サスペンス映画のネタバレ

「私の少女」のネタバレあらすじ結末

私の少女の紹介:2014年韓国映画。同性愛がバレ、漁村の警察所長として左遷されたヨンナムは、義理の父から虐待を受けているドヒという14歳の少女を見かけます。やがてドヒを父から守るため、自宅に泊めるようになったヨンナムでしたが、日を追うごとにドヒに、大人のような言動が見えはじめ…という内容の韓国のサスペンス映画です。
監督:チョン・ジュリ 出演者:ペ・ドゥナ(イ・ヨンナム)、キム・セロン(ソン・ドヒ)、ソン・セビョク(ソン・ヨンハ)ほか

「網走番外地 南国の対決」のネタバレあらすじ結末

網走番外地 南国の対決の紹介:1966年日本映画。網走刑務所を出所した橘は、自分の破門状を見ます。すると自分の組は知らぬ間に二代目に代わっていて、親分の事故死の後、舎弟頭の関森が組長になっていました。何かおかしいと思った橘は舎弟の大槻を連れ、組長が事故死した沖縄に向かいますが、すでに関森から橘を殺せという指令が出ており…という内容の、舞台をアメリカ統治下の沖縄に移した高倉健主演の網走番外地シリーズの6作目です。
監督:石井輝男 出演者:高倉健(橘真一)、千葉真一(谷村)、町田政則(一郎)、吉田輝雄(美波)、嵐寛寿郎(鬼寅)、田中邦衛(大槻)、由利徹(樫山)、谷隼人(佐竹)、大原麗子(夏子)、三原葉子(路子)ほか

「リトル・ジョー」のネタバレあらすじ結末

リトル・ジョーの紹介:2019年オーストリア,イギリス,ドイツ映画。シングルマザーの研究者アリスはバイオ企業で美しく人々を幸せにする香りのする新種の植物”リトル・ジョー”を開発します。しかし、リトル・ジョーはその美しさと匂いが人々の行動や心理に影響を与えることを知ります。リトル・ジョーはアリスや人々を幸せにするのでしょうか?。『リトル・ジョー』は、美しい花とそれに魅惑される人々を描いた映画で、人間の幸福について考えさせられます。主演のアリスを演じるエミリー・ビーチャムは、美しい花を開発するシングルマザーの役でカンヌ国際映画祭・女優賞を受賞しています。
監督:ジェシカ・ハウスナー 出演: エミリー・ビーチャム(アリス)、ベン・ウィショー(クリス)、ケリー・フォックス(ベラ)、キット・コナー(ジョー)、デヴィッド・ウィルモット、フェニックス・ブロサール、ゼバスティアン・フールク、ほか

「オフィシャル・シークレット」のネタバレあらすじ結末

オフィシャル・シークレットの紹介:2018年イギリス映画。キャサリン・ガンはイギリスの情報機関勤務で国家機密を知る立場にあります。キャサリンは2003年のイラク戦争に関し、アメリカ・イギリス両国政府が戦争支持への国際世論を作るため不法なスパイ活動をしていることを知ります。キャサリンは国家機密をメディアにリークすることにしますが、彼女は逮捕され裁判にかけられることになります。『オフィシャル・シークレット』は平和への信念のため、内部告発をしたキャサリン・ガンの勇気ある行動を描いています。キャサリンは少女時代を台湾で過ごし、日本で英語を教えた経験もあります。
監督:キャヴィン・フッド 出演:キーラ・ナイトレイ(キャサリン・ガン)、マット・スミス(マーティン・ブライト)、マシュー・グード(ピーター・ボーモンド)、レイフ・ハインズ(ベン・ハインズ)、ほか 

「囚われの美女」のネタバレあらすじ結末

囚われの美女の紹介:1983年フランス映画。闇の組織に所属する男性、ヴァルテルが体験する夢と現実の狭間の物語。ヴァルテルはダンスホールでブロンドの美女と出会い、運転中に彼女が道端で倒れているのを発見する。親切心から医者に見せようと近くの屋敷に運ぶが、ヴァルテルは次々と奇妙な体験をすることになる。1983年にフランスで公開され、1989年に日本でも公開された。アラン・ロブ・グロエ監督の作品が日本で公開されたのはこれが初めてとなった。
監督:アラン・ロブ・グロエ 出演:ダニエル・メグイシュ(ヴァルテル)、ガブリエル・ラズゥール(マリー・アンジュ)、シリエル・クレール(サラ)、ほか

