アニメ映画のネタバレ

「WXIII 機動警察パトレイバー」のネタバレあらすじ結末

WXIII 機動警察パトレイバーの紹介:2001年日本映画。昭和75年の東京湾で輸送機が墜落する。その後しばらくして再開発の続く湾岸で、レイバーの破壊と作業員が死傷する事件が連続で起き、テロ事件として捜査が開始される。だがそれは、海から現れた巨大な怪物が人々を襲い始める異常事件に発展した。刑事秦は、裏で軍が暗躍するこの謎を知る一人の女性と巡り遭い、それを紐解いていく。漫画版パトレイバーの1エピソード「廃棄物13号」を原作としたミステリーサスペンス仕立ての作品を、ヘッドギア以外から高山文彦を総監督して抜擢し、遠藤卓司が監督するシリーズ映画化第3弾。
監督:遠藤卓司 声優:綿引勝彦(久住武史)、平田弘明(秦真一郎)、田中敦子(岬冴子)、穂積隆信(来栖敏郎)、拡森信吾(宮ノ森静夫)、森田順平(石原悟郎)、ほか

「宇宙戦艦ヤマト2199 第七章 そして艦は行く」のネタバレあらすじ結末

宇宙戦艦ヤマト2199/第七章 そして艦は行くの紹介:2013年日本映画。16万8千光年の大航海はいよいよクライマックス。ガミラス星での戦闘とイスカンダル星での人々の心情を、オリジナルとは違うストーリーで綴ったシリーズ最終弾。沖田とスターシャが交わした約束は最新作『2202』シリーズを楽しむうえで欠かすことができない。そして、古代と雪の愛、沖田と守の願いが感動を呼ぶ。
総監督:出渕裕 声優:菅生隆之(沖田十三)、小野大輔(古代進)、桑島法子(森雪/ユリーシャ・イスカンダル)、大塚芳忠(真田志郎)、山寺宏一(アベルト・デスラー)ほか

「宇宙戦艦ヤマト2199 第六章 到達!大マゼラン」のネタバレあらすじ結末

宇宙戦艦ヤマト2199/第六章 到達!大マゼランの紹介:2013年日本映画。バラン星から一気に大マゼランへと進み、イスカンダルを目指すヤマト。一方、敵であるガミラスの実状は必ずしも磐石ではなかった。イスカンダルへの旅におけるヤマトVSガミラス最大の闘いである“七色星団の攻防”を盛り込んだシリーズ第6弾。玲、メルダ、ユリーシャによる“奇妙な女子会”も必見。
総監督:出渕裕 声優:菅生隆之(沖田十三)、小野大輔(古代進)、桑島法子(森雪/ユリーシャ・イスカンダル)、大塚明夫(エルク・ドメル)、山寺宏一(アベルト・デスラー)ほか

「きかんしゃトーマス 伝説の英雄」のネタバレあらすじ結末

劇場版 きかんしゃトーマス 伝説の英雄(ヒロ)の紹介:2009年アメリカ,イギリス,カナダ映画。「劇場版 きかんしゃトーマス 伝説の英雄(ヒロ) 」は、世界中で愛されている「機関車トーマス」シリーズの劇場版作品です。ソドー島という架空の島で働く機関車「トーマス」は、好奇心旺盛で一途なところがあり、そのために巻き起こる騒動を描いています。汽車の表情が人間のように繊細に作られていて、大人もストーリーに引き込まれます。今回の映画では日本に因んだ話もあり興味深いです。日本からきた機関車ヒロを復活させるために、意地悪なスペンサーに邪魔されながらも、仲間達と共にヒロのために奮闘します。
監督:グレッグ・ティアナン 声優:ベン・スモール(トーマス)、キース・ウィッカム(エドワード、ヘンリー、ゴードン、ジェームス、パーシー)、伊川東吾(ヒロ)、マット・ウィルキンソン(スペンサー)、ほか

