劇場版アニメ映画のネタバレ

「鬼滅の刃 遊郭決戦編」のネタバレあらすじ結末

鬼滅の刃 遊郭決戦編の紹介:2023年日本。TVアニメ「鬼滅の刃 遊郭編」を前後編に再編集したうちの後編。最強の鬼、上弦の鬼の一人である堕姫と対峙する竈門炭治郎でしたが、堕姫の圧倒的な強さに歯が立ちません。そこに帯鬼を倒した音柱・宇髄天元が突如現れ、堕姫の首を斬ります。しかし、通常の鬼なら首を斬ることで体が崩壊するところですが、堕姫は崩壊せず生き続けます。そして、堕姫が助けを求めた時、堕姫の体の中からもう一人の鬼、妓夫太郎が現れました。上弦の陸の正体は、妓夫太郎と堕姫の兄妹鬼だったのです。そして、炭治郎達と妓夫太郎達の死闘が始まりますが、伊之助は鎌で心臓を突き抜かれ、宇髄は毒に倒れ、善逸も瓦礫の下敷きとなりそれぞれ戦闘不能となります。一人残された炭治郎は、妓夫太郎達に最後の戦いを挑みます。
監督:外崎春雄 声優:竈門炭治郎(花江夏樹)、竈門禰豆子(鬼頭明里)、我妻善逸(下野紘)、嘴平伊之助(松岡禎丞)、宇髄天元(小西克幸)、堕姫(上弦の陸)(沢城みゆき)、妓夫太郎(上弦の陸)(逢坂良太)、ほか

「鬼滅の刃 遊郭潜入編」のネタバレあらすじ結末

鬼滅の刃 遊郭潜入編の紹介:2023年日本。TVアニメ「鬼滅の刃 遊郭編」を前後編に再編集したうちの前編。無限列車での戦いで炎柱・煉獄杏寿郎が亡くなり、さらに煉獄を倒した上弦の参 猗窩座を取り逃がしたことで竈門炭治郎は落ち込みます。しかし、煉獄の弟である千寿郎と話すことで前向きな気持ちを取り戻しました。そんな時、炭治郎は音柱・宇髄天元と出会い、我妻善逸、嘴平伊之助と共に宇髄に連れられて遊郭吉原に赴きます。任務は遊郭に潜む鬼を探すことと、行方不明となった宇髄の3人の嫁を探すことでした。炭治郎達は女装してそれぞれ置屋に潜入しますが、気配はするもののなかなか鬼にたどり着きません。苦労の末炭治郎はようやく鬼を見つけることが出来ましたが、その鬼は最強の鬼である上弦の鬼の一人、堕姫でした。
監督:外崎春雄 声優:竈門炭治郎(花江夏樹)、竈門禰豆子(鬼頭明里)、我妻善逸(下野紘)、嘴平伊之助(松岡禎丞)、宇髄天元(小西克幸)、堕姫(上弦の陸)(沢城みゆき)

「銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第一章」のネタバレあらすじ結末

銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第一章の紹介:2019年日本映画。スペースオペラの金字塔として1988年~2000年にかけてアニメシリーズ化された田中芳樹の大長篇小説『銀河英雄伝説』。本作は2度目のアニメ化となった新シリーズのセカンドシーズン第1章にあたり、数千年後の遠い未来に“銀河帝国”と“自由惑星同盟”に分かれた人類の壮大な戦乱のストーリーをふたりの天才の視点から描いていきます。
監督:多田俊介 声優:宮野真守(ラインハルト・フォン・ローエングラム)、鈴村健一(ヤン・ウェンリー)、梅原裕一郎(ジークフリード・キルヒアイス)、梶裕貴(ユリアン・ミンツ)、諏訪部順一(パウル・フォン・オーベルシュタイン)、小野大輔(ウォルフガング・ミッターマイヤー)、中村悠一(オスカー・フォン・ロイエンタール)、坂本真綾(アンネローゼ・フォン・グリューネワルト)、川島得愛(アレックス・キャゼルヌ)、遠藤綾(フレデリカ・グリーンヒル)、三木眞一郎(ワルター・フォン・シェーンコップ)、鈴木達央(オリビエ・ポプラン)、石川界人(ダスティ・アッテンボロー)、下山吉光(ナレーション)ほか

