ディズニー映画一覧

ウォルト・ディズニー・スタジオ製作による、長編ディズニーアニメ映画およびディズニー実写映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新人気作まで、おすすめのディズニー映画のストーリーをネタバレ、評価・感想とともにラストまで解説します。

「ピートとドラゴン」のネタバレあらすじ結末

ピートとドラゴンの紹介:1977年アメリカ映画。ディズニー作品として初めて、現実の世界にアニメが入り込んだ作品を作り上げました。日本では劇場未公開作品で幻のディズニー映画とも呼ばれています。本作に登場するピートと緑色のドラゴンであるエリオットは、日本では東京ディズニーランドのエレクトリカルパレードに登場するキャラクターとして親しまれています。本作は2016年にリメイク作品「ピートと秘密の友達」が公開されています。
監督:ドン・チャフィ 出演:ショーン・マーシャル(ピート)、シェリー・ウィンターズ(レナ)、レッド・バトンズ(ホーギー)、ジム・デール(ターミナス博士)、チャーリー・カラス(エリオットの声)、ヘレン・レディ(ノラ)、ミッキー・ルーニー(ランピー)、ジム・バッカス(町長)ほか

「2分の1の魔法」のネタバレあらすじ結末

2分の1の魔法の紹介:2020年アメリカ映画。かつて魔法であふれ、妖精達が住んでいた世界。科学や技術が進歩し、魔法が消えてしまった現代に暮らすエルフの少年イアンと兄のバーリーが、亡き父ウェルデンの残した手紙と魔法の杖で1日だけ死者を蘇らせることができる魔法を使い、父親を蘇らせようとするも失敗。一度も父親と会ったことがないイアンは兄バーリーと共にタイムリミット内に父親を蘇らせるべく、魔法に必要な「不死鳥の石」を手に入れるため冒険の旅に出る。ディズニーとピクサーが異世界を舞台に描く長編アニメ。
監督:ダン・スキャンロン 声優:トム・ホランド(イアン・ライトフット)、クリス・プラット(バーリー・ライトフット)、ジュリア・ルイス=ドレイファス(ローレル・ライトフット)、オクタヴィア・スペンサー(コーリー)、メル・ロドリゲス(コルト)、ほか

「宝島(1950年)」のネタバレあらすじ結末

宝島の紹介:1950年アメリカ映画。ロバート・ルイス・スティーヴンソンの同名冒険小説を映画化したアドベンチャー作品で、1934年にも映画化された作品の2度目の映画化作品です。ディズニー初の全編実写作品となる本作はディズニーの創設者ウォルト・ディズニー自ら製作総指揮を務め、18世紀中頃を舞台に海賊船長から宝島の地図を渡された少年の冒険を描きます。
監督:バイロン・ハスキン 出演:ボビー・ドリスコール(ジム・ホーキンス)、ロバート・ニュートン(ロング・ジョン・シルヴァー)、ベイジル・シドニー(スモレット船長)、ウォルター・フィッツジェラルド(スクワイアー・トレローニー)、デニス・オディア(リヴジー医師)、フィンレイ・カリー(ビリー・ボーンズ船長)、ラルフ・トルーマン(ジョージ・メリー)、ジェフリー・ウィルキンソン(ベン・ガン)、フランシス・デ・ウルフ(ブラック・ドッグ)、デイヴィッド・デイヴィス(アロー)、ほか

「きつねと猟犬」のネタバレあらすじ結末

きつねと猟犬の紹介:1981年アメリカ映画。ダニエル・P・マニックス著の『きつねと猟犬』をディズニーが映画化したアニメ作品で、ディズニーの長編アニメ映画としては通算24作目となる作品です。親を猟師に殺され、人間に育てられた子ギツネと、猟師の飼い犬。かつては親友同士でしたが、月日の流れと立場の違いはいつしか2匹を敵同士へと変えていました…。2006年には本作の続編『きつねと猟犬2 トッドとコッパーの大冒険』が公開されています。
監督:アート・スティーブンス、テッド・バーマン、リチャード・リッチ 声優:ミッキー・ルーニー(トッド)、カート・ラッセル(コッパー)、キース・クーガン(トッド(子供時代))、コリー・フェルドマン(コッパー(子供時代))、ジャック・アルバートソン(エイモス・スレイド)、サンディ・ダンカン(ビクシー)、パール・ベイリー(ビッグ・ママ)、ジャネット・ノーラン(トゥイード夫人)、パット・バトラム(チーフ)、ジョン・マッキンタイア(ミスター・ディガー)ほか

