サスペンス映画のネタバレ

「ボディガード」のネタバレあらすじ結末

ボディガードの紹介:1992年アメリカ映画。元シークレット・サービスの凄腕ボディガードが人気女性歌手の警護を担当することになり、反目し合いながらもやがて惹かれ合い、それと共に彼女の命を狙う黒幕に迫る様を描いた、ケビン・コスナーとホイットニー・ヒューストンのダブル主演によるラブ・サスペンス映画です。ヒューストンが歌う主題歌「オールウェイズ・ラヴ・ユー」は自身最大のヒットとなる記録的なベストセラーとなり、全世界で4,200万枚を売り上げたサウンドトラックはグラミー賞最優秀アルバム賞を受賞するなど大反響を巻き起こしました。
監督:ミック・ジャクソン 出演者:ケビン・コスナー(フランク・ファーマー)、ホイットニー・ヒューストン(レイチェル・マロン)、ゲイリー・ケンプ(サイ・スペクター)、ビル・コッブス(ビル・デヴァニー)、トーマス・アラナ(グレッグ・ポートマン)、ミシェル・ラマー・リチャーズ(ニッキー・マロン)ほか

「SP 野望篇」のネタバレあらすじ結末

SP 野望篇の紹介:2010年日本映画。フジテレビの深夜枠の連続ドラマとしてスタートし、人気が出てスペシャルドラマから映画へと波及しました。子供の頃のトラウマから特殊能力を持つこととなった主人公のSPがプロフェッショナルに職務を全うする姿を描いていますが、それだけではなく、政治や警察の深い闇に触れ真実を追い求める姿も描かれています。野望編は映画作品の前編の位置づけとなっており、多くの謎や伏線がドラマから張り巡らされていて、見逃せない作品となっています。
監督:金城一紀 出演:岡田准一(井上薫)、堤真一(尾形総一郎)、真木よう子(笹本絵里)、松尾諭(山本隆文)、神尾佑(石田光男)、香川照之(伊達國男)ほか

「蛇のひと」のネタバレあらすじ結末

蛇のひとの紹介:2010年日本映画。第2回WOWOシナリオ大賞受賞作。その人は出会った人をすこし不幸にする~人間の血と業、哀しいひとの物語。今までにない新しい展開。よくできた脚本と俳優陣の演技力。
監督:森淳一 出演:三辺陽子(永作博美)、今西由起夫(西島秀俊)、今西の幼なじみ(板尾創路)、島田剛(劇団ひとり)、田中一(田中圭)、里中(勝村政信)、柴田(河井)、のりこ(ふせえり)、里中の妻(佐津川愛美)、原田(北村有起哉)、原田の妻(奥貫薫)功太夫(河原崎建三)、今西の母(遠山景織子)、伊東部長(國村隼)、伊東牧子(石野真子)、陽子の婚約者(ムロツヨシ)

「告白」のネタバレあらすじ結末

告白の紹介:2010年日本映画。湊かなえの同名ベストセラー小説を映画化したものです。愛娘を自分のクラスの生徒に殺された女性中学教師が、生徒たちを相手にその真相を告白、追究し、復讐するというミステリー学園映画です。キャッチコピーは「告白が、あなたの命につきささる。」で、その内容と描写には、少年犯罪、イジメ、家庭内暴力などの過激な部分があります。しかし、現代社会が抱える学校教育での問題点などを考えさせるシリアスな内容で、第34回日本アカデミー賞では4冠を受賞、他にも多数の映画賞を受賞した作品です。
監督:中島哲也 出演:松たか子(森口悠子)、木村佳乃(下村優子(直樹の母))、岡田将生(寺田良輝(ウェルテル))、西井幸人(渡辺修哉)、藤原薫(下村直樹)、橋本愛(北原美月)ほか

「ハンニバル・ライジング」のネタバレあらすじ結末

ハンニバル・ライジングの紹介:2007年アメリカ映画。映画『羊たちの沈黙』『ハンニバル』『レッド・ドラゴン』に続く、ハンニバル・レクター博士シリーズの第4弾の映画。しかし時系列としては最初になる。レクター博士の幼少期から青年期にかけてを描く作品。
監督:ピーター・ウェーバー 出演者:ギャスパー・ウリエル(ハンニバル・レクター)、コン・リー(レディ・ムラサキ)、リス・エヴァンス(グルータス)、リチャード・ブレイク(ドートリッヒ)ほか

「レッド・ドラゴン」のネタバレあらすじ結末

レッド・ドラゴンの紹介:2002年アメリカ映画。映画『羊たちの沈黙』『ハンニバル』に続く、ハンニバル・レクター博士シリーズの第3弾の映画。時系列としては、シリーズ4作目の『ハンニバル・ライジング』に次いで、2番目にあたる映画。1980年の頃のアメリカで、グレアム捜査官とレクター博士の対決を描く。
監督:ブレット・ラトナー 出演者:エドワード・ノートン(ウィル・グレアム)、アンソニー・ホプキンス(ハンニバル・レクター)、ハーヴェイ・カイテル(ジャック・クロフォード)、レイフ・ファインズ(フランシス・ダラハイド)、エミリー・ワトソン(リーバ・マクレーン)ほか

「ハンニバル」のネタバレあらすじ結末

ハンニバルの紹介:2001年アメリカ映画。映画『羊たちの沈黙』の続編にあたる映画。トマス・ハリスの小説の映画化。猟奇的なシーンが多く、日本公開時にはR-15指定を受けた。『羊たちの沈黙』で強烈な印象を残したハンニバル・レクター博士のその後を描く。
監督:リドリー・スコット 出演者:アンソニー・ホプキンス(ハンニバル・レクター)、ジュリアン・ムーア(クラリス・スターリング)、ゲイリー・オールドマン(メイスン・ヴァージャー)、レイ・リオッタ(ポール・クレンドラー)、ジャンカルロ・ジャンニーニ(パッツィ捜査官)ほか

