サスペンス映画のネタバレ

サスペンス映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のサスペンス映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「悪霊島」のネタバレあらすじ結末

悪霊島の紹介:1981年日本映画。瀬戸内の刑部島に行方不明者を探すためにやってきた金田一耕助。金田一に依頼したのは、島の出身で事業に成功した越智竜平です。島に渡った金田一は、島を牛耳る刑部の家系での殺人事件に遭遇し、磯川警部と一緒に真相を究明するのですが…という内容の横溝正史のミステリー小説「金田一耕助シリーズ」の映画化作品です。
監督:篠田正浩 出演者:鹿賀丈史(金田一耕助)、室田日出男(磯川警部)、古尾谷雅人(三津木五郎)、岸本加世子(真帆/片帆)、二宮さよ子(広島の御寮人)、石橋蓮司(吉太郎)、中尾彬(刑部守衛)、佐分利信(刑部大膳)、岩下志麻(巴御寮人/ふぶき)、伊丹十三(越智竜平)ほか

「デス&コンパス」のネタバレあらすじ結末

デス&コンパスの紹介:1996年メキシコ,アメリカ,日本映画。ホルヘ・ルイス・ボルヘスの短編小説『死とコンパス』を映画化。奇妙な連続殺人事件の謎に挑むサスペンス作品。近未来のメガロポリスは犯罪が頻発し、堕落した魔都と化していた。ある日、ホテルでユダヤ人学者の刺殺体が発見される。警部のランロットは、現場に残された謎の文章に目を止めた。単純な事件ではないと考えた彼は新聞記者ズンズと共にカバラの解読に取り掛かる。ランロットが睨んだ通り、謎の文章が添えられた第2、第3の事件が起こった。果たして犯人の正体とは、そしてその狙いとは。
監督:アレックス・コックス 出演者:ピーター・ボイル(エリック・ランロット)、ミゲル・サンドヴァル(トレヴィラヌス)、クリストファー・エクルストン(アロンソ・ズンズ)、ペドロ・アルメンダリス・Jr(ブロット)、アレックス・コックス(ボルヘス警視長)ほか

「二つの世界の男」のネタバレあらすじ結末

二つの世界の男の紹介:1953年イギリス映画。未だ壁は立てられていないが、検問所で東西に分かたれた戦後ベルリン。イーヴォ・カーンは東西ベルリンを行き来し、心ならずも東側の謀略のために働いていた。彼の運命が、イギリスから旅行に来たナイーヴな若い娘との出会いで動き出す。監督は『第三の男』のキャロル・リード。『第三の男』の姉妹篇的サスペンス・スリラー映画。多くの撮影が戦禍の跡がまだ生々しい西ベルリンで行われた。
監督:キャロル・リード 出演者:ジェームズ・メイソン(イーヴォ・カーン)、クレア・ブルーム(スザンヌ・マリソン)、ヒルデガルド・ネフ(ベッティーナ・マリソン)、ジェフリー・トゥーン(マーテイン・マリソン)、アリベルト・ヴェッシャー(ハレンダー)ほか

「エレベーター」のネタバレあらすじ結末

エレベーターの紹介:2011年アメリカ映画。ある投資会社のビルで行われるパーティーの階へ向かうエレベーターが、投資会社会長の孫のいたずらで緊急停止してしまう。復旧せず助けを待つ乗り合わせたメンバーの中に、この会社のせいで一文無しになり自殺した男性の妻が乗り合わせていました。その妻は時限爆弾を体に巻きつけていたことから、エレベーター内はパニックになってしまいます…という内容のパニックホラー映画です。正統派のような作品ですが、間の抜けたコメディシーンや、残忍なスプラッターシーンが挿入されています。
監督:スティーグ・スヴェンセン 出演:クリストファー・バッカス(ドン・ハンドリー)、アニタ・ブリエム(セリーン・フーケ)、ジョン・ゲッツ(ヘンリー・バートン)、シャーリー・ナイト(ジェーン・レディング)、アマンダ・ペイス(マデリン・バートン)、デヴィン・ラトレイ(マーティン・ゴスリング)、ジョーイ・スロトニック(ジョージ・アクセルロッド)、ターミナ・サニー(モーリーン・アサナ)、ワリード・ズエイター(モハメド)ほか

「クローブヒッチ・キラー」のネタバレあらすじ結末

クローブヒッチ・キラーの紹介:2018年アメリカ映画。アメリカ・ケンタッキー州の小さな田舎町、10年以上前に起きた10人以上の女性殺害事件の後遺症に悩まされています。16歳の少年タイラーは父のトラックで、女性が縄で縛られた写真を見つけ「父親が事件の犯人では?」と不信感を抱きます。彼は町で事件の謎を追う少女カッシと出会い、父と事件の関わり、真相究明に乗り出します。『クローブヒッチ・キラー』は、ハリウッドで注目される若手俳優チャーリー・プラマー主演のサスペンススリラー。事件の謎と真相に最後まで目が離せないストーリーになっています。
監督:ダンカン・スキルズ 出演:チャーリー・プラマー(タイラー・バーンサイド)、ディラン・マクダーモット(ドン・バーンサイド)、サマンサ・マシス(シンディ・バーンサイド)、マディソン・ベイティ(カッシ)、ほか

