サスペンス映画のネタバレ

「エンマ」のネタバレあらすじ結末

エンマの紹介:2006年日本映画。渋谷の街で突然苦しくなり倒れた遥冬は、広い病室にいました。気が付くと5人の男女が寝ていて、自分と同じように記憶がありません。やがて刑事だという韮崎が色々調べ出すと、予告ウィルステロが関係していることがわかります。一人ずつ死んでいき生き残った遥冬と亜美、犯人は誰なのか…という内容のサスペンススリラー映画です。現実と幻覚の境界線が少しわかりづらい所がありますが、ミステリー要素もあり面白い1本です。
監督:長江俊和 出演者:塚本高史(野上遥冬)、近野成美(池内亜美)、佐藤重幸(君嶋勉)、坂本爽(村田卓磨)、ベンガル(韮崎康二郎)、山田明郷(遠山達彦)ほか

「スリー・キラーズ」のネタバレあらすじ結末

スリー・キラーズの紹介:2016年カナダ映画。屋敷で目覚めたチーは血まみれでした。リビングに降りると男が襲ってきて、女もやって来ました。チーは何者かに支配され、3人による殺し合いのゲームに参加させられていることに気づきます。やがて記憶が蘇ってくると、ゲームの内容を思い出しゲームを終わらせようとしますが…という内容のシチュエーションスリラーです。
監督:ディン・ワン 出演者:ドージー・スオナン(チー)、クロエ・メルセデス(クリスティーン)、ピカルディ・ジャン=ピエール(レイノ)、ほか

「鵞鳥湖の夜」のネタバレあらすじ結末

鵞鳥湖(がちょうこ)の夜の紹介:2019年中国,フランス映画。刑務所を出所しバイク窃盗団に戻ってきた裏社会の男チョウ。しかしあるきっかけで誤って警察官を射殺してしまい、たちまち全国に指名手配されることに。追い詰められたチョウは自らに懸けられた報奨金30万元を妻と幼い息子に残そうとする。そんなチョウの前に現れたのは、妻の代理としてやってきた水浴嬢、すなわち水辺の娼婦として生きているアイアイ。警察の捜査と報奨金の強奪を狙う窃盗団に挟まれながら、アイアイとの関係も変化していく。第72回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、『パラサイト 半地下の家族』と並んでカンヌにアジア発の衝撃を与えた作品。
監督:ディアオ・イーナン 出演:フー・ゴー(チョウ・ザーノン)、グイ・ルンメイ(リウ・アイアイ)、リャオ・ファン(リウ警部)、レジーナ・ワン(ヤン・シュージュン)、チー・タオ(ホア・ホア)、ホアン・ジュエ(ヤン・グァ)、クロエ・マーヤン(ピン・ピン)、チャン・イーコン(シャオ・ドンペイ)、チェン・ヨンジョン(クライアント)ほか

「ヘイター」のネタバレあらすじ結末

ヘイターの紹介:2020年ポーランド映画。論文を盗用したことによって大学を退学になったトメクは、ネガティブキャンペーンを密かに行っている会社に就職をします。最初の案件を成功させたトメクは上司に評価され、政治家のルドニツキを陥れる仕事を依頼されます。その政治家はトメクの大学費を援助してくれたクラジュキ家とも繋がりがあり、トメクはその人脈を利用して深いところまでルドニツキと関わり、任務を遂行させます。ポーランドを舞台に、移民問題、フェイクニュースなど現代の問題を多く取り上げた、限りなくノンフィクションに近いポーランドのスリラー映画です。
監督:ヤン・コマサ 出演:マチェイ・ムシャウォウスキー(トメク)、ヴァネッサ・アレクサンダー(ガービ)、グヌタ・ステンカ(ゾフィア)、ジャセック・コーマン(ロバート)、マチェイ・シュトゥル(ルドニツキ)、アガタ・クレシャ(ベアタ)、ほか

「カリーヌの死」のネタバレあらすじ結末

カリーヌの死の紹介:2005年フランス映画。市長の秘書を勤める友人が轢き逃げに遭ったことで、調査を始めた新聞記者が、捜査にあたる警察官とともに真相にたどり着くまでを描いた社会派サスペンス映画です。
監督:キャロリーヌ・ユペール 出演:ブリュノ・スラグミュルデール、サラー・グラパン、エリック・サヴァン、ニコラ・ブリアンソン、ほか