「THE FIRST SLAM DUNK」のネタバレあらすじ結末

THE FIRST SLAM DUNKの紹介:2022年日本映画。週刊少年ジャンプで連載し、名作と名高い井上雄彦の「SLAM DUNK」を原作者の井上雄彦自身が監督・脚本を手掛けた作品。TVアニメでは描かれなかった最後の名勝負山王工業戦を原作ではサブキャラだった宮城リョータ目線で描きます。
監督:井上雄彦 声優:仲村宗悟(宮城リョータ)、笠間淳(三井寿)、神尾晋一郎(流川楓)、木村昴(桜木花道)、三宅健太(赤木剛憲)、瀬戸麻沙美(彩子)、坂本真綾(晴子)、小林親弘(洋平)、ほか

「鹿の王 ユナと約束の旅」のネタバレあらすじ結末

鹿の王 ユナと約束の旅の紹介:2020年日本映画。「精霊の守り人」の上橋菜穂子によるファンタジー小説「鹿の王」を映画化したアニメーション作品です。故郷を守るために戦う戦士団の男と感染症の治療に奔走する若き天才医師が困難に立ち向かってい姿を描いていきます。
監督:安藤雅司、宮地昌幸 声優:堤真一(ヴァン)、竹内涼真(ホッサル)、杏(サエ)、木村日翠(ユナ)、阿部敦(ヨタル)、安原義人(トゥーリム)、玄田哲章(アカファ王)、西村知道(ケノイ)、櫻井トオル(マコウカン)、藤真秀(オーファン)、青山穣(迂多瑠)、日野聡(シカン)、折笠富美子(ヴァンの妻)、松本惣己(ヴァンの息子)、堀井茶渡(トマ)、中博史(オウマ)、定岡小百合(オウマの妻)、川上ひろみ(季那)、祐仙勇(ヨキ)、河村梨恵(ヨキの妻)、田中誠人(ヨキの子)、ほか

「劇場版 NARUTO ナルト 疾風伝 絆」のネタバレあらすじ結末

劇場版 NARUTO-ナルト- 疾風伝 絆の紹介:2008年日本映画。TVアニメ「NARUTO -ナルト- 疾風伝」の劇場版第2弾。ナルト達が住む木ノ葉隠れの里は、突如として謎の忍者集団に襲われましたが、彼らの正体は、かつて木ノ葉に滅ぼされた「空の国」の忍・空忍でした。混乱する木ノ葉隠れの里で、ナルトは、医師・神農とその弟子・アマルと出会います。ナルト、サクラ、ヒナタは、神農とアマルと共に、同じく空忍に襲われたというアマルの住む村に向かいますが、村はすでに全滅しており、神農もアマルをかばって殺されてしまいます。悲嘆に暮れるアマルは、突然大蛇のような化物となり、ナルト達に襲い掛かります。
監督:亀垣一 原作:岸本斉史 声優:うずまきナルト(竹内順子)、春野サクラ(中村千絵)、日向ヒナタ(水樹奈々)、うちはサスケ(杉山紀彰)、神農(石塚運昇)、アマル(くまいもとこ)、ほか

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第七章 新星篇」のネタバレあらすじ結末

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第七章 新星篇の紹介:2019年日本映画。TVアニメ「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」の第13話から第26話を再構成したOVA。古代は、デスラー艦内でズォーダーの幼生体であるミルと自身の投降と引き換えに和平交渉を持ちかけますが、ミルが殺されたため人類とガトランティスの和平は潰えてしまいます。白色彗星はついに地球圏に到達し、地球に対し隷属を要求しますが、ヤマトが現れるとトランジット波動砲で活路を開き都市帝国内部に突入します。そして、古代は、ズォーダーに対し話し合うように言いますが、ズォーダーは自ら人造人間を死滅させる装置であるゴレムを発動させます。これによりガトランティスは死滅しますが、ズォーダーだけは死なず、都市帝国を操り地球を破壊しようとします。為すすべがなくなった古代は、乗員を退艦させると自らヤマトを操縦して都市帝国に特攻しようとしますが、そこに森雪が現れました。
監督:羽原信義 声優:古代進(小野大輔)、森雪(桑島法子)、島大介(鈴村健一)、真田志郎(大塚芳忠)、徳川彦左衛門(麦人)、加藤三郎(細谷佳正)、土方竜(石塚運昇)、斉藤始(東地宏樹)、クラウス・キーマン(神谷浩史)、桂木透子(甲斐田裕子)、ズォーダー(手塚秀彰)、テレサ(神田沙也加)、アベルト・デスラー(山寺宏一)

