劇場版アニメ映画のネタバレ

「怪獣娘(黒) ウルトラ怪獣擬人化計画」のネタバレあらすじ結末

怪獣娘(黒) ウルトラ怪獣擬人化計画の紹介:2018年日本映画。TVアニメ「怪獣娘~ウルトラ怪獣擬人化計画~」の劇場版。引っ込み思案な女子高生平賀サツキは、ある日怪獣娘に覚醒しかけたところをブラックスターズに拉致され、無理矢理ブラックスターズの4人目のメンバーにされてしまいます。地球侵略をもくろむブラックスターズでしたが、リーダーのブラック指令をはじめとしてポンコツなメンバーばかりで、仇敵のかいじゅうがーるず(実は認識すらされていない)とは比べものにならないほど貧弱でした。サツキは、参謀長としてブラックスターズ強化に乗り出すことになります。
監督:山本靖貴 出演:ブラック指令(新田ひより)、ペガッサ星人/平賀サツキ(八木侑紀)、シルバーブルーメ(高橋未奈美)、ノーバ(石原夏織)、ガタノゾーア(小倉唯)、アギラ(飯田里穂)、ミクラス(鈴木愛奈)、ピグモン(徳井青空)、ゼットン(加藤英美里)、レッドキング(五十嵐裕美)、エレキング(潘めぐみ)、ゴモラ(諏訪彩花)、キングジョー(三森すずこ)、ガッツ星人(松田利冴)、ベムスター(沼倉愛美)、ほか

「新幹線変形ロボ シンカリオン 神速のALFA-X」のネタバレあらすじ結末

劇場版 新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-Xの紹介:2019年日本映画。TVアニメ「新幹線変形ロボ シンカリオン 」の劇場版。北海道に家族旅行に来たハヤト一家ですが、スキー場で敵の攻撃を受けてしまい、ハヤトは無事に生還したものの、ホクトが行方不明となりました。かわりに1人の見知らぬ少年を保護しますが、その少年は、現代にタイムスリップしてきた9歳のホクトでした。そして再び謎の敵の攻撃が始まりますが、9歳のホクトは、元の時代に戻るためシンカリオン ALFA-Xの運転士となり、ハヤトと共に敵に立ち向かいます。
監督:池添隆博 声優:速杉ハヤト(佐倉綾音)、沼倉愛美(男鹿アキタ)、大門山ツラヌキ(村川梨衣)、セイリュウ(真堂圭)、上田アズサ(竹達彩奈)、速杉ホクト(杉田智和)、三原フタバ(雨宮天)、シャショット(うえだゆうじ)、東スバル(山寺宏一)、少年ホクト(釘宮理恵)ナハネ(伊藤健太郎)、オハネフ(吉田鋼太郎)、発音ミク(藤田咲)、ほか

「キン肉マン 大暴れ!正義超人」のネタバレあらすじ結末

キン肉マン 大暴れ!正義超人の紹介:1984年日本映画。2023年にアニメ化40周年を迎え、2024年には新アニメシリーズ『完璧超人始祖編』の放映も決定している、漫画家ユニット「ゆでたまご」の国民的漫画『キン肉マン』の劇場版作品第2弾です。本作は原作における「超人オリンピック ザ・ビッグファイト」前にキン肉マンが故郷・キン肉星に帰国した際の話をベースとし、原作のメインヒロインであるビビンバが本作のヒロインを務め、さらにはテレビアニメ版に先駆けて悪魔超人だったバッファローマンの正義超人入り、キン肉マンのキン肉バスターに代わる新必殺技・キン肉ドライバーの初使用が描かれています。
監督:白土武 原作:ゆでたまご(ストーリー:嶋田隆司、作画:中井義則) 声優:神谷明(キン肉スグル/キン肉マン)、松島みのり(アレキサンドリア・ミート(ミート君))、山本百合子(ビビンバ)、田中秀幸(テリーマン)、蟹江栄司(ラーメンマン)、郷里大輔(ロビンマスク)、堀秀行(ウォーズマン)、水鳥鉄夫(ブロッケンJr./与作さん)、佐藤正治(バッファローマン/イワオ)、広瀬正志(リキシマン)、中島千里(二階堂マリ)、鶴ひろみ(翔野ナツ子)、岸野一彦(キン肉真弓(キン肉大王))、山口奈々(キン肉小百合(キン肉王妃))、山本圭子(ナチグロン)、はせさん治(中野さん)、二又一成(キン骨マン)、北川米彦(大会委員長)、戸谷公次(五分刈刑事)、矢田耕司(大ウコン)、野田圭一(シシカバブー)、柴田秀勝(ブラックエンペラー)、八奈見乗児(ホルモン・ヤーキ)、ゆでたまご(ブラックエンペラーの部下)ほか

