ライオン・キングの紹介:2019年アメリカ映画。アニメやミュージカルなどで人気のディズニーの名作「ライオン・キング」をジョン・ファヴロー監督がフルCGの超実写版として映画化。アフリカのサバンナ、幼い頃に叔父ライオンに父親ライオンを殺され、更に王国からも追放された未来の王シンバは、違う世界で新しい仲間と出会い、やがて過去を忘れて大人へと成長する。ある日、幼馴染のメスライオン・ナラと再会する事で、自分の未来の王としての運命を思い出したシンバは王国へと戻る。幼かったライオンが王へと成長していく様を描く。
監督:ジョン・ファヴロー 声優: ドナルド・グローヴァー(シンバ)、セス・ローゲン(プンバァ)、キウェテル・イジョフォー(スカー)、アルフレ・ウッダード(サラビ)、ビリー・アイクナー(ティモン)、ジョン・カニ(ラフィキ)、ジョン・オリヴァー(ザズー)、フローレンス・カサンバ(シェンジ)、エリック・アンドレ(アジジ)、キーガン=マイケル・キー(カマリ)、ビヨンセ・ノウルズ=カーター(ナラ)、ジェームズ・アール・ジョーンズ(ムファサ)、ほか