「悪魔はいつもそこに」のネタバレあらすじ結末

悪魔はいつもそこにの紹介:2020年アメリカ映画。南太平洋戦争を経験したウィラードは、神に熱心に祈り始めます。それを息子のアーヴィンにも教えますが、妻のシャーロットがガンになったことによって今までにも増して祈り、息子にも強要します。この頃からアーヴィンは負の連鎖が続く人生を歩むことになります。主演は『スパイダーマン』でピーター・パーカー役を務めるトム・ホランド、アーヴィンの父親役として『IT/イット“それ”が見えたら、終わり。』でペニーワイズを演じたビル・スカルスガルドが務めるなど、他にも多くの豪華俳優人が揃った話題のNetflix映画です。
監督:アントニオ・カンポス 出演:トム・ホランド(アーヴィン)、ビル・スカルスガルド(ウィラード)、ミア・ワシコウスカ(ヘレン)、ハリー・メリング(ロイ牧師)、ロバート・パティンソン(プリストン牧師)、イライザ・スキャンレン(レノーラ)、ヘイリー・ベネット(シャーロット)、ジェイソン・クラーク(カール)、ライリー・キーオ(サンディ)、セバスチャン・スタン(ボーデッカー保安官)、ほか

「TENET テネット」のネタバレあらすじ結末

TENET テネットの紹介:2020年アメリカ映画。名もなき男のミッションは、<時間のルール>から脱出すること。時間の中に隠された秘密を解き明かし第三次世界大戦阻止に向けて始動した。突然、国家を揺るがす任務に巻き込まれた名もなき男と相棒ニール。無事に任務を遂行することができるのか。脅威のスケールで放つ極限のタイムサスペンス超大作。
監督: クリストファー・ノーラン 出演:ジョン・デヴィッド・ワシントン(名もなき男)、ロバート・パティンソン(ニール)、エリザベス・デビッキ(キャット)、ディンプル・カパディア(プリヤ)、アーロン・テイラー=ジョンソン(アイブス)、ヒメーシュ・パテル(マヒア)、クレマンス・ポエジー(バーバラ)、マイケル・ケイン(クロズビー)、ケネス・ブラナー(セイター)他

「プリズンエスケープ 脱出への10の鍵」のネタバレあらすじ結末

プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵の紹介:2020年イギリス,オーストラリア映画。南アフリカで存在したアパルトヘイトという少数の白人が多数派の黒人を差別する制度は1990年代まで続きました。1970年代後半、ティム・ジェンキンは白人でありながら反アパルトヘイト運動を行い投獄されました。しかしジェンキンは刑務所から脱獄を実行することにします。『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』は実話に基づいたジェンキンの脱獄劇ですが、かつて存在したアパルトヘイトについても勉強できる映画となっています。
監督:フラ:ンシス・アナン 出演:ダニエル・ラドクリフ(ティム・ジェンキン)、ダニエル・ウェバー(スティーヴン・リー)、イアン・ハート(デニス・ゴールドバーグ)、マーク・レナード・ウィンター(レナード・フォンティン)、ほか

「秘められた遊戯」のネタバレあらすじ結末

秘められた遊戯の紹介:2007年アメリカ映画。ほんの少しの刺激を求めて始めたゲームがもとで、偶然出会った夫と瓜二つの人物によって夫婦が陥った恐怖を描いた、エロティック・サスペンス映画です。
監督:チャールズ・T・カンガニス 出演:ウィラ・フォード、アンガス・マクファーデン、ロバート・モロニー、ロン・セルモア、パブロ・シルヴェイラ、イングリッド・トランス、ナンシー・シヴァク、ほか

「沈黙、愛」のネタバレあらすじ結末

沈黙、愛の紹介:2017年韓国映画。テサングループの会長のイムは、歌手のユナと婚約。イムにはミラという娘がいます。ユナはミラと良い関係になろうと必死でしたが、ユナの過去のSEX動画が流出したのと同時に、ユナが車で弾き殺されます。犯人として逮捕されたのは娘のミラでした。イムの依頼でミラの弁護人となった女性弁護士のチェの相手は、元恋人の検事トンでした。裁判で争う二人でしたが、事態は思わぬ方向へ向かいはじめ…という内容の韓国のサスペンス映画です。
監督:チョン・ジウ 出演者:チェ・ミンシク(イム・テサン)、パク・シネ(チェ弁護士)、リュ・ジュンヨル(キム・ドンミョン)、イ・ハニ(ユナ)、イ・スギョン(ミラ)ほか

