戦争映画のネタバレ

戦争映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気の戦争映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「ミッドウェイ」のネタバレあらすじ結末

ミッドウェイの紹介:2019年アメリカ,中国,香港,カナダ映画。1941年の日本軍による奇襲、真珠湾(パールハーバー)攻撃。日本軍は山本五十六の命により、アメリカ太平洋艦隊に先制攻撃を仕掛けた。大打撃を受けたアメリカ海軍は、新たにニミッツ大将を指揮官に選任。日本本土の爆撃に成功したアメリカ軍の脅威を感じた日本軍は大戦力を投入した次なる戦いを計画する。その後、日本軍の暗号解読など情報戦に注力したアメリカ軍はその目的地を“ミッドウェイ”と分析し、限られた全戦力を集中させて逆襲に勝負をかける。未曾有の戦いとなった第二次世界大戦の中でも、歴史を左右するターニングポイントとなったミッドウェイ海戦を20年に及ぶリサーチと新たに発見された日本軍側の資料をもとに両軍に敬意を捧げて史実を再現。度肝を抜く一大スペクタクル映像もみどころ。
監督:ローランド・エメリッヒ 出演:エド・スクライン(ディック・ベスト)、パトリック・ウィルソン(エドウィン・レイトン)、ルーク・エヴァンス(ウェリド・マクラスキー)、アーロン・エッカート(ジミー・ドゥーリトル)、豊川悦司(山本五十六)、浅野忠信(山口多聞)、國村隼(南雲忠一)、ニック・ジョナス(ブルーノ・ガイド)、ルーク・クラインタンク(クラレンス・ディキンソン)、ダレン・クリス(ユージン・リンゼー)、キーアン・ジョンソン(ジェームズ・マレー)、マンディ・ムーア(アン・ベスト)、デニス・クエイド(ウィリアム・ハルゼー)、ウディ・ハレルソン(チェスター・W・ニミッツ)ほか

「砲艦サンパブロ」のネタバレあらすじ結末

砲艦サンパブロの紹介:1966年アメリカ映画。巨匠ロバート・ワイズが製作・監督した3時間に及ぶ大作。描かれているのは1920年代だが、当時のアメリカのベトナムへの軍事介入を意識した内容となっている。マコ岩松が悲劇的な苦力を演じ、日本出身の男優として初めてアカデミー賞にノミネートされた。
監督:ロバート・ワイズ 出演:スティーブ・マックイーン(ジェイク・ホルマン)、リチャード・アッテンボロー(フレンチー・バーゴイン)、リチャード・クレンナ(コリンズ大尉)、キャンディス・バーゲン(シャーリー・エッカート)、マラヤット・アンドリアンヌ(メイリー)、マコ岩松(ポー・ハン)、ラリー・ゲイツ(ジェームソン)

「この世の果て、数多の終焉」のネタバレあらすじ結末

この世の果て、数多の終焉の紹介:2018年フランス映画。1945年。現在のベトナム、ラオス、カンボジアにあたるフランス領インドシナで日本軍がクーデターを起こした。これまで味方だったフランス軍は攻撃を受け、大量の兵士が殺戮された。そんな中ひとり生き延びたロベールは、兄を殺害したベトナム解放軍の将校ヴォー・ビン・イェンへの復讐を果たすため部隊に復帰する。しかし険しい密林でゲリラからの攻撃に苦戦し、ヴォー・ビンの居場所も掴めずにいた。その悪夢のような戦いの中、ロベールはマイというベトナム人娼婦と出会い惹かれていく。第二次世界大戦末期のインドシナの凄まじい真実に迫る作品。
監督:ギョーム・ニクルー 出演:ギャスパー・ウリエル(ロベール・タッセン)、ギョーム・グイ(カヴァニャ)、ラン=ケー・トラン(マイ)、ジェラール・ドパルデュー(サントンジュ)ほか

