サスペンス映画のネタバレ

「10ミニッツ」のネタバレあらすじ結末

10ミニッツの紹介:2019年アメリカ映画。ある銀行強盗の男が意識を失った10分間に、共に強盗に加わっていた弟が死亡していた事件を巡り、男が事件の裏側を探ろうとする様を描いたアクション・サスペンスです。強盗計画の黒幕をブルース・ウィリスが演じます。
監督:ブライアン・A・ミラー 出演者:マイケル・チクリス(フランク・サリバン)、ブルース・ウィリス(ロード・レックス)、メドウ・ウィリアムズ(クレア)、カイル・シュミット(グリフィン・オブライエン)、テキサス・バトル(リチャード)、リディア・ハル(アイボリー)、セルヒオ・リズート(マーシャル)ほか

「LOCKDOWN ロックダウン」のネタバレあらすじ結末

LOCKDOWN ロックダウンの紹介:2016年イタリア,アメリカ映画。孤立無援の荒野で突然制御不能に陥った人工知能搭載のハイテク車。運転していた母親は車外に放り出され、中には幼い息子が取り残され…。漫画作家のロベルト・レッキオーニが原作を手掛け、アメリカの雑誌「エスクワイア」で“最もセクシーな女性”に選ばれた経歴のあるカトリーナ・ボウデンが主演を務めたシチュエーション・スリラーです。
監督:イヴァン・シルヴェストリニ 出演者:カトリーナ・ボウデン(サンドラ・ジェンキンス)、ブランドン・ジョーンズ(テッド)、ジャスティン・ワックスバーガー(ジェサ)、ジェイ・ヘイデン(レイ・ラコンブ)、キャサリン・ケリー・ラング(モノリス(声))、デーモン・デユーブ(カール・ジェンキンス)、ニクソン・ホッジズ(デイビッド・ジョンキンス)、クルー・ホッジズ(デイビッド・ジョンキンス)ほか

「ある殺し屋の鍵」のネタバレあらすじ結末

ある殺し屋の鍵の紹介:1967年日本映画。表向きは日本舞踊の師匠ですが、裏では金をもらって人を殺す”殺し屋家業”をやる新田が、巨額の脱税で告発された朝倉の殺しを依頼され実行しました。しかし朝倉が政財界を揺るがす秘密を握っていたことから、新田は命を狙われ始め…という内容の市川雷蔵主演のサスペンス映画『ある殺し屋シリーズ』第二弾です。
監督:森一生 出演者:市川雷蔵(新田)、西村晃(遠藤)、佐藤友美(秀子)、山形勲(北条)、中谷一郎(石野)、金内吉男(荒木)、内田朝雄(朝倉)ほか

「COP CAR/コップ・カー」のネタバレあらすじ結末

COP CAR/コップ・カーの紹介:2015年アメリカ映画。「ガキども、遊びは終わりだ!」乗り捨てられていたパトカーを盗んでしまった家出少年二人組と、彼らを追う悪徳警官との攻防を描いたクライムサスペンス映画です。
監督:ジョン・ワッツ 出演者:ケヴィン・ベーコン(ミッチ・クレッツァー)、ジェームズ・フリードソン=ジャクソン(トラヴィス)、ヘイズ・ウェルフォード(ハリソン)、カムリン・マンハイム(ベヴ)、シェー・ウィガム(トランクの中の男)ほか

「監禁モーテル」のネタバレあらすじ結末

監禁モーテルの紹介:2018年アメリカ映画。銀行強盗に成功し、あるモーテルに宿泊した二人組に、次々と不可解な出来事が降りかかる様を描いた不条理サスペンス・スリラーです。組織の指定したモーテルに到着した強盗たち。ところが、車のトランクにはいつの間にか謎の女が入れられており…。
監督:ケヴィン・ジェームス・バリー 出演者:ジョナサン・トムソン(ハリー)、ダン・リーブマン(ミック)、エヴァレナ・マリー(シド)、マイケル・リード(モーテル受付の男)、セーラ・ニックリン(ジンジャー)、ボビー・ケニー(グレイハースト)、ニコラス・アポストリデス(キース)ほか

「スパロークリーク 野良犬たちの長い夜」のネタバレあらすじ結末

スパロークリーク 野良犬たちの長い夜の紹介:2018年アメリカ映画。銃乱射事件の犯人を巡り、互いを疑いあう極右民兵組織の男たちの尋問と描け引きが繰り返される緊迫した状況を、緻密な描写とスタイリッシュな映像で描いた密室サスペンス映画です。主演は『蝿の王』の子役として強烈なデビューを飾った後、監督・脚本は本作が初の長編作品となるヘンリー・ダナム、主演は『ワールド・ウォーZ』『オンリー・ザ・ブレイブ』などのジェームズ・バッジ・デールが務めています。
監督:ヘンリー・ダナム 出演者:ジェームズ・バッジ・デール(ギャノン)、ブライアン・ジェラティ(ノア)、パトリック・フィッシュラー(ベックマン)、ハッピー・アンダーソン(モリス)、ロバート・アラマヨ(キーティング)、ジーン・ジョーンズ(ハベル)、クリス・マルケイ(フォード)、ブレット・ポーター(コワルスキー)、コッター・スミス(ローマ)、ニコール・アブシャー(警官)ほか

