サスペンス映画のネタバレ

サスペンス映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のサスペンス映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「ヒッチャー(1985年)」のネタバレあらすじ結末

ヒッチャーの紹介:1985年アメリカ映画。シカゴからサンディエゴへ車を走らせるジム。その砂漠地帯である1人のヒッチハイカーの男を乗せてしまったがために男に命を執拗に狙われることになってしまいます。ヒッチハイカーの男を演じるルトガー・ハウアーの恐ろしいまでの圧倒的な存在感が際立っている作品。
監督:ロバート・ハーモン 出演:ルトガー・ハウアー(ジョン)、C・トーマス・ハウエル(ジム)、ジェニファー・ジェイソン・リー(ナッシュ)、ジェフリー・デマン(エストリッジ)、ほか

「ヒッチャー(ニューマスター版)」のネタバレあらすじ結末

ヒッチャーの紹介:1985年アメリカ映画。2019年に亡くなった俳優ルトガー・ハウアー。1982年『ブレードランナー』のレプリカントのリーダー・ロイ役で一気に世界的な人気俳優となった彼の、圧倒的な怪演が光る『ヒッチャー』が2021年、HDリマスター化され帰ってきた。これは、得体のしれない殺人鬼に追い回される青年の理不尽な道行きを、極力説明を排したシンプルな構成で見せきってしまう快作。35年前の作品とは思えない画面の美しさ、そして片時も安心できないスリリングな展開は必見!
監督:ロバート・ハーモン 脚本:エリック・レッド キャスト:C・トーマス・ハウエル(ジム・ハルジー)、ルトガー・ハウアー(ジョン・ライダー)、ジェニファー・ジェイソン・リー(ナッシュ)、ジェフリー・デマン(エスターリッジ警部)ほか

「リズム・セクション」のネタバレあらすじ結末

リズム・セクションの紹介:2020年イギリス,アメリカ映画。3年前、旅客機事故で家族を失い、売春婦にまで堕ちたステファニーにジャナーリストのプロクターが「あれは事故じゃないテロだ」と教えたことから、ステファニーは家族の復讐の為、Bという情報提供者の力を得て殺し屋になるべく特訓を始めます…という内容のマーク・バーネルの小説『堕天使の報復』を原作とした作品です。落ちぶれたヒロインのステファニーが殺し屋としてたくましく美しく成長する姿も見どころです。
監督:リード・モラノ 出演者:ブレイク・ライヴリー(ステファニー)、ジュード・ロウ(B)、リング・K・ブラウンスター(マーク・セラ)、リチャード・ブレイク(リーマン)、マックス・カセラ(レオン・ギラー)、ダニエル・メイズ(ディーン・ウェスト)、ラザ・ジャフリー(キース)、ジェフ・ベル(グリーン)、タウフィーク・バルホーム(レザー)ほか

「紅蜘蛛女」のネタバレあらすじ結末

紅蜘蛛女の紹介:2005年香港映画。女好きのカメラマンのケニーがバーで見かけた日本人女性のユミに話しかけ、一夜限りの情事を楽しんだことから監禁され、恐怖のどん底に突き落とされるという内容のエロチックスリラーです。「危険な情事」や「ミザリー」などと共通する部分のある作品で、坂上香織さんが、怖い女を見事に演じています。
監督:ン・マンチン 出演者:坂上香織(ユミ)、トニ-・ホー(ケニー)、ヴォニー・ロイ(ニキ)、フィリップ・ン(警官)、ほか

「ガス人間第1号」のネタバレあらすじ結末

ガス人間第1号の紹介:1960年日本映画。いまではへんてこりんなタイトルの極みともいえる「ガス人間第1号」。当時、東宝映画では、ガス人間とともに液体人間、電送人間を企画し、いずれも映画化にこぎつけています。特撮の名手、円谷英二を擁する東宝は、ゴジラ映画の名匠、本多猪四郎監督とタッグを組ませ、珍奇、奇怪な素材を好んで実写化しています。一連の東宝怪獣映画の登場は、子供たちを小躍りさせました。対して、本作を含む怪奇人間シリーズは、男女の心の機微を描くなど、大人の鑑賞にも耐えられるだけの工夫が施されています。
監督:本多猪四郎 特技監督:円谷英二 出演者:八千草薫(春日藤千代)、三橋美智也(岡本刑事)、土屋嘉男(水野)、佐田契子(新聞記者)、松村達夫(新聞社デスク)小杉義男(稲生刑事)、左卜全(老皷師)ほか

