サスペンス映画のネタバレ

サスペンス映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のサスペンス映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「感染列島」のネタバレあらすじ結末

感染列島の紹介:2008年日本映画。フィリピンで発生した新型インフルエンザにより、日本の養鶏場で鳥インフルエンザが発生、やがてヒトへの感染が発症し死亡します。感染は一気に広がり政府は非常事態宣言を出します。1人目の感染者を見抜けなかった医師の松岡は、WHOの医師で大学時代の教師助手だった栄子と共に、感染を止めるために病院で処置に追われる日々が続きましたが、栄子の強引なやり方には病院内で反発を生む結果となり…というウィルス感染をテーマにしたパニック映画です。
監督:瀬々敬久 出演者:妻夫木聡(松岡剛)、檀れい(小林栄子)、国仲涼子(三田多佳子)、田中裕二(三田英輔)、池脇千鶴(真鍋麻美)、竹山隆範(鈴木浩介)、佐藤浩市(安藤一馬)、金田明夫(高山良三)、光石研(神倉章介)、キムラ緑子(池畑実和)、藤竜也(仁志稔)、太賀(本橋研一)ほか

「FLU 運命の36時間」のネタバレあらすじ結末

FLU 運命の36時間の紹介:2013年韓国映画。韓国の分唐で、密入国者から鳥インフルエンザが感染し、街中に広がりはじめます。救助隊のジグに車から救出された医師のイネは、娘のミルが感染していることを知り、感染を隠していました。その頃、政府によって分唐を隔離し、感染者を生きながら焼き殺すという事が実行されていました。ミルを助けようと、ジグとイネは奮闘しますが…という内容の韓国発の感染パニック映画です。
監督:キム・ソンス 出演者:チャン・ヒョク(ジグ)、スエ(イネ)、パク・ミナ(ミル)、マ・ドンソク(チョン)、ユ・ヘジン(ベー)ほか

「夜の訪問者」のネタバレあらすじ結末

夜の訪問者の紹介:1970年フランス,イタリア映画。フランスのリゾート地で妻子とともに暮らすアメリカ人の男の元に、ある日突然謎の男たちがやってくる。捨てたはずの過去に翻弄されるサスペンス・アクション。
監督:テレンス・ヤング 出演:チャールズ・ブロンソン(ジョー)、リヴ・ウルマン(ファビエンヌ)、ジェームズ・メイソン(ロス)、ジル・アイアランド(モイラ)、ミシェル・コンスタンタン(ホワイティ)、ルイジ・ピスティッリ(ファウスト)、ヤニック・ド・リュール(ミッシェル)、ジャン・トパール(カタンガ)、ポール・ボニファ(医者)、ほか

「フレンジー」のネタバレあらすじ結末

フレンジーの紹介:1972年イギリス,アメリカ映画。アーサー・ラ・バーンの小説を原作としたアルフレッド・ヒッチコック監督によるサスペンス映画。猟奇的連続殺人の容疑者に仕立て上げられ、無実の罪を着せられることになったある男の逃走劇を描きます。スリラー映画の帝王と称されたヒッチコック監督の晩年期の作品で、ブラックユーモア溢れる演出が冴えます。
監督:アルフレッド・ヒッチコック 出演者:ジョン・フィンチ(リチャード・ブレイニー)、バリー・フォスター(ロバート・ラスク)、バーバラ・リー・ハント(ブレンダ・ブレイニー)、アンナ・マッセイ(バブス・ミリガン)、アレック・マッコーエン(オックスフォード刑事)、ヴィヴィエン・マーチャント(オックスフォード夫人)、バーナード・クリビンス(フェリックス・フォーサイス)、マイケル・ベイツ(スピアマン刑事)、ジーン・マーシュ(モニカ・バーリング)、ほか

「エスケープ・ルーム」のネタバレあらすじ結末

エスケープ・ルームの紹介:2019年アメリカ映画。謎の招待状をもらい集まった見知らぬ同士の6人が自分達で謎を解き、脱出するという「エスケープルーム」というゲームに巻き込まれてしまいます。ある共通点を持って集まった者達が生死のかかったサバイバルゲームに挑んでいきます。
監督:アダム・ロビテル 出演:テイラー・ラッセル(ゾーイ・デイビス)、ローガン・ミラー(ベン・ミラー)、デボラ・アン・ウォール(アマンダ・ハーパー)、ジェイ・エリス(ジェイソン・ウォーカー)、タイラー・ラビーン(マイク・ノーラン)、ニック・ドダーニ(ダニー・カーン)、ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン(ゲームマスター=ウータン・ユー)、ほか