「闇の中」のネタバレあらすじ結末

闇の中の紹介:2006年日本映画。殺人を告白する美女と、彼女を治療する精神科医の狂気を描くエロティック・サスペンス。精神科医の新見のもとに、美しく妖艶な患者がやって来た。麗と名乗った彼女は、人を殺害したと告白する。新見は半信半疑のまま治療を始めるが、いつしか麗の魅力にのめり込んでいった。愛と肉欲が絡み合い、新見は麗のために狂っていく。主演を務めるのは、元人気お笑いコンビ「パイレーツ」の西本はるか。
監督:石川均 出演者:西本はるか(麗)、乃木涼介(新見洋介)、未向、亀谷さやか、石井英登、ほか

「断崖」のネタバレあらすじ結末

断崖の紹介:1941年アメリカ映画。スリラー映画界の巨匠アルフレッド・ヒッチコックが、イギリスの推理小説家フランシス・アイルズの『レディに捧げる殺人物語』を映画化したロマンティックサイコスリラー作品です。調子のいいけど出目不明のモテ男と結婚した富豪の令嬢は次第に夫が自分を殺そうとしているのではないかと疑心暗鬼になっていき…。第14回アカデミー賞で主人公を演じたジョーン・フォンテインが主演女優賞を受賞しています。
監督:アルフレッド・ヒッチコック 出演者:ジョーン・フォンテイン(リナ・マクレイドロウ)、ケーリー・グラント(ジョニー・アイガース)、ナイジェル・ブルース(ゴードン・コクランス・ビーキー・スウェイト)、セドリック・ハードウィック(マクレイドロウ将軍)、デイム・メイ・ウィッティ(マーサ・マクレイドロウ)、イザベル・ジーンズ(ヘレン・ニューシャム夫人)、ヘザー・エンジェル(エセル)、オリオール・リー(イソベル・セドバスク)、レジナルド・シェフィールド(レジー・ウェザビー)、レオ・G・キャロル(ジョージ・メルベック)、アルフレッド・ヒッチコック(郵便屋)ほか

「ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ」のネタバレあらすじ結末

ウーマン・イン・ザ・ウィンドウの紹介:2021年アメリカ映画。外に出ることができない精神病を抱えているアナの家の向かいに、ある家族が引っ越してきます。その家族と交流することによって、アナはあるトラブルに巻き込まれます。『メッセージ』のエイミー・アダムス、『Mankマンク』のゲイリー・オールドマン、『アリスのままで』のジュリアン・ムーア、『ユニークライフ』のジェニファー・ジェイソン・リー等、豪華俳優陣がそろった話題作です。
監督: ジョー・ライト 出演:エイミー・アダムス(アナ)、ジュリアン・ムーア(ケイティ)、ゲイリー・オールドマン(アリステア)、フレッド・ヘッキンジャー(イーサン)、ジェニファー・ジェイソン・リー(ジェーン)、ワイアット・ラッセル(デイヴィット)、アンソニー・マッキー(エド)、ほか

「偽装殺人」のネタバレあらすじ結末

偽装殺人の紹介:2001年日本映画。成美が住んでいるアパートの隣の部屋が中国人マフィアのアジトで、内輪もめからその部屋にいた女性が自分の部屋の前で死んでしまいます。一緒にいた金田が大金を持っていたため、一緒に逃げることになった成美は、知らぬ間に関係を持った男が死んでしまう魔性の女になり、金のために次々男を乗り換え始め…という内容の官能サスペンス作品です。
監督:望月六郎 出演者:高島優子(鹿賀成美)、山田辰夫(高利貸し)、吉川エミリー(中国人ハーフ女性)、高知東生(井坂)、湯浅けい子(井坂の妻)ほか

「ナイトウォッチ」のネタバレあらすじ結末

ナイトウォッチの紹介:1997年アメリカ映画。オーレ・ボールネダル監督作品「モルグ(1994年)」をユアン・マクレガー主演でセルフリメイク。深夜の死体安置所を舞台に、恐ろしい狂気を描くサスペンス作品。卒業を控えた大学院生マーティンは、死体安置所で夜警のアルバイトを始めた。世の中では娼婦を狙った陰惨な連続殺人事件が起きており、死体安置所にはその被害者も運ばれて来る。怯えつつも仕事をこなすマーティンだったが、彼の周囲で不気味な出来事が起こり始めていた。
監督:オーレ・ボールネダル 出演者:ユアン・マクレガー(マーティン)、ニック・ノルティ(クレイ警部)、ジョシュ・ブローリン(ジェイムズ)、パトリシア・アークエット(キャサリン)、ローレン・グレアム(マリー)ほか

