劇場版アニメ映画のネタバレ

「僕が愛したすべての君へ」のネタバレあらすじ結末

僕が愛したすべての君への紹介:2022年日本映画。小説「僕が愛したすべての君へ」と「君を愛したひとりの僕へ」。2016年6月にハヤカワ文庫より刊行された乙野四方字のこれらの小説は、同じ名前の少年がそれぞれの物語で別のひとりの少女と恋に落ちるストーリー。タツノコプロの新レーベルBAKKEN RECORDが製作した『僕が愛したすべての君へ』の監督は、『劇場版Infini-T Force/ガッチャマン さらば友よ』の松本淳。主題歌「雲を恋う」は若者に人気の須田景凪の書き下ろし。主人公の高崎暦は声優初挑戦の宮沢氷魚が演じている。
監督:松本淳 原作:乙野四方字 声優:宮沢氷魚(高崎暦)、橋本愛(瀧川和音)、蒔田彩珠(佐藤栞)、水野美紀(佐藤紘子)、余貴美子(老年期の瀧川和音)、西岡徳馬(老年期の高崎暦)、田村睦心(幼少期の高崎暦)、浜田賢二(日高翔大)、園崎未恵(高崎真由美)、西村知道(高崎康人)、平野文(老年期の栞)ほか

「君を愛したひとりの僕へ」のネタバレあらすじ結末

君を愛したひとりの僕への紹介:2022年日本映画。小説「君を愛したひとりの僕へ」と「僕が愛したすべての君へ」。2016年6月にハヤカワ文庫より刊行された乙野四方字のこれらの小説は、同じ名前の少年がそれぞれの物語で別のひとりの少女と恋に落ちるストーリー。トムス・エンタテインメントが製作した『君を愛したひとりの僕へ』の監督は、テレビアニメ「のだめカンタービレ」や「メジャー」シリーズのカサヰケンイチ。主題歌はSaucy Dogの「紫苑」。主人公の日高暦は声優初挑戦の宮沢氷魚が演じている。
監督:カサヰケンイチ 原作:乙野四方字 声優:宮沢氷魚(日高暦)、蒔田彩珠(佐藤栞)、橋本愛(瀧川和音)、水野美紀(佐藤紘子)、余貴美子(老年期の瀧川和音)、西岡徳馬(老年期の日高暦)、田村睦心(幼少期の日高暦)、浜田賢二(日高翔大)、園崎未恵(高崎真由美)、西村知道(高崎康人)ほか

「REDLINE」のネタバレあらすじ結末

REDLINEの紹介:2010年日本映画。木村拓哉、蒼井優などの豪華声優陣によるオリジナル劇場アニメーション。ずっとずっと未来、エアカーが主流になった時代に、時代遅れの地面を走る車で銀河最速を決めるミサイル、機関銃何でもありのカーレース「REDLINE」。レーサーのJPは、予選のイエローライン最終戦で予定通り(?)リタイアしたものの、ひょんなことからREDLINE出場を決めます。しかし、REDLINE開催地であるロボワールドの大統領は、REDLINE開催を禁止し、REDLINEの参加者が入国した場合場抹殺することを宣言しました。こうして、JP達REDLINEに参加するレーサーは、他のレーサーやロボワールド軍の攻撃を掻い潜りながら、REDLINEのゴールを目指すこととなります。
監督:小池健 声優:JP(木村拓哉)、ソノシー(蒼井優)、フリスビー(浅野忠信)、リンチマン(我修院達也)、ジョニーボーヤ(岡田義徳)トラヴァ(津田寛治)、シンカイ(森下能幸)、ボスボス(AKEMI)、もぐらオヤジ(青野武)、大統領(廣田行生)、ボルトン(石塚運昇)、デイズナ弟(三宅健太)、マシンヘッド(石井康嗣)、イヌキ組長(チョー)、タイタン(堀内賢雄)、ほか

「ムーム」のネタバレあらすじ結末

ムームの紹介:2016年日本, アメリカ映画。ムームはケネディを手伝って、湖のガラクタにつまった思い出を引っぱり出し、空に送ってあげている。ある日ムームは、ある思い出と友だちになる。映画プロデューサー、小説家、脚本家、映画監督、絵本作家と多方面で活躍する川村元気の2作目の絵本『ムーム』(益子悠紀 絵)を原作とする、見ると切なくなるCGアニメーション映画。『ダム・キーパー』が第87回アカデミー賞短編アニメ賞にノミネートされた堤・コンドウの共同監督。
監督:堤大介、ロバート・コンドウ 声優:ジェーソン・リール/山寺宏一(ケネディ)、コートニー・ロックウッド(ムーム)、佐野仁香(ルミン)、ほか

