劇場版アニメ映画のネタバレ

「ヴイナス戦記」のネタバレあらすじ結末

ヴイナス戦記の紹介:1989年日本映画。機動戦士ガンダムのキャラクターデザインなどで知られる安彦良和の原作コミックスを自ら監督して制作した劇場アニメーション。巨大な氷惑星の衝突により人類が生存可能になった金星(ヴイナス)は、人類の移住から70年以上を経過して、アフロディアとイシュタルという2つ自治州が対立を深めていましたが、ある日イシュタルは突如アフロディアの首都に奇襲をかけ、首都で暮らしていたヒロは戦闘に巻き込まれてしまいます。そして、バイクレーサーとしての腕を見込まれたヒロは、アフロディアの軍用バイクに乗り、イシュタルへの反抗作戦に従事することとなります。
監督:安彦良和 声優:ヒロ(植草克秀)、マギー(水谷優子)、スウ(原えりこ)、ミランダ(佐々木優子)、ガリー(納谷悟朗)、ウィル(大塚芳忠)、キャッシー(吉田古奈美)、ロブ(菊池正美)、ジャック(梁田淸之)、タオ(河口宏)、カーツ(池田秀一)、ドナー(塩沢兼人)、ほか

「僕のヒーローアカデミア ヒーローズ:ライジング」のネタバレあらすじ結末

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジングの紹介:2019年日本映画。堀越耕平の人気コミックを原作にしたテレビアニメ『僕のヒーローアカデミア』の劇場版第2弾です次世代のヒーローを育成する雄英高校ヒーロー科1年A組の面々が平和な離島を訪れますが、この島では強大なヴィラン(悪)が暗躍しようとしていました…。
監督:長崎健司 声優:山下大輝(緑谷出久 / デク)、岡本信彦(爆豪勝己)、佐倉綾音(麗日お茶子)、石川界人(飯田天哉)、梶裕貴(轟焦凍)、悠木碧(蛙吹梅雨)、広橋涼(峰田実)、増田俊樹(切島鋭児郎)、井上麻里奈(八百万百)、細谷佳正(常闇踏陰)、畠中祐(上鳴電気)、桑野晃輔(青山優雅)、真堂圭(耳郎響香)、喜多村英梨(芦戸三奈)、西田雅一(障子目蔵)、三好晃祐(尾白猿夫)、古島清孝(瀬呂範太)、名塚佳織(葉隠透)、奈良徹(砂藤力道)、永塚拓馬(口田甲司)、諏訪部順一(相澤消太)、稲田徹(エンデヴァー)、高戸靖広(根津校長)、黒沢ともよ(真幌)、寺崎裕香(活真)、松本保典(真幌と活真の父)、今田美桜(スライス)、武内駿輔(キメラ)、鳥海浩輔(マミー)、下野紘(荼毘)、岩崎了(スピナー)、最上嗣生(Mr.コンプレス)、内山昂輝(死柄木弔)、中村悠一(ホークス)、井上芳雄(ナイン)、三宅健太(オールマイト)ほか

「羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来」のネタバレあらすじ結末

羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来の紹介:2019年中国映画。2011年からインターネット配信されている中国のアニメ作品『羅小黒戦記』の劇場版です。本作は本編シリーズの4年前を描く前日譚となり、主人公の妖精・シャオヘイが妖精と人間の間を生きる男と出会ったことをきっかけに人間の世界に向かうまでを描きます。
監督:MTJJ 声優:花澤香菜(シャオヘイ)、宮野真守(ムゲン)、櫻井孝宏(フーシー)、松岡禎丞(ロジュ)、斉藤壮馬(シューファイ)、杉田智和(テンフー)、水瀬いのり(ナタ)、豊崎愛生(シュイ)、チョー(キュウ爺)、大塚芳忠(パンジン)、宇垣美里(紫羅蘭)、ほか