「Swallow/スワロウ」のネタバレあらすじ結末

Swallow/スワロウの紹介:2019年アメリカ映画。ハンターは金持ちと結婚し大邸宅に暮らし一見幸せそうです。彼女は妊娠し、夫リッチーは大喜びです。しかし、彼女は、夫や彼の両親から無視され幸せを感じずに、異物を飲み込むという異常な行為に幸せを感じ繰り返します。彼女には自分の出生をめぐる深い心の傷がありました。『Swallow/ スワロウ』は、異物を飲むという異常な行動を繰り返す女性の心理と幸せを描いた映画です。Swallowとは「飲み込む」という意味です。
監督:カーロ・ミラベラ=デイヴィス 出演:ヘイリー・ベネット(ハンター・コンラッド)、オースティン・ストウェル(リッチー・コンラッド)、エリザベス・マーヴェル(キャサリン・コンラッド)、デヴィッド・ラッシュ(マイケル・コンラッド)、ライト・ナクリ(ルアイ)、デニス・オヘア(ウィリアム・アーウィン)、ザブリナ・ゲバラ(アリス)、ほか

「4.3.2.1」のネタバレあらすじ結末

4.3.2.1の紹介:2010年イギリス映画。仲良し女子4人組が、タイヤモンド強盗事件に巻き込まれて騒動を起こすコメディ・クライム・ムービーです。同じ時間軸をそれぞれ4人の視点で描き、ラストは一つにまとまる手法の作品です。
監督:ノエル・クラーク 出演者:エマ・ロバーツ(ジョー)、タムシン・エガートン(カサンドラ)、オフィリア・ラヴィボンド(シャノン)、シャニカ・ウォーレン=マークランド(ケリス)、ノエル・クラーク(ティー)ほか

「イキガミ」のネタバレあらすじ結末

イキガミの紹介:2008年日本映画。間瀬元朗の原作による同名漫画を松田翔太の主演で実写映画化したヒューマンサスペンス作品です。国の法律により24時間以内の死を宣告された若者たちの顛末を、若者に死を告げる「逝紙(イキガミ)」を届ける配達人の視点から描きます。
監督:瀧本智行 出演者:松田翔太(藤本賢吾)、塚本高史(森尾秀和)、成海璃子(飯塚さくら)、山田孝之(飯塚さとし)、金井勇太(田辺翼)、りりィ(田辺美奈子)、山崎裕太(達彦)、風吹ジュン(滝沢和子)、佐野和真(滝沢直樹)、塩見三省(滝沢信利)、井川遥(近藤医師)、笹野高史(石井課長)、柄本明(参事官)、劇団ひとり(島田)、浅利陽介(鴨井洋介)、鈴之助(下山)、徳井優(神波)、ヒロシ(ウェイター)、伊津野亮(司会者)ほか

「約束のネバーランド」のネタバレあらすじ結末

約束のネバーランドの紹介:2020年日本映画。そこは「楽園という名の檻」だった――。週刊少年ジャンプ史上最も異色なダークファンタジーと称される、白井カイウ・出水ぽすか共著の『約束のネバーランド』原作の第1章 GFハウス脱獄編を実写映画化した作品です。
監督:平川雄一朗 出演者:浜辺美波(エマ)、城桧吏(レイ)、板垣李光人(ノーマン)、松坂桃李(謎の男)、三田佳子、関俊彦、渡辺直美(クローネ)、北川景子(イザベラ)、ほか

「プルーフ・オブ・ライフ」のネタバレあらすじ結末

プルーフ・オブ・ライフの紹介:2000年アメリカ映画。反政府ゲリラに誘拐された人質を解放すべく交渉に臨む元イギリス陸軍特殊部隊SAS隊員の姿を、人質の妻との許されざる恋と共に描くサスペンス・アクション作品です。タイトルの「プルーフ・オブ・ライフ」とは生存証明を意味しています。
監督:テイラー・ハックフォード 出演:ラッセル・クロウ(テリー・ソーン)、メグ・ライアン(アリス・ボーマン)、デヴィッド・モース(ピーター・ボーマン)、デヴィッド・カルーソ(ディーノ)、パメラ・リード(ジャニス・グッドマン)、アンソニー・ヒールド(テッド・フェルナー)、ゴットフリート・ジョン(エリック・ケズラー)、アラン・アームストロング(ワイアット)、マーゴ・マーティンデイル(アイヴィ)ほか