「絵文字の国のジーン」のネタバレあらすじ結末

絵文字の国のジーンの紹介:2017年アメリカ映画。Emoji(絵文字)はアメリカでも大人気で英語になりそのまま使われています。高校生のアレックスはスマホが手放せず、そのスマホの中には絵文字の国があります。ジーンは「ふーん顔」が与えられた絵文字ですが、その顔が好きでありません。怖いリーダーから消されそうになり、お父さんとお母さんも心配します。仲良しの友達のハイタッチとかわいいジェイル・ブレイクに助けられながら自分の好きな顔が出来るような、自分らしさを求めての旅が始まります。『絵文字の国のジーン』はスマホのアプリから離れられない人にはおすすめの映画です。
監督:トニー・レオンディス 声の出演:ジーン(櫻井孝宏)、ハイタッチ(杉田智和)、ジェイル・ブレイク(清水はる香)、スマイラー(愛河里花子)、メル・父(中田譲治)、メアリー・母(れいみ)、他

「ポケットモンスター 裂空の訪問者デオキシス」のネタバレあらすじ結末

劇場版ポケットモンスター/アドバンスジェネレーション 裂空の訪問者デオキシスの紹介:2004年日本映画。サトシ達が今回訪れたのは、ハイテク都市ラルースシティ。そこで、サトシはポケモン恐怖症のトオイという少年と出会う。その頃、伝説のポケモン、デオキシスとレックウザが動き出していた。
監督:湯山邦彦 声の出演:松本梨香(サトシ)、大谷育江(ピカチュウ)、うえだゆうじ(タケシ)、KAORI(ハルカ)、山田ふしぎ(マサト)、日高のり子(トオイ)、山寺宏一(ロンド博士)、千葉進歩(デオキシス)、小西克幸(レックウザ)、ほか

「ポケットモンスター 七夜の願い星 ジラーチ」のネタバレあらすじ結末

劇場版ポケットモンスター/アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチの紹介:2003年日本映画。長年に渡って愛され続けている、『ポケットモンスター』劇場版シリーズの第6弾。今回の伝説のポケモンは、願いを叶える力を持つジラーチ。しかし、そんなジラーチの力を悪用しようとする者がいた。
監督:湯山邦彦 声の出演:松本梨香(サトシ)、大谷育江(ピカチュウ)、うえだゆうじ(タケシ)、KAORI(ハルカ)、山田ふしぎ(マサト)、山寺宏一(バトラー)、牧瀬里穂(ダイアン)、鈴木富子(ジラーチ)、林原めぐみ(ムサシ)、三木眞一郎(コジロウ)、犬山犬子(ニャース)、ほか

「夜は短し歩けよ乙女」のネタバレあらすじ結末

夜は短し歩けよ乙女の紹介:2017年日本映画。『四畳半神話大系』で注目を浴びた、森見登美彦の小説をアニメーション映画化。主役の声優は、大人気歌手星野源が担当している。スクリーンでも、森見登美彦の唯一無二の世界観は健在!「夜は短し歩けよ乙女」は第41回日本アカデミー賞で、最優秀アニメーション作品賞に選ばれた。
監督:湯浅政明 声の出演:星野源(先輩)、花澤香菜(黒髪の乙女)、神谷浩史(学園祭事務局長)、秋山竜次(パンツ総番長)、中井和哉(樋口師匠)、甲斐田裕子(羽貫さん)、吉野裕行(古本市の神様)、ほか

「宇宙戦艦ヤマト2199 第五章 望郷の銀河間空間」のネタバレあらすじ結末

宇宙戦艦ヤマト2199/第五章 望郷の銀河間空間の紹介:2013年日本映画。『ドメル司令』と『重力アンカー』、オールドファンが泣いて喜ぶ2つが登場する第五章。長い航海に必ずしも一枚岩ではいられないことを証明してしまったクーデター騒動と、沖田の号令の下に圧倒的な数的不利にも中央突破を2度にわたり敢行したヤマトの闘いに注目。
総監督:出渕裕 声の出演:菅生隆之(沖田十三)、小野大輔(古代進)、桑島法子(森雪)、大塚芳忠(真田志郎)、大塚明夫(エルク・ドメル)、山寺宏一(アベルト・デスラー)ほか

「宇宙戦艦ヤマト2199 第四章 銀河辺境の攻防」のネタバレあらすじ結末

宇宙戦艦ヤマト2199/第四章 銀河辺境の攻防の紹介:2012年日本映画。オリジナルのヤマトにはなかった2199独自のストーリーで展開する第四章。人の心の中に見え隠れする恨みや疑いというものを、若いクルー達がいかに乗り越えるかに注目。また、TVアニメ『ヤマトⅢ』でヤマト拿捕に成功した次元潜航艇が登場。2199におけるこの強敵とヤマトとの息詰まる攻防も見逃せない。
総監督:出渕裕 声の出演:菅生隆之(沖田十三)、小野大輔(古代進)、桑島法子(森雪)、鈴村健一(島大介)、大塚芳忠(真田志郎)ほか