「伏 鉄砲娘の捕物帳」のネタバレあらすじ結末

伏 鉄砲娘の捕物帳の紹介:2012年日本映画。桜庭一樹の小説『伏 贋作・里見八犬伝』を原作として文藝春秋創立90周年記念として制作された劇場アニメーション。猟銃使いの少女・浜路は、兄道節に呼ばれ江戸の町にやってきました。初めて見る江戸の賑わいに戸惑う浜路は、信乃という青年の逃走劇に巻き込まれてしまいます。無事逃げ延びた浜路は、信乃の手助けにより道節と出会うことができましたが、道節が浜路を江戸に呼び寄せたのは江戸を騒がす「伏」と呼ばれる半人半犬の集団を狩るためでした。しかし、実は、信乃がその伏の一員で、そうとは知らない浜路は、偶然再会した信乃に惹かれていきます。
監督:宮地昌幸 声優:浜路(寿美菜子)、信乃(宮野真守)、冥土(宮本佳那子)、道節(小西克幸)、船虫(坂本真綾)、凍鶴(水樹奈々)、馬加(神谷浩史)、徳川家定(野島裕史)、滝沢馬琴(桂歌丸)、ほか

「ちえりとチェリー」のネタバレあらすじ結末

ちえりとチェリーの紹介:2015年日本映画。高森奈津美や星野源、尾野真千子、サンドウィッチマンの伊達みきお、富澤たけしなど多彩な声優陣による人形アニメーション。小学6年生のちえりは、空想が大好きな女の子。いつも相棒のうさぎのぬいぐるみ「チェリー」と様々な冒険を繰り広げています。ある日、父親の法事で田舎のおばあちゃんの家に行ったちえりは、母親と喧嘩して1人で留守番することになりました。そして、ちえりは、いつものようにチェリーと家の中を探検し、ねずみのねずざえもんや猫のレディ・エメラルドと仲良くなります。さらに出産間近の犬とも出会いますが、お腹の中の子犬の命が危ないと知ったちえりは、チェリーたちと子犬を助けようとしますが…。
監督:中村誠 声優:ちえり(高森奈津美)、チェリー(星野源)、ねずざえもん(栗田貫一)、レディ・エメラルド(田中敦子)、万里恵(尾野真千子)、住職(伊達みきお)、大黒様(富澤たけし)、犬(花村さやか)

「PEACE MAKER 鐵 ~友命(ユウメイ)~」のネタバレあらすじ結末

PEACE MAKER 鐵 ~友命(ユウメイ)~の紹介:2018年日本映画。TVアニメ「PEACE MAKER鐵」のその後を描く劇場アニメーションの後編。すれ違いで身請け元に向かった沙夜が乗った駕籠を必死に探す市村鉄之助でしたが、薩長軍と幕府軍の戦が始まった影響で京の街中は大混乱となり見つける事はできませんでした。沙夜は、身請け元の旦那の元に行きますが、実は、その身請けは、鉄之助を憎む大和屋鈴に脅されてやったことで、沙夜は鈴の元で監禁されてしまいます。沙夜を見つけられなかった鉄之助は、幕府軍が敗れたことに伴い船で江戸に帰ることになった新撰組に合流しようとしますが、そんな鉄之助に鈴の魔の手が迫ります。
監督:きみやしげる 声優:市村鉄之助(梶裕貴)、土方歳三(中田譲治)、沖田総司(斎賀みつき)、山崎烝(櫻井孝宏)、市村辰之助(うえだゆうじ)、永倉新八(山口勝平)、藤堂平助(鳥海浩輔)、原田左之助(乃村健次)、斉藤一(松山鷹志)、島田魁(岩崎征実)、近藤勇(土師孝也)、沙夜(高橋美佳子)、大和屋鈴(立花慎之介)、ほか

「PEACE MAKER 鐵 ~想道(オモウミチ)~」のネタバレあらすじ結末

PEACE MAKER 鐵 ~想道(オモウミチ)~の紹介:2018年日本映画。TVアニメ「PEACE MAKER鐵」のその後を描く劇場アニメーションの前編。市村鉄之助は、新撰組副長・土方歳三の小姓として日々活動していました。鉄之助は、言葉を話すことができない芸妓の沙夜と恋仲になっていましたが、鉄之助はそれ以上踏み出せないでいました。その間に情勢は新撰組に悪い方向に進んでおり、京に進出した薩長の軍勢と戦うために新撰組が大阪に移転したことから、鉄之助は沙夜と離れ離れになってしまいます。沙夜と会えなくなった鉄之助は、ついに沙夜を迎えに行く決心をしますが、沙夜には鉄之助の知らないところで身請けの話が進んでいました。
監督:きみやしげる 声優:市村鉄之助(梶裕貴)、土方歳三(中田譲治)、沖田総司(斎賀みつき)、山崎烝(櫻井孝宏)、市村辰之助(うえだゆうじ)、永倉新八(山口勝平)、藤堂平助(鳥海浩輔)、原田左之助(乃村健次)、斉藤一(松山鷹志)、島田魁(岩崎征実)、近藤勇(土師孝也)、沙夜(高橋美佳子)、大和屋鈴(立花慎之介)、ほか