「キン肉マン 奪われたチャンピオンベルト」のネタバレあらすじ結末

キン肉マン 奪われたチャンピオンベルトの紹介:1984年日本映画。2023年にアニメ化40周年を迎え、2024年には新アニメシリーズ『完璧超人始祖編』の放映も決定している、漫画家ユニット「ゆでたまご」の国民的漫画『キン肉マン』の劇場版作品第1弾です。本作は『7人の悪魔超人編』終了後を舞台に、アニメでも描かれた「キン肉マンランド建設」がメインストーリーとなっています。
監督:白土武 原作:ゆでたまご(ストーリー:嶋田隆司、作画:中井義則) 声優:神谷明(キン肉スグル/キン肉マン)、松島みのり(アレキサンドリア・ミート(ミート君))、田中秀幸(テリーマン)、蟹江栄司(ラーメンマン)、郷里大輔(ロビンマスク)、堀秀行(ウォーズマン)、水鳥鉄夫(ブロッケンJr./与作さん)、広瀬正志(リキシマン)、中島千里(二階堂マリ)、鶴ひろみ(翔野ナツ子)、岸野一彦(キン肉真弓(キン肉大王))、山口奈々(キン肉小百合(キン肉王妃))、山本圭子(ナチグロン)、はせさん治(中野さん)、二又一成(キン骨マン)、佐藤正治(イワオ)、北川米彦(大会委員長)、矢田耕司(猛虎星人)、田中康郎(ハリゴラス)、戸谷公次(五分刈刑事)、塩屋浩三(ウコン)、大塚周夫(オクトバスドラゴンIII世)、ゆでたまご(オクトバスドラゴンIII世の部下)ほか

「ミュータント・タートルズ:ミュータント・パニック!」のネタバレあらすじ結末

ミュータント・タートルズ:ミュータント・パニック!の紹介:2023年アメリカ映画。子どもの頃から人目を避け、ニューヨークの地下に潜んで暮らすタートルズたち。“普通のティーンエイジャー”として人々に受け入れられることを夢見ていた。ある日、彼らは新たな友人エイプリルから、世間を騒がせているスーパーフライの存在を知る。警察も手に負えずニューヨークを混乱に陥れる悪者を倒すために、タートルズたちはミュータント軍団に立ち向かう。スケボーや音楽など現代のストリートカルチャーの描写もみどころ。コミックや映画シリーズなどを展開してきた『ミュータント・タートルズ』のアニメ版2作目。
監督:ジェフ・ロウ 声優:マイカ・アビー(ドナテロ)、シャモン・ブラウン・ジュニア(ミケランジェロ)、ハンニバル・バーエス(ジンギス・フロッグ)、ローズ・バーン(レザーヘッド)、ニコラス・カントゥ(レオナルド)、ジョン・シナ(ロックステディ)、ジャッキー・チェン(スプリンター)、アイス・キューブ(スーパーフライ)、ナターシャ・ディミトリウ(ウィングナット)、アヨ・エデビリ(エイプリル・オニール)、ジャンカルロ・エスポジート(バクスター・ストックマン)、ポスト・マローン(レイ・フィレット)、ブレイディ・ヌーン(ラファエロ)、セス・ローゲン(ビーバップ)、ポール・ラッド(モンド・ゲッコー)、マーヤ・ルドルフ(シンシア・ユートロム)ほか