「アナーキー:無法集団」のネタバレあらすじ結末

アナーキー:無法集団の紹介:2017年アメリカ映画。バーで働く美人人妻に一目ぼれしたクラレンスは、バーに通い詰めます。募る思いをなんとかしたく、クラレンスは女たらしのパトリックを見つけ、金を渡して二人の橋渡しのきっかけを作ってもらおうとします。しかし芝居が過激すぎてアレックスがパトリックの仲間を殺してしまった事から計画は狂い始め…という内容のコメディ要素のあるサスペンス映画です。ポスターや邦題から想像するような過激な内容ではありません。
監督:エリック・イングランド 出演者:ジャスティン・ドビーズ(クラレンス)、エリザベス・ウィットソン(アレックス)、ノア・セガン(パトリック)、ジェームズ・ランドリー・エベール(カリー)、スカウト・テイラー=コンプトン(ジェイド)、アディ・シャンカル(KJ)、ダニエル・クイン(警官)ほか

「ソニア ナチスの女スパイ」のネタバレあらすじ結末

ソニア ナチスの女スパイの紹介:2019年ノルウェー映画。第二次世界大戦中のナチス占領下のノルウェー。女優として活躍するソニア・ヴィーゲットは、ナチスの国家弁務官ヨーゼフ・テアボーフェンからプロパガンダとして利用されようとしていた。しかしその一方で、スウェーデンの諜報部からスパイとしてナチスの情報を掴むよう要請される。女優でありながら、スパイとしてナチスに潜入した実在の女性の真実の物語。ノルウェー出身の国際的女優イングリッド・ボルゾ・ベルダルが主演のソニアを体当たりの演技で熱演。歴史の裏側に隠された真実を描く。
監督:イェンス・ヨンソン 出演:イングリッド・ボルゾ・ベルダル(ソニア・ヴィーゲット)、ロルフ・ラスゴード(トルステン・アクレル)、アレクサンダー・シェーア(ヨーゼフ・テアボーフェン)、ダミアン・シャペル(アンドル・ゲラート)ほか

「女神は二度微笑む」のネタバレあらすじ結末

女神は二度微笑むの紹介:2012年インド映画。地下鉄テロと女性の失踪を主軸に、巧みな伏線によって練り込まれたサスペンス作品。インド映画でイメージされる歌と踊りの世界とは一風違った、シリアスな物語が展開される。約1億円という低予算ながら、ゲリラ撮影を多用した現実感あふれる街の描写で注目を集めた。
監督:スジョイ・ゴーシュ 出演者:ヴィディヤ・バラン(ヴィディヤ)、パランブラタ・チャテルジー(ラナ)、 ナワーズッディーン・シッディーキー(カーン)、インドラネイル・セングプタ(ミラン・ダブジ)、ドリティマン・チャッテルジー(バスカラン・K)ほか

「飾窓の女」のネタバレあらすじ結末

飾窓の女の紹介:1944年アメリカ映画。結末のどんでん返しで有名なフィルム・ノワール。もともとギャングスター役で知られたエドワード・G・ロビンソンが、女性のせいで窮地に立たされる大学教授を演じる。
監督:フリッツ・ラング 出演:ジョーン・ベネット(アリス・リード)、エドワード・G・ロビンソン(リチャード・ウォンレー)、レイモンド・マッセイ(レイラー地方検事)、ダン・デュリエ(用心棒)、トーマス・E・ジャクソン(ジャクソン検査官)

「ホワイトアウト フローズンリベンジ」のネタバレあらすじ結末

ホワイトアウト フローズン・リベンジの紹介:2010年ロシア,ドイツ,イギリス映画。ロシア、極寒の山奥にある観測所でSOS信号が発せられました。刑事のアンドレイとスラバが観測所に向かうと人影はありません。調べるうち、観測所にいた3人以外に立ち寄った夫婦も行方不明になっていました。アンドレイとスラバは観測所に残って捜査を進めますが…という内容のロシアのサスペンス映画です。捜査する現在と、一日前の状況が交互に描かれ、最後には時間軸が一致するという、面白い発想の作品です。
監督:ジョニー・オライリー 出演者:ピョートル・ロガチェフ(ロマシュ)、ウラジーミル・グーセフ(イワノフ)、セルゲイ・ガルマッシュ(ドロゾフ)、アレクセイ・グシュコフ(アンドレイ)、アントン・シャギン(スラバ)、セルゲイ・ユシュケヴィッチ(パディム)、マリーナ・アレクサンドロワ(イリーナ)ほか

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 88

キーワードから探す

TOP↑