「囚われた女」のネタバレあらすじ結末

囚われた女の紹介:1989年オーストラリア映画。レイプ犯ニコルズが、公判が始まろうとする裁判所から判事や警官を射殺して脱走。逃走するニコルズは,、薬物依存症で娘を取り上げられたシングルマザーのアシュリーを拉致し、アシュリーの家に立て籠もりました…という内容のサスペンス映画です。実際にあった事件を題材にしており、映画のエンディングには、本人であるアシュリーのインタビュー映像も収められています。
監督:ジェリー・ジェームソン 出演者:デヴィッド・オイェロウォ(ブライアン・ニコルズ)、ケイト・マーラ(アシュリー・スミス)、マイケル・K・ウィリアムズ(ジョン・チェストナット警部補)、レオノア・ヴァレラ(カルメン・サンチェス刑事)、ジェシカ・オイェロウォ(メレディス・マッケンジー)、ミミ・ロジャース(キム・ロジャース)ほか

「悪人伝」のネタバレあらすじ結末

悪人伝の紹介:2019年韓国映画。韓国を舞台に、正体不明の凶悪な殺人犯を追うべく、はみ出し者の暴力刑事と殺人犯に命を狙われたヤクザの組長が手を組んで追いつめていくというまさかの非常識な共同捜査の過程を描いた極悪バイオレンス・アクション映画です。カンヌ国際映画祭ミッドナイト・スクリーニング部⾨の正式上映作品に選出され、韓国本国では観客動員数300万人を超える大ヒットを記録。シルヴェスター・スタローンのプロデュースによりハリウッドでリメイクされることも決定している作品です。
監督:イ・ウォンテ 出演者:マ・ドンソク(チャン・ドンス)、キム・ムヨル(チョン・テソク)、キム・ソンギュ(カン・ギョンホ)、キム・ユンソン(チェ・ソジン)、オ・ヒジュン(キム・ドンチョル)、チェ・ミンチョル(クォン・オソン)、ユ・ジェミョン(ホ・サンド)ほか

「イソップの思うツボ」のネタバレあらすじ結末

イソップの思うツボの紹介:2019年日本映画。「カメラを止めるな」を手掛けた上田慎一郎監督を中心としてスタッフが再集結したオリジナル作品です。どうしてもカメラを止めるなと比べられてしまう中、それをプレッシャーにしない自由に作られた作品となっています。
監督:上田慎一郎、中泉裕矢、浅沼直也 出演:石川瑠華(亀田美羽)、井桁弘恵(兎草早織)、紅甘(戌井小柚)、斉藤陽一郎(戌井連太郎)、藤田健彦(田上)、高橋雄祐(八木圭佑)、桐生コウジ(兎草信司)、川瀬陽太(近藤)、渡辺真起子(亀田美紗子)、佐伯日菜子(兎草裕子)、ほか

「デンジャラス・ライ」のネタバレあらすじ結末

デンジャラス・ライの紹介:2020年アメリカ映画。夫婦のケイティとアダムは経済状況が厳しく、お金に困っていました。ケイティはお金持ちの独身の老人レナードの家でお世話係の仕事をしています。レナードから信頼されており、やりがいを持って仕事に取り組んでいました。そんなある日、レナードが亡くなってしまい、莫大な遺産がケイティの手元にやってきます。この遺産を慎重に扱いたいケイティと、貧乏生活から抜け出したいアダムとで考え方の違いが発生。そんな中、この家を購入したいという怪しい人物が現れ、この家で様々な事件が発生します。ドラマ『リバーデイル』でヴェロニカを演じ、一躍有名になったカミラ・メンデスが、主演の真面目な女性ケイティを演じます。
監督:マイケル・スコット 出演:カミラ・メンデス(ケイティ)、ジェシー・T・アッシャー(アダム)、ジェイミー・チャン(ジュリア)、エリオット・グールド(レナード)、キャム・ギガンデット(ヘイデン)、サッシャ・アレクサンダー(チェスラー刑事)、ほか

「デンジャラス 見えない殺人鬼」のネタバレあらすじ結末

デンジャラス 見えない殺人鬼の紹介:2019年アメリカ映画。外界から閉ざされた孤立無援の施設内で発生した連続殺人事件。その緊迫した3日間を描いたサイコスリラーです。ドラッグ中毒の女性帰還兵はとある治療センターで治療を受けることになりますが、立て続けにトラブルを起こして警察沙汰になろうとした時、施設内で殺人事件が発生。帰還兵は疑惑の目を向けられることとなるのですが…。
監督:ジョン・リャン 出演者:ステファニー・ピアソン(ベロニカ・“ロニー”・プライス)、ホープ・クアットロッキー(ジェシカ・バーンズ医師)、リズ・フェニング(メグ・チャールズ)、マイク・スター(テイラー医師)、アリエル・ヘイダー(ダナ・チャールズ)、アイリー・ケイ(キャサリン)、ターニャ・アレクサンダー(ルイーズ)、アンディ・レーン・クリステンセン(ベス)、ジョシュア・D・ルイス(ラベル警備員)、マリコ・ファン・カンペン(カーラ)、ステファニー・ウッドバーン(ティナ)ほか

