サスペンス映画のネタバレ

サスペンス映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のサスペンス映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「薄氷の殺人」のネタバレあらすじ結末

薄氷の殺人の紹介:2014年中国,香港映画。中国北部にて、ある女性に近づく人々が、バラバラの死体になって発見される事件が発生し、1人の刑事が女を追いますが、刑事もまた、女の不思議な魅力に飲み込まれていくクライム・サスペンスです。
監督:ディアオ・イーナン 出演者:リャオ・ファン(ジャン)、グイ・ルンメイ(ウー・ジージェン)、ワン・シュエビン(リアン・ジージュン)、ワン・ジンチュン(ロン・ロン)、ユー・アイレイ(ワン)、ほか

「らせん階段」のネタバレあらすじ結末

らせん階段の紹介:1945年アメリカ映画。エセル・リナ・ホワイトの小説を映画化。サイコロジカル・ホラーの古典で、ロバート・シオドマク監督の代表作のひとつ。ドイツ表現主義の影響を受けた撮影が効果を上げている。1975年と2000年にリメイクされた。
監督:ロバート・シオドマク 出演:ドロシー・マクガイア(ヘレン)、ジョージ・ブレント(ウォーレン教授)、エセル・バリモア(ウォーレン夫人)、ケント・スミス(パリー医師)、ロンダ・フレミング(ブランチ)、ゴードン・オリヴァー(スティーヴン・ウォーレン)、エルザ・ランチェスター(オーツ夫人)

「私は殺される」のネタバレあらすじ結末

私は殺されるの紹介:1948年アメリカ映画。ラジオドラマを元にしたサスペンスの秀作。ヒロインが電話をかけていくことでストーリーが展開し、意外な結末へとなだれ込む。バーバラ・スタンウィックが熱演を見せ、アカデミー賞にノミネートされた。
監督:アナトール・リトヴァク 出演:バーバラ・スタンウィック(レオナ・スティーヴンソン)、バート・ランカスター(ヘンリー・スティーヴンソン)、アン・リチャーズ(サリー・ロード)、エド・ベグリー(ジェームズ・コターレル)、ウィリアム・コンラッド(モラノ)

「その女を殺せ」のネタバレあらすじ結末

その女を殺せの紹介:1952年アメリカ映画。リチャード・フライシャー監督によるB級映画の傑作。上映時間はわずか71分だが、サスペンスたっぷりの仕上がりとなっている。1990年に「カナディアン・エクスプレス」としてリメイクされた。
監督:リチャード・フライシャー 出演:チャールズ・マックグロー(ウォルター・ブラウン)、マリー・ウィンザー(ニール夫人)、ジャクリーン・ホワイト(アン・シンクレア)、ゴードン・ゲバート(トニー・シンクレア)、ドン・ベドー(ガス・フォーブス)

「ヒッチ・ハイカー」のネタバレあらすじ結末

ヒッチ・ハイカーの紹介:1953年アメリカ映画。「ハイ・シェラ」などの出演作のある女優アイダ・ルピノの監督としての代表作。実際に起こったヒッチハイク殺人に基づくもので、この手のジャンル映画の元祖とも呼ばれている。上映時間はわずか70分。
監督:アイダ・ルピノ 出演:エドモンド・オブライエン(ロイ)、フランク・ラブジョイ(ギルバート)、ウィリアム・タルマン(エメット・マイヤーズ)、クラーク・ホワット(政府の役人)、ナチヴィダト・ヴァシオ(ホセ)、ほか

「恐怖の土曜日」のネタバレあらすじ結末

恐怖の土曜日の紹介:1955年アメリカ映画。サスペンス映画の佳作。シネマスコープのカラー作品としては極めて低予算で製作されたが、予想以上の好評を博し、リチャード・フライシャー監督の代表作のひとつとなった。後に「刑事ジョン・ブック目撃者」で有名になるアーミッシュが描かれている。
監督:リチャード・フライシャー 出演:ヴィクター・マチュア(シェリー・マーティン)、スティーブン・マクナリー(ハーパー)、リー・マービン(ディル)、J・キャロル・ナイシュ(チャップマン)、アーネスト・ボーグナイン(スタッド)

