戦争映画のネタバレ

「ナチスの墓標 レニングラード捕虜収容所」のネタバレあらすじ結末

ナチスの墓標 レニングラード捕虜収容所の紹介:2006年ロシア,イギリス映画。戦後、ロシアに捕虜として来たドイツ兵たちに対し、ロシア兵らは家族などを殺された悔しさや悲しみをぶつけていきます。その中で重大な戦犯を見つけたことにより運命が狂っていきます。
監督:トム・ロバーツ 出演:トーマス・クレッチマン(マックス)、ダニエル・ブリュール(クラウス)、ヴェラ・ファーミガ(ナターシャ)、ジョン・マルコヴィッチ(パブロフ大佐)、ナタリー・プレス、インゲボルガ・ダクネイト、テクラ・ルーテン、ほか

「ワーテルロー」のネタバレあらすじ結末

ワーテルローの紹介:1969年イタリア,ソ連映画。イタリアとソ連(当時)の合作による超大作歴史ドラマです。1815年6月18日に行われたフランス皇帝ナポレオン1世率いるフランス軍とイギリス軍司令官ウェリントン公率いるイギリス・オランダ連合軍との戦い「ワーテルローの戦い」を圧倒的スケールで描き切っています。
監督:セルゲイ・ボンダルチュク 出演者:ロッド・スタイガー(ナポレオン・ボナパルト1世)、クリストファー・プラマー(ウェリントン公アーサー・ウェルズリー)、ジャック・ホーキンス(トーマス・ピクトン)、オーソン・ウェルズ(ルイ18世)、バージニア・マッケンナ(リッチモンド侯爵夫人)ほか

「トラ・トラ・トラ!」のネタバレあらすじ結末

トラ・トラ・トラ!の紹介:1970年アメリカ,日本映画。日本海軍の真珠湾攻撃を描いた作品です。日本軍の飛行機はアメリカの飛行機を改造して実際にアメリカ空母から発信をすることで有名になりました。飛行場をゼロ戦が攻撃をするシーンは実写をしているので迫力がありました。
監督:リチャード・フライシャー、舛田利雄、深作欣二 出演:マーティン・バルサム(キンメル太平洋艦隊司令長官)、山村聡(山本五十六海軍中将)、ジェイソン・ロバーズ(ショート将軍)、ジョセフ・コットン(スチムソン陸軍長官)、三橋達也(源田少佐)、ジェームズ・ホイットモア(ハルゼイ中将)、東野英治朗(南雲中将)、ほか

「地獄の7人」のネタバレあらすじ結末

地獄の7人の紹介:1983年アメリカ映画。ベトナム戦争が終結したが、ベトナムには多くの兵士が取り残され行方不明になっていた。歴戦の士官ローズの息子もまた未帰還で、彼は多くの労力を割きその行方を捜していたが、捕虜になっている事が確認される。彼は息子の友人等に協力を仰ぎ、息子と未帰還の兵士達を救出する為の作戦を開始する。ジーン・ハックマン主演、ベトナム戦争の戦後処理を題材にしたアクション映画。
監督:デッド・コッチェフ 出演者:ジーン・ハックマン(ローズ大佐)、ロバート・スタック(マグレガー)、フレッド・ウォード(ウィルクス)、レブ・ブラウン(ブラスター)、ランドール・“テックス”・コッブ(セイラー)、パトリック・スウェイジ(ケヴィン・スコット)、ほか

「レッド・スコルピオン」のネタバレあらすじ結末

レッド・スコルピオンの紹介:1988年アメリカ映画。「ソ連は最も恐るべき男を敵に廻した」というキャッチコピーで、アフリカ南部共産主義国家に潜入したソ連特殊部隊兵士の活躍を描いた豪快アクション反共戦争映画です。
監督:ジョセフ・ジトー 出演:ドルフ・ラングレン(ニコライ・ラチェンコ)、M・エメット・ウォルシュ(デューイ・ファーガソン)、アル・ホワイト(カルンダ・キントッシュ)、T・P・マッケンナ(ヴォルテーク将軍)、カーメン・アルジェンツィアノ(ザイアス大佐)、ブライオン・ジェームズ(クラスノフ)、ほか