「ザ・スカルズ 髑髏の誓い」のネタバレあらすじ結末

ザ・スカルズ/髑髏(ドクロ)の誓いの紹介:2000年アメリカ映画。大学でヨット部のルークは、将来有望な人材を集める秘密結社「スカル」に呼ばれ入会しました。部屋、金、車を与えられご満悦のルークでしたが、スカルの事を調べていた親友のウィルが変死したことから、スカルに対する疑いを持ち始め…という内容のサスペンス映画です。
監督:ロブ・コーエン 出演者:ジョシュア・ジャクソン(ルーク・マクナマラ)、ポール・ウォーカー(ケイラブ・マンドレク)、ヒル・ハーパー(ウィル・ベックフォード)、レスリー・ビブ(クロエ・ウィットフィールド)、クリストファー・マクドナルド(マーティン・ロンバード)、スティーヴ・ハリス(スパロー刑事)、ウィリアム・ピーターセン(エイムス・レブレット)、クレイグ・T・ネルソン(リットン・マンドレーク)、ノア・ダンビー(ヒュー・マウバーソン)、スコット・ギブソン(トラヴィス・ウィーラー)ほか

「工作 黒金星と呼ばれた男」のネタバレあらすじ結末

工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男の紹介:2018年韓国映画。1990年代に実在した韓国のスパイの実話を基に、北朝鮮内部に潜入して権力の中枢との接触に成功した韓国の工作員の運命と南北の権力者たちの闘争を描いたポリティカル・サスペンス映画です。本作はカンヌ国際映画祭のミッドナイト・スクリーニングに公式招待され、韓国を代表する映画賞である青龍映画賞・大鐘賞・百想芸術大賞などで高い評価を得ました。
監督:ユン・ジョンビン 出演者:ファン・ジョンミン(パク・ソギョン(黒金星))、イ・ソンミン(リ・ミョンウン)、チョ・ジヌン(チェ・ハクソン)、チュ・ジフン(チョン・ムテク)、キ・ジュボン(金正日)、チョン・ソリ(イ・フンソル)、キム・ウンス(キム部長)、チェヨン(ファン・ビョンチョル)、パク・ジニョン(キム・チャンヒョク)、ナム・ムンチョル(パク議員)、チェ・ビョンモ(ユ議員)、キム・イヌ(清原)ほか

「マーニー」のネタバレあらすじ結末

マーニー(別題:マーニー/赤い恐怖)の紹介:1964年アメリカ映画。1961年に発表された、ウィンストン・グレアムの小説『Marnie』を巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督が映画化した心理サスペンスです。幼児期に体験した事件のトラウマから犯罪を犯してしまう女性と、彼女を救おうと奮闘する夫の行動を描きます。
監督:アルフレッド・ヒッチコック 出演者:ティッピー・ヘドレン(マーニー・エドガー)、ショーン・コネリー(マーク・ラトランド)、マーティン・ガベル(シドニー・ストラット)、ダイアン・ベイカー(リル・マインウォーリング)、ルイーズ・ラサム(バーニス・エドガー)、マリエット・ハートレイ(スーザン・クレイボン)、アラン・ネピア(ラトランドの父)、ヘンリー・ベックマン(探偵)、ブルース・ダーン(水兵)ほか

「北北西に進路を取れ」のネタバレあらすじ結末

北北西に進路を取れの紹介:1959年アメリカ映画。ヒッチコックの代表作のひとつ。イギリス時代の『三十九夜』をグレードアップし、スリルに満ちたエンタテイメント作品に仕立てている。広い畑での襲撃場面とラストのラシュモア山のシーンは有名。
監督:アルフレッド・ヒッチコック 出演:ケーリー・グラント(ロジャー・ソーンヒル)、エヴァ・マリー・セイント(イヴ・ケンドール)、ジェームズ・メイソン(フィリップ・ヴァンダム)、ジェシー・ロイス・ランディス(クララ・ソーンヒル)、レオ・G・キャロル(教授)、エドワード・ビンズ(ジャンケット警部)、マーティン・ランドー(レナード)、ほか

「水曜日が消えた」のネタバレあらすじ結末

水曜日が消えたの紹介:2020年日本映画。日経トレンディ「2019来年の顔」に選ばれ、映画にテレビドラマに今や飛ぶ鳥を落とす勢いの中村倫也。一人の人間の中に7つの人格が共存している主人公を、カメレオン俳優の名をほしいままにする中村が見事に演じ分ける。監督は、期待の若手映像作家として名前の挙がる吉野耕平。長編初監督作となる本作は自身が脚本を書いた完全オリジナルでVFXも手掛ける。Netflixでの主演ドラマが話題の石橋菜津美、元「乃木坂46」の深川麻衣がタイプの異なるヒロインをつとめている。
監督・脚本・VFX: 吉野耕平 主題歌:須田景凪「Alba」 キャスト:中村倫也(“僕”)、石橋菜津美(一ノ瀬)、中島歩(新木)、休日課長(高橋)、深川麻衣(瑞野)、きたろう(安藤)、ほか