「スパイ in デンジャー」のネタバレあらすじ結末

スパイ in デンジャーの紹介:2019年アメリカ映画。スターリングはアメリカ政府の有能なスパイで、まるで有名人のような人気者です。ウォルターは天才的科学者とはいえ、オタク的な性格から変人扱いされます。スターリングは国際武器取引のトラブルに巻き込まれ、テロリストと戦うことになります。ウォルターはスターリングとタッグを組み世界平和のために力を合わせて戦うことになります。『スパイ in デンジャー』はコメディアニメ映画です。英語版の声優には、ウィル・スミスが平和の象徴の鳩になるスパイを、トム・ホランドがオタクで平和を愛する科学者と、面白おかしいコンビを形成しました。
監督:トロイ・クエイン、ニック・ブルーノ 声優:ウィル・スミス(ランス・スターリング)、トム・ホランド(ウォルター・ベケット)、マシ・オカ(キムラ)、ベン・メンデルソーン(キリアン / ロボハンド)、カレン・ギラン(アイズ)、ラシダ・ジョーンズ(マーシー・カペル)、リーバ・マッキンタイア(ジョイ・ジェンキンス)、レイチェル・ブロズナハン(ウェンディ・ベケット)、ほか 

「アナと雪の女王2」のネタバレあらすじ結末

アナと雪の女王2(原題 Frozen II)の紹介:2019年アメリカ映画。2014年に日本公開され主題歌「Let It Go」も絶大な人気を博した「アナと雪の女王」の続編で、なぜエルサに魔法の力が与えられたのかが明らかになる…。封鎖された森を巡ってエルサ達が集結し、森の謎を明らかにすべく過去の記憶と立ち向かいます。平穏な毎日が続く中、不思議な歌の調べがエルサの耳に届くようになった。あくる日、災害が襲来しアレンデール王国を覆い尽くそうとしていた…。「アナと雪の女王(2013年)」公開後には、スピンオフとして「アナと雪の女王 エルサのサプライズ(2015年)」、「アナと雪の女王 家族の思い出(2017年)」も公開された。
監督:クリス・バック ジェニファー・リー 声優:クリステン・ベル / 神田沙也加(アナ)、イディナ・メンゼル / 松たか子(エルサ)、ジョナサン・グロフ / 原慎一郎(クリストフ)、ジョシュ・ギャッド / 武内駿輔(オラフ)、ほか

「アトランティス/帝国最後の謎」のネタバレあらすじ結末

アトランティス/帝国最後の謎の紹介:2003年アメリカ映画。2001年公開のディズニー映画『アトランティス 失われた帝国』の続編。アトランティスの女王となったキーダと夫マイロの元に、かつての仲間がやってきた。北大西洋の海でアトランティスの遺産と思しき大怪獣クラーケンが漁船を転覆させていると聞き、キーダとマイロは地上に出ることに…。
監督 タッド・ストーンズ、トビー・シェルトン、ヴィクター・A・クック 声優:ジェームズ・アーノルド・テイラー(マイロ・サッチ)、クリー・サマー(キーダ)、ジョン・マホーニー(ウィットモア)、ジャクリーン・オブラドース(オードリー/看護婦)、ドン・ノベーロ(ヴィニー)、コーリー・バートン(モール)、フィル・モリス(スウィート)、ほか