「バニー・レークは行方不明」のネタバレあらすじ結末

バニー・レークは行方不明の紹介:1965年アメリカ映画。イヴリン・パイパーの同名小説の映画化。初公開時はヒッチコックの「サイコ」同様、上映開始後の入場が許されなかった。最後に犯人が明かされる場面が印象的で、カルト的な人気を集めている。
監督:オットー・プレミンジャー 出演:キャロル・リンレー(アン・レイク)、キア・デュリア(スティーブン・レイク)、アンナ・マッシー(エルヴァイラ)、エイドリアン・コリ(ドロシー)、マーティタ・ハント(エイダ・フォード)、ノエル・カワード(ウィルソン)、ローレンス・オリヴィエ(ニューハウス警部)、ほか

「ラスト・シーン 私が殺される」のネタバレあらすじ結末

ラスト・シーン 私が殺されるの紹介:2018年アメリカ映画。「グレート・エスケイプ 大脱走1944」(2015)の監督エリック・コーリーによるクライム・サスペンス。ひょんなことから殺人事件を目撃してしまった女性、サマー。犯人に追われる途中で大事故に遭い、生死の境をさまようものの、目覚めるとなぜか予知能力が身についていた。ほとんど無名の役者達で描かれたB級テイスト作品でありながら、後半に予想を裏切る展開が用意されている。
監督:エリック・コーリー 出演者:ヘイリー・シェファード(サマー)、ウェス・ラムジー(フランコ)、ショーン・クリスチャン(ランス)、キャスパー・ヴァン・ディーン(ブロック)、アレクシス・モニー(トリーナ)エリック・コーリー(デックス)、リチャード・カルメン(クレイ市長)、テッド・ルーニー(マクリーニー刑事)ほか

「キムソンダル 大河を売った詐欺師たち」のネタバレあらすじ結末

キム・ソンダル 大河を売った詐欺師たちの紹介:2016年韓国映画。韓国の有名な説話に登場する伝説の老詐欺師に若さと美しさの魔性の魅力をキャラクターアレンジに加えた時代劇コメディー映画。気楽に生きていた詐欺師が私利私欲のために民を虐げる権力者に信義を胸に立ち向かうストーリー。
監督:パク・デミン 出演:ユ・スンホ(キム・イノン、キム・ソンダル)、チョ・ジェヒョン(ソン・デリョン)、コ・チャンソク(ポウォン)、ラ・ミラン(ユン菩薩)、シウミン(キョン)、ほか

「ジャッキー・ブラウン」のネタバレあらすじ結末

ジャッキー・ブラウンの紹介:1997年アメリカ映画。エルモア・レナードの小説『ラム・パンチ』を土台に、クエンティン・タランティーノが監督・脚本したクライム・サスペンス映画です。「すべてのカタは彼女がツケる。」というキャッチで、中年CAが武器密売人と警察を騙し、一獲千金を夢見て大博打に出る姿を描いた物語です。
監督:クエンティン・タランティーノ 出演:パム・グリア(ジャッキー・ブラウン)、サミュエル・L・ジャクソン(オデール・ロビー)、ロバート・フォスター(マックス・チェリー)、ブリジット・フォンダ(メラニー・ラルストン)、マイケル・キートン(レイ・ニコレット)、ロバート・デ・ニーロ(ルイス・ガーラ)、ほか