「ホテル・エルロワイヤル」のネタバレあらすじ結末

ホテル・エルロワイヤルの紹介:2018年アメリカ映画。州境にあるホテル「エルロワイヤル」に集まった男女7人。一見無関係そうに見えるも、それぞれに重大な秘密が隠されていました。それがホテルの秘密が明かされると共に明らかになっていく。手に汗握るクライムサスペンスです。
監督:ドリュー・ゴダード 出演:ジェフ・ブリッジス(ダニエル)、シンシア・エリヴォ(ダーリン)、ダコタ・ジョンソン(エミリー)、ジョン・ハム(ララミー・サリバン)、ケイリー・スピーニー(ローズ)、ルイス・プルマン(マイルズ)、クリス・ヘムズワース(ビリー)、ほか

「ディテクティブ:刑事ブラッドリー」のネタバレあらすじ結末

ディテクティブ:刑事ブラッドリーの紹介:2019年アメリカ映画。ノースサイド刑務所から釈放されたばかりの男達が次々殺される事件が発生し、捜査していたダグは、男たちが全て繋がっている事を知り、同じ時期に刑務所に入った男6人の名簿を入手します。その中に自分の兄ライアンの名前を見つけ、ダグがライアンに話を聞きますが、堅く口を閉ざすライアンでした…という内容の隠れた陰謀を暴くサスペンス映画です。
監督:ダロン・ニーメロウ 出演者:ダグラス・ロウイラード(ダグ・ブラッドリー)、ブリットン・パーヴィス(ライアン・ブラッドリー)、チャールズ・ジャスト(スティーブンス)、ライアン・ロウイラード(署長)、ミシェル・ゴメス(エミー)ほか

「アンキャニー 不気味の谷」のネタバレあらすじ結末

アンキャニー・不気味の谷の紹介:2015年アメリカ映画。AIロボットの研究をするクレセンの取材を一週間することになったジョイは、クレセンからアダムという人型AIを紹介されます。ロボットであるはずのアダムは、ジョイと会った事で感情が芽生え、やがてクレセンと意見が対立するようになります。そんなアダムの目の前でクレセンはジョイとの距離を縮め、アダムの嫉妬心は増すばかりになり…という人型AIロボットをテーマにしたサスペンススリラー映画です。ラストにどんでん返しと、エンドロールの途中に仕掛けがあります。
監督:マシュー・ルートワイラー 出演者:マーク・ウェバー(デヴィット・クレセン)、ルーシー・グリフィス(ジョイ・アンドリュース)、デヴィッド・クレイトン・ロジャーズ(アダム・クレセン)、レイン・ウィルソン(キャッスル)ほか

「SEXドールズ」のネタバレあらすじ結末

SEXドールズの紹介:2014年イタリア映画。ブカレストに住むソフィアは、イタリアのプロデューサーの誘いに乗りローマへ行くものの、売春婦として売られてしまう。苦しみに与えながら娼婦として働くソフィアは、エバというレズビアンと知り会い、逃がしてくれと頼みますがこのことがばれ、同僚のアリーナと一緒に拷問を受けはじめ…という内容のトーチャーポルノというべく、バイオレンスホラー映画です。やることなすことが全て悪い方向に行ってしまうという、真逆のストーリー展開が斬新です。
監督:デイヴィット・ペトルーシ 出演者:フランチェスカ・アゴスティーニ(ソフィア)、ダニー・トレホ(マリウス)、ミーシャ・バートン(アリーナ)、ダニエル・ボールドウィン(エトール)、マイケル・マドセン(マノール)、アンドレイ・チェルニショフ(ガブリエル)、ディエゴ・パゴット(ファビアン)ほか

「地獄愛」のネタバレあらすじ結末

地獄愛の紹介:2014年ベルギー,フランス映画。シングルマザーのグロリアは、出会い系サイトで知り合ったミシェルに心奪われる。しかし、ある日女性といるとこを目撃する。ミシェルの本当の姿は、女性の性的欲求を満たし、金を引き出させようとする結婚詐欺師だった。しかしグロリアの思いは強く、彼の稼業を手伝っていくのだった。
監督:ファブリス・ドゥ・ヴェルツ 出演:ロラ・ドゥエニャス(グロリア)、ローラン・リュカ(ミシェル)、エレーナ・ノゲラ(ソランジュ)、エディット・ル・メルディ、アン=マリー・ループ、ピリ・グロイン、ほか

1 6 7 8 9 10 11 12 13 14 88

キーワードから探す

TOP↑