「イケてる私とサエない僕」のネタバレあらすじ結末

イケてる私とサエない僕の紹介:2011年アメリカ映画。スクールの人気者の裏側を暴く映画を作る、ジョシュが選んだ主人公、それは裕福でわがままなブロッサム・クイーンになる事に全力投球するディラン。全く合いそうに無い2人の映画作りが始まり、出来た映画。それは人気者の裏側を暴く映画ではなかった…。
監督:ジェフリー・ホーナデイ 出演:サラ・ハイランド(ディラン)、マット・プロコップ(ジョシュ)、サーシャ・ピーターズ(エイミー)、ジョーダン・ニコルズ(アッシャー)、ほか

「ライオン・キング(2019年)」のネタバレあらすじ結末

ライオン・キングの紹介:2019年アメリカ映画。アニメやミュージカルなどで人気のディズニーの名作「ライオン・キング」をジョン・ファヴロー監督がフルCGの超実写版として映画化。アフリカのサバンナ、幼い頃に叔父ライオンに父親ライオンを殺され、更に王国からも追放された未来の王シンバは、違う世界で新しい仲間と出会い、やがて過去を忘れて大人へと成長する。ある日、幼馴染のメスライオン・ナラと再会する事で、自分の未来の王としての運命を思い出したシンバは王国へと戻る。幼かったライオンが王へと成長していく様を、実写を越えたフルCG映像で描く。
監督:ジョン・ファヴロー 声優: ドナルド・グローヴァー(シンバ)、セス・ローゲン(プンバァ)、キウェテル・イジョフォー(スカー)、アルフレ・ウッダード(サラビ)、ビリー・アイクナー(ティモン)、ジョン・カニ(ラフィキ)、ジョン・オリヴァー(ザズー)、フローレンス・カサンバ(シェンジ)、エリック・アンドレ(アジジ)、キーガン=マイケル・キー(カマリ)、ビヨンセ・ノウルズ=カーター(ナラ)、ジェームズ・アール・ジョーンズ(ムファサ)、ほか

「トイ・ストーリー4」のネタバレあらすじ結末

トイ・ストーリー4の紹介:2019年アメリカ映画。ウッディたちは新しい持ち主のボニーと幸せな日々を過ごしていたが、ウッディは徐々に彼女に遊ばれなくなっていく。そんなある日、幼稚園でボニーが自分で作ったおもちゃ「フォーキー」が家にやってくる。フォーキーとウッディたちの冒険が始まる。トイ・ストーリー3の完璧な結末を経て、おもちゃ達のさらなる冒険の物語が描かれる。
監督:ジョシュ・クーリー キャスト:トム・ハンクス(ウッディ)、ティム・アレン(バズ・ライトイヤー)、アニー・ポッツ(ボー・ピープ)、トニー・ヘイル(フォーキー)、キーガン=マイケル・キー(ダッキー)、マデリーン・マックグロウ(ボニー)、クリスティナ・ヘンドリックス(ギャビー・ギャビー)、ジョーダン・ピール(バニー)、キアヌ・リーヴス(デューク・カブーン)、アリー・マキ(ギグル・マクディンプルズ)、ジェイ・ヘルナンデス(ボニーの父)、ジョーン・キューザック(ジェシー)、ブレイク・クラーク(スリンキー・ドッグ)、ウォーレス・ショーン(レックス)、ドン・リックルズ(ミスター・ポテトヘッド)、ジェフ・ガーリン(バターカップ)、エステル・ハリス(ミセス・ポテトヘッド)、ジョン・モリス(アンディ)、ほか

「アラジン(2019年実写版)」のネタバレあらすじ結末

アラジンの紹介:2019年アメリカ映画。ディズニーアニメ『アラジン』を実写化したファンタジー映画。魔法のランプを手に入れた青年アラジンはランプの魔人ジーニーの力を借りながらアグラバー王国のジャスミン王女と距離を縮めていく。しかし同時に魔法のランプを悪用しようとする邪悪な魔術師ジャファーに邪魔をされてしまう。印象的な主題歌「ホール・ニュー・ワールド」のメロディに乗せて空飛ぶ魔法の絨毯がどこまでも飛んでいく様子は多くの観客を魅了する。
監督:ガイ・リッチー 出演:メナ・マスード(アラジン)、ナオミ・スコット(ジャスミン)、ウィル・スミス(ジーニー)、マーワン・ケンザリ(ジャファー)、ナヴィド・ネガーバン(サルタン)、ナシム・ペドラド(ダリア)、ビリー・マグヌッセン(アンダース王子)、ほか

