サスペンス映画のネタバレ

サスペンス映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のサスペンス映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「デンジャラス・ライ」のネタバレあらすじ結末

デンジャラス・ライの紹介:2020年アメリカ映画。夫婦のケイティとアダムは経済状況が厳しく、お金に困っていました。ケイティはお金持ちの独身の老人レナードの家でお世話係の仕事をしています。レナードから信頼されており、やりがいを持って仕事に取り組んでいました。そんなある日、レナードが亡くなってしまい、莫大な遺産がケイティの手元にやってきます。この遺産を慎重に扱いたいケイティと、貧乏生活から抜け出したいアダムとで考え方の違いが発生。そんな中、この家を購入したいという怪しい人物が現れ、この家で様々な事件が発生します。ドラマ『リバーデイル』でヴェロニカを演じ、一躍有名になったカミラ・メンデスが、主演の真面目な女性ケイティを演じます。
監督:マイケル・スコット 出演:カミラ・メンデス(ケイティ)、ジェシー・T・アッシャー(アダム)、ジェイミー・チャン(ジュリア)、エリオット・グールド(レナード)、キャム・ギガンデット(ヘイデン)、サッシャ・アレクサンダー(チェスラー刑事)、ほか

「デンジャラス 見えない殺人鬼」のネタバレあらすじ結末

デンジャラス 見えない殺人鬼の紹介:2019年アメリカ映画。外界から閉ざされた孤立無援の施設内で発生した連続殺人事件。その緊迫した3日間を描いたサイコスリラーです。ドラッグ中毒の女性帰還兵はとある治療センターで治療を受けることになりますが、立て続けにトラブルを起こして警察沙汰になろうとした時、施設内で殺人事件が発生。帰還兵は疑惑の目を向けられることとなるのですが…。
監督:ジョン・リャン 出演者:ステファニー・ピアソン(ベロニカ・“ロニー”・プライス)、ホープ・クアットロッキー(ジェシカ・バーンズ医師)、リズ・フェニング(メグ・チャールズ)、マイク・スター(テイラー医師)、アリエル・ヘイダー(ダナ・チャールズ)、アイリー・ケイ(キャサリン)、ターニャ・アレクサンダー(ルイーズ)、アンディ・レーン・クリステンセン(ベス)、ジョシュア・D・ルイス(ラベル警備員)、マリコ・ファン・カンペン(カーラ)、ステファニー・ウッドバーン(ティナ)ほか

「グッドライアー 偽りのゲーム」のネタバレあらすじ結末

グッドライアー 偽りのゲームの紹介:2019年アメリカ映画。ニコラス・サールが2016年に発表した小説『老いたる詐欺師』を『グレイテスト・ショーマン』『美女と野獣』などのビル・コンドンが監督・製作を務めて映画化したクライム・サスペンスです。夫を亡くした資産家と冷酷なベテラン詐欺師が繰り広げる騙し合いを、二人の意外な過去を絡めて描きあげました。
監督:ビル・コンドン 出演者:ヘレン・ミレン(ベティ・マクリーシュ)、イアン・マッケラン(ロイ・コートネイ)、ラッセル・トーヴィー(スティーブン)、ジム・カーター(ヴィンセント・ハロラン)、マーク・ルイス・ジョーンズ(ブリン)、ローリー・デヴィッドソン(ハンス・トーブ(1948年))、セリーヌ・バッケンズ(アナリース)、フィル・ダンスター(ロイ・コートネイ(1948年))、スパイク・ホワイト(ハンス・トーブ(1943年))、ネル・ウィリアムス(リリー・シュローダー)、ルシアン・ムサマティ(ベニ)、ヨハンネス・ハウクル・ヨハネッソン(ヴラド)、トゥンジ・カシム(マイケル)、ベシー・カーター(秘書)ほか