「BUDDHA2 手塚治虫のブッダ 終わりなき旅」のネタバレあらすじ結末

BUDDHA2 手塚治虫のブッダ -終わりなき旅-の紹介:2014年日本映画。手塚治虫原作のコミック「ブッダ」の劇場アニメーション第2弾。シャカ国の王子の身分を捨て出家修行者となったシッダールタは、同じく出家修行者のデーパと出会いさらなる悟りを開くために苦行里に行き修行に励みます。そこで、シッダールタは、かつて好意を持ったミゲーラの命を救い、さらに旅の同行者だったアッサジの死を経験することで、遂に自分の道を見つける事ができました。さらに自分に剣を向けたルリ王子に慈悲をかけ、迷えるヤタラに生きる道を教えるなどして悟りを開いたシッダールタは、目覚めた人、ブッダとなったのでした。
監督:小村敏明 声優:シッダールタ(吉岡秀隆)、マーヤー天(吉永小百合)、デーパ(藤原啓治)、アッサジ(沢城みゆき)、タッタ(松山ケンイチ)、ミゲーラ(水樹奈々)、ルリ王子(真木よう子)、ヤタラ(大友龍三郎)、スッドーダナ王(観世清和)、ビンビサーラ王(大和田伸也)、ブラフマン(中西哲夫(笑い飯))、パセーナディ王(田口浩正)、ルリ王子の母(島本須美)

「手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく」のネタバレあらすじ結末

手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しくの紹介:2011年日本映画。手塚治虫原作のコミック「ブッダ」の劇場アニメーション第1弾。シャカ国の王子として生まれたゴータマ・シッダールタは、生まれた時から何不自由ない生活を送っていましたが、人が生まれながらに身分の違いがある事に疑問を抱くようになります。一方最下級である奴隷の生まれのチャプラは、身分の違いから苦しい生活を送っていましたが、シャカ国に攻め込んできたコーサラ国の将軍の命を助けたことをきっかけにコーサラ国でのし上がっていきます。やがてコーサラ国の将軍となったチャプラがシャカ国に攻め込みますが、その戦場で生まれも育った環境も全く異なる2人の運命が交錯します。
監督:森下孝三 声優:ナレーション・チャプラの母(吉永小百合)、チャプラ(堺雅人)、スッドーダナ王(観世清和)、シッダールタ(吉岡秀隆)、シッダールタ幼少期(折笠愛)、チャプラ幼少期(竹内順子)、ブダイ将軍(玄田哲章)、ミゲーラ(水樹奈々)、ナラダッタ(櫻井孝宏)、タッタ(大谷育江)、マリッカ姫(黒谷友香)

「銀河英雄伝説外伝/わが征くは星の大海」のネタバレあらすじ結末

銀河英雄伝説外伝/わが征くは星の大海の紹介:1988年日本映画。銀河系を2分する専制国家である銀河帝国のラインハルト・フォン・ローエングラムと民主主義国家である自由惑星同盟のヤン・ウェンリーという2人の英雄を軸に国家の存亡を描く田中芳樹原作「銀河英雄伝説」の劇場版アニメーション第1弾。イゼルローン要塞攻略のため進軍してくる自由惑星同盟軍を迎撃するために帝都オーディンから遠征艦隊を率いてやってきたラインハルトでしたが、姉が皇帝の寵姫ということもあり、あまり歓迎されていませんでした。一方、同盟軍の第2艦隊にヤンがいましたが、こちらも上司と反りが合わず煙たがられていました。そして帝国軍と同盟軍はティアマト星域で激突しますが、この戦いであまり期待された存在ではなかったラインハルトとヤンが重要な役割を持つこととなります。
監督:石黒昇 声優:ラインハルト・フォン・ミューゼル(堀川りょう)、ジークフリード・キルヒアイス(広中雅志)、ヤン・ウェンリー(富山敬)、ウォルフガング・ミッターマイヤー(森功至)、オスカー・フォン・ロイエンタール(若本規夫)、ダスティ・アッテンボロー(井上和彦)、グレゴール・フォン・ミュッケンベルガー (柴田秀勝)、フレーゲル (二又一成)、パエッタ (徳丸完)、ほか