「駆逐艦ベッドフォード作戦」のネタバレあらすじ結末

駆逐艦ベッドフォード作戦の紹介:1965年アメリカ映画。取材のためにアメリカ海軍駆逐艦ベッドフォード号に乗船した新聞記者のマンスフォード。彼が目にするのは厳格な艦長がソ連の潜水艦の「狩猟」に狂奔する姿だった。製作年はキューバ危機の三年後。
監督:ジェームズ・B・ハリス 出演:リチャード・ウィドマーク(フィンランダー艦長)、シドニー・ポワチエ(マンスフォード)、ジェームズ・マッカーサー(ロールストン少尉)、マーティン・バルサム(軍医ポッター少佐)、エリック・ポートマン(西ドイツ海軍シュレプケ准将)ほか

「鷲は舞いおりた」のネタバレあらすじ結末

鷲は舞いおりたの紹介:1976年イギリス,アメリカ映画。ジャック・ヒギンズの小説『鷲は舞い降りた』を映画化した歴史ドラマです。第二次世界大戦期、ヒトラーにより英国首相チャーチルの誘拐を命じられたナチスドイツ特殊部隊の戦いを描きます。
監督:ジョン・スタージェス 出演者:マイケル・ケイン(クルト・シュタイナー)、ドナルド・サザーランド(リーアム・デヴリン)、ロバート・デュヴァル(マックス・ラードル)、ジェニー・アガター(モリー・プリオール)、ドナルド・プレザンス(ハインリヒ・ヒムラー)ほか

「眼下の敵」のネタバレあらすじ結末

眼下の敵の紹介:1957年アメリカ映画。西大西洋を警戒中のアメリカ海軍所属の駆逐艦はUボート1隻を補足する。そのUボートは特別任務を帯びており、その為変えられぬ航路に縛られながら駆逐艦を相対する。海上と海中、2国2隻の戦闘艦、そして2人の艦長が知力の限りを尽くし、その死力を振り絞り対決する、第2次世界戦を舞台にした戦争映画。
監督:ディック・パウエル 出演者:マレル艦長(ロバート・ミッチャム)、軍医(ラッセル・コリンズ)、ウェア副長(デヴィット・ヘディスン)、シュトベルク艦長(クルト・ユルゲンス)、ハイニ先任士官(セオドア・ビケル)

「ある戦争」のネタバレあらすじ結末

ある戦争の紹介:2015年デンマーク映画。第88回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた注目作。アフガン紛争地域で市民を保護するデンマーク軍。タリバンとの戦いで神経をすり減らす中、故郷に妻子を残してきた部隊長クラウスはある決断を迫られる。部下のために行ったその行為は、やがて戦争犯罪として裁判にまで発展する。正義とは何か、家族とは何かを問いかけるシリアスな戦場ドラマ。
監督:トビアス・リンホルム 出演:ピルー・アスベック(クラウス・M・ペデルセン)、ツヴァ・ノヴォトニー(マリア・R・ペデルセン)、ダルフィ・アル・ジャブリ(ラッセン)、ダール・サリム(ナジブ・ビスマ)、ソーレン・マリン(オルセン弁護士)、シャーロット・マンク(ダニング検事)ほか

「テレマークの要塞」のネタバレあらすじ結末

テレマークの要塞の紹介:1965年イギリス,アメリカ映画。第二次世界大戦中実際にあった、ガナーサイド作戦を題材にした戦争アクション映画。ナチスドイツ占領下のノルウェーでは、原子力爆弾を製造するための重水が大量に作り出されていた。それを阻止すべく、レジスタンスは命懸けで製造工場の爆破作戦に身を投じるのだった。
監督:アンソニー・マン 出演者:カーク・ダグラス(ロルフ・ペデルセン教授)、リチャード・ハリス(クヌート・ストラウド)、ウーラ・ヤコブソン(アンナ)、マイケル・レッドグレーヴ(ヒュッテ)、デヴィッド・ウェストン(アーネ)ほか