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第六章 回生篇」のネタバレあらすじ結末

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第六章 回生篇の紹介:2018年日本映画。TVアニメ「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」の第19話から第22話を再構成したOVA。加藤の背信行為により波動エンジンが停止したヤマトは、白色彗星の超重力に引き寄せられ彗星内にある惑星に不時着します。その惑星はゼムリアという名の星で、かつてガトランティスが生み出された場所でした。そこでキーマン達は、ズォーダーが人類に反旗を翻した理由を知ります。さらに、人造生命体であるガトランティス人を死滅させる「ゴレム」という装置の存在を知った古代達は、ゴレムを発動させるべくズォーダーがいる都市帝国に向かいますが、その前にガトランティスからガミラス人が移住可能な惑星の提供を持ちかけられたデスラーが立ちはだかりました。
監督:羽原信義 声優:古代進(小野大輔)、森雪(桑島法子)、島大介(鈴村健一)、真田志郎(大塚芳忠)、徳川彦左衛門(麦人)、加藤三郎(細谷佳正)、土方竜(石塚運昇)、斉藤始(東地宏樹)、クラウス・キーマン(神谷浩史)、桂木透子(甲斐田裕子)、藤堂早紀(高垣彩陽)、シファル・サーベラー(甲斐田裕子)、ズォーダー(手塚秀彰)、アベルト・デスラー(山寺宏一)

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第五章 煉獄篇」のネタバレあらすじ結末

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第五章 煉獄篇の紹介:2018年日本映画。TVアニメ「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」の第15話から第18話を再構成したOVA。テレサの前に現れたデスラーの目的は、テレサを手に入れガトランティスのズォーダーとガミラス人が居住可能な惑星を譲渡するように交渉することでした。古代達は、デスラーの目的を阻止するため戦いますが、その場に現れたキーマンによって拘束されてしまいます。しかし、キーマンは、デスラーの背後にいる旧体制派の首魁の正体を突き止めるためにデスラーに従っただけで、目的を果たしたキーマンは、古代達ともにヤマトに帰還します。そのころ、土星宙域では、地球侵攻を開始したガトランティス艦隊と地球防衛艦隊の戦いが始まり、当初は地球艦隊に有利に進んだ戦いは、白色彗星の真の姿である都市帝国が出現したことで、地球防衛艦隊は大打撃を受けてしまいます。そこへ、ヤマトが現れ、新たに開発した「トランジット波動砲」を都市帝国に向けて発射しようとしますが…。
監督:羽原信義 声優:古代進(小野大輔)、森雪(桑島法子)、島大介(鈴村健一)、真田志郎(大塚芳忠)、徳川彦左衛門(麦人)、加藤三郎(細谷佳正)、土方竜(石塚運昇)、斉藤始(東地宏樹)、クラウス・キーマン(神谷浩史)、桂木透子(甲斐田裕子)、ズォーダー(手塚秀彰)、テレサ(神田沙也加)、アベルト・デスラー(山寺宏一)

「かがみの孤城」のネタバレあらすじ結末

かがみの孤城の紹介:2022年日本映画。2018年の本屋大賞を受賞した辻村深月のベストセラー小説『かがみの孤城』。学校に通えなくて悩む中学生の少年少女が鏡の中にある城に招待され、そこで願いを叶えることができる部屋の鍵を探す権利を与えられる。しかし願いがかなえられるのは七人のうちひとりだけ。監督は『カラフル』の原恵一。主人公こころにはドラマやCMで注目される當真あみ。ほかに北村匠海や板垣李光人、芦田愛菜などの俳優陣と梶裕貴、高山みなみなど声優陣が脇を固める。
原作:辻村深月 監督:原恵一 声優:當真あみ(安西こころ)、北村匠海(リオン)、吉柳咲良(アキ)、板垣李光人(スバル)、高山みなみ(マサムネ)、梶裕貴(ウレシノ)、横溝菜帆(フウカ)、麻生久美子(こころの母)、芦田愛菜(オオカミさま)、宮﨑あおい(喜多嶋先生)、ほか

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第四章 天命篇」のネタバレあらすじ結末

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第四章 天命篇の紹介:2018年日本映画。TVアニメ「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」の第11話から第14話を再構成したOVA。テレザート星に向けて航行中のヤマトは突然攻撃を受けワープで回避しますが、その攻撃は、ズォーダーから命を受けたデスラーが行ったものでした。かろうじて回避したヤマトの前に、今度はガトランティスの本拠地である白色彗星が立ちはだかります。ヤマトは、彗星内部に引きずり込まれますが、ガトランティス内部の混乱に乗じて離脱に成功します。様々な困難を排してようやくテレザート星に到着したヤマト。古代は、メッセージを送ったテレサと対面しますが、テレサは、古代に白色彗星の正体とヤマトの未来について語ります。
監督:羽原信義 声優:古代進(小野大輔)、森雪(桑島法子)、島大介(鈴村健一)、真田志郎(大塚芳忠)、徳川彦左衛門(麦人)、加藤三郎(細谷佳正)、土方竜(石塚運昇)、斉藤始(東地宏樹)、クラウス・キーマン(神谷浩史)、桂木透子(甲斐田裕子)、ズォーダー(手塚秀彰)、テレサ(神田沙也加)、アベルト・デスラー(山寺宏一)