「復讐の十字架」のネタバレあらすじ結末

復讐の十字架の紹介:2017年イギリス映画。俺はもう、救われない―――。オーランド・ブルームを主演に向かえ、25年前に神父から性的虐待を受け、今なお心の傷に苛まれ続ける寡黙な解体作業員の苦悩と復讐の旅路を描いたヒューマン・サスペンス作品です。
監督:ルドウィッグ・シャマジアン、ポール・シャマジアン 出演者:オーランド・ブルーム(マルキー)、ジャネット・モンゴメリー(エマ)、チャーリー・クリード=マイルズ(パウロ)、アン・リード(マルキーの母)、アレックス・ファーンズ(ジョー)、ジェームズ・スマイリー(ジミー)、インディア・ファウラー(ソフィー)ほか

「仮面病棟」のネタバレあらすじ結末

仮面病棟の紹介:2020年日本映画。知念実希人による原作の映像化作品。先輩医師から一夜だけの当直を任され二つ返事で了承した速水は、ピエロと重症患者という思わぬ来訪者に遭遇する。怪我人を治療しているうちに己のかつての姿がフラッシュバックされ、患者もまた過去の光景が自らに投影されていく。不可解な言動とその姿を露わにする謎のピエロ。果たしてその目的とは、病棟全体がミステリー劇場と化し沈黙と慌ただしさが織り成すも、当直日から既に一夜が明けようとしていた。
監督:木村ひさし 出演:坂口健太郎(速水秀悟)、永野芽郁(川崎瞳)、内田理央(佐々木香)、江口のりこ(東野良子)、朝倉あき(菜緒)、小野武彦(国平義央)、鈴木浩介(金本)、大谷亮平(小堺司)、高嶋政伸(田所三郎)、ほか

「プリズン13」のネタバレあらすじ結末

プリズン13の紹介:2019年日本映画。1971年に実際に行われた心理学実験「スタンフォード監獄実験」をモチーフにした密室サスペンス作品。人気Vチューバーの公開実験に参加することになり、看守と囚人に分かれて監獄生活を疑似体験することになった女子大生や参加者らの顛末を描きます。キャスト陣も『仮面ライダーW』の板野友美(元AKB48)、『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』の前野朋哉、『手裏剣戦隊ニンニンジャー』の矢野優花、『仮面ライダービルド』の芹澤興人、『動物戦隊ジュウオウジャー』の立石晴香など個性派揃いです。
監督:渡辺謙作 出演者:堀田真由(マリ)、板野友美(ユマ)、前野朋哉(コウキ)、中島健(グレ)、岩井拳士朗(ゲーテ)、矢野優花(GUMI)、芹澤興人(ヤマネ)、宇野祥平(H)、伊藤麻実子(カミヤマ)、立石晴香(月曜)、岡部尚(レンズ)、宮下かな子(Jヨン)、岡本智礼(M16)、今野萌子(メソ)ほか

「パラダイス・ネクスト」のネタバレあらすじ結末

パラダイス・ネクストの紹介:2019年日本,台湾映画。台湾を舞台に、暗い過去を持つ孤独な二人の男が織り成す逃避行劇を描いたノワール・サスペンスです。妻夫木聡と豊川悦司がダブル主演を務め、全編台湾でロケを敢行しました。音楽は坂本龍一が担当しています。
監督:半野喜弘 出演者:妻夫木聡(牧野)、豊川悦司(島)、ニッキー・シエ(シャオエン/シンルー(二役))、カイザー・チュアン(346)、マイケル・ホアン(ガオ)、大鷹明良(加藤)ほか

「コレクター 暴かれたナチスの真実」のネタバレあらすじ結末

コレクター 暴かれたナチスの真実の紹介:2016年オランダ映画。オランダのジャーナリスト、ハンス・クノープが第二次世界大戦中にナチス将校と結託してユダヤ人から財宝を巻き上げていた大富豪を追い詰めていく実話を基に制作された歴史サスペンスです。本国オランダではテレビのミニシリーズとして放映され、2017年オランダ映画祭でテレビドラマ部門の最優秀賞を受賞しています。
監督:ティム・オリーフーク 出演者:ヒィ・クレメンス(ハンス・クノープ)、アウス・フレイダヌス(ピーター・メンテン)、アリアン・フォッベン(若き日のピーター・メンテン)、ノーチェ・ヘルラール(ベティ・クノープ)、カリーヌ・クルツェン(メタ・メンテン)、カミラ・モイラー(エリザベス・メンテン)、ヴィンセント・リンソースト(ヘンク・デメスター)ほか

