Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

サスペンス映画のネタバレ

サスペンス映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のサスペンス映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「ザ・バニシング 消失」のネタバレあらすじ結末

ザ・バニシング-消失-の紹介:1988年オランダ,フランス映画。ある日、旅行中に突然姿を消したサスキア。恋人のレックスは彼女を捜すうちに執念の虜になり次第に精神を追い詰められていく。一方、レイモンは自分の異常性と正常性を立証するために、ある「実験」を行う。2人の男が対峙し運命は絶望と恐怖へと導かれる。1993年には監督自身の手によりジェフ・ブリッジス、キーファー・サザーランド、サンドラ・ブロック主演でハリウッド・リメイクされている作品。日本ではこれまで劇場未公開だったが、2019年4月12日から劇場公開が実現した。
監督:ジョルジュ・シュルイツァー 出演:ベルナール・ピエール・ドナデュー(レイモン・ルモン)、ジーン・ベルヴォーツ(レックス・ホフマン)、ヨハンナ・テア・ステーゲ(サスキア・ワグター)ほか

「消えた拳銃」のネタバレあらすじ結末

消えた拳銃の紹介:1966年アメリカ映画。ヴァレンス巡査部長は自分に向けて銃を取り出した男を射殺したが、銃が消えた。起訴されたヴァレンスは公判を前にひとり無実の証拠を探す。テレビ『逃亡者』のデヴィッド・ジャンセンが主演。『殺人者たち』(ドン・シーゲル監督)同様、テレビ映画として企画されながら暴力的であるという理由で劇場用作品になった。リリアン・ギッシュ、エレノア・パーカー、ジョーン・コリンズ、ウォルター・ピジョン、ジョージ・サンダース等、出演者は豪華。
監督:バズ・キューリク 出演者:デヴィッド・ジャンセン(トム・ヴァレンス)、キーナン・ウィン(ムッソ)、リリアン・ギッシュ(アリス・ウィローズ)、ジョージ・グリザード(ウォルト・コーディ)、エド・ベグリー(クローディン警部)、ステファニー・パワーズ(リズ・セイヤー)その他

「黒の報告書」のネタバレあらすじ結末

黒の報告書の紹介:1963年日本映画。正義漢の若手検事と「裁判はゲームだ」とうそぶく悪辣な弁護士が殺人事件をめぐって戦う。東京大学法学部出身の増村保造監督のこだわりぬいた法廷シーン。主演の宇津井健は後年テレビの『ザ・ガードマン』や赤シリーズで増村と強固な協力関係を保つことになる。
監督:増村保造 出演者:宇津井健(城戸明)、叶順子(片岡綾子)、神山繁(人見十郎)、高松英郎(草間検事)、小沢栄太郎(山室竜平)、殿山泰司(津田進作)、ほか

「もういない」のネタバレあらすじ結末

もういないの紹介:2012年フランス 映画。娘を殺害された母親が、犯人がわからないまま悲しみと苛立ちに囚われながらも、家族とともに前を向いて生きようと決意するまでの苦しみに満ちた日々を描く社会派ドラマ。
監督:ティエリ・ビニスティー 出演:パトリシア・カース、セルジュ・アザナヴィシウス、マリエ・ビンセント、ジャン-ポール・コマート、ほか

「ビッチ・ホリデイ」のネタバレあらすじ結末

ビッチ・ホリデイの紹介:2018年デンマーク,オランダ,スウェーデン映画。ギャングファミリーのボス・マイケルと愛人サーシャは、ファミリーとともにリゾート地でバカンスを過ごす。贅沢なヴィラに豪華なパーティ。サーシャには高価なプレゼントまで用意されたが、セレブレティな日々と引き換えに、マイケルから身体を弄ばれ、まるでモノのような扱いを受けている。拝金主義と暴力に支配されても人が羨むような贅沢な生活はやめられない。そこへふとしたきっかけで知り合った好青年トーマス。サーシャは次第に好意を抱くようになりマイケルとの関係に変化が出てくる。脚本家ヨハネス・オルグレンの実体験をもとにした物語。性と暴力に支配された拝金主義的な女性の行く末を描く。2018年サンダンス映画祭審査員大賞ドラマ部門にノミネートを果たした。
監督:イザベラ・エクロフ 出演:ヴィクトリア・カルメン・ソンネ(サーシャ)、ライ・イェダ(マイケル)、タイス・ローマー(トーマス)、ほか