「ブルーサンダー」のネタバレあらすじ結末

ブルーサンダーの紹介:1983年アメリカ映画。陰謀に立ち向かう警官の戦いを描いたサスペンス・アクション。ロス市警に勤めるマーフィーは、新開発された攻撃ヘリコプター「ブルーサンダー」の運用試験を担当する。その際偶然連邦政府と軍による陰謀を知り、追われる身になってしまった。マーフィーは真実を明らかにするため、ブルーサンダーを強奪し激しい空中戦を繰り広げる。撮影は警察立ち会いのもと実際にロス上空で行われ、大迫力の映像を収めることに成功した。
監督:ジョン・バダム 出演者:ロイ・シャイダー(フランク・マーフィー)、ウォーレン・オーツ(ジャック・ブラドック警部)、キャンディ・クラーク(ケイト)、マルコム・マクダウェル(コクラン大佐)、ダニエル・スターン(リチャード・ライマングッド)ほか

「女と男の名誉」のネタバレあらすじ結末

女と男の名誉の紹介:1985年アメリカ映画。リチャード・コンドンの小説を自ら脚本を手掛けて映画化されたブラックコメディです。ニューヨーク・ブルックリンを舞台に、イタリア系マフィアの幹部がフリーランスの女殺し屋に恋をしてしまったことから巻き起こるトラブルを描きます。
監督:ジョン・ヒューストン 出演者:ジャック・ニコルソン(チャーリー・パルタンナ)、キャスリーン・ターナー(アイリーン・ウォーカー)、ウィリアム・ヒッキー(コラード・プリッツィ(ドン))、ジョン・ランドルフ(アンジェロ・パルタンナ(パパ))、アンジェリカ・ヒューストン(メイローズ・プリッツィ)ほか

「愛という名の疑惑」のネタバレあらすじ結末

愛という名の疑惑の紹介:1992年アメリカ映画。精神科医アイザックは、担当患者の病状を探るため彼女の姉ヘザーと会うことになります。美しく魅惑的なヘザーの虜となったアイザックは、彼女の策略の歯車となっていきます。R・ギアとK・ベイシンガーは『ノー・マーシィ/非情の愛』(1986年)に続けて二度目の共演となります。
監督:フィル・ジョアノー 出演者: リチャード・ギア(アイザック・バー)、キム・ベイシンガー(ヘザー・エヴァンズ)、 ユマ・サーマン(ダイアナ・ベイラー)、 エリック・ロバーツ(ジミー・エヴァンズ)、ポール・ギルフォイル(マイク・オブライエン)

「キラー・インサイド・ミー」のネタバレあらすじ結末

キラー・インサイド・ミーの紹介:2010年アメリカ,スウェーデン,イギリス,カナダ映画。温厚で評判の良い保安官助手がある出来事をきっかけにうちに秘めた凶暴性を目覚めさせ、次々と凶悪な犯罪に手を染めていくクライム・サスペンス。
監督:マイケル・ウィンターボトム キャスト:ケイシー・アフレック(ルー・フォード保安官助手)、ケイト・ハドソン(エイミー・スタントン)、ジェシカ・アルバ(ジョイス・レイクランド)、ネッド・ビーティ(チェスター・コンウェイ建築会社社長)、イライアス・コティーズ(ジョー・ロスマン建築業評議会会長)、ほか

「危険なプロット」のネタバレあらすじ結末

危険なプロットの紹介:2012年フランス映画。フアン・マヨルガの戯曲『El chico de la ultima fila』を原作として製作されたミステリー・サスペンス作品です。高校の国語教師が類まれな文才を秘める生徒の指導をしていくうちに思わぬ事態に巻き込まれる様をユーモアも交えながら描きます。
監督:フランソワ・オゾン 出演者:ファブリス・ルキーニ(ジェルマン)、エルンスト・ウンハウアー(クロード・ガルシア)、クリスティン・スコット・トーマス(ジャンヌ)、エマニュエル・セニエ(エステル・アルトール)、ドゥニ・メノーシェ(ラファの父)、バスティアン・ウゲット(ラファ・アルトール)ほか

1 2 3 4 5 47
TOP↑