サスペンス映画のネタバレ

サスペンス映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のサスペンス映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「少女は悪魔を待ちわびて」のネタバレあらすじ結末

少女は悪魔を待ちわびての紹介:2016年韓国映画。15年前、殺人鬼ギボムに刑事だった父親を殺された少女ヒジュが、出所したギボムに刑事たちを利用しながら復讐をしていくという、クライムサスペンスです。韓国映画らしく複雑に絡む人間関係と、予想外の展開が見どころの作品です。
監督:モ・ホンジン 出演者:シム・ウンギョン(ナム・ヒジュ)、キム・ソンオ(キム・ギボム)、ユン・ジェムン(チョ・デヨン班長)、アン・ジェホン(チャ・デソプ刑事 )、チョン・ヘギュン(ユ刑事)、ほか

「劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班」のネタバレあらすじ結末

劇場版 シグナル 長期未解決事件捜査班の紹介:2020年日本映画。2016年の韓国ドラマ『シグナル』を日本でリメイクし、2018年にテレビ放映されたサスペンスドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』の劇場版です。現代と過去を繋げる1台の無線機で繋がった現代の刑事(坂口健太郎)と過去の刑事(北村一輝)が時を超えて再び手を組み、政府高官の不審死に端を発する巨大な陰謀に立ち向かっていきます。
監督:橋本一 出演者:坂口健太郎(三枝健人)、北村一輝(大山剛志)、吉瀬美智子(桜井美咲)、木村祐一(山田勉)、池田鉄洋(小島信也)、青野楓(安西理香)、林泰文(伊藤健吾)、水橋研二(雨宮竜一)、長田成哉(橘修平)、奈緒(小泉ミチル)、杉本哲太(三谷宗久)、田中哲司(山崎聡史)、鹿賀丈史(板垣真二郎)、伊原剛志(青木潤基)ほか

「奴隷の島、消えた人々」のネタバレあらすじ結末

奴隷の島、消えた人々の紹介:2016年韓国映画。2014年に韓国で実際に起った新安塩田奴隷事件を題材にして作られた作品。映画では奴隷事件に絡め、凶悪殺人犯が障害者に扮して作業員として暮らしているという設定で、奴隷事件を調査に来た女性記者が巻き込まれてしまう内容です。POV手法で撮影されたフェイクドキュメントで、見ごたえのある1本です。
監督:イ・ジスン 出演者:パク・ヒョジュ(イ・ヘリ)、ペ・ソンウ(イ・サンホ)、イ・ヒョヌク(ソフ・クン)、リュ・ジュンヨル(ジウ・ホ)、チェ・イルファ(ホ社長)ほか

「キリング・プラン 殺人の代償」のネタバレあらすじ結末

キリング・プラン 殺人の代償の紹介:2017年アメリカ映画。ライドシェアで車に乗り合わせた男女と話をしたヘイリーは、3人とも人間関係で悩んでいることを知りました。話は弾み、メラニーの提案で交換殺人の契約をしてしまいます。冗談と思われていた話でしたが、名前を出されていた女性が本当に殺されてしまい…という内容のサスペンスドラマです。
監督:ジョン・ライド 出演者:エミリー・ローズ(ヘイリー)、ブライアン・クラウス(マーカス刑事)、メラニー・ストーン(メラニー)、ブランドン・レイ・オリーヴ(ケビン)ほか

「ビューティフルカップル 復讐の心理」のネタバレあらすじ結末

ビューティフル・カップル 復讐の心理の紹介:2019年ドイツ映画。愛する妻を凌辱した男。それでも、この殺意は罪ですか?――。バカンス先で妻をレイプされた夫婦が2年後に偶然にも犯人と再会し、復讐すべきか忘却すべきかとの間で苦悩し葛藤する姿を描いたリベンジ・サスペンス映画です。
監督:スベン・タディッケン 出演者:マクシミリアン・ブルックナー(マルテ)、ルイーゼ・ハイヤー(リヴ)、レオナルド・クンツ(サシャ)、ヤスナ・フリッツィー・バウアー(ジェニー)、フロリアン・バルトロマイ(ヘニング)ほか