「リベンジ・タイム」のネタバレあらすじ結末

リベンジ・タイムの紹介:2018年アメリカ映画。監禁・凌辱・拷問・反撃…義父(ケダモノ)への復讐が炸裂する――。義父に凌辱され、精神的に支配されていた若い女性の復讐を描いたリベンジスリラーです。母を亡くし、毎晩のように義父にレイプされていた主人公は義父の性的犯罪に加担させられていましたが、意を決して遂に脱出を決意します。
監督:ジュリアン・リチャーズ 出演:ジェマ・ダーレンダー(ゾーイ)、コスタス・マンディロア(ジョン・ストーン)、ジェシー・モス(スコット・ウォレス)、ブリット・マッキリップ(ジェニファー)、ミカブリー・アマイア(アニー)、マーク・アーノルド(保安官)、ダイアナ・ケア(ダニー)、アニー・クイグリー(ステイシー・ジョーンズ)、チェリス・シルバストリ(校長先生)ほか

「隣の影」のネタバレあらすじ結末

隣の影(別題:あの木が邪魔で)の紹介:2017年アイスランド,デンマーク,ポーランド,ドイツ映画。北欧のテラスハウスを舞台に、些細なことで起こった隣人トラブルがとんでもない惨劇へと発展する様を描いたブラック・コメディ要素ありの不条理サスペンス作品です。監督・脚本は本作が長編映画2作目となる“北欧ニューウェーブ”の俊英ハーフシュテイン・グンナル・シーグルズソンが勤め、アイスランドのアカデミー賞にあたるエッダ賞で作品賞や監督賞など主要7部門で受賞するなど高い評価を得ました。
監督:ハーフシュテイン・グンナル・シーグルズソン 出演者:ステインソウル・フロアル・ステインソウルソン(アトリ)、エッダ・ビヨルグヴィンズドッテル(インガ)、シグルヅル・シグルヨンソン(バルドウィン)、ソルステイン・バフマン(コンラウズ)、セルマ・ビヨルンズドッテル(エイビョルグ)、ラウラ・ヨハナ・ヨンズドッテル(アグネス)ほか

「モンスター」のネタバレあらすじ結末

モンスターの紹介:2003年アメリカ,ドイツ映画。実在した連続殺人犯アイリーン・ウォーノスの衝撃の半生を、本作が監督デビュー作となるパティ・ジェンキンス監督(『ワンダーウーマン』など)が映画化した実録ドラマです。本作で主人公を演じたシャーリーズ・セロンは徹底的な役作りに励み、迫真の演技でアカデミー主演女優賞やゴールデングローブ賞などを受賞しました。
監督:パティ・ジェンキンス 出演者:シャーリーズ・セロン(アイリーン・ウォーノス)、クリスティーナ・リッチ(セルビー・ウォール)、ブルース・ダーン(トーマス)、リー・ターゲセン(ヴィンセント・コーリー)、アニー・コーリー(ドナ)、プルイット・テイラー・ヴィンス(ジーン)、マルコ・セント・ジョン(エヴァン)、マーク・マコーレイ(ウィル)、スコット・ウィルソン(ホートン)、ケイン・ホッダー(囮捜査官)ほか

「私の少女」のネタバレあらすじ結末

私の少女の紹介:2014年韓国映画。同性愛がバレ、漁村の警察所長として左遷されたヨンナムは、義理の父から虐待を受けているドヒという14歳の少女を見かけます。やがてドヒを父から守るため、自宅に泊めるようになったヨンナムでしたが、日を追うごとにドヒに、大人のような言動が見えはじめ…という内容の韓国のサスペンス映画です。
監督:チョン・ジュリ 出演者:ペ・ドゥナ(イ・ヨンナム)、キム・セロン(ソン・ドヒ)、ソン・セビョク(ソン・ヨンハ)ほか