「幸福の罪」のネタバレあらすじ結末

幸福の罪の紹介:2011年チェコ映画。リハビリ医の夫が未成年の少女との淫行の疑いをかけられたことがきっかけとなり、幸福そうに見えた一家の中に長年潜んでいた罪が家族を崩壊させるサスペンス。
監督:ヤン・フジェベイク 出演:オンドジェイ・ヴェトヒー(トマシュ)、アニャ・ガイスレロヴァ(リーダ)、ルデェク・ムンザール(義理の父親)、ヒネク・チェルマク(ラダ)、ジタ・モラヴコヴァ(ミラダ)、アナ・リンハルトヴァ(オリンカ)、ほか

「女は冷たい嘘をつく」のネタバレあらすじ結末

女は冷たい嘘をつくの紹介:2016年韓国映画。夫と離婚し、親権も取られたテレビドラマの脚本をしているジオンは、一人娘のダウンを夫に渡さず、自宅でベビーシッターに面倒を見させていました。ある日、ベビーシッターと娘のダウンがいなくなり、誘拐を疑います…という内容の韓国サスペンス映画です。
監督:イ・オニ 出演者:オム・ジウォン(ジオン)、コン・ヒョジン(ハンメ)、キム・ヒウォン、パク・ヘジュン(ヒョニク)ほか

「ジェニファー・ロペス 戦慄の誘惑」のネタバレあらすじ結末

ジェニファー・ロペス 戦慄の誘惑の紹介:2015年アメリカ映画。夫の浮気が原因で別居中の女性が、寂しさから隣家に越してきた青年と一夜の過ちを犯したことで、彼女の家族や友人をも巻き込む惨事となる。
監督:ロブ・コーエン 出演:ジェニファー・ロペス(クレア・ピーターソン)、ライアン・グスマン(ノア・サンドボーン)、ジョン・コーベット(ギャレット・ピーターソン)、イアン・ネルソン(ケヴィン・ピーターソン)、クリスティン・チェノウェス(ヴィッキー)、ほか

「哀愁の湖」のネタバレあらすじ結末

哀愁の湖の紹介:1945年アメリカ映画。ベン・エイムズ・ウィリアムズのベストセラーに基づくフィルム・ノワールの名作。第二次大戦の影響が強く、人間の異常心理を描いた陰鬱な内容となっている。特に湖での殺人シーンは強烈な印象を残す名場面。
監督:ジョン・M・スタール 出演:ジーン・ティアニー(エレン・ベレント)、コーネル・ワイルド(リチャード・ハーランド)、ジーン・クレイン(ルース)、ヴィンセント・プライス(ラッセル・クイントン)、レイ・コリンズ(グレン・ロビー)、ダリル・ヒックマン(ダニー・ハーランド)、ほか

「チェンジング・レーン」のネタバレあらすじ結末

チェンジング・レーンの紹介:2002年アメリカ映画。無謀な車線変更の結果接触事故を起こした弁護士が、相手の運命を狂わせ、自らも窮地に立たされながらも最後には正義の心を取り戻す。
監督:ロジャー・ミッシェル 出演:ベン・アフレック(ギャビン)、サミュエル・L・ジャクソン(ギブソン)、キム・スタウントン(ヴァレリー)、トニ・コレット(ミシェル)、シドニー・ポラック(デラーノ)、ティナ・スローン(デラーノ夫人)、リチャード・ジェンキンス(アーネル)、ほか

