サスペンス映画のネタバレ

「ルーム」のネタバレあらすじ結末

映画 ルームの紹介:2015年アメリカ映画。狭い“へや”でママと二人だけで暮らしていた5歳の少年ジャックはある日ママから“外の世界”のことを聞きます。崩れていく今までの世界と広がるこれからの世界。ジャックを通して描かれる素晴らしくもほろ苦い“へや”と“世界”の物語。原作はエマ・ドナヒューの小説「部屋」。
監督 :レニー・アブラハムソン 出演:ブリー・ラーソン(ママ/ジョイ)、ジェイコブ・トレンブレイ(ジャック)、ジョーン・アレン(ばあば/ナンシー)、ショーン・ブリジャース(オールド・ニック)、ウィリアム・H・メイシー(じいじ/ロバート)ほか

「ハネムーン・キラーズ」のネタバレあらすじ結末

ハネムーン・キラーズの紹介:1970年アメリカ映画。アメリカで実際に起こった連続殺人事件の顛末を描いた作品で、詐欺師の男女が協力して次々と殺人を犯していくというストーリーが展開され、作品内から熱狂的なファンを生み出した映画です。
監督 :レナード・カッスル 出演:シャーリー・ストーラー、トニー・ロー・ビアンコ、メアリー・ジェーン・ヒグビー、ドーサ・ダックワース、ドリス・ロバーツ、マリリン・クリスほか

「ゴーン・ガール」のネタバレあらすじ結末

ゴーン・ガールの紹介:2014年アメリカ映画。実話を基にしたゴーン・ガールは、2002年のアメリカで起きたスコット・ピーターソン事件がモデルになっておりフィンチャー監督が映画化。ある日突然、妻が失踪してしまったニック。しかし警察が見つけるのは妻殺しの状況証拠ばかり、やがて世間から非難を浴びるニックはどうなるのか? フジテレビのドラマ『僕のヤバイ妻』が『ゴーン・ガール』に似ていると話題になりました。
監督:デヴィッド・フィンチャー 出演者:ベン・アフレック(ニック・ダン)、ロザムンド・パイク(エイミー・ダン)、ニール・パトリック・ハリス(デジー・コリンズ)、タイラー・ペリー(ターナー・ボルト)、キム・ディケンズ(ボニー刑事)、キャリー・クーン(マーゴット・ダン)ほか

「めまい」のネタバレあらすじ結末

めまいの紹介:1958年アメリカ映画。高所恐怖症の元刑事が友人の依頼でその妻を尾行するが、その女性に惹かれたがゆえに破滅への道をたどることになる心理サスペンスの傑作。
監督 :アルフレッド・ヒッチコック 出演者:ジェームズ・スチュワート、キム・ノヴァク、バーバラ・ベル・ゲデス、トム・ヘルモア、ヘンリー・ジョーンズ、エレン・コービイ、レイモンド・ベイリー、リー・パトリックほか

「サイコ」のネタバレあらすじ結末

サイコの紹介:1960年アメリカ映画。行方不明となった姉を探してたどり着いたベイツ・モーテルで、妹が遭遇した恐怖の真実とは。サスペンスの巨匠アルフレッド・ヒッチコックによる斬新な仕掛けが恐怖を煽る。
監督:アルフレッド・ヒッチコック 出演者:アンソニー・パーキンス、ジャネット・リー、ジョン・ギャヴィン、ヴェラ・マイルズ、マーティン・バルサム、サイモン・オークランド、ジョン・マッキンタイア、ジョン・アンダーソン、パトリシア・ヒッチコック、ヴァージニア・グレッグ、ポール・ジャスミン、ジャネット・ノーランほか