「戦場」のネタバレあらすじ結末

戦場の紹介:1949年アメリカ映画。第二次世界大戦末期、ドイツ軍がベルギーで展開した反撃作戦「バルジの戦い」を戦ったアメリカ軍のある部隊の戦いに焦点を当てた戦争ドラマです。アカデミー賞で6部門にノミネートされ、うち脚本賞と撮影賞(白黒)の2部門を受賞しています。
監督:ウィリアム・A・ウェルマン 出演者:ヴァン・ジョンソン(ホリー上等兵)、ジョン・ホディアク(ドナルド・ジャーヴェス)、リカルド・モンタルバン(ジョニー・ロドリゲス)、ドン・テイラー(スタンディファード伍長)、ジェームズ・ホイットモア(キニー二等軍曹)、ブルース・カウリング(ウォロヴィッツ軍曹)、ダグラス・フォーリー(キップ・キプトン)、デニーズ・ダルセル(デニーズ)、リチャード・ジャッケル(ベティス)、スコッティ・ベケット(ウィリアム・J・フーパー二等兵)、ブレット・キング(ティース少尉)ほか

「頭上の敵機」のネタバレあらすじ結末

頭上の敵機の紹介:1949年アメリカ映画。第二次世界大戦中、イギリスに駐留し、ナチス・ドイツに空爆を展開していたアメリカ陸軍第8空軍の兵士たちを、指揮官として派遣された将校の使命と部下との信頼関係に苦悩し葛藤する姿も併せて描いた戦争ドラマです。アカデミー賞で助演男優賞(ディーン・ジャガー)と音響賞を受賞しています。
監督:ヘンリー・キング 出演者:グレゴリー・ペック(フランク・サヴェージ准将)、ヒュー・マーロウ(ベン・ゲートリー中佐)、ゲイリー・メリル(キース・ダベンポート大佐)、ミラード・ミッチェル(パトリック・プリチャード少将)、ディーン・ジャガー(ハーヴェイ・ストーヴァル少佐)、ポール・スチュワート(カイザー軍医)、ジョン・ケロッグ(ジョー・コッブ少佐)、ロバート・アーサー(マクレニー軍曹)ほか

「ストップ・ロス/戦火の逃亡者」のネタバレあらすじ結末

ストップ・ロス/戦火の逃亡者の紹介:2008年アメリカ映画。戦争で兵士が不足してしまった際に、強制的に兵士の持つ兵役期間を延長させるアメリカの制度「ストップ・ロス」を題材にした作品。この理不尽な制度に真っ向から立ち向かった青年に待ち受ける過酷な試練が、色々と考えさせられる作品です。
監督:キンバリー・ピアース 出演:ライアン・フィリップ(ブランドン)、アビー・コーニッシュ(ミシェル)、ジョセフ・ゴードン=レヴィット(トミー)、チャニング・テイタム(スティーブ)、キアラン・ハインズ、ヴィクター・ラサック、ティモシー・オリファント、ロブ・ブラウン、ほか

「山猫は眠らない2 狙撃手の掟」のネタバレあらすじ結末

山猫は眠らない2 狙撃手の掟の紹介:2002年アメリカ映画。トム・ベレンジャー演じる伝説の狙撃手トーマス・ベケットの活躍を描いたミリタリーアクションシリーズの11年ぶりとなる第2作です。前作で重傷を負い、引退していたベケットのもとにバルカン半島での任務が舞い込み、元狙撃手の死刑囚をパートナーに迎えて危険な任務に挑むのですが、その裏ではとてつもない陰謀が渦巻いていました…。
監督:クレイグ・R・バクスレー 出演者:トム・ベレンジャー(トーマス・ベケット)、ボキーム・ウッドバイン(ジェイク・コール)、エリカ・マロジャーン(ソフィア)、タマス・プスカ(パヴェル)、ダン・バトラー(エクレス)、リンデン・アシュビー(マッケナ大佐)ほか

