Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

サスペンス映画のネタバレ

サスペンス映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のサスペンス映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「ドッグマン」のネタバレあらすじ結末

ドッグマンの紹介:2018年イタリア,フランス映画。イタリア南部のさびれた海辺の町で〈ドッグマン〉という犬のトリミングサロンを営むマルチェロ。質素な店だが大好きな犬の世話をしながら自身の才能を生かす仕事で、愛する娘と会う時間や仲間との食事やサッカーなど楽しむ幸せな日々を送っていた。しかし、一方で暴力的で麻薬中毒の友人シモーネに利用され支配される関係から抜け出せずにいた。その結果、仲間たちとの信用やサロンの顧客、娘と会う時間も奪われ、温厚で小心者のマルチェロは、次第に復讐心を燃え上がらせる。人生の不条理を容赦なく描いた衝撃のラストシーンは必見。監督はイタリア映画界の鬼才マッテオ・ガローネ。イタリアのアカデミー賞にあたるダヴィド・ディ・ドナテッロ賞で作品賞や監督賞をはじめとする最多9部門を制した。
監督:マッテオ・ガローネ 出演:マルチェロ・フォンテ(マルチェロ)、エドアルド・ペッシェ(シモーネ)、ヌンツァ・スキャーノ(シモーネの母親)、アダモ・ディオニージ(フランコ)、フランチェスコ・アクアローリ(フランチェスコ)、アリダ・バルダリ・カラブリア(アリダ)、ジャンルカ・ゴビ(レストランの主人)ほか

「インタビュー・ウィズ・シリアルキラー」のネタバレあらすじ結末

インタビュー・ウィズ・シリアルキラーの紹介:2004年アメリカ映画。ロバート・D・ケッペルの著書『死体を愛した男』を映画化。実際の事件を基に、連続殺人の謎に挑むサスペンス・ドラマ。1982年、アメリカでは売春婦を標的にした連続殺人事件「グリーンリバー殺人事件」が起きていた。特捜班に加わった元刑事ケッペルのもとに、彼がかつて追い詰めたシリアルキラー、テッド・バンディから捜査に協力したいと手紙が届く。ケッペルは事件解決のため、そしてバンディが未だ自供を拒む事件の真実を明らかにするため、内面の探り合いに乗り出すのだった。別題は「死体を愛した男/グリーンリバー殺人事件」、「グリーン・リバー・キラー 死体を愛した男」。
監督:ビル・イーグルス 出演者:ブルース・グリーンウッド(ロバート・ケッペル)、ケイリー・エルウィズ(テッド・バンディ)、サム・ジェーガー(デイヴ・レイチャート)、サラ・マンニネン(ジョージア・ホーキンス)、キャスリーン・クインラン(サンド・ケッペル)ほか

「キリング・タウン」のネタバレあらすじ結末

キリング・タウンの紹介:1996年アメリカ, カナダ映画。小さな町で退屈を持て余していた少年3人の前に、警官を名乗る負傷した男が現れる。その男を信じ、かくまって世話をやく3人だったが、やがて恐ろしい事実が明るみになる。
監督:ジョン・フォーセット 出演:クリス・ペン(ルーク・クーパー)、デヴォン・サワ(エリック)、ドミニク・サンプローナ(カイル)、スチュアート・ストーン(ブラッド)、エイミー・スチュワート(メーガン)、ジャレッド・ブランチャード(ジェイク)、ほか

「逆転」のネタバレあらすじ結末

逆転の紹介:1963年アメリカ映画。ノーベル賞授賞式の裏で進行する陰謀に立ち向かうはめになる文学賞受賞作家をポール・ニューマンが演じる。冷戦たけなわの1963年に製作されたスピーディーな展開のスパイ映画だが、ニューマンとエルケ・ソマーの会話やノーベル賞受賞者たちのいざこざも楽しい。『北北西に進路を取れ』のアーネスト・レーマンの脚本。
監督:マーク・ロブソン 出演者:ポール・ニューマン(アンドリュー・クレイグ)、エドワード・G・ロビンソン(マックス・ストラトマン)、エルケ・ソマー(インガー・リサ・アンダーソン)、ダイアン・ベイカー(エミリー・ストラトマン)、ミシュリーヌ・プレール(デニーズ・マルソー)、セルジオ・ファントーニ(カルロ・ファレーリ)、ケヴィン・マッカーシー(ジョン・ギャレット)その他