「アオラレ」のネタバレあらすじ結末

アオラレの紹介:2020年アメリカ,イギリス映画。離婚、仕事や子育てに翻弄され、生活も苦しい美容師レイチェル。たまたまクラクションを鳴らしたトラックの男につけ狙われ、家族や友人などが次々と襲われていく。理不尽な恐怖に怯えるレイチェルだが、愛する息子カイルを守るために逆襲を決意する。日本のみならず世界中で大問題になっている、あおり運転を軸に、恐怖と興奮のノンストップ・スリラー。
監督:デリック・ボルテ 出演:ラッセル・クロウ(男)、カレン・ピストリアス(レイチェル)、ガブリエル・ベイトマン(カイル)、ジミ・シンプソン(アンディ)、オースティン・P・マッケンジー(フレッド)、ジュリエン・ジョイナー(メアリー)ほか

「レ・ミゼラブル(2019年)」のネタバレあらすじ結末

レ・ミゼラブルの紹介:2019年フランス映画。フランスの文豪ヴィクトル・ユーゴーの代表作『レ・ミゼラブル』にヒントを受けて製作され、同作の舞台のひとつであるフランス・モンフェルメイユの“今”を切り取った社会派ドラマです。移民と低所得者層の数多く住むこの街で相次ぐ人種間の対立、世代間の対立、警察による暴力などの社会問題を、この街に赴任してきたひとりの警察官の視点から描きます。自身もアフリカ系移民2世であるラジ・リ監督にとって初の長編作品であり、第92回アカデミー賞で国際長編映画賞にノミネート、セザール賞では最優秀作品賞を受賞するなど高い評価を得ました。
監督:ラジ・リ 出演者:ダミアン・ボナール(ステファン・ルイス)、アレクシ・マナンティ(クリス)、ジブリル・ゾンガ(グワダ)、イッサ・ペリカ(イッサ)、アル・ハッサン・リー(バズ)、スティーブ・ティアンチュー(市長)、レイモンド・ロペス(ゾロ)、アルマミ・カヌーテ(サラー)、ジャンヌ・バリバール(署長)ほか

「クリニカル」のネタバレあらすじ結末

クリニカルの紹介:2017年アメリカ映画。精神科医のジェーンは、自分の患者である少女ノラが目の前で自分の首を切って自殺未遂をして以来、トラウマになりカウンセリングを受けていました。しばらく通って回復してきたジェーンが再び診療を始めると、アレックスという患者がやって来ました。この日以来ジェーンの前にノラが現れるようになり…という内容の心理サスペンス映画です。
監督:アリステア・ルグラン 出演者:ヴィネッサ・ショウ(ジェーン・マティス)、ケヴィン・ラーム(アレックス)、インディア・アイズリー(ノラ)、アーロン・スタンフォード(マイル)、ネストール・セラノ(サウル)、ウィルマー・カルデロン(テリー)ほか

「シークレット・レンズ」のネタバレあらすじ結末

シークレット・レンズの紹介:1982年アメリカ映画。元CIA工作員という肩書を持つアメリカの小説家チャールズ・マッキャリーの「The Better Angels」を映画化したサスペンス映画です。全米で人気のニュースキャスターが、核兵器を巡って繰り広げられるアメリカ・中東某国・テロリストの抗争に巻き込まれていく様をブラックコメディ要素も交えて描いていきます。
監督:リチャード・ブルックス 出演者:ショーン・コネリー(パトリック・ヘイル)、キャサリン・ロス(サリー・ブレイク)、ジョージ・グリザード(ベッドフォード・フォレスト・ロックウッド大統領)、レスリー・ニールセン(フランクリン・マロリー)、ロバート・コンラッド(ウォンバット将軍)、ジョン・サクソン(ホーマー・ハバード)、ヘンリー・シルヴァ(ラフィーク)、ハーディ・クリューガー(ヘルムート・アンガー)、ロン・ムーディー(アワド国王)ほか

「クローズド・バル」のネタバレあらすじ結末

クローズド・バル 街角の狙撃手と8人の標的の紹介:2017年スペイン映画。マドリードのとあるカフェから出た客が撃たれるという事件が発生。事件裏に隠された重大な秘密に気づいた店員と客たちによるサバイバル。果たして彼らは生還できるのか?
監督:アレックス・デ・ラ・イグレシア 出演者:ブランカ・スアレス(エレナ)、マリオ・カサス(ナチョ)、ジェイム・オルドネス(イスラエル)、カルメン・マチ(トリニ)、セクン・デ・ラ・ロサ(サトゥル)、テレール・パベス(アンパロ)、ホアキン・クリメント(アンドレス)、ほか

1 2 3 4 5 89

キーワードから探す

TOP↑