「ずんだホライずん」のネタバレあらすじ結末

ずんだホライずんの紹介:2017年日本映画。若手アニメーター育成プロジェクト「あにめたまご2017」にて公開された、ずんだ餅をモチーフにした少女のキャラクター「東北ずん子」を主人公にした劇場アニメーション。「ずんだアロー」で矢を放ち、どんな餅でもおいしいずんだ餅にすることができる東北ずん子は、仲間達とすんだ餅を食べながら幸せに暮らしていました。しかし、そんなずん子が気に入らない「納豆ファクトリー」の総帥「大江戸ちゃんこ」は、ずん子に戦いを挑みますが、その時謎の第3勢力が介入し、事態は明後日の方向に向かっていきます。
監督:竹内浩志 声優:東北ずん子(佐藤聡美)、東北イタコ(木戸衣吹)、東北きりたん(茜屋日海夏)、大江戸ちゃんこ(指出毬亜)、沖縄あわも(古賀葵)、北海道めろん(清水彩香)、中国うさぎ(桃河りか)、四国めたん(田中 小雪)、九州そら(西田望見)、中部つるぎ(濱口綾乃)、関西しのび(今村彩夏)、ずんだもん(伊藤ゆいな)、暗黒大将軍(豊口めぐみ)、餅神様(折笠富美子)、ほか

「バッドガイズTHE BAD GUYS」のネタバレあらすじ結末

バッドガイズの紹介:2022年アメリカ映画。ミスター・ウルフ率いる怪盗集団バッドガイズは、黄金のトロフィーを盗もうとします。しかし彼らは逮捕されてしまいます。バッドガイズは更生して良い人たちになるふりをして、黄金のトロフィーを再び盗もうとします。『バッドガイズ』は動物泥棒集団の犯罪を描いた、アクション&コメディ・アニメです。
監督:ピエール・ペルフェル 声優:サム・ロックウェル/尾上松也(ミスターウルフ)、マーク・マロン/安田顕(スネーク)、アンソニー・ラモス/河合郁人(ピラニア)、クレイグ・ロビンソン/長田庄平(シャーク)、オークワフィナ/ファーストサマーウイカ(タランチュラ)、サジー・ビーツ/甲斐田裕子(ダイアン・フォクシントン知事)、リチャード・アイオアディ/山口勝平(マーマレード教授)、アレックス・ボースタイン/斎藤貴美子(ルギンズ警察署長)、リリー・シン/高橋真麻(ティファニー)、ほか

「夏へのトンネル、さよならの出口」のネタバレあらすじ結末

夏へのトンネル、さよならの出口の紹介:2022年日本映画。第13回小学館ライトノベル大賞で「ガガガ賞」と「審査員特別賞」をW受賞した八目迷の小説が原作の本作。監督・脚本は、『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』やテレビアニメ「アクダマドライブ」で知られる田口智久、『映画大好きポンポさん』のCLAPが制作をつとめた。主演は、塔野カオル役に声優初挑戦の俳優・鈴鹿央士、花城あんず役にはモデルで女優、声優としても活躍する飯豊まりえが起用され、心に傷をもつ地味な男子と都会から来た意志の強い女子を好演している。
監督:田口智久 原作:八目迷(小学館「ガガガ文庫」) 声優:鈴鹿央士(塔野カオル)、飯豊まりえ(花城あんず)、畠中祐(加賀翔平)、小宮有紗(川崎小春)、照井春佳(浜本先生)、小山力也(カオルの父)、小林星蘭(塔野カレン)ほか

「DC がんばれ!スーパーペット」のネタバレあらすじ結末

DC がんばれ!スーパーペットの紹介:2022年アメリカ映画。アメコミで大人気のジャスティスリーグに彼らのようなスーパーパワーを手に入れたペットがスーパーペットが参戦し大活躍します。可愛いペットの面々がヒーローみたく活躍する姿が愛らしく、爽快な気分になります。
監督:ジャレッド・スターン 声優:ドウェイン・ジョンソン(クリプト)、ケヴィン・ハート(エース)、ケイト・マッキノン(ルル)、ジョン・クラシンスキー(スーパーマン/クラーク・ケント)、ヴァネッサ・ベイアー(PB)、ナターシャ・リオン(マートン)、ディエゴ・ルナ(チップ)、トーマス・ミドルディッチ(キース)、ベン・シュワルツ(マーク)、キアヌ・リーヴス(バットマン)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 45

キーワードから探す

TOP↑