「劇場版トリニティセブン 天空図書館と真紅の魔王」のネタバレあらすじ結末

劇場版 トリニティセブン -天空図書館と真紅の魔王-の紹介:2019年日本映画。TVアニメ「トリニティセブン」劇場版第2弾。魔王因子を持つ魔王候補の春日アラタは、浅見リリス達と遺跡の調査をしていたところ、突然何者かに襲われ世界の英知を司る天空図書館に飛ばされます。さらに、アラタの前に紅の魔王アビィス・トリニティが現れました。アビィスの圧倒的な力の前に、リリスを捕らえられ逃亡を余儀なくされたアラタ。アビィスを倒すには、世界を滅ぼす力を秘める魔王兵器「ジュデッカ」が必要でしたが、魔王兵器を使用すると、アラタが完全に魔王化してしまう危険がありました。
監督:錦織 博 声優:春日アラタ(松岡 禎丞)、浅見リリス(原由実)、神無月アリン(内田彩)、風間レヴィ(佐倉綾音)、山奈ミラ(日笠陽子)、不動アキオ(柚木涼香)、倉田ユイ(村川梨衣)、リーゼロッテ=シャルロック(東山奈央)、リリム(日高里菜)、セリナ=シャルロック(洲崎綾)、ソラ(釘宮理恵)、春日聖(諏訪彩花)、マスター・リベル(山下七海)、ルーグ(福原綾香)、イリア(赤﨑千夏)、アビィス・トリニティ(前野智)、黒皇剣ジュデッカ(伊藤静)

「劇場版ラーゼフォン 多元変奏曲」のネタバレあらすじ結末

劇場版ラーゼフォン 多元変奏曲の紹介:2003年日本映画。TVアニメ「ラーゼフォン」の劇場版で、TV版の総集編ですが設定などTV版から変更が加えられています。2012年12月、恋人同士だった綾人と美嶋遙は、年を空けてからの再開を約束して別れましたが、次の日に東京は木星に酷似した絶対障壁に覆われて世界から隔絶され、たまたま東京を離れていた遙は、綾人を想い絶叫します。2015年、東京にいた綾人は、突然始まった戦闘から避難する時に行方不明となっていた遙の幻を見かけます。綾人は、その幻を追いかけますが、そこで紫東という女性と出会ったことで、綾人の止まっていた運命が動き出します。
監督:京田知己 声優:綾人(下野紘)、紫東遙(久川綾)、美嶋遙(坂本真綾)、久遠(桑島法子)、ほか

「アジール・セッション」のネタバレあらすじ結末

アジール・セッションの紹介:2009年日本映画。文明が発展を止め、衰退した未来。画家だった亡き母と同じ道へ進もうと考えている高校生ヒヨコは、ある日、父が母の絵を捨てたことに反発して衝動的に家を出てしまいます。そしてたどり着いた先が居場所を失った人々が暮らすアジール・スタジアムでしたが、ヒヨコはそこで空を飛べる不思議な少年アキラと出会います。アジール・スタジアム周辺では、アジール・スタジアムの住人と立ち退きを要求する警察との衝突が毎日のように起きており、住人は自分達の立場に理解を求める祭典「アジール・セッション」の開催を計画し、ヒヨコも参加することになります。
監督:アオキタクト 声優:アキラ(根本正勝)、ヒヨコ(平野綾)、クラタ(松山タカシ)、ミョンヒ(相橋愛子)、ジン(かねこはりい)、チュンコ(鮭延未可)、ほか

「PSYCHO-PASS サイコパス3 FIRST INSPECTOR」のネタバレあらすじ結末

PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTORの紹介:2020年日本映画。人気アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」のテレビシリーズ第3期「PSYCHO-PASS サイコパス3」の最終回直後を描いた劇場版作品です。人間の心理状態を数値化して管理する「シビュラシステム」が導入された2120年の東京を舞台に、幾多の事件を解決してきた公安局刑事課監視官の二人の主人公の互いの真実と正義を巡る決裂、そして一連の事件の黒幕の公安局への本格的な攻撃を描きます。
総監督:本広克行 監督:塩屋直義 声優:梶裕貴(慎導灼)、中村悠一(炯・ミハイル・イグナトフ)、櫻井孝宏(雛河翔)、大塚明夫(廿六木天馬)、諏訪部順一(入江一途)、名塚佳(如月真緒)、佐倉綾音(霜月美佳)、沢城みゆき(唐之杜志恩)、日笠陽子(小宮カリナ)、花澤香菜(常守朱)、本田貴子(花城フレデリカ)、関智一(狡噛慎也)、野島健児(宜野座伸元)、東地宏樹(須郷徹平)、榊原良子(細呂木晴海)、堀内賢雄(梓澤廣一)、宮野真守(法斑静火)、矢作紗友里(小畑千夜)、中博史(代銀遙熙)、斧アツシ(ジャックドー)、野沢由香里(ヴィクスン)ほか