「ガールズ&パンツァー 最終章 第4話」のネタバレあらすじ結末

ガールズ&パンツァー 最終章 第4話の紹介:2023年日本映画。茨城県大洗町を舞台に、実在の戦車を操る女子高生たちの戦いを描いたテレビアニメ「ガールズ&パンツァー」シリーズの最終章(全6話)の第4話です。本作は戦車道の冬季無限軌道杯・準決勝の模様を、大洗女子学園vs継続高校、黒森峰女学園vs聖グロリアーナ女学院との争いを軸に描いていきます。
監督:水島努 声優:渕上舞(西住みほ)、茅野愛衣(武部沙織)、尾崎真実(五十鈴華)、中上育実(秋山優花里)、井口裕香(冷泉麻子)、福圓美里(角谷杏)、高橋美佳子(小山柚子)、植田佳奈(河嶋桃)、菊地美香(磯辺典子)、吉岡麻耶(近藤妙子)、桐村まり(河西忍)、中村桜(佐々木あけび)、仙台エリ(鈴木貴子(カエサル))、森谷里美(松本里子(エルヴィン))、井上優佳(杉山清美(左衛門佐))、大橋歩夕(野上武子(おりょう))、竹内仁美(澤梓)、中里望(山郷あゆみ)、小松未可子(丸山紗希)、多田このみ(阪口桂利奈)、山岡ゆり(宇津木優季)、秋奈(大野あや)、井澤詩織(園みどり子(そど子))、山本希望(中嶋麗羅(ナカジマ))、葉山いくみ(猫田舞(ねこにゃー))、椎名へきる(蝶野亜美)、瀬戸麻沙美(西絹代)、大空直美(福田はる)、米澤円(大波のフリント)、七瀬亜深(生しらす丼のカトラス)、下地紫野(アキ)、石上美帆(ミッコ)、能登麻美子(ミカ)、若山詩音(ヨウコ)、仙台エリ(赤星小梅)、高森奈津美(ローズヒップ)、竹達彩奈(島田愛里寿)、喜多村英梨(ダージリン)、生天目仁美(逸見エリカ)ほか

「スタンドマイヒーローズ WARMTH OF MEMORIES」のネタバレあらすじ結末

スタンドマイヒーローズ WARMTH OF MEMORIESの紹介:2023年日本映画。TVアニメ「スタンドマイヒーローズ PIECE OF TRUTH」の劇場版。薬物絡みの未解決事件を扱う独立捜査機関「スタンド」。そのスタンドのメンバーをスカウトする役目である泉玲は、以前スカウトしたことがあった行動心理学の第一人者瀬尾鳴海の元を訪れます。実は、ある事件で脅迫状が届き、瀬尾に危害が加えられる可能性があるため、泉は身辺警護を申しでますが、学生たちに負担をかけたくないと断られてしまいます。しかし、瀬尾はある条件を出し、その条件を泉が飲んだため、泉自身が瀬尾の家に住み込んで護衛をおこなうことになりました。
監督:江副仁美 声優:可愛ひかる(下野紘)、日向志音(KENN)、宝生潔(斉藤壮馬)、早乙女郁人(細谷佳正)、瀬尾鳴海(子安武人)、泉玲(村井美里)、ほか