「クリミナル・ミッション」のネタバレあらすじ結末

クリミナル・ミッションの紹介:2015年アメリカ映画。マフィアに借金をした男たちがその返済の代わりに敵対組織の甥の拉致監禁を持ちかけられるクライムアクションストーリー。ジョン・トラボルタが存在感の溢れる演技を繰り広げているのも注目すべき点です。
監督:ジャッキー・アール・ヘイリー 出演:マイケル・ピット(ザック)、ダン・スティーヴンス(ノア)、クリストファー・アボット(ウォーレン)、ロブ・ブラウン(ブライス)、エディ・ガテギ(マルケス)、ジャッキー・アール・ヘイリー(ジェリー)、ジョン・トラヴォルタ(エディ)、ほか

「レベッカ(2020年)」のネタバレあらすじ結末

レベッカの紹介:2020年イギリス映画。映画界の巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督の『レベッカ』(1940年)のリメイク版がNetflixオリジナル映画として登場。イギリス人作家ダフネ・デュ・モーリアが原作。お金持ちの使用人として働きながら旅をしていたある女性は、富豪のマキシムと出会い、恋に落ちます。マキシムは妻のレベッカを亡くしており、レベッカという存在がその女性をじわじわと苦しめていきます。『シンデレラ』『ベイビー・ドライバー』と近年数々の話題作に出演するリリー・ジェームズがレベッカを演じ『君の名前で僕を呼んで』でオリバー役を務めたアーミー・ハマーがマキシムを演じます。
監督:ベン・ウィートリー 出演:リリー・ジェームズ(ミセス・ド・ウィンター)、アーミー・ハマー(マキシム・ド・ウィンター)、クリスティン・スコット・トーマス(ダンヴァース夫人)、アン・ダウド(ヴァン・ホッパー)、ブライオニー・ミラー(クラリス)、ほか

「窓・ベッドルームの女」のネタバレあらすじ結末

窓・ベッドルームの女の紹介:1987年アメリカ映画。善意から不倫相手の身代わりとなって事件の目撃証人として名乗り出た男が、その犯人によって容疑者に仕立て上げられ、追い詰められていくサスペンス。
監督:カーティス・ハンソン 出演:スティーヴ・グッテンバーグ(テリー・ランバート)、エリザベス・マクガヴァン(デニス)、イザベル・ユペール(シルビア)、ポール・シェナー(コリン)、カール・ランブリー(クワーク)、ほか

「ブラインド・フィアー」のネタバレあらすじ結末

ブラインド・フィアーの紹介:2012年アメリカ映画。アフガン戦線に同行していた女性カメラマンのサラは、自爆テロに遭い両目の視力を失います。3年後、恋人のライアンと幸せに暮らすサラの部屋に男が侵入し、ライアンが殺されサラも拘束されました。男は、俺たちから盗んだ金を出せと、サラに迫りますが…という内容の、盲目の女性が監禁され、死の恐怖にさらされる様子を描いたサスペンススリラー映画です。
監督:ジョセフ・ルーベン 出演者:ミシェル・モナハン(サラ・フロスト)、マイケル・キートン(ホランダー)、バリー・スローン(チャド)、アンドリュー・ウォーカー(ライアン)ほか

「キラー・ゴッド」のネタバレあらすじ結末

キラー・ゴッドの紹介:2010年カナダ映画。カナダのエルキン島で。バリ島の魔術を研究するルーファスが、自分の作った祭壇の前で死んでいました。唯一の身内である孫娘のエルキンが島にやって来ます。警官のゴードは調査に乗り出すと、ルーファスの死体から放射能が検出され、裏に陰謀が動いている事に気づきはじめ…という内容のホラー映画です。ホラーの中にミステリーとサスペンス要素が詰め込まれた作品です。
監督:スタッシュ・ラドワンスキー・Jr 出演者:フランク・J・ズパンシック (ゴード・クーパー)、ヴァージニア・レイフ(エルキン)、サマンサ・ブラウン(ジニー)、ピーター・ヒギンソン(ヴァンビーク)、ほか

1 2 3 4 5 85

キーワードから探す

TOP↑