「悪魔の陽の下に」のネタバレあらすじ結末

悪魔の陽の下にの紹介:1987年フランス映画。ジョルジュ・ベルナノスの同名小説を映画化。人間の苦悩を見つめ、それを救おうと足掻く神父の姿を描いたサスペンス。苛烈な苦行と頑固な懐疑心を抱く神父ドニサンは、神への信頼が揺らいでいた。それでも聖職者であり続ける彼の前に悪魔が現れ、人の心を読む恩恵を与える。ドニサン神父は恋人を殺めた少女ムーシェットを救おうと、必死に心を砕くのだが。第40回カンヌ国際映画祭で最高賞パルム・ドールを受賞。
監督:モーリス・ピアラ 出演者:ジェラール・ドパルデュー(ドニサン神父)、サンドリーヌ・ボネール(ムーシェット)、モーリス・ピアラ(ムヌウ・スグレ神父)、アラン・アルキュール(カディニャン侯爵)、ヤン・デデ(ガレ医師)ほか

「よこがお」のネタバレあらすじ結末

よこがおの紹介:2019年日本映画。職場で皆に頼りにされ、結婚を控えた市子の人生がある事件を機会に暗転する。犯罪の「加害者」にされ人生を奪われた彼女の哀しい復讐。カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞した『淵に立つ』に続く、監督深田晃司、主演筒井真理子のサスペンス。
監督:深田晃司 出演者:筒井真理子(白川市子)、市川実日子(大石基子)、池松壮亮(米田和道)、須藤蓮(鈴木辰男)、小川未祐(大石サキ)、吹越満(戸塚健二)、大方斐紗子(大石塔子)その他

「ルームメイト(2013年)」のネタバレあらすじ結末

ルームメイトの紹介:2013年日本映画。交通事故で入院中の春海は、ナースの麗子と仲良くなりました。春海の退院が決まると麗子は病院を辞めると言いました。麗子の誘いでルームシェアを始めた春海と麗子でしたが、春海は麗子にもう一つの人格があることを知りはじめました…という内容の、北川景子、深田恭子のダブル主演のサスペンスホラー映画です。
監督:古澤健 出演者:北川景子(萩尾春海)、深田恭子(西村麗子)、高良健吾(工藤謙介)、尾上寛之(長谷川伸一)、大塚千弘(安藤リカ)筒井真理子(春海の母)、田口トモロヲ(山崎)ほか

「ベティ・サイズモア」のネタバレあらすじ結末

ベティ・サイズモアの紹介:2000年アメリカ映画。現実とドラマの区別がつかなくなった女性が巻き起こす騒動を描いたコメディ&サスペンス。ウェイトレスのベティは昼メロドラマ「愛のすべて」の大ファンで、特に医師デヴィッドに夢中だった。そんなある夜、ドラッグを盗んで売ろうとしていた夫デルが殺し屋親子に殺害されてしまう。目撃したベティはあまりのショックに精神の均衡を失い、自分をデヴィッドの元フィアンセだと思い込んでしまった。周囲の困惑をよそにロサンゼルスへ向かうベティ。そんな彼女を友人や警察、殺し屋親子までもが追いかけていく。ゴールデングローブ賞では主演女優賞を、カンヌ国際映画祭では脚本賞を受賞。
監督:ニール・ラビュート 出演者:レニー・ゼルウィガー(ベティ・サイズモア)、モーガン・フリーマン(チャーリー)、クリス・ロック(ウェズリー)、グレッグ・キニア(ジョージ・マッコード)、アーロン・エッカート(デル・サイズモア)ほか

「ブルドッグ」のネタバレあらすじ結末

ブルドッグの紹介:2003年アメリカ映画。メキシコの麻薬王ルセロを逮捕したことで、妻を殺された麻薬捜査官ショーンは、狂ったように復讐を誓い犯人さがしを始めました。街ではルセロに代わり、ディアブロという組織が麻薬の密売を独占しようとしていました・・という内容のクライムサスペンス映画です。
監督:F・ゲイリー・グレイ 出演者:ヴィン・ディーゼル(ショーン)、ラレンズ・テイト(D)、ジャクリーン・オブラドース(ステイシー)、ティモシー・オリファント(ハリウッド・ジャック)、ジーノ・シルバ(メモ・ルセロ)ほか

