サスペンス映画のネタバレ

「インファナル・アフェア」のネタバレあらすじ結末

インファナル・アフェアの紹介:2002年香港映画。香港を舞台にしたクライムサスペンス映画シリーズ三部作の第1作です。共に警察学校を卒業した同期の二人が別々の人生を歩み、一人は潜入捜査官として裏社会に潜入、もう一人はマフィアに身を落として警察に潜入します。対照的な二人の生き様と苦悩が描かれます。アジアで大ヒットを記録、作品に惚れ込んだハリウッドがリメイク権を獲得し、話題となりました。
監督:アンドリュー・ラウ、アラン・マック 出演者:トニー・レオン(ヤン)、アンディ・ラウ(ラウ)、アンソニー・ウォン(ウォン警視)、エリック・ツァン(サム)、ケリー・チャン(ドクター・リー)ほか

「アメリカン・ハッスル」のネタバレあらすじ結末

アメリカン・ハッスルの紹介:2013年アメリカ映画。アメリカで1970年代に実際に起こったスキャンダルであるアブスキャム事件を下敷きにして作られた映画です。俳優陣のなりきりの演技が笑いを誘います。
監督:デヴィッド・O・ラッセル 出演:クリスチャン・ベール、ブラッドリー・クーパー、エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレンスほか

「王妃の紋章」のネタバレあらすじ結末

王妃の紋章の紹介:2006年中国,香港映画。中国の巨匠であるチャン・イーモウ監督が制作した作品で、きらびやかな王宮生活のなかでうごめく嫉妬や陰謀を豪華キャストを使って綺麗に作りあげています。
監督:チャン・イーモウ 出演:コン・リー、チョウ・ユンファ、リウ・イエ、ジェイ・チョウほか

「2012」のネタバレあらすじ結末

2012の紹介:2009年アメリカ映画。マヤの2012年地球滅亡説を映画化した作品で、作中では地球規模の大津波と、地震、そして都市の崩壊が大迫力で描かれ、世界中で大ヒットを記録しました。
監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、リアム・ジェームズ、モーガン・リリーほか

「レベッカ」のネタバレあらすじ結末

レベッカの紹介:1940年アメリカ映画。アルフレッド・ヒッチコック監督がダフネ・デュ・モーリアの小説を映像化した、訪米後初の作品。この作品で、アカデミー賞を受賞した。モノクロ映画にした事で、登場人物の個性が引き立てられている。若い女性(ジョーン・フォンテイン)の一人称で語られていく映画です。
監督:アルフレッド・ヒッチコック 製作:デビッド・O・セルズニック 出演:ローレンス・オリヴィエ(マクシム・ド・ウィンター)、ジョーン・フォンテイン(マリアン)、ジョージ・サンダース(ジャック・ファヴェル)、ジュディス・アンダーソン(ダンヴァース夫人)、ほか

「ブラック・スワン」のネタバレあらすじ結末

ブラック・スワンの紹介:2010年アメリカ映画。バレエダンサーが徐々に現実と虚構の区別がつかずにおかしくなっていく様を描いた映画で、主演のナタリーポートマンは多くの賞を受賞しました。
監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン(ニナ・セイヤーズ)、ヴァンサン・カッセル(トーマス・ルロイ)、ミラ・クニス(リリー)、バーバラ・ハーシー(エリカ・セイヤーズ)、ウィノナ・ライダーベス・マッキンタイア)、ほか

「アルゴ」のネタバレあらすじ結末

アルゴ(ARGO)の紹介:2012年アメリカ映画。1979年に実際にイランで起こったアメリカ大使館人質事件の際に、CIAが立案した世紀の作戦をもとに映画化した作品で、アカデミー賞作品賞を受賞しました。在イランアメリカ大使館占拠事件から脱出した6人を救出するためにCIAがとった偽映画作戦とは?機密解除に伴い明かされた、当時の緊迫した作戦遂行の模様を鮮明に再現する。
監督:ベン・アフレック 出演:ベン・アフレック(トニー・メンデス)、ブライアン・クランストン(ジャック・オドネル)、アラン・アーキン(レスター・シーゲル)、ジョン・グッドマン(ジョン・チェンバース)、ヴィクター・ガーバー(ケン・テイラー)、テイト・ドノヴァン(ボブ・アンダース)、クレア・デュヴァル(コーラ・ライジェク)ほか

「ノーカントリー」のネタバレあらすじ結末

ノーカントリーの紹介:2007年アメリカ映画。1980年代のテキサスを舞台に殺し屋と大金を盗んでしまった男の運命を描く物語。いつものコーエン兄弟の作品とは違い、最後まで怖い。殺し屋アントン・シガーは麻薬やお金のためではなく、狙った相手を殺さないとゲームセットにはできない人物。こんな異常なまでの殺し屋をハビエル・バルデムが演じ、アカデミー賞助演男優賞を受賞。そのほかに作品賞、監督賞、脚色賞も受賞した素晴らしい作品です。
監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン 出演:ハビエル・バルデム(アントン・シガー)、ルウェリン・モス(ジョシュ・ブローリン)、トミー・リー・ジョーンズ(トム保安官)、ウッディ・ハレルソン(カールソン)、ケリー・マクドナルド(カーラ・ジーン・モス)ほか