「サイバー・ミッション」のネタバレあらすじ結末

サイバー・ミッション(原題:解碼遊戯/REBORN)の紹介:2018年中国,香港映画。韓国、中国、日本などアジアで活躍する人気スターたちが共演したサイバーアクションです。天才的な腕を持つオタクなプログラマーが香港警察と手を組み、裏社会で暗躍するサイバーテロ組織と対決します。本作が初の海外進出となる山下智久が自身初の悪役となるサイバーテロリストのボス役を演じます。
監督:リー・ハイロン 出演者:ハンギョン(リー・ハオミン)、リディアン・ヴォーン(チャオ・フェイ)、リー・ユアン(スー・イー)、山下智久(モリタケシ)、マイケル・パパジョン(ダイソン)ほか

「ダブル・テンプテーション」のネタバレあらすじ結末

ダブル・テンプテーションの紹介:2000年アメリカ映画。元刑事の探偵デリアンはいまだに昔の事件の悪夢に悩まされ続ける日々。そんな時大富豪の妻アンシアから夫マイケルの浮気調査を依頼されます。その後マイケルを誘惑してほしいと言われ依頼を受け、デリアンは次第にマイケルに惹かれ関係をもってしまいます。元同僚の刑事達から知らされるマイケルの裏の顔。 そしてアンシアから助けを求められ行った先には顔をつぶされた死体が。デリアンは緊急逮捕されてしまいます。アンシアがマイケルを殺し、なぜ自分が犯人にされたのか謎を解明していくデリアン。最後の最後まで気の抜けないサスペンス作品です。
監督:リンドン・チュバック 出演:キーファー・サザーランド(マイケル・ファロー・スミス)、レベッカ・デモーネイ(デリアン・マッコール)、ダナ・デラニー(アンシア・ファロー・スミス)、アダム・ボールドウィン(キャプテン・ワグナー)、ジョアンナ・キャシディ(マリアン)、マイケル・ラルフ(ファルコ)、ほか

「ラスト・デイズ(2013年)」のネタバレあらすじ結末

ラスト・デイズの紹介:2013年スペイン映画。外に出るとパニックになり死んでしまうという感染症が流行した街で、感染したマルクは、同じように感染したエンリケと下水道を通って妻を探しに出ます。一方エンリケも入院中の父の病院へ行く目的がありました。しかし地下鉄の線路を歩きはじめると、感染者たちは溢れかえり、無法地帯となっており…という内容のパニック映画です。過去と現在の時間軸が頻繁に変わり難解ですが、マルクの髭が短い時が過去で、髭が長い時が現在という事をおさえておけば、物語がわかりやすくなります。
監督:ダビ・パストール、アレックス・パストール 出演者:キム・グティエレス(マルク)、ホセ・コロナド(エンリケ)、レティシア・ドレラ(アンドレア)、マルタ・エトゥラ(フリア)ほか

「誰かに見られてる」のネタバレあらすじ結末

誰かに見られてるの紹介:1987年アメリカ映画。妻子ある刑事が殺人事件の目撃者となった資産家の女性を警護することにり、やがて女性と惹かれあうが、女性を狙う殺人犯の魔の手が家族に伸びる。リドリー・スコットには珍しい強いラブ・サスペンス。
監督:リドリー・スコット 出演:トム・ベレンジャー(マイク)、ミミ・ロジャース(クレア)、ロレイン・ブラッコ(エリー)、アンドレアス・カツーラス(ベンザ)、トニー・ディベネデット(T・J)、ハーレイ・クロス(トミー)、ほか

「三人の女性への招待状」のネタバレあらすじ結末

三人の女性への招待状の紹介:1966年アメリカ映画。富豪の男が遺産相続がらみの“悪ふざけ”を企て、かつての恋人3人が遺産をめぐって駆け引きを繰り広げる。どんでん返しの連続で真の目的と最後に笑う者の意外な結末を見せるサスペンス。
監督:ジョセフ・L・マンキウィッツ 出演:レックス・ハリソン(セシル・フォックス)、スーザン・ヘイワード(シェリダン夫人)、キャプシーヌ(プリンセス・ドミニク)、マギー・スミス(サラ・ワトキンズ)、エディ・アダムス(マール・マッギル)、クリフ・ロバートソン(ウィリアム・マクフライ)、ほか

1 2 3 4 5 76

キーワードから探す

TOP↑