サスペンス映画のネタバレ

「去年の冬、きみと別れ」のネタバレあらすじ結末

去年の冬、きみと別れの紹介:2018年日本映画。芥川賞作家、中村文則の同名サスペンス小説を映画化。不可解な焼死事件を調べるフリーライター耶雲恭介は、容疑者の奇才写真家、木原坂雄大と接触ていくうちに、衝撃の事実へと辿り着いていく。主演は「HiGH&LOW」シリーズ、「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」等で注目を集める三代目J Soul Brothersの岩田剛典が務める。
監督:瀧本智行 出演:岩田剛典(耶雲恭介)、山本美月(松田百合子)、斎藤工(木原坂雄大)、浅見れいな(木原坂朱里)、土村芳(吉岡亜希子)、北村一輝(小林良樹)、ほか

「Knock Knock ノック・ノック」のネタバレあらすじ結末

Knock Knock -ノック・ノック-の紹介:2005年アメリカ映画。ハイスクールの生徒達が次々惨殺される、連続殺人事件が発生しました。女刑事ビリーは、捜査をしますが、事件は続きました。そんな時地元のベテラン刑事が、殺された生徒たちの親に、ある関連性を見つけました・・・という80年代を彷彿させるスラッシャー映画です。ゴア度も高く、マニアには見ごたえのある作品です。
監督:ジョセフ・アリオラ 出演者:アントニオ・マストラントニオ(マイク) 、 サル・サーキア(トロイ) 、 ジョリ・ジュリアナ(ニコール)、マット・ファラレイ(カート)ほか

「バンク・ジョブ」のネタバレあらすじ結末

バンク・ジョブの紹介:2008年イギリス映画。この作品は「奪ったブツは、キャッシュとダイヤと王室スキャンダル。」というキャッチコピーで、1971年に英国政府が報道規制によって徹底封印した銀行強盗事件を基に描いたクライム・サスペンス映画です。
監督:ロジャー・ドナルドソン 出演:ジェイソン・ステイサム(テリー・レザー)、サフロン・バロウズ(マルティーヌ)、リチャード・リンターン(ティム・エヴェレット)、スティーヴン・キャンベル・ムーア(ケヴィン)、ダニエル・メイズ(デイヴ)、ピーター・ボウルズ(マイルズ・アークハート)、キーリー・ホーズ(ウェンディ・レザー)、コリン・サーモン(ハキム)、ほか

「マーサ、あるいはマーシー・メイ」のネタバレあらすじ結末

マーサ、あるいはマーシー・メイの紹介:2011年アメリカ映画。カルト集団によるマインド・コントロールに苦しむ女性の姿を描いたサスペンス作品。マーサは2年間過ごした山中のカルト集団から逃げ出し、姉夫婦の下へ身を寄せた。サポートを受け日常を取り戻そうとするマーサだったが、カルト集団の呪縛は次第に彼女を蝕み、周囲を困惑させていくのだった。
監督:ショーン・ダーキン 出演者:エリザベス・オルセン(マーサ)、サラ・ポールソン(ルーシー)、ジョン・ホークス(パトリック)、ヒュー・ダンシー(テッド)、ブラディ・コーベット(ワッツ)ほか

「悪の教典 序章」のネタバレあらすじ結末

悪の教典 -序章-の紹介:2012年日本映画。『悪の教典』の劇場公開前に、ネット配信され、DVD化された、蓮実が残虐事件を起こすまでの様子を描いた作品です。アメリカの証券会社に勤めていた蓮実が日本に帰り、私立高校に教師として入り、生徒や先生の信頼を得るまでの話です。
監督:酒井麻衣 出演者:伊藤英明(蓮実聖司)、中越典子(水落聡子 / 釣井景)、岩松了(灘森正男)、高杉亘(園田勲)、高岡早紀(田浦潤子)、吹越満(釣井正信)ほか

「盲獣」のネタバレあらすじ結末

盲獣の紹介:1969年日本映画。江戸川乱歩の原作を増村保造監督、白坂依志夫脚本で映画化。実質三人のみの登場人物の間の愛憎を描く。巨大な女体の模型等、主人公の男の歪んだ欲望を具現したような映画美術に注目。
監督:増村保造 出演者:船越英二(蘇父道夫)、緑魔子(島アキ)、千石規子(蘇父しの)、ほか

「ファイナル・デッドクルーズ」のネタバレあらすじ結末

ファイナル・デッドクルーズの紹介:2008年イギリス映画。バカンスをリゾート地で楽しむ3人の女性が現地で出会った男3人に誘われ船で待機する男1人を加え7人で地中海クルージングに出かけるも、思わぬ行為で女性が一人死亡し殺人の連鎖になってしまうというサスペンス映画です。『ファイナルデッド~』とありますがファイナルデッドシリーズとは全く関係ありません。
監督:オリバー・ブラックバーン 出演者:ロバート・ボールター(ショーン)、トム・バーク(ブルーイ)、ニコラ・バーリー(タミー)、ジェイ・テイラー(マークス)、ジュリアン・モリス(ジョシュ)、ジェイミー・ウィンストン(キム)、シアン・ブレッキン(リサ) ほか

「フェーズ6」のネタバレあらすじ結末

フェーズ6の紹介:2009年アメリカ映画。兄ブライアンと彼女ボビー、弟ダニーと同級生のケイトを乗せた車が荒野を駆ける。楽しげな4人だが、一本道の行く手を阻むように1台の車が止まっている。持ち主の男はガソリンを分けて欲しいと頼んでくるが、4人は相手にせず走り去る。なぜなら男の娘であろう少女の“感染”に気がついたからだった…。致死率100%の感染症から逃げ延びるため、4人はメキシコ湾を目指すが…。
監督:アレックス・パストール、ダビ・パストール 出演:クリス・パイン(ブライアン)、ルー・テイラー・プッチ(ダニー)、パイパー・ペラーボ(ボビー)、エミリー・ヴァンキャンプ(ケイト)、ほか

