サスペンス映画のネタバレ

サスペンス映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のサスペンス映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「元カレとツイラクだけは絶対に避けたい件」のネタバレあらすじ結末

元カレとツイラクだけは絶対に避けたい件の紹介:2020年スウェーデン,アメリカ映画。別れた元カップルが偶然飛行機で一緒になりますが、飛行中に操縦士が急死してしまいます。2人は持てる知識をフルに使い、生き残るために奮闘します。一瞬一瞬の判断が命とりになるシチュエーションがスリル満点です。
監督:ミカエル・マルシメーン 出演:アリソン・ウィリアムズ(サラ)、アレクサンダー・ドレイマン(ジャクソン)、キース・デヴィッド(フレディ・ワイマン)、ほか

「藁にもすがる獣たち」のネタバレあらすじ結末

藁にもすがる獣たちの紹介:2020年韓国映画。お金に困った人達の前に突如現れた、大金の入ったカバン。それに翻弄される人達の姿を描いた作品。無関係そうな間柄が実は繋がっていて…という展開が非常に面白く描かれています。お金は人を狂わせる…そう思わせてくれます。
監督:キム・ヨンフン 出演:チョン・ドヨン(ヨンヒ)、チョン・ウソン(テヨン)、ペ・ソンウ(ジュンマン)、チョン・マンシク(ドゥマン)、チン・ギョン(ヨンソン)、シン・ヒョンビン(ミラン)、チョン・ガラム(ジンテ)、ユン・ヨジョン(スンジャ)、ほか

「クーリエ:最高機密の運び屋」のネタバレあらすじ結末

クーリエ:最高機密の運び屋の紹介:2020年イギリス,アメリカ映画。1960年代初頭、アメリカとソ連の核武装競争が激化するなか、一人の英国人セールスマンがCIAとMI6からGRUのオレグ・ペンコフスキーとの接触を依頼される。1962年、カリブ海のキューバにソ連が核ミサイル基地を建設していることが発覚。両国は一触即発、世界は危機に陥った。全人類を震撼させたこの「キューバ危機」に際し、戦争回避に大きな役割を果たしたのが、名もなきセールスマンだった。キューバ危機の裏で実際に繰り広げられた諜報戦を描いたスパイ・サスペンス。
監督:ドミニク・クック 出演:ベネディクト・カンバーバッチ(グレヴィル・ウィン)、メラーブ・ニニッゼ(オレグ・ペンコフスキー/アレックス)、レイチェル・ブロズナハン(CIA:エミリー・ドノヴァン/ヘレン)、ジェシー・バックリー(ウィンの妻)、アンガス・ライト(MI6:ディッキー/エームズ)、ジェリコ・イヴァネク(CIA長官マコーン)、キリル・ピロゴフ(KGB:グリバノフ)、アントン・レッサー(MI6:ベルトラン)、マリア・ミロノワ(ペンコフスキーの妻)、ウラジミール・チュプリコフ(フルシチョフ第一書記)ほか

「共謀家族」のネタバレあらすじ結末

共謀家族の紹介:2019年中国映画。暴行され偶然の事故で殺人を犯してしまった娘を守るため主人公のリーは絶対捕まらないように計画を立てる。リーの考える完全犯罪の発想のヒントが映画というのがとても面白く、警察とのやり取りもスリリングに描かれています。
監督:サム・クァー 出演:シャオ・ヤン(リー・ウェイジエ)、タン・ジュオ(アユー)、ジョアン・チェン(ラーウェン警察局長)、フィリップ・クン(デゥポン議員)、シュー・ウェンシャン(ピンピン)、チョン・プイ(食堂の主人ソン)、ほか

「モンタナの目撃者」のネタバレあらすじ結末

モンタナの目撃者の紹介:2021年アメリカ映画。大物たちを破滅させるほどの重大な秘密を握ったオーウェンは、10代の息子コナーの前で惨殺されてしまう。殺したのはブラックウェル兄弟。逃げるコナーは兄弟に追われ川に沿って山を下ると、山林火災を専門とした消防救助隊スモークジャンパーのハンナと出会う。父から託された手紙をテレビ局へ届けるため、2人は山火事が覆う中果敢に炎に向かって進んでいく。原作はマイケル・コリータの小説『Those Who Me Dead』。
監督:テイラー・シェリダン 出演:アンジェリーナ・ジョリー(ハンナ・フェイバー)、フィン・リトル(コナー・キャサリー)、ニコラス・ホルト(パトリック・ブラックウェル)、エイダン・ギレン(ジャック・ブラックウェル)、メディナ・センゴア(アリソン・ソーヤー)、タイラー・ペリー(ア-サー・フィリップ)、ジョン・バーンサル(イーサン・ソーヤー)、ジェイク・ウェバー(オーウェン・キャサリー)ほか