「グッドライアー 偽りのゲーム」のネタバレあらすじ結末

グッドライアー 偽りのゲームの紹介:2019年アメリカ映画。ニコラス・サールが2016年に発表した小説『老いたる詐欺師』を『グレイテスト・ショーマン』『美女と野獣』などのビル・コンドンが監督・製作を務めて映画化したクライム・サスペンスです。夫を亡くした資産家と冷酷なベテラン詐欺師が繰り広げる騙し合いを、二人の意外な過去を絡めて描きあげました。
監督:ビル・コンドン 出演者:ヘレン・ミレン(ベティ・マクリーシュ)、イアン・マッケラン(ロイ・コートネイ)、ラッセル・トーヴィー(スティーブン)、ジム・カーター(ヴィンセント・ハロラン)、マーク・ルイス・ジョーンズ(ブリン)、ローリー・デヴィッドソン(ハンス・トーブ(1948年))、セリーヌ・バッケンズ(アナリース)、フィル・ダンスター(ロイ・コートネイ(1948年))、スパイク・ホワイト(ハンス・トーブ(1943年))、ネル・ウィリアムス(リリー・シュローダー)、ルシアン・ムサマティ(ベニ)、ヨハンネス・ハウクル・ヨハネッソン(ヴラド)、トゥンジ・カシム(マイケル)、ベシー・カーター(秘書)ほか

「リベンジ・タイム」のネタバレあらすじ結末

リベンジ・タイムの紹介:2018年アメリカ映画。監禁・凌辱・拷問・反撃…義父(ケダモノ)への復讐が炸裂する――。義父に凌辱され、精神的に支配されていた若い女性の復讐を描いたリベンジスリラーです。母を亡くし、毎晩のように義父にレイプされていた主人公は義父の性的犯罪に加担させられていましたが、意を決して遂に脱出を決意します。
監督:ジュリアン・リチャーズ 出演:ジェマ・ダーレンダー(ゾーイ)、コスタス・マンディロア(ジョン・ストーン)、ジェシー・モス(スコット・ウォレス)、ブリット・マッキリップ(ジェニファー)、ミカブリー・アマイア(アニー)、マーク・アーノルド(保安官)、ダイアナ・ケア(ダニー)、アニー・クイグリー(ステイシー・ジョーンズ)、チェリス・シルバストリ(校長先生)ほか

「隣の影」のネタバレあらすじ結末

隣の影(別題:あの木が邪魔で)の紹介:2017年アイスランド,デンマーク,ポーランド,ドイツ映画。北欧のテラスハウスを舞台に、些細なことで起こった隣人トラブルがとんでもない惨劇へと発展する様を描いたブラック・コメディ要素ありの不条理サスペンス作品です。監督・脚本は本作が長編映画2作目となる“北欧ニューウェーブ”の俊英ハーフシュテイン・グンナル・シーグルズソンが勤め、アイスランドのアカデミー賞にあたるエッダ賞で作品賞や監督賞など主要7部門で受賞するなど高い評価を得ました。
監督:ハーフシュテイン・グンナル・シーグルズソン 出演者:ステインソウル・フロアル・ステインソウルソン(アトリ)、エッダ・ビヨルグヴィンズドッテル(インガ)、シグルヅル・シグルヨンソン(バルドウィン)、ソルステイン・バフマン(コンラウズ)、セルマ・ビヨルンズドッテル(エイビョルグ)、ラウラ・ヨハナ・ヨンズドッテル(アグネス)ほか

「モンスター」のネタバレあらすじ結末

モンスターの紹介:2003年アメリカ,ドイツ映画。実在した連続殺人犯アイリーン・ウォーノスの衝撃の半生を、本作が監督デビュー作となるパティ・ジェンキンス監督(『ワンダーウーマン』など)が映画化した実録ドラマです。本作で主人公を演じたシャーリーズ・セロンは徹底的な役作りに励み、迫真の演技でアカデミー主演女優賞やゴールデングローブ賞などを受賞しました。
監督:パティ・ジェンキンス 出演者:シャーリーズ・セロン(アイリーン・ウォーノス)、クリスティーナ・リッチ(セルビー・ウォール)、ブルース・ダーン(トーマス)、リー・ターゲセン(ヴィンセント・コーリー)、アニー・コーリー(ドナ)、プルイット・テイラー・ヴィンス(ジーン)、マルコ・セント・ジョン(エヴァン)、マーク・マコーレイ(ウィル)、スコット・ウィルソン(ホートン)、ケイン・ホッダー(囮捜査官)ほか

1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 88

キーワードから探す

TOP↑