「魔女見習いをさがして」のネタバレあらすじ結末

魔女見習いをさがしての紹介:2020年日本映画。1999年から4年間にわたって放送された魔法少女アニメ『おジャ魔女どれみ』の放送開始20周年を記念し、当時のスタッフが再集結して製作された記念作品です。本作は『どれみ』を観て育った3人の大人の女性を主人公とし、彼女たちが『どれみ』ゆかりの地への旅を通して忘れていたそれぞれの大切なものを見いだしていく過程を描いたロードムービーとなっています。
監督:佐藤順一、鎌谷悠 出演者:森川葵(長瀬ソラ)、松井玲奈(吉月ミレ)、百田夏菜子(川谷レイカ)、三浦翔平(大宮竜一)、石田彰(矢部隼人)、浜野謙太(久保聖也)、千葉千恵巳(春風どれみ)、秋谷智子(藤原はづき)、松岡由貴(妹尾あいこ)、宍戸留美(瀬川おんぷ)、宮原永海(飛鳥ももこ)、石毛佐和(春風ぽっぷ)、長澤菜教(マジョリカ)ほか

「アクセル・ワールド INFINITE∞BURST」のネタバレあらすじ結末

アクセル・ワールド INFINITE∞BURSTの紹介:2016年日本映画。TVアニメ「アクセル・ワールド」の劇場版で、TVアニメの総集編とオリジナルストーリーの構成となっています。何のとりえもない中学生のハルユキは、ある日上級生の黒雪姫から思考を一千倍に加速することができる「ブレイン・バースト」を与えられました。ハルユキはブレイン・バーストのプレイヤー「バーストリンカー」となり仮想世界「加速世界(アクセル・ワールド)」でデュエルアバター「シルバー・クロウ」となり、戦いに身を投じることとなります。
監督:小原正和 出演:ハルユキ(梶裕貴)、黒雪姫(三澤紗千香)、タクム(浅沼晋太郎)、チユリ(豊崎愛生)、フーコ(遠藤綾)、アキラ(植田佳奈)、ウタイ(原由実)、ニコ(日高里菜)、パド(川澄綾子)、アッシュ・ローラー(鈴村健一)、月折リサ(赤﨑千夏)

「planetarian~星の人~」のネタバレあらすじ結末

planetarian~星の人~の紹介:2016年日本映画。Key制作のPCゲーム「planetarian」を元に制作された劇場用アニメーション。戦争により雪と氷に覆われ荒廃した地上で、人類は滅亡の淵に立たされていました。とある村に行き倒れの1人の老人が運び込まれました。彼は「星の人」と呼ばれ、各居住地を周って手製のプラネタリウムで今は見ることはできない夜空の星を見せていました。しかし、彼は、若いころ屑屋という廃墟からスクラップを回収する仕事をしており、彼が星の人と呼ばれるようになったのは、あるロボットとの出会いがきっかけでした。
監督:津田尚克 出演:ほしのゆめみ(すずきけいこ)、星の人(大木民夫)、屑屋(小野大輔)、レビ(福沙奈恵)、ヨブ(日笠陽子)、ルツ(津田美波)、エズラ(竹口安芸子)、エレミヤ(桑原由気)、イザヤ(石上静香)、ほか

「劇場版Free! Road to the World 夢」のネタバレあらすじ結末

劇場版 Free!-Road to the World-夢の紹介:2019年日本映画。TVアニメ「Free」の劇場版第4弾。TVアニメ第3期の総集編に新規映像を追加したものとなります。燈鷹(ひだか)大学に入学した七瀬遙は水泳部に入部し新たなスタートを切ります。一方、竜ヶ崎怜が部長となった岩鳶高校水泳部も新入部員を迎えます。新入部員を気遣いながらも成長した怜と葉月渚はインターハイ出場を果たします。その頃、遙は、フリーの世界記録保持者アルベルトに負けたことで調子を崩しますが、松岡凛に励まされ復調します。そして世界大会に出場するメンバーを決める全日本選抜が始まります。
監督:河浪栄作 声優:七瀬遙(島﨑信長)、橘真琴(鈴木達央)、松岡凛(宮野真守)、桐嶋郁弥(内山昂輝)、椎名旭(豊永利行)、葉月渚(代永翼)、竜ヶ崎怜(平川大輔)、遠野日和(木村良平)、山崎宗介(細谷佳正)、桐嶋夏也(野島健児)、芹沢尚(日野聡)