「クリーン、シェーブン」のネタバレあらすじ結末

クリーン、シェーブンの紹介:1993年アメリカ映画。ピーターは精神分裂症のための施設から出所します。しかし頭には受信機、腕には発信機がつけられているという妄想に取り憑かれ、外の世界に馴染めません。母の家に帰りますが迷惑がられます。彼は、里子に出された娘を探し始めますが、少女殺人事件の容疑者になります。彼は少女を殺したのでしょうか?『クリーン、シェーブン 』は、娘を探す男の執念を描いた映画で、主演のピーター・グリーンが精神分裂症の男を熱演してます。
監督:ロッジ・ケリガン 出演:ピーター・グリーン(ピーター・ウィンター)、ロバート・アルバート(マックナリー)、ミーガン・オーウェン(ピーターの母)、ジェニファー・マクドナルド(ニコル)、メリンダ・フレイン(モリー)、ほか

「暗くなるまで待って」のネタバレあらすじ結末

暗くなるまで待っての紹介:1967年アメリカ映画。1966年にブロードウェイで上演された舞台『Wait Until Dark』をオードリー・ヘプバーン主演で映画化したサスペンス作品です。オードリー演じる盲目の女性が、夫が知らずに持ち帰ったヘロイン入りの人形のせいで三人組の犯罪者に狙われていく恐怖を描きます。
監督:テレンス・ヤング 出演者:オードリー・ヘプバーン(スージー・ヘンドリクス)、アラン・アーキン(ハリー・ロート)、リチャード・クレンナ(マイク・トールマン)、エフレム・ジンバリスト・Jr(サム・ヘンドリクス)、ジャック・ウェストン(カルリーノ)、サマンサ・ジョーンズ(リサ)、ジュリー・ハロッド(グロリア)ほか

「復讐者たち」のネタバレあらすじ結末

復讐者たちの紹介:2020年ドイツ,イスラエル映画。第二次世界大戦時のナチスによるホロコーストを生き延びたユダヤ人たちが戦後に企てた復讐計画の行方を、史実を基に描いたサスペンスドラマです。ナチスによって妻子を殺されたひとりのユダヤ人男性の視点から計画の顛末を描いていきます。
監督:ドロン・パズ、ヨアブ・パズ 出演者:アウグスト・ディール(マックス)、シルビア・フークス(アンナ)、マイケル・アローニ(ミハイル)、イーシャイ・ゴーラン(アッバ・コヴナー)、ニコライ・キンスキー、ミルトン・ウェルシュ、オズ・ゼハビ、ヨエル・ローゼンキアーほか

「プロジェクト・グーテンベルク 贋札王」のネタバレあらすじ結末

プロジェクト・グーテンベルク 贋札王の紹介:2018年香港,中国映画。贋作を描いている画家の主人公が、とある男にそそのかされて偽札の作成に手を貸してしまう。最新の偽造発見技術でも見破られない彼の偽札がだんだんと市場に蔓延していく。香港映画界のスーパースターであるチョウ・ユンファが主演のクライムサスペンス。
監督:フェリックス・チョン 出演:チョウ・ユンファ(ン・フクサン / 画家)、アーロン・クォック(レイ・マン)、チャン・ジンチュー(ユン・マン)、リウ・カイチー(ヤム)、ジョイス・フェン、キャサリン・チョウ、ワン・ヤオキン、アレックス・フォン、ポーリーン・スン、ジャック・カオ、ほか

「バルーン 奇蹟の脱出飛行」のネタバレあらすじ結末

バルーン 奇蹟の脱出飛行の紹介:2018年ドイツ映画。東西冷戦下の1979年の東ドイツで、手作りの熱気球で西ドイツに亡命した2組の家族。1982年にディズニーが『気球の8人』として映画化した実話を『小さなバイキング ビッケ』のミヒャエル・ブリー・ヘルビヒ監督がメガホンを取り、当事者である家族の協力を得て再映画化した作品です。
監督:ミヒャエル・ブリー・ヘルビヒ 出演者:フリードリヒ・ミュッケ(ペーター・シュトレルツィク)、カロリーヌ・シュッヘ(ドリス・シュトレルツィク)、ダフィット・クロス(ギュンター・ヴェッツェル)、アリシア・フォン・リットベルク(ペトラ・ヴェッツェル)、トーマス・クレッチマン(ザイデル中佐)、ヨナス・ホルデンリーダー(フランク・シュトレルツィク)、ティルマン・ドブラー(フィッシャー・シュトレルツィク)、ティル・パッツ(ピーターチェン・ヴェッツェル)、ベン・タイシュマン(アンドレアス・ヴェッツェル)ほか