「アパッチ(1990年)」のネタバレあらすじ結末

アパッチの紹介:1990年アメリカ映画。アメリカ陸軍の戦闘ヘリ、AH-64アパッチを操るパイロットが、鬼教官の指導や元恋人との再会を経て成長し、南米の麻薬シンジケート撲滅作戦に出撃する姿を描いた戦争映画です。
監督:デヴィッド・グリーン 出演者:ニコラス・ケイジ(ジェイク・プレストン)、ショーン・ヤング(ビリー・リー・ガスリー)、トミー・リー・ジョーンズ(ブラッド・リトル)、バート・ライン(エリック・ストーラー)、ブライアン・ケストナー(ブレイカー)ほか

「パシフィック・ウォー」のネタバレあらすじ結末

パシフィック・ウォーの紹介:2016年アメリカ映画。原爆を運ぶという重要な使命を果たしたアメリカ海軍巡洋艦インディアナポリス。しかし、日本軍に撃沈されます。海に飛び込む艦長と乗組員、サメの襲撃、死の恐怖とともに、太平洋をさまよいます。戦後、撃沈の責任を問われ裁判にかけられる艦長、そこでは意外な人物と対面するのでした。『パシフィック・ウォー』は、インディアナポリスの重要な使命と、艦長、乗組員の運命と愛、友情を描いた映画です。
監督:マリオ・ヴァン・ピーブルズ 出演:ニコラス・ケイジ(チャールズ・B・マクベイ) 竹内豊(橋本以行) マット・ランター(バマ) アダム・スコット・ミラー(ダントニオ) エミリー・テナント(クララ) ほか

「ミニヴァー夫人」のネタバレあらすじ結末

ミニヴァー夫人の紹介:1942年アメリカ映画。第二次世界大戦の影が忍び寄りつつあったイギリスの田舎町を舞台に、そこに住むミニヴァー家の人々の日常を、夫人の息子と上流階級の娘との恋や戦争の悲劇なども交えて描いた作品です。
監督:ウィリアム・ワイラー 出演者:グリア・ガースン(ミニヴァー夫人)、ウォルター・ピジョン(クレム・ミニヴァー)、(ヴィンセント・“ヴィン”・ミニヴァー)、テレサ・ライト(キャロル・ベルドン)、デイム・メイ・ウィッティ(ベルドン夫人)ほか

「ビルマの竪琴(1956年)」のネタバレあらすじ結末

ビルマの竪琴の紹介:1956年日本映画。竹山道雄の同名児童文学を市川崑監督が映画化した珠玉のヒューマンドラマです。太平洋戦争終結後のビルマ(現・ミャンマー)を舞台に、死んでいった日本兵を弔うため現地で僧侶となった元日本兵を描きます。1985年にも同じく市川崑監督の手でリメイクされています。
監督:市川崑 出演者:安井昌二(水島上等兵)、三國連太郎(井上隊長)、浜村純(伊東軍曹)、内藤武敏(小林一等兵)、北林谷栄(物売りの老婆)ほか

「野火」のネタバレあらすじ結末

野火の紹介:2014年日本映画。大岡昇平の同名小説の1959年版(市川崑監督)に続く2度目の映画化作品です。太平洋戦争中のフィリピンを舞台に、極限まで追い詰められた日本軍兵士たちの狂気と悲劇を描いています。原作に惚れ込んだ塚本晋也が監督・脚本・製作・主演を兼任しています。
監督:塚本晋也 出演者:塚本晋也(田村一等兵)、リリー・フランキー(安田)、中村達也(伍長)、森優作(永松)、中村優子(田村の妻)ほか

1 2 3 4 5 6 7
TOP↑