「地獄の黙示録 ファイナル・カット」のネタバレあらすじ結末

地獄の黙示録 ファイナル・カットの紹介:2019年アメリカ映画。「ここが終着点―――」ジョゼフ・コンラッドの小説『闇の奥』を『ゴッドファーザー』シリーズのフランシス・フォード・コッポラ監督が映画化、カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞するなど数々の金字塔を打ち立てた戦争映画の傑作『地獄の黙示録』(1979年公開)。2001年には未公開シーンを加えた『特別完全版』が公開された本作品を、公開40周年を記念してコッポラ監督自ら再編集した最終版です。今回は1979年のオリジナル版より30分長く、特別完全版より20分短い182分にまとめたうえでIMAX上映に向けて新たにデジタル修復も施されました。
監督:フランシス・フォード・コッポラ 出演者:マーロン・ブランド(ウォルター・E・カーツ大佐)、ロバート・デュヴァル(ビル・キルゴア中佐)、マーティン・シーン(ベンジャミン・L・ウィラード大尉)、フレデリック・フォレスト(ジェイ・“シェフ”・ヒックス)、サム・ボトムズ(ランス・B・ジョンソン)、ローレンス・フィッシュバーン(タイロン・“クリーン”・ミラー)、アルバート・ホール(ジョージ・“チーフ”・フィリップス)、ハリソン・フォード(ルーカス大佐)、デニス・ホッパー(報道写真家)、G・D・スプラドリン(コーマン将軍)、ほか

「ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場」のネタバレあらすじ結末

ハートブレイク・リッジ/勝利の戦場の紹介:1986年アメリカ映画。1983年に勃発したグレナダ侵攻をテーマに、クリント・イーストウッドが監督・製作・主演を務めて映画化した戦争ドラマです。数々の戦場を渡り歩き、戦場でしか生きられないひとりの軍人が落ちこぼれの海兵隊員の指導を命じられ、彼らと共に新たな戦場へと赴くことになります。
監督:クリント・イーストウッド 出演者:クリント・イーストウッド(トーマス・“トム”・ハイウェイ)、マーシャ・メイソン(アギー)、エヴェレット・マッギル(マルコム・A・パワーズ)、モーゼス・ガン(ルーク・ウェブスター)、マリオ・ヴァン・ピーブルズ(スティッチ・ジョーンズ)、アイリーン・ヘッカート(メアリー・ジャクソン)、ボー・スヴェンソン(ロイ・ジェニングス)、ボイド・ゲインズ(M・R・リング)ほか

「バルジ大作戦」のネタバレあらすじ結末

バルジ大作戦の紹介:1965年アメリカ映画。第二次世界大戦末期の1944年にベルギー・アルデンヌ高地で行われたナチスドイツ軍とアメリカ率いる連合軍の激戦「バルジの戦い」をドイツ側・アメリカ側の両方から描いた戦争映画の超大作です。当時としては破格の巨額な製作費(当時の日本円で約72億円)が投じられ、スペイン陸軍の協力による大規模な戦車戦の描写も見どころです。
監督:ケン・アナキン 出演者:ヘンリー・フォンダ(カイリー中佐)、ロバート・ライアン(グレイ将軍)、ロバート・ショウ(ヘスラー大佐)、ダナ・アンドリュース(プリチャード大佐)、ジョージ・モンゴメリー(デュケン軍曹)、テリー・サバラス(ガフィー軍曹)、チャールズ・ブロンソン(ウォレンスキー少佐)、ハンス・クリスチャン・ブレヒ(コンラート伍長)、ジェームズ・マッカーサー(ウィーヴァー少尉)、ピア・アンジェリ(ルイーズ)、ヴェルナー・ペータース(コーラー将軍)、カール=オットー・アルベルティ(ディーペル少佐)、タイ・ハーディン(シューマッハ少佐)、バーバラ・ウェール(エレナ)ほか

「URI/サージカル・ストライク」のネタバレあらすじ結末

URI/サージカル・ストライクの紹介:2019年インド映画。ヒンディー語による戦争アクション映画。2016年に北部インドで実際に起ったURI陸軍基地襲撃事件を扱う。2019年で最も成功したボリウッド映画であり、全世界で5300万米ドルの興行成績を上げた。また、批評家からも高い評価を受け、インド国立映画賞を始めとする数々の映画賞を勝ち取った。
監督:アディティヤ・ダール 出演者:ヴィッキー・コウシャル(ヴィハーン・シン・シェルギル)、バレーシュ・ラワル(ゴービンド・バルドワージ)、ヤーミー・ゴウタム(パラヴィ・シャルマ)、モヒット・ライナー(カラン・カシャップ)、キールティ・クルハーリー(セーラット・カウル)ほか。

