戦争映画のネタバレ

戦争映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気の戦争映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「マッカーサー」のネタバレあらすじ結末

マッカーサーの紹介:1977年アメリカ映画。アメリカ陸軍のダグラス・マッカーサー将軍の太平洋戦争フィリピン在中から日本占領を経て朝鮮戦争時の解任までの軌跡をたどる。
監督:ジョセフ・サージェント 出演:グレゴリー・ペック(ダグラス・マッカーサー)、ダン・オハーリヒー(フランクリン・D・ルーズヴェルト)、サンディ・ケニオン(ジョナサン・M・ウェインライト)、ディック・オニール(ホイットニー)、アート・フレミング(秘書)、エド・フランダース(ハリー・S・トルーマン)、ほか

「フォースダウン 敵地脱出」のネタバレあらすじ結末

フォース・ダウン 敵地脱出の紹介:2008年オランダ映画。ヤン・テルラウの児童文学『戦争の冬』を映画化した戦争ドラマです。第二次世界大戦末期、ナチス・ドイツの占領下にあったオランダを舞台に、現地の少年が不時着したイギリス兵を脱走させるために数千人ものドイツ兵の包囲網突破を試みる様を描いています。
監督:マルティン・コールホーベン 出演者:マルタイン・ラケマイヤー(ミヒール・ヴァン・ビュースコム)、ジェイミー・キャンベル・バウアー(ジャック)、ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン(ベン)、レイモント・ティリ(ミヒールの父)、メロディ・クラヴァー(エリカ・ヴァン・ビュースコム)ほか

「パットン大戦車軍団」のネタバレあらすじ結末

パットン大戦車軍団の紹介:1970年アメリカ映画。第二次世界大戦のヨーロッパ戦線で史上最大の戦果を挙げたアメリカ陸軍の名将、ジョージ・S・パットン将軍の波乱に満ちた半生を壮大なスケールで描いた映画史上に残る不朽の歴史スペクタクル大作です。
監督:フランクリン・J・シャフナー 出演者:ジョージ・C・スコット(ジョージ・S・パットン)、カール・マルデン(オマール・ブラッドレー)、スティーヴン・ヤング(チェスター・ハンセン)、マイケル・ストロング(ホバート・カーヴァー)、ポール・スティーブンス(チャールズ・コッドマン)、カール・ミヒャエル・フォーグラー(エルヴィン・ロンメル)ほか

「赤い天使」のネタバレあらすじ結末

赤い天使の紹介:1966年日本映画。パッと咲いてパッと散る桜から名付けられた西さくら。天津の陸軍病院から激戦地に近い分院へ、さらに前線で孤立した集落へと移動する陸軍看護婦の行動を通して、戦争の残酷さ、非人間性を浮き彫りにする戦争映画。
監督:増村保造 出演者:若尾文子(西さくら)、芦田伸介(岡部軍医)、川津祐介(折原一等兵)、赤木蘭子(岩島婦長)、千波丈太郎(坂元一等兵)

「突撃隊」のネタバレあらすじ結末

突撃隊の紹介:1961年アメリカ映画。ドイツ軍とアメリカ軍の戦いの中、アメリカ軍の一匹狼として命をかけて戦った男の物語。主人公のリースのスティーブ・マックイーンは非常に迫力があります。
監督:ドン・シーゲル 出演:スティーヴ・マックィーン(リース)、ボビー・ダーリン(コービー)、フェス・パーカー(パイク軍曹)、ジェームズ・コバーン(ヘンショー)、ハリー・ガーディノ(ラーキン軍曹)、ニック・アダムス(ホーマー)ほか