「宇宙戦艦ヤマト2199 第三章 果てしなき航海」のネタバレあらすじ結末

宇宙戦艦ヤマト2199/第三章 果てしなき航海の紹介:2012年日本映画。太陽系外を進みゆく宇宙戦艦ヤマト。第三章にはオリジナル作品を踏襲したものと新たなエピソードとが描かれている。ヤマト艦内において地球外知的生命体と初めて接触する沖田や古代たち。ガミラス人女性は、接見した古代やこれを見守るクルー達にとって信じられない事実を口にする。
総監督:出渕裕 声の出演:菅生隆之(沖田十三)、小野大輔(古代進)、鈴村健一(島大介)、チョー(アナライザー)、伊藤静(メルダ・ディッツ)、大塚芳忠(真田志郎)ほか

「宇宙戦艦ヤマト2199 第二章 太陽圏の死闘」のネタバレあらすじ結末

宇宙戦艦ヤマト2199/第二章 太陽圏の死闘の紹介:2012年日本映画。謎の敵・ガミラスの攻撃により滅亡まで残り1年となった地球。救いの手を差しのべてくれたイスカンダル星へと旅立つ宇宙戦艦ヤマト。この第二章は、ワープ航法と波動砲、2つのオーバーテクノロジーの脅威を知らしめるとともに、シリーズ序盤最大のヤマ場『メ2号作戦』における激烈な攻防を描く。
総監督:出渕裕 声の出演:菅生隆之(沖田十三)、小野大輔(古代進)、桑島法子(森雪)、田中理恵(山本玲)、大塚芳忠(真田志郎)ほか

「カードキャプターさくら」のネタバレあらすじ結末

劇場版カードキャプターさくらの紹介:1999年日本映画。テレビアニメ「カードキャプターさくら」シリーズの劇場版第1作目。ある日、魔力を秘めた<クロウカード>の封印を偶然解いてしまったさくら。散らばったカードを回収するため、自身もカードの魔法を使い日夜奮闘していた。そんな中、さくらは商店街のくじ引きで香港旅行を引き当てる。喜ぶさくらだったが、香港には強い力を持つ謎の魔導士が待ち構えていたのだった。
監督:浅香守生 出演者:丹下桜(木之本桜)、久川綾(ケルベロス)、岩男潤子(大道寺知世)、くまいもとこ(李小狼)、林原めぐみ(魔導士)ほか

「アップルシード アルファ」のネタバレあらすじ結末

アップルシード アルファの紹介:2014年日本,アメリカ映画。士郎正宗のコミックにして過去2度映画化された『APPLESEED』のリブートとなる長編3DCGアニメーションです。大戦後の荒廃した近未来のニューヨークを舞台に、元SWATの女性隊員と相棒のサイボーグが一人の少女を助けたことから、地球の存亡をかけた壮絶な争いに巻き込まれていきます。
監督:荒牧伸志 声の出演者:小松由佳(デュナン・ナッツ)、諏訪部順一(ブリアレオス・ヘカトンケイレス)、悠木碧(アイリス)、高橋広樹(オルソン)、東地宏樹(タロス)、玄田哲章(双角)ほか

「キャプテンハーロック」のネタバレあらすじ結末

キャプテンハーロックの紹介:2013年日本映画。松本零士原作の『宇宙海賊キャプテンハーロック』を巨額の製作費と豪華出演者で3DCGアニメーションとしてリブートした作品です。人類が宇宙に進出し、地球は聖域とされ立入禁止になった時代を舞台に、不死身の体を持つ伝説の宇宙海賊キャプテンハーロックとその暗殺のため送り込まれた青年の戦いを描きます。
監督:荒牧伸志 声の出演者:小栗旬(キャプテンハーロック)、三浦春馬(ヤマ)、蒼井優(ミーメ)、古田新太(ヤッタラン)、沢城みゆき(ケイ)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 35
TOP↑