「バクラウ 地図から消された村」のネタバレあらすじ結末

バクラウ 地図から消された村の紹介:2019年ブラジル,フランス映画。ブラジルの奥地に位置するとされる架空の集落を舞台とした異色のサスペンス作品です。長老の死後にインターネットの地図から存在を抹消され、正体不明の未確認飛行物体が飛来するなど様々な奇怪な出来事に見舞われた集落。その先には血で血を洗う衝撃の展開が待ち受けていました…。本作は第72回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞しています。
監督:クレベール・メンドンサ・フィリオ、ジュリアーノ・ドルネレス 出演者:ソニア・ブラガ(ドミンガス)、ウド・キア(マイケル)、バルバラ・コーレン(テレサ)、トマス・アキーノ(パコッチ/アカシオ)、シルベロ・ペレイラ(ルンガ)、サーデリー・リマ(トニー・ジュニア)、ルーベンズ・サントス(エリヴァウド)ほか

「太陽は動かない」のネタバレあらすじ結末

太陽は動かないの紹介:2020年日本映画。『怒り』『悪人』などの著者・吉田修一のスパイアクション小説『太陽は動かない』『森は知っている』を藤原竜也と竹内涼真のダブル主演で映画化したサスペンス・アクション作品です。産業スパイ組織の2人の日本人諜報員が機密情報を巡って各国の裏組織や権力者たちとの頭脳戦に挑む様を描きます。
監督:羽住英一郎 出演者:藤原竜也(鷹野一彦)、竹内涼真(田岡亮一)、ハン・ヒョジュ(AYAKO)、ピョン・ヨハン(デイビッド・キム)、市原隼人(山下竜二)、南沙良(菊池詩織)、日向亘(鷹野一彦(高校時代))、加藤清史郎(柳勇次)、横田栄司(ジミー・オハラ)、翁華栄(アンディ・黄)、醍醐虎汰朗(デイビッド・キム(少年期))、八木アリサ(小田部奈々)、勝野洋(小田部教授)、宮崎美子(河上麻子)、鶴見辰吾(河上満太郎)、佐藤浩市(風間武)ほか

「地獄の埠頭」のネタバレあらすじ結末

地獄の埠頭の紹介:1955年アメリカ映画。冤罪による5年間の服役の後に出所した元刑事。服役中に妻は別の男と過ちを犯していた。元刑事は真実と復讐を求めて街の顔役と対決する。アラン・ラッドが彼のキャリアを築いたパラマウント映画との契約を離れた後自ら設立したプロダクションで製作した作品だが、監督は出世作『拳銃貸します』のフランク・タトルにまかせている。1930年代のギャング映画に主役として君臨した名優エドワード・G・ロビンソンがこの作品でも貫録を示している。そして元有名女優を演じているのは『キング・コング』(1933)のフェイ・レイ。シネマスコープ、ワーナーカラー作品。
監督:フランク・タトル 出演者:アラン・ラッド(スティーヴ・ロリンズ)、エドワード・G・ロビンソン(ヴィク・アマト)、ジョーン・ドルー(マーシァ・ロリンズ)、ウィリアム・デマレスト(ダン・ビアンコ)、ポール・スチュワート(ジョー・ライ)、フェイ・レイ(ケイ・スタンレー)ほか

「バッド・ガール」のネタバレあらすじ結末

バッド・ガールの紹介:2012年アメリカ映画。既婚者の彼氏に捨てられ、気分直しに行ったディスコで仲良くなった男性にレイプされた女子大生が、アルバイト先の先輩に言われるがまま、二人で拳銃を持って復讐を始めるというバイオレンス映画です。マイナーな作品ですが、冷酷無情に復讐を遂行する様子がかっこよく描かれています。
監督:オースティン・チック 出演者:ダニエル・パナベイカー(シェイ)、ニコール・ラリベルテ(ルル)、リアム・エイケン(タイラー)、マイケル・スタール・デヴィッド(サイモン)、アンドリュー・ハワード(テリー)ほか

「ピアニストを撃て」のネタバレあらすじ結末

ピアニストを撃ての紹介:1960年フランス映画。「大人は判ってくれない」に続くトリュフォーの第2作。自伝的な前作と違ってミステリの映画化で、トリュフォーらしいオフビートな犯罪映画に仕上げている。撮影はゴダール作品で有名なラウール・クタール。
監督:フランソワ・トリュフォー 出演:シャルル・アズナヴール(シャルリー)、ニコール・ベルジェ(テレーザ)、マリー・デュボア(レナ)、セルジュ・ダウリ(プリーヌ)、アルベール・レミ(シコ)、クロード・マンサール(モモ)、ダニエル・ブーランジェ(エルネスト)、ほか