「網走番外地 南国の対決」のネタバレあらすじ結末

網走番外地 南国の対決の紹介:1966年日本映画。網走刑務所を出所した橘は、自分の破門状を見ます。すると自分の組は知らぬ間に二代目に代わっていて、親分の事故死の後、舎弟頭の関森が組長になっていました。何かおかしいと思った橘は舎弟の大槻を連れ、組長が事故死した沖縄に向かいますが、すでに関森から橘を殺せという指令が出ており…という内容の、舞台をアメリカ統治下の沖縄に移した高倉健主演の網走番外地シリーズの6作目です。
監督:石井輝男 出演者:高倉健(橘真一)、千葉真一(谷村)、町田政則(一郎)、吉田輝雄(美波)、嵐寛寿郎(鬼寅)、田中邦衛(大槻)、由利徹(樫山)、谷隼人(佐竹)、大原麗子(夏子)、三原葉子(路子)ほか

「リトル・ジョー」のネタバレあらすじ結末

リトル・ジョーの紹介:2019年オーストリア,イギリス,ドイツ映画。シングルマザーの研究者アリスはバイオ企業で美しく人々を幸せにする香りのする新種の植物”リトル・ジョー”を開発します。しかし、リトル・ジョーはその美しさと匂いが人々の行動や心理に影響を与えることを知ります。リトル・ジョーはアリスや人々を幸せにするのでしょうか?。『リトル・ジョー』は、美しい花とそれに魅惑される人々を描いた映画で、人間の幸福について考えさせられます。主演のアリスを演じるエミリー・ビーチャムは、美しい花を開発するシングルマザーの役でカンヌ国際映画祭・女優賞を受賞しています。
監督:ジェシカ・ハウスナー 出演: エミリー・ビーチャム(アリス)、ベン・ウィショー(クリス)、ケリー・フォックス(ベラ)、キット・コナー(ジョー)、デヴィッド・ウィルモット、フェニックス・ブロサール、ゼバスティアン・フールク、ほか

「オフィシャル・シークレット」のネタバレあらすじ結末

オフィシャル・シークレットの紹介:2018年イギリス映画。キャサリン・ガンはイギリスの情報機関勤務で国家機密を知る立場にあります。キャサリンは2003年のイラク戦争に関し、アメリカ・イギリス両国政府が戦争支持への国際世論を作るため不法なスパイ活動をしていることを知ります。キャサリンは国家機密をメディアにリークすることにしますが、彼女は逮捕され裁判にかけられることになります。『オフィシャル・シークレット』は平和への信念のため、内部告発をしたキャサリン・ガンの勇気ある行動を描いています。キャサリンは少女時代を台湾で過ごし、日本で英語を教えた経験もあります。
監督:キャヴィン・フッド 出演:キーラ・ナイトレイ(キャサリン・ガン)、マット・スミス(マーティン・ブライト)、マシュー・グード(ピーター・ボーモンド)、レイフ・ハインズ(ベン・ハインズ)、ほか 

「囚われの美女」のネタバレあらすじ結末

囚われの美女の紹介:1983年フランス映画。闇の組織に所属する男性、ヴァルテルが体験する夢と現実の狭間の物語。ヴァルテルはダンスホールでブロンドの美女と出会い、運転中に彼女が道端で倒れているのを発見する。親切心から医者に見せようと近くの屋敷に運ぶが、ヴァルテルは次々と奇妙な体験をすることになる。1983年にフランスで公開され、1989年に日本でも公開された。アラン・ロブ・グロエ監督の作品が日本で公開されたのはこれが初めてとなった。
監督:アラン・ロブ・グロエ 出演:ダニエル・メグイシュ(ヴァルテル)、ガブリエル・ラズゥール(マリー・アンジュ)、シリエル・クレール(サラ)、ほか