「リトル・ニキータ」のネタバレあらすじ結末

リトル・ニキータの紹介:1988年アメリカ映画。東西冷戦末期のアメリカを舞台に、愛国心の強いごく普通の高校生が自分の両親の正体と自らの出目の秘密を知り、家族と国家との間で苦悩する姿を描いたサスペンス映画です。主人公の高校生をリバー・フェニックスが演じています。
監督:リチャード・ベンジャミン 出演者:リバー・フェニックス(ジェフ・ニコライ・グラント/ニキータ)、シドニー・ポワチエ(ロイ・パーメンター)、リチャード・リンチ(スキューバ)、キャロライン・カヴァ(エリザベス・グラント)、リチャード・ブラッドフォード(コンスタンティン・カルポフ)、リチャード・ジェンキンス(リチャード・グラント)、ルーシー・ディーキンズ(バーバラ)、ロレッタ・デヴァイン(ヴァーナ)、ジェリー・ハーディン(ブリューワー)ほか

「フロッグ」のネタバレあらすじ結末

フロッグの紹介:2019年イギリス映画。とある町で二人の少年が失踪してしまいます。現場には15年前に解決済みの連続少年殺人事件で使用されたのと同じナイフが残されていました。模倣犯か過去の事件は冤罪なのか、警察を嘲笑うかのような事件の担当刑事が不可解な出来事に巻き込まれていく様を描いています。
監督:アダム・ランドール 出演:ヘレン・ハント(ジャッキー)、ジョン・テニー(グレッグ)、ジュダ・ルイス(コナー)、オーウェン・ティーグ(アレック)、リブ・ベアラー、グレゴリー・アラン・ウィリアムズ(スピッツ)、エリカ・アレクサンダー、ほか

「ライトハウス」のネタバレあらすじ結末

ライトハウスの紹介:2019年アメリカ映画。孤島にやってきた2人の灯台守。外界から隔離され、しだいに狂気と幻想に侵されていく。物語は1801年にイギリス・ウォールズで実際に起きた事件を基に、神話や古典文学のエッセンスを織り込み謎めいた世界を描く。アカデミー賞撮影賞にノミネートされ、カンヌ国際映画祭でのプレミア上映では観客より大喝采を浴びた作品。
監督:ロバート・エガース 出演:ウィレム・デフォー(トーマス・ウェイク)、ロバート・パティンソン(イーフレイム・ウィンズロー)、ワレリヤ・カラマン(人魚)ほか

「すべてが変わった日」のネタバレあらすじ結末

すべてが変わった日の紹介:2020年アメリカ映画。1963年、米国モンタナ州。牧場を経営している元保安官のジョージと妻のマーガレットは落馬事故で突如息子のジェームズを失ってしまう。息子の妻だった義理の娘はジェームズとの子を連れてやがて再婚するが、夫から暴力を受けていることを知ったマーガレットは、彼らを取り返すべく再婚相手の実家があるノースダコタまで救出にいく。しかし、そこで待っていたのは支配的な女を長としたとんでもない一家だった…。スリラーの中に、揺るがない家族の絆、自己犠牲や教訓など普遍なテーマを盛り込み、ジャンルを融合した作品。
監督:トーマス・ベズーチャ 出演:ダイアン・レイン(マーガレット・ブラックリッジ)、ケビン・コスナー(ジョージ・ブラックリッジ)、ケイリー・カーター(ローナ・ブラックリッジ)、レスリー・マンヴィル(ブランチ・ウィーボーイ)、ウィル・ブリテン(ドニー・ウィーボーイ)、ジェフリー・ドノヴァン(ビル・ウィーボーイ)、ブーブー・スチュワート(ピーター・ドラッグスウルフ)ほか

「プロミシング・ヤング・ウーマン」のネタバレあらすじ結末

プロミシング・ヤング・ウーマンの紹介:2020年イギリス,アメリカ映画。キャシーは医学生で前途有望な若い女性でしたが、親友の女性ニナが強姦された事件をきっかけに医大を中退します。同居する両親からはいつまでも結婚しないと迷惑がられ、小さなカフェで平凡な人生を送ります。しかし、医大時代の同級生ライアンと再会し、恋愛関係になったことから、ニナの強姦事件を思い出し、強姦した男性アルへの復讐を始めます。『プロミシング・ヤング・ウーマン』は男に復讐する女性の執念を描いた映画で、主演のキャリー・マリガンの演技は絶賛されています。
監督:エメラルド・フェネル 出演:キャリー・マリガン(カサンドラ・トーマス/キャシー)、ボー・バーナム(ライアン)、アリソン・ブリー(マディソン)、クリス・ローウェル(アル)、クランシー・ブラウン、ジェニファー・クーリッジ、ラヴァーン・コックス、コニー・ブリットン、ほか

1 2 3 4 5 91

キーワードから探す

TOP↑