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第三章 純愛篇」のネタバレあらすじ結末

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第三章 純愛篇の紹介:2017年日本映画。TVアニメ「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」の第7話から第10話を再構成したOVA。テレザート星に向けて出発したヤマトでしたが、救援要請に応じて11番惑星に来た時に、ガトランティス艦隊に攻撃され、11番惑星に閉じ込められてしまいます。その間にもガトランティスの増援艦隊が次々と到着しますが、増援艦隊の攻撃目標はヤマトではなく地球であるとわかります。この状況を打破するには、封印された波動砲を使用するしかなく、ヤマト艦長代理の古代進は対応に苦慮します。その状況をなんとか切り抜けた古代でしたが、古代の前にガトランティスの大帝ズォーダーが現れ、古代に過酷な選択を迫ります。
監督:羽原信義 声優:古代進(小野大輔)、森雪(桑島法子)島大介(鈴村健一)、真田志郎(大塚芳忠)、徳川彦左衛門(麦人)、加藤三郎(細谷佳正)、土方竜(石塚運昇)、斉藤始(東地宏樹)、クラウス・キーマン(神谷浩史)、桂木透子(甲斐田裕子)、ズォーダー(手塚秀彰)

「君は彼方」のネタバレあらすじ結末

君は彼方の紹介:2020年日本映画。宮益澪は、どこにでもいる普通の高校2年生で、友人の円佳や鬼司如新と学校生活を送っていました。ある日、澪は円佳から新のことが気になっていると聞かされ、新との関係を否定してしまいます。そして、澪は新と喧嘩してしまい、澪はそれを後悔して新と仲直りしようと家まで向かいますが、その途中で交通事故に遭ってしまいます。奇跡的に意識を取り戻した澪は、次の日学校に行って新に会いますが、なぜか徹底的に無視されてしまいます。そして、帰りの電車の中、澪は突然光に包まれ、気が付くといつもの池袋とは違う光景が広がっていました。
監督・原作:瀬名快伸 声優:宮益澪(松本穂香)、鬼司如新(瀬戸利樹)、織夏(土屋アンナ)、菊ちゃん(早見沙織)、円佳(小倉唯)、ギーモン(山寺宏一/大谷育江)宮益沙智(仙道敦子)、忘れ物口係員(木本武宏)、殯(竹中直人)、森おばあちゃん(夏木マリ)

「ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界」のネタバレあらすじ結末

ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界の紹介:2022年アメリカ映画。過去に「ベイマックス」を手掛けた監督ドン・ホールが不思議な世界に迷い込んだ冒険家と元冒険家の親子の絆を描いた作品。奇想天外な生き物がいる不思議な世界である動力源を守るためにやってきた元冒険家のサーチャーはその動力源の正体を知ることになります。
監督:ドン・ホール 声優:ジェイク・ギレンホール/原田泰造(サーチャー)、デニス・クエイド/大塚明夫(イェーガー)、ジャブーキー・ヤング=ホワイト/鈴木福(イーサン)、ガブリエル・ユニオン/松岡依都美(メリディアン)、ルーシー・リュー/沢海陽子(カリスト)、ほか

「テイルズ オブ ヴェスペリア ~The First Strike~」のネタバレあらすじ結末

テイルズ オブ ヴェスペリア ~The First Strike~の紹介:2009年日本映画。TVゲーム「テイルズ オブ ヴェスペリア」の劇場版アニメーションでゲームより数年前を描いています。人と魔物との戦いが終わり、人々は繁栄を築き上げようとしていました。帝国騎士団ナイレン隊に入隊したユーリは、幼馴染のフレンなど仲間達と共に日々活動していました。そんな時、根源たる力“エアル”が異常噴出する事件が発生し、隊長ナイレンをはじめとするナイレン隊は調査を開始します。しかし、この事件の背景には恐るべき陰謀があり、ユーリ達は、帝国の暗部を目の当たりにすることになります。
監督:亀井幹太 声優:ユーリ(鳥海浩輔)、フレン(宮野真守)、ナイレン(谷口節)、ヒスカ(小笠原亜里沙)、シャスティル(水沢史絵)、エステリーゼ(中原麻衣)、リタ(森永理科)、レイヴン(竹本英史)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 45

キーワードから探す

TOP↑