「ザ・スカルズ 髑髏の誓い」のネタバレあらすじ結末

ザ・スカルズ/髑髏(ドクロ)の誓いの紹介:2000年アメリカ映画。大学でヨット部のルークは、将来有望な人材を集める秘密結社「スカル」に呼ばれ入会しました。部屋、金、車を与えられご満悦のルークでしたが、スカルの事を調べていた親友のウィルが変死したことから、スカルに対する疑いを持ち始め…という内容のサスペンス映画です。
監督:ロブ・コーエン 出演者:ジョシュア・ジャクソン(ルーク・マクナマラ)、ポール・ウォーカー(ケイラブ・マンドレク)、ヒル・ハーパー(ウィル・ベックフォード)、レスリー・ビブ(クロエ・ウィットフィールド)、クリストファー・マクドナルド(マーティン・ロンバード)、スティーヴ・ハリス(スパロー刑事)、ウィリアム・ピーターセン(エイムス・レブレット)、クレイグ・T・ネルソン(リットン・マンドレーク)、ノア・ダンビー(ヒュー・マウバーソン)、スコット・ギブソン(トラヴィス・ウィーラー)ほか

「工作 黒金星と呼ばれた男」のネタバレあらすじ結末

工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男の紹介:2018年韓国映画。1990年代に実在した韓国のスパイの実話を基に、北朝鮮内部に潜入して権力の中枢との接触に成功した韓国の工作員の運命と南北の権力者たちの闘争を描いたポリティカル・サスペンス映画です。本作はカンヌ国際映画祭のミッドナイト・スクリーニングに公式招待され、韓国を代表する映画賞である青龍映画賞・大鐘賞・百想芸術大賞などで高い評価を得ました。
監督:ユン・ジョンビン 出演者:ファン・ジョンミン(パク・ソギョン(黒金星))、イ・ソンミン(リ・ミョンウン)、チョ・ジヌン(チェ・ハクソン)、チュ・ジフン(チョン・ムテク)、キ・ジュボン(金正日)、チョン・ソリ(イ・フンソル)、キム・ウンス(キム部長)、チェヨン(ファン・ビョンチョル)、パク・ジニョン(キム・チャンヒョク)、ナム・ムンチョル(パク議員)、チェ・ビョンモ(ユ議員)、キム・イヌ(清原)ほか

「マーニー」のネタバレあらすじ結末

マーニー(別題:マーニー/赤い恐怖)の紹介:1964年アメリカ映画。1961年に発表された、ウィンストン・グレアムの小説『Marnie』を巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督が映画化した心理サスペンスです。幼児期に体験した事件のトラウマから犯罪を犯してしまう女性と、彼女を救おうと奮闘する夫の行動を描きます。
監督:アルフレッド・ヒッチコック 出演者:ティッピー・ヘドレン(マーニー・エドガー)、ショーン・コネリー(マーク・ラトランド)、マーティン・ガベル(シドニー・ストラット)、ダイアン・ベイカー(リル・マインウォーリング)、ルイーズ・ラサム(バーニス・エドガー)、マリエット・ハートレイ(スーザン・クレイボン)、アラン・ネピア(ラトランドの父)、ヘンリー・ベックマン(探偵)、ブルース・ダーン(水兵)ほか

「北北西に進路を取れ」のネタバレあらすじ結末

北北西に進路を取れの紹介:1959年アメリカ映画。ヒッチコックの代表作のひとつ。イギリス時代の『三十九夜』をグレードアップし、スリルに満ちたエンタテイメント作品に仕立てている。広い畑での襲撃場面とラストのラシュモア山のシーンは有名。
監督:アルフレッド・ヒッチコック 出演:ケーリー・グラント(ロジャー・ソーンヒル)、エヴァ・マリー・セイント(イヴ・ケンドール)、ジェームズ・メイソン(フィリップ・ヴァンダム)、ジェシー・ロイス・ランディス(クララ・ソーンヒル)、レオ・G・キャロル(教授)、エドワード・ビンズ(ジャンケット警部)、マーティン・ランドー(レナード)、ほか

1 2 3 4 5 80

キーワードから探す

TOP↑