「神々の山嶺」のネタバレあらすじ結末

神々の山嶺の紹介:2021年フランス, ルクセンブルク映画。カメラマンの深町誠は、ネパールで消息不明となっていた登山家羽生丈二を見かけます。羽生はかつてエベレストに挑戦し行方不明となった登山家マロリーのカメラらしきものを所持していました。マロニーが世界で初めてエベレスト登頂に成功したかどうかはいまだ解明されておらず、カメラはその手掛かりとなるため、深町は羽生の行方を捜しました。羽生は若い頃から将来を嘱望された登山家でしたが、山に対するストイックな性格から周りから孤立し、さらに仲間の死もあり、やがて姿を消したのでした。羽生を取材するうちに次第に羽生に惹かれて行った深町は、羽生を探し出し、羽生が目指す世界で初めての冬季エベレスト南西壁無酸素単独登頂に同行することになりました。
監督:パトリック・インバート 原作:夢枕獏、谷口ジロー 声優:深町誠(堀内賢雄)、羽生丈二(大塚明夫)、岸文太郎(逢坂良太)、岸涼子(今井麻美)、ほか

「千夜一夜物語」のネタバレあらすじ結末

千夜一夜物語の紹介:1969年日本映画。貧しい商人の男がたどる数奇な運命の物語「千夜一夜物語」を題材に、手塚治虫が挑んだ世界初の大人のためのアニメーション”アニメラマ”のシリーズ第1弾。アニメと実写の合成など斬新な手法で描かれ、豪華俳優陣が吹き替えを担当している。
監督:山本 暎一 脚本:手塚治虫、深沢一夫、熊井宏之 声優:青島幸男(アルディン)、芥川比呂志(バドリー)、岸田今日子(ミリアム、ジャリス)、小池朝雄(カマーキム)、加藤治子(ジニー)、ほか

「劇場版シティーハンター 天使の涙」のネタバレあらすじ結末

劇場版シティーハンター 天使の涙(エンジェルダスト)の紹介:2023年日本映画。凄腕で女好きな闇の始末屋、シティーハンターこと冴羽リョウの活躍を描いた北条司の人気漫画「シティーハンター」の劇場版アニメーション作品にして最終章の序章となる作品です。本作はアニメ版としては前作『新宿プライベート・アイズ』(2019年)以来4年ぶりとなり、原作でも登場するキーアイテム「天使の涙(エンジェルダスト)」を巡る冴羽たちの闘いを描きます。主題歌はテレビシリーズ同様にTM NETWORKが担当しています。
総監督:こだま兼嗣 監督:竹内一義 原作:北条司 声優:神谷明(冴羽リョウ)、伊倉一恵(槇村香)、玄田哲章(海坊主)、一龍斎春水(野上冴子)、小山茉美(美樹)、戸田恵子(来生瞳)、深見梨加(来生泪)、坂本千夏(来生愛)、桐本拓哉(下山田誠)、北川里奈(海小坊主)、山里亮太(ナンパ好きな男)、世界(モヒカンの容疑者)、伊藤遼(船着き場の男)、栗田貫一(ルパン三世)、大塚明夫(次元大介)、内山昂輝(バナージ・リンクスの声)、田中秀幸(槇村秀幸)、沢城みゆき(アンジー)、関智一(ピラルクー)、木村昴(エスパーダ) 、堀内賢雄(海原神)ほか

「ニモーナ」のネタバレあらすじ結末

ニモーナの紹介:2023年アメリカ映画。1000年受け継がれてきた騎士の伝統。バリスターは庶民から初めて騎士に就任されるということで注目を浴びています。しかし、ある事件がバリスターを襲い、彼は追われる身となってしまいます。そんなときに、ニモーナというファンキーな少女が現れ、仲間になりたいと志願。バリスターはそんなことより、自分にはするべきことがあると断りますが…。N・D・スティーブンソンによるグラフィックノベルが原作のアニメーション映画です。
監督: ニック・ブルーノ、トロイ・クエイン 声優: クロエ・グレース・モレッツ(ニモーナ)、リズ・アーメッド(バリスター・ボールドハート)、ユージン・リー・ヤン(アンブローシャス・ゴールデンロイン)、フランセス・コンロイ(校長)、フリオ・トーレス(ディエゴ)、ほか