「11:14」のネタバレあらすじ結末

11:14の紹介:2003年アメリカ,カナダ映画。深夜11:14、車で走るケビンのフロントガラスに男がぶつかり死んでしまいます。通報されたケビンは保安官に逮捕されましたが、この事故には複雑なからくりがあり…という内容のサスペンス映画です。11:14の出来事がどうして起こったのかという事を4つの視点からとらえたユニークな作品です。
監督:グレッグ・マルクス 出演:ヒラリー・スワンク(バジー)、パトリック・スウェイジ(フランク)、レイチェル・リー・クック(シェリー)、ヘンリー・トーマス(ジャック)、バーバラ・ハーシー(ノーマ)、ブレイク・ヘロン(アロン)、クラーク・グレッグ(保安官)、ショーン・ハトシー(ダフィ)、スターク・サンズ(ティム)、コリン・ハンクス(マーク)ほか

「ザ・キッチン」のネタバレあらすじ結末

ザ・キッチンの紹介:2019年アメリカ映画。1970年代後半のニューヨーク、夫が収監され路頭に迷いかけた妻たちは、ギャングの世界に足を踏み入れた。旧態依然とした町で、自分たちの新しい在り方を模索する女性たちの波乱万丈な日々を描く犯罪映画。
監督:アンドレア・バーロフ 出演:メリッサ・マッカーシー(キャシー・ブレナン)、ティファニー・ハディッシュ(ルビー・オキャロル)、エリザベス・モス(クレア・ウォルシュ)、ドーナル・グリーソン(ガブリエル・オマリー)、ビル・キャンプ(アルフォンソ・コレッティ)、マーゴ・マーティンデイル(ヘレン・オキャロル)、コモン(ゲイリー・シルヴァーズ捜査官)、ブライアン・ダーシー・ジェームズ(ジミー・ブレナン)、ジェームズ・バッジ・デール(ケヴィン・オキャロル)、ジェレミー・ボブ(ロブ・ウォルシュ)、アナベラ・シオラ(マリア・コレッティ)、ほか

「アクシデント すべてを失った女」のネタバレあらすじ結末

アクシデント すべてを失った女の紹介:2019年アメリカ映画。酒に酔った若者が運転する車を避けようとした事故で家族を失った女性が、事故から立ち直れず、そのまま去った相手を執拗に追い詰めていくサスペンス。飲んだら乗るな、事故を起こしたら通報!という切実なメッセージが伝わる作品。
監督:ティム・クルーズ 出演:ニッキー・ウェラン(エイミー)、アンナ・ハッチソン(メーガン)、アリー・デベリー(ケイティ)、カラ・ロイスター(ニッキ)、トレバー・スティンズ(リック)、ほか

「ガンズ・アンド・ギャンブラー」のネタバレあらすじ結末

ガンズ・アンド・ギャンブラーの紹介:2011年アメリカ映画。先住民族が多い砂漠の町のカジノで有り金をすってしまったスミスは、店の女に言われるがままエルヴィス・プレスリーのモノマネショーに出場。その後スミスは「面を渡せ」と次々襲われて迫られ…という内容のロードムービーです。先住民族の紛争の種である面のありかを探すストーリーですが、ラストにどんでん返しがあります。
監督:マイケル・ウィニック 出演者:クリスチャン・スレーター(ジョン・スミス)、パワーズ・ブース(ランチャー)、デイン・クック(ハッチンス保安官)、ジェフ・フェイヒー(カウボーイ)、クリス・カッタン(ゲイ・エルヴィス)、ヘレナ・マットソン(ブロンド)、ゲイリー・オールドマン(エルヴィス)、ミーガン・パーク(シンディ)、サム・トラメル(カウリー保安官)、トニー・コックス(小柄エルヴィス)ほか

「愛欲の輪舞曲(ロンド)」のネタバレあらすじ結末

愛欲の輪舞曲(ロンド)の紹介:2016年イギリス,カナダ,イタリア映画。恋人とのセックスに不満を感じる女性作家の前に危険な元恋人が現れ別荘へ招待する。そこでは選ばれた男女がパーティーで快楽をむさぼり、秘密の余興が演じられる。アナリー・ティプトンとマルタ・ガスティーニが演じる女性同士の濡れ場が見どころのエロティック・スリラー映画。
監督:クレイグ・グッドウィル 出演者:アナリー・ティプトン(セイディ・グラス), マルタ・ガスティーニ(フランチェスカ)、ヤコブ・セーダーグレン(アレックス)、ヤン・ベイヴート(ミノス)、ヴァランタン・メルレ(ティエリ)ほか

1 2 3 4 5 88

キーワードから探す

TOP↑