「サクラ大戦 活動写真」のネタバレあらすじ結末

サクラ大戦 活動写真の紹介:2001年日本映画。TVゲーム「サクラ大戦」の劇場アニメーション。帝都を降魔から守る秘密部隊「帝国華撃団・花組」に欧州星組で隊長だったラチェット・アルタイルが研修のためやってきました。真宮寺さくらなどの花組の隊員たちは、ラチェットを歓迎しますが、ラチェットの合理主義的な考え方に戸惑います。そんな時、帝都の降魔撃退の任を帝国華撃団からグラス・スチュアート社の自動人型霊子甲冑ヤフキエルに引き継ぎことになりましたが、裏では、帝国陸軍にヤフキエルを売り込もうとするグラス・スチュアート社社長ブレント・ファーロングが暗躍していました。
監督:本郷みつる 声優:真宮寺さくら(横山智佐)、神崎すみれ(富沢美智恵)、マリア・タチバナ(高乃麗)、アイリス(西原久美子)、李紅蘭(渕崎ゆり子)、桐島カンナ(田中真弓)、ソレッタ・織姫(岡本麻弥)、レニ・ミルヒシュトラーセ(伊倉一恵)、ラチェット・アルタイル(久野綾希子)、ブレント・ファーロング(山寺宏一)、大神一郎(陶山章央)、ほか

「スーパーダンガンロンパ2.5 狛枝凪斗と世界の破壊者」のネタバレあらすじ結末

スーパーダンガンロンパ2.5 狛枝凪斗と世界の破壊者の紹介:2017年日本。テレビゲームやアニメ作品などで展開される『ダンガンロンパ』シリーズの外伝を覗く第2弾『ダンガンロンパ2』と『ダンガンロンパ3  希望編』の間を描いた短編作品です。『エヴァンゲリオン』の緒方恵美と『名探偵コナン』の高山みなみがダブル主演を務めています。
監督:野亦則行 声優:緒方恵美(狛枝凪斗/苗木誠)、高山みなみ(日向創/カムクライズル)、朴璐美(終里赤音)、岸尾だいすけ(九頭龍冬彦)、小林ゆう(小泉真昼)、三森すずこ(西園寺日寄子)、細谷佳正(左右田和一)、荒川美穂(ソニア・ネヴァーマインド)、茅野愛衣(罪木蜜柑)、安元洋貴(弐大猫丸)、福山潤(花村輝々)、三石琴乃(辺古山ペコ)、小清水亜美(澪田唯吹)、中原麻衣(雪染ちさ)、水瀬いのり(安藤流流歌)、江口拓也(十六夜惣之助)、藤田咲(忌村静子)、大本眞基子(舞園さやか)ほか

「ガールズ&パンツァー 最終章 第3話」のネタバレあらすじ結末

ガールズ&パンツァー 最終章 第3話の紹介:2021年日本映画。TVアニメ「ガールズ&パンツァー」の劇場版第2弾「ガールズ&パンツァー 最終章」全6話のうちの第3話。無限軌道杯2回戦、知波単学園に追い詰められるも、西住みほの指揮により辛くも窮地を脱した大洗女子学園でしたが、知波単学園の周到な準備と巧みな戦術の前にまたも不利な状況となります。知波単学園の狙いは、大洗女子学園の支えである西住みほが乗車するあんこうチームのⅣ号戦車で、知波単学園が執拗に攻撃を繰り返す中、ついにⅣ号戦車に攻撃が命中します。
監督:水島努 声優:西住みほ(渕上舞)、武部沙織(茅野愛衣)、五十鈴華(尾崎真実)、秋山優花里(中上育実)、冷泉麻子(井口裕香)、西絹代(瀬戸麻沙美)、福田(大空直美)、玉田(米澤円)、細見(七瀬亜深)、ミカ(能登麻美子)、アキ(下地紫野)、ミッコ(石上美帆)、ほか

「ファイブスター物語」のネタバレあらすじ結末

ファイブスター物語(ストーリーズ)の紹介:1989年日本映画。永野護原作のコミック「ファイブスター物語」の劇場アニメーション。星団歴2988年、惑星アドラーにやってきたレディオス・ソープの目的は、Dr.バランシュ公の新作ファティマがお披露目されるユーバー大公の城を訪れる事でした。実は、今回お披露目されるファティマ「ラキシス」「クローソー」は、ソープが小さいころから知っている少女達で、ソープの真の目的は彼女らの救出でした。しかし、クローソーはソープが助ける前に脱走し、ラキシスの救出には成功したものの、ソープ達の前に、ユーバー大公の巨大ロボット兵器「モーターヘッド」が立ちはだかりました。
監督:やまざき かずお 声優:レディオス・ソープ(堀川亮)、ラキシス(川村万梨阿)、Dr.バランシュ(田中秀幸)、ユーバー大公(永井一郎)、クローソー(佐久間レイ)、ボード・ヴェラード(若本規夫)、コーラス三世(井上和彦)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 40

キーワードから探す

TOP↑