「アンノウン」のネタバレあらすじ結末

アンノウン(原題: Unknown)の紹介:2011年アメリカ, ドイツ映画。リーアム・ニーソン主演作。アンノウンは、ディディエ・ヴァン・コーヴラールの小説『Out of My Head』を映画化したサスペンス映画です。出張先で事故に遭い、自分の名前や記憶を奪われた植物学者が巨大な陰謀に巻き込まれ、そして自らの正体に気付くことになります。アンノウンは日本公開時の題名が当初は『身元不明』と決まっていましたが、東日本大震災が起きたため、アンノウンに変えたという経緯があります。
監督:ジャウム・コレット=セラ 出演者:リーアム・ニーソン(マーティン・ハリス)、ダイアン・クルーガー(ジーナ)、ジャニュアリー・ジョーンズ(エリザベス・ハリス)、エイダン・クイン(もう1人のマーティン・ハリス)、ブルーノ・ガンツ(エルンスト・ユルゲン)ほか

「ワルキューレ」のネタバレあらすじ結末

ワルキューレの紹介:2008年アメリカ/ドイツ映画。ドイツがナチスの統治下にあった頃、ドイツの将来を想い、残虐を繰り返すヒトラー政権を潰して新しい政権を立ち上げようと計画した将校達の物語です。将校達が「ワルキューレ作戦」を企ててから間も無く、ドイツは敗戦により形は違うものの時をそれほど待たずして新しい国に生まれ変わり、彼らの想いは少なからず通じたとも言えます。絶対的統治下にあった中で反逆を企てようとするため、計画の遂行はとても大変で手に汗を握る展開です。クーデターを試みた将校達の苦悩を重点的に描いています。
監督:ブライアン・シンガー 出演:トム・クルーズ(クラウス・フォン・シュタウフェンベルク大佐)、ケネス・ブラナー(ヘニング・フォン・トレストム・クルーズコウ少将)、カリス・ファン・ハウテン(ニーナ・フォン・シュタウフェンベルク)、ビル・ナイ(フリードリヒ・オルブリヒト大将)、ジェイミー・パーカー(ヴェルナー・フォン・ヘフテン)、ほか

「オールド・ボーイ(2013年アメリカ)」のネタバレあらすじ結末

オールド・ボーイ(2013年アメリカ)の紹介:2013年アメリカ映画。韓国で大ヒットを記録した映画オールド・ボーイを、ハリウッドがリメイクした本作では、日本のオリジナルの原作から逸脱しないよう作り上げ、1級のスリラーが誕生しました。
監督:スパイク・リー 出演:ジョシュ・ブローリン、エリザベス・オルセン、シャールト・コプリー、サミュエル・L・ジャクソンほか

「オールド・ボーイ(2003年 韓国)」のネタバレあらすじ結末

オールド・ボーイ(韓国)の紹介:2003年韓国映画。日本の漫画『ルーズ戦記 オールドボーイ』原作による作品で、パク チャヌク監督による復讐3部作の第2弾でもあります。舞台は原作の日本から韓国に変わっている。カンヌ国際映画祭にて、グランプリを受賞するなど、国際的に高く評価されました。
監督:パク・チャヌク 出演:チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・へジョン、チ・デハンほか

「王になった男」のネタバレあらすじ結末

王になった男の紹介:2012年韓国映画。李氏朝鮮の時代を舞台に、実在の国王にして暴君と恐れられた光海君とその影武者となった道化師の15日間に渡る攻防を、イ・ビョンホンが光海君と道化師を一人二役で演じ切り、韓国版アカデミー賞ともいえる「大鐘賞」で史上最多の15部門を制するなど韓国中で大反響を巻き起こした歴史ミステリードラマです。
監督:チュ・チャンミン 出演者:イ・ビョンホン(光海君/ハソン(二役))、リュ・スンリョン(ホ・ギュン)、ハン・ヒョジュ(王妃)、キム・イングォン(卜部将)、チャン・グァン(チョ内官)、シム・ウンギョン(サウォル)、キム・ミョンゴン(パク・チュンソ)、キム・ハクチュン(ユ・ジョンホ)ほか

「チェイサー(2008年韓国)」のネタバレあらすじ結末

チェイサーの紹介:2008年韓国映画。2004年に韓国で起こった連続殺人事件をベースにした作品で、緊迫感あるストーリーとなっています。韓国では大ヒットを記録し、ハリウッドリメイクも決まりました。
監督:ナ・ホンジン 出演:キム・ユンソク、ハ・ジョンウ、ソ・ヨンヒ、チェ・ジョンウほか

「アジョシ」のネタバレあらすじ結末

アジョシの紹介:2010年韓国映画。心に闇を抱えた男と、そんな彼と心を通わせる少女とのドラマが描かれる。俳優のウォンビンが初めて本格アクション映画に挑戦した作品で、韓国では大ヒットを記録します。アクションでありながら、韓国の社会問題を題材にしています。
監督:イ・ジョンボム 出演:ウォンビン(チャ・テシク)、キム・セロン(ソミ)、キム・ヒウォン(マンソク(兄))、キム・ソンオ(ジョンソク(弟))、キム・テフン(キム・チゴン)、ソン・ヨンチャン(オ・ミョンギュ)、タナヨン・ウォンタラクン(ラム・ロワン)、ホン・ソヒ(キム・ヨンス)、キム・ヒョソ(ヒョジョン(ソミの母))、ほか

1 82 83 84 85 86 87 88

キーワードから探す

TOP↑