「トロン:レガシー」のネタバレあらすじ結末

トロン:レガシーの紹介:2010年アメリカ映画。1982年に上映された「トロン」の28年振りの新作になるのが本作です。デジタル業界のカリスマ、ケヴィン・フリンが創造した『トロン』というコンピューターの世界へ導かれた息子サムは、命を狙われながらも人類存亡を賭けた闘いに挑んでいくSFムービー大作。そこには衝撃的な真実が待ち受けていた。CGを初めて使ったと言われる前作から時を越えて進化したCGを存分に使っているのが一番の見所になっています。惚れ惚れするような世界観に引き込まれてしまいそうになります。
監督:ジョセフ・コシンスキー 出演:ギャレット・ヘドランド(サム・フリン)、ジェフ・ブリッジス(ケヴィン・フリン)、オリヴィア・ワイルド(クオラ)、マイケル・シーン(キャスター)、ボー・ガレット(ジェム)、ブルース・ボックスライトナー(アラン・ブラッドリー)、ジェームズ・フレイン(ジャーヴィス)、オーウェン・ベスト(少年時代のサム)、ほか

「ダンボ(実写版)」のネタバレあらすじ結末

ダンボの紹介:2019年アメリカ映画。1941年公開のウォルト・ディズニー製作の名作アニメーション映画『ダンボ』を原点とする実写映画。愛らしいダンボが耳をはばたかせて空を飛びます。そして家族――ジャンボとダンボの母子、ホルトの一家、マックス・メディチのサーカス団――がよみがえる映画です。
監督:ティム・バートン 出演:コリン・ファレル(ホルト・ファリア)、マイケル・キートン(V.A.ヴァンデヴァー)、ダニー・デヴィート(マックス・メディチ)、エヴァ・グリーン(コレット・マーチャント)、アラン・アーキン(J.グリフィン・レミントン)、ニコ・パーカー(ミリー・ファリア)、フィンリー・ホビンズ(ジョー・ファリア)、ほか

「フリーキー・フライデー」のネタバレあらすじ結末

フリーキー・フライデーの紹介:2018年アメリカ映画。5年前に亡くなったパパの事が忘れられないエリーと気持ちを整理して再婚しようとするママが結婚式前日にパパの砂時計を手にした時、2人は入れ替わり砂時計は消えて無くなります。ママが手放したもう一つの砂時計を取り戻す為にエリーと入れ替わったママが”イベントハント(借り物競争)”に参加して元に戻ろうとし、気持ちのすれ違ったエリーとの仲も取り戻すまでを描いたにディズニーのミュージカル作品です。
監督:スティーヴ・カー 出演:コージー・ズールスドーフ(エリー)、 ハイディ・ブリッケンスタッフ(キャサリン)、 ジェイソン・メイバウム(フレッチャー)、アレックス・デザート(マイク)、リッキー・ヒー(アダム) 他

「ティモシーの小さな奇跡」のネタバレあらすじ結末

ティモシーの小さな奇跡の紹介:2012年アメリカ映画。レオナルド・ディカプリオ主演映画『ギルバート・グレイプ』(1993年)の原作者であるピーター・ヘッジズが監督・脚本を手掛けた、ディズニーが贈るハートフルなファンタジー作品です。子供ができない夫婦の前にくるぶしから葉っぱの生えた不思議な少年が現れたことから始まる奇跡を描きます。
監督:ピーター・ヘッジズ 出演者:ジェニファー・ガーナー(シンディ・グリーン)、ジョエル・エドガートン(ジェームズ・“ジム”・グリーン)、CJ・アダムス(ティモシー・グリーン)、オデヤ・ラッシュ(ジョニ・ジェローム)、ショーレ・アグダシュルー(イヴェット・オナト)、ローズマリー・デウィット(ブレンダ・ベスト)、デヴィッド・モース(ジェームズ・グリーン・Sr)ほか

1 2 3 4 5 10

キーワードから探す

TOP↑