サスペンス映画のネタバレ

「探偵はBARにいる」のネタバレあらすじ結末

探偵はBARにいる(たんていはバーにいる)の紹介:2011年日本映画。札幌を舞台に、探偵をしている主人公が、バーにかかってきた謎の電話を機に、事件に巻き込まれていくミステリー。複数の事件が複雑に絡み合い、真相がわかる結末まで目を離せません。この作品は、札幌在住の作家・東直己の推理小説『ススキノ探偵シリーズ』を原作とした映画です。
監督:橋本一 出演者:大泉洋(探偵・俺)、松田龍平(高田)、小雪(沙織)、西田敏行(霧島)ほか

「羊たちの沈黙」のネタバレあらすじ結末

羊たちの沈黙の紹介:1990年アメリカ映画。連続猟奇殺人犯を追うFBIの実習生と、猟奇殺人犯の囚人でありながら高い知性を持つ元精神科医の交流を描いた作品。息詰まる展開は高く評価され、アカデミー賞で各種の賞を受賞した。事件は解決に向かうのか?クラリスはトラウマを解消できるのか?レクターは自分の望みを叶えられることができるのか?ハラハラしっぱなしの名作中の名作です。
監督 :ジョナサン・デミ 出演: ジョディ・フォスター(クラリス・スターリング)、アンソニー・ホプキンス(ハンニバル・レクター)、スコット・グレン(クロフォード主任捜査官)、テッド・レヴィン(バッファロー・ビル)、アンソニー・ヒールド(チルトン医師)、ケイシー・レモンズ(マップ)、ダイアン・ベイカー(マーティン上院議員)、ブルック・スミス(キャサリン・マーティン)、フランキー・R・フェイソン(バーニー)、ロジャー・コーマン(FBI長官)ほか

「アルゴ(2012年)」のネタバレあらすじ結末

アルゴの紹介:2012年アメリカ映画。1979年11月に実際に起きたイランアメリカ大使館人質事件を基にした作品。第85回アカデミー賞作品賞を始め、その他数々の受賞した評価の高い作品。
監督・主演:ベン・アフレック 出演:ベン・アフレック(トニー・メンデス)、ブライアン・クランストン(ジャック・オドネル)、アラン・アーキン(レスター・シーゲル)、ジョン・グッドマン(ジョン・チェンバース)、ヴィクター・ガーバー(ケン・テイラー)、テイト・ドノヴァン(ボブ・アンダース)、クレア・デュヴァル(コーラ・ライジェク)ほか

「ストロベリーナイト」のネタバレあらすじ結末

ストロベリーナイトの紹介:2013年日本映画。テレビドラマ「ストロベリーナイト」の映画版。誉田哲也原作小説「インビジブルレイン」をもとに、ある連続殺人事件に絡む意外な出来事の顛末を描く。竹内結子演じる女性刑事・姫川と恋に落ちる暴力団員を大沢たかおが好演。複雑に交錯する関係と、事件の真相に衝撃が走る。
監督:佐藤佑市 出演者:竹内結子(姫川玲子)、西島秀俊(菊田和男)、大沢たかお(牧田勲)、小出恵介(葉山則之)、宇梶剛士(石倉保)、丸山隆平(湯田康平)、渡辺いっけい(橋爪俊介)、遠藤憲一(日下守)、高嶋政宏(今泉春男)、生瀬勝久(井岡博満)、武田鉄矢(勝俣健作)、染谷将太(柳井健斗)、金子ノブアキ(小林充)、今井雅之(宮崎真一郎)、柴俊夫(片山正文)、金子賢(川上義則)、鶴見辰吾(藤元英也)、石橋蓮司(龍崎神矢)、田中哲司(長岡征治)、三浦友和(和田徹)、ほか

「予告犯」のネタバレあらすじ結末

予告犯の紹介:2015年日本映画。法では裁けない悪事や罪をネット上で暴露、その相手への制裁を予告しては実行するという謎の予告犯シンブンシとエリート捜査官の攻防が展開される。ネット社会を活用し世間を震撼させる男たちの友情に少し感動します。新聞紙を被った男の真意はなんだったのか?
監督:中村義洋 出演:生田斗真/奥田宏明(ゲイツ)、戸田恵梨香/吉野絵里香、鈴木亮平/葛西智彦(カンサイ)、濱田岳/木村浩一(ノビタ)、荒川良々/寺原慎一(メタボ)ほか

「レザレクション」のネタバレあらすじ結末

レザレクションの紹介:1999年アメリカ映画。惨殺死体から次々と浮かび上がる驚愕の計画を刑事が追うスリラー映画で、冬のシカゴを舞台に犯人と刑事の息詰まる攻防が描かれます。
監督:ラッセル・マルケイ 出演者:クリストファー・ランバート、リーランド・オーサー、デヴィッド・クローネンバーグ、ロバート・ジョイほか

「危険な情事」のネタバレあらすじ結末

危険な情事の紹介:1987年アメリカ映画。危険な情事の紹介:パーティで出会った女性に魅かれた弁護士が、一夜を共にしてしまったために起こる恐怖の毎日。ストーカーと化した中年女性の鬼気迫る行為が全米で話題になりました。
監督:エイドリアン・ライン 出演:マイケル・ダグラス、グレン・クローズ、アン・アーチャー、スチュアート・パンキン、エレン・ハミルトン・ラッツェンほか