「ジキル&ハイド」のネタバレあらすじ結末

ジキル&ハイドの紹介:1996年アメリカ映画。メアリーは、父親から虐待を受けた経験から、優しいジキル博士のメイドとして、平和な生活が送れることに満足していた。しかし、ハイド氏に出会い、危険な雰囲気が漂う彼に警戒しつつも、惹かれる自分がいた。「ジキル博士とハイド氏」をベースとした、サイコロジカルサスペンス。
監督:スティーヴン・フリアーズ 出演:出演:ジョン・マルコビッチ(ヘンリー・ジキル博士、エドワード・ハイド)、ジュリア・ロバーツ(メアリー・ライリー)、グレン・クローズ(ファラデー夫人)、マイケル・シーン(ブラッドショー)、ジョージ・コール(プール)ほか

「パージ:アナーキー」のネタバレあらすじ結末

パージ:アナーキーの紹介:2014年アメリカ映画。1年に一度、アメリカで行われるパージが今年も開催される中、警官のレオは自らの復讐を遂行するために街へ繰り出しますが、様々なことが起こってくるストーリーが展開される、パージ第2弾となる映画です。 
監督:ジェームズ・デモナコ 出演:フランク・グリロ(レオ)、カーメン・イジョゴ(エヴァ・サンチェス)、ザック・ギルフォード(シェーン)、キーリー・サンチェズ(リズ)、ゾーイ・ソウル(カリ)ほか

「パージ」のネタバレあらすじ結末

パージの紹介:2013年アメリカ映画。経済が崩壊した後のアメリカで、1年に一度の合法的な殺人「パージ」が行われる中、裕福な一家が襲われる恐怖を描いた作品になります。
監督:ジェームズ・デモナコ 出演:イーサン・ホーク(ジェームズ・サンディン)、レナ・ヘディ(メアリー・サンディン)、アデレイド・ケイン(ゾーイ・サンディン)、マックス・バークホルダー(チャーリー・サンディン)ほか

「白ゆき姫殺人事件(白雪姫殺人)」のネタバレあらすじ結末

白ゆき姫殺人事件(白雪姫殺人事件)の紹介:2014年日本映画。湊かなえ原作『白ゆき姫殺人事件』の映画化。美人社員殺害の容疑者に仕立て上げられてしまった主人公の姿を通して、人々の心の根底にある悪意を浮き彫りにするサスペンスドラマ。情報が都合よくねじ曲げられていき、あたかも真実であるように描かれることの恐ろしさや危険性について考えさせられる作品となっています。
白ゆき姫殺人事件(白雪姫殺人)の出演者:井上真央(城野美姫)、綾野剛(赤星雄治)、菜々緒(三木典子)、蓮佛美沙子(狩野里沙子)ほか

「es[エス]」のネタバレあらすじ結末

es[エス]の紹介:2001年ドイツ映画。1971年に、20名ほどの被験者を「看守役」と「囚人役」に分け、模擬刑務所に収容するという、アメリカのスタンフォード大学で実際に行われた実験を元に、映画用に脚色し直して作成された本作は、公開当時衝撃を与えました。
監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル 出演:モーリッツ・ブライブトロイ(囚人番号77/タレク)、クリスチャン・ベルケル(囚人番号38/シュタインホフ)、オリヴァー・ストコウスキ(囚人番号82/シュッテ)、ヴォータン・ヴィルケ・メーリング(囚人番号69/ジョー)、ユストゥス・フォン・ドナーニー(看守/ベルス)、ティモ・ディールケス(看守/エッカート)、ニッキ・フォン・テンペルホフ(看守/カンプス)、アントニオ・モノー・Jr(看守/ボッシュ)ほか