「殺人の追憶」のネタバレあらすじ結末

殺人の追憶の紹介:2003年韓国映画。実際の連続強姦殺人事件を基につくられたクライム・サスペンス作品。ポン・ジュノ監督のみせる韓国ならではの暴力的な冷たい色味の作品はたまりません。ラストはとても心が苦しくなる衝撃の結末が待っています。
監督:ポン・ジュノ 出演:ソン・ガンホ(パク刑事)、キム・サンギョン(ソ・テユン刑事)、キム・レハ(チョ・ヨング)、パク・ノシク(クァンホ)

「パニック・フライト」のネタバレあらすじ結末

パニック・フライトの紹介:2005年アメリカ映画。飛行中の飛行機内で暗殺者集団のメンバーに遭遇してしまったホテル従業員の女性。父を殺すと脅されて理不尽な要求をされた時、彼女の反撃が始まる…。地上30,000フィートの密封空間で繰り広げられる攻防を描いたサスペンス・スリラーです。
監督:ウェス・クレイヴン 出演者:レイチェル・マクアダムス(リサ・ライザート)、キリアン・マーフィー(ジャクソン・リップナー)、ブライアン・コックス(ジョー・ライザート)、ジェイマ・メイズ(シンシア)、ジャック・スカリア(チャールズ・キーフ)ほか

「ふくろう」のネタバレあらすじ結末

ふくろうの紹介:2003年日本映画。満100歳で亡くなる直前まで現役で活躍していた新藤兼人監督作品。ある母娘による連続殺人劇をブラックな笑いとサスペンスを交えて描く、大竹しのぶの怪演が光る異色作です。
監督:新藤兼人 出演:大竹しのぶ(ユミエ / 母)、伊藤歩(エミコ / 娘)、木場勝己(ダム男A)、柄本明(ダム男B)、原田大二郎(ダムかんとく)、六平直政(電気屋)、魁三太郎(電気屋上司)、ほか

「ロスト・ハイウェイ」のネタバレあらすじ結末

ロスト・ハイウェイの紹介:1997年アメリカ映画。鬼才デヴィッド・リンチ監督が「O・J・シンプソン事件」から着想を得て制作した難解ミステリー・サスペンスです。妻を殺害した容疑で逮捕されたミュージシャンの男が監獄の中で青年に入れ替わり、亡き妻と瓜二つの娼婦と恋に落ちるのですが…。
監督:デヴィッド・リンチ 出演者:ビル・プルマン(フレッド・マディソン)、パトリシア・アークウェット(レニエ・マディソン/アリス・ウェイクフィールド(二役))、バルサザール・ゲティ(ピーター・“ピート”・レイモンド・デイトン)、ロバート・ブレイク(ミステリー・マン)、ロバート・ロッジア(エディ/ディック・ロラント)ほか

「黒の試走車」のネタバレあらすじ結末

黒の試走車(テストカー)の紹介:1962年日本映画。同じ年に発表された梶山季之のベストセラー小説を原作として製作される。サスペンスタッチで描かれる、しのぎを削る二つの自動車会社の産業スパイ戦争。その中で人間性をすり減らされる男。
監督:増村保造 出演者:田宮二郎(朝比奈豊)、叶順子(宇佐美昌子)、高松英郎(小野田透)、船越英二(平木公男)、菅井一郎(馬渡久)

「バーニング・オーシャン」のネタバレあらすじ結末

バーニング・オーシャンの紹介:2016年アメリカ映画。2010年にメキシコ湾で発生した原油流出事故をモチーフに製作されたパニック映画です。油田で大爆発事故が発生、被害を食い止めようとする従業員、安全よりも利益を優先する会社幹部、そして懸命の脱出劇と救助活動が臨場感溢れる映像で綴られます。
監督:ピーター・バーグ 出演者:マーク・ウォールバーグ(マイク・ウィリアムズ)、カート・ラッセル(ジミー・ハレル)、ジョン・マルコヴィッチ(ドナルド・ヴィドリン)、ジーナ・ロドリゲス(アンドレア・フレイタス)、ディラン・オブライエン(ケイレブ・ハロウェイ)、ケイト・ハドソン(フェリシア・ウィリアムズ)ほか

「ビガイルド 欲望のめざめ」のネタバレあらすじ結末

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめの紹介:2017年アメリカ映画。1864年のバージニア州。南北戦争の砲弾から逃れるために隔離された女子寄宿学園に暮らす美しい7人の女性たち。ある日、女生徒の1人エミリーは森で敵軍の負傷兵ジョン・マクバニーを見つけ宿舎で手当し、回復するまでかくまうことになった。男子禁制の学園にワイルドでハンサムなジョンが現れたことによって、秩序ある学園内が一気に嫉妬と欲望に渦巻いていく。原作はトーマス・カリナンの小説「The Beguiled」。ソフィア・コッポラの長編6作目の作品として、カンヌ国際映画では監督賞を獲得するなど高い評価を得た。クリント・イーストウッド主演の『白い肌の異常な夜』のリメイク版。
監督:ソフィア・コッポラ 出演:コリン・ファレル(ジョン・マクバニー伍長)、ニコール・キッドマン(マーサ・ファーンズワース)、キルスティン・ダンスト(エドウィナ・ダブニー)、エル・ファニング(アリシア)、ウーナ・ローレンス(エイミー)、アンガーリー・ライス(ジェーン)、アディソン・リーケ(マリー)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 46
TOP↑