「悪の教典」のネタバレあらすじ結末

悪の教典の紹介:2012年日本映画。悪の教典は貴志祐介氏のサイコホラー小説が原作で三池崇史監督が実写化した作品。他人と共感ができない人間が様々な人間を殺戮する様が描かれます。
監督:三池崇史 出演者:伊藤英明、二階堂ふみ、染谷将太、林遣都ほか

「プリズナーズ」のネタバレあらすじ結末

プリズナーズの紹介:2013年アメリカ映画。「愛する娘を奪われた時、父が踏み越えた一線とは。」というキャッチフレーズで、子供を誘拐された父親とその誘拐犯を追う刑事の行動を描いた緊迫感迫るサスペンス・クライム映画です。
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演:ヒュー・ジャックマン(ケラー・ドーヴァー)、ジェイク・ギレンホール(ロキ刑事)、ヴィオラ・デイヴィス(ナンシー・バーチ)、マリア・ベロ(グレイス・ドーヴァー)、テレンス・ハワード(フランクリン・バーチ)、メリッサ・レオ(ホリー・ジョーンズ)、ポール・ダノ(アレックス・ジョーンズ)、ほか

「ゲノムハザード ある天才科学者の5日間」のネタバレあらすじ結末

ゲノムハザード ある天才科学者の5日間の紹介:2013年韓国,日本映画。司城志朗氏の書いた小説ゲノムハザードを映画化した作品。西島秀俊を主演に迎え、日本と韓国で共同制作した映画。「記憶」というテーマで命を狙われる男性とその男性を助ける女性の物語。
監督:キム・ソンス 出演:西島秀俊(石神武人/オ・ジヌ)、キム・ヒョジン(カン・ジウォン)、真木よう子(美由紀)、伊武雅刀(佐藤英輔博士)、中村ゆり(ハン・ユリ)、浜田学(伊吹克彦)、 パク・トンハ(警察を騙る男)ほか

「インファナル・アフェアIII 終極無間」のネタバレあらすじ結末

インファナル・アフェア3 終極無間の紹介:2003年香港映画。香港を舞台にしたクライムサスペンス映画シリーズ三部作の完結編です。第1作(2002年公開)から10ヶ月後を舞台に、裏社会と決別し善良な警察官として生きようと決意した元マフィアが精神を蝕みながらも新たな宿敵と対峙する姿が描かれます。
監督:アンドリュー・ラウ、アラン・マック 出演者:アンディ・ラウ(ラウ)、トニー・レオン(ヤン)、レオン・ライ(ヨン)、ケリー・チャン(リー)、アンソニー・ウォン(ウォン)ほか

「インファナル・アフェアII 無間序曲」のネタバレあらすじ結末

インファナル・アフェア2 無間序曲の紹介:2003年香港映画。香港を舞台にしたクライムサスペンス映画シリーズ三部作の第2作にして物語の前日譚を描いています。第1作「インファナル・アフェア」(2002年公開)の11年前を舞台に、裏社会に潜入する捜査官と警察に潜入する裏社会のスパイの生き様を描いています。
監督:アンドリュー・ラウ、アラン・マック 出演者:ショーン・ユー(ヤン)、エディソン・チャン(ラウ)、アンソニー・ウォン(ウォン警視)、エリック・ツァン(サム)、カリーナ・ラウ(マリー)ほか

「インファナル・アフェア」のネタバレあらすじ結末

インファナル・アフェアの紹介:2002年香港映画。香港を舞台にしたクライムサスペンス映画シリーズ三部作の第1作です。共に警察学校を卒業した同期の二人が別々の人生を歩み、一人は潜入捜査官として裏社会に潜入、もう一人はマフィアに身を落として警察に潜入します。対照的な二人の生き様と苦悩が描かれます。アジアで大ヒットを記録、作品に惚れ込んだハリウッドがリメイク権を獲得し、話題となりました。
監督:アンドリュー・ラウ、アラン・マック 出演者:トニー・レオン(ヤン)、アンディ・ラウ(ラウ)、アンソニー・ウォン(ウォン警視)、エリック・ツァン(サム)、ケリー・チャン(ドクター・リー)ほか

「アメリカン・ハッスル」のネタバレあらすじ結末

アメリカン・ハッスルの紹介:2013年アメリカ映画。アメリカで1970年代に実際に起こったスキャンダルであるアブスキャム事件を下敷きにして作られた映画です。俳優陣のなりきりの演技が笑いを誘います。
監督:デヴィッド・O・ラッセル 出演:クリスチャン・ベール、ブラッドリー・クーパー、エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレンスほか

「王妃の紋章」のネタバレあらすじ結末

王妃の紋章の紹介:2006年中国,香港映画。中国の巨匠であるチャン・イーモウ監督が制作した作品で、きらびやかな王宮生活のなかでうごめく嫉妬や陰謀を豪華キャストを使って綺麗に作りあげています。
監督:チャン・イーモウ 出演:コン・リー、チョウ・ユンファ、リウ・イエ、ジェイ・チョウほか

1 83 84 85 86 87 88 89 90

キーワードから探す

TOP↑