「ピーターと魔法の象」のネタバレあらすじ結末

ピーターと魔法の象の紹介:2023年アメリカ, オーストラリア映画。戦争によって家族を失ってしまったピーター。ある日、ピーターは謎めいた占い師から、「妹は生きている」と言われます。その占い師によると、妹と再会するためには象を追いかける必要があるとのこと。この街には象はいなかったため、ピーターはどうしようかと考えている一方で、ある魔術師がこの街に象を呼び寄せます。ケイト・ディカミロの児童文学を原作に描かれた、心温まるファミリーCGアニメーション映画です。
監督: ウェンディ・ロジャース 出演:ノア・ジュープ(ピーター)、マンディ・パンティンキン(ヴィルナ)、ブライアン・タイリー(マティエンヌ大佐)、ショーン・クリフォード(グロリア)、ピクシー・デイビス(アデル)、ベネディクト・ウォン(魔術師)、アーシフ・マンドヴィ(国王)、ドーン・フレンチ(シスター)、ほか

「オオカミの家」のネタバレあらすじ結末

オオカミの家の紹介:2018年チリ映画。とあるコロニーから逃げ出した夢見る少女が、森の中の廃屋で逃げ出した2匹の豚と出会い過ごしていましたが、やがて悪夢のような体験が待ち受けていることに気づきます。1960年代にナチスの残党がチリで作った「コロニアディグニタ」にインスパイアし製作されたストップモーションアニメです。
監督:クリストバル・レオン ホアキン・コシーニャ 声優:アマリア・カッサイ ライナー・クラウゼ、ほか

「SAND LAND」のネタバレあらすじ結末

SAND LAND(サンドランド)の紹介:2023年日本映画。有名漫画家、鳥山明の短編を原作に映画化したのが本作。悪魔の王子ベルゼブブと保安官のラオが未開の水源を探し、砂漠を滑走していくうちに、世界が抱える謎にたどり着き、彼らの目的が少しずつ変わっていくというストーリーです。
監督:横嶋俊久 声優:田村睦心(ベルゼブブ)、山路和弘(ラオ・シバ)、チョー(シーフ)、大塚明夫(サタン)、茶風林(国王)、飛田展男(ゼウ大将軍)、鶴岡聡(アレ将軍)、ほか

「僕のヒーローアカデミア ワールドヒーローズミッション」のネタバレあらすじ結末

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッションの紹介:2021年日本映画。堀越耕平の人気コミック『僕のヒーローアカデミア』(ヒロアカ)の劇場版第3作です。ヒーローの力の源である「個性」保持者の抹殺を狙う謎のテロリスト集団に、世界各国でインターン中だったヒーロー育成学校「雄英高校」の生徒たちがプロヒーローたちと共に立ち向かう姿を描きます。なお、『ヒロアカ』シリーズは劇場版第4作の製作が決定しています。
監督:長崎健司 原作・総監修・キャラクター原案:堀越耕平 声優:山下大輝(緑谷出久(デク))、岡本信彦(爆豪勝己)、梶裕貴(轟焦凍)、三宅健太(オールマイト)、稲田徹(エンデヴァー)、中村悠一(ホークス)、佐倉綾音(麗日お茶子)、増田俊樹(切島鋭児郎)、悠木碧(蛙吹梅雨)、細谷佳正(常闇踏陰)、河内美里(バーニン)、真堂圭(耳郎響香)、野島裕史(アラン・ケイ)、関俊彦(エディ・ソウル)、千葉繁(スタンリーク)、本名陽子(クレア・ボヤンス)、宮園拓夢(サラーム)、伊瀬茉莉也(ベロス)、梅原裕一郎(シデロ)、早志勇紀(ロゴン)、榎木淳弥(エナ/デュオ)、坂田将吾(レヴィアタン)、林原めぐみ(ピノ)、中井和哉(フレクト・ターン)、吉沢亮(ロディ・ソウル)ほか

1 2 3 4 5 6 45

キーワードから探す

TOP↑