「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」のネタバレあらすじ結末

T-34 レジェンド・オブ・ウォーの紹介:2018年ロシア映画。第二次世界大戦中、ナチスドイツ軍の捕虜になったソ連の戦車兵が、たった4人の仲間と1台の戦車で脱走を試みる姿を描いた戦争アクション映画です。ロシア本国では驚異的な大ヒットを記録、ロシアの二大映画賞のひとつゴールデン・イーグル賞で監督賞・脚本賞・視覚効果賞の3冠を達成、日本でも興行収入が6500万円を超えてこれまでのロシア作品の興収記録を更新しました。
監督:アレクセイ・シドロフ 出演者:アレクサンドル・ペトロフ(ニコライ・イヴシュキン)、ヴィンツェンツ・キーファー(クラウス・イェーガー)、イリーナ・ストラシェンバウム(アーニャ・ヤルツェヴァ)、ヴィクトル・ドブロヌラボフ(ステパン・サヴェリエヴィチ・ヴァシリョノク)、アントン・ボグダノフ(ディミヤン・ヴォルチョク)、ユーリイ・ボリソフ(セラフィム・イオノフ)、ウヴォルフガング・チェルニー(ヴォルフ・ハイン)、ジョシュア・グロース(ティーリケ)、ディルク・シンプソン(グリム)、ロビンソン・レイチェル(ハインリヒ・ヒムラー)ほか

「米軍極秘部隊 ウォー・ピッグス」のネタバレあらすじ結末

米軍極秘部隊 ウォー・ピッグスの紹介:2015年アメリカ映画。大尉から中尉に降格したウォシックが、期待されていないウォーピッグという隊員を従えて、極秘任務を遂行させます。1944年の終戦間近の戦争を舞台に描かれた映画です。
監督:ライアン・リトル 出演:ルーク・ゴス(ウォシック中尉)、ドルフ・ラングレン(ピコー大尉)、ノア・セガン(オーガスト軍曹)、ライアン・ケリー(ヨーク)、K・C・クライド(モファッティ)、ほか

「1917 命をかけた伝令」のネタバレあらすじ結末

1917 命をかけた伝令の紹介:2019年アメリカ映画。1917年、第一次世界大戦の真っ只中、西部戦線にいたドイツ軍は後退していた。しかしそれは戦略的な後退で、連合国軍をヒンデンブルク線まで誘引する罠だった。イギリス軍はその事実を航空偵察によって把握したが、進撃中のD連帯へ伝えたくても電話線は切れてしまっているため、2人の若い上等兵トムとウィルに現地へ行って伝えるよう命じた。1600名のD連隊にはトムの兄ジョセフもいた。味方を救うため、命をかけて2人は無人地帯へ飛び込んだ。本作はゴールデングローブ賞で作品賞と監督賞の2冠を獲得。サム・メンデス監督が祖父から聞いた話を元に作られた。全編ワンカットで撮られたように見える長回し撮影と、生々しいほどのリアリティあふれる映像も見どころ。
監督:サム・メンデス 出演:ジョージ・マッケイ(スコフィールド上等兵)、ディーン=チャールズ・チャップマン(ブレイク上等兵)、マーク・ストロング(スミス大尉)、アンドリュー・スコット(レスリー中尉)、リチャード・マッデン(ブレイク中尉)、クレア・デュバーク(ラウリ)、コリン・ファース(エリンモア将軍)、ベネディクト・カンバーバッチ(マッケンジー大佐)他

「KESARI/ケサリ」のネタバレあらすじ結末

KESARI/ケサリ 21人の勇者たちの紹介:2019年インド映画。1897年にイギリス軍とシーク教徒を中心とする反乱軍との間で行われたサラガリの戦いを描く歴史大作。10,000人の軍勢をたった21人の精鋭が迎え撃つという、ハリウッド映画の300<スリーハンドレッド>を彷彿とされるような設定のもと、壮大な戦争シーンの数々が描き出される。
監督:アヌラーグ・シン 出演:アクシャイ・クマール(イシャル・シン)、パリニーティ・チョープラー(ジーヴァニ・コウル)、ヴィヴェーク・サイニ(ジワン・シン)、ヴィクラム・コーチャル(グラブ・シン)、サヴィンダル・ヴィッキー(ラール・シン)、ヴァンシュ・バルドワジ(チャンダ・シン)、ラヴィンダル・パーワル(アッタル・シン)、サミート・シン・バスラ(ガルムク・シン)、アジット・シン・マヘラ(ナーンド・シン)ほか

1 2 3 4 5 10

キーワードから探す

TOP↑