「復讐捜査線」のネタバレあらすじ結末

復讐捜査線の紹介:2010年イギリス,アメリカ映画。1985年に放送されたイギリスBBCのテレビドラマ「刑事ロニー・クレイブン」を、ドラマの演出を手掛けたマーティン・キャンベル監督が映画化した社会派サスペンス作品で、メル・ギブソンが「サイン」(2002年公開)以来8年ぶりに主演を務めています。舞台をドラマ版のイギリス・ヨークシャーからアメリカ・ボストンへと移し、一人娘を何者かに殺されたベテラン刑事が事件の真相を追ううちに巨大な陰謀に巻き込まれていく姿を描いています。
監督:マーティン・キャンベル 出演者:メル・ギブソン(トーマス・クレイヴン)、レイ・ウィンストン(ダリウス・ジェドバーグ)、ダニー・ヒューストン(ジョン・“ジャック”・ベネット)、ボヤナ・ノヴァコヴィッチ(エマ・クレイヴン)、ショーン・ロバーツ(デヴィッド・バーナム)、デヴィッド・アーロン・ベイカー(ミルロイ)、ジェイ・O・サンダース(ビル・ホワイトハウス)、デニス・オヘア(ムーア)、ダミアン・ヤング(ジム・パイン上院議員)、カテリーナ・スコーソン(メリッサ)、ほか

「仁義」のネタバレあらすじ結末

仁義の紹介:1970年フランス映画。犯罪の世界に戻ろうとする元受刑者と元仲間、護送中に脱走した容疑者、彼らを追う刑事たちなど、男たちの友情と仁義、そして裏切りを描いたフィルム・ノワールです。本国フランスでは観客動員数433万人を超える大ヒットとなりました。
監督:ジャン=ピエール・メルヴィル 出演者:アラン・ドロン(コレー)、イヴ・モンタン(ジャンセン)、ジャン・マリア・ヴォロンテ(ヴォーゲル)、ブールヴィル(マッティ)、フランソワ・ペリエ(サンティ)、アンドレ・エキナン(リコ)ほか

「スイッチバック 追跡者」のネタバレあらすじ結末

スイッチバック 追跡者の紹介:1997年アメリカ映画。レインはヒッチハイクで乗せてくれたボブに、バーで助けられて一緒に旅をしていました。その頃、田舎のアマリロ市のモーテルで殺人事件が発生しました。手口が連続殺人事件と同じだと言う事でFBI捜査官のフランクがやってきました。フランクにはもう一つの目的がありました…という内容のサスペンススリラー映画です。
監督:ジェブ・スチュアート 出演者:デニス・クエイド(フランク・ラクロス)、ダニー・グローバー(ボブ・グドール)、ジャレッド・レト(レイン・ディクソン)、R・リー・アーメイ(オルムステッド保安官)、ウィリアム・フィクトナー(ジャック・マクギニス署長)ほか

「陸軍中野学校」のネタバレあらすじ結末

陸軍中野学校の紹介:1966年日本映画。鬼才・増村保造監督が手がけた日本では珍しいスパイもの。時代劇の出演が多い雷蔵としては異色作だが、彼の陰のある演技にピッタリで、好評のためシリーズ化された。脚本は後に「小伝抄」で直木賞を受賞する星川清司。
監督:増村保造 出演:市川雷蔵(三好次郎)、小川真由美(布引雪子)、加東大介(草薙中佐)、E・H・エリック(オスカー・デビットソン)、待田京介(前田大尉)、ほか

「イングリッドとロラ 犯罪との戦い」のネタバレあらすじ結末

イングリッドとロラ 犯罪との戦いの紹介:2012年フランス映画。引退した元警視総監の女性とマッサージ師の女性が近所で起きた殺人事件の謎を解くために奔走する。随所に日本のテイストがちりばめられたサスペンス・ムービー。
監督:ジェローム・フロン 出演:ミュリエル・ロバン、ファトゥー・ンジャエ、クリスチャン・ヘック、オリバー・ルストー、ほか

1 2 3 4 5 62
TOP↑