「ブルー・ダイヤモンド」のネタバレあらすじ結末

ブルー・ダイヤモンドの紹介:2018年カナダ,アメリカ映画。高価なブルーダイヤモンドの儲け話に乗せられロシアへ向かうアメリカ人宝石商。しかしビジネスパートナーが行方不明になります。宝石商は彼を探しますが、ロシアマフィア、政府関係者、国際宝石ビジネスを巻き込む取引に発展します。『ブルー・ダイヤモンド』はキアヌ・リーブス主演で、広大なシベリアの大地を舞台に、アクションと恋愛が繰り広げられるストーリーです。ロシアは世界最大のダイヤモンド産出国であり、ミールヌイはダイヤモンド産業の中心地です。
監督:マシュー・ロス 出演:キアヌ・リーヴス(ルーカス・ヒル)、アナ・ウラル(カティア)、パシャ・D・リチニコフ(ボリス・ヴォルコフ)、モリー・リングウォルド(ガビー・ヒル)、ラファエル・パタルディ(パヴェル)、ユージン・リピンスキ、ほか

「ノー・グッド・シングス」のネタバレあらすじ結末

ノー・グッド・シングスの紹介:2002年ドイツ,アメリカ映画。銀行強盗の一味に囚われた刑事が、魅惑的な一味の女に翻弄されながらも正義を貫くサスペンス。ハードボイルド作家D・ハメットの短編小説「ターク通りの家」を映画化。
監督:ボブ・ラフェルソン 出演:サミュエル・L・ジャクソン(ジャック・フライア)、ミラ・ジョヴォヴィッチ(エリン)、ステラン・スカルスガルド(タイロン)、ダグ・ハッチソン(フープ)、ジョス・アックランド(クオレル)、グレイス・ザブリスキー(クオレル夫人)、ジョナサン・ヒギンズ(デヴィット)、シャノン・ローソン(エイミー)、ほか

「クライム・オブ・パッション」のネタバレあらすじ結末

クライム・オブ・パッションの紹介:1984年アメリカ映画。ジョアンナは昼間はファッション・デザイナー、夜は娼婦チャイナ・ブルーという二重生活を送っている。魅力的なチャイナ・ブルーが危ない男たちを招き寄せる。イギリスの鬼才ケン・ラッセルが「新世界」(ドヴォルザーク「新世界交響曲」が様々に編曲されて全編に使われています)アメリカに挑んだ破天荒でエロチックなサスペンス映画。
監督:ケン・ラッセル 出演者:キャスリーン・ターナー(チャイナ・ブルーことジョアンナ・クレーン)、アンソニー・パーキンス(ピーター・シェイン)、ジョン・ローリン(ボビー・グラディ)、アニー・ポッツ(エイミー)、ブルース・デイヴィソン(ホッパー)その他

「ドリームホーム 99%を操る男たち」のネタバレあらすじ結末

ドリーム ホーム 99%を操る男たちの紹介:2014年アメリカ映画。日雇いの建築の仕事で食いつなぐシングルファーザーのデニスは、不況のあおりを食らい、ついに子供と母とともに家を追い出されてしまう。モーテルで暮らし始めるが、家をあきらめきれず、自ら家を差し押さえた張本人カーバーのもとで働き始める。
監督:ラミン・バーラニ 出演:アンドリュー・ガーフィールド(デニス・ナッシュ)、マイケル・シャノン(リック・カーバー)、ティム・ギニー(フランク・グリーン)、ノア・ロマックス(コナー・ナッシュ)、ローラ・ダーン(リン・ナッシュ)、ほか

「ホースメン」のネタバレあらすじ結末

ホースメンの紹介:2008年カナダ,アメリカ映画。妻を亡くし、警察の仕事に没頭するブレスリン警部は、二人の息子アレックスとショーンとの溝を埋められずにいた。ある日、警部は聖書の黙示録になぞらえた猟奇殺人を担当することになるが…。
監督:ジョナス・アカーランド 出演:デニス・クエイド(エイダン・ブレスリン)、チャン・ツィイー(クリスティン)、ルー・テイラー・プッチ(アレックス・ブレスリン)、クリフトン・コリンズ・Jr(スティングレイ)、パトリック・フュジット(コーリー)、ピーター・ストーメア(デビッド)、ほか

「人生奪回ゲーム」のネタバレあらすじ結末

人生奪回ゲームの紹介:2012年日本映画。映画「人生逆転ゲーム」の続編となる作品。恐怖のゲームで生き残った主人公・本城佐紀は、結婚詐欺の容疑で捕まってしまいます。警察から取引を持ち掛けられ、再びあのゲームに参加することに。主演・森下悠里による、サスペンス映画。
監督:室賀厚 出演者:森下悠里(本城佐紀)、江原シュウ(ミナト)、鈴木聖奈、岡田謙、ほか

1 2 3 4 5 67
TOP↑