ・ラム・タオ)、中村悠一(シュラ・サーペンタイン)、上坂すみれ(イングリット・トラドール)、福圓美里(リデラード・トラドール)、松岡禎丞(ダニエル・ハルパー)、利根健太朗(リュー・シェンチアン)、森崎ウィン(グリフィン・アルバレスト)ほか

「アリスとテレスのまぼろし工場」のネタバレあらすじ結末

アリスとテレスのまぼろし工場の紹介:2023年日本映画。『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』シリーズの脚本などを手掛けてきた岡田麿里の自身監督作品2作目として製作された長編アニメーション映画です。本作は『呪術廻戦』『チェンソーマン』などの人気アニメを手がけてきたスタジオ『MAPPA』の初のオリジナル作品となり、製鉄所の爆発事故により全ての出口を失ったあげく時間が止まった町で主人公の少年少女たちの恋する衝動が閉じられた世界を動かしていく様を描いていきます。
監督:岡田麿里 主題歌:中島みゆき 声優:榎木淳弥(菊入正宗)、上田麗奈(佐上睦実)、久野美咲(五実)、八代拓(笹倉大輔)、畠中祐(新田篤史)、小林大紀(仙波康成)、齋藤彩夏(園部裕子)、河瀬茉希(原陽菜)、藤井ゆきよ(安見玲奈)、佐藤せつじ(佐上衛)、瀬戸康史(菊入昭宗)、林遣都(菊入時宗)、行成とあ(菊入美里)、多田野曜平(菊入宗司)ほか

「BLUE GIANT」のネタバレあらすじ結末

BLUE GIANTの紹介:2023年日本映画。第62回小学館漫画賞(一般向け部門)や第20回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞した石塚真一の同名漫画を映像化した長編アニメーション作品です。本作は原作の第2部にあたる「上京編」を映像化、サックス奏者を目指す主人公が東京でジャズバンドを組み、夢に向かって突き進んでいく過程を描いていきます。
監督:立川譲 声優:山田裕貴(宮本大)、間宮祥太朗(沢辺雪祈)、岡山天音(玉田俊二)、木下紗華(アキコ)、青山穣(川喜多)、乃村健次(由井)、木内秀信(天沼幸星)、東地宏樹(平)、近藤雄介(宮本雅之)、須田美玲(宮本彩花)、高橋伸也(望月)、加藤将之(五十貝勝)、四宮豪(内山)ほか 演奏:上原ひろみ(ピアノ)、馬場智章(サックス)、石若駿(ドラム)

「劇場版 SPY×FAMILY CODE: White」のネタバレあらすじ結末

劇場版 SPY×FAMILY CODE: Whiteの紹介:2023年日本映画。遠藤達哉の人気コミックで、テレビアニメ化や舞台化された『SPY×FAMILY(スパイファミリー)』の初の劇場版作品となる長編アニメーション作品です。本作は原作者の遠藤達哉自ら監修とキャラクターデザイン原案を手がけた完全オリジナルストーリーとなっており、旅行に出かけた主人公3人組の“かりそめの家族”がトラブルに巻き込まれていく様を描きます。
監督:片桐崇 主題歌:Official髭男dism「SOULSOUP」、星野源「光の跡」 声優: 江口拓也(ロイド・フォージャー/黄昏)、種崎敦美(アーニャ・フォージャー)、早見沙織(ヨル・フォージャー)、 松田健一郎(ボンド・フォージャー)、甲斐田裕子(シルヴィア・シャーウッド)、佐倉綾音(フィオナ・フロスト)、吉野裕行(フランキー・フランクリン)、小野賢章(ユーリ・ブライア)、 山路和弘(ヘンリー・ヘンダーソン)、藤原夏海(ダミアン・デズモンド)、 加藤英美里(ベッキー・ブラックベル)、庄司宇芽香(カミラ)、石見舞菜香(リー)、熊谷海麗(シャロン)、銀河万丈(スナイデル)、武内駿輔(タイプF)、中村倫也(ドミトリ)、賀来賢人(ルカ)ほか

「大雪海のカイナ ほしのけんじゃ」のネタバレあらすじ結末

大雪海のカイナ ほしのけんじゃの紹介:2023年日本映画。アニメ製作会社「ポリゴン・ピクチュアズ」の設立40周年記念作品として、同社の設立30周年記念作『シドニアの騎士』を手がけた弐瓶勉を原作者に迎えたメディアミックス作品として製作、2023年に放映したテレビアニメ『大雪海のカイナ』の完結編となる劇場版作品です。文明や文字が衰退し、人類滅亡の危機にある世界を舞台に、主人公の青年と小国の王女が世界の崩壊を食い止めるために戦う姿を描いたポスト・アポカリプスファンタジー超大作です。テレビアニメ版のキャスト・スタッフが続投し、新たな敵役として『鬼滅の刃』の花江夏樹が参戦しています。
監督:安藤裕章 声優:細谷佳正(カイナ)、高橋李依(リリハ)、村瀬歩(ヤオナ)、坂本真綾(アメロテ)、小西克幸(オリノガ)、杉田智和(ンガポージ)、堀内賢雄(ハレソラ)、大原さやか(ムルノタ)、熊谷健太郎(ノゼ)、諸星すみれ(チル)、花江夏樹(ビョウザン)ほか

「屋根裏のラジャー」のネタバレあらすじ結末

屋根裏のラジャーの紹介:2023年日本映画。スタジオポノックが『メアリと魔女の花』(2017年)以来6年ぶりに贈るの長編アニメーション映画です。イギリスの詩人で作家のA・F・ハロルド著『ぼくが消えないうちに』を原作に、少女の想像によって生まれた“イマジナリフレンド”である主人公の少年が、現実と想像が交錯する世界で起こる冒険を繰り広げる様を描いたファンタジーアドベンチャーです。
監督:百瀬義行 声優:寺田心(ラジャー)、鈴木梨央(アマンダ)、安藤サクラ(リジー)、仲里依紗(エミリ)、杉咲花(オーロラ)、山田孝之(ジンザン)、高畑淳子(ダウンビートおばあちゃん)、寺尾聰(冷蔵庫)、イッセー尾形(ミスター・バンティング)、かぬか光明(小雪ちゃん)、一龍斎貞友(骨っこガリガリ)、大谷育江(ドロン)、平澤宏々路(ジュリア)、川原瑛都(ジョン)ほか

1 2 3 4 5 46

キーワードから探す

TOP↑