「ライアーゲーム 再生」のネタバレあらすじ結末

ライアーゲーム 再生の紹介:2012年日本映画。甲斐谷忍の人気漫画『ライアーゲーム』の実写映画。第二弾となるこの映画では、第一弾のキャストが松田翔太を除いて変わりました。新ヒロインは映画のオリジナルキャラクターです。大学の教授として暮らす秋山は、篠宮優と共にライアーゲームに参加します。ライアーゲームを通して成長するストーリー。プレーヤー同士が巡らせる策略にラストまで目が離せません。
監督:松山博昭 出演者:松田翔太(秋山深一)、多部未華子(篠宮優)、芦田愛菜(アリス)、江角マキコ(主宰者・Ω)、高橋ジョージ(猿川ケンジ)、濱田マリ(坂巻マイ)、要潤(赤城コウタ)ほか

「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」のネタバレあらすじ結末

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージの紹介:2009年日本映画。甲斐谷忍原作コミック『ライアーゲーム』の劇場版。ドラマでも息の合う演技を見せた戸田恵梨香&松田翔太が熱演します。天才詐欺師の秋山と共にライアーゲームを勝ち抜いた直の元に、ファイナルステージへの招待状が届きます。平凡な日常に戻った直は、再び騙し合いを行うライアーゲームへ戻ります。ゲームの中で繰り広げられる頭脳線と心理戦。勝者は誰なのか。高額な賞金の行方はどうなるのか。ラストまで目が離せません。
監督:松山博昭 出演者:戸田恵梨香(神崎直)、松田翔太(秋山深一)、田辺誠一(仙道アラタ)、鈴木浩介(福永ユウジ)、荒川良々(西田二郎)、濱田マリ(坂巻マイ)、和田聰宏(江藤光一)ほか

「カイジ 人生逆転ゲーム」のネタバレあらすじ結末

映画 カイジ 人生逆転ゲームの紹介:2009年日本映画。福本伸行の人気コミックを実写映画化。主人公の伊藤カイジを、実力派俳優藤原竜也が演じます。定職に就かずフリーターとして暮らすカイジは、友人の借金の保証人になったことで多額の負債を背負います。借金を返すために参加したゲームで一度は負けるものの、一発逆転を目指し命がけのゲームで勝ち抜きます。ゲームに仕掛けられた罠に気づき、無事に勝利を勝ち取るのか最後までハラハラする展開です。
監督:佐藤東弥 出演者:藤原竜也(伊藤カイジ)、天海祐希(遠藤凛子)、山本太郎(船井譲二)、光石研(石田光司)、松山ケンイチ(佐原誠)、香川照之(利根川幸雄)他

「相棒 劇場版 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン」のネタバレあらすじ結末

相棒-劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソンの紹介:2008年日本映画。テレビ朝日系の刑事ドラマシリーズ『相棒』の劇場版第1作目です。テレビ朝日開局50周年記念映画作品として制作されました。公式サイトで募集した1万人のエキストラが参加した撮影が行われたことで話題となりました。2008年上半期での映画興行ランキングでも1位に輝き、東映映画としては『男たちの大和/YAMATO』(2005年12月公開)以来の久々の大ヒット作となりました。
監督:和泉聖治 出演:水谷 豊(杉下右京)、寺脇康文(亀山薫)、鈴木砂羽(亀山美和子)、山西惇(角田六郎)、平幹二朗(御厨紀實彦)、西田敏行(木佐原芳信)ほか

「キリング・ミー・ソフトリー」のネタバレあらすじ結末

キリングミーソフトリーの紹介:2001年アメリカ映画。運命に引き寄せられるように激しい愛で結ばれたアリスとアダム。しかし謎多きアダムにアリスは次第に不信感を募らせ、彼の秘密を暴こうと動き始める。「さらば、わが愛/覇王別姫」のチェン・カイコー監督による官能的なサスペンス映画です。
監督:チェン・カイコー 出演:ヘザー・グレアム(アリス)、ジョセフ・ファインズ(アダム)、ナターシャ・マケルホーン(デボラ)、イアン・ハート(ダニエル)、ジェイソン・ヒューズ(ジェイク)、ヤスミン・バナーマン(ジョアンナ・ノーブル)ほか

1 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90

キーワードから探す

TOP↑