「戦火の愚かなる英雄」のネタバレあらすじ結末

戦火の愚かなる英雄の紹介:2013年ルーマニア,ドイツ,ベルギー映画。ドイツ兵が侵略していたルーマニアの村でドイツ兵が殺された事件を巡り、明朝までに犯人を差し出さなければならないという一晩の騒動を描いた映画です。
監督:ボグダン・ドライヤー 出演:ジェラール・ドパルデュー(イプ)、ハーヴェイ・カイテル(ロアン)、ラウラ・モランテ(マルガリータ)、ボグダン・イアンク(アレックス)、アディナ・カルティアニュ(クララ)、ダニエラ・ナネ(医者の妻 )、ガブリエラ・バルタ(リンダ)、ほか

「ナチスの墓標 レニングラード捕虜収容所」のネタバレあらすじ結末

ナチスの墓標 レニングラード捕虜収容所の紹介:2006年ロシア,イギリス映画。戦後、ロシアに捕虜として来たドイツ兵たちに対し、ロシア兵らは家族などを殺された悔しさや悲しみをぶつけていきます。その中で重大な戦犯を見つけたことにより運命が狂っていきます。
監督:トム・ロバーツ 出演:トーマス・クレッチマン(マックス)、ダニエル・ブリュール(クラウス)、ヴェラ・ファーミガ(ナターシャ)、ジョン・マルコヴィッチ(パブロフ大佐)、ナタリー・プレス、インゲボルガ・ダクネイト、テクラ・ルーテン、ほか

「ワーテルロー」のネタバレあらすじ結末

ワーテルローの紹介:1969年イタリア,ソ連映画。イタリアとソ連(当時)の合作による超大作歴史ドラマです。1815年6月18日に行われたフランス皇帝ナポレオン1世率いるフランス軍とイギリス軍司令官ウェリントン公率いるイギリス・オランダ連合軍との戦い「ワーテルローの戦い」を圧倒的スケールで描き切っています。
監督:セルゲイ・ボンダルチュク 出演者:ロッド・スタイガー(ナポレオン・ボナパルト1世)、クリストファー・プラマー(ウェリントン公アーサー・ウェルズリー)、ジャック・ホーキンス(トーマス・ピクトン)、オーソン・ウェルズ(ルイ18世)、バージニア・マッケンナ(リッチモンド侯爵夫人)ほか

「トラ・トラ・トラ!」のネタバレあらすじ結末

トラ・トラ・トラ!の紹介:1970年アメリカ,日本映画。日本海軍の真珠湾攻撃を描いた作品です。日本軍の飛行機はアメリカの飛行機を改造して実際にアメリカ空母から発信をすることで有名になりました。飛行場をゼロ戦が攻撃をするシーンは実写をしているので迫力がありました。
監督:リチャード・フライシャー、舛田利雄、深作欣二 出演:マーティン・バルサム(キンメル太平洋艦隊司令長官)、山村聡(山本五十六海軍中将)、ジェイソン・ロバーズ(ショート将軍)、ジョセフ・コットン(スチムソン陸軍長官)、三橋達也(源田少佐)、ジェームズ・ホイットモア(ハルゼイ中将)、東野英治朗(南雲中将)、ほか

「地獄の7人」のネタバレあらすじ結末

地獄の7人の紹介:1983年アメリカ映画。ベトナム戦争が終結したが、ベトナムには多くの兵士が取り残され行方不明になっていた。歴戦の士官ローズの息子もまた未帰還で、彼は多くの労力を割きその行方を捜していたが、捕虜になっている事が確認される。彼は息子の友人等に協力を仰ぎ、息子と未帰還の兵士達を救出する為の作戦を開始する。ジーン・ハックマン主演、ベトナム戦争の戦後処理を題材にしたアクション映画。
監督:デッド・コッチェフ 出演者:ジーン・ハックマン(ローズ大佐)、ロバート・スタック(マグレガー)、フレッド・ウォード(ウィルクス)、レブ・ブラウン(ブラスター)、ランドール・“テックス”・コッブ(セイラー)、パトリック・スウェイジ(ケヴィン・スコット)、ほか