「アマルフィ 女神の報酬」のネタバレあらすじ結末

アマルフィ 女神の報酬の紹介:2009年日本映画。フジテレビ開局50周年記念作品として制作されました。外交官、黒田康作の活躍を、イタリアのローマ市内を舞台に美しい映像と共に描いています。「フジテレビの映画で過去最高額の製作費が投じられた」と舞台挨拶で大多プロデューサーが発言したことでも話題になりました。
監督:西谷 弘 出演:織田裕二(黒田康作)、天海祐希(矢上紗江子)、佐藤浩市(藤井昌樹)、戸田恵梨香(安達香苗)、大塚寧々(羽場良美)、中井貴一(片岡博嗣)ほか

「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」のネタバレあらすじ結末

インシテミル 7日間のデス・ゲームの紹介:2010年日本映画。インシテミルは、米澤穂信による日本の推理小説を映画化したものです。多少の変更はあるものの原作に沿ってストーリーは作られています。クローズド・サークルを舞台とした殺人ゲームを主題とした作品であり、心理戦を繰り広げる出演者達は、ホリプロ出身の個性あふれる有名俳優をキャスティングしたことで話題となりました。最後までハラハラさせる内容です。
監督:中田秀夫 出演:藤原竜也(結城理久彦)、綾瀬はるか(諏訪名祥子)、石原さとみ(関水美夜)、阿部力(大迫雄大)、平山あや(橘若菜)、武田真治(岩井荘助)片平なぎさ(渕佐和子)、北大路欣也(安東吉也)ほか

「パーフェクト ストーム」のネタバレあらすじ結末

パーフェクト ストームの紹介:2000年アメリカ映画。セバスチャンユンガーが実体験を元に執筆した小説、パーフェクトストームを映画化した作品で、当時困難だった大波を見事映像表現することに成功し、臨場感あふれる映像が見ものの作品となっています。
監督:ウォルフガング・ペーターゼン 出演:ジョージ・クルーニー(ビリー・タイン)、マーク・ウォールバーグ(ボビー・シャットフォード)、ダイアン・レイン(クリスティーナ・コッター)、ジョン・C・ライリー(デイル・マーフィー)ほか

「マジカル・ガール」のネタバレあらすじ結末

マジカル・ガールの紹介:2014年スペイン映画。余命幾許もない白血病の娘アリシアの願いは、「魔法少女」になること。それをなんとか叶えようと奔走する父。その善意から生じた行動は自分でも気が付かぬまま、思いもよらない恐ろしい魔法を発動させることとなる。スペインの映画賞を総なめにし、あのスペイン映画の巨匠・アルモドバルをも唸らせた、新しいスペインががここに誕生。
監督:カルロス・ベルムト 出演:アリシア(ルシア・ポジャン)、ルイス(ルイス・ベルメホ)、バルバラ(バルバラ・レニー)、ダミアン(ホセ・サクリスタン)ほか

「氷の接吻」のネタバレあらすじ結末

氷の接吻の紹介:1999年アメリカ映画。マークベームの小説、氷の接吻を映画化した作品で、ある諜報員が任務において女性と会い、次第にのめり込んでしまう姿が描かれます。
監督:ステファン・エリオット 出演:ユアン・マクレガー(EYE(アイ))、アシュレイ・ジャッド(ジョアナ)、パトリック・バーギン(アレックス)、k・d・ラング(ヒラリー)ほか

「ブリッジ・オブ・スパイ」のネタバレあらすじ結末

ブリッジ・オブ・スパイの紹介:2015年アメリカ映画。ソ連のスパイを弁護した実在の人物、ジェームズ ドノヴァンのスパイ交換を映画化した本作は、大国の思惑が動く中、主人公が一人で奔走する姿を描き、アカデミー賞にノミネートされました。
監督 :スティーヴン・スピルバーグ 出演:トム・ハンクス(ジェームズ・ドノヴァン)、マーク・ライランス(ルドルフ・アベル)、エイミー・ライアン(メアリー・ドノヴァン)、アラン・アルダ(トーマス・ワッターズ)、スコット・シェパード(ホフマン)ほか

「ハイジャック 台湾海峡緊急指令」のネタバレあらすじ結末

ハイジャック 台湾海峡緊急指令の紹介:1988年中国映画。中国の巨匠、チャン イーモウ監督が作った初めてのアクションスリラー映画であり、犯人との攻防で中国と台湾が協力する様が描かれます。
監督:チャン・イーモウ、ヤン・フォンリャン 出演: リウ・シャオニン、ワン・シュエチー、ジュディ・ディクソン、コン・リー、グォ・ヨウほか

「スティーヴン・キング ファミリー・シークレット」のネタバレあらすじ結末

スティーヴン・キング ファミリー・シークレットの紹介:2014年アメリカ映画。結婚記念日パーティーを開き幸せ一杯の妻のダーシーと夫のボブとひたりの子ども達ボブは妻が魚星だけに魚のピアスを妻にプレゼントし妻は幸せを感じていました。そんな幸せな毎日を贈る一方で、最近ニュースで騒がれている、殺人ニュースーがまさかこの夫婦に関係しているのを知るよしもない。
監督:ピーター・アスキン 出演:ジョーン・アレン(ダーシー)、アンソニー・ラパリア(ボブ)、カーラ・ブオノ(ベッティ)、クリステン・コノリー(ペトラ)、マイク・オマリー(ビル)、スティーヴン・ラング(ホルト)ほか

1 80 81 82 83 84 85 86 87 88 90

キーワードから探す

TOP↑