「レッド・スコルピオン」のネタバレあらすじ結末

レッド・スコルピオンの紹介:1988年アメリカ映画。「ソ連は最も恐るべき男を敵に廻した」というキャッチコピーで、アフリカ南部共産主義国家に潜入したソ連特殊部隊兵士の活躍を描いた豪快アクション反共戦争映画です。
監督:ジョセフ・ジトー 出演:ドルフ・ラングレン(ニコライ・ラチェンコ)、M・エメット・ウォルシュ(デューイ・ファーガソン)、アル・ホワイト(カルンダ・キントッシュ)、T・P・マッケンナ(ヴォルテーク将軍)、カーメン・アルジェンツィアノ(ザイアス大佐)、ブライオン・ジェームズ(クラスノフ)、ほか

「駆逐艦ベッドフォード作戦」のネタバレあらすじ結末

駆逐艦ベッドフォード作戦の紹介:1965年アメリカ映画。取材のためにアメリカ海軍駆逐艦ベッドフォード号に乗船した新聞記者のマンスフォード。彼が目にするのは厳格な艦長がソ連の潜水艦の「狩猟」に狂奔する姿だった。製作年はキューバ危機の三年後。
監督:ジェームズ・B・ハリス 出演:リチャード・ウィドマーク(フィンランダー艦長)、シドニー・ポワチエ(マンスフォード)、ジェームズ・マッカーサー(ロールストン少尉)、マーティン・バルサム(軍医ポッター少佐)、エリック・ポートマン(西ドイツ海軍シュレプケ准将)ほか

「鷲は舞いおりた」のネタバレあらすじ結末

鷲は舞いおりたの紹介:1976年イギリス,アメリカ映画。ジャック・ヒギンズの小説『鷲は舞い降りた』を映画化した歴史ドラマです。第二次世界大戦期、ヒトラーにより英国首相チャーチルの誘拐を命じられたナチスドイツ特殊部隊の戦いを描きます。
監督:ジョン・スタージェス 出演者:マイケル・ケイン(クルト・シュタイナー)、ドナルド・サザーランド(リーアム・デヴリン)、ロバート・デュヴァル(マックス・ラードル)、ジェニー・アガター(モリー・プリオール)、ドナルド・プレザンス(ハインリヒ・ヒムラー)ほか

「眼下の敵」のネタバレあらすじ結末

眼下の敵の紹介:1957年アメリカ映画。西大西洋を警戒中のアメリカ海軍所属の駆逐艦はUボート1隻を補足する。そのUボートは特別任務を帯びており、その為変えられぬ航路に縛られながら駆逐艦を相対する。海上と海中、2国2隻の戦闘艦、そして2人の艦長が知力の限りを尽くし、その死力を振り絞り対決する、第2次世界戦を舞台にした戦争映画。
監督:ディック・パウエル 出演者:マレル艦長(ロバート・ミッチャム)、軍医(ラッセル・コリンズ)、ウェア副長(デヴィット・ヘディスン)、シュトベルク艦長(クルト・ユルゲンス)、ハイニ先任士官(セオドア・ビケル)

「ある戦争」のネタバレあらすじ結末

ある戦争の紹介:2015年デンマーク映画。第88回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた注目作。アフガン紛争地域で市民を保護するデンマーク軍。タリバンとの戦いで神経をすり減らす中、故郷に妻子を残してきた部隊長クラウスはある決断を迫られる。部下のために行ったその行為は、やがて戦争犯罪として裁判にまで発展する。正義とは何か、家族とは何かを問いかけるシリアスな戦場ドラマ。
監督:トビアス・リンホルム 出演:ピルー・アスベック(クラウス・M・ペデルセン)、ツヴァ・ノヴォトニー(マリア・R・ペデルセン)、ダルフィ・アル・ジャブリ(ラッセン)、ダール・サリム(ナジブ・ビスマ)、ソーレン・マリン(オルセン弁護士)、シャーロット・マンク(ダニング検事)ほか

1 2 3 4 5 6
TOP↑